モバイル営業マン(通常版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-07

あけましてたので、おめでとうございます。(^^;

もう既に2010年も一週間、7日が経過してしまいました。(^^;

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。m(_ _)m

今年は一体どんな1年になるのでしょう。

楽しみな事が沢山あります。

こんな感じでしょうか。

今からワクワクして来ます。

さて私の今年の営業面でのメインアイテムはHT-03Aほぼ日手帳です。

ほぼ日手帳について一時期もうやめてしまおうかな、とも思いましたが結局今年も使い続ける事を決断しました。(^^;

営業中のメモはRHODIAでこなせるとも思いましたが結局ずぼらな性格の私にはほぼ日のほうがあうと思ったのです。

ところでほぼ日手帳のスタイルは今年も当然こう。

f:id:mobilesalesman:20100106105456j:image

f:id:mobilesalesman:20100106105509j:image

鶴丸さんからいただいた革カバーを使っています。

年季が入ってきてなかなか良い感じになりました。(^^

今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

2009-05-14

アナログ新聞は必要か?

自分の愛読新聞は日本経済新聞

基本的には朝の通勤時の電車の中で読む。

満員電車を避けるため少し早めの電車に乗り余裕を持って新聞を開け読み込む。

私の場合自宅最寄り駅から会社の最寄り駅まで乗り換えを含め約45分程度、その間に新聞の約8割を読み終える。

これでおおよそのその日の情報をインプット出来る訳である。

しかし、ここ最近このスタイルが変わってきた。

2年ほど前からであろうか、かなりの勢いで国内にスマートフォンが出回ってきてモバイル環境のもと、パソコンとほぼ同じ条件で“ネット新聞”を読むことが出来るようになった。

そしてこのネット新聞は毎朝配られる新聞とほぼ同じ内容である。(と言うか、もっとリアルな情報が得られる。)

社説なんかも読めてしまう。

さらに何やら最近でアナログの新聞そのものが読めるとのこと。

f:id:mobilesalesman:20090514134140j:image

日経新聞関連では一部のコラムなんかはネットでは読めないが、しかしアナログ新聞の9割は読むもコトが出来るのではないであろうか。

それも通信費以外は無料である。

こうなってくると、毎月4000円以上支払っている新聞購読料がばからしくなってきたり…(^^;

ネットの新聞サイトに一番適しているのは当然iPhone(あるいはTouch)であろうか。

この夏の新端末が非常に楽しみである。

日経新聞購読を止めてでも導入するメリットは十分あると思われる。なんてね。(^^;

2009-04-10

必見!ほぼ日のプライベート皮カバー!

ほぼ日手帳を導入してから4年目になり、当初からカバーはナイロン製のオリジナルのものを使っていました。

このナイロンカバー、どうしても若干の静電気を帯びているようで細かいゴミを引き寄せてしまい表面が薄らと汚れてしまいます。

そんなこともありここのところで皮カバーが欲しいな〜と思いハマロフトに足を運び4月始まりで売り出されているカバーを見てみたり。

こんなカラフルなカバーや

f:id:mobilesalesman:20090410150301j:image

こんあ豪華なカバーがありました。これ良いなと思い値段を見てみると…

f:id:mobilesalesman:20090410150343j:image

10,000円…

手が出ません…

つうか、論外です。(^^;

とブータレていたところある皮細工のプロフェッショナルな方からこんないただきものを。(^^

f:id:mobilesalesman:20090410144400j:image

f:id:mobilesalesman:20090410112512j:image

これ、素晴らしいです。

肌触りといい高級感たっぷりです。

また私の無理な希望を聞いていただき“しおり”は4つ付けていただきました。

f:id:mobilesalesman:20090410150154j:image

この世に二つと存在しない私のオリジナルほぼ日手帳の完成です。(^^

末永く使わさせていただきます。

鶴さんありがとうございました。m(_ _)m

2008-10-31

ほぼ日手帳の「満年齢早見表」!

ほぼ日手帳も今回の購入で4年目となりました。

f:id:mobilesalesman:20081031092858j:image

毎年少しすつ改良が施されているように感じます。

ただ、昨日のエントリーにも書きましたが、「満年齢早見表」の“置き場”には少し戸惑います。

2006年版2007年版は年間カレンダーから数えて10ページ目にあります。

f:id:mobilesalesman:20081031092857j:image

ところが2008年版はなぜか最後のページから数えて22ページ目にあります。

f:id:mobilesalesman:20081031092856j:image

私的にはこれまでの経験として年齢早見表なるものは手帳の最初のほうにあったように思います。

ですので2008年版の“置き場”にはずっと戸惑っていました。

さらに今回の2009年版…

原点に立ち戻ったのでしょうか、始めのページ方面にまた戻ったのですが、ただなんだか中途半端な場所に…

43ページ目に置かれています。月カレンダーと日カレンダーの間に。

制作者の何か特別な意図があるのでしょうか?

左手でぱらぱらっとめくってちょうど収まりやすい場所とか。

まぁ、兎に角今回も見出しを付けて直ちにめくれるようにしておきます。

f:id:mobilesalesman:20081031092855j:image

2008-10-30

満年齢早見表発見!

大変申し訳ありませんでした。

来年度のほぼ日手帳の「満年齢早見表」ありました!

月刊予定表とデイリー予定表の間にありました。(滝汗…)

f:id:mobilesalesman:20081030112051j:image

ご指摘いただきました通りすがりさん、ありがとうございました。m(_ _)m

しかし毎年表示される場所が違うのですがどういう理由なのでしょう。

正直2008年度版の表示場所はページ後方で非常に不満でした。

2007年版はページ前方でちょうど良い場所にあったんですがね。

2009年版はちょいと微妙な位置ですね。

月刊と日予定との間。

まぁ毎回このページには見出しを付けていますので問題ないと言えば問題ないのですが。

ただ個人的な使い方では左手で“パラっ”と開けられるように最初のページあたりが一番便利に感じます。

それにしても助かったです。

ところでCentro用にも「年齢早見表」をインストールしてみました。

ダウンロードさきはこちら。

『かなりっちさん「年齢早見表」』

http://homepage3.nifty.com/squirrel/palm/nenrei/nenrei.html

CentroにはVer.1.5.0b9ですね。

f:id:mobilesalesman:20081030113931j:image

ほぼ日手帳、ショック…

昨日購入したほぼ日手帳

f:id:mobilesalesman:20081030093429j:image

中身を見て愕然…

な、な、なんと「満年齢早見表」がなくなっているではありませんか。

昨年、一昨年のものにはあったんですよ…

f:id:mobilesalesman:20081030093502j:image


仕事柄実は結構重宝していたんです、満年齢早見表。

確かPalmアプリに年齢早見表なるものがあったと記憶していますので早速探してみましょうか。

でも、とっさに年齢を確認する際は、やっぱほぼ日が便利なんですね。

あぁ、ショックです。結構ショックです。(^^;