Hatena::ブログ(Diary)

ctrl-alt-moccos RSSフィード Twitter

単推し(時分割多重)
2008 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2018 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 |

2018-10-14

アーモンドアイの強さ、2018年秋華賞の強さ

アーモンドアイ、牝馬三冠達成。

その牝馬三冠を、この秋華賞を素晴らしく価値のあるものにしてくれた、ミッキーチャームに全力で拍手と感謝を送りたい、そんな2018年10月14日でした。

レース前心配していたのは、「ピリっとしないライバル陣が着拾いするのをよそになんとなく三冠達成」ということ。ラッキーライラックが調整不調、その他も勝ったり負けたりしてきた馬ばかりで、明らかに格が不足。ですが、古馬混合の1000万を勝ちあがってきたミッキーチャームと鞍上川田将雅が120点のレース運びをしてくれました。

外枠ですが、二流馬では押しても行けない程度に飛ばしてさっと単騎先頭。諦めたのと2コーナーでペースで落ちて行くのを利用してのんびり運び、向こう正面からは後半は1F12秒ちょい切るくらいで淡々と刻んで緩めず、3〜4コーナーで一気に加速してインベタから突き放す。完璧です。教科書に乗せましょう。完璧な京都のレース運びです。過去10年を見ても、ジェンティルドンナの年以外であれば余裕で突き抜けていたでしょう。感動しました。ですが、直線に向いた時点で「ありゃ、勝ちはないな」という…化け物が居ました。NHKマイルカップでコーナーを回ってくるエルコンドルパサーを思い浮かべましたよ。圧倒的。

競馬なので、世代間で比べてみたら案外…という可能性はまだ否定できません。しかし、この秋華賞のレースは単体でも、5年から10年に一度の「強い馬が最高の走りを暴力的に打ち破る素晴らしいレース」だったことを、自分で忘れないように書き残しておきます。

2018-09-24

Konomi Suzuki Asia Tour 2018 東京

運命力のなさに定評のある鈴木このみ、ライブツアータイトル(Magic Hour)を内田真礼に後から被せられたのも記憶に新しいところですが、今度は天下のキンスパ東京ドームに後から日程を被せられました。流石に草。本人も「選んでくれてありがとう」的なことを喋っていましたね。その分、濃いファンばかりが集まっていたことでしょう。

豊洲PITは椅子指定席でした。しかし蒼の彼方でUOで暴れてるアニクラ勢が端のほうにちらっと見えて、いやースタンディングじゃなくてよかったーと思うことに。


この日の目当てはアルカテイル。アルカテイルを200%楽しむためには、Summer Pocketsをプレイする必要があるだろう…と、本当にサマポケ全編クリアして臨みました。やはり意味深な歌詞は意味を持ち、サマポケを経たことで最高のアルカテイルが染み込んでくれました。本編に入っていなかったので、まさかアンコールでは激しい曲やって終わりか?と思ったところで「夏を思い出して…」などと喋りだしたところで、脳内の勝利された約束の剣、抜かれました。こんないい位置に置いてくれてありがとう。もはやPCのノベル形式のゲームが大流行することはなく、アルカテイルも二度と良い位置には入らないことでしょう。サマポケが記憶に新しいうちに、サマポケが出た夏の終わりに、アルカテイルを回収できて本当によかった。あの瞬間、現地で心が鳥白島にトリップしていた、数少ないであろう人間の一人となりました。あとは次回のKey系のライブ (来年のKSL Live?) で、サマポケ曲まとめて回収したいところです。


今「鈴木このみ 豊洲 セトリ」で検索してもまともなものが出てこなくてびっくりしているのですが、次に印象に残ったのは、Avenge World。地味にアニメOPなんですが、なかなか引けず、弾いたらアコースティックバージョンだったなんてこともあり、すれ違ってばかりでした。鈴木このみのパワー部分が映える曲です。発売したCDの一覧を見ると、ほぼ必ずアニメのタイアップがついているのに、なかなか売れるアニメに当たらないのが悲しいですね…。ただアニメタイアップで一番売れていない部類の曲の、さらに半分の売上枚数っぽいのがアルカテイル。もうほんとあの業界はダメだろうなあ、人がいない。


最後はダブルアンコールあり。普段、アンコールのコールは全然頑張らずにぼけーっとしていることが多いのですが、この日はアンコールでステージ上からはけて数秒、「これはダブアンいける!」っと即座にもう一回コールを始めてみました。こういうのが、老いたオタクの出来る数少ない仕事よ…


毎度のことながら、最高のライブに、全体的には良い観客がついていて、行くたびに応援する気持ちを新たにする鈴木このみライブでした。

売れてくれーーー

2018-09-17

Roselia Fan Meeting 2018@カルッツかわさき 2回目(夜の部)

小さいイベントなので本来ならスルーでも良かったのですが、Roselia明坂のラストステージとなると話は別です。幸運にも2日目の現地チケットを引き当てることができました。どんなにクソ席でも、最後の最後に声を届けられる場所に居られたことの有難味よ。遠藤ゆりかに続いて半年で2回も味わいたくなかった有難味だけど…。

公式: Roselia Fan Meeting 2018 | BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト


会場:カルッツかわさき

川崎駅から東のほうに15分くらい、大きな道路沿いを進むと到着。ちょっと駅前歩くだけで治安の悪さがばりばり伝わる川崎。

無難な作りの綺麗なホールでした。着席して観覧するための施設で、あまりロックバンドが演奏するではないけど…。


トーク

トークパートは和やかに、いつも通りに。減点方式のクイズはもはや定番ですね。観覧者としても、楽器の音色はわかるように耳を鍛えておいた方が今後も楽しめそうかな。

ラストのお別れシーン、他のメンバーがお手紙読み上げている後方で、一番キャリアの短い中島由貴がずっと顔ぐしゃぐしゃだったのが印象的でした。明坂本人はベテランらしく平然としていましたけど。


中島由貴は、BLACK SHOUT以外はこの日初披露のために仕上げてきたはずです。3階席からなので、遠くても動きはよく見える位置から眺めていましたが、ステージ自体は慣れているぶん、始まるとすごい動いていて、楽しそう。無事走り出せているのを実感して安心しました。

明坂ラストナンバーとなったのはR。しかしなんと、「メインボーカル以外のマイクが入っていない」という音響の大チョンボ、しかも2番でもまだ治っていないという。なんとか終盤だけ復活しましたが、あやうく「明坂ラストナンバーで明坂の音声入っていない」大事故になるところでした。楽器は最初からちゃんと全部入っていたんですが。

「R」で最後に残る音はキーボードのもの。再起動を期して作り上げた楽曲がまさか、この場面に最適な曲となってしまったとは。


総括

ついにRoseliaは4人になってしまった。

もともとキャラクターは今井リサを、中の人は明坂聡美を推していたので、どちらもいなくなってしまった…。


ここまでの活動を追っているうちに、他3人(+交代した1人)の魅力も十分に理解してしまったので、追いかけるのをやめることはないけれども、しかしつらい。

2018-09-09

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪@前橋グリーンドーム

シンデレラガールズ、国内では久々に人数の揃ったイベント。2018年、他のアイマス系コンテンツに動きが見られたのに対して動きが弱く、停滞の感じられたシンデレラガールズ。しかし3周年と絡めたここから年末の6thにかけて、ようやく本気モードです。

公式: 開催概要│THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪│EVENT│THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

Day1 セットリスト参考: 3周年記念楽曲『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』初披露も! 『デレステ』3周年記念イベント“SS3A”Day1リポート - ファミ通.com

Day2 セットリスト参考: 新曲やリミックス楽曲を含めた怒涛の27曲を届けた! 『デレステ』3周年記念イベント“SS3A”Day2リポート - ファミ通.com


会場(LV):TOHOシネマズ上野

上野と言いつつ御徒町。最近できたばかりの映画館に初入場。普通のTOHOシネマズで、1か月経過したらもう何も印象に残っていません…


会場(現地):前橋グリーンドーム

2日目・日曜日は日帰りで現地へ。2012年の水樹奈々で来て以来。当時は前橋駅から歩きましたが、この日は新前橋駅から。こちらからだと、最後に利根川を渡って到着するので、なかなか良い景色が見られます。

https://pbs.twimg.com/media/DmofGE0U4AAssDV.jpg

当日、前橋市はシンデレラガールズとのコラボを積極的に打ち出していました。まさか、maebashi.gunma.jp にアイドルマスター シンデレラガールズという単語が乱舞しようとは。(公式概要 → http://www.city.maebashi.gunma.jp/sisei/473/003/p020013_d/fil/20180905_1.pdf )

紹介された店のなかには、売切れたり超満員だったりと、一定の成果は残せたのではないでしょうか。ただ、難しさを感じるところが2つ。まず、距離感覚が地元の車移動感覚。グリーンドームと逆方向に徒歩58分の店紹介されても無理です。もうひとつは、突発的な需要を受け入れるキャパシティがないこと。せめて月イチくらいでこのくらい人が集まってくれないと、店でかくするわけにもいきませんし。

帰りは、前橋から小田原方面まで直通の電車があるのを逃さず捕まえて、グリーン車でのんびり。高崎で乗り換えて新幹線、意外とそこのオーバーヘッドを安全に取ると、帰宅時間が変わらなかったんですよね。ここも前橋という場所の難しいところで。

引き当てた席はアリーナの真ん中あたりの微妙な位置、ぎりぎり演者の表情が肉眼で見えるかなーといったあたり。レギュレーションがめんどくさいので、今回から光り物無しでの参戦としました。


本編

このSS3Aに備えてか、ライブに半月ほど先行して、CD未収録の曲が一気にダウンロード販売されました。出てから2年もCDが出ず腐らせているような状況に、誰かが痺れを切らしたのでしょうか。内情は知りませんが、ファンとしてはありがたいことです。同時に歌詞も公開してくれれば100点だったのですが、今まで入手不可能だったのがあまりにも酷かったし、数ある停滞要因のひとつに挙げられることもあったので、ひとまずは歓迎。

Twin☆くるっ★テール

コールやクラップの位置が覚えづらいのを割と頑張って予習していったけど、LVでも現地でもさっぱり入っていませんでした。アイマス勢、コール本で指示されてからでも動けないのは弱点。


shabon song -For SS3A rearrange MIX-

藤本彩花さんを(全体曲除くと)初めて見たのがここ。キャラ声を保ったまま歌うというのは、下田麻美ですら諦めたくらい大きなハンデだというのに、この曲に限らず常にキャラ声だったのがすごいですね。音程の怪しいのぐちゆりを支える藤本彩花、というとてもハラハラする両日のステージ。


美に入り彩を穿つ

デレステで実装され初めて耳にした瞬間から、2018年ベストミュージック候補。弱起で前へ前へ突っ込んでいく分かり易い勢いのロック、和テイスト。和風ロックでは水樹奈々の悦楽カメリアが大好きで、最初は比べたりもしていたけど、冷静に眺めると明確に路線違いでしたね。あちらが重厚なギターとドラムでゴリゴリ行って和風みは笛系、小節頭のリズムを守るのに対し、こちらはリズムが前に突っ込んで三味線に軽めのギター、そしてダウンロード版が来て気づくベースの暴れ具合。どちらも素晴らしい。そして勿論、二人のボーカルとプロデューサーたちから跳ね返る熱量まで含めて、期待通りの100点が味わえた4分30秒でした。


クレイジークレイジー

この週末の目当て、その2。「おかしくなっちゃうよ」からスイッチが入って低音の暴力が始まる。強力なスピーカーで音圧の暴力を受けながらボーカルに泳ぎたい、という目的は現地で達成されました。LV(映画館)の方が音響設備は良いはずだけど、ライン出力じゃなくて現地録音を流すのだから、LVの方が良くなるわけなかった。


Last Kiss

本日のベストビジュアル賞。三船美優さんも中の人も特段ファンではないのだけれども、降り付けの一挙一動がいちいち美しくて目が離せませんでした。常に手先が綺麗だし、サビ途中でくるっと半回転するのも良い良い。グリーンドームの音響は良くなかったけれども低音の出力は出ていたので、音数が少なくて低音が強いこの曲に合っていた、という面もありました。


alwais

ここに回ったのは、初期衣装を纏った「新参組」。まるで歌唱力選抜組のような安定感。

藤本彩花、花井美春、田辺留依鈴木みのり武田羅梨沙多胡、会沢紗弥、小市眞琴

全体的にレベルが高いなかに、さらに鈴木みのり・花井美春が跳びぬけて上手い。特に、鈴木みのりはポスト水樹奈々ポジションに進んでいってほしいくらいです。鈴木みのりと同じワルキューレの一員である安野希世乃も、以前よりさらにレベルアップしているような気がします。あとは、武田羅梨沙多胡は「メイド喫茶で大人気になりそうな見た目」というファーストインパクト。なぜかそういうイメージがすっと脳裏に。

alwaysラストの「私を選んでくれてありがとう」を総選挙でボイス勝ち取ったメンバーに合わせてくるのは、ベタだけどおめでとう感が強くて良いですね。選ばれたアイドルにも、勝利を得たそれぞれの担当プロデューサーたちにも。今の自分の担当(佐藤心)は第5回総選挙によるボイス実装組で、その一連の流れを味わっていないのに残念感が全くないとは言わないけれども、どちらかというとボイスから惹かれているのでそのルートは無かっただろうなあ。


その他細かいところ
  • 届けアイドルのフル、初めて聴いた
  • Virgin Loveは両日とも完成度高くて、この二人が安定感を提供する側になってるのがほっこりする
  • Twinくるっテールの音程が両日行方不明だったことは忘れよう
  • Lunatic Showのアレンジバージョンではサビから裏拍のノリが消されてる。アイマスオタクには難しかったんだ…
  • 曲の最初と最後に、スクリーンに歌唱者の名前の他にユニット名が出るの、良い
  • 楽園は歌唱も振り付けも、ひたすらに丁寧さを感じた
  • 現地は、開演前に流れている曲には咲きクラを入れるけれども、本編では入れない弁えた感
  • 協賛で唯一読んでもらえないCygamesとは

総括

初日LVの序盤、なんでもない曲で震えて、「ようやくシンデレラガールズが帰ってきた」というのを身体中が実感していました。もうこんなにライブの間隔空けないでくれー。

2018-09-01

NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018 WAVE12@埼玉

このツアー2つめの参加。セットリストは高知とあまり変わらず。脱出に不便な場所なので、ダブアン前に離脱です。この脱出時と、それから入場時も、どちらもちょうど豪雨のタイミングで大変でした。アンコール中は雷鳴雷光が存在感をアピールしていて、これはなかなかよい景色ではありました。

年代で挙手したとき、もうだいぶ40代が多くてびっくりですね。どの曲か忘れたけども、ppph箇所でステージ上がクラップ指示になっていたことがあって、ステージとしてだんだん落ち着けていこうという流れもちょっと感じます。アニサマに出なければ新規流入はないだろうから仕方ないですが。モンストのアニメのED曲やるそうなので、これで少しでも新規が増えてくれれば。


相変わらず本編後半のセトリ、NEXT ARCADIAの周りが神がかっていて最高でした。それ以外に書くことがあまり思いつかない。惰性で参加しているわけではなくて、並のライブよりはるかに楽しいことは否定しようがないんだけども、これはちょっと良くないな。