お話おじさん’老後生活記

2018-08-17

切り絵展

一雨で急に涼しくなった。暑い暑いといってたのがうそのように、もう秋の気配がする。今日は明日のイベントの準備の手伝いをしてから、しいのき迎賓館で開催中の切り絵展を観てきた。
疎くて知らなかったが、切り絵では著明だという久保修の展覧会だった。
展覧のほとんどは、古くからのモノクロの技法に、絵画をプラスした作品なので、カラフルで楽しい。一つだけカメラ可の作品があったので、撮ってきた。

f:id:mochizuki336:20180817104552j:image:w360:left帰途、かかりつけ医のクリニックに寄った。今日が盆明け診察日だったが、客はわがだけで、定期検査を受けてきた。血圧は130に72と正常だったが、なぜか糖が高かった。

午後は、畑が十分にうるおったので、この機会を逃さずにレタスの苗を移植し、第一回のシュンギクダイコンの種を播いた・・・失敗だったら、また播くつもり。

2018-08-16

今日はよく降った

今日はよく降った。金沢では観測史上最高だったという。朝放送大学に行くときは、青空が見えていたのに、11時半になって退室したら激しい雨で、裏の道路が冠水していた。帰宅して畑を眺めたら水浸し・・・これまでにない水量だ。これでは、せっかく大きくなったスイカがダメになるかも?

f:id:mochizuki336:20180816140347j:image:w360:left放送大学の講義は、運動と生活習慣病についての話だった。療法には、食事・運動・薬物の三つあるが、効果的なのは食事と運動である。
おかげさまで、糖尿病と診断されて30年間何とか健康を保ててきたのは、これまでのわが生活習慣は悪くはなかった・・・今後も努めて行こう。

高岡商業大阪桐蔭を相手に、敗れたもののいい試合をした。強豪を3点に抑えた投手はよかったのに、残念ながら打てなかった。

2018-08-15

寸感

戦没者追悼式の映像がライブで流れた。思えば73年前の今日をわがは学童疎開をしていた富山県の片田舎で迎えた。小学5年だったので、よく記憶している。やはりとても暑い日だった。みんなでラジオのある農家へ行き、庭で正午の玉音放送を聞いて、敗戦を知った。

f:id:mochizuki336:20180815121106j:image:w360:leftもう日本は戦力は壊滅状態なのに、一億玉砕を合言葉に戦いを続け、原爆が落とされるまで、無条件降伏しなかった。
今になったら、気ちがい沙汰としか思えないが、それが得体のしれない民族国家の姿だったのだ。

終戦を決定したのは昭和天皇で、憲法では象徴とされているが、最後の決断を下せる良識ある人格をいただく日本でありたいと願う。

2018-08-14

母系遺伝

今日の火曜は旧盆で、ボウリングクラブはお休み・・・関係なく開いている放送大学に行った。
さすがに常連もお休みのようで、室はわが一人だった。視聴したのは運動能力についての遺伝と環境の話で、とてもおもしろかった。

f:id:mochizuki336:20180804100254j:image:w360:left遺伝か環境かについては、一般に半々もしくは遺伝は40%ほどといわれるが、何についてかについて異なる。身長などは9割遺伝するそう。
運動能力については、運動競技力の研究から、66%が遺伝要因という結果がでたという。両親とも元中国の代表選手である怪童張本選手などいい例。
f:id:mochizuki336:20180721174714j:image:w360:leftそれも遺伝はDNAが媒体をしているが、DNAは二つあり、細胞内の核DNAとミトコンドリアDNAで、前者は両親からで、後者は母系という。
生命活動エネルギーはATPを産生するミトコンドリアにあり、それが母系遺伝だといことは、母親の力がものをいうということになる。
高安も御嶽海も母親がフィリピン人ということがうなづける。

2018-08-13

高校野球漬け

例年盆を過ぎると少し涼しくなってくる。ダイコンハクサイなど秋冬野菜の種を播くが、今夏はどうだろうか。

f:id:mochizuki336:20180813115139j:image:w360:left今日もちょっと恵みの降雨があって、その準備にかかっている。まだ日中はムリなので、朝の5時前後に起きて、2時間ほど畑をするようにしている。今朝は畝作りをした。
大して汗はかかないが、終わったらシャワーをして、朝食にする。それからは、高校野球漬け・・・3試合とも見どころがあった。
第一試合は沖学園前が半よく頑張ったが、やはり大阪桐蔭の貫録勝ち。第2試合は隣県の高岡商業がよく接戦を制したが、次の桐蔭戦を観られるゲームにしてほしい。第3試合は、近江智弁和歌山を破った勢いを感じた。
暗いニュースだ絶えない中で、若者が躍動するシーンを観られる時間はとうとい。