ねこじゃらしに飛びつけ* このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-21

大海原を犬かきで

久しぶりの更新となりました。熱を出し、声が出なくなって念願のハスキーヴォイスを手に入れた2週間前。ここ数日で、ようやく高音のキンキン声が戻ってきました。声が低くなって嬉しかったのですが、風邪が治ってくるほうがいいですね。

いろいろなことがあった2週間でした。

近くのクリニックで抗生物質を処方していただいて、その後、漢方の先生にその旨ご報告したところ、「世界の主流は抗生物質を処方しない方向」だそうです。あわてて漢方を処方していただいて、「桔梗石膏」という薬を飲んでいます。漢方効きます。

晴明神社にも行きました。良い気で満たされた神社でした。一年間お守りいただくご縁。ありがたいです。

最近聞いている音楽はCathy Claretです。とってもかわいい声。私は女の子のウィスパーヴォイスに弱いのです。スペイン語も素敵。

映画「ちはやふる 上の句」「・・下の句」を一気に観ました。肉まんくんが太っていないのが残念ですが、いい青春映画なのではないでしょうか。春に上映される「結び」も期待です。

超ノロノロ読みをしていた「重力ピエロ」を仕事の休み時間に読み終わり、ボロボロと泣いてしまいました。傑作。こんな良書を読んだあとは何を読めばいいのでしょう。次に何を読むか、大変迷っております。

日経平均が2万4千円台をつけると、途端に強気発言の人が多くなりました。武者さんが日経平均4万円になるとおっしゃると「ムシャさんったら」と微笑ましいですが、どこかのおじさんがTVタックル日経平均10万円になると言っていると、このおじさん大丈夫かしらと空恐ろしくなります。もうちょっと上がりそうだけど、天井近いのかな。お兄ちゃん逃げて。


さて、ごめんなさい!先に謝ってしまいますが、多読をさぼりました。

英語はニュースを読み続け、Facebookで海外の人の記事を楽しく読んでいます。

一年間違う勉強をして多読から離れると、自分の生きがいから離れてしまったような気持ちになりました。目標のない人生は砂漠を歩いているような気持ちになりますね。また英語の大海原に身を投げだして、ジタバタと手足を動かし、少しずつ前に進んでみようかな、とも思うのですが。。。英語は根気がいるので、たっぷり一ヶ月も準備期間を必要としました。今日、一歩踏み出そうとこれを書いていますのに、バンジージャンプの一歩のような気持ちになっています。またやるのか、私。あの果てのない海を泳ぐのか。

英語が好きで、英語が怖い。

でも、今日こそ、飛び込もう。

Pendragon」シリーズを読もうと思っていたのですが、今までのストーリーをすっかりと忘れてしまって、のめり込めないのです。。

違う本なら世界に入れるかなと思い、いろいろと見ていたところ、この本を読んでみようかなと思い立ちました。

The Thief (The Queen's Thief)

(↑Amazonの紹介ができていなくてごめんなさい)


さて、ジタバタ犬かきで大海原を泳いでみますか。

2018-01-08

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます

大分遅くなりました。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

年末年始に帰省しまして、風邪をひきました。

良いことと良くないことがたくさん押し寄せた年末年始でした。少しずつ日常に帰りつつあります。ブログをアップする今日までに、今年の目標を定めようと思っていましたが、考えれば考えるほど遠のいていく、そんな気持ちです。目標はおいおい考えるとします。心に良いことを積み重ねて幸せを雪だるまのように大きくしていく、そんな一年にしようと思います。


微熱の体ながら、今日は、何かを打破したくて、封印していたデヴィッド・フィンチャーの映画「セブン」を観ました。超字幕で観たもので、映像の妙というよりは英語のセリフの妙を味わったような、そんな不思議な鑑賞でした。超字幕で鑑賞するのは初見よりも二回目以降の鑑賞が良いかもしれません。凝っていてラフな英語だったので、英語力が少し維持できていた時期に観たら、もっと気づける部分が多かったかも。今はすっかり英語力が鈍っていますので、ところどころに「おー!すごい!」という気づきがあるものの、自分の英語力が再び地に落ちたのを再確認するひととき。。。

長いこと封印していたのに克明に覚えているというのは、その映画を好きなのか、嫌いなのか。観ているときは大変苦痛だったのに、こうして一時距離を置くと、ものすごい魅力を放っている。不思議な映画です。陰惨な映画をご覧になりたいときにぜひ。でも私は10年以上の期間、封印しました。この映画もR15指定ですのでご注意ください。

封印を解くことで、ひとつ山を乗り越えたようです。封印した理由を客観的にみることができる。ひとつ大人になったのでしょう。不思議な心地です。

私が封印した映画は、もうひとつ。「リリィ・シュシュのすべて」です。美しい映画ですのにね。初めて観た時、「もう二度と観ない」と思ったのですが、いつかは封印を解かなければ。この映画も克明に覚えています。最初から最後まで。これはもうちょっとねかせます。


年末には「ゴーン・ガール」を観ました。こちらもデヴィッド・フィンチャー監督作品。これもまた面白かった。恐ろしくも笑ってしまう不思議な映画でした。深刻さのなかに笑いがある。そんな味わいも大人の特権。次は「エイリアン3」かな?

2017-12-27

よいお年を

多読ブログの「た」の字もなかった今年一年。ご期待に添えず申し訳ございませんでした。

早い人はたったの2ヶ月で受かってしまうという、それほど難関ではない試験にたっぷりと9〜10ヶ月かかり、本日合否発表を受け取りました。

「合格」

これで、ひとつ試験の山を越えられて安泰です。安心して次の勉強に取りかかれます。さて、また職業関係の資格を取るか、英語に戻るか。。

年をとらないうちに資格をたくさん取っておいた方がいいという、母の言葉を胸に、年末年始、新しい年をどのように過ごすか考えようと思います。

来年、どんな年になるかしら。いろいろとチャレンジしようと思います。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

どうぞ、よいお年を。

Happy Reading!

f:id:moco_moko:20120315173836j:image

2017-12-26

デヴィッド・フィンチャーを解禁しました。

かなり昔に映画「セブン」を観て、あまりの残酷さに「この映画は封印しよう」と思い、同時にデヴィッド・フィンチャーを封印しました。その後、フィンチャー作品の名作が増えたそうなので、そろそろ解禁しようと思っていました。

そんな本日、100円引きのチャンスが来て、Amazonビデオにて「ドラゴン・タトゥの女」を鑑賞。陰惨な過去の事件を追いながらの、魅惑的な筋書き。フィンチャーのキリッとした映像美。何より、ドラゴン・タトゥの女を演じたルーニーが素晴らしい。ゾクゾクする魅力です。

R指定の映画なので、ご用心くださいませ。でも、私にとっては名作です。

映画っていいな。明日は「ゴーン・ガール」を観ようと思います。フィンチャーは好きなのだけど苦手。苦手なのだけど大好き。


そういえば、ここに書き忘れていましたが、とあるイベントで映画「私を離さないで」を観ました。衝撃的な映画で、出勤前にロッカーでボロボロと泣いてしまいました。ぜひとも原書にトライできるよう英語を頑張っていこうと思います。




続きを読む

2017-12-21

(日本の本)ノロノロ読み

楽天の雑誌を読み放題を利用しています。ニューズウィークを読んだり、マネー誌からファッション誌まで読み散らかして、活字中毒の発作を和らげています。身のある文章を読みたいときもあるのですが、意味の薄い文章も甘美な味わいがあります。うわべをつるりと撫でるだけの文章。ゴクゴクと飲み干すように文字を読み続けると、お腹いっぱいになります。「&Premium」が面白かったです。神社案内をしながら、女性の着ている服の情報が事細かく記されているのです。そのアンバランスさに思わず笑いました。

重力ピエロ」は映画を先に観ているので、筋を知った上で小説を読んでいます。そうすると、細やかなエピソードがキラキラと光り、あまりの愛の深さに泣けてきます。序盤ですのにノロノロ読みに入りました。大事に大事に読もうと思います。

。。ごめんなさい、洋書をサボっています 笑

お許しを。。


最近、クラシックを聞きながら過ごしています。ダニール・トリフォノフが素晴らしい。ギドン・クレーメルの鋭さにうっとりです。