有職故実

UbuntuとiPhoneと生活と

2018-04-30

Emacs24.4でorg-mode7を使う

Emacs24.4からorg-modeがバージョンが8となっておりエクスポートオプションや書式が変化している。画像のscaleオプションも見当らず、不便なためorg-mode7を使えるようにした。

以下の記事でorg-mode7のソースからのインストール方法が紹介されているので参照してインストールを行なった。

上記リンク先記事中のorg-mode7のファイルリンク(http://orgmode.org/org-7.8.09.tar.gz)はこのエントリを作成した2018/4時点でまだ有効だった(なお、org-mode公式サイト*1には旧バージョンへのリンクは見当らない)。

上記リンク先の記事の設定はMacを前提としている。linuxではMakefileを以下のようにする(各ディレクトリへのパスは自分の環境を確認のこと)。本来は"datadir"も変更が必要かもしれないが今回は変更しなかった。

prefix=/usr
lispdir = $(prefix)/share/emacs24/site-lisp/org-mode
infodir = $(prefix)/share/emacs/24.4/info

上記リンク先の記事の手順3の.emacsの記述については既にorg-modeの設定が済んでいれば特に必要ない。

また、このままだと元々インストールされているorg-mode8が起動してしまうため、org-mode7が優先して起動するように.emacsに以下のような書式で記述して優先度を変更する。

(setq load-path (cons "優先度を上げたいディレクトリ" load-path))

(Emacsテクニックバイブル~作業効率をカイゼンする200の技 - Google ブックス p.36より)

具体的には以下のようにする。

(setq load-path (cons "/usr//share/emacs24/site-lisp/org-mode/" load-path))

以上で晴れてorg-mode7が使えるようになった。

136707

ユニークカウンタ(2011/6/26〜)