Hatena::ブログ(Diary)

もぐら日記

2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2014 | 01 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 06 |
2016 | 04 | 12 |
2017 | 02 |

 | 

2007-12-31

[]

今年はよい一年でした。

今年の個人的重大ニュース。いろいろ書くこと考えてたけど気づいたら今年も2時間きっちゃったのでパッパッと済ませます。

  1. 保坂和志の著作との出会い。価値観が変わるということを信じてなかったけど、改めたいと思った。
  2. コミティアへの参加。来年も積極的に参加したい。
  3. 福永信の著作との出会い。
  4. 米澤穂信の著作との出会い。

きりがないのでこのくらい。来年もよい1年なら言うことない。

[]今年最後に読んだ本

ドン・キホーテ前篇(一)」セルバンテス作 牛島信明

これは面白すぎる。

2007-12-19

[]

ぽっこり時間ができたので、以前から気になっていた「ブレンパワード」を頑張って一気見した。面白かった。半分くらい見て疲れてついうたたねしてたら、夢の中に裸の女の子がたくさん出てきてうはうはだった。なんて単純な人間なんだと思った。夢の仕組みとかどうなってるんだろう。フロイト先生の本でも読もうか。でもどうせなら最新の夢のトレンドが知りたいような気がした。

[]「虐殺器官伊藤計劃

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

これなんかはまさに悪夢の最新トレンド?トレンドなんて言葉はふさわしくないけども。描かれているのはもっと深刻で絶望的な何かだと思った。

2007-12-11

[][]

・新しく買った漫画の原稿用紙がやたら毛羽立ってがっかり。墨汁が乾かないうちにタッチを重ねるとめくれる…前のはそんなことなかったんだけど。これもいい勉強だと思います。

・ちなみに基本的にはかぶらペンで描いてます。

[]「夕日ロマンス」カトウハルアキ

夕日ロマンス(Flex Comix)

夕日ロマンス(Flex Comix)

ウェブで初回を読んで絵に惹かれて購入。絵柄はやっぱり好き。話は…単行本一冊分の分量ではそもそも無理がある感じがした。でもキャラは立ってて読んでて楽しい。保健室の先生いいね。印刷されたものだとモニタで見て感じたほど、画面(絵)がシャープじゃなくてちょっと残念。デジタルの原稿なんだと思うけど、むしろぼんやりとして見えるのはなんか変な気分(デジタルというと白黒がぱっつり分かれてるというイメージがいまだにある。山本直樹みたいな)。

2007-12-09

[]「隷従への道」フリードリヒ・A・ハイエク

[]

・この時期は暇なはずなのに、なぜか忙しい…

・近所のショッピングセンターの屋上からオリオン座を探した。地面すれすれに見ることができた。今日は本当に寒かった。

2007-12-01

[]「イッツ・オンリー・トーク」絲山秋子

イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)

イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)

 デビュー作。この頃の作品からは、保坂和志の影響がうかがえるような気もするけど、ただたんに、僕があまりにも保坂の影響を受けすぎているから何を読んでもそう見えてしまうということなのかもしれないとも思った。

[]

コミティア83に申し込むことにした。結局お祭りだから寒くても楽しい。でもそのためにサークルカットを描いていたらやたら時間がかかってしまった。祭りの準備は楽しいというけどそんなことはないんじゃないか。

・3月の名古屋コミティアにも申し込もうかとなんとなく考えている。

藍色藍色 2009/09/17 15:44 こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

 | 
カテゴリー
Connection: close