Hatena::ブログ(Diary)

もぐら日記

2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2014 | 01 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 06 |
2016 | 04 | 12 |
2017 | 02 |

 | 

2010-08-30

[]コミティア93レポート

地方からコミティアに参加するのは不安が多いものだし、初参加となればなおさらで、思い出してみると僕もネット上で散々参加記やレポートのたぐいを探して本を作る冊数や心構えを勉強しました。今回とあるサークル参加者の方から、僕が以前書いた長文参加記が参考になったという驚くべき話を聞き循環しているなぁと感動するとともに身が引き締まる思いです。

地方から夜行バスで参加する場合悩みなのがイベント前後の長い空き時間ですが、喫茶店やファーストフードで時間をつぶしたり山手線を何週かしながら本を読んだり、観光地に行ってみたりしました。ネットで読んだすごい人は東京駅からビックサイトまで歩くという方がいてまねようと思ったこともありましたが迷いそうなのでやめました。ちなみに多分一番安く済む手段は東京駅からバスでビックサイトにいくというものだと思います。

サークル入場から開場までの設営時間は2時間もあり普通にやっていれば時間があまりまくります。他のサークルを見てまわって面白そうなところを探したり、出張編集部を覗いたりして時間をつぶします。何回か参加してると知り合いのサークルも増えるので挨拶したりします。僕は2年目くらいから時間があまるということがなくなりました。有名なサークルはこのときにとりおきを頼んだりするという裏技もあります。

それで終わったらなんとか時間をつぶして夜行に乗って帰ります。最近はとあるサークルの激熱打上に誘われることになっているので(感激感動感謝)時間をつぶす必要がないのですが、初参加で1人参加とかだとこの時間帯が一番メンタル的にもフィジカル的にも辛い時間だと思います。 はじめのうちは秋葉原に行っていましたが2回も行けば飽きてしまいます。無難なのは喫茶店(ドトールが好き)に陣取って買った同人誌を読むというのです。

ふう。

一般的な話はこのくらいでしょうか。

今回も夜行バスで新宿スタート。いつも使っていた西口のロッテリアがなくなっていてバーガーキングという田舎モノには聞きなれないハンバーガー屋になっていたけどやっていれば問題ない。前回よりカラスが少ない印象でした。若干高くついたけど非日常の気持ちになっているのであまり気にならない。りんかい線に妙に女性が多いと思ったら東でコミックシティをやってたらしい。普通に入場してヤマトから荷物を引き取って展示。すぐ飽きるので中途半端なままブラブラしてたらスタッフのSさんに呼び止められる。Sさんは今回はちょっと違った仕事で来ていたみたいです。Sさんの出世魚っぷりが見ていてまぶしすぎました。コミックリュウが出張編集部に来てたので持込。基本的にはイッキとリュウがいるときだけ見てもらってます。ビームとか来ないのかなぁと思います。なんとマイナー志向なことだ。あいさつ回りをしていたらすぐ時間になりました。

いくつかの要因でいつもより本が売れるコミティアでした。いつもの倍くらいは売れたので改めて作品の内容より人に知ってもらうことが売れるためには重要なのだなぁと思いました。いろいろな人が尋ねてきてくれました。フナコシさんはじめフナコシさんが繋げて下さった方たちや絵画方面の方たち、ツイッターピクシブ系、そして何より常連の皆さんどうもありがとうございます。(差し入れありがとうございました)

閉会後はまたしてもめこがそれをの柳田さんと田中さんに誘われてべた漫+TMROBな面子の飲み会にお邪魔させていただきました。ここそこで熱い漫画論が交わされる中隅っこでほろ酔い幸せ気分でした。男子卓と女子卓が結構パッチリ別れてて(なぜか女子卓にいたけど)男子卓の話しも気になったなぁ。東京の方にあいちトリエンナーレでやる演劇情報を教えられてあいち県人失格だと思いました。りすん見たいかも。実は読んでないから読もう。

今日は買った漫画を読みました。SF研究会がやっぱり面白い。

スケジュール的に次回新刊は無理っぽいのでまとめ本2を作れたら作りたいです。多分エーコちゃん関係で。加筆+10ページくらいかけたら言いなぁと思ってます。

月本月本 2010/09/03 17:24 もぐこんさん、先日は本当にありがとうございました。スペースに来て下さったり、とてもうれしかったです。そして色々すみません…!
(なんというか訳もなくとても恥ずかしいので謝っておきます…。)
コミティアはとても刺激的でした。こういう風に一歩踏み出せたのももぐこんさんのお陰だと、しみじみ思いました。
何よりお会い出来て少しでも話が出来た事がとても嬉しく、励みになりました。

きょうちくとう??、とても楽しかったです。
岡山に住む前は、学生時代から広島に長く暮らしていたので
カープが出てきて嬉しくなったり…。個人的に色々思い出されて、更に楽しめました。

11月は友人の結婚式と被っているらしく、参加出来ないのですが、、
また2月に開催する時はチャレンジしようと思っております。その時はまたお話させて下さい!

mog-cmog-c 2010/09/03 23:36 月本さま
先日はこちらこそありがとうございました。お菓子大変おいしゅういただきました!
今思うとせっかくお話できたのに個展のときのお礼もせず気も利かず申し訳なかったです。
コミティアの刺激には若干の中毒性があるようなのでご注意ください。

ちなみに広島現美の会場で展示されているきょうちくとうは広島弁に翻訳されているらしいですよw
カープが出てきてるのに表紙は豊田スタジアムという謎の冊子です。

2月なら半年もあるし新刊も期待しちゃいますね!

2010-08-28

[][]コミティア93

こんな直前の告知で誰が見てくれるのかまったく意味がないかもしれませんが、明日8/29開催のコミティア93に出ます。

会場は東京ビックサイトです。

新刊は

  • 「最後の交信」
  • 「きょうちくとう」「きょうちくとう2」セット

です。「きょうちくとう」はデザインの都合上分冊されていますがお話的には繋がっているので2冊セットのみの販売とさせていただきます。

既刊は「明るい教室」「ファントムペイン」「メメント森/虫の知らせ」「大人のたしなみ」「シンプルライフ」を持ち込みます。

「シンプルライフ」は在庫も豊富(供給過剰w)でティアズマガジンのプッシュ&レビューで紹介されたこともあって強気の搬入数ですが

それ以外の本は在庫が少なくなっています。

明日もまだまだ暑そうですがコミケに参加しない身としてはこの夏唯一の同人イベントなので(9月の名古屋ティアは秋とします)存分に楽しみたいです。

新刊「最後の交信」の表紙イラスト

f:id:mog-c:20100827001300j:image

2010-08-15

[]舞城王太郎「ビッチマグネット」を読む

舞城らしい家族小説?舞城作品はディスコ探偵以来だから結構久しぶり。主人公の内面か心理か感情かよく分からないけどそういう心の動きみたいなものが描写の軸みたいにしてあって、舞城読んでる感が久しぶりなのにブランクないみたいに感じられた。舞城はすべて自分で語ってしまうから読者はだいたいただ読めばいい。それにしても人間ってこの主人公みたいにあれこれ考えているのか疑問に思いました。少なくとも自分はこんなに、というかこんなふうな考え方はしていない。と思う。舞城の性別はとりあえず僕は知らないけど(主人公は女の子なのだ。)女の子はこんなふうに考えているんだろうか。とにかく読みながらすごく不安な感覚になった一冊。

ビッチマグネット

ビッチマグネット

2010-08-13

[]

2007年くらいのブログを読み返してたら結構豆に読書感想書いてたので驚いた。軽い印象ばかりだけどちょっとびっくりした。最近は殆ど本を読んですらいない。

2010-08-12

[]第二回微分帖漫画

宮田篤との微分帖漫画第2弾が現時進行中です。漫画が出来しだい広島市現代美術館のことばの森の賑わいに加えられていきます。

前回の「きょうちくとう」の続きの展開からはじまりました。どんな展開になるか描いてるほうも予想できなくて楽しいです。

f:id:mog-c:20100811225319j:image

宮田篤ブログ「宮田篤のことばの森日誌

2010-08-11

[]遅くなりました。

フナコシPの新作で、再びコラボレーションさせて頂きました。動画内で使用されているカットを何枚か描かせていただきました。

「フナコシP/一時、迷いのおままごと」

D

どうぞご覧ください。

この曲、テーマがプロポーズということで想像で描くしかなかったのですが、プロポーズとか関係なく、フナコシさんの書く歌詞は具体的なのでいつもイラストは描きやすいです。

フナコシさんからは、めがね女子且つあんまり真面目そうじゃない方がいいというリクエストをいただいていたのでわりと楽にかけました。

フナコシpの「ほんとは分かってる」は先日発売された初音ミクプロジェクトディーバ2ndに収録されています。

一通りプレイしましたが、似たような世界観の曲が多い中一人だけ明らかに浮いていると感じられました。フナコシさんのそんなところが好きです。

前回の曲はこちら

フナコシフナコシ 2010/08/12 09:36 告知有難うございます。
>明らかに浮いている
有難うございますww

↓記事の取り置き、宜しいのでしょうか?なるべく早くいきますので宜しくお願いしたします。
↑記事の微分帖なんと言えばいいのやら、真面目とユーモアが同居して面白いです。

今回もお忙しい中有難うございました!

mog-cmog-c 2010/08/13 20:40 もちろんです。取り置きしてお待ちしております。
上の漫画は最初の宮田のぶんが面白かったので殆ど脊髄反射みたいなもんです。戦後の整合性だけ気をつけました。

mog-cmog-c 2010/08/13 20:41 戦後w前後です。

 | 
カテゴリー