Hatena::ブログ(Diary)

もぐら日記

2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2014 | 01 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 06 |
2016 | 04 | 12 |
2017 | 02 |

 | 

2014-08-03

[]

最近、伊坂幸太郎の本をたくさん読んでいる。面白いので読んでいるのだが、何故面白いのかは良く分かっていない。へんなことがよく起こる。主人公が死神だったり、世界が滅びる3年前だったり、推理小説みたいなものよりは、そういう変なものが好きみたいなのだが、変だから好きというわけでもない。文章のぶっきらぼうな感じも好きです。頭が変な奴がいっぱいいるのに生活感があるのかもしれない。生活感というのはどういうことかわからないが伊坂作品にはあるきがする。

 | 
カテゴリー
Connection: close