Hatena::ブログ(Diary)

night and sundial diary

2月20日 (2017年) 記す

暖かかったとおもったら冷たい雨が降り、春一番が吹いたとおもったら北風が吹き寄せる。天候の変化が激しすぎる。

家に帰ってきてから見た録画がおもしろかった。

SOUNDHUNTERS
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170220

ミュージック・コンクレートの影響下にあるいろいろな音楽取材したドキュメンタリー現代音楽のフィールドだけでなくマシューハーバートブリクサ・バーケルト、シャソール、マトモス、ジャン・ミッシェルジャールといったミュージシャンも登場してて豪華。ブリクサが「80年代に戻りたい」って言ってたのはおもしろかった。コーネリアス大友良英が登場しても不思議じゃなかったけど極東には取材来なかったみたい。

2月19日 (2017年) 記す

ちょうど1週間前の日曜日有楽町まで出かけてクツとポケットワイファイを修理に出した。それがともに昨日今日と連絡があり、クツは引き取りにいき、ワイファイ端末は修理料金が高すぎるので無修理で戻してもらうことにした。操作が効かないだけでネットワークは生きてるから電池を抜き差しすれば使えなくはない。というか、そもそもポケットワイファイを使う場面が極端に少なくなったんだけど、これはもう解約してもいいかもしれないとおもうが、本体の支払いがまだ残っていて、いま解約すると一時金がずいぶん高くかかる。困ったはなしで本当に困ったものなのだが、さてどうしたものだろうか……。東急プラザの6階の雰囲気と見晴らしのよいカフェお茶をしようとおもっていたらずいぶん並んでいるようだったので地下のタリーズでしばらく休んでから戻った。数寄屋橋公園岡本太郎若い時計台」を久しぶりに見た。数寄屋橋公園もいっしょに再整備されたみたいで、なにか雰囲気がかわっていた。背後の泰明小学校あいまって、妙な近未来感がある。東京はいま「僕達が知ってる懐かしの『近未来の東京』」にどんどん近づいているきがする。

2月18日 (2017年) 記す

Facebook過去ログサルベージするシリーズ今日は4年前。

Mohri Katsuhisa

2013年2月18日 ·

Facebookに出会ってから自分の中でこれまでの掲示板とかSNSとかでこういうのがネット常識的な使い方だろー、と思ってたことが何度か覆されて、ああこういうふうに発想を変えてくるのかこのFacebookは、とおもってそうやって見るとこれまで使いづらかったのが急にわかりやすくなるみたいなことがいくつかあったのでまとめておく

以下はコメント。自分の書き込みだけを抜粋しているので、コンテキストが失われているところがありますが、おもにTwitterについて書いている。

Mohri Katsuhisa Twitterはやはり140文字ツイートだけだからできたという気がしてて、というかTwitterがストリーム発見したのもたぶん偶然に近くて、あれはまだメッセンジャーのUIの延長という気がする。マルチユーザーを1画面に押し込んだメッセンジャー

Mohri Katsuhisa それをfriendfeedアクティティフィードという形でなんでもかんでもストリームに突っ込めるんじゃね?っていうことを試してみて、そういった一連の動きのなかでさまざまな種類のコンテンツやサービスをトップだけで見せるという無謀なことを実現できたのがFacebookで、それがまたTwitterのUIのリッチ化につながっている、という認識です

Mohri Katsuhisa で、自分の経験ベースだと、Facebookが最初miximyspaceみたいなボックス型のSNSだったのが、SNSだってぜんぶストリームにしていいんだっていうほうへ推し進めたことのショックのほうが、TwitterのUIに対する印象よりデカイというかんじです

Mohri Katsuhisa Twitterもサーバ負荷耐えられなくてよく落ちてたし代替サードパーティ黙認してたし、あれはよくわかんないでつくってたんじゃないか感はたしかにある

Mohri Katsuhisa でもあのサービスもともとはケータイSMSマルチポストするためのものだったんだから、あのUI以外になりようがない気もする…

Mohri Katsuhisa あー、そうか「フォロー」って概念がやっぱすごかったんだ。あれメッセンジャーなのに、誰にメッセージ送るかを自分で決められないんだもんな。読みたいって手をあげてくれたひとにだけ届くメッセンジャー。そんな設計ないわー

これと同じことはその後もなんどか書いている

2月17日 (2017年) 記す

ポケゴーアップデート! 金銀のモンスターが追加されて朝からてんやわんやだった。表示が長すぎるし収まりきらないしでやりくりもたいへんだし、トップレベルはぜんぜん出ないのでどうしたものか……それぞれ1匹残して博士に送るかなあ……

2月16日 (2017年) 記す

根津研介さんが1月に亡くなられていたことを知り、居を突かれたこころもちになる。ご冥福をお祈りします

2月15日 (2017年) 記す

6年前に書いたノートが出てきた

Facebookで本当に大切なのは実名」というよりも「実友」
https://www.facebook.com/notes/126449390760339

読み直して、通名に関する議論思い込みもかなり入っているとかんじたけど、全体ではけっこうおもしろいことを書いてたなーとおもう。ちょうどFacebookが日本で使われるようになっていた、ソーシャルメディアの曲がり角でたまたまフリーランスライターをやっていて、Facebookについての記事を書く機会が早い段階であり、それでFacebookってこうなってるのかーっていうことを体感でき、それをひとに説明するという仕事のため自分でも咀嚼しようといろいろ考えることができたのはラッキーだったなあ。

Facebookがネットに定着させた新しい世界観が2つあって、

これはともにネットの世界を一変させる変革だったとおもっているんだけど、それはFacebookが意図してそう変えたというよりも、Webの世界がそう変わりつつあることに早い段階で気づき、そしてたくさんのユーザーを巻き込みながら一気にサービス全体をかけてそちらに向かったというパワフルでダイナミックなところが本質的にはすごかったのだろう。

そのころネットで情報流通の次のステージは「ポータル」サイトをパーソナライズした「個人ポータル」がくると思われていて、もともとポータルのヤフーが「My Yahoo!」を展開するのはわかるとして、検索サービスのグーグルですら「iGoogle」を中心に展開させようとしたころもあったようにおもう。ウィキ見ると2005年サービススタートで、2007年に拡大させているということだから、ちょうどSNS流行っていたころに逆のほうに動いていたということになる(その後、2013年クローズされた)。

で、2007年段階で、国内最強の個人ポータルはやっぱmixiだったよな。今からおもうと、mixiはポータルサイトだったのだろう。MySpaceも同じように個人ポータルだった。そして、ともにソーシャルメディアがなんであるのかが本格的に考えられるようになる前に一斉を風靡してしまったがために、次の潮流に乗るのが難しくなってしまったということではないだろうか。ちなみに、MySpaceは2006年の日本上陸時点で1億人以上のユーザーがいて、Facebookが1億を超えたのは2008年だったらしい。

2月14日 (2017年) 記す

ポケモンGO、アメが2倍もらえる期間が終わりそうなので、帰りのバスの中でひたすら進化させてはドナドナするというのを30分間やり続けた。考えてみればたいへんにヒドいトレーナーである

GOプラス認識しないのは、GOプラス側でペアリングオフにしないといけないのではという助言を経て、今後やっていく気持ち

http://www.pokemon.jp/pokemongoplus-support/pairing/#link5

2.「Pokémon GO Plus」本体ボタンを5秒間押し続けます。ランプが青色に点灯します。青色に点滅する場合は、点滅が終了するまでボタンを触らず待ち、手順2.をやりなおしてください。

3. ランプが青色に点灯している間(10秒間)に、もう一度「Pokémon GO Plus」本体のボタンを5秒間押し続けます。「Pokémon GO Plus」本体が振動し、ペアリングが解除されます。ボタンを押すとランプが白く点滅することをご確認ください。

■追記

実際にやってみたらうまくいった!

ペアリングが解除されます。ボタンを押すとランプが白く点滅することをご確認ください。

ここのところがポイントっぽくて、ボタンを押したとき

  • ランプが青く点滅する → ペアリングされている
  • ランプが白く点滅する → ペアリングされていない(解除されている)

という識別方法になるっぽい。これでペアリングされていることがわかったら

  1. ボタンを5秒間押し続ける → 青く点灯する
  2. (点灯しているあいだに)もう一度、ボタンを5秒間押し続ける

まり、ゴープラスの「本体ボタンを5秒間押して、青く点灯したらいったん離し、すぐまた5秒間押す」でペアリングが解除される