Hatena::ブログ(Diary)

night and sundial

2月15日 (2008年) 記す

はてなが京都に戻る? ふふふ予定通りや

id:jkondoシリコンバレーから帰ってきてそのままはてな開発陣ごと京都に戻っちゃうというのでちょっとした話題になってます。

参考→ とりあえず京都移転反応まとめ - 妄想科學日報

で、割と驚いてたり「なんで?なんで?」って言ってるひともいるみたいですけど、id:tomozo3さんも指摘してるように(d:id:tomozo3:20080215:1203047031)、2年前に出た『「へんな会社」のつくり方』にまったく同じこと言ってるんですよね。なんかそのときのまんまなので逆に近藤さんらしいブレの無さだなあと笑ってしまいました。

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

せっかくなのでそこの部分をちょっと引用してみましょう。162ページです。

――俗っぽい質問ですけど、六本木ヒルズオフィスを持ちたいと思いますか? 今や「IT・ベンチャー・急成長」の三題話の行き先は六本木ヒルズっていうことになっていますよね。

昔は思ってました。京都から出て来るときに、ヒルズっていくらするんだろうって。

――へええ。少し意外です。調べました?

調べなかったです。知らないけど「広いのかな? 狭いのかな?」って。

――思っただけ(笑)

今、例えば京都から東京に駒を進めて、このすごろくの行き先をどこに置いているのかという話をすると、ま、ヒルズじゃないなと。

――シリコンバレーですか?

そうですね。シリコンバレーに行って、京都に戻りたいなと。

――(笑)

なぜ京都に戻るのか

京都に戻る理由にもブレが無いです。

まず『「へんな会社」のつくり方』から近藤さんの発言。

日本国内でシリコンバレーになれる土地って、京都だけじゃないですか。僕はそう思っているんです。

いやね、東京に来て、ちょっとサービスが小ぶりになっているように思うんですよ。たぶん時間の流れ方とか忙しさとかのせいなんです。もう少し時間の流れがゆっくりした場所が必要だなっていうので、あがいて合宿行ったりなんだかんだしてるんです。

京都って情報は少ないですけど、それがよかったのかな。なので「京都の拠点」とか「アメリカの拠点」みたいなのがあると面白い。

今、広告の収益は重要ですから、代理店とか、実際に広告を決済する本社がある地域にいないと営業が成り立たないっていうのは明らかです。だから、営業は東京にずっとい続けると思うんですよ。全員が全員、別に京都に行きゃいいっていうものでもない。

でもそれと、面白いもの・新しいものをゼロから作るっていう作業に適切な場所って全然違う。それぞれのベストな場所っていうのをうまく組み合わせるのがいいのかな。

これはプレスリリースに簡潔に1行にまとまってるこれと同じですね。

ものづくりに集中するためには創業の地である京都が最適であると考えました。

【プレスリリース】株式会社はてな、本社を京都に移転、ものづくりの拠点を結集 - はてなプレスリリース - 機能変更、お知らせなど

考えていることはずっと一貫して「ものづくり」なのです。

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

じゃあなぜ東京に出て来たの?

それじゃあ最初から京都にいれば良かったじゃんという気もしますが、なぜ京都から東京に出て来たのか? それはまさに東京移転直後の2004年4月7日インタビューにお伺いした*1はてなの本』という本に収録されたインタビューで、近藤さん自身が語っています。

これも引用してみましょう(サイドBの42ページです)。

尊敬できる経営者の方とか、つきあいたい会社の数の数が、京都と東京で違いますね。東京に来てから意識的にそういう人たちとお会いしてるんですけど、圧倒的に多いわけです。そういう環境の中で目指すべき次の道のモデルを探ったり、刺激を受けたりしたいということで。

今までのはてなのこれまでの知識とか技術力、京都という環境の中で、どこまでやっていけるのかという範囲と、東京に移ってきてできることの範囲は違いますね。

実際お会いしてみると「この人はやっぱりすごいなあ」というのがあるじゃないですか。こういう人になりたいって思うからこそがんばる、というところもあると思うんですが、そういう人の数が多いのは、耐えがたい魅力ですよね。

具体的に「この人を慕って」というわけじゃないんですけど、直感的にそろそろ、そういう方とお会いしなくちゃいけないだろうって思っていて、それは確信に近くなりつつあります。

こちらに来たその日にもうライブドアの宮川さんと飲んだんですよ。そこにココログ伊藤さんも来たりとか、集まっていろいろしゃべってたんですけど、これは面白い。会話の内容をわかってくれる人がいて、本当にうれしいなあ、と思いましたね。

ご存じのように「ライブドアの宮川さん」は現Six Apartであってアメリカ西海岸在住であり(国内滞在説も根強くありますが)、「ココログの伊藤さん」はもちろん現はてなCTOである。もはや東京にいる意味はそれほど無いのかもしれない*2

そのほか学生時代に遡ってたっぷり3万字のインタビューを掲載していますので、もし本屋で出会うことがあれば(4年前の本なのでなかなかもう置いてないとは思いますが、Amazonには在庫あります!)、手にとっていただければ幸いです。

はてなの本 (NT2X)

はてなの本 (NT2X)

今後の予定

ちなみに『「へんな会社」の作り方』によると、京都に戻ったあとは新社屋ビルを建てることになってますね。

そういえば最近「新社屋案」っていうものが僕の中にむくむくとふくらんでいまして。

――なんですかそれは?

新しいはてなのロゴって、ブロックみたいなものを積んでるじゃないですか。はてな型になっている。これはレゴブロックを積んで考えたんですよ。

これを、京都の西山の京都大学工学部(桂キャンパス)ができたあたりにドカーンって建てたい。低層で。(中略)

それで、光る。どうせなら光らせたい。ガラスで「はてなマーク」を築いて、夜になると「大文字(だいもんじ)ならぬ「はてな文字(はてなもんじ)」が光る。すごくいいと思いません? 五山の送り火の六個目が「はてな」だって(笑)。

――京都駅降りて「はてなさん、どこですか?」って訊くと、「あれ、あれ」って指差して教えてくれそうですね。

さていつのことになるでしょう。意外と再来年くらいだったりしてw

もちろんデザインはこれで↓

f:id:DocSeri:20051130145500p:image:w320

はてな本社ビル(想像図) - 妄想科學日報

ほな、おおきに。

HIMAGINE

HIMAGINE

*1:というか本を作ってる最中に京都からの引っ越しがあり、せっかくの機会なので京都まで見学に行ったという思い出もありますが

*2:というか今やむしろ渋谷近辺の技術者と交流盛んなのはid:jkondo本人じゃなくて若手技術者グループであって「Shibuya.jsはやっぱりKyoto.jsになるのかどうするのか問題」があるんじゃないかとふとおもった

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証