Moleskin Diary 2.0 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-11-30

[]Bloglinesの呪い Bloglinesの呪いを含むブックマーク

数日前からBloglinesに妙な現象が発生している。未読エントリの数が必ず1残るのだ。

Bloglinesにかけられていた呪いが解けました。

うち以外にも呪われていた人がいたのか。

うちは未読エントリが残るような実害のある呪いではないのだが、ある意味もっとひどい。

どういう呪いかというHome > My Feeds > Recommended Feedsで出てくるおすすめサイトがみんな通販やアフェリエイト系でしかもドメインがほとんどrakuten.co.jpのBlogで埋め尽くされてしまうという悪夢のような代物である。

楽天、Blog サービスの登録ユーザー数が30万人を突破 などと言われているから、アフェリエイトで楽天だらけというのは日本のBlog界の状況を正しく反映しているのかもしれないけど、こんなのはあんまりだ。

ところがこの現象は月曜日には解消されてしまったのである。やはりBloglinesの内部で何か改修作業が行われたのであろうか。

[]Blog満足度トップは「楽天」と「JUGEMBlog満足度トップは「楽天」と「JUGEM」を含むブックマーク

Blog利用者による総合満足度では、「楽天」と「JUGEM」の満足度が高く、他サイトと比較し一歩抜きん出る結果になったという。

楽天はともかく社長が暴言を吐くようなJUGEMの満足度がなぜ高いのだろう?

実はJUGEMにはもう信者しか残っていないとか?

セキュリティ専門家、ウェブコンポーネントの「モノカルチャー化」に警鐘 セキュリティ専門家、ウェブコンポーネントの「モノカルチャー化」に警鐘を含むブックマーク

セキュリティ専門家、ウェブコンポーネントの「モノカルチャー化」に警鐘
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20077063,00.htm


それはわかるが

OS×言語×フレームワーク×ライブラリorコンポーネント×内部アプリケーション(DBなど)×外部Webサービス

あと何があるんだ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041130

2004-11-29

はてダラ はてダラを含むブックマーク

環境は1.1.0 on Cygwin

使うといきなり

Login to https://www.hatena.ne.jp/sslregister as moleskin.

ERROR: Login: Unexpected response: 501 Protocol scheme 'https' is not supported

(Crypt::SSLeay not installed)

と言われる。

Cygwin環境でもCrypt::SSLeayのインストールは必要らしい。

しょうがないのでCPANから

$cpan

cpan>install Crypt::SSLeay

でインストール。

これで成功。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041129

2004-11-26

[]Amazon Web サービス ブログ Amazon Web サービス ブログを含むブックマーク

Amazon Web サービス ブログ
http://aws.typepad.com/aws_jp/

Amazonの中の人がやってるらしいBlog

このブログは、Amazon Web Services Developer Relations チームによって運営されています。AWSに関する便利な情報、AWSを利用している製品、Webサービスの開発ツール、成功しているAWS開発者へのインタビュー、ケーススタディ、その他Webサービス業界に関わる情報などを掲載していく予定です。

特に

ECS 3.0 から 4.0 への移行
http://aws.typepad.com/aws_jp/2004/11/ecs_30_40.html

は必読

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041126

2004-11-25

[]ブログ時評 ブログ時評を含むブックマーク

メールマガジン「インターネットで読み解く!」の団藤保晴氏が始めたBlog。

ブログ時評
http://dando.exblog.jp/

新聞に「論壇時評」があるようにブログの世界を批評するつもりです。

たしか半年前の2004/06/10にこうお書きになっていませんでした?

代わって昨年末頃からブログが台頭してきたと見る人がいるかも知れない。しかし、影響力や動員力はメルマガやニュースサイトには、まだ比べるべくもないと思っている。本場の米国でも広く読まれているブログは極めて少数で、大部分は自己満足の世界と言われている。それに比べて、巨大で確かな存在だった日本独特のインターネットパワーはどうなって行くのか。ここしばらく、注視していきたい。

アメリカでさえ大部分は自己満足の世界なものに批評する価値があるんでしょうか?

ちなみに最新の第150回「ネットと既成とジャーナリズム横断」 (2004/11/25)でこんなことをお書きになっておられる。

一方、日記のようなスタイルで折々の事柄にコメントを書き、それに他の人から簡単に感想や意見が寄せられる「ブログ」は2004年になって目立つ存在になってきた。米国では政治を扱うブログに1日10万件を超すアクセスがあり、日本は比べるべくもないけれど議論の場として確かに機能し始めている。

その後なにがどう認識が変わったんでしょうか?

from http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2004/11/dando_blog.html

[]ウクライナと東チモール ウクライナと東チモールを含むブックマーク

【キエフ25日共同】ウクライナ中央選挙管理委員会は24日、大統領選決選投票で与党のヤヌコビッチ首相が当選したとの最終結果を発表、これを受け、首相が勝利宣言した。ユシチェンコ元首相ら野党側は強く反発し、全土でのゼネストを国民に呼び掛け、与野党の対立が一層深まった。

結局ル・モンド・ディプロマティークで懸念された通りになってしまった。

だが政府も、何の議論もないまま、その意向を全面的に押しつけることはできない。ムカチェヴォの新市長は、不正選挙の1カ月後に、辞任せざるを得なかった。「(当局が)選挙結果をごまかすなら、大規模な抗議運動を覚悟しなければならない」と、ユシチェンコ選対のグリツェンコ副本部長は語る。「欧米のパートナー諸国は、自由選挙の重要性をいつも強調してきた。クチマとヤヌコヴィッチの政府は、ウクライナのNATOやEUへの加盟が遅れることになってもかまわないのだ。しかし、ああいう連中が、自分の財産や欧米の銀行に作った口座のことを気にかけているのは確かだ」。それで、彼らも少しは自重するにちがいない。

一方ル・モンド・ディプロマティークの最新号では「オーストラリアに横取りされる東ティモールの石油資源」という記事が載っているが、こっちは着目したのはあたしの方が早い。といってもTIMEの記事を引用しただけだが。

他国領土への先制攻撃も辞さず 対テロ戦で豪首相
http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20040921#p7

[]ソフトバンク・アイティメディアとアットマーク・アイティ合併に合意 ソフトバンク・アイティメディアとアットマーク・アイティ合併に合意を含むブックマーク

ソフトバンク・アイティメディアとアットマーク・アイティ合併に合意
http://www.itmedia.co.jp/info/pr/041125.html

ITMediaはなんだかんだいって文句いいつつCNetの方を読んでいるし、@ITは2003年くらいまでは割と読んでいたのだが最近はたまにしか読んでいないのでだからどうでもいいや。

それより新会社名が「アイティメディア株式会社」とソフトバンクが外れ、しかも2005/3/1設立というのが気になる。

実はソフトバンクはホークス買収に伴い「ブランド統一で社名変更を検討」している。そして今日傘下の企業の社名からソフトバンクが外れるという発表があったわけで。

ひっとして新ブランド名は「アイティ」なのか?そうだ。そうに違いない!!!!!

そう考えればアットマーク・アイティを買収した理由もうなずける。アイティという名前が邪魔だったんだ。地ならしの必要があったのね。

つまり来年の3/1から統一ブランド名がアイティになり、傘下の企業群の名称はこうなると。

  1. アイティ・ホークス
  2. アイティBB(旧YahooBB)
  3. アイティ・テレコム(旧日本テレコム)
  4. アイティPhone(設立予定の携帯電話会社)
  5. アイティ・パブリシッング(旧ソフトバンク・パブリシッング)

あとなにがあるんだっけ?

追記

@ITの樋口理氏のBlogより

Q: “中を取って”アイティメディアという社名になったというのは本当ですか?実はなにかウラがあるのでは?

A: どうなんでしょう。「アットマーク・アイティ」よりも「アイティメディア」のほうが50音順でも文字コード順でも上の方にリストされるのでなにかと都合がいいと思ったのではないかという説もあるようですが、文字コード順なら「@IT」は最強のはずですから、その説は疑わしいと思っています。単純にくっつけて「@ITmedia」というのも一見公平でよさそうですが、長いし、どう読んでいいのかわかんないんで、ITmediaでいいんじゃないですか?

中を取ってって吸収されたようにしか見えないんだけど。

[]週刊義経 週刊義経を含むブックマーク

週刊 義経伝説紀行
http://life.nikkeibp.co.jp/life/ydk/

URLからわかるように日経です。

「週刊 義経伝説紀行」を創刊号から10号まで毎号購入いただきますと、10号連続購入キャンペーンにご応募ができます。毎号、本誌に掲載する半券10号分を、2号に綴じ込みの専用台紙に貼って封書でお送りください。(応募台紙は2号のみについています)

あのね。

スラドあたりでもネタになっていたが、日経には是非とも「週刊 日経BP社の雑誌」というのを出して頂きたい。

ここのページ(http://bpstore.nikkeibp.co.jp/index.html)によると現在発行中の雑誌が50冊ありますから1年持ちますな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041125

2004-11-24

[]見えざるツッコミ 見えざるツッコミを含むブックマーク

高木浩光@自宅の日記の11月21日の日記(http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20041121.html#c01)に日経コンピュータ栗原雅記者を名乗る人物がツッコミを入れている。高木浩光氏と栗原雅記者の関係は高木浩光氏の10月16日の日記、「日経コンピュータは天然なのか病気なのか」を読めば一目瞭然である。というかネット上ではなぜかこの日の日記は「栗原雅が真っ赤な顔をしてキーボードをたたいている様子が目に浮かんでくる。」というタイトルで通っているらしい。

高木浩光氏の日記はhatenaから最近流行の事情でtdiaryに移行された。ツッコミ機能は「ツッコミ」という名称も含めてtdiaryの売りの機能である。よって高木浩光氏の日記の日記にツッコミが入る事自体は別におかしくはない。

しかし高木氏の場合、ご自身の日記ではツッコミ機能は使えないようにしてあるのだ。

ツッコミ機能(コメント機能)は使わないことにします。隠してありますので、仮にツッコミが書き込まれても、私も目にすることはないでしょう。

HTML上はツッコミ用のフォームがあるのだが、CSSでコメント欄もろとも見えなくされている。11/21の日記にも見た目上はツッコミがなされた形跡はない。BloglinesなどのRSSリーダーを使った場合にのみ見えるという、高度なツッコミである。

ツッコむにしてもフォームが見えないんだから普通のやり方ではツッコミは入れられない。ユーザースタイルシートでも使ったんだろうか?

ところで少し話は飛ぶが、あのACCS事件、いわゆるOffice氏の不正アクセス事件の争点は毎日新聞の記事によると以下のようなものらしい。

争点となっているのは、2点である。まず第1に、起訴状の「アクセス制御機能を有するサーバーコンピューター」という部分。つまりoffice氏が侵入したとされるASKACCSのCGIプログラムには、アクセス制御機能があったのかどうかという点である。そして第2に「特定利用の制限を免れる指令を入力し」という部分。CGIプログラムに引数を渡すという行為自体が、「特定利用の制限を免れる指令」といえるのかどうかという点だ。

いずれもCGIという特殊なプログラムをどう捉えるかによって解釈は変わってくる。裁判所がどう判断するかはまだわからないが、すくなくともセキュリティ業界では「CGIにはアクセス制御と呼べる機能はない」「CGIプログラムに引数を渡すのは当然の行為で、これを不正アクセスと認定するのは行き過ぎ」と受け止めている専門家は多いようだ。不正アクセス禁止法の拡大解釈ではないかと危惧する声も少なくないのである。

 法廷でも、この点についての議論がことあるごとに繰り返されている。圧巻だったのは、10月20日に行われた被告人質問だった。検察官は「あなたは ACCSが意図していない利用を行ったのではないか?」「ウェブサーバーにはFTPでアクセスするのが通常の方法なのに、あなたがHTTPでCGIにアクセスしたのはイレギュラーではないか?」といった質問を立て続けに繰り出した。つまりoffice氏の行為がACCSの意図していない方法で「勝手に利用した」ものであることを立証しようとしたのである。

この検察側の論理をあのツッコミに適用すると、「高木氏が意図しないやり方で勝手にツッコミを入れた」こと、つまり不正アクセスになるんだろうか?ちなみにツッコミが入れられた11月21日の日記のお題は「不正アクセス禁止法 続・数理的理解の試み」であるから、このツッコミは高木氏に対するかなり高度でひねくれた挑戦なのかも知れない。

なお冒頭で「栗原雅記者を名乗る人物」と書いたように僕はこのツッコミの主は騙りだと思っている。記者がこういう形でネット上の記事に反論するとは思えない。

[]商戦戦記 商戦戦記を含むブックマーク

商船戦記―世界の戦時商船23の戦い (光人社NF文庫)

商船戦記―世界の戦時商船23の戦い (光人社NF文庫)

第一次及び第二次大戦中の戦時下における商船、つまり貨物船や客船といった軍艦ではない船にまつわるエピソード集。同じ著者の前著、輸送船入門―日英戦時輸送船ロジスティックスの戦い (光人社NF文庫)の続編にあたる。

僕は一応軍オタのつもりだが、それでも初耳の話が多い。特に日本人&神奈川県民としてショックを受けたのは、太平洋戦争中の横浜港におけるドイツ輸送船の爆発事件である。

この事件は1942年11月30日、横浜港新港埠頭に停泊中のドイツ油槽船ウッカーマルクで起きた。このウッカーマルクはドイツから戦略輸送任務を受けて連合軍支配下の海域を突破して来日した強者で、この日ウッカーマルクはやはり同じようにして来日したドイツの仮想巡洋艦トールに対する武器弾薬類の補給作業にあたっていた。ところが午後1時40分、ウッカーマルク船上で大爆発が発生、この爆発は隣接して停泊していたトール、及び近くに停泊し弾薬の積み込み作業中であった日本の輸送船第三雲海丸の誘爆を引き起こした。

この一連の爆発で新港埠頭付近は壊滅。爆風で半径1600メートル以内、つまり今のJR桜木町駅あたりまでにあった建物の窓ガラスが半分以上割れ、爆発で吹き上げられた残骸は山下公園や伊勢佐木町のあたりまで飛来した。

この事件による死者が102名に留まったのは不幸中の幸いである。不幸中の幸いと書くのは第一次世界大戦中のハリファクス、第二次世界大戦中のボンベイで桁が一つ違う事故が起きているからだ。この二つの事件についても商戦戦記で詳しく述べられている。

僕は仮想巡洋艦トールの名前は知っていたのだが、まさか日本で沈んでいたとは知らなかった。トールは軍オタくらいしか知らないだろうが、普通の人なら知っていそうなクイーン・メリーやクイーン・エリザベスの第二次大戦中のエピソードも載っている。軍隊輸送船として活躍し、一航海で一万人を運んだそうな。またタイタニックの姉妹船であるブリタニックのエピソードもある。この船は第一次大戦中、エーゲ海でタイタニック同様沈んだ。

こういった著名な船ばかりでなく、無名の船の苦闘や悲惨な運命についても書いてある。このような無名の裏方の運命に無関心だったのが日本海軍で、結局日本は太平洋戦争中にこの無関心の報いを受けることになった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041124

2004-11-19

[]購入本 購入本を含むブックマーク

魔法先生ネギま!(8) (講談社コミックス)

魔法先生ネギま!(8) (講談社コミックス)

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (8)

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (8)

×××HOLiC(5)(KCDX)

×××HOLiC(5)(KCDX)

なぜか講談社コミックばかりになってしまった。

ネギまの今後の展開予想

  1. ラスボスはお父さん(I am your father)
  2. アスナはお姉さん(取り替え子がどうのとかいうネタはありそう)
  3. 実はあのクラス全員がパートナー候補者として選抜されていた(シンジ君のクラスメート)

[]ザルカウィ勢力本部発見か 「アルカイダ組織」と大書 ザルカウィ勢力本部発見か 「アルカイダ組織」と大書を含むブックマーク

建物内部の柱には、アラビア語で「アルカイダ組織」「アラーのほかに神はなし」などと大書され、書類や写真、爆発物の材料となる薬剤などもあった。CNNは、建物から同容疑者の「作戦命令書」とみられる文書が発見されたと伝えていた。米軍当局は「テロ司令部かどうか確認できない」としている。

なんか笑える。

[]携帯機能、把握し行動か=犯人、電源を切る?−居場所確認できず・奈良県携帯機能、把握し行動か=犯人、電源を切る?−居場所確認できず・奈良県警を含むブックマーク


楓ちゃんの携帯は全地球測位システム(GPS)付きで、電源が入っている場合、現在地が分かる仕組みになっていた。

捜査本部は、犯人が楓ちゃんを誘拐してから17日午後8時すぎに犯行を告げるメールを母親の江利さん(28)に送るまでの間、携帯の電源を切り、自分自身や楓ちゃんの居場所を把握されないようにしていた可能性もあるとみている。 

痛ましい事件をネタにするのはあれなのだが。

小学生のランドセルにGPSRFIDをつけて「これで安全」なんてシステムは気休めにしかならないというのが立証されてしまった。

GPSとかRFIDみたいなGeekなものの仕組みは一般人より犯罪者、あるいは犯罪者予備軍の方がずっとくわしいのだから肝心な時に役に立たないか、悪用される可能性が大だろう。

あの辺の実験をやってる人達のコメントが読みたいな。「携帯電話と違いRFIDには電源スイッチがないので大丈夫です」とか言ってたりして。

[]LAMP LAMPを含むブックマーク

ActiveGridのソフトウェアは、オープンソースの「LAMP」によって構築されている。LAMPとは、オペレーティングシステムのLinux、ウェブサーバソフトウェアApacheデータベースMySQL、開発ツールのPHPの頭文字をとったもの。

LAMP(Linux+Apache+MySQL+PHP)って言えば最近良く聞く言葉ではある

この記事を読んでいてとんでもないことに気が付いてしまった。

PHPPerlPythonのようなスクリプト言語

しまった。某言語は頭文字がRだから、これを採用したシステムはLAMPとは呼べないぞ。

LAMPなんて言葉が流行り出したらマーケッティング的にまずいのではないだろうか > Ruby

ちなみにPをRに置き換えた言葉をいくつか考えてみたけど、LAMR,RAML,MARL…この中でMARLだけが意味のある言葉だが、辞書によると「泥灰土」だそうな。orz

[]それはSPAMじゃない それはSPAMじゃないを含むブックマーク

マイクロソフトビル・ゲイツ会長に送りつけられる迷惑(スパム)電子メールの数は1日400万通近くに上ることが分かった。世界最大手のソフトウエア会社の創業者で、世界一の資産家でもある同氏が標的になっているようだ。

SPAMというのは不特定多数の人間に送りつけるものであって、特定の人間をターゲットにするのはSPAMとは言わないと思うが。

ひょっとしてビル・ゲイツ様宛の抗議文やMicrosoft製品への苦情なんていうのもSPAM扱いしているのか?

そりゃ確かに400万通/dayくらい軽く行くだろうな。

babiebabie 2004/11/19 16:33 そこでPostgreSQLですよ!>LAMP

moleskinmoleskin 2004/11/19 17:39 Mはどうするんですか?Mで始まる言語っていうとModula-2?

babiebabie 2004/11/20 01:55 Linux,Apache,PostgreSQL,Rubyで、LPAR(論理パーティション)とかLAPR(ラッパーと無理やり)とか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041119

2004-11-18

[]起業WEB管理人 戸野竜秀さん殺人事件 犯人逮捕。 起業WEB管理人 戸野竜秀さん殺人事件 犯人逮捕。を含むブックマーク

起業WEB管理人の戸野竜秀さんが殺された事件の犯人が逮捕されました。

10月26日未明、大阪府北区堂山町の路上で、同サイト管理人で会社員の戸野竜秀さん(28)が3人組の男に暴行され、戸野さんは脳挫傷などで11月7日に死亡した。男はいずれも20歳くらい。財布などを奪って逃げた。大阪府警は強盗致死容疑事件と見て3人の行方を追っている。

起業WEB -起業家たちのコミュニティ-
http://www.fpga.co.jp/~kigyou/

産経、共同、時事と記事が出てますが、三者三様というか


「肩触れた」と暴行、男性死なす=男3人、強盗殺人で逮捕−大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041118-00000230-jij-soci

3人のうち1人は暴行した理由について「(戸野さんと)肩が触れたから」などと供述しているという。

会社員暴行死で3人逮捕 大阪、強盗殺人容疑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041118-00000079-kyodo-soci

3人は大筋で容疑を認めているが「殺すつもりはなかった」などと供述している。

会社員暴行死で3人逮捕 大阪府警、強盗殺人容疑で
http://www.sankei.co.jp/news/041118/sha040.htm

調べでは、3人は通行人を殺し金などを奪おうと計画。

「肩が触れたから」と「通行人を殺し金などを奪おうと計画」とではえらい差があるぞ。

犯人の数が3人で1人ずつ言ってることが違うのか?

大阪というとこんな事件もあったようで

全裸で運転、5人はねる=民家に突っ込み重体−大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041118-00000253-jij-soci

よっぽど怖いところになってるらしい。

追記

その後の産経だと

事件当日、森上容疑者らは現場近くで酒を飲んで帰宅する途中だった。犯行後、「肩があたったのでしばいてやった」などと話していたという。

三人はいずれも暴行を認めているが、有嶋容疑者は「殺したくて殺したのではない」と殺意を否認。下宮容疑者も「最初から金目的だったのではない」と一部否認している。今月十日、曽根崎署に「犯人を知っている人がいる」との情報が寄せられ、関係者をたどったところ森上容疑者が浮上。十七日夜に任意の事情聴取で容疑を認め、共犯者についても供述したという。

になっているから、この辺で落ち着くのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041118

2004-11-17

[]We can put in Word attachments We can put in Word attachmentsを含むブックマーク

2002年1月10日というと今から3年近く前のことですが、FSFの代表者であるフリーソフトウェア界の重鎮、Richard Stallman氏が"We can put an end to Word attachments"なるタイトルのコラムをNewsForgeに寄稿しました。電子メールにMicosoft Word形式のDocumentファイルを添付するという一般的な慣行が、フリーソフトウェアの普及と使用の妨げとなっているので、Wordファイルが添付されたメールを受け取ったら、それをやめるように依頼するメールを返信しようという趣旨のものです。コラムの文末にはStallmanによるメールの定型文の例が添えられてました。

それから3年、事情は変わりました。今やWord形式のDocumentファイルをメールに添付してもフリーソフトウェア的にも何の問題もありません。それどころかフリーソフトウェアの精神にも適うものなのです。

理由はOpenOfficeの存在にあります。

OpenOfficeOpenOffice.orgによって開発されているオフィススイートでMicrosoft Officeとの高い互換性を誇っています。ライセンスLGPL/SISSLのデュアルで、LGPLGNUプロジェクト公認フリーソフトウェアライセンスです。ですからよってフリーソフトウェア運動の観点からいってもOpenOfficeの使用は大いに奨励されるべきでしょう。

そういうわけであなたがWordユーザーで、フリーソフトウェア主義者の友人からStallman氏の例文のようなメールを受け取ったらWordファイルの添付をやめるのではなく、代わりにOpenOfficeの使用を勧めましょう。たぶんあなたの友人はOpenOfficeの存在を知らないのです。だからフリーソフトウェアのメリットとOpenOfficeの素晴らしさについて懇々と説くような長文のメールを書いてあげましょう。きっとあなたの友人はOpenOfficeというフリーなオフィススイートの事を教えてもらえて感謝するに違いありません。またフリーソフトウェアの普及にも大きく貢献することにもなるのです。

もちろんお返事のメールの形式はWord文書で。

[]自由なファイル形式とPDFとWordML 自由なファイル形式とPDFとWordMLを含むブックマーク

実はStallman氏のコラムで本当に問題にしたいのは「Word使うなボケ」ではなく、例文のところにある文章、"If you send me the plain text, HTML, or PDF"である。

PDFっていうのはPlain textや HTMLと同列に並べちゃっていいんだろうか?

PDFは仕様はOpenだし、royalty-freeだが、patent-freeであるかどうかはちょっと調べた限りではわからなかった。また言語仕様自体はAdobeが明確にCopyrightを主張しているのは確かである。

PDFは自由なファイル形式と言えるのだろうか?それ以前に自由なファイル形式とはなんであろうか?

なんでこんなことを考えたかというとYAMADAS ProjectでJimmy Walesのコラム自由な知識には自由なソフトウェアと自由なファイル形式が必要を読んだのがきっかけである。あたしゃこういうものを読むと逆ネジを食らわせたくなるところがあって、じゃあWikipedia財団ではAdobeのもんであるPostscript形式なんてものは使わないよな、印刷はどうやっているんじゃい、オイとか突っ込みを入れたくなったのだ。そこで問題になったのがPostscriptの立場である。Postscriptは自由なファイル形式と言えるのだろうか?

自由なファイル形式についてはJimmy Walesは問題のコラムで「プロプライエタリであったり、特許の足かせのあるファイル形式」ではないものと認識しているらしい。しかしこれは厳密な定義とは言えない。Freeの問題を議論するには厳密な定義が不可欠だ。

というわけで、こういうことはやはりStallman先生に聞くのが一番なので検索をかけてみて引っかかったのが"We can put an end to Word attachments"である。これを読む限りでは厳密な定義はないのだけど、少なくともPDFはFree Software的には問題がない形式とStallmanが考えているのは確かである。しかし本当にそれでいいのかという気がしないでもない。

ちなみにWordのファイルフォーマットはStallmanのコラムではかなりぼろくそに書かれているが、現在ではXML化されWordprocessingMLとして公開されている。これもXMLがらみの特許があるので自由なファイル形式といえるかという問題はあるが、Free Softwareとの親和性についてはPDFと同程度の立場ではなかろうか。だから"We can put an end to Word attachments"などと非難できる根拠は失われていると僕は思う。

やはりRichard Stallmanといえど読み違えることはあるらしい。

2004-11-16

[]女子高生を観察してみる 女子高生を観察してみるを含むブックマーク

というほどのものではないが、見かけた光景。

社内の自動販売機では売ってないコーラを買いに外に出たところ、女子高生が3人手ぶらでお喋りしながらやってくるのが見えた。

そして少しというにはかなり遅れて両手に鞄を持った女子高生が1人やってくるのである。さてはいじめの類かと思ったが、3人が立ち止まって後から来た女子高生が追いつくと4人でじゃんけんを始めた。古典的な光景らしい。

と思ったが、4人ともお友達と仮定するにはどうも前3人と後ろ1人の距離が微妙に離れすぎていたような。3人で共謀して1人だけじゃんけんで負けるように仕組んでいるとか。まさかね。

AD-Aware6.0 サポート終了 AD-Aware6.0 サポート終了を含むブックマーク

AD-Aware6.0のサポートが11月上旬で終わっていたそうな

We have been advised that Lavasoft R&D is working on one of the last Reference File Updates for Ad-Aware 6. The plan is that support for Ad-Aware 6 is to be phased out the first week of November.

If you have not upgraded to Ad-Aware SE, please do so as soon as possible. Please see the following for upgrade information.

というわけで急遽後継のAd-Aware SEをインストールしてみた。

最新版はこちらから入手できるが、なぜか日本語版サイトではまだAd-Aware 6.0という表記になっているので注意。

ダウンロード - サポート - Lavasoft
http://www.lavasoftusa.com/japanese/support/download/

最新版は明らかに早い上に、6.0では見つからなかったCookieレジストリを37個も発見してくれた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041116

2004-11-15

[]風邪 風邪を含むブックマーク

子供は風の子、都会は風邪の巣である。

というわけでBloggerの間で流行っている風邪なるものも私も召してしまったのだよ。

実は先週の月曜日にも風邪気味になって、「これはやばい」と思ったので定時で帰って、秘技8時間睡眠で直した。なぜ8時間睡眠が秘技なのかは(コ)の業界の人間ならわかるであろう。

これで直ったかに見えたのだが、金曜日にあたりからまた風邪をひいてしまった。ぶり返したのか、また誰かにうつされたのかはわからない。

なにせ、社内でもゲホンゲホンやっている奴はいるし、会社の外でもゲホンゲホンやっている奴はいる。行き帰りの電車の中でもそうだ。こんな環境では春になるまで風邪のウイルスと同居してるも同然である。

問題は今ひいている風邪が、会社には余裕で来れる程度の症状でしかないということで、その代わり括弧が合わないとか、関数の後ろに;がないとか、スペルをよく間違えるとかいう仕事に差し支える程度の症状が頻発しているのである。

もちろんこれは目に見える症状であって、目に見えない症状というと…あとでじっくりコードレビューしないとあかんなあ。

[]高校生が大学に入ったら読みたい本。 高校生が大学に入ったら読みたい本。を含むブックマーク

「高校生が選ぶ『大学に入ったら 読みたい本100選』」
http://www.lib.saga-u.ac.jp/100home.html

各所で話題。はてなで言及している人もいっぱい。 (http://d.hatena.ne.jp/http?//www.lib.saga-u.ac.jp/100home.html)

はっきりいって「読みたい本」じゃなくて、「名前を知っている本100冊」の間違いだろう。特にトップ10はそうだ。だから「そんな本大学に入る前に自分で読めよ」なんて批判は無意味だ。このアンケートに答えた高校生の大部分は「ハリー・ポッター」、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「バカの壁」、「Deep Love」、「“It”(それ)と呼ばれた子 」以外の本が地球上に存在するとは思っていないのだ。むしろそのことに戦慄すべきである。

ところで大学に入れて欲しい本というとやはり個人では購入するのが難しい高価な本や高価な全集であろう。

というわけで入れるべき本の筆頭は「定本ラブクラフト全集」…ってネタを書こうと思ったら絶版であったorz。当然だな。十年以上前の話だ。今じゃ古本屋で結構な値段が付いているらしい。

とにかくこの手のアンケートには国書刊行会の全集ものを書いておけば後々の世のため人のためになるのは間違いないのだ。今なら何だろうね?「現代魔術大系」?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041115

2004-11-12

[]新潟地震その1 新潟地震その1を含むブックマーク


クリック募金の透明性を確保するためには、寄付のシステム化が必要
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=142

募金収集先がその募金を日赤などの公的募金先に取り次いだかどうかの検証は、現在では、そのサイト上に、日赤などへの送金を示した郵便振替の写しなどを写真で公開するという、かなりアナログっぽい方法でしかやられていない。

(中略)

公的な寄付のインターネット上のシステム化を日赤などは、もっと編み出すべきときにきている。

確かに勝手サイトがちょこちょこ立ち上がってという傾向はまずい。

この記事のさらに元ネタはこちら

募金を募るのは良いが...その2  正しいクリック募金の有り方
http://plaza.rakuten.co.jp/hiro0210/diary/200410290000/

[]新潟地震その2 新潟地震その2を含むブックマーク

新潟中越地震>関西テレビ 一時帰宅ボランティア装い同行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041111-00000174-mai-soci

新潟県中越地震で住民が避難している小千谷市塩谷地区の住民が11日に一時帰宅した際、「関西テレビ」(本社・大阪市)のカメラマンらがボランティアを装って同行していた。小千谷市災害対策本部は事前に取材自粛を申し入れていた。市の抗議を受けた同社は同日夕、謝罪し、撮影したテープを放送しないと約束した。

こんなの論外なのだが、これがBloggerだったらどうなるだろうかなんて考えなくもない。

みんな許しちゃうんだろうか。

継続的にボランティアをしていてそのことをBlogにも書いている人の場合

この場合はあまり問題にはなりそうもないと思う。もちろんこれはBlog界だけの話でマスコミ方面から「なんで俺たちは取材出来ないのにあいつらはネットで記事書けるんだ」という反発が出るのは必至だろう。

ボランティアなんぞ縁のないやつがある日突然「目覚めて」押しかける

アクセス数稼ぎのためにBloggerボランティア、それも目立つところに行ってボランティアをして記事を書くのは許されるのだろうか?もちろん赤の他人の行動に許す許さないもないのだけど。でもこういう奴に何も考えずに無邪気に声援のコメントを送ったり連帯のバナーを張ったりするのはまずい。一番まずいのは似非ボランティア当人よりこういう周りの連中かもしれない。何もしていない、あるいは大したことを何もしていないのになんかみんなと連帯してすごいことをやっちゃた気分になるからだ。ネットはそういう実のない連帯感、達成感を生みやすい土壌がある。

募金についても同じ事がいえるんじゃないだろうか。ワンクリック1円なんてリンクを1000回押すより、ポケットから1000円札取り出して日赤に寄付した方がずっと早い。Blog的には某所に1円寄付しましたと書くんじゃなくて某所で1回クリックしましたと書くことになるんで、たぶんその辺にマジックがあるんだろう。

ついでにいえば募金が必要なのは新潟だけじゃないぞ。台風のことはみんな忘れている。

[]Wordpressのちょっとした謎 Wordpressのちょっとした謎を含むブックマーク

上のSasayama’s Weblogの記事を貼り付けるときにちょっと問題。

一部の文字がShift-JISに変換できないのである。

原因はこれ、»(»)。

ISO Latin-1キャラクタセットの文字でShift-JISにはない。

オリジナルのソースではちゃんと文字参照を使っているのだが、どうもBookmarkletで拾って来る時にUnicodeに変換されてしまうらしい。そしてエディタに貼り付ける時に問題が発生する。

TeraPadでは?になる。秀丸だと貼り付ける時は問題はないのだが、セーブする時に問題が発生する。無理に保存すると≫(0x81C4)に変換してしまう。

大した問題ではないのだが、一応メモ。

[]書斎館、羽田に進出 書斎館、羽田に進出を含むブックマーク

ハイソなネタ。書斎館から封書が来た。

中を空けてみると、羽ペンが挟まれたリーフレットが1通。

書斎館(http://www.shosaikan.co.jp/)というのは南青山にあるPen Boutique、万年筆および関連文具とアンティークの専門店である。客層はピンキリで数十万円の限定品万年筆の話題でにぎわっている脇で、1個1500円のPrivate Reserveのインクを買っていくのはあたしだ。だって都内だとあそこにしか置いてないんだもん。

でリーフレットの中身というのは、12月1日にオープンする羽田空港の新ターミナルに出店しますというものである。

羽田空港 新ターミナル
http://www.ana.co.jp/haneda2/shop/index.html
書斎館 姉妹店  南青山 Shosaikan
http://www.shosaikan.co.jp/haneda.html

羽田というのは目の付け所がシャープというか面白い。ビジネスというかエクゼクティブ層にダイレクトに接近できる場所である。高級万年筆なんていうのは本来そういう層に売りつけるべきものである。

羽田か。でもあたしが羽田が利用するとなると朝6時出発、夜9時お帰りだからなあ。店が開いている時間にはいけそうもないorz

わざわざこのためだけに羽田?うーん。

追記
写真を見ると丸善の一部に見えるのだが、丸善だって立派な万年筆屋だ。丸の内の丸善の5Fの売りだぞ。いいのか丸善?
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041112

2004-11-11

[]楽天がクレメンス&ペタ獲得へ 三木谷オーナーのポケットマネー10億円と補強費で 楽天がクレメンス&ペタ獲得へ 三木谷オーナーのポケットマネー10億円と補強費でを含むブックマーク

クレメンスが投げて、ペタジーニが打つ。夢の楽天球団構想が一気に具体化した。楽天三木谷浩史オーナー(39)は10日、大物外国人獲得に10億円のポケットマネーをつぎこむ意向を表明すると、田尾安志監督(50)は、引退を決意しているロジャー・クレメンス投手(42)=アストロズ=を熱望。さらに同監督は正規の補強費5億円枠で外国人4番候補が内定していることを明かし、巨人退団が決定的なロベルト・ペタジーニ内野手(33)が急浮上した。

しまった。ミキティにネタを盗まれたぞ。

こういう会社は結局株価で食っているのだから株価対策として真剣にプロ野球の経営を行うはずである。ああいう企業のトップは株価のためなら何でもやるからいままでとは桁違いの金が日本野球界に流れ込んでくるのだ。キャバクラなネーチャンを動員してパーティをやっていたような金が野球に回ってくるのである。ロジャー・クレメンスバリー・ボンズを引っ張ってきたり、イチローや両松井を呼び戻してきたりするのも株価のためなら全て許される。

[]さよならXSLT さよならXSLTを含むブックマーク

ほとんどの時間はXSLTで言語変換に要した時間でした。XSLTを投げつけてやりたいことをさせるのも上手くなりました。

だけどもうおさらばです。

やはりみんなそういう境地にたどり着くのか。

こちらではXMLRubyを使ってXSLT的に変換する例が紹介されている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041111

2004-11-10

[]FireFox 1.0 FireFox 1.0を含むブックマーク

リリースされたので速攻で落とそうとしたが蹴られまくった挙げ句なんとかダウンロード。

PR版とどこが変わったかというと、あたしにはわからないのであった。とにかく正式版というのが大事である。

ところでFireFoxの目玉機能にライブブックマークがある。RSS フィードをブックマークの形で見せてくれる機能なのだが、さっきいじっていてこれにRSSを吐くようなアンテナを登録すると便利じゃないかと思ったら、滅茶苦茶便利でした。これで未読既読処理までやってくれるようになったらBloglinesなんていらないかもしれない。

ちなみにこんな便利なことを思いつくのは俺くらいだろうと思って調べてみたらとっくの昔にみんな思いついていたらしいorz。そりゃそうだよね。

追記
BloglinesFireFoxの総力特集をやってるなあ。

[]Visa攻撃 Visa攻撃を含むブックマーク

update@visa.co.jpからSPAM攻撃を食らっている。

もちろんvisa.co.jpからのメール攻撃ではなくフィッシングである。

カード情報の提供を要求するeメールを利用したなりすましサイトについて
http://www.visa.co.jp/newsroom/NR_jp_100204.shtml
VISAカードの暗証番号を入力させようとする日本語フィッシングメール出現
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/11/09/5328.html

whoisで調べてみるとどうやらルーマニアにあるサイトに連れて行こうとしているらしい。

これだけなら無視すればいいだけの話だが、20分間隔で4連発やってくるのだよ。メーラーのJunkボックスがえらいことに。

メールボックスには余裕があるからいいけど、こういう馬鹿が後100人も現れたらInternet Mailシステムなんて使い物にならなくなるかもしれないなあ。

追記

フィッシング攻撃を仕掛けている組織は5つにも満たない」,米CipherTrust
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20041022/151557/

とりあえず安心していいのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041110

2004-11-09

[]はてなからの移行 はてなからの移行を含むブックマーク

とりあえず移行手段を考えてみる。

本ネタだけ集積して別サイトを構築するのは前から考えていたことだし。

log2mt(β)
http://www.log2mt.com/

はてなに限らず各種Web日記BlogMovableTypeにインポートできる形に変換するWeb上のサービス。

うちの日記を処理してみたら1.3MBバイトほどのhatena_moleskin.logというのが出来上がる。

中を見てみると残念ながら抜けがある。特にISBN:XXXXXXX:detailの後がごっそり抜けるのが致命的。

普通の人はこれで充分だろう。


XHatenaML
http://www.horobi.com/xml/XHatenaML/

はてなダイアリー」のマーク付けをXMLで表現したマークアップ言語。

作者はなんばりょうすけ氏。XML方面でとても著名なお方。

関連ツールとしてcsv2xml4hatena.pl(http://www.horobi.com/xml/XHatenaML/scripts/csv2xml4hatena.pl)というスクリプトがあり、はてなダイアリーからcsv形式でダウンロードしたファイルをXHatenaML形式に変換してくれる。

この日記を変換してみると2Mバイトほどになる。

csv2xml4hatena.plはまだVer0.0ということもあり、未完成なところが多い。

とりあえずあたしが使う分には

  1. 定義リスト(dl/dt/dd) 実装
  2. ISBN記法に対応
  3. URLを書くと自働リンクするように対応。
  4. その他若干のはてな記法に対応

ぐらいは実装しないといけない。そんでもってISBN:XXXXXXXX:titleやISBN:XXXXXXXX:detailに対応するとなるとAWSとお喋りが出来るようにしないといけないのか。

これは読み側だけの話であって、さらにXHatenaMLにしたものを何かの別のBlogでインポートできる形式に変換するXSLTスタイルシートなりプログラムなりを書かないといけない。まあこっちはXMLからHTMLライクな形式への変換なので何とでもなりそうだ。仕事で持ち込まれる無理難題みたいな形式に変換するのよりはずっと簡単だろう。

もちろんこちらの道は堅気の人にはお勧めできない。

XMLヤクザみたいな人間じゃないと無理だ。

あたしゃ三下とはいえXMLヤクザの端くれなのでなんとかなりそうだけど。

追記

id:knoさんから言及があったのでこれが出来る程度のヤクザの条件を書いてみる。

  1. XMLがわかる(当然)
  2. RELAX NGがわかる。あるいはcsv2xml4hatena.plが吐いたXMLファイルの内容を解析して自力で構造が把握できる
  3. csv2xml4hatena.plを改造できる。あるいはWiki Engineみたいなものを自分で作れる。
  4. XSLTスタイルシートが書ける。あるいはXMLを変換できるプログラムが書ける。

あたしはなんとか端っこにはひっかかっていそうだ。

追記の追記

移行のやり方としてはlog2mt風の外からアクセスしてHTMLファイルを取得するやり方とはてなダイアリーのエクスポートファイルを利用する中からのやり方がある。

外からやり方のメリットははてなパーサーを書かずに済むことである。HTMLへの整形ははてながやってくれる。そのかわり得られるものはHTMLファイルなので流用が面倒かもしれない。でもMovaleTypeに持って行くにはこれで充分かも。

中からのやり方ははてなパーサーを書かないといけない。でもパーサーが書ければ後はご自由にの世界である。

おまけ

Movable Type Import Format
http://www.movabletype.org/docs/mtimport.html

追記

はてな出版くん
http://d.hatena.ne.jp/buttw/20041103#p1

はてなダイアリーのテキストをPDF化してくれる超優れもの。

実はPerlで書かれていてソースはGPLで公開されている。

うちの日記を変換すると約15分ほどで11MBのPDFファイルを作成。

でもやはり抜けがあるのだった。この手のツールは手打ちのタグが混じっていると弱いな。

パーサーは自分で作らないとだめか。

教訓
普通に素直に書かない人間はこういう時に天罰を食らう

[]ラッファー曲線 ラッファー曲線を含むブックマーク

そこで林氏は「税金と同じパラドックス著作権に関しても起きる可能性がある」として、米経済学者のアーサー・ラッファー氏が唱えた、「0%、もしくは100%といった両極端な税率では政府は税収を得ることができない」という概念を示した「ラッファー曲線」を紹介。

ラッファー曲線って賛否両論ですが。

「税金と同じパラドックス著作権に関しても起きる可能性がある」って「税金でそういうパラドックスが起きる」ってこと自体が実証されているかというとその辺がホゲホゲなんですけど。

そんでもってアーサー・ラッファー氏が唱えたというだけの時点で実践しちゃったのがレーガノミックスなわけで。

そういう歴史的文脈を抜きにして他分野に持っていて応用できますっていうのはあまりにも雑すぎる議論ではないかい。

一人歩きする議論にはロクなものがないわな。

[]消えていくもの 消えていくものを含むブックマーク

<営業停止>新潟長岡の老舗温泉旅館 地震被害が追い打ち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041109-00000055-mai-soci

同館は1871年に開業。「長岡の奥座敷」として親しまれ、80年代後半のバブル期には1億7000万円の年間売上高を計上した。しかし、近年は宿泊客の減少などから厳しい経営を強いられており、地震被害が追い打ちをかけた形となった。

村が消える
http://www.asahi.com/column/aic/Tue/d_takuki/20041109.html

ガスも水道も電気も電話も、かつてはなかった。そこに人が住んでいて集落があったからこそ徐々に引いていったのであって、その逆に、人がいない場所にガスや水道を引いて、さあ、住んでくください、ということにはならないだろう。となれば、我が家がある集落だけでなく、あちこちの集落が消えていくことは間違いない。あまりにもあっけない。

我が集落の奥には、かつて人家数十戸の別の集落があった。その集落は数十年前に全戸が移住して消滅した。当初はつぶれた家屋が見えていたらしいが、何回かの冬を経て、完全に土に還った。今はもう、訪ねても、そこにかつて人家が並び、人間が暮らしていた気配はまったく残っていない。

我が家もこれから同じ運命をたどるのだろう。

鐸木能光氏のコラムは好きじゃないんだが、今回ばかりはご同情申し上げる。

しかしこの村が消えるというのは勝手な想像だが別のおぞましいイメージを想起させるところがある。

人工延命治療である。

つまり今の山奥の村というのは、別のところ、いやはっきり言ってしまえば都会から電気やらガスやら水道やら下水やら電話を引き込んで暮らしているのである。

ところがこれがすっぱりと今回の地震で切られてしまったわけだ。

そうなると生命維持装置から管が切られた患者と同じで死ぬより他はあるまい。

電気のようなライフラインに限らずお金でもそうである。最近流行の三位一体改革ってやつも結局はこれに尽きる。

鐸木氏は「人がいない場所にガスや水道を引いて、さあ、住んでくください、ということにはならないだろう。」と書いているが、まさにそういうことが起きるのがニュータウンの開発というやつである。この差はなんだろうかね。

追記

新潟県中越地震ユニバーサルサービス
http://blog.goo.ne.jp/hwj-sasaki/e/e6af2a1897c43dabc20ec847acef034f

血管を守る男達の話である。

buttwbuttw 2004/11/10 19:52 はじめまして。印刷組版では、文章は段落単位で扱っています。はてな書式では、段落は行になります(自動的に行ごとにpタグを入れます)。そのため、HTMLパーサーのデザインも行単位で処理しています。しかし、確かにこういったやり方では、tableなどのタグに対応できません。また、手打ちのタグも、たとえば<b>と</b>を違った二行にあるとしたら、フラグなどの設定も難しい。HTMLパーサーに関しては、いいアルゴリズムを募集しています。

moleskinmoleskin 2004/11/15 17:08 コメントありがとうございます。
返事が遅れてすみません。
そうですね。はてなは行単位指向ですから、HTMLのタグとは折り合いが悪いですね。
僕はXHatenaMLのような別形式に変換してから、さらに別の方向に持って行くというのを考えています

2004-11-08

[]bloglinesの怪 bloglinesの怪を含むブックマーク

しかしいつのまにかBloglinesRSSフィードがない普通のWebサイトでも登録できるようになっているので、そっちに登録してみる。

この件についてid:otsuneさんから「MyRSS.jpとかbulknews.netのsyndicateみたいな変換ゲートウェイでRSSを生成したものを誰かが登録していると、そのurlをAddするときに認識してbloglinesでも巡回できるようです」というコメントを頂いたのであるが、実は本当にFeedとしてhtmlが登録されてしまったのである。

Edit Subscriptionのところで確認してみたが、Feed URLがXXXXXX/diary.htmlとなっているのだ。

ソースを確認してみたが、XMLですらないHTML 4.01 Transitionalなので、これがなんでRSS Feedとして認識されたのかは謎である。

試しに他の純粋HTMLなWebサイトを登録してみようとしたが登録できなかった。でもこのサイトだけは一回RemoveしてからAddしてもちゃんと登録されるのだ。

で、当該サイトの日記が土曜日更新されたけれどBloglines上では、何の変化も起きなかった。というわけで本件はBloglinesの完全なBugということらしい。

しかし困ったな。<HEAD>で<meta name="ROBOTS" content="NOINDEX">が宣言されているのでI-know.jpのボットが見に行かないのだろうが、こういうところは検索エンジンのボットを拒否しているだけで、アンテナ型の巡回までは拒否しているわけではないだろうに。ここまで律儀なのはI-know.jpくらいじゃないかね。

有史以前(笑)から存在しているテキスト系の日記なのだが、こういうところはRSSも吐いてくれないし、I-Know.jpのアンテナが登録してくれないとなるとはてなを使い続ける理由が一つ増えたか。

追記

2 http://i-know.jp/system

壁に耳あり、障子に目あり、噂は千里を走る。あとなんかあった?

追記の追記

しかしBloglinesの件といい、あたしが読むサイトは地雷にはまるのかね。

追記の追記の追記

I Konw側の見解

追記
http://blog.i-know.jp/archives/2004/11/08/crawler/

別にうちが律義なわけでなくて、ロボット拒否のページをロボットが巡回しないことは当たり前だと思っていたのですが。ロボット拒否のページを取得しないようにがんばってきたのに、ロボット拒否のページが取れないからがんばれといわれるのはかなり複雑です。

[]アラファトは死して何を残すのやら アラファトは死して何を残すのやらを含むブックマーク

アラファト議長の『聖地埋葬』受け入れ
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20041108/mng_____kok_____005.shtml
ガザ受け入れの用意=アラファト議長死去時の埋葬問題−イスラエル国防相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041107-00000935-jij-int
パレスチナ人7人死亡=イスラエル軍、少年を射殺−ガザ・西岸
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041106-00000874-jij-int

予定表に「死亡」とかいう文字がしっかり書かれているアラファト議長だが死んでからも予定だらけだ。その筆頭は遺体の埋葬問題である。

アラファト当人はエルサレムへの埋葬を希望しているのだが、エルサレムを実質支配下に置くイスラエルが許すわけがない。シャロン首相が拒否を明言した。

イスラエルガザ地区なら認めるといっているのだが、ガザ地区なんて派手にドンパチをやってるところで埋葬なんて出来るわけがない。それにイスラエルのことだからアラファト議長の葬儀に集まったPLOの幹部を爆撃で皆殺しにするくらいのことはやりかねない。現にハマスに対しては暗殺作戦を遂行中なわけだし。

たぶんエルサレムが奪還されるまでは埋葬はしないとかいうことになって、アラファト議長の遺体はフランスに留め置かれることになるほうに100ガバチョくらい賭けておこう。

[]封印したネタ 封印したネタを含むブックマーク

えーあるネタを封印しました。

実はある方があることについてお嘆きにいたのを、ある方の日記の購読者数が某日記より1人多いから嘆く必要はない。でも僕の方が3人多いんだよね、へへへ。でも某某日記は1桁多いのさというつまらんネタです。

で結論。

日本のRubyユーザーでBloglinesを使っているのは30人くらいらしい。

[]Iリーグ構想 Iリーグ構想を含むブックマーク


1リーグ構想ではない。Iリーグ構想なのだ。

楽天パリーグへの参入が決定。ホークスソフトバンクが買うとか。西武ライブドアに売りつけようかという話が。

下手すりゃ6球団中3球団がIT関連企業がオーナーとなりそうな来期のパリーグ。この際残り3球団のオーナーもIT関連企業で揃えちゃおうじゃないですか。どうせオリックスなんて本当はやる気はないのだろう。ケチだし。マジねただが以前3大週刊経済誌のどれだか忘れたがと思ったら週刊東洋経済でしたか(マリンブルーの風:新規参入は迷惑。オリックス宮内会長激白),宮内オーナーのインタビュー。まあとにかく滅茶苦茶腹がたった。こういう人は野球界どころか、経済界から撤退していただきたい。

そういうわけで来期のパリーグ改めIリーグの陣容は以下の通りになる。

  1. 東北楽天ゴールデンイーグルス(仙台)
  2. 福岡YahooBBホークス(福岡)
  3. 埼玉ライブドアフェニックス(所沢)
  4. 千葉エキサイトマーリンズ(千葉)
  5. 神戸サイバーエージェンツ(神戸)
  6. 北海道XXXXX(札幌)

ファイターズをどこが買収するかは読者の想像力にお任せする。上杉なところを考えていたのだがあの会社いじるの怖いし。

こうなると何がおもしろいかというとやはり株価への影響である。楽天VSライブドアの勝敗なんて翌日の株価に影響するのは間違いない。ほかの組み合わせも同じだ。

こういう会社は結局株価で食っているのだから株価対策として真剣にプロ野球の経営を行うはずである。ああいう企業のトップは株価のためなら何でもやるからいままでとは桁違いの金が日本野球界に流れ込んでくるのだ。キャバクラなネーチャンを動員してパーティをやっていたような金が野球に回ってくるのである。ロジャー・クレメンスバリー・ボンズを引っ張ってきたり、イチローや両松井を呼び戻してきたりするのも株価のためなら全て許される。

見たいなあIリーグ。セリーグなんて目じゃないぜ。巨人なんて10月4日のガラガラ巨人戦の状況が1シーズン続くのだ。

まあこんなの1年しかもたないだろうけどさ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041108

2004-11-05

[]はてなAIC はてなとAICを含むブックマーク

これは無理をしないでもくっつく話である。

AIC(http://www.asahi.com/column/aic/index.html)というのはasahi.comのコラム欄である。歴史は古い。来年で8年目になるらしい。

僕は熱心な読者で…というわけではなくて美濃口坦の「欧州どまんなか」以外は気が向いた時にしか読まないのだ。それでも8年間付き合ってきたのは確かである。

ところがこのAICは来年から大きく変わるのである。朝日新聞社が会員制のクラブ、アスパラクラブとやらを立ち上げて、AICはそっちに吸収されてしまうのである。会員制だから会員登録しないと読めない。しかも会員登録というやつはばっちり住所氏名を要求してくるのだ。

アスパラクラブに入ると、読めるAICのコラムが30本に増え、ほかにも「天声人語」のバックナンバーが3か月分読めるという特典があるのだが、どうだかねえ。

こうなった背景はわからんでもない。AICは今年、永井明氏と竹信悦夫氏という二人の執筆者を失うという不幸に見舞われた。それ以外にもなんとなくマンネリ化してきたところがあってテコ入れが必要だったのは確かだろう。

しかしそんなのは提供者側の事情にすぎないし、まして会員にならないと読めませんというのはそれ以上にあっち側の事情に過ぎない。一読者としては関係のないことだ。

コラムが30本に増えるというが、30本あろうが100本あろうがさっき書いたように気に入ったものしか読まないのだからあまり意味はない。これが引きになると思っているのなら大間違いだ。まあ餌のつもりで「はてなポイント付き住所確認はがき」なんて不幸の手紙を送ってくる人達よりはずっと誠実ではあろうが。

いや今回の件で一番重要なのは、勝手なフィクションかもしれないが誠実が失われたということだろう。こうなっては、はてなだろうがJugemだろうが同じだわね。

頭の中の予定稿には「奇しくもAICの執行猶予期間、つまり会員にならなくても読める期間ははてなと同じ12月末までである」と書いたのだが、はてなの方は1ヶ月延びた。しかし1ヶ月くらい延びたくらいで考え直す人がいるとは思えないのだが。

まあとにかく、はてなにしろAICにしろ、はて、どうしたものかな。

追記

AIC 読者コーナー(11/5)
http://www.asahi.com/column/aic/Fri/d_forum/20041105.html

さっそくいろいろな反応が。

それにしても海外在住者でかな漢字変換が使えないから登録出来んというのは盲点であるな。

はてなはアルファベットでもいいみたいだけど。

[]巡回拒否 巡回拒否を含むブックマーク

I-Know.jpを試しているのだが、Robot.txtを設置して巡回拒否しているサイトは登録できないらしい。

弱ったというか、はてなアンテナが無遠慮すぎるのか。

しかしいつのまにかBloglinesRSSフィードがない普通のWebサイトでも登録できるようになっているので、そっちに登録してみる。

何が起きるのやら。

追記

Bloglinesバグのようです。id:moleskin:20041108に追記。

[]国立科学博物館 国立科学博物館を含むブックマーク


“科学の殿堂”には「TK-80」も──国立科学博物館新館がグランドオープン
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/02/news101.html

ガキのころは上野に行くと国立科学博物館に行く科学少年だったのだが、いつのまにか科学抜きの国立博物館の方に入り浸るようになっているなあ。いかん。

Eが付かないTK-80は見たことがないから見に行くとしますか。

追記

TK-80とTK-80Eの違い

NEC TK-80
http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/evakit/TK80.html

私もよく知らないんだが上のサイトによるとチップが4つ違うだけらしい。

追記の追記

実は私もTK-80Eは高校のころ某部に飾ってあったのしか見たことがないのだ。

[]高塚家の一族 高塚家の一族を含むブックマーク

プロ野球福岡ダイエーホークス井口資仁内野手(29)が3日、自由契約選手となって大リーグに挑戦することが決まった。球団が主力を自由契約にして放出するのは異例だが、昨年11月、当時の高塚猛オーナー代行=強制わいせつ容疑で送検=が、自分の退任後は自由契約にする覚書を結んでいた。ダイエー小久保裕紀内野手(巨人)に続き、2年連続で主力選手を無償で失うことになった。

プロ野球福岡ダイエーホークスの売却をめぐり、大手スーパーのダイエー本体と、本拠地の福岡ドーム福岡市)を持つ米投資会社コロニー・キャピタルとの間で秘密契約が結ばれていた可能性があるとして、産業再生機構が契約内容の調査を開始したことが4日分かった。

よくミステリーなんかで大富豪が自分が死んだ後は何もかも滅茶苦茶になるような遺言書を残す話があるが、リアルにそんな話があるとは思わなかったぜ。

[]珍しいエラー 珍しいエラーを含むブックマーク

fatal error C1088: コンパイラの中間生成物 ファイルのバッファを書き込めません。 'C:\DOCUME~1\XXXXX\LOCALS~1\Temp\a60308sy': No space left on device

いつのまにというか、ついにこの日が来たかというか。

6ギガバイトほど消しまくったが、再度こうなるのは時間の問題だな。

daiyandaiyan 2004/11/05 12:49 TK-80Eってどこが違うんですか?昔大学の教材でTK-80を使いましたがアレはエコノミータイプだったのかなぁ。でも大昔ではなくて一応そのころはインターネットもありましたよ。ブラウザはMOSAICでしたがw

moleskinmoleskin 2004/11/05 13:05 ネタにマジレスがw
上に書きましたがチップが4つ違うだけらしいです。

otsuneotsune 2004/11/05 20:11 >しかしいつのまにかBloglinesがRSSフィードがない普通のWebサイトでも登録できるようになっているので

MyRSS.jpとかbulknews.netのsyndicateみたいな変換ゲートウェイでRSSを生成したものを誰かが登録していると、そのurlをAddするときに認識してbloglinesでも巡回できるようです。

moleskinmoleskin 2004/11/08 09:54 11/8の日記に書きましたが、bloglinesのバグのようです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041105

2004-11-04

[]三木谷に大勝利 三木谷に大勝利を含むブックマーク

2ch某スレより

>三木谷、調印式でマーレ使ってたな。

えー

アウロラ マーレ
http://www.a-pen.com/au-mare.html

限定品であたしの持っているプリマベーラの兄弟なのだ。

でも三木谷が使ったのはボールペンらしい。

駄目だよ、三木谷。調印式みたいな時には万年筆使わないと。

ライブドアのポロシャツに対抗して背広で登場したのは良いが、こういうところで馬脚を現したか。

というわけで三木谷に大勝利したのである。

[]「雨月物語」とイラク問題 「雨月物語」とイラク問題を含むブックマーク

雨月物語 上 (講談社学術文庫 487)

雨月物語 上 (講談社学術文庫 487)


雨月物語は江戸時代に書かれた怪談の傑作であり、イラク問題は現在進行中の混迷を極める難事である。ブッシュ再選されたし。

こういう話は普通はくっつかない。

だがこれをくっつけて見せるのが芸の力というものである。

しばしお付き合い願いたい。



雨月物語、巻の一、「菊花の約」。舞台は播磨の国加古、今の兵庫県加古川市である。時代は戦国時代、作中の出来事から文明十八年(1486)あたりの事と分かる。

主人公は丈部左門、清貧を貫く高潔な学者である。

さてある日のこと、左門は訪ねた知人の宅にて、病に伏せる旅人のうめき声を聞きつける。知人の話によると、急の病に倒れ、瀕死の有様で、しかも流行病かもしれぬということで知人の家ではもてあましているらしい。酷い話である。

義に厚い人である左門は流行病の恐れなど気にもせず、その旅人を献身的に看病する。

看護の甲斐あって旅人の病は快方へと向かう。旅人は名を赤穴宗右衛門。出雲の国の富田(島根県能義郡広瀬町富田)の城主塩冶掃部介に軍師として使えていたが、塩冶の主人、近江の佐々木氏綱の元に密使として赴いている間に、富田の元の主である尼子経久が兵を起こし塩冶掃部介を攻め滅ぼしてしまったのである。

尼子氏は代々富田の代官としてこの地を治めてきたが経久の代になって反逆し、佐々木氏綱によって追放され、後に塩冶が据えられたという経緯があった。戦国時代の典型的な一光景である。

赤穴宗右衛門は佐々木氏綱に尼子を討つよう進言したが煙たがられ、かえって監禁される始末である。佐々木は頼むに在らずと悟った赤穴宗右衛門は佐々木の元を抜け出し出雲へ向かう途中病に倒れたという次第であった。

赤名宗右衛門は左門の献身的な看護に感動し、また左門も赤名宗右衛門の学者としての力量に感服するところがあったから、ふたりは義兄弟の契りを結ぶ。

左門の好誼に甘えていささか長逗留していた赤名宗右衛門だが出雲の動静を探り尼子氏打倒の可能性を探るために出立する。そして左門に九月九日の重陽の佳節に戻ってくると誓うのであった。この日は菊の節句である。

さてその九月九日である。左門は朝早くから宗右衛門を出迎えるための支度をする。老母に「宗右衛門が来てから支度を始めても遅くはない」と心配されるが、「宗右衛門は武士であるから約束を違えるなどありえない。姿が見えてから支度を始めるなど恥ずかしい」という有様である。

しかし宗右衛門は来ない。昼が過ぎ夜になっても来ない。夜になっても左門は家の外で宗右衛門の訪れを待ち続けている。そして月の光が山の端に落ち、今日は終わりかとあきらめて戸口を閉めようとした時、ようやく宗右衛門がやってきたのである。

左門は宗右衛門を家に招き入れ酒肴を勧めるが、宗右衛門は手をつけようとしない。訳を聞くと宗右衛門は恐るべきことを語り出す。自分は死霊なのだと。

宗右衛門が富田に戻ったところ、国人は塩冶の恩を忘れ、尼子の威勢に服すものばかりである。宗右衛門は従兄弟の赤穴丹治を通して尼子経久に近づき内情を探ろうとするが、尼子経久の命を受けた赤穴丹治によって監禁されてしまう。

このままでは左門と約束が果たせぬと追いつめられた宗右衛門は死を選び、魂となって左門のところへやってきたのであった。

他に左門との約束を守る道がなかったこと、左門に母親によく尽くすように語ると宗右衛門の姿は消え失せたのである。

翌朝、左門は「せめて骨のかけらでも拾って兄、赤穴の信義に応える」と母親に言い、出雲へと向かう。宗右衛門の従兄弟、赤穴丹治の元を訪れた左門は、塩冶の恩に殉じた宗右衛門を生け贄にして尼子に媚びる大罪人であると赤穴丹治を断罪、一刀のもとに切り捨てて去る。この話を聞いた尼子経久は左門の後を追わせなかったという。

すいませんねえ。長くて。短い話をさらに短くするのは難しいのだ。

さて雨月物語は二百年以上前に書かれた物語で、作者、上田秋成が序文で語るように絵空事である。死んだ人間が島根県から兵庫県まで霊魂となってやってくるなどただの怪談話である。

ところがである。島根県から兵庫県どころか、地球の反対側で殺された人間の亡霊がネットを通して我々の眼前に現れるなんてことが起きているのである。

それなのにである。ブッシュ再選や新潟地震楽天来仙といったニュースに紛れてみな関心を持とうとしない。日本国は上から下まで彼のことを忘れるので忙しい。

僅かに関心を持つ人もいるが通り一辺倒な反応しか示さない。ましてあんな愚か者は死んで当たり前などという奴さえいる。人が殺されて愚かと何事か。まあ男性が女性をボコ殴っても男性は悪くない、礼儀知らずが悪いなどと言い放つような輩がうようよいる国なのだから仕方在るまい。

同じ国民がよその国の人間に殺されたのである。しかも死の光景を垂れ流されているのである。にもかかわらず誰も怒らない。日本国民上から下まで怒るべきである。そして敵を討つのだ。それが普通の国のやることである。それをしないから日本は去勢された国とかいって嘗められるのだ。

いつから日本はこんな義を欠いた国になってしまったのか。今の時代に丈部左門はいないのか。



なんて話を僕が書くわけがない。芸をちょっとやってみたまでだ。

ところで上にあらすじを書いた「菊花の約」だが、この話の怖いポイントはどこだろうか?

約定を守るために自ら死霊となった宗右衛門が左門の前に現れるところ?いや、それは読みが甘い。

一番怖いのは赤穴丹治が丈部左門に殺されちゃうところである。

赤穴丹治の身になって考えて見ればいい。もともと富田の地は尼子一族が代官としてではあるが代々治めてきたのである。それをある日突然新参の塩冶掃部介が降ってきたのである。この塩冶に恩を感じろという赤穴宗右衛門の方がおかしい。尼子一族に忠義を尽くすのが自然である。赤穴宗右衛門という人は、丈部左門に比べれば世情に通じた人物として描かれているが、この点やはり学者であろう。

この時代の人間は家名が大事である。場合によっては家名を残すために二手に分かれて争うこともある。どちらが生き残ればいいというわけだ。そして在地勢力の尼子に刃向かおうとする赤穴宗右衛門は赤穴一族の存続にとってはかなりの脅威だったのは間違いない。赤穴宗右衛門は本来の出雲守護である佐々木京極氏の力を頼ろうとするが、在地勢力が京都の中央勢力の支配をはね除けて自立していくというのが戦国時代初期の情勢である。

あらためて富田城主となった経久は、月山西南部の三沢氏に眼を向け、長亨二年(1488)三月機略をもって降伏させた。これをみて、飯石郡北部の三刀屋氏、同南部の赤穴氏をはじめ、他の国人、諸将らもまた風をのぞんで、経久の軍門に降り、国内統一戦はひとまず落着した。

話が脱線したが、赤穴宗右衛門の件についてはとにかく現実的な選択が成された。赤穴丹治は尼子の命令で監禁しただけである。尼子経久にしても殺すつもりはなく、ただ頭を冷やせくらいのことだったのだろう。自裁されて二人とも後味の悪い思いをしたかも知れない。

そこへですね。どっからか電波受信しちゃた人間がやってきてですね。義がどうたらという青臭い理由を並べたてて断罪したあげく、ばっさり斬っちゃうわけですよ。こんな恐ろしい話がどこにありますか?

この赤穴丹治が殺される場面というのはよく読むと結構おかしい。丈部左門は中国戦国時代の魏の公叔座の故事を引っ張り出してそれに比べてあなたはどうなのかと論難するのだ。論難されて赤穴丹治は「頭を低くして言葉なし」になる。素直に読むと自分の非を認めているように見えるが、「なんですか、この人は?」のぽかーん状態だったのかもしれない。

実は丈部左門もいうひともちゃんと読むとというか、講談社文庫版の青木正次氏の解説によるとあまり良くは書かれていない。「清貧を憩いて、友とする書の外はすべて調度のわずわはしきを厭う」といえば聞こえがいいが、孟母みたいなおっかさんに食わされているという、今風に言えばヒッキー君なのですよ。そういう現実から遊離した人間だから幽霊の言うことを真に受けて人をばっさり斬るということが出来るわけですな。

現実的に生きている人間が非現実的な世界からやってきた香具師にばっさり斬られてしまう。これが「菊花の約」の真に恐ろしいところである。

香具師と書いた通り、これは今は昔の話ではない。

例えば香田さんの自宅には嫌がらせの電話がじゃんじゃんかかってきたのだが、こんな香具師も丈部左門の末裔である。

それどころか僕のようなBloggerはみんな丈部左門である。

ネットで適当なネタを見付けてきてはばっさり斬る。これがBloggerの標準的な生態である。

BloggerならよくBlogで適当なことを書いたら、見ず知らずの人間がリファなりトラバなりを送りつけてきて、そいつにばっさり斬られちゃたという経験はあるだろう。赤穴丹治状態である。

赤穴丹治は丈部左門を迎えた時に「翼あるものの告ぐるにあらて」と言った。「なんでおまえはそんなことを知っているんだよ」という意味である。現代の丈部左門は鳥のお告げの代わりにgoogleRSSやカトゆー家や2chを使うのだ。はてなおとなり日記キーワードリンクも鳥のお告げであろう。

もっともそんなふうにばっさり斬られるエントリの方も丈部左門だったりするから救いがない。

結局Bloggerとして生きるということは丈部左門になったり赤穴丹治になったりを繰り返すということなのだ。修羅道というより外はない。

二百年前に上田秋成が怪談として書いた情景が日常化している。こんな恐ろしい話がどこにあろうかとオチをつけたところで本稿は終わる。

ところで「菊花の約」は「雨月物語」ではあまり怖い方の話ではないのだ。表面的には友情と信義の話として読めるし。もっと怖いのは「浅茅が宿」、「吉備津の釜」、「蛇性の淫」、「青頭巾」…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041104

2004-11-02

[]フィラメント フィラメントを含むブックマーク

フィラメント~漆原友紀作品集~ (アフタヌーンKC)

フィラメント~漆原友紀作品集~ (アフタヌーンKC)

昔、ラポートから出ていた「バイオ・ルミネッセンス」の抜粋に新作二つを追加した短編集。

ちなみに「バイオ・ルミネッセンス」はもう絶版らしい。どこに沈んでるかね、あの本は?

今読んでみると宮沢賢治の影響が濃厚だなあとわかる。最初読んだ時に気がつけや。

「白髪ヶ原」には続編かなんかがあったんじゃないかと思ったが、ちゃんとその辺はAmazonの書評欄で解説しているひとがいた。さすがだ。

[]<新潟中越地震山古志村の建設会社 涙の15人全員解雇 <新潟中越地震>山古志村の建設会社 涙の15人全員解雇を含むブックマーク

社が所有していた重機2両と除雪車1台が地滑りで谷に落ちた。除雪車は1650万円で昨年購入したばかり。重機も新しく買い替えれば、数千万円はかかる。いずれも保険はかけていなかった。新規の受注も避難した社員もいるうえ重機を失っては受けられず、資本金1000万円の会社には痛手となった。

こういう問題が一番やばいか。

[]神南火 神南火を含むブックマーク

神南火 (ビッグコミックススペシャル)

神南火 (ビッグコミックススペシャル)

梅原克文の「カムナビ〈上〉 (角川ホラー文庫)」とはたぶん関係ない。こっちは読んだことないんで断言はできないが。

主人公の忌部神奈は女性史研究家、といえば聞こえがいいが、同時に温泉評論家、神木評論家、etc....

要するにフリーライターである。

で雑誌の干支にちなんだエッセイを書くというので日本のあちこちの古代の史跡を巡ると。

と書けば、いや書かないでも星野之宣ファンには自明なのだが、これはかつてコミック・トムに連載されていた「宗像教授伝奇考」の女性版なのである。

「宗像教授」の方も干支シリーズといって一年に一度、干支にちなんだエッセイを書くというので女性編集者に日本中を引きずり回されるという恒例行事があるのだが、「宗像教授」の連載終了後、この部分だけが独立して、ビック・コミックに読み切りの形で掲載されるようになったのが、「忌部神奈・女の神話シリーズ」ということらしい。でこの度、コミックスとして一冊にまとまったのがこの「神南火」である。

しかしなんで男、しかもスキンヘッドの親父が、ビック・コミックに移るとフリーライターの美女に変えられてしまうのかがわからない。ジャンルは違うが東野圭吾の「名探偵の掟 (講談社文庫)」にミステリー小説の探偵役は2時間ドラマになると若い女性に変えられてしまうというネタがある。大衆受けを狙うにはしょうがないらしい。温泉にも入らないといけないしね。

「忌部神奈・女の神話シリーズ」にも主人公が温泉に入るシーンがあるのでこの法則が適用されたのかもしれない。でもそうなると一つ謎が残る。「宗像教授」は2時間ドラマになっているのだが(TBS 月曜ドラマシリーズ)、この時は高橋英樹が宗像教授を演じているのだ。僕は見ていないのだけど主人公が女装したという話は聞かない。尻は出したらしいが。

ところで書くのを忘れていたネタだが、「宗像教授」は先月からビック・コミック誌で連載が始まっている。「宗像教授異考録」である。長年のファンとしては諸手を歓迎したいが、釈然としないところもあるのだ。

まず掲載誌がメジャー過ぎるということ。ゴルゴ13と一緒なのだよ。あと隔週ペースであるということ。星野之宣は月刊ベースで書いてきた人だし、隔週なので一つの話が前後編に分かれてしまうのだ。第一話「巫女の血脈」は読んだが、前後編に分かれるという構成の悪さが微妙な影を落としているように思える。

かといって、ビック・コミック以外のどの雑誌がいいかというとこれが思いつかないのだ。今の「アフタヌーン」は違うと思うし、たぶん「もっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKC」とバッティングする。かといって他との雑誌というと、同じコミック・トムの連載、「風雲児たち (1) (SPコミックス)」が復活している「」ですか?ここも違うよな。

まあとにかくファンとしては無事に連載が継続されることを願わずにはいられない。できれば月イチ連載かなんかでじっくり書いて欲しいのだが。

[]えーと えーとを含むブックマーク


東北楽天ゴールデンイーグルス プロ野球新規参入決定!!
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/04season/column/gogai/npb04-gogai041102-1.html

さよならほりえもん

しかし「ゴールデンイーグルス」ってなんすか?楽天野球団じゃなかったのかよ。

どうせやるなら東北楽天ブランメルっていうチーム名にして、チームカラーは緑にしろよ。

[]リファラ襲来 リファラ襲来を含むブックマーク

本日もいつもより余計にリファラを頂いております。

これでうちも一躍人気サイトだ!なんて話をするわけがない。

どうも気になるのはリファラSPAMもいつもより余計に来ているという事なのだよ。

ひょっとしてあれだろうか?リファラSPAMを送り出すようなBotはネット上のアクセス数の多いところを割り出してそこに優先的にリファラSPAMを送りつけるとか、そういう高度な技を持っているのか?

だとしたら侮れないなあ。

[]秀丸問題 秀丸問題を含むブックマーク

http://www.otsune.com/diary/2004/11/01.html#200411013

from http://www.mikihoshi.com/d/2004-11-01.html#200411012119420

弱った。肩身が狭いぜ。

実は秀丸は、以前から放り出そうと思いつつズルズルつかっていたのだが、放り出すいい機会だろうか。

理由は秀丸脆弱性に問題、じゃなくてUTF-8のファイルの自動認識に弱いのである。

お仕事の関係でXMLファイルをいじることが多く、でこいつらは大体UTF-8なのである。秀丸でこういうファイルを開くとエンコードを指定して再読込してやらないといかんのだ。

最近のリリースでは改善されたのだが、と書こうと思ったら、今やったら失敗したぜ(笑)。弁護の余地なしだな。TeraPad先生は優秀で一発でUTF-8と見破った。やはり見捨てようか。

もっともこちらもPuttyの向こうでEmacsを使う機会の方が多いのだが。

とりあえずプログラマで「メインのエディタはメモ帳です」って奴はいないよね?(笑)

プログラマではいないと思うが、近隣業種ではWordかなんちゃらビルダーかさもなきゃメモ帳という人はいないこともない。

追記
しかしTeraPadもなあ。オプションでブラウザのパスを設定するところがあって、そこのNetscape Navigatorのパスというところについているファイルコモンダイアログのファイルの種類の設定がNN実行ファイル(NetSc**.exe)固定になっているのですが、Firefox使いにどうしろと?まあこの機能は使わないと思うけど。

[]blogって何番目の権力だっけ? blogって何番目の権力だっけ?を含むブックマーク

木村剛の「マスコミはいつもこんなに酷いことをするんです」キャンペーンのみどころ
http://kiri.jblog.org/archives/001117.html#more

所詮権力は絶対的に腐敗するんだろうかなんてことを思わなくもない。

mikihoshimikihoshi 2004/11/02 19:35 firefoxですが、ツール登録で何とかなりますね。
自分はrubyのインタプリタとかExcel(CSVを開く用)とかを登録して使ってます。

moleskinmoleskin 2004/11/02 19:44 thanksと言いたかったところですが、URL書いてクリックすると文句なしにFireFox(デフォルトブラウザ)が起動しますね。何のための設定なんだろう、あれ?

mikihoshimikihoshi 2004/11/02 20:33 moleskinさんの書いてるパス設定は、拡張子HTMLの時にツールバーにIEとNNのアイコンが表示されて、そこを押した時に出るブラウザの設定みたいですね。
文中のURLはデフォルト設定したブラウザに飛ぶんだと思います。…確かに余り意味無い設定ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041102

2004-11-01

[]blogの立身出世コース blogの立身出世コースを含むブックマーク

ある朝、滝のように雨が降る夜から目覚めたmoleskinは「カトゆー家断絶」に晒されている己を見いだした。

255 http://www6.ocn.ne.jp/~katoyuu/

夕べ、寝る前にチェックした時にはこんなものはなかったぞ。一晩で255行き着きますか。恐るべしカトゆー家。

打ち明け話をすると先週は影響力の大きいサイトに晒されまくった一週間であった。

  1. 圏外からのひとこと(http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20041025)
  2. inside out(http://www.hirax.net/diaryweb/2004/10/26.html)
  3. RinRin王国(http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/saji/200410.html#20041027)
  4. 駄文にゅうす(http://ariel.s8.xrea.com/news/2004_10.htm#27)

これで終わりかと思ったらとどめの一撃が「カトゆー家断絶」である。僕はBlogにオチを付けるのにいつも苦労するのだが、世の中の方でオチを付けてくれるとは思わなかった。便利な世の中になったものだ。

この上っていうとどこだ?僕的には切込隊長BLOG(http://kiri.jblog.org/)を日本一エロい、じゃねいやエラいサイトだと認定しているのだが、リッチなパリーグファンとプアーなサカヲタでは接点はなさそうだ。リンクしていただいたところで一番偉いのは元衆議院議員、笹山登生氏のBlog(http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=31)だろう。こちらは人はとても偉いのだけど、リファ数から判断する限りアクセス数的には普通らしい。こういうところこそリンクされた日には一瞬で255くらい来ないといけないのだが。

あとはエラいとなるとCNET系だろうか。でもあそこはさんざんっぱら攻撃しているから絶対載っけてくれるとは思えん。

あとはこういうのかね。でもこんなのに選ばれた日には、このサイトは自動的に消滅しますのであしからず。

追記
影響力の大きいサイトとして「駄文にゅうす」を追加。リファ数は上三つには及ばないのだが、中継地としては非常に重要なポジションにあるらしい。
追記
そりゃねえ。確かにあの日の日記には「以下恥さらしのためにこのままにしておきます。」と書きましたよ。そのオチがカトゆー家ですか。

[]リンクにお返事 リンクにお返事を含むブックマーク

http://www.mikihoshi.com/d/2004-10-29.html#200410292101570

いや大した記事じゃないです。

@ITMSに金もらってLinux叩きの記事を載せる一方でLinux Squareなんて「エンタープライズ環境におけるLinux導入/運用を支援する情報フォーラム」なんてのをやってるのはどういう了見じゃゴッゴルという単にそれだけですな。

しまった。「ゴッゴル」に意味を与えてしまったぞ

ゴッゴル
「ゴルゥァ」の強調形

[]アクアアルタ アクアアルタを含むブックマーク

水上都市ベネチアが冠水5日目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041101-00000157-reu-int.view-000
水の都が「水没」 イタリアベネチア
http://www.asahi.com/international/update/1101/007.html

現実のアクアアルタは「AQUA」や「ARIA」のように優雅にはいかないようだ。

ARIA 5 (BLADE COMICS)

[]異文化との摩擦の一例 異文化との摩擦の一例を含むブックマーク

31日午後7時半ごろ、新潟県小千谷市城内2、スーパー「原信」の玄関脇のガラス戸を男がけ破っているのを通りがかった人が見つけて110番し、駆けつけた小千谷署員が器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

調べでは、男は東京都北区田端6、職業不詳、広瀬裕介容疑者(33)。ビールを買おうとしたが、閉店時刻を過ぎていたため断られたことに腹を立てたという。

まあ気持ちはほんの少しくらいはわからんでもない。地方に出張すると苦労するあたりだ。

このような異文化に晒されるストレスは、彼一人の問題ではない。異文化に恐怖で反応し暴力で対応しようとする人は、世界中にたくさんいる。

[]リアルにおける信頼性 リアルにおける信頼性を含むブックマーク

土日に駅前で新潟県中越地震の募金活動をやっていたが素通りした。

いや不人情とかああいうところで募金をするのが苦手というのもあるが、最大の理由は「誰がやっているのか」非常に不明確だったからだ。

幟は立っているのだが「新潟県中越地震の募金活動」と書いてあるだけで主催団体名は書いてないし、立て看板には新潟地震の新聞記事は張ってあるのだが、主催団体名については書いてあるかどうか遠目からは分からない。なんかヤバゲな雰囲気がしたので近寄って確認するなんてことはしなかった。

リアルの募金活動についてはこんな話もある。

インチキ募金にツッコミ (探偵ファイル/スパイ日記)
http://www.tanteifile.com/diary/2004/03/02_02/
救う会を騙る署名や募金が首都圏で多発してます
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/topic/t066.htm

そんなわけで僕はもうリアルでの街頭での募金活動や署名には応じないことにしている。リアルの一見さんの身元確認なんてあまりにも面倒すぎるわいな。

小学生じゃなくて、いっそこういう人達にこそRFIDを付けるべきじゃないかね?ついでに募金したお金にもRFIDをつけておけば金の流れが把握できてばっちりだわ。

[]佐藤賢一氏のコラム 佐藤賢一氏のコラムを含むブックマーク

山形在住の直木賞作家、佐藤賢一氏が地方紙でサッカーの2部リーグと野球の2軍のことを混同したコラムを書いたそうな。

連載エッセイ「鶴岡つれづれ」佐藤賢一
http://www.t-times.jp/kenichisan/

いくつか読んでみた。

好きな作家なのだが現在進行形の事を書くとその辺の親父と大して変わらんというのが率直な印象。

歴史とか外国が絡む物は面白いけど。

コラムみたいな短い文章を書くのは苦手かなあ。

[]モールスキン ミュージアム&ショップ 本日オープン モールスキン ミュージアム&ショップ 本日オープンを含むブックマーク

2ch文房具版でオープン前から話題沸騰のサイトが本日オープン。あたしがネタにしないで誰がネタにするというのだ?しかしmoleskine.jpとはなあ。

モールスキン ミュージアム&ショップ
http://www.moleskine.jp/

運営しているのはファブスタイル(http://www.fabstyle.com/)である。

板でも指摘されているが、画像を本文に使うっていうのは何だろうね?

検索や引用とかされたくないのか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20041101
Connection: close