Moleskin Diary 2.0 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-12-27

[]ハウルの動く城 ハウルの動く城を含むブックマーク

見た事をかなり後悔。

ラピュタをメインに千と千尋ナウシカの手羽先や尻尾、それに紅の豚の豚足をぶつ切りにして魔女の大釜でグツグツ煮込むとああいう映画ができるらしい。

必然性のないセルフパロディが目につく。宮崎駿らしいという映像を寄せ集めただけの映画である。

ちなみにわけわからんという評もあるらしいがメッセージは明確である。脱オタク、脱ニート、脱引きこもりである。

ハウルがカルシファーと結んだ契約、そしてその力によって動かされているあの城は、オタク人種などが依存しがちなジャンクなものの象徴で、そういうジャンクからすっぱり手を切って女の子とくっついて家族を築けというお説教映画なのである。だから最後には城はすっぱり無くなるのだ。

しかし宮崎駿センセイ。何を選ぶかは人の好みだが、僕の好みから言えばクルスクに出陣したポルシェ・タイガーなんてものの出てくる漫画(「豚の虎」、「宮崎駿の雑想ノート」収録)を書いた人にそれ言われたくないわ。あんたがそれ言うのは切腹に等しい。

ひょっとしてこれ、引退宣言で最後の大放出なのかね?

追記
ハウルが軍務から逃げ回っているというのも、ちゃんとした職に就かないというのを連想させる。いつまでも独身で遊んでないで定職に就いて結婚しろとサリバンお母さんが怒っているのである。だからソフィーとくっついたところでハッピーエンドなのだ。

[]8000円-1800円=英語力 8000円-1800円=英語力を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/gachapinfan/20041227#p2で指摘されていたのだが、平和を破滅させた和平―中東問題の始まり(1914‐1922)〈上〉(上下 各3990円)の原著A Peace to End All Peace: The Fall of the Ottoman Empire and the Creation of the Modern Middle Eastペーパーバック版で1800円、ハードカバーで3600円だそうな。

6000円の差が英語力ということらしい。

[]来年のblog界を予想してみる 来年のblog界を予想してみるを含むブックマーク


専門Blogの台頭
あちこちで必要性が言われていることだが、専門家による専門的な内容のBlogが台頭するのではないかと思われる。これとは少し別だがコミュニティ専門blogというのも出来るのではなかろうか?例えば書評専用Blogとかアニメ専門Blog、特撮専門Blogなど。専用Blogツールとまではいかないにしろ特定領域にフォーカスした専用Blogサービスが出現してもおかしくはないと思う。
ネット内権力の台頭
いままでネット内でものを書く人間というと基本的に暇人、よくいって作家とかその辺の人間が多かったが、キムタケBlogなどネット外でそれなりに力を持つ人間がBloggerとしても活躍するようになってきている。また、有名人Bloggerと一体化したり、ネット内で良く転がっているような思考スキーム、あるいは思想スキームを安直に採用するようなBloggerが増えているように思われる。また読者に呼びかけて徒党を作るようなBloggerも出てきた。(弾道センセイとか)来年あたりは著名Bloggerとその取り巻きによって構成されるネット内権力が現出するようになるのではないだろうか?すでに予兆はある(隊長VS木村など)
鎖国的思潮の台頭
上とかなり密接に結びついているのだが、来年あたりのネット内の政治的潮流として鎖国あるいは攘夷のような運動が台頭する可能性が高い。これまた予兆はあちこちで見られる。

最初のはともかく後の二つは僕のようなindependentを重視するBloggerにとってはよい状況とは言い難い。Blog的には暗い年になりそうだ。