ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きけしゃん このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter





この日記のはてなブックマーク数

2006-01-07

そろそろ一週間くらい経ったので

| 05:50 | そろそろ一週間くらい経ったのでを含むブックマーク そろそろ一週間くらい経ったのでのブックマークコメント


こないだの(2005/12/31),「さて,問題です」について,現時点で私の最も妥当そうだなと思える説明を紹介しておきます.

→これ:http://ujiro.blog7.fc2.com/blog-entry-32.html

いちいちそんなん読んでられっかよ馬鹿野郎!!!って人のためにいちお概要を書いときます.

簡単に言えば,この話は「猿夢」「ばりばり」系の話に属するものであるという説です(この2つの話は非常に高クオリティで,一読の価値千金です).

これ系統に賢明なるショヘ氏などにはこの瞬間に全てが飲み込めたと推察しますが,一言で言うと俗に言う夢オチです.見たら死ぬという夢オチです.しかしながら,これ系の話には絶対に不可欠な前提条件である「夢の中で」と「次に見たら死ぬ」という記述がバッサリと排除されているために,なんだか座りの悪い,非常に不気味で気持ちの悪いテイストを醸すことに成功しています.しかしながら,上記した2つの話を読んだ後に,この「さて,問題です」を読むと,なんとなく話の筋が分かります.そう,Schema-based top-down modulation for an ambiguous contextですね!実際に,話の流れもかなり似てますしね・・・まあ,とりあえず,今のところ,この説明が私には一番納得できます.つまり,9行目でこの主人公が気付いたのは,これが「見てはいけない夢」であることだったのです.

これ系のあいまいな文章は,文意が定まっておらず,もともとどうとでも解釈が可能であって,正確な答えなど存在しないと思われます.なので,読み進める際の読者の構え(e.g., 入力フィルタ)や先行知識などによって大きく影響を受けると思われます.これは,確証バイアスやバーナム効果として良く知られています.確証バイアスとは,自分が持っている仮説を確かめるときに,その仮説に合致する証拠ばかりを重視してしまう傾向のことです.また,バーナム効果については,これとかを参照.分かりやすく,正確です.いちおこれも.だからこそ,私はかつて国語のテストとかで,「この文で作者が言いたかったことはなんでしょう?」という問題に対して非常に憤りを感じていたんです.よく言ってましたよ.「この問題の正解は作者しか知らないはずですが,聞いたんですか?」とね.ああ,なんか腹立ってきた.

しかしながら,こうした認知的バイアスはこういう何らかの葛藤を生むような認知的不協和を解消するための心理機制なのかもしれません.とりあえず何か決着をつけときたいんです.だからこそ,私もこんな意味不明の下手すると(いやかなりの確率で)適当に作られたかもしれないネタについて,一定の解釈を得るためにいろいろ探索したのですからね・・









屋上の暇人ども (1) (ウィングス文庫)

屋上の暇人ども (1) (ウィングス文庫)

幽二郎幽二郎 2006/01/07 10:58 TB、ありがとうございました。この説明でこんなにすんなり納得して頂けた人は初めてですね。ちょっと嬉しかったりします。失礼ながらmomentumさんもかなりアレな方ですな(笑)。今後ともよろしくお願いします。

momentummomentum 2006/01/07 16:27 わざわざありがとうございます.
まあ,こういうのは自分の中で了解できればそれでいい気もするのですが...他の有力解釈もあるならば見てみたいです.
それにしても,アレな方て・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/momentum/20060107/1136580644