桜草咲くころ

2007-03-31

[]年休を完全消化


桜の花が咲いて、3月がようやく終わろうとしています。


この一年、会社の有給休暇を完全消化し、発病以来始めて一日の欠勤もなく働くことができました。支えてくれた友人、家族、同僚、上司、病院関係者の方々に、あらためてお礼を申し上げます。


ありがとう!


30日(金)の昼食には、自分へのお祝いとして、月島相生橋のたもとにある花ふじで寿司を食べました。


この3月には、発病以来始めての出張もありました。


福岡大阪です。福岡では美味しい鯛茶漬けを食べ、大阪ではこれまた美味しい鰻重を食べました。


福岡では、帰りの飛行機の待ち時間に、なつかしい友人に再会。10年振りなのか15年振りなのか、わからないボケた二人でした。お互いに歳をとったということか……。離れていても、連絡がなくても、友人の存在が、生きる支えとなっていることを実感できました。


ありがとう!


***

2007-02-24

『ソメイヨシノ 〜桜の木の下で〜』

[]ソメイヨシノ〜桜の木の下で〜


ソメイヨシノ~桜の木の下で~

SeanNorth(シャーンノース)の二枚目のシングル『ソメイヨシノ 〜桜の木の下で〜』が今月21日に発売されました!


聴くほどに味わい深くなるとってもいい曲です。思わず聴き入ってしまうと、目頭がウルウルしそうな歌詞です。テーマは《卒業》。卒業を目前にして、別れを止める術を学ばなかったことを識り、あらためてお互いの存在の大きさに気付く、そんな内容です。


SeanNorthの3人自身が、同じ千葉北高校の出身で、この『ソメイヨシノ 〜桜の木の下で〜』のジャケット内の彼らの写真も、母校の音楽室で撮影されたそうです。


桜に限らず、“木の下”というのは、昔から人々の逢瀬と別れの象徴のように描かれてきました。米国映画「慕情」でも丘の上の一本の木が印象的でした。そういえばこの映画のもととなったのは、ハン・スーインの「悲傷の樹」という本だったと思います。数年前に話題となった韓国映画猟奇的な彼女」でも、丘の上の一本の木が劇的なドラマを生んでいました。


私のようなオヤジが、今さら《卒業》でもないだろうとお思いかも知れませんね。でも、ちょっと待ってください。人生の折り返し点を過ぎたものとして、《人生の卒業》も身近に増えてくるころです。


この『ソメイヨシノ 〜桜の木の下で〜』の、特に最後の一節などは、私には、自分が亡くなったら先に亡くなったひとときっと桜の木の下で会えるだろう、そんな風に聴こえてしまうのです。こんな解釈をしたら、作詞作曲をした佐々木久夫氏に叱られるかも知れませんが。

瞼を腫らしたその胸の痛み

どこかで消えるときが来るから

悲しみはやがて喜びに変わり

いつの日か逢えるだろう

桜の木の下で


そういえば、冒頭の何気ない歌詞にも、ちょっとギクリとさせられました。

「卒業しても友達だよね……?」

枯れない桜の木の下で


ソメイヨシノの最大の欠点と言われているのが短命なことで、樹齢60年だそうです。実は人間の一生よりも短いのですね。まさに「美人薄命」です。


ソメイヨシノの発祥の地は、現在の東京駒込巣鴨にある染井霊園の場所だとか。ソメイヨシノには、その美しさのなかに、なにかただならぬものが宿っているような気がしませんか?


そんな妄想がふくらんでくる、味わいのある曲なんです。


____________

2007-01-27

[] カラオケストレス解消!


最近、私がカラオケで歌っているレパートリーを紹介します。

誰も知りたくないかも知れないけど……。

カラオケに誘ってくださいね!


ひとひらの雪」小金沢昇司

「final your songSeanNorth

「いのち坂」鏡五郎

「牽手」蘇芮

「さざんか」森進一

「わかってください」因幡晃

「CAN'T HELP FALLING IN LOVE」Elvis Presley

「友達の詩」中村中

「青春のたまり場」あさみちゆき

「献身」五木ひろし


♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜

2007-01-26

[] 4年振りに食べた豚カツ


今日の昼飯は、会社の同僚と月島の「草庵」へ。

注文は1050円の草庵弁当。

刺身に煮物・焼物・小さな豚カツ、そしてごはんと味噌汁

女性が好みそうな上品な味でした〜。


小さな豚カツ、しばし悩んだ後、食べちゃいました〜!

4年振り。そうそう、こんな味だったっけ。

なつかしい味でした。


午後はずっと豚カツの臭いが口中から抜けず、意気消沈気味。

でも、なんとか大丈夫だったみたいです。


次回の豚カツ体験は、1、2年後かナ〜。

また会う日まで、豚カツよ!!

2007-01-19

[]一年振りに食すウナギ


今日の昼飯は、会社の同僚と築地の「はいばら」で鰻丼を食べました〜!

鰻を食べたのは、一年近く前の退院した日に巣鴨の「にしむら」で食べて以来でした。


今日の注文は1000円の鰻丼!ふっくらとした身に上品な味、大満足でした〜!さすがに鰻問屋の直営店ですね!


1月の定期診察で、結果は久し振りに良好でした。

昨年の後半は3ヵ月続けて良くない結果だったので、ホッとしました。これまで、3年連続で春先に入院していましたが、4年振りに入院することなく過ごせそうです。