Hatena::ブログ(Diary)

後悔^H^H公開日記:別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

monamour555

組込み系オープンソースな人

[FSF Associate Member]
カレンダー
<< 2008/05 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント

2008-05-25

gdbproxyの現状

断片的な英文情報と,ソースコードをにらんだ結果とを纏めると,たぶん,こんな感じ.

bfemu は,追放.

コード的に美しくもなく,ライセンス的にどうなのか判りづらかった .Section5 は商売しづらくなるかもなぁ.

最下層レイアに UrJTAG の成果物を採用.

GPL2.ドキュメントは FDL1.2.素晴らしい.けど日本語の情報は皆無.どひゃー.

USB-JTAGポッドは,FTDIのを使ったものをサポート.(それ以外も)

configureやMakefile.in 辺りを眺めていると,libftdi のリンクが期待されていることが判る.

おお,もしかして,手元のJTAG-KEYでも行けちゃったりするわけ? と期待半分で読んでみると,

static char default_jtag_connect[] = "cable BFIN-UJTAG ftdi-mpsse 0456:F000";

とかいう感じ.

USB では,VID = 0x0456 は ADI なので,これは,ADI 純正ケーブルを指しているものと思われる.

ADIの純正ケーブルも中身にはFTDI製を使っているのかと軽く驚くと同時に,ADIのJTAGポッドが $1,500とか$4,000とかいう値段であることに強い衝撃を覚える.

いくらなんでも高すぎ…(ぼそ).



(追記)UrJTAG自身は,JTAG-KEYを始めとして,世間で知られているFT2232系JTAGポッドの多くをサポートしている.ft2xx.dll 経由のアクセスもOKっぽい.libusbを使った口も用意されている.これらとgdbproxyがどう絡むか…だなぁ.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/monamour555/20080525/1211690673
なかのひと あわせて読みたいブログパーツ
Connection: close