Hatena::ブログ(Diary)

オレモリ!! monch71編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-31

チャットモンチー in sakusaku



 チャットモンチーが出ていた1週間分のsakusakuを今日見終わりました。

 一番気になったのは、リーダーのルックス。髪が赤くなっていました。でも、髪型自体は変わっていないように思えたんですが…、それでいいんでしょうか?そしてあの服。まさに、一人だけ夏の甘トップス115みたいな服着てましたけど。他の二人はまだまだ田舎の女子大生みたいな格好で、リーダーとの対比でやや痛々しかったです。この微妙な(?)変化、かなり心惹かれます。

 そして一番気になったシーンは、金曜日の一番最後の30秒くらい。突然、喉がイガイガしだしたと言い出したリーダー。そしたら、ペットボトルの水が出てくる。しかし、蓋を開けることができず、声をかけてきたクミコンに無言で開けさせる。そのやり取りを見た、あっこが「この子、今さっき生まれてきたばかりで…」とフォロー。凄いシーンだった。

 リーダーが喉が痛いと言い出したときには、本当にびっくりした。リーダーには本当に一挙一動にひきつけられる。ボーカリストだもん、しかもデビューしたての。もし潰れるような事があったらと考えると、ぞっとして。しかも蓋は開けられないし。大丈夫か?って思ったら、クミコンがすぐさまバックアップ。何も言われずに蓋を開ける、気遣いのよさ。クミコンは本当にバンドを後ろから支えるいい女房役だ。さらにあのチクリとした、あっこの一言。完全にバカにしているセンスが最高。しっかりついていきながらも、いちおうは牽制しあえる関係性がとてもグッドだった。本当に、バンドのパワーバランスを見事に表したいいシーンでした。これは永久保存盤にしたかったけど、もう消しちゃった…。だからここに書いて残すことにします。

 やっぱりこのバンドの凄さはリーダーだ。ゲッシー(リスのぬいぐるみ)が出てきて、手に持って固まっている、普通の女の子っぽいところ(いや、ちょっと普通じゃないかも)も見せつつ、こういう凄くひきつけることもやってくる才能が凄いです。この子は、まさにロックンロールです。これこそがロックンロールです。

 あっ!あと、あのシーンを最後に付け足したsakusakuのスタッフのセンスも素晴らしいと思います。さすが超人気番組!

ウドー



 ウドー・ミュージック・フェスティバルが散々だったらしい。ギャクになるくらい。

 (ミュージックマシーンから拾ってきたネタです。)

 詳しくは以下のサイトを見てください。

http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Other/LIVE/ZZUDO_Main.html

 本当に散々です。なんですかこのステージ前の集まりの悪さは。たぶん去年行ったスカイジャンボリーよ少ないんじゃないかな〜。BaseBallBearには30人しか客がいなかったらしい。非常に寂しい。ARROWSも10人程度しかいなかったらしい。期待のバンドだけに非常に残念。もっとひどいのがいて、hare-brained-unityにはたった2人だったそうです。すごいね。ANAは大丈夫だったかな〜!?

 夏フェスバブルが発展する中、こういう失敗フェスも出てきました〜、って楽観視はできない。天下のウドーでなんでこんなことが起きたんだろう?かなり不思議。誰か明確な理由を探ってくれ〜。

 とにかくギャグなくらいおもしろいので、一回是非上のページをみてください。

今日の一曲


NIRGILIS/24サーチライト
 アッチュの表現力が抜群。ドラムが細かいのもいいですね〜。BOY、近々おすすめレビュー書きたいと思います。さて、結末はどうなることやら…。

2006-07-30

柳川VS福工大城東 @北九州市民球場



 今日は高校野球福岡大会の決勝に行ってきましたよ。

 いや〜。高校野球って怖いわね〜。そんなゲームでした。まさか初回から2者連続の内野安打を決められるとは、柳川も思っていなかったでしょう。完全にこれでゲームが壊れてしまいました。あと、城東の梅野君は好投した。これは甲子園でも期待できるんじゃないかと思う。コントロール抜群だし、なによりタフだ。城東はいいチームだ。野球が上手い。1番の小林君が今日は大爆発でしたね。甲子園でも期待したい。

 城東のメンバーの異様にテンションが高いのが気になった。あんなにノックって声出しするもんなのか?このパフォーマンスも甲子園で期待したい。間近で見て、本当にびっくりした。人間、テンションが高かったら、どんなことでも叶えることが出来る。そう思った。

 今日の僕のハイライトはマイク持ったこと。あんな興奮の場面でマイク持ったのは初めてだよ〜。あれをさらっとできたのが、本当によかった。

 今日ので、多分もう野球の取材に行くことは、これ以降無いでしょう。僕の夏は終わりました。土持って帰ればよかったな〜、市民球場の。もうグランドレベルに降りることもないだろうからね。

 暑かったです。お疲れ様でした。

情報解禁



 もう1週間前なので情報解禁します。

 今年、わっしょい百万夏祭りの百万踊りのパレードに僕出ます。

 たぶん、これに出る機会がたぶん今年でラストだろうからね。ちょっと思い出作りしたいタイ!です。

 熱狂的な僕のファンがいたら、是非見に来てください。

 久しぶりに、あんな大勢の前に立つ機会だな〜。ものすごい、ありえないテンションで臨もうと思います。

2006-07-29

試聴



 今週のiTune Music Storeのフリーダウンロードは二階堂和美さんです。おすすめです、是非ダウンロードしてください。いや、まだ僕は聞いていなんですが…。

 iTune Music Storeで聞いた試聴した音楽(30秒くらいなんですが)もmixi stationでカウントされるんですね〜。ちょっとびっくりした。これからはどんどん聞いていこうと思います。

 酒井法子の“碧いうさぎ”を2回連続で聞いていますが、これはギャグなんで〜。あ〜、でも名曲ですよ。Dragon Ashの昔の曲がしこたまヨス。思わず、買いそうになってしまった…。Curly GiraffeのCD誰か貸してください。

 めちゃめちゃテンションがあがります。それにしてもStoreの曲数増えたな〜。いろんな曲が聴けるな〜、これで。mixi stationの曲数増やすぞ〜。

2006-07-28

レッチリ in Mステ



 今日はコレしかないです。

 レッチリが日本の地上波で初登場。

 ごめん。ここまで言ってきたけど、レッチリに俺、そんなに思いいれない。ただ、「偉大なバンドだ」ってだけだ。いい曲も死ぬほどある。それに何より、ミクスチャーっていうロックの一時代を気づいたバンドだってことで、非常にリスペクトをしているんだけど、個人的な感情として、そんなに思い入れない。

 まー、でも今年、オリコンで初登場1位をとって、日本での認知度は過去最高になっている。だから、見る価値はあるか〜。しかもゴールデンタイムでの生放送番組、天下のMステだ。

 それより気になってしょうがなかったのが、デビュー当時の椎名林檎みたいなカッコウをしていたやつ。誰だあれ!?倖田來未でした。ロックの女性アーティストっていうイメージが、椎名林檎のようなイメージだった、ということなんでしょうか?それならば光栄なんですが。

 レッチリ。ライブ非常に盛り上がっていましたね。コブクロの黒田が立ち上がっていた。それだ!!って思った。っていうか、ひな壇の上段でさらに190cmだったら、背たけ(高)〜よ。ライブはちょっと感動的だったな〜。アンソニーがバスドラに手で逆立ちしたのには、かなり盛り上がりました。フリーのあの前後の動きいいよな〜。あれがレッチリのカッコいい成分NO.1。

 堂、しっかりしろ!!外人に「明日はフジロックに出演されるんですよね?」って聞いても、そう返されるだけだ。アンソニー曰く、「ヤーヤーヤーズも出ます。」

 終始、椎名林檎みたいなやつが気になってしょうがありませんでした。

 正直、最新作、STADIUM ARCADIUMはそんなに、いいアルバムじゃない、という評価だ。バンドのバランスが崩れていくのを、そのまま素直にカタチに表したという面では、かなり評価されているけど、明らかにバランスがわるい。実際、暗い曲が多いし、アンセムになるような曲がない。こうやって日本のTVに出てくれたのは、そういう状態をも全て見せたい為でしょうか?それは深読み?

 それにしても、フジロックサマソニほど人は出ないけど、そうそうたるメンバーですね〜。人数は絞られているけど、かなり精鋭。今日初めてタイムテーブル見たんだけど(遅!!)、行ったら絶対楽しめること間違いない。頭のなかでシュミレーションしてみたけど、適度に休みをとれて、かなりいい感じ。あ゛〜、行きたかったな〜。あっ!スペシャルゲストはHAPPY MONDAYSなんだ〜、いいな〜。来年でも新譜出すんでしょうか?絶対あと5年の間で、マンチェスターやセカンドサマーオブラブのあたりのサウンドがブームになるはず!!だから、今のうち乗り遅れないようにチェックしとかんと。

2006-07-27

対ロッテ 3連勝



 やってくれたね〜。ロッテに3連勝。すごいわ〜。試合内容が良かった。本当に良かった。こんなに気持ちのいいゲームがこんなにも続くもんか〜ってくらい。これから連勝街道に入るのかな〜?

 1試合目、田上が大爆発。ホークスの不足人材は松中、ズレータの周りを固める中距離ヒッター。柴原、本間には一発がない。この人が出てくれたことは本当に貴重だ。あと、7回篠原、8回吉武、9回馬原の06年型勝利の方程式完成。全員防御率2点台以下。左右関係なく対処できそう。この完成は大きい。これで相手チームの脅威になれば、今後大きい。もちろん、三瀬、藤岡、佐藤もいる。

 2試合目。まあ、松中のサヨナラ犠飛は、最低限の仕事として…。辻の一発。9年目の苦労人の一発。田上の同じく中軸候補の一発で、今後のホークスにとって非常に大きな収穫でしょう。なんか松田とか江川とかと違って年数を経ているから、非常に安定感があっていいですね〜。年齢も27歳(くらい)。まだまだレギュラーになってもそれは遅くは無いでしょう。あと、和田に安心感ももててよかった。

 3試合目。連日の投手戦。息詰まる展開だな〜。なんか季節的に、高校野球見ているみたい。ズレータの一発、完璧でした。野球はコレがあるから面白い。そんなゲームでした。

 王監督がいなくなっても、チームは暗くなってません。う〜ん、それにしても凄いな〜。

ベボベ福岡プロモーション



 ベボベの小出、関根の2人が福岡プロモーションで来てたみたいね。カテゴリーTTにゲスト出演しているところだけ聴くことが出来ました。

 インタビュー、面白かったな〜。なぜこのバンドに惹かれるのかが、ちょっとなんだけどわかった気がする。このバンド、基本的には中高一貫で一緒の人の集まりみたい。なんかわかるな〜。

 あと、噂のコイちゃんの眼鏡ラップもやってくれましたよ。あ〜、なるほどね〜。

 小出君の、なんかトークで変に頭が回るところいいな〜。オレはこんな風にはなれなかったな〜。

FUJI ROCKに行ってます。



 mixiのトップに「FUJI ROCK FESに行ってます」っていう画像を貼り付けている人が多いですね〜。

 いいな〜。うらやましい。明日からですね〜。今日は前夜祭。多分今頃、盆踊りやってんだろうな〜。


 あと、ボロフェスタのラインナップ発表になってますね〜。今年は豪華だ〜。今年も行きたいな!!!

2006-07-26

梅雨明け



 九州は今日梅雨明けしました。

 今日は梅雨明けにふさわしい、厳しい暑さでした。ひさびさにこんなに暑かったな〜。夏本番、夏なんですって感じですね〜。

 あと、スッゲースコールも降ったね。あれにはびっくりした。傘を持っていなかったから、しばらく雨宿り。Rockin'on JAPANを立ち読み。これが名機だのコーナーでカヨ単独で登場、と思ったらリーダーが横槍。エルモのステッカー、やり〜!まだ、雨がやまないから、氣志團の翔ヤンのインタも呼んだ。すごかった。絶不調といいますか…スランプといいますか…。まあ、こういう時期もあります。ただ、翔ヤンに限ってはかなり珍しいな〜。

 これから夏です。プール行きたいな〜。

今日の一曲


boat/Pool Jack

 I gatto summer!You want to baby?
 (↑歌詞はあやふや)

2006-07-25

バタ犬 復活



 もうこのニュースを書くしか無いでしょう!!

 SUPER BUTTER DOGが復活します。やった!!!

 9月24日の日比谷野音でのスペースシャワーでのイベントにSUPER BUTTER DOG名義での出演が決まっています。

 2006年は犬年ですし、これからバタ犬で活動を再開してくれるんでしょうか?

 見にいけるかどうかは微妙ですが、本当に楽しみ。っていうか、うれしい!この日を待っていた!

うぉ!



 小椋と星野が1軍にあがってきている。

 うぉ!?

 もし失敗したら、即戦力外ってことか?

 怖い怖い。

 でも、確実に活躍して貰いたい、この2人。

 星野はローテーの一角として。もしくは敗戦処理として。

 小椋は左のワンポイントとして。

 あっ!二人とも背番号がぞろ目だ。

2006-07-24

BOY and BOYS and Cowboy



 最近、なんか入れるのが多すぎてiPodの曲を消すペースがついていってない…。それが悩みです。

 NIRGILISのBOY!やっときたBOY!もうね、アッチュのあのCMの「聴いてね!」っていうのが耳から離れません。アッチュの歌い方が凄いです。ニルギリスのアルバムは初めて聴きます。ニルギリスの4人の個性とそのぶつかりあいに重点を置いて聴こうと思います。

 それにしてもアッチュの歌い方が凄いな〜。これ誰の影響なのかな〜。なんか、オズボンドに聞こえてきた…。それは冗談なんだけど。なんか子供の時のマイケル・ジャクソンの歌声にも聞こえる。とにかく、王道って事です。

 あっ!あと、アッチュがblogで凄いキレ方してたな〜。ファーストキッチン略して「ファンキン」。凄いおもろかったです。へ〜、アッチュってこんなキレ方するんだ〜。

 くるりとリップスライム。Juiceが多分いい曲でしょう。今回のJuiceとラヴィでセールスでかなりの差が付いた。約1万枚。なんでこんなに差がつくんだろう?絶対Juiceの方がいいに決まっているのに、1万枚負けた。なんだろうねこの差は。よ〜、わからんです。気持ち悪い差です。

 クラスヌで聴く!って決めたBEASTIE BOYSです。あっ!これベスト盤って思って借りたけど、最新アルバムじゃん。やってしまった。

 そして同じく、クラスヌでよかったJunior Senior。それの1st。結構聴いたことある曲いっぱいあるな〜。

 あと、いろいろ貸してもらったもの。Space Cowboyのアルバム。前情報はほとんどありません。正直、ここまで聴く余裕ないな〜。

BOY

BOY

juice

juice

To the 5 Boroughs (Dig)

To the 5 Boroughs (Dig)

D-D-DON’T STOP THE BEAT(期間限定)(CCCD)

D-D-DON’T STOP THE BEAT(期間限定)(CCCD)

デジタル・ロック

デジタル・ロック

2006-07-23

匂い



 外でBBQをやっている。

 その匂いがする。

 その匂いに雨の匂いが重なる。

 なんかいい感じ。

 煙たさが全部雨に吸い込まれて、旨み成分だけが凝縮された匂いだけがうまいこと伝わってくる。

 すごくいい匂い。

 おいしそーー。

検索ちゃん



 岸田君、離婚したの?

 知らん。オレはそんなこと知らん。

2006-07-22

仕事中、本を読めない



 仕事(バイト)中、本を読むことが出来ないのが、悩みです。

 いや、仕事中だからちゃんと働けっていう話なんですが…。まあ、今日とかはずっと電話番で、特に本当に決まった仕事はなかったから、読めたとは思うんですが、なぜか読めません。

 なんか細かいことが目に付いちゃいます。今日もいつのまにか、荷物運び手伝っていました。集中力がありません。気づいたらずっとめちゃイケ見てたりします。

 いっぱい時間あるから少しでも読めたらね、もっと中身の詰まったいい人間になれると思うんですが…。

吠え魂にて



 吠え魂・最終回でのお話。すみませんが、生で聴いた話ではありません。ネットで見かけた話です。

 かとさんの話です。

 「今日でラジオ終るけど何時かまた2人で出来ることを望んでいます。コンビとしても。」

 「まだ解散したわけではない」

 あ゛ー。まだ解散って訳ではないんだな〜。本当に良かった。

 もうだいたい影響(球団が解散しないとか)が出尽くしちゃったから、後は待つしかないね。この問題の解決を。

 ゆっくり待ちましょう。もうそれしかない。

 なんかテレビ見ていると、萩本欽一がむかつく。結局一人で大騒ぎしといて、事を大きくして、それかよ。何も考えていない、無邪気な年寄りはむかつくな〜。

POP JAM DX live in Shibuya



 もう。こんな番組があるんなら早くちゃんと言ってよ〜。ほんと、あ・せ・る・わ〜。(大木こだま風)土曜日の深夜1時半からって、なんてゲリラライブ的な!。

 簡単に説明しときます。NHKの番組POP JAMの番組内で毎回コーナーとしてある、アップルストア渋谷店でのライブ。そのコーナーだけをフューチャーした特別番組POP JAM DX live in Shibuya。22日の深夜(正確な日にちで言うと23日)1時半から、NHK総合で放送されていました。毎回POP JAM本体の放送で、良質なライブを送り出していたこのコーナー。毎回、楽しみだったんだよね。

 今日の放送で出てきたのは、POP JAMの4月分でライブをした向井秀徳、5月分の菊地成孔、6月分の小西康陽&野本かりあ。それぞれ、20分程度でライブとインタでした。インタの内容は、それぞれ渋谷という街について語っていました。

 最初は向井秀徳。最初に突っ込んでます、NHK。向井の紹介VTRのNUMBER GIRLの時、IGGYPOPFUNCLUBとOmoide in my headのスーパーの順序が逆でした。はい、見つけたこれ。生放送じゃないんだからね〜、しっかりしてくれ〜。

 4曲やりました。"CRAZY DAYS CRAZY FEELING"、"YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING"、"The days of NEKOMACHI"、"Water Front"。YOUNG GIRL〜キタ!まさか、この曲が聴けるとは思いませんでした。一人でガッツポーズ。全体的に向井一人のときの弾き語りは、凄く緊張感がありますね〜。これがたまんないんだけど。あと、ギターがうねるうねる。"Water Front"がやっぱりいいよね〜。大好き。

 トークでの話。向井は上京してはじめ渋谷に住んだそうです。今で考えるとちょっと似合わないような気がする…。インタはB・Y・Gで行われていました。BYG、初めて知ったな〜。今度渋谷行ったときはちょっと行ってみないとな〜。はっぴいえんどジャケ写がでかでかと張ってったのが印象的でした。BYGでの弾き語りもあったんだけど、あの映像のチープ感が非常に味がありました。

 インタの時の、向井の服装に注目。帽子に、白いTシャツ、そして黒デニム、さらに、コンバースと思われる黒いスニーカー。向井って異様にオシャレだったりします。そして、このチョイスを事前に予言していたかのような、まどりさん、ナイス。

 次は菊地成孔菊地成孔クインテット・ライブ・ダブでの登場。サックスの音がちょっとギョウギョウしすぎて(クリアすぎて)、なんか生ライブ感がちょっとなかったような気がした。素人耳なんで、なんとも言えませんが。"Elizabeth Taylor"って曲のピアノが気持ち悪くてよかったです。あれで、ドラムのベースもサックスも上手いこと絡んでいくのが信じられません。ホログラムでもないし…。やっぱジャズって難しいや。でも、何も考えずに聴いてもそれなりに聴ける。

 菊地さんのインタは渋谷路上を歩きながら。やっぱり109がどうだこうだって言いたいんだろうな〜。非常に彼らしいですよ。なんかいっつも番組に出るときはあんな喋り方だね。なんか落ち着きが無いといいますか…。すごく山下達郎の喋り方だよね〜。

 これからの渋谷についての話は面白かった。渋谷はそのうち秋葉原になるってこと。今の渋谷は緊張感、敷居の高さがなくなたんだって。それ、すごくわかる気がします。なんか特定のコミュニティーの人たちで固まると、ちょっと変な感じになっちゃうんだよね、多分。まあ、詳しくは語れませんが…。あんまり髪の毛触りすぎるとハゲがばれるっぞ!

 最後は小西康陽&野本かりあカーリーが螺旋階段を下りてくるのが良かったです。

 やっぱり東京は夜の7時"が最高。もやはYEAH!YEAH!YEAH!Huuh〜のところ、完全に手がいっています。"瞳の中にミラーボール"も良かったよな〜。

 小西康陽のインタは凄く重量感がありましたね。まさに渋谷のドン。

 「東京の人のセンスは、全然捨てたものじゃないというか、凄いと思うんで、日本人のセンスってね。オタクっぽいカルチャーを含めて、いっつも肯定的に僕はとらえているんですけど。もっと自信持って欲しいですね。うん。何かほんとに、ニューヨークとかロンドンとかヨーロッパとかから来たものがえらいっていう時代は、僕みたいなおじさんの時代でもう終わったような気がしますね。」

 カーリーって意外と体育会系なんだな〜。最後、「ありがとうございました〜」っていうのが、凄く腹から声が出ていたからな〜。ちょっとおもしろかった。

 すげえいい番組だった。これからも続けて欲しい。もっといろんな人に見て欲しいな〜。でも、NHKの総合であっているから、それだけでいいか〜。みなさんも今後放送があったら、絶対見てください。絶対おすすめ。

 最後に、松本まりかのナレーション、せこい!!

2006-07-21

文化系女子はブレークするか?



 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=63305&media_id=10

 mixiでおもしろい記事を見つけたから、ちょっと書いてみます。

 この記事の主人公は本谷有紀子さん。本職は自身の劇団の主宰。演出と劇作を行っている。

 そして作家としても活動していて、「生きてるだけで、愛」が今年の芥川賞にノミネートされた。惜しくも賞は逃した。(まあ発表のときに、僕も「あ゛ー、惜しい!!」って言ってしまいましたが。)

 ここでこの人が注目を集めているようです。

 文化系女子って非常に大雑把なくくりだけど、ま〜、はやるかどうかはわかりません。結構それはどうでもいい感じ。

 それよりもなんか文化系って聞くと、やっぱり渋谷系リバイバルの予感が非常にします。もう20年経っちゃいますからね。あと3年位したらこの流れがくるんじゃないでしょうか?な〜んか最近、その下準備ができてきているような感じがとれる。

 まあ、それだから、本谷さんもその流れの一翼を担う存在になるんじゃないかと、勝手想像しちゃっています。


 渋谷系リバイバルのこの感じ。この感じがきても、ついていける様になっておきたいな〜。

さよならみどりちゃん



 映画のことも、テレビのことも、お笑いのことも全て日常のカテゴリーなのが、ちょっと違和感を感じざるを得なくなってきている、最近このごろ。でもいいんだ、これら全部日常の一部だもん。日常的に思うことだもん。でもなんか個人的な日記とは分けたほうがいいよな〜とも思う。日記っていうカテゴリー作ったほうがいいかな〜?

 さてさて本題に。DVDの「さよならみどりちゃん」を見ました。

 あらすじとかはよくわからんので書きませんが、簡単に言うならば、恋愛青春映画。恋愛青春映画なんか、お前が見んなよ!気持ち悪い!って感じなんですが、まあ確かにこれを見た俺は気持ち悪い。だってこの映画の最大の見せ場は主演・星野真理のヌードシーン。まあね、それが見たいだけじゃないんですが、これが見たさに借りてきましたよ。まあでも、ジョニーデップ見たさにパイレーツオブカリビアンを見に行くご婦人方とそう大差はありませんけどね。そうオレは考えています。

 ぶっ壊れたボーイに惚れて、どんどん日常が変わっていくガールの話。ぶっ壊れたガールを描いたのは、NUMBER GIRLでしたが、この映画はぶっ壊れたボーイを描いている。そのボーイを演じているのが西島秀俊さん。今は朝の連ドラで桐吾さんでいっつも見ている人。完全にダメ男なんだけど、な〜んか魅力をバチバチ出す人を、うま〜いこと演じています。

 あと、いろんな人が絡んでくるんだけど〜。その話はめんどくさいからいいや。

 やっぱ見せ場は、最後かな〜。なんか最後の苦くて甘い、ニガあま〜い感じがやぱり、一番かな〜。

 ラストの14番目の月もよしですね。

 以上です。

 なんかもっと、どう思ったって事を書きたかったんだけど、なんかそんかカタチになりそうに無いんで、書けません。そんな感じじゃない?恋愛って。

さよならみどりちゃん [DVD]

さよならみどりちゃん [DVD]

2006-07-20

SunSet Liveに絶対行きたい!!!



 もう絶対行きたいです。

 特別一番好きって人は来ないけど、あの雰囲気がいいじゃないですか!!!!もう、絶対行きたいです。

 僕と一緒に行ってくれる人を募集します。

 ねぇ、大学院試も終わった時期だしね〜。

 誰か〜!!!付いてきてくれ〜!!!

 特に、ビキニギャルを募集します。あのビーチの雰囲気からは、絶対ビキニギャルしかない、間違いない!!

 あっ!全然関係ないけど、ビーチズに出て欲しいな〜。

極楽とんぼ 解散



 う〜ん。事の進みが速いような気がする。

 まあ、山本は悪いことをした。もう時期、逮捕になるかもしれないし、書類送検で終わるかもしれない。

 ただ、ひとつだけいえることは山本が素晴らしい芸人だということだ。十何年も新鮮さや切れ味を失わないでいて、めちゃイケの大ネタが無いときは、山本の尽きることのない小ネタで番組を成立させてしまう。その芸人としての実力は素晴らしいものがあると思います。

 なんか、今から転落の人生が目に見えてしまう…。すっごい、嫌だな〜。

 ナイナイの岡村さんの、言葉で「芸人は一線を越えてはならない。」っていうのがある。(←ごめん、正確な言葉じゃないかもしれない。)芸人は捕まると、どんなに面白いことをしても、その事案のことで、いじられる、まあ、バカにされるようになって、相手にされなくなるんだって。

 まあ、社会的には悪だけれども、そのことばっかり言われ続けて、その人の本当のいいところが見えなくなるのは、非常に惜しいな〜。っていうか、そればっかりじゃ全然おもしろくないな〜。そういうのばっかり好きな2chの人とかがいっぱいいるみたいだけど、それって本当に楽しいんかな〜。誰がやってもお決まりというか、同じような反応しかしないのが、おもしろくない。

 本当にめちゃイケ終了が心配だ。まあ、とりあえずは放送するみたいだけど、やっぱり山本を欠いてめちゃイケが成立するかわかんないし。

 欽ちゃん、解散決定速すぎるよ!!同じ芸人なんだからさ、もっと山本を守ってあげないとさ。一人で勝手に、事を大きくして。何も考えてないね。最悪だよ。

 今日のナイナイがオールナイトでどのような反応を示すか、興味津々。でも、多分コメントなしだろうな〜。

 それにしても、「平成生まれが解禁だ〜!!」って本当にタイミングよすぎるネタになったね。

2006-07-19

行きたいライブ



 行きたいライブって、なんでこんなに固まるかな〜。あまりに固まるから、かなりご立腹なんでけど。

 とりあえず、リスト作っておきます。

◆ 8/25 「若若男女ツアー」(チャットモンチーBaseBallBearシュノーケル) [Drum Logos]
◆ 8/27 「ハイコレ'73」(あふりらんぽ巨人ゆえにでかい、nontroppo) [GRAF]
◆ 8/29 「Dumb Dumb Dumb」(TWIN TAIL、SOIL&"PIMP" SESSIONS、MO'SOME TONEBENDER、SCOOBIE DO) [Zepp Fukuoka]
◆ 9/1〜9/3 「Sun Set Live」 [芥屋海水浴場]


◆ 10/20 BUGY CRAXONE [Drum Be-1SON]
◆ 10/21 チャットモンチー [Drum Son]


◆ 11/17 BaseBallBear [Drum Son]
◆ 11/19 POLYSICS [Drum Son]


 とりあえずコレだけは確実に行く。あとPE'Zとかも行きたいな。

 それにしても固まってんな〜。固まってないときの時期が長いから、ちょっと物足りん〜。

工場見学



 今日は工場見学ということで、舞鶴ドコモ九州のビルに行ってきましたよ。

 オペレーションセンターやら、交換設備やら、いろいろ見せてもらいましたが、いまいちパッとわからなかった…。これは、完全に自分の勉強不足からくるものであると思います。もっと知識があったら、面白かったかもしれないけど、ちょっと自分がバカでした。

 帰りにドコモからお土産をもらいました。これが一番うれしかったな〜。

SALEはまだあっている…



 工場見学ついでに天神でお買い物。

 SALEってまだあってんだね。ちょっと意外だった。

 黒デニムを買いました。8400円。う〜ん安い。

 Tシャツを買いました。8400円。う〜ん高い。(フラボアで買いました。買う気とかなかったんだけど、良いTだったので。)

 この夏の買い物はもう終わりにしようと思います。これで十分あります。

 あっ!でも、靴がもう一足欲しい。一つじゃ回らない。

原田郁子 公開生ラジオ @LOVE FM



 岩田屋を歩いていると、友達がクラムボンの公開放送があるっている張り紙を見つけました。やった〜、見るしかない。

 18時にLove Fmのサテライトスタジオに行ってみたけど、いっさい人がいない…。本当に来るんかな〜?ちょっと不安。

 しかしこの状況で郁子ちゃん登場。僕がトイレに行っている間に登場。

 郁子ちゃんは初めて生で見た。今まで見たことがなかったのはかなり不思議なんだけど…

 生郁子はですね〜。予想通りの人でした。トークで頭抱えちゃったりするところなんて、かわいすぎて…。でも、なんか一人の女性って感じでしっかりはしてましたね〜。いい人いい人。前髪はパッツリでした〜。

 ラブFMのスタジオのスピーカーの音量が小さすぎて、ほとんど内容はききとれませんでした。しっかりしろ、ラブFM。

 10分ほどで終了。生・郁子、感動だったな〜。最初は直視できんやったし。

 最後、郁子ちゃんに勇気を振り絞って手を振ってみたんですが……………、気づかれず。

 初・郁子は、苦い経験になりました。

夕方ジェネレーション



 BaseBallBearの青すぎる時代の音源、夕方ジェネレーションを買いました。この音源が出た頃に、ベボベを知ったので、ちょっと思い入れあります。

 最初期のナンバーガールみたいだろうな〜、たぶん。いや絶対的な確信がある。

 この頃の関根嬢はまだ、ふっくらしていません。

 あと、まどりさんからプライマルの新譜を貸してもらいました。あざ〜す。

 カントリーガールが名曲です。いや、本当に。

夕方ジェネレーション

夕方ジェネレーション

2006-07-18

反省文



 先日のクラスヌのレポが異常に長かったことを謝ります。すみませんでした。

 誰も反応してくれないので、やっとそのことに気づきました。

 とりあえず、とにかく楽しかったことが言いたかっただけです。

お友達



 お友達が増えました。詳しくはmixiを見てください。

 何か面白いことをしてくれることを期待しています。

めちゃイケが心配



 いや〜。めちゃイケ終わっちゃうのかな〜。それだけはやめて欲しいけど。

 26時間テレビで広末にネタでいいから手を出して欲しかったです。

BUGY CRAXONEがLive Albumを発売。



 ブージーちゃんがライブアルバムを発売します。

 すごくいい作品になっていることを期待しています。

 どうやらBUGYちゃんに流れが来ているみたい。各地のライブハウスのランクが上がっているみたい。

 そういえば、福岡も秋のライブも去年よりワンランクあがってBe-1になった。

 正直、人が入るか心配だ。Be-1いけるか?

 無理はしなくてもいいと思う。じっくり確実にいい作品を作ってもらいましょう。

2006-07-16

26時間テレビ



 26時間テレビ、ほとんど録画して見たよ〜。23時〜3時の時間帯は、ちょっと他のを録っていたから見れなかったけど。

 気になったモノを少しあげときます。喜久ちゃんもう司会じゃないんだ〜。

パンダがオリから出てきたときのりょうの顔が凄かった。人間これだけ驚けるか!ってくらい驚いた顔をしていた。
◆熱湯風呂っていう設定だったんだ〜。テレビって怖い。でも、それを徹底できないところは優しい。
河童が普通に泳いでいたから、完全にばれた。
MEGUMI河童アレルギー。これは意味がかなりわからんよね〜。でも、あのMEGUMIがこういうなら仕方が無いと思う。
杏さゆりが声を張り上げているのを見ると、せつなくなる。無理せんでもいいのに〜。
次課長・井上「蜃気楼、毎日これなる。」
時東ぁみが「メガネ!」って言われてた。アバウトすぎる。
時東ぁみ「メガネ!ずるいぞ」って言われる。「メガネが泣いた」とも言われる。
時東ぁみ、熱湯風呂に落ちたらめがねのレンズがないことがバレる。←この子たぶん大物になる。
しょこたんが顔を抜かれることが一度もなかった。
◆2年目、平井理央の勢いが凄い。なれるもんならこんな社会人になってみたい。
ヘキサゴンが一番面白かったように思える。
◆今年、太田暴走した?
ミラクルひかる、キタ!この前のモノマネで登場が少なかったのはこのせいか?
◆ブスカワ企画のSMAPの演出がやらしすぎる。SMAP様がどんなけブスでも光を与えてやるよ、的演出がいやらしすぎる。たとえ、それが旬で面白い企画といっても、かなりやらしいものだった。
◆飛鳥さんはSPECIAL THANKS扱い。

 今回かなり酷評だろうな〜。まあ、ここんところクイズ番組ブームで、今年やらなきゃいつやる!感じではありますが。結局はSMAPじゃないと数字はとれないみたいだし。

 でも、こういうこなした感がある回もあるから、おととしみたいな奇跡的な回もできることも確かはず。20周年、続けることが大事。

<長かったのでやや削りました>

ケータイ大喜利 第8回



 本当に毎月楽しみだな〜。この月1って頻度がいいよね〜。月1やっている番組って他にあるんかな〜。あっ、朝まで生討論があったか…

 でも、今回明らかに26時間テレビの裏にならないように、曜日が変わったよね。こういうNHKの対応が微笑ましいです。

 ゲストはサトエリ。良かったよね。

 セーラームーンのお題よかったです。個人的にセーラームーン大好きですし。あと、こうちょっと的外れな回答が連発されたのが、なんかおもしろかったよね。最初の「月に一度は、焼肉よ」よかったと思うんだけどな〜。

 ルーキーオオギリーグ。非常なきれいなネタが豊富でした。なんか教科書どうりって感じ。これはもっとテンポよく多くの作品を紹介できたらな〜って思うんですが。

 なんか番組が安定してきました。ハラハラ感がなかったです。さあこれからいい円熟期になってきてください。

2006-07-15

クラスヌ @福岡Drum Be-1



○リード

 CLUB SNOOZER @Drum Be-1行ってきました。DJはタナソウ(田中宗一郎)、Guest ActはPOLYSICSBACK DROP BOMB

 僕はいっつもイベントは一人で行っているだけど(←寂しい奴アピール!!)、今日は何人も連れの人がいて、しかも、それぞれの人と人との間に関係がなかったので、ちょっとそれをまとめるのが困難でした。一緒に行ってくれた方々、サバけていなくてすみませんでした。それに関しては、とっても謝ります。人をサバくのは、ちょっと苦手でやす。

続きを読む

アーユークレイジー!?



 水曜日にもう一回、福岡に出て来るんだよ〜。だから、こういう隙を狙ってレンタルレンタル。

 Capsuleの新譜がやっと届きましたよ〜。これ多分名盤だよ〜。

 須永辰緒さんの夜ジャズを借りてみましたよ〜。まあ、聞いてみるまではわからん。

 イルリメさんがありました。彼の魅力はライブだろうけど、是非CDでも…。

 最後。マキ凛花さんという非常に変わった人のを借りてみましたよ。かなり変なモンをやっていると思う。

FRUITS CLiPPER

FRUITS CLiPPER

須永辰緒 夜ジャズ-Jazz Allnighters-No.4

須永辰緒 夜ジャズ-Jazz Allnighters-No.4

ツーパック

ツーパック

シネマチカ

シネマチカ

2006-07-14

免許更新



 免許更新に行ってきました。

 初めての更新だから、ちょっとドキドキものか?って思ったけど、やっぱり事務的な手続きだけなのね〜。

 明日も福岡行くし、家の車が使えそうになかったので、電車とモノレールを乗り継いで北方の試験場に行きました。それは、ちょっと後悔。人が少ないから講習の2時間の間、ずっと真面目に聞いていないといけなかった…。講習ってカタチだけで、寝たり雑誌読んだり出来るもんだと思っていたが、そうはいかなかった。でも、聞いているふりはいつものことだから、全然苦痛ってほどでは無いんですけどね。

 それでドキドキの写真撮影なんですが、伸びきっている髪が目を覆ってしまった。これは致命的だ。ちゃんと目にかからないようにセッティングしたんだけどな〜。なんでこんなに髪長いの?ってくらい長いです。更新の前に切っておくべきだった…。どうぞ、ご自由に笑ってください。やっぱりギャグにしかならなかった…。

 更新終わって、このエリアあまり足を踏み入れたことが無かったから、ちょっとお散歩してみる。といっても結局、城野駅まで歩いた〜。暑いよ〜、疲れたよ〜。イケてるランチを食おうかと思ったが収穫なし。あと、北九大もちょっとのぞいてみたよ。

 それから、小倉に戻ったら、バイト先の人と遭遇。タイ料理おごっていただきました。あざ〜す!!

 それからそれから、井筒屋にいったんだけど、そうしたら、原千晶発見!!うぉ〜!!いつかは見れると思っていましたが、こう突然見れるとびっくり。市政番組みたいなののロケをしてましたよ!

合格発表



 ↑の続きです。

 合格発表でした。

 受かりました。

 まぁ、推薦入試なんで、あんまり結果で焦ったりはしませんでしたが…

 でも、よかったです。ひと段落着きました。

 これからは研究頑張ります。

 でも、レポート溜まっている…。

バカが来た!



 あふりらんぽの新音源「バカが来た」を購入しました。

 ちょっと聞いてみたけど、このバカ族のみなさん。音楽能力が非常に優れいている!!

 全編聞くのが凄く楽しみです。これちょっと名盤かもしれません。

 あふりらんぽは本当に頭が良い。それでいてストイック。こんなアフリカ少数民族のところまで行って、1ヶ月滞在して音源やビデオを撮ってくるって、どっかの人類文化学者の大学教授か!?って感じですからね〜。

 オニピカ、ニューレコーディング曲も楽しみにしているYO!

 iTuneでタイトルが入らない…。

明日、クラスヌ!!



 とうとう明日ですね〜。

 DJハヤシがあることを熱望します!!!

 ポリもBDBも両方見たいぜ!!

 もちろんDJも楽しみたいぜ!!

 長丁場ですんで、どうか、行くみなさん仲良くしてください!!!


 以下に、水曜日にCROSSの番組に出演したときの写真のリンクを張っておきます。

 見に来ているのが若い娘が多い…。会場もこんな子が多いのかな〜!?ちょっと不安だ。

 ハヤシとトギーさんのちょうど真ん中で、後ろに写っているネクタイをしている女の子の佇まいが異常にかわいい…。

 http://www.crossfm.co.jp/clg/img/DSCF2048.JPG

SOCIETY OF CITEZENSライブレポ



 以下にSOCIETY OF CITEZENS VOL.1のライブレポ。

http://www.hotexpress.co.jp/live_report/tokyojihen_20060702/

 凄く林檎ちゃんが楽しんでいるのが伝わってきます。行きたかったな〜。非常に残念です。

 DVD化とかされないのかな〜。配信とかでもいいんで〜。すんごく見たいです。

2006-07-13

下北サンデーズ



 これ良いかもしれないね。下北サンデーズ

 演劇、実は興味あります。でも、なかなか見る機会ないな〜。

 だけど、このドラマで知識を少しずつつけていきたいと思います。なんか、微妙に元ネタありそうな人もいっぱい出てきますし。(町田康らしき設定の人が出てきました。)

 主演は上戸彩。第1話は普通の髪型でしたが、次からはいかにも下北に居そうな前髪バッサリになります。それはちょっと惜しいと思いますが。

 第1話はコスプレの女王っぷり爆発、体操服姿を披露。いや〜、おいしいな〜こいつ。

 他の出演者もけっこう豪華。あっ!山口紗弥加だ!やった!これは見なきゃそんそん。出演者になんか意外とお金かかってそうなところが、テレ朝っぽくないです。フミアートも出てますし。

 これから、要チェック!!

2006-07-12

BANANA



 今日のレンタルです。時間をさいて、GEOに行ってきました。今日は半額。

 まず、今日の一番の目的。M.I.A.のARULARがレンタルで出来ました。ずっと探してたんだよね。もしかしたら、レゲエの棚の所にあるかもしれないとか、ヒップホップのところにあるかもしれないとか、おびえたりして。とにかくかっこいい人ですよ〜、この人は。スケールもでかいし。最近はアメリカビザが取れなくて、かなりお怒りみたいですが…。オレの今年の夏ソングにするつもり!!(1年遅いけど…)

 そして、ランクヘッドのアルバムを借りました。バンド名をアルバムタイトルにしてしまう、自信作。う〜ん、個人的にはもうこういう、“四つ打ちのロックサウンド”ってもうこのランクのアルバムで最後だと思います。もう、どのバンドも四つ打ちやっているしね。これでブームの終焉にしたいです。これ以上日本からいいの出てくるとは思わないし。移り変わっていくのがロックンロール。そんなポストパンクリバイバルの日本編の最終章のアルバムです。

 そして、湯川潮音さんのミニアルバムを借りました。新聞とかの批評とかですごく評価の高い一枚。個人のblogとか見ていても、今誰もが好きって感じですからね〜。非常にポピュラリティーを得ていると思います。実は、前作のフルアルバムを借りてみたんですが、いまいちピンッと来なかった。あまりにも暗いから。「コレ童謡だよ〜!!」とかを言っていましたし。近作あたりなるか。非常にぎりぎりの攻防となるでしょう。でも評価高いからな〜、多分あたると思います。

 これからはシングル。

 木村カエラのMAGIC MUSIC。プリティーウーマンでもなく、タイムマシンにお願いでもなく、カエラが新曲に選んだのはこの曲。それだけの自信作と見受けられます。これからのカエラは、シングルに関してはポップでやるぞ!って決意表明にも聞こえるくらいの、激ポップな曲。大丈夫か!?ってくらいポップ。まー、確かにポップじゃないと生き残れないからね〜。あんまりゴツゴツしたことやると、それこそちょっとシーンから離された存在になっちゃうし。それは、もうこの時代においてはセンス無いと思うし。でもさ、『高く、高く、ジャンプし〜て〜』って歌詞はどうなんでしょう!?なんか、「大丈夫か?そんなにわかりやすい言葉で自分のこと勇気付けて。そんなに病んでいるか〜!?そんなに忙しいのか〜!?」って思っちゃうよね〜。まー、僕も試験前の病んでいるときは、この曲が頭の中をズーっとめぐっていたんだけど…。たぶん、プリティーウーマンとかタイムマシンにお願いとかで、忙しいんだと思います。今回のシングルもうガンガン流れているから、もう手に入れなくていいや!って思ったけど、ベースを弾いているのが中尾憲太郎ということが発覚して、即レンタル。確かに、この太さと落ち着きがあるベースは中尾憲太郎くらいのスキルがないといけない。あと、今回の曲の作曲は外人です。これからは外人に託すのかな〜。

 最後、JiLL-Decoy associationのシングルを借りてみました。ちょっと期待の新人。新感覚ジャズポップな感じと言いますか…、よくわからんけど、とにかく新感覚らしいです。気になるからレンタル。

Arular

Arular

LUNKHEAD(初回限定盤)

LUNKHEAD(初回限定盤)

紫陽花の庭

紫陽花の庭

Magic Music

Magic Music

like ameba

like ameba

2006-07-11

NA NA NA NA NAA



 今日のレンタル。間取りさんに貸して頂きました〜。ありがとうございます。

 まず、カイザーチーフス。リクエストしていたものが来ましたね〜。去年一番UKでセールスを記録したカイザーチーフス。ニューウェーブリバイバルにおいて、イギリスの国民的バンドに成長した人たちですね〜。そして、今年の4月にはUK全国ツアーにPOLYSICSを連れていった人たちです。ルックスがダサいのにも期待です。

 次に、ill。うちの近くのGEOにはなかったんだよな〜。ご存知ナカコーのソロプロジェクト。4人それぞれがのソロでやっている音楽の傾向の違いが気になる。

 次、去年のNANO-MUGEN FESのコンピレーションashとか入っているから、借りるまで時間がかかったよね。ナノムゲンフェスは今年も熱い。去年も良かった!!

 そして、、竹仲絵里さんのアルバム。この人に関して、一切知識がありません。でも、凄くきれいな凄くきれいな顔立ちの顔立ちの人なので、たぶんアルバムの内容もいいと思われます。顔のいい人のアルバムはたいてい良いに決まっている法則にのっとると。

 以上。

エンプロイメント(初回)

エンプロイメント(初回)

Sound by iLL(初回生産限定盤)(DVD付)

Sound by iLL(初回生産限定盤)(DVD付)

ペルソナ

ペルソナ

2006-07-10

今週いよいよCLUB SNOOZER



 今週末いよいよ、待ちに待ったCLUB SNOOZER at Fukuokaが行われます。

 POLYSICSですよ〜。ポリが来ますよ〜。東京はいいな〜、1ヶ月に1回ペースでイベントとか出てるから。でも、福岡も恵まれてるよね。去年なんか3回来ましたからね〜。今年もクラスヌの次にもう一回やって欲しい…(かなり無理なお願い)。出来ればワンマン(かなり無理なお願いpart.2)。

 クラスヌは初めていく。正直どんなところか不安だ。しかもオールナイト。オールナイトイベント今まで言ったことない…。はたして、このイベントについていくことが出来るか、かなり不安だ。

 でも、大丈夫なはず!そこにはハッピーな音楽と、ハッピーな仲間たちが揃っているはず。だから大丈夫。楽しんで来ま〜す!!!!

 友達作るのが醍醐味らしいんですけど〜、自分にできるかな〜????コレに関しては、非常に自信がない…。まあ、楽しめればいいです。

 ポリが本当に楽しみ。前回の福岡から、US&UK&France&miniUKと超豊富な海外経験を経ての、成長が楽しみ。もっといいバンドになっているかな〜!?

 バックドロップも見たいんですよ〜。新曲が結構良かったんで。

 DJ陣も楽しみ。でも、多分タナソウだけでしょ?他の人も来るんでしょうか?

 たぶん絶対「山笠があるけん!博多たーーい!!」(byハヤシ)は言うやろうな〜。当日、追い山の日だし。

 そして、もしかしたらDJハヤシなんかも飛び入りであるかもしれん!!!!福岡DJハヤシがみれるんなんて…。ありえないよね〜。。。でも、すんごいあって欲しいんですけど。

 そんなクラスヌに参加する人集まれ〜!!直前に盛り上がるトイス!

clammbonのライブにはいけなかった…



 今日、明日、博多百年蔵でのライブなんですが。今日はいけなかった…。明日は月例だから確実に行けない…。

 あ゛〜〜ぁ、今回も逃してしまった・・・

 非常に残念です。

 前日までに月例の資料や、レポートを完全に仕上げておくべきでした。

 クラムボン、結局まだ見たことがありません。デビュー当時から好きなのに…。生郁子を見たことがありません。もちろん、生ミトも生大介もです。郁子ちゃんの歌声って本当にすごいんだろうな〜。なんか倍音のさらに倍音成分が超えに含まれているから、CDとかに音が入んないんだってね。そんな人の歌を生で聞けるチャンスなのにな〜。

 非常に自分が情けないです。


<つけたし>

 今日、ミュージックスクエアのゲストがチャットモンチーだったんだけど、これも聞き逃した。聞ける環境だったのにな〜。完全に忘れていた。バカ、オレ。

 でも、ラジオマシーンは聞いた。敏感少年隊の新譜を初解禁で聞けましたぜい!ネットラジオってこんなこともできるんだ〜!!タクヤさんはスゲーな。うらやましい限り。

2006-07-09

ほへと生年月日占い



 BUGYファンの中で流行っているようなので、やってみました。誕生日入れ込むだけだから簡単に出来るしね。少し辛口みたいですね〜。

http://www.geocities.jp/standing_art/hoheto/kazu.html


1984年 7月 1日生まれのあなた


今年の誕生日は来ましたね、それから7日目です
生まれてこのかた8042日目です
今日は 良い気分で過ごせそう。


年齢22歳は 忍耐と努力がテーマです。いかなる成功も目に見えない忍耐が隠れています。繰り返し淡々と過ぎ去っていく日々ですが、しっかりと目の前の事をこなして下さい。


・基本性格
好きな事しかしない、純粋な人。
興味のある事、好きな事意外は非常にストレスを感じます。好きな事を仕事にするか、。好きな趣味を持って下さい。
集中と怠惰の差が激しく、集中したときのタイミングの良さは神懸かりですが、モチベーションの低いときは時間を無駄にしがちです。


人間関係
人間関係は飾り気を嫌い、素朴で素直な関係を求めます。一見クールな部分はありますが、これと思えば面倒見はいい方です。
性格的に利己的な部分もありますが、基本的にまず自分ありきな性格なので自分を否定する人に対しては非情な部分があります
恋愛は純粋な部分と秘めた衝動。基本的には純真なので大人のドロドロした恋愛は無理ですね。意外と恋愛が苦手な人も多いです。衝動を抑え込みすぎると無感情になる場合があります、感情の解放も大切です。


・生活
仕事はわずらわしい人間関係が絡むと効率が著しく低下します。あとは好きな仕事か否かが問題です。


・金運
趣味には消えていきます。先にも出てましたが仕事に自分の能力が生かされてるかが大切です。


 仕事って単語が連発されていますね〜。これ現実問題として、僕の頭を悩ませております。好きなことを仕事にしないといけないようですね〜。それって何やろー!!!

>今日は良い気分で過ごせそう
 良い気分の一日でした。

>衝動を抑え込みすぎると無感情になる場合があります。
 よくなってます!

>集中したときのタイミングの良さは神懸かりですが
 これ言われるとうれしいね〜。


 22歳は忍耐と努力の年みたいだ。毎日を確実にこなすことが大事。引きこもってちゃダメ。これ結構自分でもわかってた。

 研究頑張りましょう。

SOIL &"PIMP"SESSIONS in TOP RUNNER



 ソイル、トップランナー出演です。おめでとう。

 ソイルは日本よりも海外での活動が目立っているバンドです。ジャンルで言うとジャズパンク

 正直そんなにソイルについて情報をもっていません。基本的な情報すらも。CDも一番新しいやつを聞いているくらいだし。だから今日はソイルについてお勉強だ。そんな固いもんでもないんだけど、とりあえず楽しみ。

 初めてステージを見たけど、意外と激しいことがわかった。CDを聴いている割には、結構おとなしいくて、お上品だな〜って思っていたんですが、実際見てみるとそうでもない、激しい。特にタブゾンビ。社長、ってどんなポジション(立ち位置じゃなくて、役割)なんだろう?って素直に疑問だったんだけど、しっかりしたもんだった。もうちょっとフワフワしたポジションなのかな〜、って思っていたけど、しっかり扇動してましたよ。

 激しかったからよかったな〜。なんかCD聞いてるわりには、おとなしいお坊ちゃまバンドなのかな〜って、ちょっと失望していたんですが、ライブ見たら激しくて、あ〜よかったな〜って感じ、うん。これからも、注目してみるよ。特にタブゾンビ。あんたはパフォーマンスが凄いよ。凄く色っぽかったです。男が見ても色っぽいってのがわかりました。

 アジエーダーって何?って疑問だったんですが、扇動者っていう意味なんですね。要は、盛り上げ役。これって凄く大事。ライブでもやっぱりはまっていたもん。実は、ただのスベリ役なのかな〜って想像していたんですが、凄いしっかりかっこよかった。

 トークで面白かったのは、結成の時の話。大学のジャズサークルってかっこいいよね〜。なんか凄えいい響き。うらやましいな〜。そこで、生バンドとDJをやっていたんだって。凄いいい環境だ〜。その当時そんな環境があったなんて、その頃の僕には知る余地もありませんでした。90年代後半の、あの時代で、こんなサイドもあったのね。知れてよかった〜。

 今日はソイルの基本的なことを知れてよかったです。ライブかっこよかったな〜。

人志松本のすべらない話 6



 今回はDVD発売の為の宣伝番組ですね。だから、まあそんなに感想はなし。なんか切れ味鋭い話もなかったしね。

 やっぱりな〜、「姉がレズ」ですは。伝説のネタやな〜。

 大輔はすごいな〜、やっぱり。どんな状況でも切り返せる。不安定なんだけど。

 やっぱり1回・2回の方が面白かったのかな〜。最近だんだんおもしろくなくなっていくような気がする。

 もう終わりかな〜。何か終末感が僕から離れない。

2006-07-08

下まで全部見ろ!



 昨日今日とblogの更新にあけくれていました。ここ1週間分、書き溜めていたのを続々とアップしています。

 下まで全部みてやってくださいね〜。特に、何か知らんけど、長文が多い。どれも力作ぞろいですよ。

2006-07-07

決戦は金曜日。7月7日晴れ。



 やっぱりドリカムは基本的に好きなんだよな〜。今日はどっちがいいか、悩みました。両方書いてみました。まぁ、どうでもいいけどね…、そんなこと。

 今日は院試本番でしたよ〜。20分の面接でした。

 内容は、英語、電磁気学電気回路の問題を解くのと、口頭試問。

 問題に関しては、もう解けなくていいやって思っていました。各科目、5分だけだから、その時間内でどれだけ自分のことをアピールできるんやっちゅーねん!自分はじっくり考えるタイプだから、5分じゃ全然ひらめきませんよ。まー、わかるとろだけ解いていきました。あ゛〜わぁ、全然できんやったな〜。ボロボロだったよな〜。

 問題は口頭試問。面接の練習で一切歯がたたずに、たじたじだった口頭試問。志望理由と、研究概要だけなんだけどな〜。研究概要なんか、把握できてるもんだと思っていたけど、練習では全然言えなかった。

 そんでもって、今日の本番。対策はそれなりに打ったつもり。志望理由、研究概要と喋りまくって、それと、ちょっと質問に答えてサクッと終わった。最後なんて、「じゃあ頑張ってください」って言われてしまったし…。

 そんでもって無事終了。

 結果として、おそらく大丈夫だと思います。所詮推薦やし。

 推薦は終了しました。これからは、もう院試の事は考えないでいいと思います。やっと勉強以外のことに精を出せるようになりました。院試前は、何もかもが不安で手をつけることが出来なかった。だから、これからはちゃんと頑張っていこうと思います。

 もちろん、これからは研究メーンだけどね。

 とにかく、頑張りますよ。

<追記>

 今日からblogの書いていない部分をガンガン書いていきます。それもお楽しみに!!

今日の一曲


BONNIE PINK/Private Laughter

 試験前のあのナイーブ中でかける曲がない。前日からこの状況を予想して、かける曲を前日から考えて用意した。

 その回答がBonnie Pink

 できるだけ普通で良質なポップスがいい。あんまり感情の深みにはまらないような。ザゼンとかモーサムとかもっての他。ナツメンのようにあんまりあげすぎでもいけない。ボートのように楽しすぎてもダメ。畠山美由紀さんのように深すぎてもダメ。できるだけ、薄っぺらくナチュラルでかつメロがしっっかりしたものがいいという、なかなか複雑な条件の中、選ばれたのがボニーピンク。2・3年前のEven soが偶然にもあったんですよね〜。よかった、よかった。電車の中で落ち着いて聞けましたよ〜。会場着いてからも。

2006-07-06

耳鳴り



 チャットモンチーの記念すべき1stアルバムの『耳鳴り』を買いました。

 この「耳鳴り」のエントリーについては、結構どういう方法で書くか迷いました。全曲レビューをしようとも考えたのですが、やっぱりまだ彼女らを完全にはまだ理解していないような気がするから、微妙な温度差が出てきたら嫌なので、このアルバムに当たっての総まとめみたいなのを書いてみたいと思います。

 とにかくとんでもないアルバムが出来てしまったと凄い評判だ。HMVは激プッシュしているし(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1334491←に全曲レビューあります。それと特別インタも見もの。)、これを買ったタワレコでも1ブースできていた。

 アーティストないでも評判が高い。岸田繁後藤正文藤巻亮太といった、日本の正統派(ちゃんとメロを聞かすような)サイドのロックの人から非常に評価が高い。おそらくこの系図にチャットモンチーも入っていくでしょう。それと、忘れてはならないのが、サウンドプロデュースをしたいしわたり淳治くんにとっても自信作となったみたいです。

 本人達も本当にこんなアルバムが出来てうれしいようだ。アルバムが出る直前の東京でのワンマンライブではこのアルバムの全曲をやったそうです。

 これからはチャットモンチーの魅力について書いていこうと思います。

 サウンドは3ピースって感じ。各プレーヤーの魅力がいい意味で激しくぶつかり合っている。えりこの力強く表現力豊かで、非常に歌詞が聞き取りやすいボーカル、そいで3ピースとしてはバッチリのギター。全曲にわたって聞き劣りがしないのは、彼女のスキルがやはり基本となる。あっこのベースは、時にはギターやドラムと激しくと呼応して、曲を激しく盛り上げる。そして時には、その曲を彼女の独壇場としてしまう変態的なサウンドを繰り広げる。きわめて職人気質なベースである。クミコンのドラムは、前の二人を温かくリズムを正確に刻むと見せかけては、時に非常に煌びやかなハットの音で、曲にキラッと光る輪郭を出してくれる。3ピースのバンドは3人の個性とそのバランスが重要になってくるけど、このバンドはそれを余裕でクリアしていっている。

 2曲目の“さよならGood Bye”、3曲目“ウィークエンドのまぼろし”は非常に演奏力のあるものになっている。非常に複雑な構造になっていて、気合を入れて頑張って作ったって感じがヒシヒシ伝わる。

 チャットモンチーは全員が詩を書くことが出来る。(曲は全部ボーカルの橋本が作っている。)詩にも3人のバラバラの個性が如術に現れている。

 今回一番才能が開花しているのは、あっこの詞だと思う。あっこの詞は本当に聞いていて面白い。

 東京に上京してきての不安や期待をハチ(ハチミツ)に上手いこと例えた、1曲目の“東京ハチミツオーケストラ”。『夢が夢でなくなる東京』っていうのがほんとに面白いラインだ。また、この曲はいろいろ深い意味を読み取れそうなんだけど…。まず、タイトルが〜ね。スカパラハチミツになっちゃってますね…。そういうところが、非常に初々しいと言いますか…かわいらしいと言いますか…、非常にチャットモンチーらしい大胆的確なチョイスです。それに、この曲はバンド自体の決意表明にも聞こえるところが、ちょっと感情移入しちゃいますね〜。

 それに11曲目の“プラズマ”。なかなか共通の話題って言うのが無いのが男女の差の難しいところ。それをいろんなモノを詞にあげて、すごくみじか〜な、ゆる〜い感じに仕立て上げてとってもいいです。こういうふうに、身近なものを使って、自分の細かい感情を表現するのが、あっこちゃんは抜群に上手い。多分、いっつもいろんなものにアンテナ張ってんだろうな〜。センスが良くて、非常に彼女好きです。

 クミコンの詞は、他の2人に比べると、普通です。普通で良いです。普通で良いと“ハナノユメ”(4曲目)のような抜群に素晴らしい曲が出来てしまいます。他の2人非常にあくが強くて、それはそれで凄いけど、“ハナノユメ”のような詞はなかなか書けないだろうな〜。非常にベタと言いますか、詞になりそうな情景を描くのが得意なのが、クミコンです。

 リーダーの詞は非常にどぎついです。非常に個人的な感情を詞に爆発させる、典型的ロックンローラーのタイプです。“恋愛スピリッツ”(9曲目)って曲は、かつてこんな歌詞を書いた日本の女性ミュージシャンはいたでしょうか?女の子の内面の鋭すぎる不安や怖さ(ヘタしたら怨念)って言うのを、ストレートにストレートに吐き出したこの曲の詞は、鳥肌ものです。自分にはわかんないだろうな〜、この詞。凄いでしょ!この曲。そして、もう1曲“どなる、でんわ、どしゃぶり”(5曲目)。これも凄く内容が重いですね〜。生生しいです。詳しくはもう実際に聞いてください。聞くしかない。とにかくリーダーは今までの作詞家よりも一線を超えるものを目指している、野心家ともとれます。

 とにかく、チャットモンチーのまだ計算までは出来ていない、彼女らの生の感性をモロに出した作品になっています。彼女らの魅力ってのを、僕も全部読み取れたわけではありません。まだまだ聞き応えがありそうですよ〜。

 唯一欠点を言うならば、あまりに精錬されていなくて、ポップという意味ではどうかということ。これって普通の人が聞いて伝わるのかな〜。それが、ちょっと僕には不安に思える。


 この「耳鳴り」を引っさげての、全国ツアーが決まりました。

 福岡は10月21日(土)、DRUM SONにてのワンマンです。これも必ずチェックですね。耳鳴りの魅力を生で確かめる絶好の機会です。ソンだから、メンバーとも近いぞー!!生でえりこもえ〜!もできるチャンス!

耳鳴り

耳鳴り



 あと、全然関係ないけど、ヨムヨークトムヨークも貸してもらったので、最近よくきいています。これいいですよ。良作であることは間違いない!

ジ・イレイザー

ジ・イレイザー

2006-07-05

ちょっとお休み



 ちょっと院試対策の為に、エントリーをお休みします。

 ま〜、あさって試験なので、それまでの間なんですが。

 ちょっとエントリーが負担になるようにはしたくないので。

 どうかご理解ください。

 書きたいこといっぱいあるんだけどな〜。

ミサイル



 今日、朝起きてみて携帯を見てみるとメールが入っていた。

 内容は、「あちゃー。ヘタすると戦争かなぁ…。」

 何があった?寝起き一番にコレはきつい。意味がわからん過ぎる。

 とりあえず、親に何があったか聞いてみる。

 どうやらミサイルが発射されれたみたいだ。でもどうやら、前回みたいに日本を飛び越えたって話ではなさそうだ。

 朝ドラが放送中止になった。これだけで、十分な事件だ。


 ミサイルが発射されて、一番感じるのが無力感だ。発射されたところで、自分だけの力でそれを止めることができない。打ち込まれたら、一発で終わりだ。(まあ、そんな中でも生き残れる変な自信は無きにしもあらずなんだけど。)これほどまでに、自分が無力だと痛感させられることもそうない。

 やっぱ、ミサイルってダメージ大きいな。一人じゃ何もできないもんな〜。

 これからも、平和な世の中とは言えども、ぼんやりとした不安の中を生きていかないといけないというのが、苦痛でしかたありません。

 ちょっと心外だったのは、発射されてニュースが流れたときは、実は起きていた。テレビをつけていなかったので、その情報をキャッチすることが出来なかった。非常に悔しいな〜。取り残された感たっぷり。あと、ポルトガルVSフランスも見るの完全に忘れていた。

土屋アンナが離婚



 まあ、自由奔放な人だから、これは許容の範囲内。直接的には大した影響もないでしょう。

 前に、誰かが「何で?ジョシュアとか微妙なやつと結婚したんだろう?大したやつじゃないのにな〜。」言っていたのを思い出した。自分の中でちょっと引っかかっていた。やっぱりか〜って感じですね〜。

 大した影響は無くても、ジョブくらいにはなるはず。この微妙な変化が彼女にどういう影響をもたらすか。これはちょっと微妙だけど、必見だな〜。

王監督 病気休養



 今日の夜に突然に飛び込んできたこのニュース。首位攻防の西武2連戦が苦い結果に終わってしまった直後。

 なんと王監督が病気休養のために、チームを離れるのだという。

 今シーズンは例年とは違って不安定な戦いが続いているホークス。若手起用を掲げているが、まだ成果が実っている段階ではない。打線にも核が例年の破壊力がない。投手陣も、決定的なところでの駒不足が否めない。この時期に王監督がチームを離れるのは本当に痛いことだ。

 でも、こればっかりはしょうがない。無理してもらっても困る。それに今シーズンはWBCの監督という大役を果たしてもらったので、1・2ヶ月くらい休養してらって当然のことだ。

 ホークスというチームはもう王監督が率いて10年というときが経つ。ここ10年、王監督以外の人が指揮をとったことがないのだ。そう考えると、先行き不安でしょうがない。

 だから、残された選手やコーチは団結して奮起してもらいたい。奮起して、今シーズンは頑張って欲しい。

 それと、王監督にはゆっくりじっくり完治してもらいたい。無理してもっては困る。あなたが死ぬと、悲しむ人が多すぎる。球界の宝中の宝だ。ホークスはあなたがいなくても強いチームのはず。

 巷のスポーツ紙では、『ガン』といういう文字が紙面を飾っている。そんなことない。絶対大丈夫なはずだ。

ミラクルひかる



 好きな芸人さんがいます。正確に言うと芸人ではないです。どちらかというとパフォーマーです。いや単に、モノマネする人なんですけど…。

 それがミラクルひかるさん。宇多田ヒカルのモノマネをする人です。フジテレビのゴールデンでやっているモノマネ番組によく出てきます。

 この人がね〜、本当に凄いんだわ〜。すんごく似ている。モノマネの限度超えてますよ、これは。むしろコピーですよこれは。

 あのね〜、宇多田本人がTVのトークの部分とかで、すごく落ち着きなく喋るところとかを、すごーーっく忠実に再現するんですよ〜。声が突然高くなるところとか。すごく鳥肌がたってしまうんです。とにかく凄い。人間的に神がかっている!!!

 そんなミラクルひかるさんにはまっている私なんですが、同士を意外なところで見つけました。それは、あのしばじゅんです。

http://www.shibatajun.com/pc/diary.php
(↑の7月5日のエントリーを見てください!!)

 しばじゅんさま…。とってもみらくるヒカルさんのポイントを抑えてらっしゃる…。まったく同感です。僕もミラクルひかるを見るためだけに、モノマネ番組をチェックしています。

 え〜、ミラクルひかるさんについて情報が不足しています。見かけた方は、是非一報。yoroshiku。

今日の一曲


髭/白い薔薇が白い薔薇であるように
 どうせいずれ打つ。

2006-07-04

mixiミュージック



 mixiミュージックを初めて使ってみました。

 リリースされてすぐ取り入れてみたんですが、今まで使ってなかったんです。あんまり、どんなツールなのかよくわからんかったので。

 初めてやってみたけど、これ面白いわ〜。楽しい楽しい。どんどん気にせんあいだに勝手にリストになっちゃってるもんね。自分の傾向とか、一発でわかるよね。最近何聞いているのかとか、基本的には何が好きなのかとか。

 それに人のを見るのが凄く楽しい。マイミクのヒデアキさんの見てみましたが、すごくらしいな〜って思ってしまいましたし。

 ただ、あえて欠点を言うとするならば、パソコンで聞いた曲しかカウントされないこと。あんまりパソコンでは聞かないからな〜。動作が重くなるし。

 普段、自宅以外でiPodで聞いた曲も、リスト化されればいいのにな〜って思う。僕が主に音楽をきく方法はこれだから。これもリストに入れることが出来たら、もっと生々しい(“リアルな”って意味です)俺リストが出来るのにな〜。それを人に見られて、評価とかも受けたいし。

 あと細かい事言えば、いろんなところみ物言いたいんですが。それは、じきに解決されていくでしょう。期待します。ジャンルの分け方が意味わからんとかね。

 ま〜、面白いモンがまた世の中に増えましたよ。おすすめしますよ!これ!。みなさんも使ってみて〜!!

面接練習



 来るべき院試に向けて、面接の練習をしました。とりあえず、コレだけだから。コレさえクリアできれば、何の問題も無いから。

 問題を解く自信が無かったから、直前に詰め込むことに。うん。結局あんまり勉強できなかったな〜。とりあえず、範囲の全般は網羅したつもり。かなりボロはあるけど。

 面接の練習は、研究室の先輩方に行ってもらった。囲まれてね。うん、囲まれた。

 問題は難しく作ってあって、全然解けなかった。でも、そういうときにどうしたらいいのかがわかった。アドバイスを素直に受け入れるだとか。

 しかしこの後に、一番重要な欠点が見つかった。口頭試問。志望動機と研究概要が聞かれるんだけど、口が回らない。喋れない。研究概要は頭では理解したつもりだったけど、いざ口に出してはなかなか言えなかった。だまり込んでしまったりした。最悪だ。まさかこんなことになるなんて、思ってもみなかった。

 でも黙り込んだ間も、案外冷静な自分がいた。ヤバイってやばいって、って自分の内側では冷静に見れていた。まー、それでも一切喋れなかったんだけど…。

 なんでこんなことが起きたかな〜。う〜ん、わからん。面接って結構自信あったんだけどな。バイトで度胸つけたと思っていたけど、そんなこと、微力にもなっていたかった気がした。

 とりあえず、明確すぎる課題がみつかりました。本番までに研究概要で言うことをきっちり固めること。言うことを完全にシステム化すること。そうしないと、また固まっちゃうぞ。

 もう固まったときは、どうにもなりませんが。もう、ちょー怖えぇ〜。

impact



 面白そうな番組見つけた。久しぶりの深夜の本格的お笑い番組。

 その名も「impact」。

 内容は、全くテレビとか出たこと無いような若手芸人さんが、1分くらいのネタをやっていくという、ただただシンプルな内容のもの。とにかく、その若手のインパクト勝負って番組のわけです。評価も一応あるけど、そんなに順位をつけるとか、そんなんじゃないです。

 まあ、爆発的に面白いわけではいですけど、青田買いやとにかく新しいものが好きな人にはすごくおすすめ。

 インパクトは若手芸人さんあけにあるわけではない。その他の出演者もインパクトのある方々が…

 まず、司会がさまぁ〜ず茂木淳一!!茂木さんは、あのスキージャンプペアのナレーションの人ですね。これが初のレギュラーじゃないかな?これは期待大。

 でも一番インパクトがあったのが、杏さゆりがイメチェンしていたところ。杏ちゃん〜!!最近見てない!!顔はいいけど、方向性が定まってない!!レギュラーとれてよかったですね〜。

2006-07-02

くるみ?



 JRの駅の広告の中で発見しました。海ノ中道でこの夏行われるイベントに出演するアーティストの一覧表です。

 f:id:monch71:20060702123008j:image

 くるみ?

 くるみちゃん、HIGHER GROUND 1日目にご出演です。

 「くるみのバラの花」……限りなく誰かの所有物になってしまいました。

 「くるみとリップスライム」……たぶん、1人+4人だね、このユニット。

 やっぱりバンバンTVに出ないと、一般向けには浸透しないことがわかりました。

 今日の報告、以上。

<追記>

 あっ!森下くるみがDJをするんかも……(爆)。

東京事変がLive DVD発売を発表



 東京事変EMIのサイトより。


Live DVD「Just Can’t Help It.」
2006年9月6日発売予定

メンバーチェンジ後の第2期東京事変の初ツアー“DOMESTIC!”
Just can’t help it.から5/26NHKホールを収録。
新メンバーによる最新アルバム「大人(アダルト)」を引っ下げた
実演を記録。

モニター、アンプ類を一切排除し、芝居の舞台を思わせる
ステージセット、衣装の早変わり、映像を駆使した演出、
メンバーのダンスシーンなど芸術性の高いエンターテイン
メントと意外性を秘めたポップさを持ち合わせた最高峰の
ステージパフォーマンスは必見!

更に これはライブ映像?それともPVなのか?
ライブ感溢れる映像はもちろんのこと、曲によってステージ上
の異空間をヒントに、別場所にて追加撮影を敢行。
“ステージ上で歌っていた椎名が次の瞬間、あんなところに!?”
そんなギミックを駆使した不思議なライブDVD
未発表の新曲、初披露のコピー曲も収録!!


 "DOMESTIC!"Just Can't Help it!のライブはとても楽しめた。非常に林檎エンターテインメント性があらわれた、良作でした。

 でも、それよりも今日のSOCIETY OF THE CITIZENS vol.1の方のDVDを出して欲しい。日比谷野音、見に行きたかった〜!!

2006-07-01

今日のこと



 さあ。今日のことを一括して書いていきましょうか。

 まず、今日は天神バーゲン観戦に行ってきました。

 その前に、ここんところ全然気分が乗らなくてね〜。今日も朝からすんごくだるかったんだけど、なんとか体を起こしてバスに乗り込みました。

 バスに乗っては見たけど、聞きたい曲がiPodに入っていない。なんやろう。どんな気分の時にでも対応できるようにと、iPodにはいっぱい曲を入れているんだけど、その中にひっとつもない。しばらく、ホイールを回しては戻し、回しては戻しを繰り返していました。こんなこと今まで一度もなかったんだけどな〜。

 結局決まったのは、Death Cab For CutieのPlansというアルバムを聞くことに。人から借りて今まで一度も聞いてなかったんだよな〜。すんごいおすすめされていたんだけど。これが意外にして、かなりヒット。今までは暗い、地味だと敬遠をしていたけど、これがヒット。う〜んやっぱり入れておいて損はなかったな〜。

 それでDeath Cab For Cutieを聞きながら、眠りに落ちた。バスでよく眠れたな〜。天神まで1時間、すごく体力の回復になりました。寝すぎて天神についてみたけれど、しばらくボーっとしてました。しばらくして気づいたけど、目クソ思いっきりついていたしね。

 そこからはバーゲンタイム。といってもとりあえず来てみただけだから、それなりにブラブラ。バーゲンは安いのはいいけど、モノがない。ビームスでTシャツあさり。けっこういいのあったけど、サイズがないとか、デザインにインパクトが薄いとかで。全てスルー。残念でした。おしかったけどな〜。SHIPSで、これはいけるっていうTシャツを見つけたけど、サイズアウト。あまりに口惜しくて、試着したけどな〜。無理だった…。サイズに泣かされています。

 結局SHIPSでポロを買う。これは仕事で使えそうです。仕事で着て行きます。他の店も一通り行ったよ。一通り。一通りの基準ってのが自分ではわからないけど。

 IMSにて、FBS地デジ開始のイベントと公開放送をやっていた。IMSの1階から見ると、ゲストは椛島さんとIKKOちゃんでした。2人してキャラ濃い!しかもキャラ被りしとるし。FBSのこのチョイスがわからない。一つだけ違うとしたら、肌が白いのと黒いのとですが…。

 タワレコで最新号のSnoozerレコードマップを購入。Snoozer、いや〜。本当に唐沢さま辞められるんですね〜。なんともさびしいです。タナソウのキャラをいい意味で薄めていたんだけどな〜。非常におしい人材です。新天地でもお元気で〜。それとレコードマップ。地図はどんな地図でも好きだ。だから、眺めてニヤニヤしたいと思います。レコ屋っていうのは主に人が集まるところにしかない。これでいろんな街を見てみたいと思いますよ。ちゃんと人が集まるところを。

 3時過ぎにはもう帰宅のバスに乗り込む。今日はノンストップで動きまくったな〜。ちょっとスタバに入ってコーヒーでも飲みたかったけど。それを無しでいきました。帰りのバスではデートコース〜を聞く。これもはまり。だいぶ落ち着いてきたしね。ほぐされます。いい睡眠時間でした。

<この後、追記します>

今日の一曲

Death Cab For Cutie/Brother on a Hotel Bus

 バスに乗っていたから、バスって付いた曲を選んだ………、ってわけではない。しかもこのバスは浴槽のバスだからね。

Date Course Pentagon Royal Garden/Circle/Line〜Hard Core Peace

 デートコース大好き。クラブジャズかっこええ〜。ほぐされる〜。

snoozer (スヌーザー) 2006年 08月号 [雑誌]

snoozer (スヌーザー) 2006年 08月号 [雑誌]

レコードマップ〈’06‐’07〉

レコードマップ〈’06‐’07〉

YUKI 妊娠9ヶ月



 おめでとうございます。

 正直、しばらく音楽活動できそうに無いのは、ちょっと残念ですが、なによりうれしいこと。

 前回のお子さんが突然死されて、家族の間はさぞ暗かったと思いますが、新しい光がみえて、本当によかった。

 YUKIには、いつも輝いていて欲しいから。たまには、悩むことがあってもいいけど、暗い暗いばかりで、本当にダウナーな曲をYUKIには作って欲しくない。

 なんとも良かったです。


2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01
Connection: close