Hatena::ブログ(Diary)

オレモリ!! monch71編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-31

2007 HOT 100



 はい。毎年やってます、年間チャートTOP100を今年もやりました。毎年こつこつiTuneのプレイリストでシコシコ作っているものを一気に開放します。チャート大好き日本人なわけで、僕も大好きなんで自分で作れたらなんて素敵なんだろうと思って、毎年やっています。簡単に聞けるし、このプレイリストと作ると何聞くか迷ってるとき楽なんだよね。

 取り決めっていうのを決めて毎年やっているわけですが、今年はもう緩くしました。とにかく何も考えんで100曲順位をつけました。一応対象曲っての基準は、シングル曲相当の扱いをされているかってことです。ただそこら辺は自分の中の基準でだいぶ緩めに考えてます。まあ、わかりやすい考えでPVを作っているかどうかってことら辺で。タイトルどおり、仮想TOKIO HOT100を意識していますけど、現実的にはホリコンチャート以下です。あと、毎年チャートに意思を持って望んでいたわけなんですが、今年はもうどうでもよくなって、とにかく今年ハマった100曲をつらつら並べていこうというチャートになっています。

 それではどうぞ。TOP100+次点15です。




曲名アーティスト名
1キラーチューン東京事変
2Heart of Hearts!!!
3あんたは誰やミドリ
4Liquid LivesHadouken!
5D.A.N.C.EJustice
6Golden SkanKlaxons
7ポリリズムPerfume
8Pull ShapesThe Pipettes
9Wasted Little DJ'sthe view
10Standing in the way of controlThe Gossip
11Baby's Star JamDe De Mouse
12ドーナツに死す髭(HiGE)
13HenriettaThe Fratellis
14Dancing Horse On My NotesDe De Mouse
15It's The BeatSimian Mobile Disco
16Heavenly Star元気ロケッツ
17DashboardModest Mouse
18ZdarlightDigitalism
19FLASH BACKcapsule
20Icky ThumpThe White Stripes
21MagickKlaxons
22親知らずチャットモンチー
23Hana HouThe Beaches
24Satan Said DanceClap Your Hands Say Yeah
25L.drunk木村カエラ
26Not AnymoreThe KBC
27宇宙ハワイアルファ feat. ハナレグミ
28脳内トラベラーGO!GO!7188
29BrainstormArctic Monkeys
30Bad Summer Day BluesMo'some Tonebender
31黒にそめろ髭(HiGE)
32FlatheadThe Fratellis
33Sorry, You're Not A WinnerEnter SHIKARI
34I still love hearTeriyaki Boyz Feat.Kanye West
35We are Lucky FriendsMo'some Tonebender
36BodysnatchersRadiohead
37シャナナ☆MINMI
38Grace KellyMika
39RocketPOLYSICS
40Must Be The Moon!!!
41I Don't Wanna Be With YouZAZEN BOYS
42Tick Tick BoomThe Hives
43Chelsea DanggerThe Fratellis
44ブレーメンくるり
45I wish I was a Punk RockerSandi Thom
46Those Dancing DaysThose Dancing Days
47熱帯夜RIPSLYME
48Starry Skycapsule
49Double FantasyLOVES.
50チョコレイト・ディスコPerfume
51TravellingSugiurumn*1
52Suburban KnightsHard-Fi
53バブリイ。野本かりあ
54Catch On Every WherePOLYSICS
55OSCA東京事変
56Happy As AnnieLarrikin Love
57飛び魚のバタフライチャットモンチー
58青の時間柴田淳
59Same Jeansthe view
60Don't Make Me WaitLocksley
61Sugarless GiRLcapsule
62I'll be thereDOPING PANDA
63MELODYFreeTEMPO Feat. Cana
64For The GirlThe Fratellis
65Sheena Is A Parasitethe Horrors
66Girp Like A ViceThe Go! Team
67Mexico PubVOLA & THE ORIENTAL MACHINE
68North American ScumLCD Soundsystem
69Do It AgainThe Chemical Brothers
70Superstars Tradesmanthe view
71TIGERMo'some Tonebender
72Baby Don't Cry安室奈美恵
73CrocodileUnderworld
74Men's NeedsThe Cribs
75スートブレイコー6あふりらんぽ
76The Next UntouchableCajun Dance Party
77マシロケSOIL&"PIMP"SESSIONS
78You Kisses Are Wasted On MeThe Pipettes
79エゾシカ・ダンス!ミドリ
80ワトソンPOLYSICS
81You Can't Have It AllAsh
82Count In FivesThe Horrors
83Sundae LoveAYUSE KOZUE
84LIAR GAME中田ヤスタカ
85WHAT GOES ROUND COMES AROUNDBoom Boom Satellites
86Young FolksPeter Bjorn and John
87黄金の緑UA
8819778otto
89Eternitycapsule
90CATCH US THE HOUSEMRTINHALFBY
91Merry go round!クラムボン
92Go! Under the SunshineKEMURI
93Deep ImaginationANA
94FREE FREE鈴木亜美 joins 中田ヤスタカ
95ロックンロールファンファーレthe ARROWS
96Earth Intrudersbjörk
97Altair 〜キミと出逢えたこと〜少年カミカゼ
98Office BoyBonde Do Rolê
99夢のFUTERERYUKYUDISKO Feat.KOTOMI
100バスロマンスチャットモンチー
次点Jupiter RoomDigitalism
次点HustlerSimian Mobile Disco
次点PhantomJustice
次点未完成ライオットmonobright
次点この世の限り椎名林檎×斎藤ネコ椎名純平
次点RehabAmy Winehouse
次点Heavy Starry ChainTommy heavenly6
次点なあ、未来。100s
次点BLACK POWERGREAT ADVENTURE
次点Cheer It OnTokyo Police Club
次点Brand New WayNIRGILIS
次点SunshineFreeTEMPO feat. Bird
次点HIROMI柴田淳
次点Alarm ClockThe Rumble Strips
次点愛してるBase Ball Bear

 え〜、まず誤字脱字等があったらコメントください。細かいところでも修正しますので。僕はそんなにチェックしていません。

 あと、年が明けてから、Pick Upでなんでこの順位?とかはつらつら語っていきますんで。<追記>書きました→id:monch71:20080102:p1

 野次でもなんでもいんで、コメントあったらどんどん書き込んじゃってください。

*1: Feat. JOEL EDWARDS FROM DEEPEST BLUE←デザインの為に脚注になっています。

2007-12-30

行くよ。



 今日、論文を投稿しました。先生が書いていたことに対してすごく迷ったけど、すんごく迷ったあげく。先生が書いたことが完全に正しいってことがわかりました。バッカだな〜俺。大したことも書けないくせに、疑りだけが深い。バカですよ。でも、今日はちゃんと見直しして投稿しました。今のところ満足の内容です。これから研究を立て直します。

 うんこれで今年の仕事は終わった(っていうことにします)。一気に今年のまとめます。

 それで心おきなく、明日は東京に行きます。そうですよ!カウントダウンですよ!とうとうこの日が来てしまうか〜って感じ。ただ雪が心配だな。ちゃんと着くかな〜。とにかく明日は東京!待ってろよー!東京のみなさんよろしくお願いします!東京では初めてライブを見るので、それとPerfumeのちゃんとしたライブっていうのも初めてだから。よろしくです、嬉しい。

 年末ですね。投稿終わったら一気に気が抜けて年末ムードになりました。そんな中のヒットはくるりのTanz Walzer。なんか年末ムードに合います。これまでぜんぜんTanz Walzerは理解できる部分って言うのが、見つからなかったんだけど、これが年末とよく合うよ。やっとわかった気がする。ぶわぁ〜ってきます。入れるよ年間チャート

2007-12-28

見えてきました



 提出する論文のメドがたってきました。うん、って言っても、ほとんど先生が書いてしまいましたけど。ど〜しょ〜もない子ですみません。とりあえず明日にはアップロードするよ。(<追記>ここにはアップロードしません。)これで心おきなく、東京に行ってきます。ただな〜、またもう一個はどうしよう。本当に。あと明日出して、そっから研究室のOB方が帰ってくるから、お疲れ様会やる。酒飲むぞ!いい酒飲みたいジャン!

 Pのこと。

 そっかー、CDJPN出ましたか〜。4000人ぐらい?入場規制とかはあったの?レポをいろんなところで読みたいな。あとそうか〜、東京は11月の再演だからやること一緒なのか。だったらそっちのレポも読んどいたほうがいいな。

 今日はBaby Cruising Loveは聞いていないからBaby〜日記はなし。

 インストアイベントが決まったらしいね。相変わらず情報は小出し小出しだね。これってblogカルチャーってのを狙って、小出しにしてんの?東京大阪名古屋札幌って。う〜ん、今回も福岡はありません。まー、しゃーないか。リバーウォークは本当に盛り上がらんかったもんね。それはしょうがない気がする。だって地方都市福岡にはインストアって文化がないもん。やるんだったらライブハウスでやって。ただ天神タワーのイベントは好き。だから今のところは予定としてリリースされてないけど、ちゃんと福岡でもこの間のRoomsのような小規模イベントがあるって事を信じてるよ!

 明日仕上げて30日はちょと休めそう。大掃除せんといかんけどね。ちょっと暇があったら、この間のチャーバスの文字起こしやるつもり。結局ニコ動にもあがってないから、実質的に独占情報配信。うししししぃ。

 最近聞いている音楽。基本的に年間チャートの調整。大体できたよ。至極の2007年の100曲。結構楽しくできてる。Sugiuramnが凄い好きってことにいまさら気づいた。これ今年一番の買った中で当たりだったと思う。Battlesを聞いたんだけど?(はてな)って感じ。このポストロック的なやつって、日本のROVOとかの方が世界観があっていいんじゃないの?とか思った。いたって普通かな?って思った。たぶんまだ聞き込めてないんじゃないかな?ハヤシが2007年この3枚の中にこれを選んだらしい。ってことはもっと聞かんといかんね。あとハヤシは、やっぱりPANIC SMILEを入れてきた。これも今年聞き落とした重要な1枚。ちゃんと買わないかんね。

2007-12-27

あんまり



 あんまり昨日みたいなの書くと、疲弊するだけじゃね〜かね〜って。一日で考えが変わってしまって。うん。だからやめにしたいと思います。いや、またゴチャゴチャ言い出すかもしれない。ちょっとほっといて。ちょっと疲れた。

 Baby Cruising Love、僕好きです。結構染みる。ちょっと聞いていられるから好き。

 Perfume嗜好品だと思ってる、僕は。だからあんまり熱くなるのもどうかって思って。なにどっぷり、思考にはまっちゃってるんだ、俺?みたいな。

 あとスヌーザーPerfumeファンはキモイって書いてあって、自分でもどうかと思っていろいろ考えて見たんだけど、やっぱり僕、Perfumeファンって結構かっててね。今までよりも広がりをもてるような人が多いし。そう思いました。

 Perfumeってのは、なんやろう。シーンが進んでしまって、細分化してしまっている音楽シーンってのをまた、一つに戻すこと(それがいいのか悪いのかはわからない。ただ一つに戻すことによって次の段階には進めるとは思う。)ができるような力を持っているんではないかとか、今日は思ってしまいました。QJにも書いてあったけど「アイドルの意味を更新する3人」。それが現実になるんじゃないかとか思ったりしました。

2007-12-26

音数が少ない曲



 Baby Cruising Loveについてちょっとづつ議論していこうかなって思います。

 まあ提示されたものに盲目に信じて崇めるだけっていうのは良くないと思うから、出されたものに対して時にはディスを入れていくってことも必要じゃないという考えを実践していきたいと思います。チャレンジですよ。あとこのBaby Cruising Loveは、なんやろう、僕が語れる範疇をもしかしたら超えてしまったのかもしれないと思ってるんですよ。だからちょっと人の意見ってのも聞いてみたいな〜っておもいまして。だからコメント待ってます。

 今日はナッキーさんのコメントも元に考えていきたいと思います。

 このBaby Cruising Love、たしかにカップリングの曲っぽい。今までのPerfumeだったら確実にこんな曲はカップリングに入れてきたと思う。もっと内容の(サウンド的にコンセプト的に)濃い曲をタイトル曲に持ってきて、こういう薄い曲はカップリングだった。

 さては...徳間め...焦ったな!!??ナターシャ(ナタリー運営会社)のタクヤさんが書いていたけど、Perfumeはヒットの基盤を持っていたにも関わらず、これまで提示できる商品(CD)ってのを出せずにいた。それを挽回するために2008年の始めに一気にリリースラッシュをかけています。おそらくアルバムも近いうちにって感じじゃないでしょうか?で、徳間としてはとにかく何でも出したかったと。だから濃い曲じゃなくても、このタイミングでバッチリ出していこうって考えて、このBaby Cruising Loveを売りに走ったんじゃないかと。だから曲をじっくり作れずに、こういう「音数が少ない曲」っていうのを提示したカタチになったんじゃないかと。まあ、そんな風にも考えられるわけです。

 でも、近頃のカプセルを見ていると、こんなもんじゃないかな〜って思っています。アクを抑え目で、歌で勝負していくと。歌の魅力っていうのでヤスタカが遊びだしたって言うか。ある意味ではポップメーカーとして、さらに先の時代にアクセスしだしたんじゃないかと。ちょっと思ったりする。歌がいいよやっぱり、そう思う。

 あとPVは今回確実にいいです。まずキレイ。光がキレイです。こちらも派手さっていうのはチョコの時に比べて格段には落ちたけど、その分な〜、柔らかさのある照明(電球のね。)で。いいPVであることは間違いないかな。あとさ〜、のっちのナチュラルな動き一つ一つがね〜、たまらんよな〜。いいです。色気があるっていうか。魅せてますよ。

 ここまで書いてきたのはBaby Cruising Loveを聞いた感想の一部です。これからももっと掘り下げていきます。毎日感想出したいね。


 あとP.T.Aの受付が始まったけど、ちょっと考えるね。ファンクラブって...。俺、林檎ちゃんのすら入ってないのに。とりあえず学生のうちに年5000円はちょっと考えます。う〜ん。

GUIDANCE FOR LOVERS



 今日のレンタル。今年最後のレンタルです。

 the ARROWSの2ndアルバム。鹿野さんがナイナーノーツを書いていますね〜。ごめん、去年のアルバムから全然聞いてないわ〜。YouTubeとかでこまめにチェックすればいいのにね。まあ状態は人のブログの反応とか見ててもよさそうだからね。安心して聞きます。

 MEGのBEAM。アートワークいいですよ〜。カワイイカワイイ。メグカクテルですね。メグ汁ですね。絶対良い味してそう。CDのハートもグットです。プロデュースは中田ヤスタカ。シングル曲だけ曲を蔦谷好位置(ex NATSUMEN)が作っています。MEGって言ったら、なんか昔CDを作る際に、大物プロデューサーとやらについて作ってもらっていたらしいんだけど、あまりにも注文を付けすぎて、その大物プロデューサーがレコーディング中にスタジオを出てっちゃったっていう伝説の持ち主(だったと思う。)すごいサウンドに対してこだわって頑固だったんでしょうね。それで、大物プロデューサーが帰ったあと自分でその曲を完成させちゃったらしい。(だったと思う。)うん、意地がある人やね。せーかく悪そう、その点ヤスタカと似てるのかもね。

GUIDANCE FOR LOVERS

GUIDANCE FOR LOVERS

BEAM

BEAM

2007-12-25

中田ヤスタカ楽曲大賞 2007



 はい。う〜ん、とうとう、こういう企画があがってきましたね。ピロスエさんがやっていたハロプ口楽曲大賞(←キーワード回避)の中田盤ってことで、非常に楽しみにしています。どんなんなるんやろうんね。

 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
 http://ystkma.blog.shinobi.jp/

 慎重かつ大胆にジャッジです。参ります、どうぞ〜。


 まず楽曲部門です。
Starry Sky (Capsule)…2点
●FREE FREE (鈴木亜美 join 中田ヤスタカ)…2点
LIAR GAME (中田ヤスタカ)…2点
●Sugerless Girl (Capsule)…1点
グライダー(rmx ver.) (Capsule)…1点
●チョコレイトディスコ (Perfume)…1点
ポリリズム (Perfume)…1点


 ミュージックビデオ部門です。
鈴木亜美 join 中田ヤスタカ FREE FREE
●Perfulme チョコレイトディスコ


 順当に振り分けました。あんまり効果も持たない票かもしれませんが、このようにしてみました。

 あとは結果を待つのみ。期待してます。やっぱり今はPerfume祭りになるのかな〜?

解禁日ってなんですか!!(怒)



  D

 ↑↑↑「Perfume / Baby Cruising Love」↑↑↑

 Perfume1月に出る新曲解禁になりました。

 PVの感想から。うん、いいね。3人ってのをアピールできるっていうのがいい。そしてキラキラしてて、それでいて美しいPVになっている。しっとりしているね。かしゆかの足出しが結構色気を出してていいです。のっちは相変わらず一生懸命さが魅力です。あ〜ちゃんは、元々細かいところ付いてくるって印象だったけど、しっかりしてきた。(見せるという意味で)正面をつけることができている。チョコ以前まではのっちかしゆか2トップで、あ〜ちゃんが他の部分を埋めていくっていう感じだったんだけど、ポリリでそれが逆転。さらにこのBaby Cruising Love、で3トップができるようになった感じ。これがこのPerfumeってグループの魅力だと思うよ。曲は、う〜ん、Perfumeど真ん中って感じじゃないかな〜?これからのPerfumeスタンダードにしていきますよ〜って感じじゃないですか?スタイルは変えていない。それは言えるのではないかと思いますよ。

2007-12-23

M-1グランプリ2007



 M-1見ました。結果についてはもうわかってますね。サンドウィッチマン。おめでとうございます。一夜にして大スターですね。すごいわ・・・まさにM-1ドリーム。

 他のコンビについても書いていきます。

 今年はね〜。突出した組っていうのがなくて。どのコンビもいいところと悪いところがあって。どれを見ても決定打に欠けてたな〜。去年のチュートリアルフットボールが郡を抜いていたとは全く別な・・・。まあフットボールアワーいなかったのがよかったのか。デットヒートが激しすぎる。あと見る目線がね、みんな厳しく見すぎたかな・・・。

 笑い飯、今年は外れ年でしたね。こんなもんじゃないやろ〜。POISEN GIRL BAND、去年よりネタはまとまってていてそれなりに面白かったけど、M-1に合わんな〜、このコンビ。M-1を楽しんでもないしな〜。ザブングル巨人さんと上沼・松本・紳介との評価の差があったな〜。なんか勝つのを狙ってる感じがあったのが、ちょっとな〜って見てて思った。最近勝ちを狙ってるコンビ多いよな〜。あんまり見てて気持ちよくない。ただネタは爆発していてよかった。ツッコミが新しいっていうのはよくわからなかった。千鳥、毎年精度が上がってきている。あとも〜ちょっと、そしたらチャンピョンも近い。トータルテンボス一回目、ネタの気持ちよさでは一番だったかな。いいよな〜、トータルテンボスキングコング1回目、凄かったな〜。キングコングのテンポってのに乗っていけたよね。6年ぶりの決勝、また一つ安定感を抜群に増して帰ってきた。スーパースターの意地やな。すごいのを見た気になった。ハリセンボン、こちらもスーパースター。スーパースターは面白かった。うん。カウスさんの評価、すばらしかったな〜。世の中にコンプレックスを持っている人たちに勇気を与える漫才。そんな感じがする。うん、ハリセンボンってこんなコンビ。ダイアン、本来ならもっと爆発力があるんだろうなぁ〜。ボケの人の声がよかった。サンドウィッチマン、1回目。うん。うまかったな〜って感じ。爆発力って点では欠けていたけど、渋くてでも確実に面白くて。うん。キッチリまとめきったのが全く計画していてなかったであろう、サンドウィッチマンだったってことだな。

 最終決戦、トータルテンボス。途中で僕がテンポに全くついていけなくなった、これはいかんと思った。キングコング、いや〜出し切った。100%を出し切った。梶原が風を表現するのにネクタイを飛ばしているのに感動した。サンドウィッチマン。おもしろかったな。もう言うことはない。

 結果サンドウィッチマンは4票獲得。もーさー、今年はな〜。しんどかったな〜、審査。新審査員が2人ともサンドウィッチマンを推したってのが印象的でした。やっぱり最後はちゃんと評価できる人じゃないかと思うんで。その点は上沼さんと巨人さんはよかったな〜と。

 本当にキングコングかわいそうやな〜って。西野は本当に悔しかったんだろうなって思いますよ。梶原も頑張ったし。でも、やっぱり1番はサンドウィッチマンやったと思いますよ。う〜ん、トータルテンボスもよかったし。

 たった一組だけに栄冠が与えられる。それ以外は悲劇でしかないんだよな〜。M-1の残酷さを見てしまった大会だったと思います。

2007-12-22

いよいよ今年のM-1だよ



 いよいよM-1の時期になりましたね〜。もうネタ番組って年間これだけしか見てないですから!だから、ちょっと自分の目が落ちてるんじゃないかと心配です。

 ことしの本命。僕はこの人たちを上げます、トータルテンボス。「はんぱネ〜、ラストイヤー」ということで10年目になりました。去年、もっとウケてよかった彼ら。最後のチャンスとなる今年はしっかりお客を掴み取ることができるのか?最高の爆発を今年こそは見てみたい。

 対抗はやっぱりキングコングハリセンボンになるんでしょうか?毎年、結構名の知れた初登場組みっていうのが出てくるんですが、大体ま〜処刑台となってしまう。1回目のDONDOKODON、2回目のダイノジ、5回目の南海キャンディーズなど。今年はさ、もう結構名の知れたといっても、この2組はもはやスーパースターですから。そういった人が決勝まで出てきたから、是非とも取って欲しいってことはありあますね〜。

 あと千鳥POISON GIRL BANDには頑張って欲しいな〜。ヒットして欲しいよな〜。

 笑い飯は特に期待はないですけど、決勝まではいく可能性は一番高いコンビだと思う。まあ、そろそろね〜、順当に。今年の面子はね〜、笑い飯包囲網って言っていいくらいだからね。センスに関してはダウンタウン以来って人たちだからね〜。

 今年は審査員、上沼恵美子が出ます。カウスさんが出れないから(←出るみたい)、誰か考えて、上沼恵美子ビートたけしか加藤浩二か矢部浩之かな〜って思ったけど。一番現実的な上沼恵美子が出てきた。紳助と同い年、だけど共演は2回目となります。ここは別のところの注目株かな。(<追記>あ〜、オール巨人さん出てきたわ。厳しい意見期待します。波乱の予感)

2007-12-21

イライラ収まる



 丸一日中イライラしていたんだけど、おさまってきた。snoozerパフュームディスったのをどうもうまく解消できなくて、どうしようかと思っていたんだけど、このエントリーが解消してくれた。

 http://lstd.blog.shinobi.jp/Entry/123/

 これだ、これこれ。この捕らえ方が一番正しいと思う。snoozerPerfume自体にはディスを入れていない。むしろファンのほうに入れている。ただ田中も野田も正直今年のPerfume旋風に特に触れているわけではないだろうし、アイドルを見るっていうファンダメンタルを持ってないから、芯を捕らえきれない。まあフワフワしたおっさん2人の会話ですよね。ただ2人は音楽雑誌の編集長って立場の人ってだけ。だから今起きていることに何かを返さないといけないわけ。

 パフュームは微妙なわけ。センスがいいのか悪いのかがかからない。そのギリギリのところを行ってるから、支持を集めてると思う。わけわからない感じとかね。だからディスが来てもいいんじゃないかと思って。もっと良い音楽があるかもしれない。もっといいパフォーマンスがあるかもしれない。すべてを今のパフュームで終わらしてパフューム以外のものに盲目になることなく、さらにいいものをリスナーは求めてほしい。僕はそう思います。さらにいいもの・・・、それはThose Dancing Daysかもしれない、Cuite Paiかもしれない、はたまたちゃあぽんがもの凄いことやりだすかもしれない、それにもちろんさらに進化するPerfumeも見てみたい。そう思うのです、はい。

 Perfume、TV出まくりですね。昨日のモジモジ君もよかった。のりさんに感謝。あ〜ちゃんは大物!のっちは良い感じで器が小さい!かしゆか猫かぶり!Music Japanあ〜ちゃんが、客に手を求めてた、また一つ成長した。

 そして福岡ではチャートバスターズR!が今日放送あってます。ただいま放送中です。2時間半以上の生放送に3人出ずっぱりです。これはニコ動にもあがらんやろう・・・。チャーバスと言えば・・・、全文アップ??う〜ん、放送時間長すぎるから、ちょっとな・・・。

 あともう一つカムアウト。え〜、Perfumeカウントダウンライブ、行きます!!!大晦日の東京に乗り込みます!!(む)なかたヤスタカ会の人たちの乗り込みます。整理番号はAの300番台です。31日の昼に福岡を出て、1日の始発で帰る、超弾丸ツアーZeppTokyo、行くみなさん!よろしくお願いします!!

 よ〜し、気分が晴れたから、この調子で英作文がんばろ〜う。

2007-12-20

パフュームをディスる SNOOZER#65



 スヌーザー買いました。今号は50Best Album of 2007と題して、レディオヘッドのIn Rainbow持ち上げ企画です。

 まあ詳しいランキングのことはおいといて、ココでは巷でうわさになっているパフュームをディスってるってことについて書いていきます。簡単に書きますけど。

 タナソウは、う〜ん、なんか知らないけど、今は憂国モードというか、この国の音楽は期待できるものがないな〜っていう心配を抱えこんじゃってる。なんか知らないけどね。その代表的な存在としてパフュームを今回はとりあげている。で、このパフュームを必要としている人ってのに対して嫌悪感を感じている。その決定的な嫌悪の理由はまだわかってないみたいなんだけど、とにかく嫌な感じしかしてないらしい。

 まあタナソウの言うことよくわかりますわな。やっぱりパフュームファンって、どっかオカシイ気がやっぱりするんだよね。決して健康的ではない。精神的にかなり不健康な人がいっぱいいるんだろうな〜って気がする。パフュームって真っ当なユースカルチャーではないんだよ。やっぱり。自然なカタチで仲間で集まって馬鹿騒ぎして。そんな、幸せな空間っていうのを持っていない人達の集まりのアイコンってのが、パフュームって気がするんだよな〜。だから不健康。そしてそれが日本全体の現状って感じがするんだよね。

 スヌーザーで紹介されてる、UKのシーンっていうのに比べて、この差は愕然な感じがする。だってさ、10代の子達が自分達が好きなアーティストに直接オファーをかけて、パーティーをオーガナイズしてやってるらしいんだよ!そんなのうらやましすぎるやん。やっぱりその差は愕然です。

 対する野田努は、今年remixで取り上げたにも関わらず、興味がないらしい。芸術的価値がないんですって。う〜ん、高貴ですね。見る目線が鋭すぎる。そんなに敏感じゃない人にとってはわけわからない発言。

 そして女子論が展開されてるんだけど。スヌーザーは今は「無敵女子」っていうのがキーワードになってるんだけど。そういう意味で、パフュームをディスれる女子、つまり「あんなのクソだ。私のほうがもっと凄い」っていうことを言い切れる女子っていうのを待ち望んでるわけですよ。「ヤスタカよりも、私のナカコーのほうが〜、ファッションやヴィジュアル面で優れてるし〜、音の面でも技術があるし〜、なによりルックスが断然良いに決まっている。」とか言い切れる女子ね(笑)。野田さんが言うように、「あんたたちそんなんで良いの?」って否定してくれるのはおっさんより、そんな女子出てくるといいよね。極めて健康的だと思います。

 そんな無敵女子の中心核として持ち上げてるのがThose Dancing Days。とにかく素晴らしいですわ。ポリ(シックス)が好きならば、絶対はまる。それは間違いない。ドカドカ乱暴に叩くドラムにチープなシンセの音がたまらんですわ。それに巻き毛の女の子!ルックスせこすぎやろ!

  D
 ↑↑↑「Those Dancing Days / Those Dancing Days」↑↑↑

 タナソウはこの批評で日本のユースカルチャーそしてその先にある音楽に対して違和感を感じ得ないってことを言いたい。野田さんは芸術的価値がないものは意味がない。だから興味がないってことです。2人とも、日本を代表する音楽雑誌の立場からの心情を述べてます。2人が下したポリリズムへの評価はどちらも5点中、1点でした。

 タナソウな言うようにパフュームファンは切羽詰まってるのか?それとも野田さんが言うように気持ちに余裕があるから聞いてるのか?すごく気になる。それはわからんよね!パフュームファンに聞きます。最近、踊ってますか?

 そんな心配より、もっと自分の心配したほうが良いような気がする。訳せな。

snoozer (スヌーザー) 2008年 02月号 [雑誌]

snoozer (スヌーザー) 2008年 02月号 [雑誌]



<追記>

 あ〜。なんかイライラするな〜。違うんだってば。ちゃんと指摘できな俺含めて、違うんだと思うよ。

 とにかくid:aerodynamik:20071220:p2のエントリーと僕の解釈は違う。う〜ん、これを読んでid:aerodynamikさんの受け止め方が正常なのかもしれないけど、俺は解釈が違うことははっきりしている。そういうことじゃないんだって。その点、はてブのコメントをつけている、id:kiku72さんはわかってると僕は思っている。用は、ぜんぜんPerfumeのことをディスっていない。

2007-12-18

バカは相手にしない



 あ゛〜。キーボードの“エル”が連打された状態になるんですよ。キーをあけてみても、特に汚れがあるようでもないし。たぶんこれ中がイカレちゃってるんだろうな〜、このノートPC。5年目を過ぎようとしています。買ったときでは高いスペックのPCだったので、まだまだ現役で動いているけど(HDDは一度取り替えた)。とうとう買い替えかな?嫌だな、これ以上の出費は。

 もう普通の日記を書いていこうと思います。深く考えてることは断片的にはあるけど、まとめきるだけの余裕がいまはないですから。やることが多すぎて忙しいんだよ。いたって普通に過ごしているけどね。

 最近、合同会社説明会とかによく言っています。もう慣れたよ。こういったところは人と一緒に行ったりはするんだけど、ブースを回るのはたいてい一人でやりたい人です、僕は。やっぱり自分のセンスひ引っかかってくるところ見ときたいじゃん?だから一人でバリバリ動いて座って、聞いています。ただ人と一緒に動いている人っているよね。そういう人、僕はぜんぜん理解できないのさ。ありえないって。だって、これから真剣に働きたいってところを探すのに、必ずしも他人と一緒ってことはないじゃん?

 僕は自分のやることは自分で動いて、情報を掴んで、ものごとを決めて、それでやったことに後悔はしないって精神でやってるつもりなですが、そうじゃない人もいるみたい。たしかに人に着いていくってことは、着いていった人の視野っていうのがわかるし、自分では知りえなかった世界(業界や会社)に巡り合うチャンスが生まれるかもしれない。そう考えると、自分が間違ってんじゃないのかと思ったりする。でも決められた時間でいろいろ見てみたことはたくさんあるので、こういう風に自分がなるっていうのはしょうがないことなのかもしれない、っと思ったりする。

2007-12-17

変わる



 イヤホンをすぐ壊すことで有名な僕ですが、また壊しちゃったので新しいの買いました。半年持ってないよ〜(泣)

 新しく買ったのはPanasonic RP-HJE500。普通は5000円ぐらいするものらしいんだけど、質屋で買ったから2300円で買えました。特には選ばず、ちょうどいいからってことで買いました。

 使ってみて、音がいいわ。わかる。音がどっから出てるとか広がりがわかる。なんやろうこれ。やっぱり今まで安モンばっかだったから、こんなの味わえやったのだろうか。気になる。なんでもイヤホンはすぐ消耗するからあんまり高いのはもったいない。けど音をちゃんとしたいの聞きたいと思ったら、5000円ぐらいのがいいらしいです。

 http://iearhead.blog54.fc2.com/blog-entry-457.html

パナソニック カナル型イヤホン シルバー RP-HJE500-S

パナソニック カナル型イヤホン シルバー RP-HJE500-S

2007-12-16

EXPOSED



 今日のレンタル。

 今年最後の重要盤、BOOM BOOM SATELLITESのEXPOSED。僕は完全にONから聞き始めた人です。今ライブDVDが見てみたいアーティストを上げるなら、DAFT PUNKとこの人たちです。今作はドラムに元スーパーカーの田沢公大を起用しているってことに一番驚き。確かにWHAT GOES ROUND COMES AROUNDとか聞いてみても、ドラムが超高速で叩きまくってるっていうより、しっかりどっしり叩いてるって印象。あと今作は歌モノなんだね(ライナーノーツ鹿野淳が言っている)。確かにこの歌モノっていうのは最近の一番の流行りだよね。ブンブンとあと・・・FreeTEMPOもそうだった。Capsuleの新作もこしじまさんが歌い上げてるのが特徴だと思う。時代の歩調とあってきたブンブン。快心作との呼び声高い今作、いかに?


 は〜い、ここんところいろいろ借りているから一気にアップ。とりあえずid:madori927:20071212:p2から借りてるもの。

 今年アメリカでは一番の注目CDとなったBattles。なんでも人力でものすごいビートをかますんだって。驚愕のCDらしい。Mirrored。鏡張りのジャケットもかっこ良し!!(チョコレイトディスコの方が先)

 SPOONGA GA GA GA GA。こっちもアメリカインディーシーンからとんでもアルバム出てきました。たぶん曲が最高だと思う。

 そしてRUMBLE STRIPS。最近のタナソウ曰く、これからは「無敵女子に、すっ転ぶ男子」らしい。まさにすっ転ぶ男子です。オーーーノーーーーォォォ、オーーーノーーーーォォォォ!まだ受けは悪いけど、そのうちくるかもしれんね!

 こっからはまさを会長から、マニアックなセレクトを3枚。こっちはわからないので、コメントなし。あっつYukihiro FukutomiのBrasilia2000ははまぞうで出ませんでした。

ガ・ガ・ガ・ガ・ガ

ガ・ガ・ガ・ガ・ガ

Mirrored (WARPCD156)

Mirrored (WARPCD156)

I don't wanna be with you・MARQUEE#64



 火曜日の話です。

 ザゼンちゃんのニューシングルを買いました。新ベーシスト吉田一郎加入後初の音源です。もう凄いわ。やっぱりザゼン好き。ここんところかなりザゼン熱が冷めてたけど、やっぱり好きだってことにまた気づいた。向井おもろい。それだけ。

 MARQUEE Vol.64を買いました。今号はCapsule特集しめて73ページ!!!異常な取り上げ方です。カプセルを新作から、これまでの歴史から、イベントから、ファッションから、デザインから、ポップアイコンから、プロデューサーから、他人から、視点で取り上げてます。まあ全方向からですね。写真もすごくいいです。もういわずもがなだけど、やっぱりカプセルが熱い。ザゼンはしないけど、カプセルは単独レビューやるつもりだから、そこんところよろしく。

I Don’t Wanna Be With You

I Don’t Wanna Be With You

MARQUEE vol.64 (64) マーキー64号

MARQUEE vol.64 (64) マーキー64号

2007-12-15

さぁ何からしたためますか



 1週間ぶりの日記ですね。う〜ん、このblogは基本毎日書くことを前提として始めたんだけど、まあ最近はこんな感じになってます。もう半年はね。やることが多すぎて参ってるときはこんな感じになっています。ネタは細かいのではいくらでもあったよ。

 あと〜、スターはいっぱいついている記事がページの1番上にあると、なんか安堵しますね〜。けっこう浸れる。うわわぁぁ〜って。

 何をやっとったかというとココ1週間で、就活セミナー行きつつ、月例報告をクリア(自分&直下)しつつ、金曜日提出の論文を書いていました。特に論文は木曜日から一気にスパートをかけて、午後2時からはじめて、そのまま研究室泊まりの3時ぐらいまでやって3・4時間仮眠して、そっから夕方まで授業を受けつつ完成させました。30時間連続の研究室滞在で完成しました。うん、6枚だったんだけど、意外と一気に書けてしまった。確かに構成とかはずっと考えてきてて、図とかも前からあるやつを一気に使って、それを文章にしただけなんだけど。でもね〜、それで完成ってどげんことですか?まあまだ0次案の段階だからね。本提出は1月の頭です。

 あとは・・・もう一つのネタを作らないといけないんですけど、そっちがね・・・、もうできてないとやばいんだけど。国際発表に出すネタが・・・。今週本格的にプレッシャーをかけられました。えらいこっちゃってことなんですが。とにかく頑張るしかないね。後がないよ、もう。

 12月頭のライブラッシュは一切行ってない。Zazenモーサムも髭も7188も上原ひろみも全部行ってないです。どれもお気に入りなんだけどね。

 ザゼンのニューシングルは1週間して買った。あとマーキーも買った。おれやっぱりザゼン好きだわ。ライブ来年は必ず行く。

 忘年会シーズンでお金が欲しいです。この冬は寒い。

2007-12-09

デイブ・フリッドマン



 ここでコアなZAZEN BOYSファンに朗報。

 ZAZEN BOYS、来年の春から夏あたりにニューアルバム・ZAZEN BOYS4を出すために、来年頭からレコーディングをするそうです。しかもマツリスタジオを飛び出して、っていううか日本まで飛び出してアメリカレコーディングが決まってるそうです。しかも、ナンバーガールの2nd、3rdを録った、あのデイブ・フリッドマンとの共作になるそうです。

 っていう、福岡のラジオ番組(てゆうか、スマイリー原島の番組)にゲスト出演したときの独占情報。むかいちゃん、思いっきり喋ってくれてました。

 「さいきん、いろ〜んなニュースばとか、みよんらっしゃったらね〜、まぁ〜、ひとのことにくちだすやつがまーおおかばってん。も〜、しぇからしか〜、しぇからしか〜って、おもいますねー。」って向井しゃんが言いよった、すごいわかるね。とやかく言うやつは全部無視して生きてやればいいのだ。

2007-12-08

(む)なかたヤスタカ会 忘年会



 “一年をFLASH BACK”って、タイトルよすぎやろ〜。

 ということで、(む)なかたヤスタカ会の忘年会に行ってきました。増えた、人が増えました〜。7人になった。新しく参加した人が2人。来年ぐらいにはテーブル2つ分ぐらいになるかもしれないっすね。

 まあ本当にただ飲むだけの会でただのオフ会ってだけなんだけど。オフ会って今年初めてこれに参加して。まあちょっと怖かったんだけど、mixiとか見ててたぶん僕が一番変なやつだろうっていう確信もあったりして、まあ堂々としてようと思って。うん、こうやって宗像で飲めるっていうのは本当にうれしいことだよ。

 あいかわらず、こう話振ったりとか、会話に強弱つけておもしろくするとか、いいリアクション返すとか、そういうのがうまくできんし、下手したらムスッとかしてたり、なーんも喋らんくなったりする奴で申し訳ナイトって思ってるんで。飲みを面白くしたいっていう意思はありますんで。そこだけ汲み取ってやってください。

 来年はみんなでPerfume行ったり、あとCapsuleはもう決まってるから、一緒に行って大いに楽しみたいですね。いろいろ行動できるように発展すればいいと思います。

 >ナッキーさん!
 来てくれてありがとう!結構しつこく誘ったんで、若干うざいかな〜って思ったりもしたんですが。楽しめてもらえたら何よりです。

 >ゲンキさん
 相変わらず貪欲ですね・・・。あなたのつぎ込みっぷり半端じゃないですよ!すごいと思います。CymbalsのCDも楽しんじゃってください!

2007-12-06

FLASH BACK・十七歳



 今日の購入品。

 CapsuleFLASH BACKを買いました。初めてカプセルのCDを買います。正直買う予定はなかったんですが、今週末の(む)なかたヤスタカ会での話題がこれになりそうなので。うん、忘年会に引っ掛けて“一年をFLASH BACK”って会のタイトルつけてますからね。そりゃ、買っとかな、いかんかな〜とか思ったりしますよ。

 まあそういう理由もあったりはするんだけど、実際はMySpaceで試聴してたら、どうやらFC(フルーツクリッパー)とかSG(シュガーレスガール)とか、さらにはrmxとかから、さらに上を行った作品を作ったな〜って印象を受けたから。一歩先の音を追い求めてしまった迷作になったんじゃないかな〜って思いまして。それが面白いな〜って考えたからです。例えるならば、ZAZEN BOYSの向井がシンセサイザーを取り入れだしたあの感じに似てる。思い切ったことをやったな〜っていうあの感じ。

 今年後半に入ってプロデューサー中田ヤスタカの音像ってのが固まりつつあって。その固まったイメージを元にこれからドンドン名を広めていくんじゃないかな〜って、どの中田ワークスファンは思っていたはずです。しかし、そのイメージを、完全にとは言わなくてもブチ壊してしまった、彼。どこまでも意地悪です。(せーかく、わるそーだからな〜。)

 インタ等で、「いつもと違う感じになってると思う人もいるかもしれないけど、ずっと僕のことを見てくれてる人から見たら、自然なシフトじゃないかな〜って感じてくれると思います。音が変わっても芯の部分が変わらないところを楽しんで欲しい。」みたいなことをよく言っていますよね。(じゃ〜ぁ、あんたの芯ってところをもっと素直に見せてくれませんか?っていう質問はしたいところだけど、あえてここでは辞めとく。)ヤスタカはリスナーを篩いにかけてるんじゃないかな〜とか思ったりしてしまいます。彼、やっぱりみんなに支持されたいとも思ってるし、支持されるようなダッサイ音とかは作りたくないとも思ってるんだろうな〜とか考えてしまいます。これを聞いている限り。

 ただ俺はその篩いにも負けずについていくよ。Electric Light Moon Light大好きです。これ完全に中田作のR&Bになってますよね。歌い上げているこしじまさんはとってもナイスです。R&Bまた、きてるよね。今一番僕が飢えている音がR&Bなのかもしれません。ヤスタカ、いいとこついてきた。

 あと小ネタですがタイトル曲のFLASH BACKは、完全にJusticeのWater of Nazalessになっちゃってます。あ〜ぁ、こいつ引用早すぎだよ。カプセルですが、破壊力それなりにあります。


 ベボベの十七歳を買いました。意地悪で幼い中田に比べて、素直に自分に向き合ったのが小出君になっています。

 今作の十七歳は、ベボベが一番得意としてきたティーネイジャーのあの青臭い感覚を呼び起こすような曲を、バリバリやるってことではなくて、自分が十七歳だったときに本当に聞いていたかった音楽っていうのを、作り上げたっていうコンセプトでやっています。コイちゃんがどんな十七歳をすごしたかは、もう彼しかわからないと思うんだけど、そういうことあるよねってリアルな話をヒシヒシとしてます、この人。“誰かに、誰かに気づいてほしい”。ヒシヒシと心に入ってきます。

 たぶん小出にこういう作品を作って自分がどうなるのかってことをわかってないと思う。いや、わかってるかもしれないけど、わかってないことを期待したい。答えのない世界をさまよい続けて欲しい。

 とりあえず今は”気付いてほしい”がおもしろいですね。ダブダブな感じから入って、結局は従来のベボベサウンドに戻るっていうね。素晴らしいね。あとやっぱり、これだと思った流行は取り入れてきますから。とうとう自分の声をケロらせて(エフェクトをかけて)きましたね。ヤスタカや元気ロケッツバリに。うん、はやいところ、やってきたな〜って印象。素晴らしい。男性ボーカルではまだ初めてだよね。(ハヤシ、ボコーダーは除く。)

FLASH BACK

FLASH BACK

十七歳

十七歳



<追記>
 年末ゼップが当選しました。枚数も取りすぎたので、欲しい人がいたら、コールだけでもしてみてください。書類選考の結果、あげたりあげなかったりします。メアドはaboutの中にあります。

2007-12-04

nanocycleがヤバイ



 ごめん、もう突発的に書いていきますわ。書き溜めてるのもいつか書く。

 nanocycleがヤバイ。とんでもないバンドを僕は見つけてしまったかもしれない。

 ニューウェイブリバイバルとかが起きて、う〜ん、じゃあ〜、次は気が早いけどシューゲイザーリバイバルだな!とか思っていたのが06年の初頭だったんだけど。(福岡のROROってバンドはいち早くシューゲイザーをやってたみたいだかったからちょっと興味持っていたんだけど。)07年はエクレティッククロスオーバーが進んで、シューゲイザーは3・4年後かな〜って考えるようになってきていてて。そんななかで、これからのシューゲイザーのキータームとなりそうなバンドを突然見つけてしまった。それが、nanocycle

 ノイズギターの鳴り響く中に、ポップな曲がのっかる。ノイズに埋もれたポップネス。しっかり飛べるし、しっかり聴き込んでしまう。思い起こされるのは間違いなく最初期のスーパーカー。スリーアウトチェンジのときのスーパーカーです。まるっきりそのまま、あのころのスーパーカーです。ヤバイ、曲聴いててかなりドキドキしてしまった。

 まだ正直1曲(fragile)しか、しかも1回しか聴いてないんですが。とにかくとてつもなくヤバイです。アルバムが出てるそうです。

 http://www.bounce.com/interview/article.php/3869


2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01
Connection: close