Hatena::ブログ(Diary)

ランカでカレー三昧

2017-09-21

バス優先車線

この前コロンボに行った時に見つけたバス優先車線。


いつの間にか、こんな対策が為されていたんですね。

良いことです。


以前にラージャギリヤでトライアルをやっていたと思うのですが、それは批判が多く、成果もあまり出なかったというような話を聞いた。

それを乗り越えてゴールロードで実施するというのは評価できる。


実際には、バスの平均移動速度が時速16.8kmだったのが、21kmまで上昇したとか。

うーん、微増ですね。


誤解を恐れずに言えば、バスレーンなんて地面にペイントすれば出来上がるわけで、重要なのはマネージメント。

一般の違反車両をどれだけ駆逐できるかが、課題でしょうね。


ルールは有っても実施されていないのがスリランカですから。

2017-09-20

チケット、よく見ると

以前にチケットを購入した話は書いた。

そこで、「eチケットが来ていない」的な事を書いた。


しかし、私の確認不足でした。


「予約確認」という題名でメールが一通来た。

そこには「確定済み予約」として該当する便名が記載されていたのですが、次のステップとして「航空券は発券されていません。予約確定のメールを受け取ってから空港に向かって下さい」と書かれていた。


「確認」とか「確定」とか、ごっちゃになりますが、次のステップと書かれている以上、次があるのでしょう。


その時点で、私の認識としては「eチケット番号が無いので、まだ終わってないな」ってとこ。


しかし、よくよく見てみると、同じ見た目のメールがもう一通来ている事に気づく。

「確定済み予約」と書かれている。

コレのことか?


しかし、これも書かれている内容が前のメールと同じ感じで、よく判らない。

そのまま時が流れ、どうなっているのかな?と思ってもう一度見ると、なんとeチケット番号が書かれていました。


すげぇ小さい字で、他の内容に隠れるように。


飛行機に乗るには、このeチケット番号が必要。

というか、コレさえ有ればOK。


なので、メールの作法としては一番目立たせなければならないはず。


まぁ、見逃したのはこちらのミスですけど、これは不親切と言わざるを得ない。


ともあれ、あとはビザが確定すれば日本に行ける準備が整う。

2017-09-19

イヌvs妻

我が家の血統書付き雑種犬で有るところのイヌ。


何度も云いますが、イヌという名前です。



どうもイヌは自分を犬だとは思っていないよう。

いつでも好きなだけ食べられる環境と、何時間でも好きなだけ眠れる環境を与えられ、贅沢気ままに育った。


我々人間が、お昼に食べるつもりで作ったサンドイッチ。

食べきれずに、残りをイヌに与えるとどうなるか。


サンドイッチの中身(詰め物)だけをペロペロと舐め、続いて耳を残してソフトな部分だけ食す。

f:id:monito:20170918201125j:image:w360


こんな感じになる。



対して、私の妻。

昨日、コロンボのアルピコでシュークリームを食べた。

その時の写真がコチラ。

f:id:monito:20170918134207j:image:w360


勢い余って、紙まで食べてます。

2017-09-18

VISAの申請

妻と一緒にコロンボのVISAセンターに。


本来なら、妻だけ行けば良いのですが、なんせ初めてのことで勝手が分からないので、保険の意味で私も同行。

同行したのに、「入れるのは本人だけ」と言われ、外で待つ事になるとは。。。


とは云うものの、書類の書き直しを求められたり、確認を求められたりで、結局はセンターの中に入ることに。


なんだかんだありましたが、無事に受け付けてもらえて、一安心。




丁度、食事時になったので、日本に無事に行けることを願って、日本食を食べることに。

「日本で食べれば良いじゃん」という妻の当然の一言を受け流す。

私の本当の目的は、妻がちゃんと箸を使うことが出来るか見極めることなのです。


練習用の箸を日本から持って来たけれど、妻が使っているところを見たことがない。

ここらで一発、辱めて、「練習しなきゃ」という気持ちを作らねばならない。


しかし、結局注文したのは「手巻き寿司」と「お稲荷さん」。

箸、いらねぇー。


ただ、「ざるうどん」も頼んだので、これで箸の見極めは出来る。


出てきた「ざるうどん」を食べようと、箸箱から箸を取り出すと、キレイな塗り箸。




「うーん、これでは日本人ですら綺麗に食べられない人、居るよな」と思ってしまった時点で、ノーゲーム。


美味しく食べることに専念しました。

2017-09-17

妻の返答

昨日、キャンディに戻ってきました。


その途中。

我が家の最寄りの街を通り過ぎる時に思った。

「書類のコピーをするのに街に出るって言ってたから、タイミングが合えば乗せて帰れる」


そこで携帯を取り出してコール。


「ハロー」

   「ハロー」

「コヘダ インネ?(どこに居るの?)」

   「エイ?(なんで?)」

「ネー コヘダ?(いいから、どこ?」

   「オヤ− コヘダ?(貴方はどこなの?)」


これがテストや面接なら、落第間違い無し。

聞いたことに応えない。


結論から言うと、妻は街に出ていたけど、居場所を確認した時にはその場所を通過してしまっていて、ピックアップできませんでした。

まぁ、彼女の所用も片付いて無かったので、結果は同じなんですけど、聞いたことに応えて欲しい。