Hatena::ブログ(Diary)

ランカでカレー三昧

2016-06-30

倦怠感

体調の悪さが続いています。

ウィルスの活動が収まらないのでしょうか。


熱っぽさと倦怠感から始まったのですが、一度下痢気味になってお腹はそれで回復

途中で咳も出だして、それも今は落ち着いた。

今は、熱っぽさと倦怠感だけの状態に戻った。


ですが、これがなかなかのクセモノ。


養生します。

2016-06-29

ペニワラル

キャンディでは『ウンドゥウェル』と言う。

渦巻状のペーストを油で揚げて、シロップに漬け込んだもので、伝統的なお菓子です。


『ウンドゥ』はBlack Gramのことで、日本語的には『もやし豆』。

もやしを作るのに使われます。

コレを乾燥させて粉にしてペーストにする。

『ウェル』は丸いものとかそういう意味ですかね?

良く分かりませんが、形状を表したものです。


『ペニワラル』の『ペニ』はシロップのこと。

『ワラル』は輪っかとかそんな感じ。

なので、ペニワラルといった場合には、必ずしもBlack Gramが使われているとは言えないわけですね。


スリランカに来た頃は、あまり好きではないスリランカスイーツの代表格でしたが、今では『あれば食べる』ぐらいのレベルでは好き。

初めて食べたのが、あまりにもアブラっぽくて美味しくなかったのが原因で、その後は食わず嫌いになっていた。


先週、キャンディに帰る時に職場の女の子がランブータンを持たせてくれた。

家で採れたとか。

そのお返しにウンドゥウェルを渡しました。

親戚がウンドゥウェルのビジネスをしているので、そこから仕入れました。


美味しかったと言ってもらえたので、ヨカッタですわ。

2016-06-28

体調不良 2

スリランカ全土でデング熱の発生が増えているらしい。

特にコロンボ。

大使館からも注意喚起されています。


私は二回デングに罹っている。

デング熱はウィルスによってもたらされるものですが、その種類は4つ。

一度罹患すれば、そのウィルスに対しては永久免疫を獲得する。

なので、私の単純な罹患確率は50%。


一度デングになると、他の三つのウィルスに対しても部分的かつ一時的に免疫能を持つようになるそうですが、にも関わらず連続して(つまり別のタイプのウィルスによって)デングに罹ると重症化しやすい。

私はまさにそのタイプ。


恐らくですが、キャンディで一度目のデングに罹患。

その時はデングだという意識は全く無く、ただの風邪だと思って寝て直した。

その後、コロンボで二度目かつ連続して罹患。

これで重症化。

検査でデングだと判って、入院。

検査数値悪化。

バンコク搬送。

二度目の罹患だと判明。

ワールドカップ決勝。

パンティップでイニエスタのユニフォーム購入。

スリランカに帰国




一応、スリランカにも4つのタイプすべてのデングウィルスが確認されているようですし、最近では変異型が発生しているとかいないとか。

水害の影響もあってか、デングに罹る人が急増してるらしいです。

デングを媒介する蚊は、清浄な水で繁殖するらしいですが、『清浄』の基準もあいまいですよね。

彼らにすれば、雨水も川の溜水も充分に清浄でしょうから。


とにかく、蚊には気をつけてください。

デングだけじゃない。

チクングニアなんかもスリランカは発生してますから。


ちなみに、今回の私はデングではありませんのでご安心を。

2016-06-27

体調不良

調子が悪い。

先週からなんとなく感じては居たのですが、昨日の夜から俄に悪化。


朝からネゴンボに行く予定でしたが、病院行って薬をもらい休みを取ることにしました。


昼間には下がったのですが、夜にまた熱っぽくなる。

ウィルス性の発熱だとのことですので、抗生物質は無し。

日本だとウィルスと同時に細菌感染も疑われるとのことで、抗生剤を処方されることも多いですが、こっちのゼネラル・ホスピタルではそういったことはありませんでした。


扁桃腺も腫れてたのですが、これもウィルスによるものなんでしょうか。

分かりません。


寝ます。

2016-06-26

庭造り 2

昨日からの続きです。


まだ何となく殺風景なので、避けてあった鉢植えを配置していく。

その結果、同じような高さのものばかりに成ってしまった。

おもしろくない。


なので、山というかお茶畑に出掛けて切り株とかを探すことに。

親戚のお茶畑に出掛けて行って、剪定されて乾いた茶の枝も薪用に持ち帰る。

ティッバトゥというナスの仲間で、見た目はグリーンピースみたいな奴がなっていたので収穫。

コス(ジャックフルーツ)も収穫。


そのコスの大木を伐採した後の現場に放置されていた節の部分をゲット。

A4ペーパーほどの大きさの岩石も幾つか。


バンに色々と満載して帰宅。

コスの節は外皮を剥いて、軽くブラッシングしてやると綺麗な木目が出た。

これを庭に配置。

岩石もワイヤーブラシで掃除して配置。

悪くない。


妻が庭や山から持ち帰ってきた植物を、私が挿し木処理して、鉢植えに。

根が出てきたら植え替えて増やします。

種類的には、解かる範囲では

コリウス

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-264

イレシネ・リンデニ・ピンクファイヤー

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&target_plant_code=431&target_hinshu_code=5

カラテア・ランキフォリア

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&target_plant_code=435&target_hinshu_code=2


植物の名前を探すのって難しい。


半年か一年か、それぐらいには綺麗な庭ができる予定。