日々の想いに徒然草 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-02-27 今日は6時起きだよ……

[]360度どこからでも見られる立体映像ディスプレイ 360度どこからでも見られる立体映像ディスプレイを含むブックマーク


(参考リンク)

こいつは、すげ〜よ!アニメとか映画の中で出てくる

立体映像技術も、もうすぐで実現できるのかぁ!(驚)

何だかんだ言っても、日本技術力もすごいなぁと思わさせる記事でした。

とりあえず、個人的にこの製品で是非やって欲しい放送はサッカーかな?

今までの放送だと、ボールに合わせてカメラが追いかけるので

各選手の動きがあんまりわからないんだよね。

この製品で、TVカメラを競技場の天井なんかに付けてもらえば

上空からの試合観戦で、選手の動きまでわかるじゃん?

っていうか、それって完全にリアルタイムジオラマになるよなぁ。(笑)


あと一ヶ月前の記事だけど、ディスプレイ関連ということで

こんな記事もあったよ。

薄く丸められるディスプレイ、いよいよ製品化へ(参考リンク)

ひょっとしたら遠くない未来、パルプ原料の紙から

電子ペーパーに変わる日が来るのかもしれないなぁ……。


一体、俺がこの世から消える間に

テクノロジーはどこまで進化しつづけるんだろう……



[]コンビニから流れてきたソニンの「ほんとはね。」 コンビニから流れてきたソニンの「ほんとはね。」を含むブックマーク


確か原曲は、「より子。」の「ほんとはね。」なんだよね。(参考URL)

この曲、彼女のエピソードを知っている人や

ドラマ天使の歌声〜小児病棟の奇跡〜」を見た人なら

涙なくては聞けない曲ではあるが

まさかソニンカバーするとは思わなかった。

ちょっと雰囲気が違うような気もするが……。

まぁ、個人的に曲自体はかなり好きなので、ここに書いてみた。


しかし、ソニンも大変なんだと思う。

EE JUMP解散でソニンは、ソロ活動へ。

以前の元気娘路線から、突然のお色気路線に変身してびっくり!

さらに曲調も、ポップスから歌謡曲チックになるし

歌だけでなく、体を張った企画番組にも出演するし、女優もやるし(参考URL)

正直、目指すべき路線がよくわからなくもあるが

個人的にこういう異色芸能人は大好きなので応援したい。



[]2003年の国官庁訪問日記「第9話」 2003年の国鬼営K問日記「第9話」を含むブックマーク


2003年6月25日(水) 〜官庁訪問5日目&郵政公社総合職1次試験の合格発表〜

B庁二回目の訪問。

この日はきちんと6時頃に起きて、遅刻せずにB庁に到着。

前回は三人と面接したのだが、今日は何人と面接することになるのだろう。


前回と同じ訪問者が、何人かいる。一方で、今回初めて見る人も何人かいる。

このB庁は、相変わらず激戦区みたいだな。

どうやったら、この激戦区を勝ち抜けるんだろう?

とりあえず、面接でインパクトのあることを言わないとなぁ……。


さてさて、12時となってお昼ごはんの時間。

とりあえず一時間の休み時間を与えられる。

俺は午前中に一回しか面接できなかった……。

早い人は、午前中だけで三回ぐらい面接してるけど、この差は何なんだろう?

ひょっとして、すでに俺は一軍ではないのだろうか?

何か、またもや嫌な予感がする。もう俺に逆転は不可能なのか?

何としてでも、一軍に戻らなければ!

必死になって、お昼ご飯を食べながら良い台詞を探した。

「B庁に入庁して、日本国民の安全と財産を守りたいんです!」

そうだ、これだ!これしかない!


そして、午後の拘束再開!

3時くらいに、ついにこの日二回目の面接に呼ばれる。

何かやたら、不機嫌そうな人が出てきた……。

面接官:「うん、△▽君。君は何故B庁を志望しとるんや?」

   俺:「B庁に入庁して、日本国民の安全と財産を守りたいんです!」

面接官:「……ふぅん。じゃ、頑張ってね。」

……と、これだけで面接が終わってしまった。たった、二言だけかよ?!

この時、俺は悟った。もうこりゃB庁もダメだ。

こんなにすぐに終わった面接は、初めてだし

多分、あまりにうそ臭い台詞で完全に切られたに違いない。

「あぁサヨナラ、B庁。」失意のどん底で、再び時間だけが過ぎていく。

早い人は、この日だけで7人、8人と面接しているみたいだ。


午後7時、俺はようやくこの日3人目の面接官と面接。

一通り、B庁への志望動機を主張した後

面接官:「ところで△▽君、二次試験はどうだい?二次合格できそうかい?」

俺   :「わかりません。自分なりに一生懸命頑張ったつもりです。」

      ただ、一次試験の結果があまり良くなかったので

      二次試験で相当の大逆転を起こさないと

      合格は難しいと思ってます。

      神のみぞ知るってところですかね?」

面接官:「……君は、多分合格してると思うよ。

      まぁ、もし二次合格したら連絡をくれ。

      僕は君からの連絡を待っているよ。」

って感じで、面接が終わった。

そうだよなぁ。

二次合格しないと、この官庁訪問意味がまるでなくなるんだよな……。

っていうか、自分の憶測で「合格してると思うよ」とか

「君からの連絡を待っている」なんていうのは、やめてくれ!

ちょっとだけ、期待しちゃうじゃないか!(笑)

とりあえず、ほのかな期待と共にこの日は終了!


家に帰ると、郵便受けに何か大きな書類が挟まっている。

「?!」

あっ、そうか。確か今日は郵政公社総合職の1次合格発表だったっけか?

大きな書類ってことは、合格なのか?

早速書類を開いてみると……

「合格おめでとうございます」との文字が!

マジで?!

その他、業務説明会等の場所や時間が明記してあるけど

とりあえず国気瞭癲皇蟆魘愼より遅くて助かった……。

もし国気覇癲皇蠅出なかったら、ちょっと考えてみよう。

とりあえず、今は国気暴乎罎澄


→第10話〜業務説明期間最終日〜に続く!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/monja/20040227