日々の想いに徒然草 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-03-05 パケ代、むちゃくちゃヤバイぞ!

[]最後のメッセージ 最後のメッセージを含むブックマーク


4月から全国転勤のある職場。

多分もう、長期間実家には帰れないから、最後のあいさつ回りに行ってきた。

小学校時代親友中学校時代の恩師、離れて暮らす曾祖母、

共に時間を過ごした大事なあいつら……。

なかなか会えなくなるのは寂しいけれど、俺ももう社会人。

今までは、社会に育てられてたわけだけど

今度は俺が社会に対して恩返ししなくちゃ。


だから、今までありがとう。

楽しい思い出だけじゃなく、時には喧嘩したときもあったし

時には一緒に悩んだり考えたこともあったけど

僕達は、果てのない「自分という名の道」を走り続けてるんだ。

人によって走る方向なんか全然違う。

たまたま僕らの道が、ちょっとだけ交差してただけなんだろうね。

最初は全然遠かったのに、そのうち僕らの距離が縮まっていく。

だけど交差点を過ぎた後は、どんどん遠くなって

そのうち君の姿も見えなくなる……。


俺はもう、この町には戻らないし

君もきっと戻ってこないだろう。

だけど、お互い自分の人生を頑張ろうな。


「ありがとう、さようなら」



[]2003年の国官庁訪問日記「第13話」 2003年の国鬼営K問日記「第13話」を含むブックマーク


2003年6月30日(月)〜官庁訪問6日目〜

前回の6月24日のFの官庁訪問

あんまり良い感じの面接ができなかったんだけど

「とりあえず二次合格したら、27日(金)か30日(月)に来てくれ。」

と言われてたので、俺は30日を選択していた。


この日も、官庁訪問者はまず一箇所に集められる。

全部で6人いたけど、このうち5人は今日始めて訪問しに来た人らしい。

この日も、業務説明→個別面接みたいな流れみたいだが

俺はすでに前回の官庁訪問で業務説明を受けているので

いきなり面接をすることになった。

今度は課長&課長補佐との面接ではなく、部長との面接。

偉い人が出てくるってことは、基本的には良い傾向なんだろうけど

内々定が確定するわけではない。

面接自体は、わりと無難にこなせたような気がする。

とりあえず「もしご縁があったら連絡いたします」との事。

あれ?ひょっとして、Fはこれが最終面接?

内々定解禁日は、7月4日だよ?まだ面接するんじゃないの?

……はっ、まさかこれで切られたんじゃ?!


持ち駒がどんどん減っていくっていうのは

あまり良い気分じゃないけど、これが現実だ。

2次合格しても、確実にどこかの官庁から内々定がもらえるわけではない。

だからと言って、俺は新しい場所に官庁訪問することはしない。

興味のあるA庁、B庁、C省、F。この4つ以外は考えないことにする。

まだこの時点で、B庁とC省からの連絡はない。

A庁は、7月4日に面接が入っているので

明日の予定がまったくなくなってしまった。

……明日から俺、何をすればいいんだろう?(笑)


→第14話〜最終回〜に続く!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/monja/20040305