家づくり後悔データベース 住宅・すまいづくり失敗例から学ぶ

2006-12-17 すべて4寸柱にしたら廊下が狭くなってしまった

[]

平屋建てなのに思い切って、三寸五分角の柱を、4寸角にした。太い柱の方が安心だと考えたが、これが大失敗。柱が太くなる分、部屋が狭くなることには気が付かなかった。特に廊下が狭さを感じさせる。

柱芯々で910mmの場合、三寸五分角の柱で大壁だと壁の内法は910−105−26=779mmであるが、4寸角の柱となると、764mmになってしまう。しかも天井高も廊下も2600mmにしたので、狭さを一層感じさせてしまう。

また三寸五分角の柱を、4寸角にしたせいではないが、構造材が乾燥材ではなくグリーン材になってしまった。そのため建築して6年経った今でも、ピシッと木の割れる音がするし、柱が倒れ襖などに隙間が目立つ。三寸五分角の柱にして乾燥材を指定した方が良かったと言える。

2006-08-13 切り妻屋根の入隅部分から雨漏り

[]

屋根裏ロフトにして、斜線制限から切妻屋根の端部を棟を中心に2/3ほど切り欠きバルコニーを設けた。その結果切妻屋根に入隅部ができてしまった。

築10年で雨漏りが始まった。てっきりバルコニー下の屋根が水勾配1/10であるので、この立ち上がり部分の入隅からの雨漏りだと考えた。近所で評判がいい工務店にお願いし、そこで一番腕のいい板金屋さんに修理をお願いすることにした。

プロの見立ては違っていた。雨漏りの原因は、破風板の入隅部分の納まりの悪さだという。ただ止めただけで、シーリングが切れたら漏ってしまう納まりで、破風を切って板金金物を入れるようにしなければならないという。なるほどと感心しながら修理をお願いした。

今もそうであるが、サイディング屋さんは体力が必要なので、結構技能の無いにわか職人が多い。工事費を値切り過ぎたと反省している。

f:id:monotsukuri:20060813224112j:image

2006-07-11 降りるのが怖いくらい急な階段になってしまった

[]

間取り優先にしたため、階段の勾配がやや急になることは設計の段階で知らされていた。しかしでき上がってみると、想像以上に階段が急になっていた。昇り降りが大変というよりは、降りるのが怖いほどの階段になってしまった。

これ程の勾配ならば、急勾配過ぎるのでやめるべきだと、設計の段階で言って欲しかった。いくら施主が間取りに固執しても、プロならばあきらめるよう、もっと施主を説得すべきではなかったのではないだろうか。

2006-07-10 バルコニーのドアを開けると物干し竿に当たる

[]

奥行き120cmのバルコニーの手摺に、物干し竿用金物を取り付けた。物干し竿を金物に渡すと、結構手前に出てきてしまう。バルコニーへの出入は、ドアにしたのがドアを全開すると、物干し竿に当たってしまう。

幸いドアはバルコニーの中央に付いているので、ドアを半分ほど開き出入することができるが、これがバルコニー端部に付いていて、しかも運悪く端部側に開くようになっていたならば、出入もできなかった。

ドアを内開きにすれば、こうした問題は起こらなかったが、雨の入り込まないように工夫がされた内開きドアはないという。

2006-07-06 飾り柱に当たり玄関ドアが全開しない

[]

玄関前にある飾り柱が邪魔になってドアが全開しない。新築後に引っ越してきた時に、ドアストッパーが効かず、ドアのハンドルに紐をかけ飾り柱と結び、ドアを開けたままにした。この時は新築で気持ちが高ぶっていたこともあり、単にドアストッパーが効かないことだけが不具合だと考えた。

ドアストッパーに関しては、工務店に電話してドアクローザーを調整するということで直してもらった。しかしその際に初めて、飾り柱が邪魔になってドアが全開しないことがわかった。飾り柱が大きすぎたのが第1の原因であるが、玄関ドアの設置位置をもっと壁から離せばどうにかなったはずだ。飾り柱のデザインを決めた段階で、玄関ドアが全開するかどうかを、チェックすべきであった。

Connection: close