新・鍋でもうだうだ

2008-02-19 ひどい更新ペースです。

[]久しぶりのテストプリント23:56

お題はRicoh GR DigitalRAWから作成したモノクロデータ。ウェットプロセスで言うところのスプリットグレード法をベースにデータを作ってみた。まぁ、HDRと大差はないのですが。

紙は発売時プロファイルが配布されていなかったため放置されていたピクトリコプロ セミグロスと、ずーっとうまくいかない月光ブラックラベル、もっと実用したい伊勢和紙Photoです。

ちなみにプリンタEPSON PX-5500で。

あと、今回はそれぞれ最黒を知りたかったのでグレースケールテストも。

ピクトリコプロセミグロス

  • 用紙設定:絹目調
  • プロファイル:ピクトリコ純正

今回3種の中では白色度が高いためか、硬調に仕上がった。

あまりに普通だったので特に感想なし。悩まず使えるかと。

月光黒ラベル

  • 用紙設定:絹目調
  • プロファイル:ピクトリコ純正(純黒・普通)

Photoshopでプロファイルを適用すると中間調がハイライトになり、ハイライトが飛ぶ。元データをアンダー目の軟調にしておいて、プロファイル適用後に修正するのが吉。中間調はだいぶアンダー目に。シャドウはRGB(0,0,0)ギリギリまで落とさないと黒がまともに出ない。ハイライトもRGB(255,255,255)ギリギリまで上げる。グレースケールをプリントして思ったが、異常に軟調なだけで黒もそこそこ出る様子。ただし、用紙設定絹目調ではマット紙であるせいもあって、ちょっと黒が浅い。クリスピアとかに設定してみると良くなったりしないだろうか。それともやはりRIPか。

伊勢和紙Photo

  • 用紙設定:絹目調
  • プロファイル:EPSON マット紙(Photo K)

なんか設定に失敗した気がする。スーパーフォト2880dpi/モノクロ写真モードを使いたかったために絹目調に設定したが裏目っている気がする。マット紙のカラーモードでやり直してみよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moomoo-ya/20080219/1203432995