Hatena::ブログ(Diary)

月は東にsatellite このページをアンテナに追加 RSSフィード

【業務連絡】
最近、コメント欄が調子悪いようです。記事によってコメントできるできないがある模様。それでもコメントしてやるぜ、という奇特な方は、大変お手数ですが、コメントできる記事を選んでコメントしてください。よろしくお願い申し上げます。

【初めてお越しの方々へ】
左サイドバーの“プロフィール”の“moonblue”をクリックして、ブログポリシーをお読みください。

【一度でもお越しいただいたことがある方々へ】
未来記事を別ブログへ移動しました。移動先→水無月memorandum(2019年の映画鑑賞予定追記)

【更新情報】
多忙につき更新記事のリンク省略。過去記事には随時追記してます。



2006 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |


2017-08-06 OFF

[][][]NHKBSプレミアム 『おんな城主直虎』#31 “虎松の首” 18:00〜18:45

録画済。


あわや『菅原伝授手習鑑』か『熊谷陣屋』か『盛綱陣屋』か。

疱瘡を患っていた見知らぬ子供の首を掻き抱き、涙しながらも静かに経を唱える直虎(柴咲コウ)。
この子のために。地獄へ赴く政次(高橋一生)のために。

関口(矢島健一)はもしかしたらニセ首だと気づいていたのかもしれないな。

「俺“だけ”が行く」ってことでしょうね。

あと、この身代わりを探したのは龍雲丸(柳楽優弥)かなとも思ったり。依頼者はもちろん政次。政次のことだから、徳政実施の日を方久(ムロツヨシ)に訊いて、今川から「虎松の首を」と言われるのを予想して*1、すぐに動いたか。でなきゃ、関口にあんな顔できないよ。そして、虎松がいない龍潭寺に虎松を探しに行き、直虎たちに状況を知らせ、首実検の賭けに出る。

政次の傍らにいた小野の家臣らしき人物。井伊家の面々とは違い、瞑目し頭を垂れる。主人を想い井伊の殿を想い身代わり首の子を想って………。



みんなが政次の心を知っていた。嬉しいことなのに哀しい。直虎以下、知らなかった方が良かったのかもしれない。私たちはこれからのことを知っているから。


「まだお早い」の顔良かったなあ。
からの
「虎松様、必ずや城を取り戻しお迎えにあがります。ですからどうか我らのためにお隠れくださいませ」
「こんな…こんな大将でよいのか?」
からの
「鎖帷子を、鎖帷子をお貸しくだされ!奥山六左衛門、歩く盾となりまする!」
泣くしかないじゃないか。
でも直之(矢本悠馬)巧い。ここで武芸の苦手な六左(田中美央)に戦って守れと言っても酷な話で、「盾になれ」と。それなら六左は喜んで弁慶になる。自分ができることをする。大将を逃がしてこそ。大将は逃げて生きてこそ。


「掛けがえのない友をかたじけのうございます」
亥之助(荒井雄斗)は伯父の遺志を継ぎ“友”を守ってゆく。


心君はこれで退場なのかしら。最初の頃、大人げない巷の声は「またこいつかよ」でしたけど、この子はホントに巧いんだよ。巧いからひっぱりだこなんだよ。心君が虎松で良かったと、今回とみに思いました。

*1徳政令受け入れの後とはいえ、直虎ですら(失礼)そう考えてたし。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/moonblue/20170806/p2