MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2005-11-30 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「ザ・サード」2006年4月よりWOWOWノンスクランブル枠にて放映開始予定。

> 原作:星野亮
> キャラクター原案後藤なお
> 監督:神谷純
> キャラクターデザイン山岡信一
> メカニックデザイン:鷲尾直広
> アニメーション制作:XEBEC

・TVA「錬金3級 まじかる?ぽか〜ん」2006年春放映開始予定。

> 原作:がらくたはうす
> 監督:八谷賢一
> 構成・脚本:井出安軌
> キャラクターデザイン総作画監督:平田雄三
> 音楽制作:ランティス
> アニメーション制作:REMIC・すたじおガッシュ
> プロデュース:ジェンコ
> 製作:まじぽか團

・TVA「機神砲吼デモンベイン」2006年4月より放映開始予定。

> アル・アジフ能登麻美子

追記.

月刊メガミマガジン1月号のアニメ版記事について@デモンベイン公式

お詫びと訂正。@メガミマガジン

とりあえず今回に関しては誤報で確定の模様。

・TVA「涼宮ハルヒ」2006年4月より放映開始予定。

・TVA「ラブゲッCHU」2006年4月より地上波深夜枠にて放映開始予定。

・TVA「ウィッチブレイド」2006年4月より放映開始予定。

・TVA「しにがみのバラッド。」2006年3月よりWOWOWノンスクランブル枠にて放映開始予定。

・TVA「落語天女おゆい」tvk、テレビ埼玉、ちばテレビ、サンテレビ、メ〜テレにて2006年1月放映開始予定。

・TVA「ああっ女神さまっ 第2期シリーズ」TBS/BS-i 2006年春放映開始予定。

・TVA「パピヨンローゼ New Season」全6話 テレビアニメ企画進行中。

以上、メガミマガジン1月号より。

-----

・「地獄少女」第9話

今度は「ジャぱん」のパロディですか。変化球、新展開と続いたけど、柴田親子が絡んでる以外は、当初の水戸黄門展開に戻ったようだ。今回は、ちょっと動機が弱いな。新作ケーキをご丁寧にバラしてる妹の軽率な行動が原因なんだし。実は父親も森崎に陥れられていて、姉も森崎に何度も乱暴されてたとか、もしくはあのままソープに売り飛ばされてたとかだったら復讐するには十分の理由になったと思うけど。まあ、正直その辺は重要ではなくて、ぶっちゃけ、オヤジケーキをやりたかっただけじゃないかと(笑)。柴田親子は、つぐみ感知→父現場に直行を繰り返して、少しずつ真相に近付くと言うことかな?次回の『トモダチ』って、これまた今のご時世に危険なネタを投下するなあ。

・「ノエイン もうひとりの君へ」第8話

アトリとトビが残飯漁りのふて腐れ浮浪者と化してて笑った。次はダンボールハウスに住んでても違和感ないぞ(笑)。とりあえず、ハルカが無事帰ってきた事で、今度はユウの物語にシフト?ハルカが見つからない間、カッターチキチキやってたり、ブチキレて母親から逃げ出したりしてたのに、普通にバロンとじゃれ合ってる変わり様。実際、小学生の頃なんてあんな感じだったよなあ、とか思った。しかし、楽しそうなユウは始めて見たな。『きのこな山』争奪戦で騎乗位は狙いすぎ。どこまで行っても、ハルカがバイタリティーに富んでいて前向きだから物語として見てられるんだよね。これで、ハルカが今のユウみたいな性格だったら目も当てられない惨状だったろうな。でもって次回、そのユウがカラスに説教されるようですが。それと、ユウのママンが変わったのは、やっぱり何か原因あり?ママンの姉に関係が?

2005-11-29 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「機神砲吼デモンベインアル・アジフ役:能登麻美子ってマジですか?orz

エセルドレーダだったらまだ許容範囲だけど、アルはありえねえ…。アル復活のあのシーンのセリフとか、うつけうつけ大うつけ!の連呼とかを能登ボイスで想像再生してみたら、どう考えてもダメっぽい……。

追記. 鋼屋ジン氏のブログを見たら、どうやら誤報っぽい感じですが。

・『電撃ブートレッグ』Volume.51より新刊情報など。

2月の新刊予定(2006年2月10日発売)

★第12回電撃小説大賞受賞作品

◇<大賞>「お留守バンシー」著/小河正岳・イラスト/戸部淑
◇<金賞>「哀しみキメラ」著/来楽零・イラスト/柳原澪
◇<銀賞>「狼と香辛料」著/支倉凍砂・イラスト/文倉十
◇<銀賞>「火目の巫女」著/杉井光・イラスト/かしわぎけいたろう

◇「ぼくと魔女式アポカリプス」著/水瀬葉月・イラスト/藤原々々
◇「灼眼のシャナXII」著/高橋弥七郎・イラスト/いとうのいぢ
◇「半分の月がのぼる空6 life goes on」著/橋本紡・イラスト/山本ケイジ
◇「キーリVII 死者たちは荒野に永眠る(上)」著/壁井ユカコ・イラスト/田上俊介
◇「アスラクライン(3) やまいはきから」著/三雲岳斗・イラスト/和狸ナオ
◇「麒麟は一途に恋をする5」著/志村一矢・イラスト/椎名優
◇「座敷童にできるコト(4)」著/七飯宏隆・イラスト/池田陽介
◇「奇蹟の表現III 竜<ドラゴン>」著/結城充考・イラスト/KEI
◇「F エフII」著/坂入慎一・イラスト/凪良(nagi)
◇「想いはいつも線香花火(3)」著/一色銀河・イラスト/ゆい

あとは、「月刊ミステリー ボニータ」で、コミック版『キーリ 死者たちは荒野に眠る』の連載スタートとか、『電撃hp vol.39』で『バッカーノ!』と『終わりのクロニクル』のドラマCD通販開始とか、アニメ版「灼眼のシャナ」第9話、いとうのいぢ氏がシャナマージョリー笹倉綾人氏が吉田さんと緒方さんの水着デザインを担当したとか、2クール目からEDとOPに何かが起こるらしいとか色々。

角川ビーンズ文庫の新刊折り込みチラシによると、「彩雲国物語」は、来年4月からNHK・BS2で決まりのようですな。ほぼマ王の後番で確定かと。


・「ToHeart2」第9話

良くも悪くも原作に忠実なダイジェスト。瑠璃が珊瑚の寝込みを襲って唇を奪う(微妙に間違い)シーンで力を使い果たしたのか、後半の遊園地デートはかなり投げやり風味な作画に…。特に雄二は顔が別人だし、双子からは眼中に無さそうだし、色々と悲惨(笑)。瑠璃は、世界中の誰よりも珊瑚が好き、自分以外の誰かが珊瑚の一番になったら嫌だと、独占欲の固まりみたいな宣言をして一応元の鞘に収まった感じはするんだけど、次回のイルファ登場でまた悪化するんだよなあ。珊瑚が瑠璃に友達を作ろうとしてる理由と、瑠璃が友達を作りたくない理由が明らかになるのも多分次回。姫百合姉妹ルートは、その名字が示すとおり、百合…というか姉妹愛がテーマなだけに、貴明がどちらか一方と付き合う形にはならず、珊瑚、瑠璃、イルファ(+ミルファ、シルファ)に囲まれる、いわゆるハーレムエンドという「ToHeart2」の中では異質なシナリオなので、原作発売当初から賛否両論分かれてたと思うけど、アニメ版だけだと否定派ばかりになりそうだ…。


▼WebClap/Formレス

魔法少女リリカルなのはA's

>仮面勇者王はリーゼ達でほぼ確定かと。見事に格闘専門と魔法専門になってましたし。
>「闇の書の主の終焉のときだ」(偽フェイト)ということは、やはり目的は闇の書の封印=復讐でしょうか?
>台詞は、なのはの「なんで本当の名前で呼ばないの!?」が良かったかなと。
>「悪魔で良いよ」もそうですが。
>覚醒はやては羽が生えた瞬間に「こっちでも水銀燈復活!?」かと(w
>次回予告で血を流してるのはクロノ父としか思えない…あと、すずかとアリサには正体をバラすのかな?

正体バレエピソードは好きなので、個人的にはやって欲しいですね。

フェイト×シグナムはまだいいけど、なのはとヴィータのライバル関係が
>イマイチ成立しないままヴォルケンリッター退場はもったいないです。
>予告で闇はやてがスターライトブレイカーらしきものを放とうとしているってことは、
>シュツルムファルケンやギガントのお披露目も闇はやてがもっていってしまうのでしょうか…

>仮面の男がなのはとフェイトに変身したとき、「色違いかよ!!」とツッコんでしまいました(ぇ
>やっぱ正体はリーゼ達で決まりですかね?二人いますし、片方は魔法に、もう片方は格闘ですし。

>ttp://www2.ranobe.com/test/src/up4691.jpg
>ものは試しとキャプ画に仮面つけてみました。
>服装や髪の長さが微妙に違うんでぱっと見微妙なとこもありますが、どうでしょ?

微妙に違えど、あれがクロノ父なら、他に似てるキャラが居ないので決まりかなあ。ヴォルケンは最終回前後で復活するでしょうけど。

>なのは>Fateの桜ルートを彷彿とさせられました。ってか、覚醒はやてまんま黒桜なんですが(笑)

アニメFateでは、はたして黒桜様の降臨があるのかどうか。

▽以下その他

>次にアニメ化されそうと俺が予想するライトノベル
>とある魔術の禁書目録、護くんに女神の祝福を!、戯言シリーズ、ランブル・フィッシュ
>まあほとんど俺の希望なんだが・・・

禁書はそう遠くないうちにやりそうな気が。あとは終わクロとか、ブーム便乗で一番旬なら田村くんとか。スニーカーならムシウタ、富士見ファンタジアなら特集記事の多さからして風の聖痕とニノ宮くん、富士見ミステリーならGOSICKでしょうな。

wowowの番組表更新してますよ。そこで気になったことが一つ。
>「エルゴプラクシー」が1月7日から放送
>開始(翌週木曜深夜に再放送あり)なのですが、ノンスクランブルになってるですね。
>変更されたのか、はたまたミスなのか・・・。前者のほうが嬉しいですが。

>1月7日の「エルゴプラクシー」は1話だけノンスクで先行放送という、よくあるパターンでは?

>エルゴプラクシー、6分番組って事はないでしょう。番組宣伝では?12日だけ20分あるのは謎ですが。

どうやら、事前特番を2回やると言う事で決まりのようですね。

>この雑記で「時をかける少女」のアニメ化を知った時、発売中止になったPS版(確か桜野みねね氏が
キャラデザを担当していた記憶が。)のことを思い出したのは僕だけでしょうか?

>>筒井康隆時をかける少女」2006年アニメ化決定!
>そういえば同作品をベースにして発売される予定だった、PS版のゲームってどうなったんだろうか?

これですね(笑)。社内的に無かった事にされたようですが。エニックスお家騒動も絡んでたんだろうか?

>やたら話題沸騰の「SHUFFLE!」19話。稟は相変わらずヘタレヘタレ言われてるけど、
>まあ、少なくとも前回と比べりゃまだしもマシだと思う。
>楓の話を聞いて無かったのはちょっと酷いと思ったが、
>前の前であんな事 (亜沙先輩倒れた)があっていっぱいいっぱいだったので、
>そこに突っ込むのは酷かも。楓に関しては、まあ唐突な変化ではないかも。
>第一話の時点で、「ちょっと稟に依存しすぎてるよな」程度の描き方はされてたし。
アニメは原作とは違うようだが、この辺はどうなっているのだろうか?
>しかし、誰かも言ってたが、やっぱ今回一番の苦労人ってプリムラだよなあ…
>アレはもう「両親が夫婦ゲンカ中の小学生」どころのレベルじゃないぞ。

前回はシナリオの都合上、無理矢理ああされた感じでしたからね。今回は亜沙先輩しか見えてなくて心配する余り上の空だったんでしょうけど、原作の稟と重ねてしまうと、どうしてもヘタレに見えてしまう。原作でも楓と亜沙先輩のやり取りはあるけど、精神的にここまで不安定ではないので、アニメ版のようにはならないです。個別ルート入ると他のキャラ自体あまり絡まなくなるし。

>錬金3級 まじかる?ぽか〜ん 今日検索したら一気に件数が増えた^^
>昨日投稿する前に検索したら、公式プレサイトと、電撃大王ぐらいしか出なかったのに。
>こういうことに遭遇?するのは、最初で最後だろうな(笑)
>意外な展開で気になる作品になったなぁ〜^^

キャラアニのメルマガはさり気なすぎて見逃してました。電撃大王が発売された時点で気付いていれば良かったのですが。内容は激しくG-on…B級の予感がw

>>なぜかHDDレコーダが正常に作動してなくて録画に失敗してた
>うちもRD-Z1がフリーズしてました・・・順番とチャンネルから考えて銀盤の冒頭あたりかと

>>録画を忘れないようにしなければ...録画をセットしても、
>極まれに録画に失敗してしまう事があるのは、HDDレコーダーの宿命というべきか(^^;
>いや本当に困りますよね。
>今年は2回HDDの初期化をしなければならない事態になり、
>春〜夏の アニメが多数消えました(T-T)。
>テープ方式の方が安定している のかなあと考えつつも、
>やはりHDDレコーダーの便利さに手放す事は 出来ませんし(^^;。
>録画を失敗しない究極の方法は、
>つねに(1台でW録ではなく)2台で同じ番組を録画するしかないですね。
>落雷がない限り2台同時に故障やトラブルが発生する事はないと思いますので。

うーむ、やっぱり銀盤の冒頭か何かで不正なデジタル信号が混在したとかが原因?機器が進化しても、こういう不安は無くならないんでしょうな…。

>お初です。自分はアニメ不毛県在住の上、BSもないので(CSは入っています)、
>ほとんどのアニメがリアルタイムで見れることはないので、
>こちらの感想とか読ませていただいて、内容とか確認させていただいております。
>一部作品は放送されている地域の友人に録画してもらっていますが。
>「D.C.S.S.」はさくらが出てきたところで切られたんでしょうか?
>自分はキッズでしか見れないので、今日の深夜にようやく19話「さくらの言葉」ですが。
>現在、最終回のタイトルを見て、愕然としております。
>最終回のタイトル「幸せの鐘」って…。どうみても誰かの結婚式を連想しますよ。
>最後の方の、23.沈黙の夏→24.誓い→25.ダ・カーポ→26.幸せの鐘(終)、
>っていう流れは嫌な感じです。また音夢エンドか…。
>それで…。もう切ってもいいかなレベルなんですけど、19話は取りあえず見ます。
> 「To Heart2」は、双子のあと、11.満開の八重桜→12.春風、なので、
>このみエンドになるかどうかだけかと(確か監督もそんなこと言ってたような<AT-Xのインタビュー)。
>それより、AT-X12/24初回放送の特別編が何やるのか気になっています。
>以上です。参考とまでは言えませんでしょうが、
>一応、こういう形で挨拶させていただきました。それでは、失礼いたします。

D.C.S.S.」は先週の回を見逃したので、視聴は続けてるけど感想は止めました。最終回を見たら何か書くかもしれませんが。φなるの最終回の如く、全ヒロインで疑似結婚式だったら笑います。「ToHeart2」は、やっぱり草壁さんスルー?特別編はAT-Xだけみたいですね。番組編成の都合で総集編でも挟むんでしょうかね?

2005-11-28 このエントリーを含むブックマーク

筒井康隆時をかける少女」2006年アニメ化決定!

雪乃紗衣×由羅カイリ「彩雲国物語」2006年アニメ化決定!

上記2作品とも、ドラゴンマガジン1月号に載ってるニュータイプ1月号予告より。詳細は本誌にて。「ザ・サード」のアニメ化については、特に新情報なし。

・月刊ドラゴンエイジ特別増刊「ドラゴンエイジ ピュア」2006年1月発売決定。

『有限会社コボルト私立探偵社』の特別編が一挙62P掲載決定。

・TVA「びんちょうタン」&「REC」2006年2月2日(木)25時55分より、TBS『アニアニランド』内にて放映予定。

アルケミストはるのあしおと -Step of Spring-」2006年春発売予定。

キャラクターデザインKIMちー・庄名泉石、シナリオ:鏡遊・北川晴。PS2版の追加要素は、KIMちー氏による新規イベントCG追加、劇中劇『ユメノカナタ』をサウンドノベル形式で収録、A択肢をサポートしてくれる“おたすけナビ”&お気に入りのヒロインのシナリオを、選択肢を選ばずに進められる“おまかせモード”、た軍せ畧作のOPムービーをノンテロップバージョンで収録&EDソングは『Spiral Spring』のアレンジバージョン。

OVAMemories Off #5 とぎれたフィルム」2006年3月24日発売予定!

> 原作:KID
> 監督:岩崎太郎
> 脚本:林直孝・たきもとまさし
> 総作画監督キャラクターデザイン:谷口淳一郎
> 美術監督:根本邦明
> アニメーション制作:動画工房
> 河合春人:森久保祥太郎
> 日名あすか:野川さくら
> 仙堂麻尋:井ノ上奈々
> 観島香月:桑谷夏子
> 早蕨美海:名塚佳織
> 雨宮瑞穂:佐久間レイ
> 小津修司:岸尾大輔
> 日名雄介:櫻井孝宏
> 稲穂信:間島淳司

KID「セパレイトハーツ」キャスト。

> 双葉碧:斉藤桃子
> 水瀬藍:本多陽子
> 燈香朱:宮川美保
> 日向ひかり:小清水亜美
> 深月真夜:広橋涼

インターチャネルSoul Link EXTENSION」PS2版新ヒロイン情報。

武装組織・ハララクスの一員で、メンバー内のナンバー2。情に厚い江戸っ子気質のテロリスト・カレン=タチバナ。

・スターフィッシュ「くるくるカメレオン」2006年1月発売予定。

キャラクターデザイン:夢宮鈴乃。かわいいキャラでアツく萌えるパズルゲーム。

・propeller「はるはろ!(仮)」2006年春発売予定。

原画:ことみようじ、シナリオ:荒川工&J・さいろー。男子の地位を取り戻せ!?女子が権力を握る学園で描かれる青春ラブコメ。

・LOVERSOUL「春萌〜はるもい〜」2006年春発売予定。

原画:はいおく・菜然しかな、シナリオ:夏葉薫・水月紅葉。初春の田舎町を舞台に、淡くて切ない恋物語を描くノスタルジック恋愛AVG

・Spirit Speak「CCホスピタル(仮)」発売時期未定。

原画:ヤマ♥ぴっこ、シナリオ:美汐優。白衣の天使が『薬』の効果でエッチに大・変・身。

二次元ドリームノベルズ「淫堕の姫騎士ジャンヌ」ゲーム化決定。

単行本帯にて発表。制作はcatwalk

・TVA「エルゴプラクシー」WOWOWノンスク 1月7日(土)19:24〜(リピート:翌週木曜9:40〜/24:24〜)

WOWOW番組表より。おや?2月からスクランブル放送じゃなかったっけ?ミス?

ついでに、他のサブタイトル情報も。

・「SHUFFLE!」第24話『そして・・・・・・大切なこと』

・「半分の月がのぼる空
第1話『亜希子さんと少女と芥川龍之介』、第2話『多田コレクションの相続

半分の月がのぼる空」は、いきなり2週目がテニスで休止なので、「しにがみのバラッド。」の開始は3月からになりそうだなあ。

2005-11-27 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「あまえないでよっ!! 喝!!」新キャラ&キャスト。

> 上野一希:真田アサミ
> 天川京:三石琴乃
> 龍寛:小野大輔
> 左近:立花慎之介
> 右京:西本理一

・コミックガム発信!サウンドコミックCDシリーズ「SONIC GUM」が始まります!

○No.1 原作:高千穂遙×漫画:服部健吾「銀河拳獣無宿伝リュウ」

> キャスト:岸尾大輔遠近孝一夏樹リオ

○No.2 原作:桑田乃梨子豪放ライラック

> キャスト:植田佳奈山本麻里安高橋美佳子平田宏美

○No.3 原作:島本高雄×漫画:森野遠弥「無宿狼人キバ吉」

> キャスト:中井和哉桑島法子田中真弓・真地勇志

詳細はコミックガム次号で発表。

BS/CS全局の500番組以上のアニメ情報を徹底網羅!「ANIME TRANCE」12月10日発売。

ワニブックスから。

OVA「大魔法峠」スタッフ。

> 原作:大和田秀樹
> 監督・脚本:水島努
> キャラクターデザイン:磯野智
> 音響監督:岩波美和
> アニメーション制作:スタジオバルセロナ
> 製作:ジェネオンエンタテインメント・東芝エンタテインメント

・きゃんでぃそふと「つよきすコミカライズ決定。

コンプエースVol.5より新連載開始。コンプエースは今月号から隔月刊化。樋上いたる麻枝准インタビューあり。次号では、べっかんこう武内崇奈須きのこインタビュー。

-----

なのはA'sまではリアルタイム視聴したから良かったけど、「銀盤カレイドスコープ」「蟲師」「ゾイドジェネシス」が、なぜかHDDレコーダが正常に作動してなくて録画に失敗してた…。仕方ないので、「銀盤カレイドスコープ」と「ゾイドジェネシス」は、水曜日のAT-XBSジャパンでの放送待ち。

・「魔法少女リリカルなのはA's」第9話

( ゚д゚)ポカーン。色々と予想していた展開を遙かに凌駕する超・展開に。サプライズ・プレゼントを企画して、ヴォルケンたちと鉢合わせ。ヴィータの、『睨んでねーです。こういう目付きなんです。』は今日唯一和んだオモシロ台詞だったな。その後は、大した余韻もなく、即座に臨戦態勢。なのはが炎をバックに『悪魔で良いよ』発言、凛々しすぎ(笑)。フェイトソニックフォームをお披露目したのに、空気の読めない仮面の勇者王達が全てをブチ壊し。クロノがグレアム提督を調べてた事を考えても、仮面の正体はリーゼ姉妹で確定?はやての心を堕とすために、なのはとフェイトに変身した直後の声が、まんまリーゼ姉妹だったような。完璧に変身出来るのに仮面を付けてる理由は、あの2人以外にもう1人仮面がいるからかも。次回予告で血を流してたのがクロノ父?はやてとヴォルケンが融合した覚醒はやて、ビジュアル的には微妙。

・「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第9話

これはちょっと、話題的にタイムリーすぎる内容だった。浩樹と霧は生徒の前(というか、エリスの前)で、ごく自然にプライベートトークかましてエリスの機嫌を損ねるわ、パリ留学のお祝いで家に来ていた霧に対してエリスが感情を爆発させるわ、狂気を取り除いた「SHUFFLE!」第19話みたいな展開だったので、思わず苦笑いしてしまったよ。原作では、エリスルート・霧ルートどちらでもクライマックスで使われていたパリ行きフラグを立ててしまったけど、早すぎじゃないのか?


▼WebClap/Formレス

▽引き続きSHUFFLE!

シャッフル視聴・・・うん、社長見て癒されてきます。

>昔の禀すげえ忍耐強いナイスガイだな、ガキなりに
>次回先輩話でその次楓救済かな

>19話のスタッフでひぐらし作ればいいんだ!!かなり見たいです

>もの見てて純粋にゾッとしたのは今回の楓が初めてです。怖ぇ……。

>楓可愛いよ楓。

>レス内に亜沙先輩が楓の過去を知っていると書かれていたけど
>原作では確かにそういう描写はあるけどアニメ版では過去を知らなかったはず
>つまりそれらも含めて原作をいじって今回の話に繋げたんだと思います。

>自分的には稟は悪くないと思う。
>楓が今も昔も勝手な思い込みをしていて結局稟に甘えているだけだとおもう

>もしかしてSHUFFLE19話の反応は一番じゃないですか?
>まあ…当然と言えば当然の結果なのでしょうが。
>でもこれ以上の反応が起こることは今後無いとも言い切れない現状。
>…色々怖いなあ、反面期待もありますが。

SHUFFLE!といいなのはといい、今週は鬱週間ですか?

>今週のSHUFFLE!は確かに怖かったんですが、
>逆に楓のことが好きになってしまいましたw
>原作にも興味が出てきたので、
アニメが終わったらプレイしようかと思います(PS2版ですが)。

>幼少期の楓が倒れるシーンで稟の頭の後ろに
>なにか見えたんですがなんだろう?(´・ω・`)

>『SHUFFLE!』19話、すごいコメントの数だ…(汗)
>楓が壊れたことにより、稟はともかく、
>一部に亜沙先輩を非難するような論調があったのがかなり欝‥
>亜沙先輩カワイソウス(´・ω・`)

コメントでの反響は、GIRLSブラボーの湯気比較以来の盛り上がり。監督or演出があおきえい氏、キャラデザor作画監督が牧野竜一氏、制作がAICと、何の因果かどちらも同じスタッフが担当した作品だったんだよなあ。

魔法少女リリカルなのはA's

>今回の仮面の男はリーゼでほぼ確定でしょう。
>ですが予告のクライドと思われる男の髪は仮面そっくりです。
>ですので、クライドの生死はわかりませんが、
>仮面の男の姿はクライドのものと思われます。
>ちなみに次回出る仮面はクロノに捕まります(クロノが勝てます)から、
>因縁含めてもリーゼだと思います。

>なのは 意外な展開に・・・ 銀盤 スケート講座が消えた・・・

>何だか仮面の正体誰だったとしても、どうもしっくり来ない流れっぽいのですが・・
>そうなると「誰でもあって誰でもない存在」みたいな抽象的な正体だったりして・・
>みんなの思念やその中で生まれた虚像とかが実体化したとか。

リリカル変態仮面勇者王は、大方の予想通りリーゼで確定ですねw
>石田医師は、無関係なんだろうか・・・・?
>あと、グレアム提督が今回の黒幕確定・・・・?
>黒幕というよりは、闇の書封印の為なんだろうけど。
>もしくは、闇はやてを使って世界征服・・・・?
>なわけないだろうし。やっぱりクロノ父と約束でもしたんだろうか。
>どんなことをしてでも、お前のために闇の書を封印する・・・みたいな。

>なのは、SHUFFLE!に匹敵するほどの超展開でしたね。
>正直仮面の正体がまったく分からなくなりました。
>二人になった時はリーゼかと思ったけど
>次回予告で普通に登場してるのをみるともう訳が分からなくなりました。
2chのスレみると、あれは闇の書が作った コピー人間説などが出てて、
>それもアリかなと思ったり。

>なのはの悪魔発言はヤラレタ、と思いました
>視聴者から見て、ヴォルケンが善で
>むしろなのは達が悪に見えるというのは
>スタッフ(都築さん)の計算通りだったんでしょうね
>覚醒はやて、別人すぎますよね
2chスレでは水銀燈になっちゃった、とか言われてますが
水銀燈はあんな巨乳じゃないw

>なのはAs結局黒幕アレでしたねぇ(まだ二転三転あるかもしれないけど)
>今後の予想 提督達による封印→失敗
>→なのはたちによる夜天の魔道書とはやての分離作戦
>→はやて協力のもと夜天封印および
>なのは・フェイトはやてによる四守護者の維持方法の確立
>→平凡な日常へ 希望ですけどね・・・

>あの仮面の人、髪型が何となく
>なのはの兄に似てるのは気のせいだろうか、それとも…

普通に見ていたら、仮面=リーゼ姉妹で決まりのようだけど、もっと斜め上の展開になったりするのかなあ?もし仮面のベースがクロノ父ならば、あの仮面を剥がしてもクロノ父の顔が現れるだけだと思うけど、おまえは父さんじゃない。変身魔法を解くんだ。…みたいな流れになるんだろうか?

▽以下その他

>イルファのCGはスタッフの確信犯的行動だと思うのですが・・・

>イルファとHがあるなんて・・・買う気なかったのに買うしかないですね。

サンプル画像の連番も書かれてましたし、来週公開予定のものを間違えた、というワケでは無さそうですな。Leafの客釣り…宣伝戦略がいやらしいなあ(笑)。

>裏ではつよきすアニメ化が進んでいたりするのかな・・?
>十分にアニメ化するほど話題性と質はあると思う

つよきすは声があってなんぼのような気が・・・。読むけどw

売り上げや話題性、内容の面白さやツンデレブームと、あらゆる点でアニメ化してもよさそうな要素は揃ってるけど、『ツンデレ』がテーマなだけに、「ToHeart2」以上にTVアニメという一本道のシナリオにするのが難しい素材だと思います。誰か1人に絞るか、完全なオムニバス形式(東鳩2のような同時進行ではなく、1人完結する毎に巻き戻って別のヒロイン攻略)にするか。

智代アフター orz 部活規格 orz ナーサリ orz 誰か助けて・・・

智代アフターはプレイされましたか?
>今回はちょっと信者の自分でも展開についていけませんでした…
>麻枝氏は何が言いたかったのか…
>まぁ個人的にショックだったのはシナリオの内容もそうですが
>耳に残るBGMが1曲もなかったってことですね…orz
>プレイしたら是非観想聞かせて頂きたいです。

まだ、あまり時間が取れなくて手付かずですが、各所で見かけたネタバレが本当なら、ちょっと酷いかも。次回作の「リトルバスターズ!」も、あんな明るそうなノリに見えて、今度は誰が死ぬんだろう?と勘ぐってしまいますな。

>桃乃さん退場…しかも結婚までしてしまうとは。もう桃乃さんと呼べないんですね

紫羽さん、ですかね。まさか鳴滝荘住人の前でプロポーズ→結婚まで行ってしまうとは、ビックリです。

>マジカノは地上波ではテレビ埼玉だけですかね。「他」が付いてないし。

ん?公式サイトには、テレビ埼玉の他に、テレビ神奈川・ちばテレビと書かれてますよ?

蒼穹のファフナー ライトオブレフトは一回のみの番組なのか
>続くアニメなのかどっちなのでしょうね・・・・

ライトオブは特番1回で決定だと思いますけど、別の形で続編が作られるかどうかはわかりませんな。

>「NHKにようこそ!」はテレビでやるとしたらタイトル変更しないとまずいのでは?

どうでしょうかね?おとボクも“処女”のままやりそうだし、エロゲーで、高校→学園がOKなのと同じように、フィクションであるという適当な建前を用意すれば問題なさそうな気が。

>29日のおはスタでレミコトが生で歌うみたいです
>こりゃやばいっすw 見るしか!

>今週も、ミィ様萌えシチュがあったのに…

出勤前のリアルタイム視聴は無理なので録画を忘れないようにしなければ。今日のゾイドムゲンライガー登場回で作画や演出も良かったらしく、録画失敗は痛すぎる…。

アニメ予定表に含まれているものもあるかと思いますが、今後の18禁アニメの予定です。

リストは長かったので割愛させていただきました。予定表に反映しておきます。

2005-11-25 このエントリーを含むブックマーク

・「SHUFFLE!」第19話

ひぐらしのなく頃にスクールデイズ?今までスルーされ続けてきた鬱憤を晴らすかのように、楓が壊れました。マジ怖えーっ!魔界編以来の凄まじい出来。原作を知ってるだけに、今回の楓の豹変ぶりには余計驚いたかも。まるでサイコホラーのように演出が神懸かり過ぎ。ここまで突き抜けてくれれば、むしろ清々しいな。完全に逝っちゃってる眼で空の鍋かき混ぜてるなんて思いついたの誰だよ(´Д`;) 楓の様子を気にかけているプリムラが可哀相だ…。ゲーム版の楓ルートだと稟が楓一筋だからこそ、『私を好きにならないで下さい』のセリフが聞けたのであって、アニメ版のように他のヒロインに稟が靡く展開なら、楓が稟依存症状態に陥るのも十分にアリだと思う。しかし、8年前から中学までの6年もの間、あんな生活を強いられたら、並の精神力では耐えられないよなあ。さて、ここからどう収拾を付けるんだろう?もしかして、リストカットの役目が楓になったりとか?

「かりん」第4話

果林の正体が雨水君にバレちゃう話。結構良かったと思うけど、大筋はほぼ原作通りでしたね。雨水君が今回、果林に対して『他人の居場所を奪うようなヤツはとんでもないクズだ!』とキレていた理由は、ずっと後に判明するんですけど、これが雨水君の不幸の原因とも直結していたりして。果林がはじめて増血して鼻血吹いた時のエピソードが、回想ダイジェストにされてしまったのは残念。それから、雨水君に目撃された時のターゲットが、援交女子高生・美晴ではなく、通りすがりのOLに変更されてたので、第3巻のエピソードが大幅に削られるのは確定?文緒さんのセーラー服コスプレ、ラブホテルで大活躍は見られない??

・「ローゼンメイデン・トロイメント」第6話

銀様復活。アリスゲームを続けるために、お父様が直したらしいが、やはり薔薇水晶と白崎が何か企んでる模様。水銀燈のミーディアムが、病床に伏せているメグという組合せは良い趣向。記憶を少しずつ取り戻していく水銀燈真紅と再会し、予期せぬ謝罪を受けることで徐々に感情の変化が見え隠れする様子はお見事。水銀燈VS薔薇水晶は、シチュエーション的に燃えるので、もっとやって欲しいね。


▼WebClap/Formレス

>(´Д`;)先生!楓がレナにしか見えません!!
>というか狙ってレナっぽくしてる気もw
>同意権があると素晴らしく心拍数あがりますw

>今回のシャッフル、一番可哀相なのは余波で胃が痛くなってそうなプリムラだと思います

>今回のSHUFFLE、楓との過去の出来事を原作以上にエグイ感じで作られてる気がしました。
>怖すぎですよ

>前回・前々回のシナリオがアレだった分今回のshuffleはよかったと思います。
>それにしても、黒楓さんの怖いこと・・・演出の勝利ですね。

SHUFFLE!、笑顔が怖いんですけど楓さん?
>やら過去の話やら最後の亜沙先輩に対する態度やら、
>下手なホラーよりもよっぽど恐ろしかったんですが。
>この先のシナリオをうまくしてもらわないと、楓が可哀想な人になってしまう。

SHUFFLE! すごかったです アニメを見て初めて「痛い」と思いました・・・
>他のみなさんはそうは思わないかもしれませんがともかく、
>どう収拾をつけるか楽しみです。
>シアの時のように中途半端にはして欲しくない・・・

>SHUFFLE!の楓がかつての朝倉音夢芳乃さくら以上にぶっ壊れて、
>鳴風みなも以上に黒くなったってマジですか?

>楓があのダブルキャストの美月並みに恐いんですけど・・。
>あっちは精神異常者だからわかるけど、楓はもう

>しゃっほーが壊れた…

>今日のシャッフル凄かったですねえ。人間の感情としてはアニメの方が自然ですかね?
>原作はいい子すぎる感じだったので。

>ゲームは未プレイだったので、5話冒頭でチラッと出てきた、
>楓と稟の過去の謎が解けてスッキリしました。
>それにしても、空の鍋をかき混ぜてる様にはゾッとしました。
>でも一番怖かったのは、プリクラの亜沙先輩の顔が塗りつぶされていたところでしたね…
>てっきり手首を切ってるところでもプリムラが見つけるのでは、
>と思っていたので予想の裏をかかれました。

>楓が好きな俺にとっては後半がかわいそうで見てられなかった・・・

>このためにR-15になったのではないかと思えるほど楓が怖えーー

>稟がどんどんダメ男に・・・

>稟の気の利かなさ・・・は恋は盲目と演出だから目を瞑るとしても
>楓が痛々しいせいで稟と亜沙先輩の好感度が下がる下がる。
>ぱっと浮かんだイメージは妻も子もいながら堂々と女を作り、あまつさえ家にまで連れ込むヒモ男(笑
>稟は楓の気持ちに気付いている、稟はあくまで居候、
>亜沙先輩は楓の過去を知っている、という辺りを考えると・・・
>それにしてもどこに落とすんでしょう?
>亜沙先輩のラストは地味(失礼)だし少々伏線が足りない気がする、
>一方楓をないがしろにしているのは明らかなため「家族として」な流れも使えないだろうし・・・

>子供の頃の稟イカス。そして今の稟ヒデエ…。

>前回から何か違和感を覚えると思ったら、先輩が稟を完全に恋人として扱っていたんだな。
>積み重ねたものが視聴者側に見えないせいで誘惑しているだけに見える。
>楓の壊れっぷりと楓に関する無関心さを見ると稟と先輩は悪役扱い。
>家族のためにプリムラを迎えに行ったのに今度は自分が家族を放り出す、ってのはどうかと思う。

>楓にはまじでびびりましたね。いつ鉈がでてくるのかとw

>怖っ! 19話の印象で言うならばこの一言に尽きるかと
>収拾の付け方は確かに気になります。…救われない展開、って事は無いですよね流石に。

>SHUFFLE、原作にはない展開でワクワクしてきましたw
>楓はあそこまで壊れるような子じゃないと思ってたんだけどなぁ・・・。ちょい鬱w
>この展開でいくと、亜沙先輩の「秘密」と楓の「罪」。
>両方を殆ど同時に進行させたまま、楓が更に壊れる(精神崩壊?)→亜沙先輩が魔法で助ける
>(リスカではなくて、精神に進入して〜とかそんな感じで)
>→最後に稟がどちらかを選ぼうとするが稟ヘタレ化
>(でも、それじゃあ亜沙先輩の気持ちはどうなるんですか!?とか言いそう)
>→亜沙先輩は、楓の精神に進入した時、自分では、あの想いには勝てないし、
>楓と一緒のほうが稟は幸せだと思い自ら引く。
>(このあたりで大人な亜沙先輩の描写が生きるかなぁと)って感じになりそうな気が・・・・w
>リスカの描写はカットされるかな〜、
>なんて思った結果こういう考えに至ったのですが・・・w長くてスミマセンw

>SHUFFLE神が降臨してますね。
>元々原作は素材生かしきれてないところがあったけど、こっちはアレンジ加えてマジで凄い。
>どんどん壊れていくのがまじまじと伝わってくる・・・・・・

原作の楓信者にとっては、かなりキツイ展開なのかもしれないけど、作品としては大成功?あくまで第19話限定ですが。前々回・前回に続いて、今回も稟の株は下がり続けてる。でも、稟をヘタレ化させ、プリムラの態度を変化させなかった事が、全てここに繋げるための布石だと言うのなら、正直凄いとしか。こうなると、やはりシア編の中途半端な扱いだけが非常に悔やまれます。

▽以下その他

シャナの戦闘シーンはもう期待できないのかなぁ・・・
>ついでに「銀」が「髄の楼閣・ガヴィダ」に見えてしかたがなかった(´・ω・`;)

チェルノボーグにボコボコにされて討滅寸前状態のガヴィダのようでしたな。とりあえず、戦闘シーンは、なのはA'sを見習って欲しいなあ。

>現状、クライドが正体だと目的が不明、
>リーゼやグレアムが正体だと言動との不一致・仮面付ける意味が不明、
>石田医師が正体だとヴォルケン達にしか絡ませない展開が不明、と、どれも微妙にズレます。
>バレの「仮面の戦士たち」がヴォルケンのことでなければ今回の振りの通り複数犯だとは思うのですが。

>仮面の正体ってリーゼ姉妹が交互に化けてる気がします。
>5話と8話では戦い方が全然違う。(前者は格闘主体、後者は魔法主体)
>クロノを不意打ちしたときは、それなりの距離があったのにわざわざ蹴りを使っていますし、
>魔法が使えるのならこっちの方が便利なはず。
>それにいくらヴォルケンリッターを逃がす為とはいえ、
>あんなに強いのならクロノのリンカーコアを奪うくらい容易いだろうにしなかった。
>これらの条件にあてはまりそうなのは彼女たちくらいしかいないのでは?

>なのは公式、ストーリーの「もっと詳しく」読んだら
>石田医師もグレアムもリーゼもなんか仮面っぽくないです

>そういえば闇の書って、先人の魔法の数々を記録するものだったとの事だから、
>その本にアリシアを生き返す手がかりが書いてあるかもと考えれば、
>プレシアが闇の書を狙ってるというコメントとかもあながち的外れではないかも知れません…。
>仮面の男も、プレシアがたまたま虚数空間内でクロノ父の遺体を拾い、
>それを使いフェイトと同じ要領で作ったコピー(つまり誰でも良かった)
>と考えれば妙に辻褄が合いますし・・・。

予想が混沌としてきて、何が何やら。これで、いざ正体が明らかになって、全然関係ない新キャラだったら腰抜かすけど(笑)。前作繋がりでプレシアが絡んでいて、フェイトの養子絡みの話にも綺麗な決着が付くなら最高ですが。

>いつもこっそりと見ていて、楽しませてもらってます。
>早売りのマガジンZからマジカノの声優情報など。

>吉川春夫:市来光弘
>魔宮あゆみ:野川さくら
>吉川舞夏:中原麻衣
>吉川千秋酒井香奈子
>吉川冬乃:金田朋子
>黒須ゆり:並木のり子
>杏樹リカ:井ノ上奈々
>虹原真鈴:桃井はるこ
>魔宮みちる:桑谷夏子
>本郷哲子:力丸乃りこ
>針生ハジメ:原沢勝広
生徒会副会長:上村貴子

ラムズとベストフィールドが絡んでる所為か、 見事に野川がヒロイン役です。
>あとは、もう情報出てますが種死の年末総集編ですね。
>関東地区:TBS 12/25(日)25:50〜26:45
>関西地区:MBS 12/25(日)24:30〜25:25
>正直、まだやるのかよって感じですが。

情報ありがとうございます。種死は、これ以上自ら傷を抉らなくても良いのに(笑)。まあ、なんだかんだでガンダムは楽しいので、見ちゃうと思いますけどねw

2005-11-24 このエントリーを含むブックマーク

・「灼眼のシャナ」第8話

原作第2巻のクライマックス。悠二が火除けの指輪『アズュール』を駆使してシャナをサポート、炎の翼の発現、マルコシアスの顕現など―戦闘シーンが相変わらず迫力に欠けるのは、この際置いておくとして―今回はアニメ化して良かった〜と思えるシーンが多くて満足。戦闘中の構図とか、マー姐の回想からマルコ顕現に繋がる所など、見せ方もフリアグネ戦の時よりずっと良かったし。『螺旋の風琴』と『銀』の話を削らずにやってたけど、アニメ版独自の展開で伏線消化するだろうか?そして、次回予告のインパクトは凄かった。BGMとナレーションの口調はいつも通りなのに、あの映像(笑)。特に、吉田さんの胸がっ。第6話と同じ白根秀樹氏が脚本担当らしいけど、アニメオリジナルのギャグ+水着サービス回だから、白根氏の作風的に合ってそうなので、期待しても大丈夫?

・「ラムネ」第7話

神予告キタコレ。マジで、テレビで『じゃじゃ馬』やっちゃったよ(笑)。あれって、ねこねこが作ったんだろうか?公式サイトに置いてある宣伝ムービーのヤツと一部同じだし。本編は、間違いなくシリーズ最低の作画レベルでしたが、コンシューマー版オリジナルキャラクターの鮎川美空当番回だったので新鮮に見られた。なにこの偽ミルフィーユ。こんなキャラだったのか。七海先生のてれりこてれりこ〜を見て、美空が呆れてごちそうさま言って終わっちゃったけど、美空は今後も絡むのか。次回の校外学習にも付いて来るみたいだな。


▼WebClap/Formレス

>大魔法峠 来年春にOVA発売 アニメTVで先行放送決定 公式 http://www.punie.jp/
ガンダムA1月号より p-shin

情報ありがとうございます。TOPページのトピックスにも載せました。小麦ちゃんドクロちゃんは終わったけど、アニメTV先行放送はまだ続けるようで。

東鳩2、ヒロイン同士で人間関係築く気はないみたいですね・・・前回の電波繋がりは無しってことでw

原作のゲーム自体、シナリオライターが複数だったと言う事もあってか、無印以上にヒロイン同士の繋がりが浅いんですよ。

>う〜む、これで原作に忠実だというなら、原作やる気がなくなりそうだ・・・
>二人とも自分勝手な行動してるってのはわかるけど、
>瑠璃の方が理不尽な行動な気がする(由真と同じ感じに)・・・
>まあ瑠璃が怒ってる(?)理由もなんとなくわかるけど>ToHeart2

基本的にアニメ版は、重要なイベントだけを掻い摘んで繋げてるだけなのでそう感じるんでしょうね。ゲームだと、その展開に至るまでの状況とかがちゃんと描かれてるし、貴明が関わってる理由もわかるので。瑠璃の行動は、強姦魔→痴漢、改造エアガン→改造水鉄砲など原作より温くなってるんですが。貴明も原作で登校拒否だったのが早退で済んでるし。

>「期待ができる」とのことで、今回のTH2見てみました。
>一話見て、激しく見る気が萎えて見てませんでしたが、今話だけをみる限りだと、
>十分満足いくものになっていたと思います。

全ては次々回のイルファ登場にかかってると思われ。東鳩2で、最も無印と関連性の高い話でもありますし。

FateのプロモDVD わかっちゃいたけど容量が500M超えてないよ・・・ 箱と資料集代か

>「Fate/stay night」効果多用で見せられても動かないのを誤魔化してるとしか…
>しかも作画や色ミスがあるし。
>数分の映像の作画がこれだと本編が…
>商業アニメとしてはクリアしてるが、そこ止まりの作品が多いディーン。
Fateもそうなりそうですごく不安です。

半年前のイベント合わせで制作したプロモに妙に高望みし過ぎというか、今放送中のテレビアニメで、このクオリティを超えてる作品なんて片手で数えられるぐらいしか無いのでは?一応、プロモの設定と絵コンテはTYPE-MOON謹製で、動画枚数は3,000枚らしいのですが。値段が高すぎなのは、ジェネオンクオリティだから諦めるしか…。

アサシン(小次郎)の声は、音響監督辻谷耕史さんではないか…と思ったりしてます

おお、確かにその可能性はありそうです。

>ところでなのはですが、フェイトを襲ったときの勇者王に胸がありませんか?
>なのはを襲ったときはなかった気がします…気のせいだったらすいません

>実はグレアムか石田がプレシアと繋がってて、
>クロノ父のコピーとして仮面男を送り闇の書を狙ってるとか?

>仮面の中の人が既存キャラの場合、重要系の檜山ボイスキャラが10話で退場と言う珍しい事態に…

>なのはAs8話。仮面の勇者王、異世界間の移動時間があり得ないほど早い事と
>2匹の使い魔を例に出しての「役割分担」というセリフを伏線として、
>2人で1人を演じる 沈黙の艦隊の「シーウルフ方式」ではないかと。
>で7話でフェイトからリンカーコアを奪った方に「胸」がある様に見える事から一人は「石田医師」、
>もう一人が内部からクラッキング合わせで「グレアム提督」かな?

言われて見直してみましたが、ホントだ。胸があるようにも見えますな。やっぱり、石田医師、グレアム提督、リーゼ姉妹、全員グル濃厚?

英伝3は是非ともアニメ化して欲しいですね。
>個人的にはシナリオだけなら今でもトップクラスの高評価です。
>あの糞戦闘システムさえマトモな出来だったら間違いなく傑作だったのに・・・・_| ̄|○

イースは1・2で11話あったんだから、ガガーブやったら何話になるのかなぁ…
>三部作通しての繋がりをバッチリ映像化出来たら、スゴイものになると思うんだけど。
>期待しちゃいけないかな…。

シナリオ的には、英伝III>英伝V>英伝IVですな。3と4の伏線や背景事情が全て収束していく5のシナリオも結構好きです。ゲームとしてはビジュアル面で難ありでしたが。テレ東夕方枠で1年シリーズにも耐えられる作品だと思うんですけどねえ。

>本日「ARIA」のイベントに行ってきましたが...特に情報はありません でした(^^;。
>しかしその後に立ち寄ったゲーマーズ本店に ”ゲーム化決定”との告知が。
>しかし機種もジャンルも不明で、しかも告知はスタッフの手書きでしたので(^^;
>正式にはコミック ブレイド待ちですね。
キッズステーションで年末に「くじびきアンバランス」全話放映
>という情報がアニカンに掲載されていました。

ゲーム化!?一体どういうジャンルのゲームになるんだろう?日常パートをほのぼのと楽しみつつ、ミニゲームなどを攻略してウンディーネを目指すとか?

>かしましってARIAと交代・・・?それともARIAが放送時間ずれる?

ARIAは1クール全13話、12月で終了ですよ。

>そして開発中止だと思ってましたよ・・・>LostChiled

>「サクラノ詩」も発売はいつになるやら(^^;。
>しかも同じような スタッフで「陰と影」まで作ってるし...。
>片方の完成に力を注ぐこと は出来ないのでしょうかね?

ケロQの方は一時期スタッフがかなり抜けたようですし、実質凍結していた期間が長かったんじゃないかと思ったり。

PS2CLANNADの発売が2/23になったそうですね。
>よりによってオルタ発売希望日の前日にぶつけるとはw

>延期されていたCLANNADの発売日が2月23日に決まったそうです。
http://www.wonder.co.jp/news/game_release.asp
>再延期しないでくれよ、ホント頼む……でもまた延期することになったら泣くよ……。

インチャネの発売予定日も今一つ当てになりませんからなあ。オルタが先に延期発表して、CLANNADもそれを追いかけて行くような。

>>ゾイド 天空人でもリガルド側と対立してる方から供給されてるって事ですかね?
>キット再販されたデカルトドラゴンはギルドラゴンと同じ勢力なんでしょうか?

TOMY公式サイトの解説を見る限り同じ勢力ではないかと。

絶対少年ですが、20年くらい前にドラマガで連載してた武蔵野妖精迎撃隊をOVAとかに・・・。
>麻子さんの10代の話ですが。

ドラマガ創刊当時の伊藤和典氏の作品ですな。自分は読んでなかったなあ…。

絶対少年、横浜編見るにつけ、こいつらいつの間に結婚したんだろうと思うわけですが>歩と美紀

歩と美紀の夫婦漫才やバカップルっぷりを見たいな。やっぱり淡々としてそうだけど(笑)。

エリスが勝てる見込みがなさそう・・・

むしろ、エリスの為の土台作りのように感じました。柳の登場も結構早いし、2クール目の展開は全く想像できませんけど。

>TV→OVA→TV というと、HAPPY☆LESSONとかまさにそれですね。

>>2ch等を見ると「4期はTV放送希望」という意見→ガラスの仮面もそうですね

こみパ以外ですと「ハッピーレッスン」「天地無用!
>「超時空要塞 マクロス(OVAのIIの後にマクロス7でしたよね?)」位でしょうか。
>他には思いつきませんでした。

なるほど。ハピレスとかもそうでしたね。天地はまたスピンオフ企画やるし。

>今後の新番予定が少しずつ出揃ってきましたね。
>しかしまぁ、ラノベエロゲ原作の多いこと・・・。売りやすいのはわかるんですが、
ノエインガン×ソードのようなオリジナル作品にも成功してほしいですね。

オリジナル作品は、どうしても企画が通り難いんじゃないですかね?ノエインは、今秋新番では、なのはA'sに次いで楽しみになってますよ。

>地獄組は自分達の存在を本気で隠すつもりがあるのか無いのか?>ぶっちゃけないんじゃないんかと。

うはは、確かにw 無防備すぎ。

2005-11-23 このエントリーを含むブックマーク

・「地獄少女」第8話

今回は、依頼人とターゲットの扱いは、何やら地獄少女に共鳴してるっぽい少女・柴田つぐみと、カメラマンの柴田一を登場させるために、とりあえず用意しましたって感じで、ここ数回のようなハジケっぷりは見られなかった。都市伝説として噂が広まっていたり、週刊誌に載っていたり。地獄組は自分達の存在を本気で隠すつもりがあるのか無いのか?公式サイトのキャスト欄を見ると、柴田父娘はレギュラー確定のようなので、『地獄通信』そのものに関する物語の本筋がようやく動き出したのかな?

・「ノエイン もうひとりの君へ」第7話

冒頭の雪恵ちゃんVS絶臨が面白いなあ。でもって、後半はまるでクライマックス直前のようなシーンの連続でとにかく凄かった。フクロウが光の巨神兵化したのは驚き。対峙するシャングリラの謎兵器のキモさも異常(笑)。アマミクとハルカの和解はあっさりとしてたけど、これも前のビンタ合戦の時と同じで、感情の動きは十分伝わったから良し。ノエインがクイナに接近して、クイナも心の底ではシャングリラを望んでるのか?今回のカラス復活→ハルカ救出の流れを見ると、ユウ自身がハルカを守る力を突然身につけるのではなく、ユウの精神状態や行動次第でカラスとシンクロして、カラスの方がパワーアップする展開のような気がする。ラクリマは量子デコヒーレンスによって世界崩壊?この辺りも平行世界論と密接に関係しているようで。

2005-11-22 このエントリーを含むブックマーク

神野オキナ×放電映像「あそびにいくヨ!」ドラマCD発売決定!

> エリス川澄綾子
> 嘉和騎央:三瓶由布子
> 双葉アオイ:能登麻美子

「陰からマモル!」「ゼロの使い魔」「神様家族」のアニメ化だけでなく、「あそびにいくヨ!」もアニメ化候補か?

・TVA「爆球Hit!クラッシュビーダマン」2006年1月9日(月)18:00〜

東不可止PDの携帯コラムより。あと、「ゾイドジェネシス」でリーオの武器を持っているゾイドであるバンブリアンになぜ予備があったのかは、どうやら秘密があるらしい。

月18:00〜:B-伝説! バトルビーダマン 炎魂→爆球Hit!クラッシュビーダマン
月25:30〜:ガン×ソード→?
水25:00〜:涼風キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE 2
水25:30〜:ARIA The ANIMATIONかしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
土08:00〜:トランスフォーマー ギャラクシーフォース→それゆけ!徹之進
土26:50〜:銀盤カレイドスコープ→陰からマモル!
日07:00〜:→魔弾戦記リュウケンドー(特撮)
日25:30〜:ぱにぽにだっしゅ!→よみがえる空 -Rescue Wings-

これで、テレ東1月新番、土日2本、夕方1本、深夜5本の全部で8本のうち7本が確定。残るは「ガン×ソード」の後番だけか。

・「ToHeart2」第8話

原作シナリオの再現度という点では、今までで一番忠実だったと思う。強姦魔ー!はさすがに削られたけど。3話分の尺を割いてるようなので、この調子なら、それなりに纏まりそうな感じ。こうして改めて動いてるのを見ると、序盤の双子は正反対の性格なのに実はどちらも傍若無人で自分勝手な立ち振る舞いしてるんだよなあ。学校早退ぐらいで済んだ貴明は相当我慢強いよ。珊瑚にキスされたのは普通に役得なのに、今さら思い出したように女の子苦手スキルを発揮してアタフタしてる貴明は確信犯誤用)ですか(笑)。珊瑚がコンピューター室でロボットを動かしてた理由や、どれぐらい頭が良いのかは、原作未プレイでも、以前ゲスト出演していた「To Heart 〜Remember my memories〜」を見ていれば察しは付くかな。

2005-11-21 このエントリーを含むブックマーク

ヤマグチノボル「ゼロの使い魔」アニメ化決定!

順当にキタコレ。「陰からマモル!」に続いて。次は「ゼロの使い魔」か「神様家族」が来るだろうとは思ってたけど、連続発表には驚いた。

追記. 桑島由一神様家族アニメ化決定!
http://d.hatena.ne.jp/miduki-s/20051122#1132588867

折り込みチラシで発表されてる模様。ダブルアニメ化発表だったのかよっ!出し惜しみする気が全くないというか、MF文庫Jの看板作品を一気に使い切ってるような…。

・「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜」2006年春PS2ゲーム化決定!

TVアニメの他局放送予定は以下。

> テレビ大阪:毎週水曜深夜2:05〜
> テレビ愛知:毎週木曜深夜2:28〜
> テレビせとうち:毎週水曜深夜1:28〜
> テレビ北海道:毎週火曜深夜2:00〜
> TVQ九州放送:毎週火曜深夜2:23〜

ドラマCDはやて×ブレード」キャスト。

> 黒鉄はやて間宮くるみ
> 無道綾那:雪野五月
> 天地ひつぎ:矢島晶子
> 宮本静久:長沢美樹
> 久我順:豊口めぐみ
> 帯刀洸:浅野まゆみ
> 吉備桃香:大本眞基子
> 鈴木園絵:池田千草
> 染谷ゆかり:前田愛
> 犬神五十鈴:能登麻美子
> シャバ蔵:大塚芳忠

ラジオ番組「電撃大賞」内にて、先行放送も決定。

・TVA「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」テレビ埼玉ほか 2006年1月〜

マーベラス、ファルコムと提携・ゲームもとにアニメ制作

マーベラスエンターテイメント、業務提携に関するお知らせ。(PDF)

初回作品は来年末発売を予定しているイース最新作と共にと言う事は、遂に「イースVII」(アルタゴの五大竜?)が来るか、「イースIV」のリメイクのどちらかになりそうだけど、原点である古代王国イースの物語を重視するなら、やっぱり「イースIV」をリメイクして、OVAイース」「イース天空の神殿」を同梱とか?個人的には、良作だった「英雄伝説III 白き魔女」を初めとしたガガーブ三部作のアニメ化希望。コミカライズしたりとメディアミックスも進行中だし。

・「Fate/stay night」「びんちょうタン」「あまえないでよっ!! 喝!!」「ひぐらしのなく頃に」「今日からマ王!第2シリーズ」「うえきの法則」「地獄少女」「銀牙伝説ウィード」「マリア様がみてる 3rdシーズン」……スタジオディーンの制作ラインがどうなってるのか激しく不安に。

▼WebClap/Formレス

>逆にシアやネリネの気持ちを知っていながら、
>亜沙先輩に傾いてしまったことにたいする負い目があるからこそ
>こういう話の展開になったのでは? と予想>地雷
>稟のヘタレ化も、「土見 稟」というキャラでみれば問題あるのかもしれないけど、
>一アニメの主人公として捉えるなら、そろそろヘタレ化もさせないとそれはそれで微妙な気が

>「SHUFFLE!」第18話を見る限り、稟が亜沙先輩に気があるとは思えないのですが。
>どっちかというと本命は別に居てそれを隠してるみたいな・・・
>楓が本命の可能性は結構高いのではないでしょうか?

プリムラに会いに行くかどうか迷ってる時に既に怪しかったので、ヘタレ化の許容範囲は超えてしまってるような。亜沙先輩と本気で恋人同士になりたいという気持ちには至っていないという点は同意。でも、先のあらすじを読むと楓ENDもなさそうなんだよなあ。まだ予想外の展開を用意してるような気がする。

絶対少年は結局何が伝えたかったのか・・・。わっくんのオチも「はぁ?」って感じだし。
>なにより、とってつけたような凡庸なラストシーンにはがっかり。

ラストシーンよりも、三組三様の解釈を述べるシーンこそが、ダイアローグ中心に展開してきた「絶対少年」の総決算では?まあ、確かに田菜編と違って、横浜編は映像よりも文章向けだったと思います。言葉遊びで誤魔化された節もあるし。

>希紗が昔にわっくんと遊んだ青森の某地って穴森でしょうかね?

穴森は確か北陸の山の中だったと思うので違うっぽいです。ただ、わっくん=座敷童なら、地方各地に遍在している伝承とわっくんの存在には密接な関係があると言う事かも。

絶対少年、横浜編影の主役?マッキーと須河原さんのその後が激しく気になる。

須河原さん的には100年早いとでも言いたげでしたが。くっついたとしても、尻に敷かれてすぐ捨てられてそう(笑)。

>ついに最終回を迎えましたが、自分は7話か8話位からまともには見ずに録画していまして、
>まだ見ていない部分は多いものの、とりあえず最終回はまともに見ました。
>あいかわらず淡々とした展開でしたが(^^;、希紗の”入浴シーン”と”
ミニスカートで寒い(^^;女子高生の制服姿”と”と
>びっきりのかわいい笑顔”が見れたのが良かったです。
>しかしこういうストーリーなら、いくらでも番外編や続編が作れそうですので、
>今後も色々企画してほしいですが....DVDの売れ行きしだいでしょうかね、やはり...。

登場人物やベースとなるフォークロアを変えて行けば、いくらでも話は作れそうです。世界の皮膜の向こう側に実際足を踏み入れた話とか、田菜編・横浜編・穴森編を中心に、全キャラが揃う話とかも見てみたい。

>ウェイトレスナンバーには期待してて、
>これが良ければもう一度全部見直しても良いかなぁと思ってたんですが、
>期待はずれも良いところでした。
>この作品で一番の見せ所のはずなんですけどねぇ…
>フィギュアシーンの演出というか作画というか、それがイマイチすぎるのはわかってたんですが…
>もうこれで遠慮無く切れます切りますと言った感じです。

原作よりコミカルに行くという方針を聞いた時点で、今回のは予想の範疇だったので、ギャグシーンと割り切ってしまえば、面白かったのも確かなのですが。ただ、あの原作の文章による臨場感から植え付けられたイメージは、そう簡単に払拭できるものでもなく。もう一つ残ってる女海賊ナンバーはラブロマンスを描いたプログラムだから、今回のようなギャグ演出にされたらさすがに悲惨。

>仮面、親父の線が微妙に怪しくなってきたかな?クロノ関係者は間違いないでしょうけど。
>原作から未亡人なリンディさんにも桃子さんみたく幸せになって欲しいので、
>できれば親父だったらいいなあ…

>なんだかグレアム提督と猫耳姉妹がラスボスに見えてきてしまいました…
>ひょっとしたら、アースラに装備されたのは本当はアルカンシェルではなく、
デュランダルでしたかな… w

>なのはA'sは仮面の勇者王は石田医師=クロノ親父の変装で、
>親父は提督からの指示で闇の書の封印を船が沈んだときからから目指していた
>…とかいうオチっぽいですな。
>9話のフェイトはマント無くって寒くないんですかね?
>作画も良くなってきたので、このままきれいに終わらせて欲しい。
地獄少女6話は深夜ですか…そうとう要望があったんですな…
>その要望に答える東京MXも凄いな。

クロノ父=仮面の勇者王は王道展開から考えて絶対ガチだと思ってたのに、そう簡単にはいかず。でも、実はグレアム提督とか石田医師とか全部ミスリードで、結局直球ど真ん中でした、という可能性も。地獄少女は、つまり、夕方はさすがにマズイけど深夜ならオーケーという判断?

>王道、ハッピーエンドけっこうですリリカルなのは。鬱展開よかよっぽどマシ

イエス。どちらか選べというなら、自分もハッピーエンド至上主義ですよ。

>あるところで魔法少女リリカルなのはA'sの設定資料を見かけました。
>とりあえず判明した情報を書きます。
>レヴァンティンには弓のモードが存在するらしい。
>覚醒はやてのディバイスは「リーンフォース」という杖らしい。
>漫画版「The Prologue of ACES」の19ページ目に書かれた
>謎の女性は覚醒したはやてだと思われます。

なるほど。闇はやてが使う術名はアニメ誌のあらすじに書いてあった気が。エクセリオンモードとザンバーフォームの使い所も気になりますが。

>「Fate/stay night」で、サーヴァントなのにキャスト未発表なアサシンが不憫でなりません。

アニメ版は、もしかしたら、佐々木小次郎とハサン・サッバーハの両方出すから、ギリギリまで存在を隠してるとか?

>初カキコです。マブラヴオルタの情報が雑誌とかで殆どでてないので、
>また延期の予感なんですけど・・・・?w
>多分、次の発売決定は2006年10月あたりと見ました。

冬コミが終わった後、年明けぐらいで延期発表→来春、とか挟みそうですよw

>たまソフトさんの新作『ロストチャイルド』の発売日発表は11月24日のようです。
>ソースはオフィシャルのサポート掲示板にて。
>何はともあれ楽しみです(もう3年も待ってるので・・・)

マブラヴオルタがあるから隠れてるけど、これも凄い難産になってますからねえ。とにかくお蔵入りだけは回避して欲しいし、自分も楽しみにしてます。

マリみてOVAについてですが、2ch等を見ると「4期はTV放送希望」という意見を見ますが、
>実際そういうケース(TV→OVA→TV)ってあるんでしょうか?
可南子が登場するとかなり話数が続くため、
>全てOVAでやるのは無理な気がするので
>TV放送に戻れるのであればその方がいいとは思いますが…
>「子羊たち〜」と「真夏の〜」をOVAで、とすれば可南子には触れずに済むので
>うまく(ちと強引ではありますが)TV放送で再開する事はできそうですけど。

探せば結構あるんじゃないでしょうか?最近では、「こみっくパーティー」がそうだと思います。

2005-11-20 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「あまえないでよっ!! 喝!!」 AT-X 2006年1月4日(水)〜 [ from てぃーえーさん ]

特番がある事をすっかり忘れてましたが、あまえないでよっ!!声優スペシャル「素顔であまえ隊っ!!」で発表された模様。詳細はコミックガム1月号にて。上野一希も登場するみたいですな。

・「ゾイドジェネシス」第33話

勝てると兵士に確信を持たせるためには、信じるに足る結果を見せること。ラ・カンは今回のルージの戦いを見て、それが出来るのは恐らく…という話。バイオヴォルケーノやバイオケントロの強さを垣間見た事で、今のままのムラサメライガーでは勝てないと感じているルージ、そして、第3形態ムゲンライガーの予兆が。操者の思いに答えて無限に進化するゾイドというムラサメライガーの真価が見られた感じ。バンブリアンには予備があったんだ、のオチにはガッカリ(笑)。良いのか、そんなんで。ギルドラゴンの操者になる伏線かと思ってたのに。

・「魔法少女リリカルなのはA's」第8話

仮面の勇者王=クロノの父親説が微妙に怪しくなってきた。石田医師が黒っぽい可能性も高くなってるし、一方で、グレアム提督とリーゼ姉妹の動向も気になる。組織だって行動してるとかいうセリフも、実は自分達自身の事を指してるんじゃないかと。自分の過去のミスを精算するために、封印するには一度完成させなければならない『闇の書』の魔力収集を手伝い、その後で『デュランダル』を使うつもりとか?最終的には、本来の『夜天の魔導書』に戻す展開になって、ヴォルケンリッター達も消えずハッピーエンドになりそうな予感。

・「銀盤カレイドスコープ」第7話

『ウエイトレスナンバー』の演出は狂ってるなあ。ピートとタズサの掛け合いも弾けていて結構楽しかったけど、最後の『シィィィィッッッッッッ……』を削ったのは納得しかねる。クライマックスのオチが無い時点で『ウエイトレスナンバー』とは別の代物だな。イメージ映像と、実際のフィギュアシーンとの親和性がかなり低くて違和感があったのも残念。それから、尺の都合か、フリープログラムからオリンピック代表に選出されるまでの下りがほとんど端折られてしまったけど、タズサが代表候補から外されなかった理由や、演技の時に仏頂面になっていた理由が明かされなかったのは良くないな。

・「絶対少年」第26話

希紗と成基、マッキーとりえぞー、歩と須河原さんが、それぞれ三組に分かれて、自分達なりの答えを導き出す。事実は1つだけど、真実は人の数だけある。光と影は表裏一体、2つで1つの切り離せない関係である。どこかで聞いたようなフレーズですが、『絶対少年』という作品が最初から目指していたと思われるテーマのまとめとしては、納得のいく結末になったと思う。最後の最後、足フェチアニメの名に恥じない希紗とりえぞーの会話シーンと、希紗の笑顔で全てが救われた気分になったし。あ、あと、美佳姉に彼氏と言われても否定しなかった美紀にも(笑)。わっくんの正体は座敷童?希紗は以前わっくんに会った事がある?わっくんは1人ではない?などの唐突に明かされた設定にしても、携帯版小説を知っていると、色々と想像できて面白い。望月智充氏の次回作「しにがみのバラッド。」「ひぐらしのなく頃に」にも期待。

・「ガイキング」第2話

クルー達と衝突する展開も、下手にギスギスした人間関係に陥ることもなく、主人公は主人公で自分の立場や実力を弁えているからこそ、認められて仲間として受け入れられる。少年向けロボットアニメは、やっぱりこうでなくては。戻ってこないロケットパンチには笑った。ダイヤは、なぜロケットパンチは戻ってくるものなんて知識を持ち合わせていたのかと小一時間(ry ルルの深い海みたいな瞳と神秘性を強調してるけど、やっぱり異世界ダリウスのお姫様だったりするのか?

・「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第8話

止め絵が多かったり、動きがカクカクしてたり、瞬間移動みたいになってたり、若干クオリティの低下が顕著に…。過程は違えど、2度も女の子に泣かれた橋爪君がかなり哀れに思えてきた。あらすじバレによると、告白したエリスは一度浩樹にフられるらしいし、なりゆきで橋爪君と付き合う展開もアリそうな気が。エリスと霧が会話するシーンは画面から緊張感が滲み出ていて、序盤からコレだと気が滅入るな(笑)。ここに柳が参戦したら臨界点突破しそうだ。今回のゲストキャラは、御園瑠璃子&君影百合奈でした。

2005-11-18 このエントリーを含むブックマーク

・「SHUFFLE!」第18話

矢印サブタイトルやアイキャッチが元に戻って、内容も亜沙先輩とラブラブデート。稟がシアやネリネに追求された時、誤魔化さずにあっさり認めたのは意外。もうハッキリと口に出してないだけで、亜沙先輩とは恋人の一歩手前状態だし、ここからどうやってリカバリするのかと思ったら、やっぱり稟がヘタレ化した…。あのタイミングで言い訳してしまうのは、狙って地雷を踏みに行ったとしか。全ヒロイン消化するために仕方ないとはいえ、フラフラし過ぎで印象が悪くなる一方だな。でもって、真打ち登場という感じで、遂に黒楓がっ!怖っ!原作とは違って、アニメ版では今にもノコギリ持ち出して鮮血の結末ENDになりそうな雰囲気ですよ、マジで。まあ、設定が変わってないならそんな展開にはならないだろうけど、代わりに過去編の描写が凄い事になってたりして。

「かりん」第3話

1話と2話は、ほぼ原作通りに1巻の内容をなぞってたけど、今回はかなりオリジナル要素が加わってきた。果林はもっと積極的に雨水君が幸せになる方法を探って、ラブコメ度合いも高くなると思ってたんだけど、不幸に対する増血衝動がちょっと過敏すぎるので、まだまだそれどころじゃない状態だなあ。果林が幸せに感じるイメージとか、木村真一郎監督の作風で、まんま「まほらば」チックだったな。好きですけど。

・「ローゼンメイデン・トロイメント」第5話

何はともあれ銀様。契約するメグは死亡フラグ立ってるキャラなので微妙に鬱ですが。

▼WebClap/Formレス

>楓に黒い部分なんてまだ残っていたんでしたっけ?
>なにぶん1年以上前にプレイしたのでよく覚えてなくて・・
>罪悪感故に稟に依存している程度のことしか記憶に残ってなくて・・・

原作の楓だったら、今の時点であんな表情はしませんね。過去に関してならば、もっと直接的に真っ黒でしたが。稟に尽くすことが唯一の償いだと思ってるので、アニメ版では、自分が必要とされなくなる=自分の存在意義を失う事を感じて壊れかかってるんじゃないかな。

>SHUFFLE、今回はちょっと……って感じでしたね。
>脚本家が話の都合で凛に地雷を踏ませた、としか思えないというか。
>原作未プレイですが、これまでの話の印象では、
>こういう場面での気遣いはきちんと出来てるキャラだったと思うのですが……。

>作画がひどすぎる(SHUFFLE!)それにしてもここに来て迷走を始めた気がするなあ。
>少なくとも海の回ではシアに好意を持っていたはず(キス未遂)、亜沙先輩をいつ好きになったんだろう?
>キャラも8話、10話での比較的落ち着いた稟や楓を見ると別人に思える・・・
>元々主人公がモテモテの作品ってのと、ヒロインすべてがワケ有りとで尺が足りないのかもしれないけど、
>ヒロインばかりで稟の心情を十分に描いてこなかったツケが恋愛パートに来てついに回ってきたという感じです。
>亜沙先輩が好き、と言われてまず覚えたのは違和感でしたし。

>作品開始時の亜沙先輩の立ち居地は、友人、サポート、お色気担当でしたよね?
>稟が好きになる経緯が不明なんですが・・・
>魔界編の後押しだけでは弱すぎるし、残っているのは水着回での「女」アピールぐらいですが、
>この回では主にシアとの関係が進展してたし・・・

>やはり魔界編で力尽きたのかと思わせるぐらい作画、脚本の出来が・・・

稟は本来、自分で気付いて、何をするべきか最良の選択が出来る、それでいて全ての人を悲しませない行動が取れる完璧超人設定ですけど、その通りだと全ヒロインのシリアスが出来ずに終わってしまうので、ある程度は致し方ないのでは?今回はさすがに酷すぎですが。亜沙先輩をいつ好きになったかは、シアとネリネが引っ越してくる前、つまりアニメの第1話の時点で好意を抱いていて、魔界編の時に叱咤された事で気持ちに気付いたと解釈すれば何とか。水着回でのシアとの急接近は、あくまで『吊り橋効果』だったと言う事で。

>あまり評判になっていない感じのPS2版SHUFFLEを先日プレイしました。
>新ルートの追加以外にも既存のルートにもちょこちょことエピソードが追加されていましたが
>シアのルートのみPC版EDの後日談でシアとキキョウの分離EDが新たに追加されていまいた。

自分は未プレイなのですが、聞くところによると既存ルートのエッチシーン以外も結構手が加えられてるそうで。亜沙先輩ルートのリストカットなしとか?

>フレイムヘイズって人間だったんですね。
>秩序(?)を守るのが使命とかなんとか言いつつ、私怨で動いているのがいるとかってのはいったい・・・
>フレイムヘイズというものがよくわからなくなりました(汗

秩序を守るのを使命としてるのは、あくまで契約した“紅世の王”の方。こちらの世界に干渉するために必要な存在の力を、契約者の人としての可能性から得る方法が編み出されて生まれたのがフレイムヘイズ。結果的に契約者の人としての未来を全て奪ってしまう事になるので、何らかの形で“紅世の徒”からの被害を受けて復讐したいと思ってる人間を契約者に選んでるんですよ。そして、その代償として力を与える。ただし、シャナの生い立ちだけは特殊。アニメ版で語られるかどうかはわかりませんけど。

>悠二の母親はシャナの事をシャナとちゃんと認識してますよね。
>「平井ゆかり」の存在として割り込んでるはずなのにおかしくないですか?
>ひょっとすると悠二の母親はただの人間じゃないとか?

悠二ママが本来の平井ゆかりと面識が無くて、悠二がシャナと紹介したならば別におかしくないと思いますけど。あと、アニメ版は、平井ゆかりの家族はとっくの昔に喰われて既にトーチすら残ってないという事をフォローしてないから違和感があるんだと思う。

シャナ七話は、シリーズ構成小林靖子氏が書かれていた為か、
>前回とはまるで違って良くなっていますな。
>脚本家によって 面白さにばらつきがあるようで。
>……しかし、出来れば六話を 書いて欲しかったです('A`)

今後も、中継ぎの話が小林靖子氏担当で、クライマックスになると必ず第六話レベルになると言う最悪の展開が浮かびました…。

>銀はアレが本来の姿じゃないらしいし、てか王って姿自在に変えられるんじゃ・・、
>後悠二のは銀に必要なもの関係

変えられるし、悠二の中身も“銀”そのものでは無いですけど、あのキモい姿の“銀”も一つの本質には違いなくて、あんなのが自分の体に関係してるのは、やっぱり精神的にアレだな〜という話。

>今更ですが、なのはA's7話でレイジングハートが「いいんじゃないでしょうか」と言ったのは
>1話でヴィータにぶん殴られて壊された恨みからじゃないかなぁと思うんですが(ぇ
>と言うか根に持ってるんじゃないかなぁと。
>個人的にはあの時のなのはのどこに悪役っぽい要素があるのか知りたいです。
>バスターモードの攻撃が直撃(実際は変態仮面が防いだが)したと思った時、心配してましたし。
>悪役なら心配しませんよねぇ?

どういうノリで悪役と書いたかぐらいは行間から読み取ってもらわないと。マジレスされても返答に困ってしまいます。なのはとレイジングハートのやり取り自体、あくまでコントなんだろうし。

>もうなんていうかアレですよ。マブラブオルタは店に並んだ時に「発売日」としますよ(地方住民の女)

むしろマブラブオルタは既に発売されてるという説を挙げてみる。発売日告知と延期発表というネタ自体がオルタ。多分、KIDのinfinityシリーズの親戚みたいなもの。アーチャーの固有結界でも可。

>まいっちんぐまちこ先生が来年の2月に実写で公開。
>石ノ森先生のキャラクターで、ハリウッドで実写化可能性の高いのは、009かな?
>私個人では009ノ1やってほしいです。
>あと、手塚先生のドロロも実写映画化 キャラクターが一新されてます。
>すべてスポーツ新聞の情報です。
>ハリウッドも、日本の版権キャラクター使うのか。

これとかこれですね。石ノ森作品は、約500タイトルの中から来春までに選ぶそうで。

2005-11-17 このエントリーを含むブックマーク

・「灼眼のシャナ」第7話

フリアグネ戦は忘れて仕切り直し。今回は良かった。キャラクターの心理描写は、前回のような唐突さは感じなかったし、物語としても上手く纏まってたと思う。特に、啓作の性格を変えた事によって栄太と反応の差別化が出来ている事や、悠二がラミーの仕掛けに気付く事で、“ここぞと言う時に頭がキレる”主人公としての片鱗が見られた事などは収穫。オープニングで出てる「もっと強くなって」の使い所は変えるようで。マー姐が『この世の本当の事』を納得させる自在式を使った事がカットされてるから、啓作と栄太が妙に物わかりの良いキャラに見えるな(笑)。通称“銀”の徒は予想以上のキモさだった。と言う事は、悠二の中身も(ry

マー姐が追ってる存在や[仮装舞踏会]の目的など、原作で未解決の伏線をアニメ独自の展開で消化するならば、“銀”の仕掛けた自在式が発動して悠二ラスボス化→『大命詩篇』を組み込まれた『零時迷子』を破壊するため『天破壌砕』→実際は『零時迷子』以外の不純物だけ破壊して、愛とか奇跡とかその辺の理由で砕けなかったシャナが悠二のトーチを再生、『零時迷子』を再び埋め込んでハッピーエンド、みたいにするのが妥当な路線?…まあ、妄想ですけど。

・「ラムネ」第6話

今回も地味に良い話。でも、真珠貝の密漁とか違法養殖チックで、微妙にグレーゾーン入ってる気が。ヒロイン同士の絡ませ方が相変わらず良い感じ。電波で繋がってる東鳩2とは大違いだ(笑)。ひかりは子供の頃の想いを少々引き摺りすぎじゃないかな。それに今まで気付いてなかった健次達も変だが。まあ、この事に限らず子供時代と現在進行形の話が親密度高すぎるんだけどね。…実は、子供の頃のシーンは去年の出来事で、1年で全員急成長したとか。

▼WebClap/Formレス

>あの仮面男、若い頃のグレアムだと予想してます(何でだ)
>ってかあの提督、鋼錬の大総統と同じ匂いがする…

トンデモ予想に拍車がかかってますな(笑)。仮面被ってるキャラは、大抵ネタ扱いされる運命だからなあ。

>最近はロン先生ソラノヒト疑惑…でしょうか?

ソラノヒトかどうかは微妙なラインですけど、関わりが深いのは間違いなさそうですね。後半大どんでん返しが無いとは言い切れないので、スパイ疑惑も完全には拭えませんが。

結城比呂さんなら、まずはアデュー(リューナイト)ですな。

結城比呂というと、サイバーフォーミュラアンリ・クレイトーがイメージ強いかも。
>このキャラが、既に「切れてるへたれ」です(笑)あれって、91年とか92年だったような…

なるほど。正統派のキャラも演じつつ、ヘタレ役歴も年季が入ってると。

>この時期になってもファフナーの放送日が発表されないのでガクブルです。

年末特番なので、局の編成の都合上、日時はギリギリまで確定しない気がしますよ。

>前々から聞いてみたかったんですけど、cyanさんは好きな声優さんっているんですか?
>ゲーム系、一般アニメ等問わず。
>案外アイドル声優をお好きだったりしたら吹いてしまいそうですが。(汗)

自分の好きな作品がアニメ化される時に、この人が演じてくれればイメージ通りだろうな、などと予想する事はありますけど、特定の誰かのファンとかは無いですね。必然性のない話題先行の棒読みキャスティングでなければ、特に気にしないですし。

マリみて、テレビアニメではなくOVAというのは
>やはり商品価値がそれだけ減少したというシビアな判断でしょうか。
>テレビシリーズ×n→OVAというと星界シリーズを連想してしまいますし…。
フルメタも定期的にアニメ化されないと危険ですかねぇ

むしろ、TVシリーズ化=DVDの販促をしなくても、OVAを買ってくれるぐらいファン層が定着したという判断かもしれません。フルメタは、次の『ベリー・メリー・クリスマス』をアニメ化するなら、OVAか映画の方が良いかも。

>どうもはじめまして。初めてコメントします。
愛佳由真の扱いの酷さは作り手側の「二人の事情には立ち入らないようにした」
>消化不良になるのも当然で、まさに成るべくして成った気がいたしますね。
>1クールと2クールの違いはありますが、ヒロインたちそれぞれの事情を
>きちんと描いている(シアは微妙ですが)『SHUFFLE!』を見習えと言いたいです。

シナリオ重視の「AIR」は別として、女の子に囲まれるハーレム系のギャルゲーエロゲー)原作としては、「SHUFFLE!」はかなり上等な作品になってますからねえ。「ToHeart2」は、1クールで全ヒロインに触れるのではなく、誰か一人(このみしかいないだろうけど)に絞った作りにして欲しかったですよ。

2005-11-16 このエントリーを含むブックマーク

「電撃hPa」届いたー。今回も良い感じに狂ってそうだ。あと、エロス分も多め。

・「マリア様がみてる」3rdシーズンOVA化決定&インターネットラジオクリスマススペシャル情報。(2ch

重大発表は、アニメ第三期OVA化だったようで。

「半分の月がのぼる空」は1月12日(木)より毎週木曜深夜0:00帯で放送開始、
「しにがみのバラッド。」は同じ放送枠で引き続きの放送開始となります。ご期待下さい。

わう*アニ通信11/15号より。「半分の月がのぼる空」→「しにがみのバラッド。」で、放送枠の変更なしも確定。

・「地獄少女」第7話

昼ドラエロスの次は、ガラスの仮面パロディかよっ!黒マヤ@雪野五月の一人舞台でした。紅先生の想いに気付いて地獄送りを留まる、ありがちな展開かと思ってたら全然違っていて、最後までオチが読めなかった。依頼人の素行調査はするけど、契約が成立するまで直接手は出さないみたいだから、結局は『早い者勝ち、殺られる前に殺れ』と。柳のレッスンとか画鋲とかに笑って、ぶら下がって覗いてる私服あいが可愛かったりして、トドメに舞台にせり上がってくるあいで爆笑。地獄組はノリノリだな(笑)。第二の依頼人ツインテールが襲われた時、先週の件があったから、またレイープくるのかと思ってガクブルしたけど、さすがに描写はなかった。しかし、喉を潰された上に地獄行き確定は後味悪すぎ。

・「ノエイン もうひとりの君へ」第6話

ハルカは適応能力高すぎ(笑)。蠢いてる虫を喰ったり、地下施設や荒廃した世界を見てもそれほど驚かなかったり。ラクリマにいる間は、ずっと裸マントなのか…?こっくりさんやアイとの喧嘩がちゃんと伏線になってた事に驚いた。15年後の未来が世界崩壊してるという世界観も凄いな。ハルカがいなくなっても、影響を受けるのはあくまでその次元と、ハルカが移ってきた次元だけ。未来は変えられるかもしれないけど、過去は変わらない。つまり『時は可逆、歴史は不可逆』という概念を用いて、タイムパラドックス問題を解消している。個人的エロゲランクで『YU-NO』が殿堂入りしてる自分としては、この設定だけでもワクワクしますよ。

▼WebClap/Formレス

ジンキ・エクステンドは完璧に企画段階のミスでしたね・・・

1クールで無印エクステンドをやろうってのがそもそも無謀だったと思う。「いぬかみっ!」「となグラ!」「処女はお姉さまに恋してる」この中からも新たな犠牲者が出てしまうのだろうか…?「いぬかみっ!」とは別に、もう一つ電撃作品のアニメ化の噂も。

結城比呂さんはいつのまにヘタレ役が定着してしまったんでしょうね、SOEXの時は主役張ってたのに・・・

>「間桐慎二役も、(略)結城比呂氏にやって欲しかった」想像したらハマりすぎててワラタ。

>個人的に結城比呂さんといえばツインシグナル主人公なわけで…複雑です…

声優の経歴とか詳しくないんですけど、結城比呂氏のヘタレ役デビューキャラは誰だったんだろう?

>クロノパパにトドメを刺した主犯だったらクロノが容赦なくぶっ倒しますな、仮面。

冷静さを失って暴走するクロノは見てみたい気がします。

>レスで公言してますから、フェイトの素性みたいに多少中心をずらすことはあってもほぼ直球と見て良いかと。
>あ、ちなみにはやてのおじさん=仮面=クロノパパの可能性もありますよ。都築作品は狭い世間がウリですし。

>クロノとはやてが兄妹だったらどうしょう…

はやてのおじさんは父親の友人ですから、勇者王がクロノ父で且つ、はやてのおじさんである可能性もあるかと

ああー、確かにその可能性もあるんですな。このパターンだと、クロノは日本人とのハーフで、はやてと兄妹って事になるのか。

>仮面の人って、声が勇者王なだけで、石田医師かと思ってんですけど・・・

な、なんだってー!? そ、そうか、勇者王=石田医師はやてのおじさん=クロノパパで、はやての病気の原因が闇の書という事に気付いて専属医師になりすます→病院に訪れたシグナムらを見て闇の書の覚醒を確認→闇の書完成を目指して暗躍。なるほど、これなら伏線の取りこぼしもなく全ての謎が解決する素晴らしい設定ですね(えー

>初めて、DCSSを見たのですが、原作無視も良いところなのですね…w 音夢が普通にご飯つくれてるなんて

あれは一応、2年の間に修行して何とか食べられる程度ものは作れるようになったというフォローがありました。それでも失敗する方が多いので、マズイと吐き出してるシーンが何回もあったかな。

D.C.S.S.のことりですがことり自信が2年前までは人の気持ちが読めたとも言うわけにはいかず、
>桜が枯れて能力がなくなっただろうとは思っても確証がないのでは。
>その前後の音夢の病気もことりには病気でしかなく桜との関連には結びつかなかったことと
>その時にことりは純一の役にも立てなかった&音夢と純一の絆に気づいてしまって2年前のことは純一が話さないなら
>自分は部外者として話すわけにはいかないと判断したのでは?
>私もここのとこ急にD.C.にめちゃはまりしました(´д`;)
>ゲームも買ってしまって言われるように作品的に成功してるかと思います。
http://www.hm6.aitai.ne.jp/~synme/

純一、さくら、美咲以外の登場人物が、二年前の出来事と、かつて持っていた能力について、それぞれどんな認識で、能力を失ってからどういう風に割り切って考えてるのかわからないですからね。純一と音夢の勘違いすれ違い茶番劇をやるぐらいなら、2年間の空白に対するフォローにもっと費やして欲しかった。

シュガルンで脚本書いてる長谷見沙貴氏の日記(2005/11/4分)によると
>来年放送予定の東映作品(女児向け)の第2話脚本を執筆中とのこと
>「詳細は決まってないがタイトルは発表済み」との事なのでパワパフZかも?

タイトル発表済で女児向けで東映作品ならば、「パワパフZ」一択になるでしょうね。「IGPX」同様、カートゥーンが絡んでるので、放送枠が気になる所。特殊なネット局になるのは間違いなさそう。

>ようやっとマブラヴオルタ発売日決定 また延びると思う私は変かな

無問題。それが正常だと思います。

ゾイドHPアンケートが更新されてて、レ・ミィ&コトナ主役の外伝アニメがあったら見たいですか?
>という一文が。ルージ君の立場が・・・

見たいですか?なんて聞かれたら、当然見たいと答えますよ(笑)。「添い寝シーツ」とかも発売するらしいですし、製作側も潔く吹っ切れた感が…。

キングダムハーツアニメ化するみたいです
>ソースは野村哲也の海外雑誌インタビュー
>映画かも予定してるらしいですが、現在どうなってるかは分かりません

以前にも、日経の雑誌か何かに書かれた記憶があるんですけど、現実味のある話にまで発展してるんでしょうかね?

>集団でべんてら〜は痛すぎでしたよね。ミルファってやっぱり熊のぬいぐるみでですよね?
>訂正。ミルファのバン、キュン、ボンはやっぱり拝めませんよね?w

やっぱり、高坊がミルファにセクハラしなかったら許せませんねw

アニメだけ見てたら、由真はいらない娘だな・・・
>普通に歩いてるだけのところに自転車で突っ込んできていちゃもんつけてくるとか、
>おまえはどっかのヤクザ屋さんかとw

アニメ版は、シナリオとしては愛佳、キャラ的には由真るーこの扱いが特に酷すぎます。もしかして、頭のかわいそうなヒロインを愛でるアニメにしたいのか?

2005-11-15 このエントリーを含むブックマーク

・「ToHeart2」第7話

登場済のメインヒロイン、サブキャラ、更には名もないモブキャラまで集めてベントラ〜ベントラ〜って…。電波がキツ過ぎます、隊長。黄色時空に冒されてるよ、絶対。るーこのクライマックスイベントが完全に花梨主役に置き換わってるし。るーこは妄想癖の激しい電波少女のままですか。山口氏が花梨好きなのは十分伝わったけど。

「ToHeartR」にゲスト出演、第8話で瑠璃・珊瑚・ミルファ登場、第9話が雄二の口車に乗せられて遊園地、第10話でイルファ登場・珊瑚が不機嫌に…と、3話使って原作通りの展開で優遇されてるっぽい姫百合姉妹編にわずかばかりの期待をしてみる。マルチ・セリオが逆ゲスト出演したら驚くけど、良くて名前が出るぐらいだろうな。

▼WebClap/Formレス

ジェネシス、ソラノヒトに結城比呂さんが混じってた・・。種のクロトとか最近悪役ばっかです(TAT

敵キャラ(ヘタレ)役というイメージが定着してしまってるので、こればかりは(笑)。「Fate/stay night」の間桐慎二役も、神谷浩史氏じゃなくて結城比呂氏にやって欲しかったなあ。

>WebClap/Formの書いている人たちって、全員疑問系が多いですねw

言われてみればそうですな。感想は自己満足ですし、情報サイトとしての色合いの方が強いから仕方ないのかもしれませんが。答えられるものは極力答えますけど、ちょっと調べればわかるような事や意味不明なものが意外と多いのが困りもの。これでも、1/3程スルーしてるんですけどね…。

>仮面の勇者王がヘル&ヘブンを放ったときは驚きと同時に笑いが・・・
>奴のデバイス予想はあえて金色のハンマーの方向で(えー

>なのはですが、クロノのS2Uが平時でカード形態なので、
>仮面の男もカードを出した時点でクロノ父説は有力かと思われます。

>あそこまで伏線を張りながら、仮面の戦士がはやての父親の友人であるおじさんだったら、
>なのは関連商品全部買い占めます( ゜∀゜)

正体がはやてのおじさんだったら驚愕の超展開だ(笑)。逆に、クロノパパにトドメを刺した主犯で、使ってるデバイスもクロノパパから強奪したもの、みたいな、なのはらしからぬ鬱展開だったらどうしよう。

>私はシャナ未読ですが、6話は微妙でした。
>今にも殺しそうだったのにいきなりデレっ気出ててええーみたいな

シャナWebで6話見ましたが、確かにあの展開はもの足りませんね。
>ここに来て姐さんがすでにいることが邪魔になったような気も。
>それよりなによりもフリアグネとマリアンヌの扱いがひどすぎます。

シャナがデレに傾くのは原作でも早すぎと言う意見が多いんですけど、アニメ版は完全に描写不足。9話がアニメオリジナルの水着サービス回。10話から愛染編らしいので、それ以降の巻き返しに期待するしか。

D.C.S.S.関係

ことりが2年前の事を教えなかった件について続々と意見が寄せられております。助けてー。ツッコミ所満載という点では、作品として成功してるのかも。

2005-11-14 このエントリーを含むブックマーク

「PiaキャロG.O.」主題歌は『スマイル¥0 GO GO WAITRESS 2』

アニメ版「Canvas2」で、久しぶりに「GO!GO!ウェイトレス」を(着メロだったけど)聞きましたが。あの電波度を超えてるのだろうか?

▼WebClap/Formレス

ブレイドアニメについて、すでに一度アニメ化された作品の再アニメ化というのはありえないでしょうか?

原作が完結してしまってると商業的に見て可能性は低そうですが。再アニメ化するなら「ジンキ・エクステンド」を……。

ひまわりの情報追加
>主人公の名前がひまわりで、忍者学園に通う中学生くらいの女の子
くのいち学園ものだそうです。見た感じ。

なるほど。シリアス、ほのぼの、ギャグコメディ、どういった路線なのかわからないと、まだ内容を予想するのは難しいかな。

>うたわれはどっちの方向で凄いことになるのでしょう?氏を知らないもので…

少なくとも作画・演出面では心配しなくても大丈夫といった感じで。詳しくは「カスミン」「そーなんだ!」「ムービック版みずいろ」「SHUFFLE!第2話・第6話」あたりの評判をネットで探してみるのが良いと思います。

http://www.baku-ten.net/爆裂天使新プロジェクトは未放映のものですかね?

新作OVAだそうです。アニメ誌では、アニメディアアニメビデオジャーナルに少しだけ記事が出てたかな。

>来年1月放送枠の新作アニメは埋まりました?

まだまだかと。放送開始2週間前に突然発表されたりする可能性もあるので。

>fate2クールで決定なんですか?

正式発表はないので不明です。1クールだったら色々と不安ですが。

>コメント欄復活する予定はありますか?

はてなが対応してくれそうもないので、当面の間、復活の見込みはないです。

アニメ予定表の中にある「03/-- 下級生2 原作 : エルフ / 製作 : ピンクパイナップル」とはどういうものなんでしょうか?
>来年の3月に下級生218禁OVAが出るとか?
>ちょっと気になったもので詳細が知りたいです。

ピンパイが18禁OVAを出すらしいんですが詳細は不明です。この辺の記事を参照のこと。

アイシアがますます痛い子に・・・。
>でも2年前の事を誰も教えてあげないのはちょっと問題な気も。

>ことりって記憶無くしたような描写ありましたっけ?

>え、ことりは普通に心が読めたことは覚えているはずですが。
>能力失ってもその能力が使えてたことまでは忘れないはずなので。

あれ?そうでしたっけ?じゃあ、純一が魔法の事を隠そうとしてるのは、魔法の桜が枯れても、まだ魔法が使える人がいるという事実だけ?

追記.

>というか、ことりとかにはあれが魔法とは気づいてなくて、
>ただ桜の奇跡と感じているだけなので魔法はばれてないのですよ
アニメ版には純一が魔法で和菓子を出すことをことりは心読みしてなかったですし

なるほど、そういう事でしたか。納得しました。しかし、それだと二年前のことを濁すのは、余計に腑に落ちない気がする。

>仮面の男がクロノのお父さんの気がしてならない・・・

これで全然関係なかったらビックリですが(笑)。

>今週のなのはは「壊れた作画と現在となの」だったってマジですか!?

キャラデザに似せるつもりがなさそうだったり、魚眼レンズ視点っぽい前衛的な構図が多用されてたりしましたけど、作画崩壊とは違うと思います。

ゾイドジェネシスHPのアンケートの好きなキャラにルージママン選べるw

大きなお友達を視聴ターゲットとして意識しまくりですな。ゾイド講座のネタとか、子供には通じない気がする(笑)。

>確かに土手の影は楓に見える って本人大ボケかましてたが
>ラストは楓話→終盤の方向かな

>ハーレムEDの可能性はむしろ低くなったのでは?
>稟がシアを振ったのも他に想い人が居るからであって。
>残っているのは楓と亜沙先輩・・・どちらが稟の本命なんでしょうね。

アニメ誌のあらすじを読むと第22話までで亜沙先輩と楓も完結して、第23話の『明かされた真実』からアニメオリジナルのクライマックスに突入するらしいので、まだまだ結論を出すには早すぎかと。

>悠二、叫んでばかりではなかったような。ちゃんと指示してた部分も誉めてあげないと。

確かに指示してたけど、あれは誉めて良い物かどうか…。機転を利かせて一発逆転を狙えるような指示なら良かったのですが。

シャナは原作燃え部分を愛染編に持ち越したと考えれば、まだ、多分、きっと

愛染編は燃えよりもエロ(ry [仮装舞踏会]の暗躍、悠二パワーアップへの布石、零時迷子の謎、マー姐復活等々、原作の方向性が決まる話なので、アニメ版の評価もこの話をどう料理するかが鍵になるでしょうね。

シャナ6話 私はWEB配信で観てるんですが、駄目ですか6話orz
>3話でマージョリー登場の時点で嫌な予感はしてたんですが。視聴やめようかな…
>新刊の方も未読でしたらいけないのでネタバレ書きませんが、バトル期待してたら 肩透かしを食らいました。
>いやまあ、楽しかったんですが…

確かに、原作を知らなければ許容範囲なのかもしれません。見切るにはまだ早いかも。新刊は物語の転換期なので、バトル一辺倒じゃなくてもまあ良いのでは。

シャナの場合もそうですが、原作を読んでいるから改変による改悪が気になるのであって、
>原作未読なら「そういうもの」として受け止められるので問題ないように思います。
>原作ファンにアピールできない改悪に意味があるのかとは思いますが…。

多分そうなのだろうとは思いますが、第6話は原作未読の人が見ても拍子抜けとか肩透かしだったという感想が大半を占めてた気がするので、評価が下がったのは間違いなさそう…。

2005-11-13 このエントリーを含むブックマーク

Fate/hollow ataraxia」結局24時間かかって100%に到達。ミニゲームは…。クライマックスは確かに盛り上がったけど、やっぱり橋突破が一番燃えたかな。個別エピソードは黒桜系と凜全般、あとはキャス子やマキジ絡みが面白かった。後日談は、強引な理由でも良いから、いっそのこと全員押し掛け展開が見たかったかも。次は、アニメ版「Fate/stay night」が待ち遠しくなるワケですが、制作状況などBerriesブログ(11/10, 11/13あたり)に色々と。

・「ゾイドジェネシス」第32話

さようなら、ロン先生…って、無事かよ!?しかも、良く見るとヴォルケーノに特攻するバンブリアンのハッチが開いてるし。あの時が脱出ポイントなら、とんだ役者だよ。予想通りと言えば予想通りだけど、ディガルドの高度な技術力は「ソラノヒト」から与えられた物だった。カトーンの人々も「ソラノヒト」と関係ありそうだし、「ソラノヒト」の中でも敵対関係があるのかも。ギルドラゴンが1体ではないという話も出てたし、終盤ではギルドラゴンvsギルドラゴンとか見られそうだ。でもって、またもやCMでネタバレしてるんだけど、次回は『ムゲンライガー』進化の予兆あり?

・「魔法少女リリカルなのはA's」第7話

なのはさんが悪役に見えてきた今日この頃。つーか、『お話聞かせてくれる?』の後には、『じゃないと、殺っちゃうよ?』というセリフが絶対省略されてると思う(笑)。レイジングハートも『いいんじゃないでしょうか。』とか言い出してるし。ディバインバスターエクステンションは格好良かった。まあ、それ以上にフェイトvsシグナム戦に燃えたが。今回の話で、仮面の勇者王は、魔導師としてSランク以上の実力を持っていて(あのカードがデバイス?)、フェイトのリンカーコアを奪う外道で、消息を絶ったクロノの父親である可能性が高くなったワケですが。いくらなんでも強すぎだろ、勇者王。クロノが軽々と吹き飛ばされるハズだ。

・「D.C.S.S.ダ・カーポ セカンドシーズン〜」第20話

揃いも揃って言葉を濁してないで、『さくらが魔法で音夢を殺しかけました』と教えてやればいいのに。余計話が拗れるのは目に見えてるのになあ。ことりは、人の心が読めていた事をまるで覚えていたような言い回しだったけど、都合良く記憶が補填されてるんだろうか?何はともあれ、アイシアは魔法の桜を復活させる決意に至ったようで。全て白紙に戻すお膳立ては整った。第24話で魔法の桜が再び咲いて、純一と音夢の交わした約束がどんどん失われていく展開が待ってるらしいですよ?

・「銀盤カレイドスコープ」第6話

コミカルな演出が冴えていて、なかなか楽しかった。女帝リアと演目曲が被るという絶体絶命のピンチを、ピートの提案で切り抜ける。原作2巻の表紙にもなっている、タズサ@ウエイトレスナンバーの完成に向を目指して、短期猛特訓開始。練習シーンが、使い回しで転けてばかりなのがちょっと残念だけど、次回はいよいよウエイトレスナンバーお披露目。予告に色々と衝撃映像が…。

・「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第7話

ありゃ、彰太×エリスフラグはまだ引き延ばすのか?エリスが寝取られる展開になったら、「君が望む永遠」を上回る衝撃度ですが。でも、次回予告で彰太の姿が見えなかったし、公式サイトでフライングしてたあらすじでもそんな展開は無さそうだったから、このままフェードアウト?逆に、霧が高校時代に告白してフられた相手が浩樹という事実はあっさりバラしちゃったな。エリスが告白されるシーンに触発されてか、浩樹と霧は急接近してるし。

2005-11-12 このエントリーを含むブックマーク

オススメされたので、特に他を選ぶこともなく同じフォームメーラーを設置してみました。何かありましたら、ご利用下さい。


・第4四半期に「びんちょうタン」、さらに来年度上半期において2作品の放映開始を予定。

マッグガーデン中間決算短信添付資料より。2作品のうち一つは、コミックブレイドカレンダーコレクション2006のラインナップ「ARIA」EREMENTAR GERAD」「ジンキ・エクステンド」「tactics」「その向こうの向こう側」の中で、唯一TVアニメ化されてない「その向こうの向こう側」でほぼ決まりだろうな。デジタルコミックブレイドで一度ショートアニメ化されていて、イメージボーカルCDも発売されるし。もう一つは、実写ドラマ化した「僕と彼女の×××」が有力か?他は話数ストックを考えると「伊賀ずきん」「天外レトロジカル」「西の善き魔女」ぐらいかな…。

VIPER氏の日記でも「うたわれるもの」の制作状況について更新。

第10話の作画監督を担当されるようで。凄い作品になりそうな予感。

・新番組情報:2006年1月放映予定の「練馬大根ブラザーズ」プレサイトオープン!!
http://www.ndbrothers.com/

アニプレックスメールマガジン『ANI-(C)OM』第018号より。WEBアニメスタイルには来春と書かれてたけど、どっちが正解? メルマガ内で2箇所に書かれていて、訂正メールも届いてないから、2006年1月開始で間違いなさそうな気はするけど。

・「ストラトス・フォー アドヴァンス」CODE:205

アドヴァンスの中では一番良かった。やっぱり迎撃があってこそだよな。まあ、脇役男キャラ2人に今頃スポット当てられても、正直シリーズ終盤にやる話じゃないと思ってしまうけど。それにしても、新人とか無人迎撃システムとか放置プレイして、また本部が嘘データ流してるなんて伏線増やして一体どうするつもりなんだろう?最終回の予告を見ても、次回で完結しそうな雰囲気はなく、ようやくシリーズ最終章に突入、ぐらいな感じ。

・「絶対少年」第25話

わっくんの真似をしたのは、希紗を待っている自分と重ねていたから、らしい。どっしるとしっしん、そして名付けられたばかりのぽーちゃんまで破壊されてしまった。希紗への精神攻撃が容赦ないなあ。須河原さんにコクるマッキー節操無いな(笑)。しかし『年下には興味無し』と切り捨てられるマッキー。その後、再会したりえぞーが一転してマッキーに靡きそうなんだけど、どうなる事やら。クライマックスなのに、相変わらず淡々としていて結末が見えてこない状況ですが、納得のいく着地点が用意されてると思いたい。

・「ガイキング」第1話

王道回帰という言葉が相応しいような、懐かしいロボットアニメの雰囲気。原点となる昔のガイキングは見たことがなかったんだけど(スパロボもやらないし)、エルドランシリーズの新作を見てる気分。へらスタや、ドッキングアニメーション担当の大張正巳とか豪華スタッフが名を連ねていて、バトルシーンは特に素晴らしかった。第2話以降もこれが続くかどうかは謎だが。個人的には、勧善懲悪に徹して、色々悩んだりせず爽快感を追求した作品になって欲しいと思ってる。

▼WebClapレス

シャナ、こちらは土曜日ですが、スタッフはまさか悠二を今流行りのヘタレにさせようとしている?(ぉぃ

優柔不断(特に女性関係)なのは確かですが、ヘタレとは違うんだけどなあ。見ていてヤキモキさせられる主人公は個人的に好かないので…。

>cyanさんの感想見てるとShuffle!のシナリオは練りこまれてるように思うんですけど、
>なにが駄目だったんですか??

設定が入り組んでる「SHUFFLE!」を1つのシナリオに纏めるのは至難の業だと思うので、シリーズ全体を通して見たなら妥協できないこともないんですが、リシアンサス/キキョウの扱いが、原作知らないと理解できないほど未消化だったり、性格変えられてたりと良くなかった所。

>今回のSHUFFLE、河川敷でキキョウに引っ張られるシーンで向こう側から歩いてきた人誰ですか?

ただの通りすがりかと。稟が驚いたのは、一瞬楓と見間違えたからでは?

>凛がキキョウと名づけるシーンはあるのですかね?

さすがに、アニメ版ではあるとは思えない…。第22話までのあらすじも判明してますし。

>ジュン君と巴の仲は進展するんでしょうか。気になります。

同意。人間同士と、人形と人間の関係の違いもあるし、ドール達がジュンと巴の仲に嫉妬する絵も見てみたいんだけど、アリスゲームの結末がわかるまでは、これ以上進展させるのは難しいのかも。

2005-11-11 このエントリーを含むブックマーク

・「SHUFFLE!」第17話

シア解決編。ネリネ編で力を使い果たしたのか、かなり未消化な感じ。亜沙先輩編への繋ぎと考えれば、それなりに綺麗に纏まってたとは思うけど、さすがにキキョウを蔑ろにし過ぎだ。性格もちょっと変えられてるし、肝心の命名イベントが削られたから名無し(裏シア)のままだし、そもそもキキョウがどういった存在―――神族である神王(ユーストマ)と、魔族であるサイネリア(魔王フォーベシイの妹)の間に生まれた双子で、キキョウは魔族の血が濃かったために存在を抹消。シアはそんな妹の魂を受けて双子神(一つの存在に二人の肉体と魂が宿っている状態)となっている。この特殊設定があるから、原作では稟に2度処女を捧げてたりして。―――なのかも説明不足。あと、前回予告を見て想像してたよりエロくなかったなー。ポロリはあったけど。楓が警察呼んでたのには笑った。シュール過ぎ。アニメ版では始めて明かされた、『神界は一夫多妻制』発言がハーレムエンドへの伏線になるのか、それとも??

「かりん」第2話

オープニングお披露目。無駄にエロいな。特に胸を強調しまくり。シルエットのキャラがいたけど誰だ?アニメオリジナルキャラ?原作は、こういう露骨なエロ路線ではないと思うんだけど、本編もお色気重視になるのかな?ほぼ改変なしの原作通りの展開で単行本1巻の最後まで消化。『中年を惑わす魔性の女』雨水ママンは期待通り。前回カットされたと思っていた援交とバイトの話もしっかりフォローしてくれたし、今回は結構良かった。本格的に面白くなるのは雨水くんに正体がバレてからだと思うし、序盤としては満足の出来。

・「ローゼンメイデントロイメント」第4話

崩れ気味の作画を演出とシナリオでカバーしたお手本のようだ。第1期から引っ張り続けた、翠星石が遂に契約してデレ期突入。照れてる翠星石の可愛さは異常。笑わす所もツボを心得てる感じがするし、盛り上げる所はキッチリと盛り上げてる。素晴らしい。次回はギャグ回だな。そして、水銀燈復活の第6話『天使』まで、あと2話だ。(完全復活は第8話?)

▼WebClapレス

>悠二はここぞのときは頭がキレるというオプションアニメではでてきませんねなかなか。この先心配

>原作読んでないからダメなのかと思いましたが、普通にダメだったんですなぁ>シャナ

灼眼のシャナ6話ですが、自分も驚きました。原作は未読ですが、これも一目で原作破壊と気づきました。

>確かに灼眼のシャナはひどかった。

せっかく原作の微妙な部分を補って面白くなりそうな予感があったのに、5話までに築き上げたものを全て台無しにする内容でしたよ…。『零時迷子』の力ではない、悠二自身の真価をここまで削ってるのは、悠二がスタッフに嫌われてるからじゃないよな?

>自分もシャナと終わクロ買いました。終わクロは来月までに読み終わるかどうか心配です。

シャナの新刊は薄かったのでサクッと読了できそうですが、時間が無くてまだ途中。“彩飄”フィレス登場で、いよいよ物語が起承転結の『転』に入ったようで。

>終わクロですが、七巻は一冊で1100ページらしいですよー

最終巻だけに、ライトノベルの限界に挑戦してるんでしょうか?勘弁して(笑)。

Fate凛役の植田佳奈が「Fateダウンロードおわった」とブログに・・・

マジレスすると、体験版で凜ルートが全部できると勘違いしてるか、製品版のインストールダウンロードと書き誤ってるかのどちらかだと思いますけど、誤解を招く発言なのは確かだなあ。

FateのプロローグDVD、かなりやばいようです。作画云々でなく・・・怖いな

どういう事?収録される内容は、イベントで先行上映されてるプロモーション映像2バージョンと解説書だけだし。生産枚数が予約数より圧倒的に足りてないとか?

CLANNADPS2版が発売延期したらしいです。
>> http://www.games-j.or.jp/festa/2005/soft.html

まあ、いつものインチャネクオリティですな。「斑霧」まだー?(AA略

>「しにがみのバラッド。」は結局のところ、何月から始まるんですかね?

予想通りなら2月下旬か3月上旬?

>制作グロスって何ですか?

1話単位で外注の会社に制作をお任せしてしまう事ですね。「ToHeart2」はほとんどグロスなんですが…。グロス出ししたからと言って必ずクオリティが低下するわけではなく、「SHUFFLE!」のように、下請けした会社がOLMやAICで、元請けのアスリードより実力的に上だったりすると、それ相応のクオリティが望めるんですけど。

>また、ドラマ化なんですが。
ミスター味っ子の作者寺沢先生の食いタンが来年少年隊の東山が主人公でやるそうです。
>もう、昨日の時点でニュースが流れましたけどね。
>食いタンまでやるとは、ネタがもうないのか?

ドラマはアニメ以上にコンテンツ不足なのかもしれませんねー。来春ドラマ化が決定した「都立水商!」も地雷臭が。

>キキョウの設定はそういうことだったのですね。
>望まれない子というのが、TVではよくわからなかったので

一つの存在という概念に二人以上の肉体と意識が共存してるという、神族ならではの設定ですからね。二重人格と勘違いしそうですが、実際はかなり違う。

2005-11-10 このエントリーを含むブックマーク

岩佐がく氏の日記が久々更新。「うたわれるもの」の制作状況とか。

○内容的は原作ゲームに比べて、若干ハードな展開
萌え萌え言う人には、ちょっと違うように感じるかも
○「ベルセルク」と「みずいろ」を足して2で割った感じ
○制作グロスで出している話数は10話現在で【0】

・「灼眼のシャナ」第6話

うーん、これはさすがに擁護できないなあ。原作とは違う先の読めない構成による面白さや期待を含めて、あらゆる意味で全て台無しにされた。封絶が最初から展開されてる時点で怪しいとは思ったが。フリアグネ戦の燃える要素をほとんど排除して、原作の悪い部分だけを繋ぎ合わせて再構成したような内容だ…。アラストールの顕現無しは、アニメ版のクライマックスに持ち越されたと考えれば100歩譲って良しとしても、ハンドベル型宝具『ダンスパーティ』の仕掛けと、フレイムヘイズ殺しの宝具『トリガーハッピー』について説明もないまま、まともに機能してなかったり、マリアンヌが自爆攻撃して消えてるのに、狂って気付いてないフリアグネとか扱いが酷すぎ。今回はシャナと悠二が覚悟を決める話なんだから、マー姐が手助けしたのは完全に蛇足だと思うし。悠二は、ラミーに背中を押されて、フリアグネの仕掛けにも気付いたのに、結局叫んでるだけだし。あれだけで、シャナとアラストールが悠二を認めた事になってるのは納得いかないよ。

・「ラムネ」第5話

鈴夏が一人割を食う形に落ち着いちゃった感はしたけど、綺麗に纏めたな。子供時代のエピソードと現在進行の話を上手く組み合わせてると思うし、他のヒロインの絡ませ方も悪くない。子供の頃の些細なすれ違いを引き摺った微妙な関係と、その修復。下手に気分が滅入るような展開を引っ張ることもなく、日常に転がってそうな『普通』の話を『普通』のままで気楽に後味良くまったりと見られるのが良い所なのかも。アニメ版「ToHeart2」もせめてこれぐらいの構成をしてくれれば…。

▼WebClapレス

Web拍手ではなく独り言以外の何かさんみたいにメッセージフォームにされてはどうでしょう?

そうですね、検討してみます。あの時は緊急事態に近かったから、とりあえず、即座に設置できる「Web拍手」にしただけでしたので。

>あいのやる気無しは今に始まったことじゃないような。と言うか見た目的にはそう見えるだけかも。

確かに(笑)。でも、今回はいつもに増してやる気が感じられなかったと思いませんでした?地獄送りの時も、『はいはい、さっさとこのオバさん流して終わりにしますよ〜』みたいな空気が流れていたような。

>珍しい放送形態という事で(CS2局+地上波)、9日の読売新聞夕刊に地獄少女の記事が掲載されていました。

これですね。思った通り、(福)氏の記事でしたか。今後もスカパー!ウェルシンクが製作に関わってる作品は放送形態に要注目かも。今の所、「地獄少女」「蟲師」「ウィッチブレイド」ぐらいですかね。

>表の「PS2 「Twelve -戦国封神伝-」 壁紙追加!」はPSPの間違いでは?

直しておきました。コピペ元のコナミ公式自体が誤植してるようです。

2005-11-09 このエントリーを含むブックマーク

・「地獄少女」第6話

爆笑。いきなり安っぽい昼メロかVシネみたいな話が始まって驚いた。家庭内暴力、ママンレイプ・ビデオ流出未遂、M字開脚、さらには恨み晴らしで一目連本領発揮(笑)。指舐め、騎乗位。…これを夕方に放送して大丈夫なのかMXテレビ?といらぬ心配をしてみたり。キャスティングも絶対狙ってるっぽいし、あいのリアクションも終始やる気なさそうだし、凄くシリアスで鬱な内容のハズなのに、全てがギャグに思えてくるから不思議だ(笑)。次回はまた変化球かな?

・「ノエイン もうひとりの君へ」第5話

物語が急展開。ハルカが早くもラクリマに行ってしまった。もう少し引っ張ると思ってたんだけど。連続お風呂記録も途絶えた(笑)。ハイサイド?ブチ切れたカラスは、確かにユウだったな。カラスが思い浮かべたカプセルみたいな中にいたのがラクリマのハルカなんだろうか?今回、ハルカの能力を見て自分たちの知ってるハルカとは違う事に気付き、ユウにお前が守れとカラスが心変わりした本当の理由は良くわからなかった。ハルカの龍のトルクとしての能力の一つ(?)は、別次元に存在する同一の可能性と入れ替える力?最近似たような能力のアイテムを見た気がする……ああ、Fateホロウのカレイドステッキか(笑)。


アニメーターの日記に、「しにがみのバラッド。」の放送時期が延びたみたいな事が書かれてたから怪しいとは思ったけど、普通に1月から「半分の月がのぼる空」を放送して、その後引き続き2月下旬から「しにがみのバラッド。」を放送する形式になったみたい。

▼WebClapレス

Fateホロウ関係

たくさん頂いた情報を合わせると、達成率は本編+Eclipseで100%になり、ミニゲームは含まれない。で、個人差はあれど、ミニゲームに寄り道をしなければ、クリア時間は平均25時間前後って所でしょうか。

東鳩2アニメを観てるとわれもののアニメの方も不安になちゃいます。

ToHeart2」のOLM TEAM IGUCHIは、どちらかというと下請け会社集団みたいな感じですが、「うたわれるもの」のOLM TEAM IWASAは、ムービック版OVAみずいろ」や、「SHUFFLE!」の第2話・第6話などを手掛けてたチームなので期待しても大丈夫だと思いますよ。

>原作のるーこシナリオが今一つ理解できない・・・。最後に何故ルーシーとなったのか、とか。

その辺は明確な解答が示されてないので、自分の好きな解釈を当てはめて下さい、という事ではないかと。掟を破った罰で記憶を入れ替えられて地球に追放されたか、本当にルーシー・マリア・ミソラという留学生で、主人公の夢オチだったのか。

フェイトのリンカーコア関連、正体バレ後の仮面とクロノが戦う伏線に使われたりして…
>なんか闇はやてが最後だと結局仮面はいい人っぽいし、今のままじゃ争うような理由がなさげなんですよね。
>そこで前作のクロノのノリで「たとえ結果が正しくとも…」みたいに突っかからせるとか…まあ、妄想ですが。

来週の話でリンカーコアにダメージを受けるようなんですが、もちろん命に別状はないとか。第8話で、なのはとフェイトはやてのお見舞い、第9話がクリスマス・イブ、でもって、第10話で遂に闇の書が完成、闇はやてvsなのは達、クロノが仮面の戦士を拘束して正体が明らかに…と、怒濤の展開のようです。

>砂沙美の絵はありませんでしたか?

公式サイトが出来てますよー。確かに面影は残ってるけど、ほとんど別人。

2005-11-08 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「いぬかみっ!」来春放送予定。
http://inukami.jp/

> 原作:有沢まみず
> 監督:草川啓造
> シリーズ構成:玉井☆豪
> キャラクターデザイン:友岡新平
> アニメーション制作:セブンアークス
> ようこ:堀江由衣

魔法少女リリカルなのはA's」スタッフですか。

・TVA「陰からマモル!」2006年1月7日よりテレビ東京・テレビ大阪にて放送予定。

> 原作:阿智太郎
> 監督:ふじもとよしたか
> シリーズ構成・脚本:金月龍之介
> シリーズ脚本:柿原優子・竹内利光・広田光毅
> キャラクターデザイン:渡辺奈月
> 美術監督:前田実
> アニメーション制作:グループ・タック

タクティカルロア」と「女子高生」も抱えてるし、ふじもとよしたか監督働き過ぎ。

・TVA「ラブゲッCHU」2006年地上波深夜で放送予定。
http://galgame.jp/

> 原作:小泉まりえ
> 監督:東郷光宏
> アニメーション制作:ラディクス
> プロデュース:アイコット

・TVA「吟遊黙示録マイネリーベwieder(ウィーダ)」2006年1月22日よりアニマックスにて放送予定。

> 監督:川面真也
> シリーズ構成・脚本:面出明美
> キャラクター原案由貴香織里
> キャラクターデザイン:芝美奈子・山下喜光
> コンセプトデザイン:肥塚正史・毬雄一
> アニメーション制作:ビィートレイン
> オルフェレウス:櫻井孝宏
> エドヴァルド:関智一
> ルードヴィッヒ:関俊彦
> カミュ保志総一朗
> ナオジ:石田彰
> アイザック:子安武人

前作「吟遊黙示録マイネリーベ」同様、ゲーム・コミック・TVアニメメディアミックス展開予定。

・TVA「ウィッチブレイド」企画進行中。

> 監督:大橋誉志光
> キャラクターデザインうのまこと
> シリーズ構成・脚本:小林靖子
> 設定考証・コンセプトデザイン:小倉信也
> アニメーション制作:GONZO
> 製作:GONZO/GDH・スカパー!ウェルシンク

トップカウ社出版のアメコミ原作。

・TVA「LEMON ANGEL PROJECT」2006年1月より各局『アニメ魂』枠にて放送予定。

> 原作:AMGエンタテインメント
> 総監督:野口周三
> シリーズ構成・脚本:瀧元正至
> キャラクターデザイン:渡辺由香里
> 監督:千葉大
> チーフアニメーター:山川宏治
> コンセプトデザイン:星の絵富也
> 美術監督:宮前光春
> アニメーション制作:ラディクス

・TVA「REC」新春TBSにて放送予定。

> 松丸文彦:保村真

・原作:滝本竜彦、漫画:大岩ケンヂNHKにようこそ!少年エース1月号で重大発表!

数日前に頂いた情報通り、アニメ化のようですな。

TYPE-MOONFate/stay night」オフィシャルコミックが近日連載開始予定。続報はコンプティーク誌上にて。

ドラマCD俺フェチ」2005年12月21日発売。

> 長谷川いちご:後藤邑子
> 保田ちひろ:平野綾
> くっちー:谷山紀章
> 西村マキ:新谷良子
> 流星キラリ:浅川悠

他に、「ザ・サード」「マジカノ」「吉永さん家のガーゴイル」「魔界戦記ディスガイア」「うたわれるもの」などの情報も載ってるけど、既出情報だけっぽい。

来週、ゾイドギルドラゴン登場。なのはA'sは今度はフェイトのリンカーコアがヤバイ事になって、さらには闇はやてが…?!

「ボクのセカイをまもるヒト」のあとがきに「学校を出よう!」の続編情報(少なくとも神田健一郎くんには再登場してもらわないと困るとか)が載ってて、続きを書くつもりがある事はわかったので一安心。

「終わりのクロニクル」の新刊は、また上下巻併せて1200ページに迫る勢い…。とりあえず後回しで「灼眼のシャナ」の新刊を読み始めたり。

2005-11-07 このエントリーを含むブックマーク

・TVA「砂沙美 -魔法少女クラブ-」(2ch

> 原作:AIC-beSTACK
> 監督:高本宣弘
> シリーズ構成:岡田鷹里
> キャラクターデザイン総作画監督:原将治
> アニメーション制作:AICスピリッツ

魔法少女プリティサミーに続く天地無用!スピンオフ第2弾になるのかな?公式サイトに書かれてる、

> 天地無用!第三期のリリースも終わって、情報が落ち着いてしまっていますが、
> 近々(11月頃か!?)、天地ワールド関連の新たな情報をお知らせできる予定です。

これの事ですな。8月ぐらいに頂いた情報だと、キャラクターデザインが今風の絵に変更されているとの話ですが。あと、来年1月放送開始で、制作も結構進んでる(10数話分完成してる?)というウワサも流れてたような。

TVアニメ版「ToHeart2」時系列まとめ(2ch)

これは素晴らしい。自分も何度かやろうと思ったんだけど挫折してました…。

・「ToHeart2」第6話

ToHeart2」で最も電波な人外ヒロイン、るーこ・きれいなそら当番回。確か、バッドエンドの同棲イベントは原作屈指のエロ展開だったっけ?翻訳機が壊れてる描写は笑った。本人はルーシー・マリア・ミソラと言ってるつもりなんだろうけど。るーこに対する周りの反応が原作より控えめにされてるね。やっぱり、花梨は自分のルートより活動的だな。るーこ係とか、地上絵とか、些細な伏線も消化。しかし、さすがにるーこシナリオを1話完結には出来なかったようで、初の2話構成(その次の双子編も2話構成らしい)。天体観測でお別れイベントを次回に持ってきたのか。後半のアニメオリジナルエピソードでヒロイン全員集合とかやるらしいから、実際帰還はしないだろうけど。エイプリルフールのアレは見たかったなあ。

▼WebClapレス

Fateホロウ、目安になるか分かりませんが私が100%達成したときのプレイ時間は38時間弱でした。

本編クリアまで、まだ倍以上の時間がかかるとは思えないけど、ミニゲームのCGも全て回収しないと達成率100%にならないって事??

>DCSSはその長いプロローグの間に、相当数の視聴者を失ってしまった感が・・・

視聴者を失うどころか、音夢以外のヒロイン(特にことり)のファンを敵に回してしまったような…。

ゾイドのルージマンセーっぷりが鼻につきますけど平気ですか?

1クールから2クールにかけて失敗や敗退を見せてるし、勧善懲悪に徹すると言う意味と、本来の視聴者層を意識するならば、主人公が絶対正義でも良いんじゃないでしょうか。

>「砂沙美-魔法少女クラブ-」の監督ですけど、高元ではなく高本なのでは?

すいません、修正しておきました。

2005-11-06 このエントリーを含むブックマーク

先週から少しずつ進めてたんだけど、「Fate/hollow ataraxia」まだ終わりません。プレイ時間14時間50分強で、達成率74.5%

・「ゾイドジェネシス」第31話

ディガルドの手配書は相変わらず可笑しいな。特に師匠の扱いが酷すぎる(笑)。今回の件はこれからも起こりうる事だからと冷静に指し示すロンと、どこまでも前向きで真っ直ぐに成長していくルージを描いていて面白い。こういった下地作りは凄く丁寧な作品なんだよなあ。妥協しないというか。ガボールがルージと和解するまでの過程は確かに安直だけど、一応ガボール自身も逆恨みだという事を認識してる描写を入れてたし。ミィ様が乙女のカカト落としを披露したり小ネタも抜かりなし。作画も安定していて良かった。

・「魔法少女リリカルなのはA's」第6話

ヴォルケンリッター側の事情が語られる回。「闇の書」を、主であるはやてに秘密にして集めてる理由は予想通りだけど、足が不自由で、それを更に悪化させてる原因そのものだったとは。まだ物語中盤なのに、なんて泣かせるエピソードを…。まあ、その手の設定重視で、多少あざとい感じはするけど、それを引いて有り余るくらい中身が詰まってるから凄い。リーゼアリア・リーゼロッテは、クロノのパワーアップに絡むのかと思ってたら、ユーノの補佐役なのか。なのはとはやての接触フラグも立った。次回は予告からして既に全開バトルの予感。クオリティ高そうなんですがー!

・「D.C.S.S.ダ・カーポ セカンドシーズン〜」第19話

長いプロローグが終わって、本編突入って感じ。第1話の次に今回の話を繋げても何の問題もないような…?音夢の嫉妬心も、前作で色々あったさくら限定で鳴りを潜めてしまうようだし。さくらアイシアのやり取りに妙に既視感があると思ったのは、「D.C.S.G.」の最初の頃のエピソードとようやくリンクしたからだな。

・「銀盤カレイドスコープ」第5話

ピートがアビエイターだという設定変更には納得。原作での『雷に撃たれて死んだ時に魂が亜分裂してしまい、魂が安定するまで100日タズサに憑依』とかいう怪しげな設定より説得力あるし。ただ、アビエイター+フィギュアマニアにしておけば、もっと良かったと思う。それから、デートの内容変更も、タズサとピートの親密度を上げると言う意味では文句なし。迷子の話は、原作4巻のヨーコ迷子話が見たかったけど仕方ないか。つか、あのロシア人の迷子って、リアの関係者とかいうオリジナル設定だったりする?原作2巻までの内容そのままだと、リアの出番殆どないからな…。

・「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」第6話

なにこの寝取られフラグ…と言いたいのは山々ですが、エリスの恋心が、お兄ちゃん大好きから男性として好きに変わるための当て馬だって事はバレバレだしね。本筋とほとんど関係ない季節外れの水着祭りは笑った。特に、ツンデレ娘のゴスロリ水着は飛び抜けて凄いな…。エリス赤い鳥居は平気だったのか?とか、魔女アラのコスで肝試しの脅かし役が務まるんだろうか?とか、テレビで霧の失禁はやらないよな?とか思いつつ次回へ。

▼WebClapレス

励ましのコメント多数感謝です。

>「NHKにようこそ!アニメ企画進行中との事です。ソースは角川から書店向けのFAX

マジですか!?角川書店も、弾はもう少し出し惜しみした方が良いような。

>陰からマモルであってましたねえ。ひまわりは11月中旬ごろに資料が来るそうなので

そうですね。と言うか、さすがに1月からというのは予想外でしたが。「ひまわり」は、資料が出る時期的に考えると来春以降?

>クロノの中の人ラジオによると10話前半はクロノ出っ放しになるっぽいです。

仮面の勇者王と因縁あるようなので、その辺の掘り下げも楽しみですな。

>heartfuldaysです。取り敢えず近況ですが、まだはてなから返事は来てません・・・。

うーむ、本人の依頼でもダメなのかな?はてなを見限って移転しても良いんですが、はてなキーワードが使えなくなるのが痛すぎるからなあ。

2005-11-05 このエントリーを含むブックマーク

テレビ東京1月新番情報の解禁が始まったのでリスト更新。

月18:00〜:B-伝説! バトルビーダマン 炎魂→?
月25:30〜:GUN×SWORD→?
水25:00〜:涼風→?
水25:30〜:ARIA The ANIMATION→?
土08:00〜:トランスフォーマー ギャラクシーフォース→?
土26:50〜:銀盤カレイドスコープ→陰からマモル!
日07:00〜:→魔弾戦記リュウケンドー
日25:30〜:ぱにぽにだっしゅ!→よみがえる空 -Rescue Wings-
?→キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE 後編

「よみがえる空」は、桜美かつし超監督の名前を見て目まいがorz

・「絶対少年」第24話

今回を見ると、ますます前回の話が繋ぎでしかなかったと思うワケで。明確に影響を受けたのは、横浜みなとみらい地区一帯に厳戒態勢が敷かれた事だけだし。まあ、人々がどう捉えて、社会がどう動くのかを見せるために必要だったけど、1話使う事は無かったな。その反動もあってか、今回はかなり面白かった。ようやく希紗が動き出して、少しずつだけど4人の成長と歩み寄りが伺えるようになって、これから何を成すべきか見えてきた感じ。特にマッキーはまるで別人。歩はわっくんの物まね?一瞬わっくんが乗り移ったのかと思った…。歩と希紗が再会するシーンには、クライマックスに相応しい昂揚を感じたな。

-----

荒らしに使用されたIDは、はてなに報告しましたが、これまでの事を考えると早急に対策して貰えるとは思えないので、コメントの連投規制機能などが提供されるまでは、コメント欄を撤廃する事にしました。それに伴い、一応代替策として「Web拍手」を置いておきます。

2005-11-04 このエントリーを含むブックマーク

・「電撃ライトノベル劇場」WOWOWノンスク 2006年1月〜

Aパート「半分の月がのぼる空」、Bパート「しにがみのバラッド。」で、それぞれ全6話構成、1話を2回に分けて全12回の放送になるらしい。

「かりん」第1話

吸血鬼」じゃなくて「増血鬼」かりんが巻き起こす恥じらいラブコメ。「まぶらほ」「まほらば」の木村真一郎監督×J.C.STAFFの組み合わせとは相性の良い題材かと。映像自体は綺麗で良いんだけど、如何せんキャラデザに違和感が。特に果林。まあ、そのうち慣れると思うけどね。導入部のストーリーは、ほぼ原作に忠実。援交絡みのセリフが削られてるので、雨水くんの行動が妙な感じ。鼻血→花血はともかく、演出が空回り気味のような気がする。設定が変わってるのは、杏樹がコウモリを飛ばして記憶を消してないぐらいかな。ところで、小説版のエピソードも入るんだろうか?小説の方も、雰囲気を損なわずに原作のエピソード間を補完する話になっていて結構面白いので、期待してるんだけど。

・「SHUFFLE!」第16話

パンツ祭り。シアと裏シアの違いをパンツで表現するとは。シアメインと思いきや、着々と亜沙先輩フラグを立ててるなあ。とりあえず、サブタイトルが「キキョウ」なのは絶対違うと思った。現時点では、あくまで「裏シア」なワケだし。前半のシナリオは今一つだったけど、後半に入ってから、特にシアと裏シアのやり取りや演出は悪くなかったな。次回、妖艶な裏シアさんに誘惑されてラブホ直行、一気に陥落されそうな稟だけど、シアは裏シアの事を大切に想い、裏シアはシアの事を大切に想ってるハズなので、そのままシアを蔑ろにしてしまうとは思えないが、果たして。シアは、いわゆる二重人格ではなく、神族という設定を活かした「双子神」みたいな存在なんだけど、その辺りが明かされるのは次週以降かな?

-----

※現状報告

・現状、不正なアクセスによってユーザー名とパスワードが他者に知られるといった状況は確認できてない、というはてなからの回答あり。
・警察庁からは、まだ返答なし。
・heartfuldays氏より、はてなに相談メールを送った旨の連絡あり。(はてなからの回答メールもheartfuldays氏に開示してあります。)

以上により状況の改善が見られるまでは、運営規定に従い、「nanamibeya」「heartfuldays」両はてなIDのコメント拒否処置を取らせて頂きました。また、状況が変わり次第随時報告いたします。

追記. nanamibeya氏から今回の対応は不当ではないか、という趣旨のメールを頂きましたので、以下のように回答してあります。

> 昨晩の書き込みの内容自体に非があったとは思ってません。
> しかし、削除規定改訂後に、如何なる理由があれ喧嘩や荒らしに発展した場合は、
> コメントを拒否させていただきますと宣言した以上、
> 特例を出すわけにはいかないと考えます。
> また、はてなと警察に通報したのは事実ですが、
> 現状、どちらからもまともな返信がないため、
> 状況の保存と、事態の悪化を防ぐ管理責任上、コメント拒否設定を解除する事は難しいです。

yukkey191yukkey191 2005/11/04 05:39 お久しぶりです。今日の「舞-乙HiME」、とても面白かったです。
特に、有らぬ疑いを掛けられ、それを晴らそうとするアリカの迷探偵ぶりが。

sofuhasofuha 2005/11/04 12:24 かりんは次回予告の絵が良いですね。本編のデフォルメされた顔も好みかも。

pvp55097pvp55097 2005/11/04 13:52 かりんは昔の『ときめきトゥナイト』を思い出します。
小学生の時はみんな読んでたなぁ…。
今のラブコメアニメとか萌えアニメって、昔の少女漫画とか、昼メロ的な要素を
多分に含んでるのですね。

p-shinp-shin 2005/11/04 16:24 http://www.animate.tv/news/detail.php?id=atv051104a&page=&sea=&tid=&rid=&type=
放送は2006年新春、全9話(15分)というちょっと変わった構成の予定だ。

RECはびんちょうタンとセットなのかな?9話は短いな

mai-himemai-hime 2005/11/04 18:41  電撃ライトノベル劇場>
 この2作品終了後も引き続き、ライトノベルをアニメ化し続けて
くれるのなら良いですね。
 かりん>
 原作の知識がありませんが、今後どのような展開を目指すのか?
やはり果林と健太との恋愛が中心? しかしラブコメ?とはいえ、赤い血
が出るのは見ていてつらい(^^;。
 舞-乙HiME>
 来年1月発売のDVDに収録される、幻の劇場版「舞-HiME2」予告編
というのがとても気になります(^^;。お遊びで作ったのか、本気で
企画していたのか...。
 *すでに出ている情報かもしれませんが、12月14日に「飯塚武史
サモンナイト画集」が発売との事>早売りジャンプ広告より。

zmeripozmeripo 2005/11/04 19:32 >1話を2回に分けて全12回の放送になるらしい。
30分の尺で作られたものを分割して見せられる方は堪ったものじゃないですね

tenyakutenyaku 2005/11/04 20:44 >1話を2回に分けて
それなら1週交代で交互にやった方が良さそうに思うんだけどなぁ。

>かりん
なんとなく古臭く感じますが、こういうのは好きですね。

echnaechna 2005/11/04 23:06 >1話を2回に分けて
確か「バトルプログラマーシラセ」でもそのパターンをやっていませんでしたっけ?

それにしてもBS-iでの「ローゼントロイ」は,地震のテロップが出まくりで
うんざりでした...

ebifrynekoebifryneko 2005/11/04 23:33 ねこねこソフトMMR日記によると、財政難により昔の作品を再販するとのこと。大丈夫でしょうか、ねこねこ。

nabasenseinabasensei 2005/11/05 09:56 ねこねこについてはむしろ回りくどい理由をいわず正直に財政難によるものと言うところに好感がもてますね。ねこのことですし何とか生き延びるでしょう。
ところでCancas2のDVD、キャラアニの通販紹介文を読む限りではTVのアイキャッチはもしかしてDVDには収録されないのでしょうか?

pvp55097pvp55097 2005/11/05 16:06 >15分×2
メイプルタウン物語とビックリマンを思い出したのは私だけでいいです。

miyakou26miyakou26 2005/11/05 22:07 既出でしょうか?ぱにぽにの後番組のようです。
http://www.rescue-w.jp/

miyakou26miyakou26 2005/11/05 22:14 同じくフラッパーからの情報ですが、陰からマモル!が1/7から銀盤カレイドスコープの時間帯で放送されるそうです。

2005-11-03 このエントリーを含むブックマーク

コメント欄が大変な事に…。アク禁設定しましたが、根本的な問題解決にはなってないので、(株)はてなへの報告と対応をお願いしました。また、この状況と2chスレッドURLとログを併せて警察庁サイバー犯罪対策室の方に提出いたしましたので、しばらく様子を見ます。

・「灼眼のシャナ」第5話

ようやく吉田さんに出番が。でも、悠二に放置されてるし(ノД`)。まあ、シャナに宣戦布告してからが本番だと思うので待ち遠しかったり。屍拾いラミーと悠二の邂逅、フリアグネの目的@都喰らい、フリアグネvsマー姐、田中と佐藤がマー姐の舎弟化、そして苛立つシャナ。うわー、状況が錯綜しまくってるなあ。あくまで原作ファンへのサービスとして入れた感じのフリアグネとマー姐の戦闘以外は、基本的に原作にあるイベントを消化してるんだけど、2つの事件が同時進行なので大変な事に。でも、先の展開が気になるアレンジは大歓迎。そういや、ラミーの正体は原作最新刊で明らかになったんだけど、この頃は全く想像してなかったな…。

・「ラムネ」第4話

多恵先輩当番回。作画良好。もしかして第1話より良くなってる?切なさ全開で1人ゴミ拾いしていた原作とは違い、主要メンバー全員集合で行われる自治会活動とボランティア活動に泣いた。バカップルなのは相変わらずでゆるゆるな世界なんだけど、珍しく空気を読んで先輩の頭を撫でた健次を誉めたい。それぐらいの甲斐性はあったのか。次回は、もしかして柔道娘バージョンのままで、妹エピソードが見られる?

・「ARIA The ANIMATION」第5話

今までの良いとこ取りごちゃ混ぜエピソードではなく、原作の『ネバーランド』に特訓とかリボンの話とか、オリジナルエピソードを加えて膨らませたパターン。思い出は捨てるんじゃなくてしまっておくもの、灯里ちゃんが素敵だから世界が素敵、というアリシアさんの恥ずかしいセリフが今回の全てだけどね。その後で、メールに素敵が34回というオチも上手い(笑)。

nanamibeyananamibeya 2005/11/03 20:59 シャナ>屍拾いの実体は別にあると今回の話で明らかになりましたが、まさか正体がアレとはなかなか想像つきませんよ。
ネタバレ聞くまでは化け物の類かと思っていたもので。
吉田さんは前回の一件で悠二に一目惚れしたのか恋する乙女モードだったのが凄く良いですね。
今はまだ吉田さんの存在感は大きくないけれど・・・フラグ立ったばかりですし、今後の展開が楽しみです。

2005-11-02 このエントリーを含むブックマーク

・「地獄少女」第5話

覚えたばかりの変化球を投げたら大暴投になりました、みたいな。いや、面白かったんだけど、突っ込み所が多すぎて、別の意味でも笑えた。まず、真っ昼間から地道に潜入捜査してる地獄チーム。てっきり、何でもお見通しなのかと思ったら、そうでもなかったのね。依頼人の美沙里がダークサイドに堕ちる事も、あいは最後に気付いた(闇にまどいし…と呟いた)みたいだし。今後、元依頼人が逆に恨まれる話とかあったりして。それから、日本には殺人まで請け負ってくれる探偵がいる事を知りました(笑)。あと、今回は作画がかなりヤバかったな。

・「ノエイン もうひとりの君へ」第4話

ノエインさん登場。まあ、普通に考えたら、シャングリラのユウ(カラス)なんだろうな。カラス一人ではラクリマにハルカを連れて行く手段がないから、手を出さず監視だけしてる?そして、アトリ復活。前回の引きからして、頭の中身が多少弄られてる気はするんだが、やっぱり造反要員なのか…。ビンタ合戦が始まって、それなんてホワイトアルバム?とか一瞬思ったけど、普通に微笑ましい喧嘩で良かったよ。大人すぎる「なのは」や、幼すぎる「苺ましまろ」とは違い、しっかり等身大の小学生が描かれてると思った。とは言っても、多少は背伸びしてもらわないと、ユウはカッターをチキチキやってるだけのヘタレで終わってしまうけど(笑)。今回も風呂シーンあり。ここまで来たら、舞台がラクリマシャングリラに移っても絶対欠かさないぐらいの気概で(笑)。

mai-himemai-hime 2005/11/02 18:43  キッズS視聴組としては、「地獄少女」で暗ら〜い気持ちになっても
、次の「はっぴぃセブン」でハッピー?な気持ちにさせてくれるので
助かります(^^;。放映順が逆でなくて良かった...。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME