MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2006-06-16

新世紀エヴァンゲリオン」が全4部作で劇場アニメ化? 「新世紀エヴァンゲリオン」が全4部作で劇場アニメ化?を含むブックマーク

TVシリーズに新作カットを加えて再構成した3本+新作1本の全4部作、劇場版Zガンダム方式になるらしい。タレコミ情報感謝。ソースは非開示でお願いしますとの事なので伏せておきますが、先日、ファミ通か何かのインタビューで答えていた新展開ってのはこの事?

機神咆吼デモンベイン」第3話 「機神咆吼デモンベイン」第3話を含むブックマーク

あ、あれ?テニスで2週休みだと思ってたのに、実は放送されてたのか?…と、一瞬勘違いしそうになった。まさか、2週放送が無かった間に、本編の内容も2話ぐらい進んでいて、端折られた部分を10秒ほどの回想だけで済ましてしまうとは思わなかったよ。サイドストーリーを収録したドラマCDを買うか、原作をやれって事ですか。いくら何でもストーリーの繋ぎ方が強引すぎるので、最後の断片だけを探すとか、思い切った原作の再構成をして欲しかったな。西博士のテンションの高さは相変わらず素晴らしい。作画は低調だったけど、エルザと九郎のコントは面白いな(笑)。でもって、『レムリア・インパクト』を使う最初の敵がデモンペインとは(笑)。アルに続き、今度は姫さんが暗黒舞踏を披露、視聴者のMPを奪った!まあ、ナーカルコード送信の手順は、原作でもあんな感じだし、魔術とロボットが混ざった世界観を象徴してるシーンの一つだから別に良いんだけど。『レムリア・インパクト』そのものは、『アトランティス・ストライク』に比べたらずっとマシ。ただ、魔法陣も無いし、デモンベイン本体側の見せ方が良くなかった。『レムリア・インパクト』の理論も、姫さん達の説明セリフではなく、映像で見せて欲しかったし。オープニングは、まだ未完成MADだったけど、初公開のエンディングは結構良かった。今回、瑠璃とアルの初対面が削られてたけど、あらすじによると、デモンベインを傷付けた事に、瑠璃が九郎とアルに詰め寄るのは次回の最初に入る模様。エンネアは第6話で登場。

神様家族」第5話 「神様家族」第5話を含むブックマーク

原作2巻の話に突入。ぶっ飛んだ内容なんだけど、これは原作を知らない方が、『天使だから、ほっぺにキスだけで処女受胎なんて設定もアリ??』などと、勝手に色々と妄想できて楽しかっただろうな。実際は、赤ちゃんはコウノトリさんが運んでくるものだと本気で信じてたりする、テンコの頭の中がお花畑なだけなのですが…。樹に登って更衣室を覗き見した報いか、進一は骨折で入院。そして、そこで進一が一目惚れをした、いつも車イスで樹の下にいる、名前もわからないミステリアスな女の子が登場。佐間太郎が、その子に見覚えがあることを頻りに訴えてるんだけど、これは映像で見たら、進一達が覗いた、夏休みを明けたら可愛くなってたおさげの女の子=車イスの女の子だとバレバレなのではないかと心配してたんだが、アニメ版はキャラクターデザインが似たり寄ったりなので、どちらかというと久美子さん似に見えたな。沸騰して湯気出しまくってるテンコは可愛かった。

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第7話 「ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜」第7話を含むブックマーク

機甲アリの生態に迫りつつ、自分の過去に重ねる、火乃香の心の奥に触れる話。長編と短編で、作画クオリティに歴然の差が。手の抜き具合が分かり易いなあ…。しかし、火乃香の想いはわかるんだけど、その対象が機甲アリというのはどうなんだ?綺麗に締めたと思ったら、直後に別の場所で、あの女王アリに人が襲われてたりするのでは…?

ひぐらしのなく頃に」第11話 「ひぐらしのなく頃に」第11話を含むブックマーク

これは酷い。前回の、魅音に殺人依頼しに行くまでの下りも大概どうかと思ったが、沙都子が発狂した→早くどうにかしないと取り返しが付かなくなる→よし殺す。それは、いくら何でも、発想が一足飛び過ぎだ。部活メンバーで集まって対策を出し合って、それでも結局“様子を見る”以上の策は思い浮かばず、部活メンバーも頼れないし、大人達も信用できない、どうすればいい、どうすればいい、どうすれば……もう自分が助け出すしかない!と、圭一が殺意に芽生えるまでの経緯が全く無いのはダメだろう。沙都子のうわごとを聞いて、レナが激昂する名シーンすらカットされてるしな…。圭一が実は頭が良かったというエピソードの見せ方も蛇足感が。頭が良くても完全犯罪にはほど遠く、綻びだらけってのは、後々のギミックとして必要な要素なんだけど、『皆殺し編』をやらないアニメ版は、明確な種明かしは無いまま終わるのか。たかのんは、今まで以上にラスボスの風格を漂わせています。まあ、『祟殺し編』は、初めて、たかのんの壮大な計画が描写される話だしね。

いぬかみっ!」第11話 「いぬかみっ!」第11話を含むブックマーク

啓太が暗黒武術会に出場させらる事になって、妖怪に取り憑かれて、生気を失って、犬神たちが慌てる話。前回の幻海師範キャスティングが今回のエピソードにも繋がって笑った。ようこの騎乗位ギシギシは、あからさますぎ(笑)。ギシアン効果音とセリフだけで妄想させた方が効果的だと思ったんだけど。啓太の状態にアタフタして、犬神たちが勝手にカミングアウトしていく様子は面白かったが、どうにもテンポが悪くて乗り切れない話になってしまったな。次回からは、死神登場のちょっとだけ長い話ですか。あらすじを読む限り、ここら辺から単発のエピソードではなく、続き物になっていく様子。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME