MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2006-12-07

涼宮ハルヒの奔走」は長編だよね?ザ・スニーカーの短編連載が止まってて、文庫未収録なのは「涼宮ハルヒ劇場」2本と「サムデイ イン ザ レイン」しか残ってないし。

[]アニメらき☆すた」キャスト。 アニメ「らき☆すた」キャスト。を含むブックマーク

> 泉こなた:平野綾
> 柊かがみ:加藤英美里
> 柊つかさ:福原香織
> 高良みゆき:遠藤綾
> 小早川ゆたか:長谷川静香
> 岩崎みなみ:茅原実里
> 白石みのる:白石
> 小神あきら:今野宏美
> 黒井ななこ:前田このみ
> 成実ゆい:西原さおり
> 田村ひより:清水香里
> パトリシア=マーティン(パティ):ささきのぞみ
> 泉そうじろう:平松広和
> 柊ただお:未定
> 高良ゆかり:小菅真美

こなた役が平野綾なのは、ちょっと露骨すぎ。

[]「奏光のストレイン」第7話 「奏光のストレイン」第7話を含むブックマーク

あ、アホすぎて悶絶した。色々な意味で凄い回だった。ラヴィニアとジェッシィの全裸祭りで凄いことに(笑)。軌跡を描く乳首は伝説になるかもしれんね。R指定でもないのに、良くここまでやったなあ。ジェッシィは、そんな属性も持ってたのかよ!2人の姿を目撃したセーラとロッティの反応がとても新鮮。目が点です。そして、『全裸艦内1周事件』について、大真面目に会議する教官たちに爆笑。しかも、あとで周回数増えてるよ(笑)。ほとんど別作品になってるギャグ回なのに、1話完結ではなく、結構重要な繋ぎになってたのは意外だったけど。ラヴィニアに悪気が無い分、余計に後味が悪いな。次回はかなり話が動きそう。セーラが生身のエミリィと出会うようだけど、人形エミリィがこのままジャンクで使い捨てだったら泣く。今回担当のもりやまゆうじ氏は、やっぱり阿藍隅史名義を使ってた。もりやまゆうじ氏が好んで使う変名なので、作品自体の出来とは関係なし。

[]「ネギま!?」第10話 「ネギま!?」第10話を含むブックマーク

いいんちょメイン回と思わせておきながら、実際はそうでもなく、ネギ先生ストーカーしてたら、妖精に操られて終わりとは。ま、扱いはそんなもんだろう。いいんちょだし(笑)。シルエット着替えが、普通の着替えを見るよりエロスだったから許す。刹那に続いて、楓も龍宮も弱体化。原作のような超人設定は全て無くなってるのか。モノクロ戦闘は、別の空間であるとか、仮契約の変身シーンだけカラーにして際立たせたり、演出的な意図はわかるんだけど、逆に凝りすぎていて見難かったなあ。Cパート、さらばバカレンジャー

[]「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」第10話 「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」第10話を含むブックマーク

作画が第1話と同じ程度に回復したけど、オーガスト作品の特徴と言える『ワールド』が発動しない脚本は面白味に欠けて平凡で、毒にも薬にもならない空気アニメになってしまったよ。今回も達哉は、フィーナに一人で行かれて凹んでるのかと思ったら、唐突に家族だとか言い出して熱血して吼えてるし。カレンのセリフを裏付けるだけの描写が足りてないから、口先だけの痛いやつにしか見えん。トランスポーターは諦めてたとはいえ、リースの助けもなく、普通にカレンさんと変なデザインの戦闘機で月に飛んでいってしまったのが泣けてくる。カレンの拘束やユルゲンが準備してる“アレ”に気付かない王様は役に立たんな。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME