MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2007-12-31 このエントリーを含むブックマーク

冬コミは行く余裕が無かったので、今回情報無しです…。初詣を兼ねて泊まりで出かけるので年内の更新は終了。更新再開は1月2日からの予定。それでは良いお年を。

2007-12-28

[]TVA「地獄少女」第三シリーズ製作決定! TVA「地獄少女」第三シリーズ製作決定!を含むブックマーク

地獄通信公式携帯サイトには第三シリーズ記念無料待受画像プレゼントもあり。

[]OVA「ないしょのつぼみ」第1巻、2008年4月25日発売予定。 OVA「ないしょのつぼみ」第1巻、2008年4月25日発売予定。を含むブックマーク

> 原作:やぶうち優
> 監督:しぎのあきら
> シリーズ構成・脚本:荒川稔久
> 演出:中村圭三
> キャラクターデザイン総作画監督:武内啓
> アニメーション制作:スタジオ旗艦
> 製作:ないしょのつぼみ製作委員会
> 立花つぼみ:名塚佳織
> 遠藤沙耶:小清水亜美
> 加藤麗愛:神田朱未
> 山吹八重:小林沙苗
> 根本大樹:白石涼子
> 久木太:宮田幸季
> 三枝葉:斎賀みつき

第2巻は2008年5月30日、第3巻は2008年6月27日発売予定。

追記. 公式サイトもプレオープン。http://www.naitsubo.com/

[]TVアニメ我が家のお稲荷さま。』2008年4月より、チバテレビほかU局系にて深夜放送開始予定! TVアニメ『我が家のお稲荷さま。』2008年4月より、チバテレビほかU局系にて深夜放送開始予定!を含むブックマーク

電撃文庫メルマガ「電撃bootleg」より。

[]沙村広明無限の住人TVアニメ企画進行中! 沙村広明「無限の住人」TVアニメ企画進行中!を含むブックマーク

実写映画化と同時にテレビシリーズも進行中らしい。

2007-12-27

今日は納会で帰りが遅くなったので、本館の更新は休止です。

18禁逆移植リストを更新しました。以前に比べたら、ここ最近で随分増えてきたけど、それでも単純にコンシューマー移植されるタイトル数と比べたらまだまだ少ないな。

追記. 抜けてた「SNOW」と「みずのかけら」を追加しました。

[]light『Dies irae』についてのお知らせ。 light『Dies irae』についてのお知らせ。を含むブックマーク

対応内容については別として、問題を無視せず回答を出した点は○

[]「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第13話 「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第13話を含むブックマーク

地球ではドラゴン同士のガチンコバトルが繰り広げられ、ジンが再びトアー!!と叫んでいる頃、トアは変態王子に卑語調教プレイを強いられていた。トアが、お゙ぉおォおん願いぃぃぃぃっっっ゙しゅるのぉおおアーシム様ぁあああ あぉ〜と、みさくら語で変態王子に懇願するくらい調教された姿が見られるのはいつですか?地球破壊爆弾アジア全域を消滅できるほどの威力を持つ爆弾をオストルムに至近距離でぶち込んだのに、ギオとジンが無事だったのは、あれですか、かの有名な絶対無敵の安全装置【セーフティシャッター】のおかげですか?そうでもなければ、オストルムだけ死んでギオ達が生きてる理由がわからん。CGのもっさりドラゴンバトルよりも、人間体での戦闘シーンの方が圧倒的に良いね。今回の教授の格好良さは異常。おっぱい博士が惚れるのも納得できる。ところで、ハウンリングスターが『俺達の真の力を見せてやるぜ!』とか言っていた気がするんだけど、見た覚えがないままあっさり全滅してたんですが、聞き間違いだったんでしょうか?ジンは逃亡者のくせに、いつの間にかリンドブルムユニットと馴れ合いしすぎ。地球を救った英雄になったのに、次回、ジンとアキラが一応決まりだからとISDAに拘束されて懲罰房に入れられてたら爆笑するんだけど。もう一人じゃないとか叫びだしたのはともかく、今までトア以外どうでも良さげだったジンがようやく主人公らしい態度を取ったな。でも、トアが今の姿を維持してられるのはジンのおかげと呟いてたので、ジンがギオとの信頼を強めるほど、トアとの絆が弱まって最終的にはレゾナンスが失効して、トアは人間体になれなくなるのかもね。しかし、トアは歌声でジンに居場所を示すより先に、アクチュアライズしてさっさと脱出するべきだろ。ナナミは無駄死にじゃないか…。この作品では貴重なステータスを所有する人材が一人失われてしまった。世界から武力による貧乳の根絶を目指してるとでも言うのか!?

2007-12-26

レンタルマギカザ・スニーカー三田誠×池田眞美子対談によると、アニメ版では『鬼の祭り〜』が後半の山場にあって、アニメの決着としてはアストラルといつきに終結していくため別の話をラストに持ってきているとのこと。

ドラゴンマガジン2008年3月号は、20周年記念号第1弾企画として、「鋼殻のレギオス」“秘密プロジェクト始動!?”と、ついに出る!フルメタル・パニック!最新刊事前準備はバッチリ!大予習特集。別冊ドラゴンマガジンクロニクルと鋼殻のレギオス超美麗かけかえカバーが付録に。伝勇伝クライマックス特集もあり。

綱島志朗ジンキ」復活プロジェクト続報は、JINKI“再臨”メモリアル津崎青葉フィギュア付きで、「JINKI─真説─」として電撃大王2008年5月号より連載開始!

[]「ARIA」関係 「ARIA」関係を含むブックマーク

コミックブレイド今月号で藍華と灯里がプリマ昇格。藍華の通り名は“薔薇の女王(ローゼンクイーン)”、灯里の通り名は“遙かなる蒼(アクアマリン)”。最終回(第60話)まであと2回。単行本最終第12巻は3月10日(月)発売決定。TVアニメ第3期と同時に原作もついに完結へ。

[]2008再始動!「ストライクウィッチーズ」ストーリー更新&TVアニメ企画進行中!コミック連載決定! 2008再始動!「ストライクウィッチーズ」ストーリー更新&TVアニメ企画進行中!コミック連載決定!を含むブックマーク

ザ・スニーカー2008年2月号の特集記事によると、アニメ版のヒロインは元気がとりえの宮藤芳佳。彼女は魔女としての能力を見込まれ、ウィッチーズ養成所に招かれます。訓練を積み、やがて戦線へ赴くことになるのですが…。ヤマグチノボル著の文庫版は、アニメ版とはちょっぴり異なる時代、異なるキャラで展開している位置づけ。

[]「まりあ†ほりっく」キャスト。 「まりあ†ほりっく」キャスト。を含むブックマーク

> 鞠也:小林ゆう
> 宮前かなこ:平野綾
> 茉莉花:井上麻里奈

[]「ナイトウィザード The ANIMATION」第13話 「ナイトウィザード The ANIMATION」第13話を含むブックマーク

卒業おめでとう、下がる男改め上がる男、柊連司。でも、数日後にはアンゼロットの策略で再入学させられてる気がするぞ。まさかナイトメアのどりぃ〜むが再び役に立つとは。それに引き替えマユリは…。シャイマールが封印されてる心の扉ぐらいの認識で、シャイマールが復活した時点で用済みだと思ってすっかり忘れてたけど、あの扉の先がエリスの心の闇で、エリスが囚われてる部屋でもあったんですね。くれはを生き返らせたのは、シャイマールの力でも、宝玉の力でも、柊の力でもなく、自分の過ちを認めて、禁を破って力を行使したアンゼロットと、利害の一致で一時的に力を貸したリオンの2人でした。アンゼロットは禁を破るためには何かしらの代償があるのかと思ってたけど、ゲイザーがいなければ特にペナルティはないのか。ゲイザーにお仕置きされるアンゼロットが拝めるかと期待したのになあ(笑)。復活したくれはは、元気ではわはわ言ってるよ!って、その口癖自覚してたのね。キリヒトを抑えるベル様はぽんこつらしからぬ格好良さ。敵だとお茶目で、味方にすれば頼もしい。羽付きコロネシャイマールは、やっぱり不完全体だったか。柊に助けられて蛹から羽化するかの如き巨大エリスには、拘束エリスが全裸じゃなかったことに嘆いてた視聴者の心の叫びが届いたようだ(笑)。不完全シャイマールの攻撃を食らってたのも、エリスビンタがキリヒトに届いてたのも伏線で、シャイマールの力は神の盾を貫き、柊の剣は神の身を貫く。演出が熱いなあ。倒される直前のキリヒトの表情からして、エリスがシャイマールから戻った時点で諦めが付いてたのかもしれないな。エリスはアインソフオウルを失ったけど、日常に戻ることが出来て、ずっと柊先輩と一緒にいることを願ってハッピーエンド。久々に安定した王道ファンタジーを堪能しました。良作だったと思います。

[]「Myself;Yourself」第13話 「Myself;Yourself」第13話を含むブックマーク

菜々香が思い出した真実は、菜々香は母親が結婚する前にヴァイオリンの先生との間に作った子供で、菜々香のヴァイオリンの才能は、本当の父親から受け継いだものだった。それを知った父親は、隠していた2人を許すことができず嫉妬に狂って母親を殺害。自分も灯油をかぶって焼身自殺。大切なヴァイオリンを持って飛び降りた菜々香は、信じられないものを見てしまったショックで記憶を閉ざし、ヴァイオリンも弾けなくなっていた…。痴情の縺れだとは思ってたけど、浮気相手はガンで死亡、父親はDVって、そりゃあ忘れたくもなるわ。再び引きこもってしまった菜々香の元に、ずっと一緒にいる約束を守るべく毎日通う沙菜。でも、その想いは届かず菜々香はリストカットしてしまう!これで絶望した沙菜が後追いリスカして2人自殺エンドだったら、Nice Boat.の後番に相応しいバッドエンドになってただろうけど、さすがにそれは無かったか。自分自身の経験から察した沙菜は菜々香を間一髪救出、それでも沙菜を突き放そうとする菜々香に、中学時代にイジメを受けて自殺未遂をしたことを告白し、晴れて傷の舐め合いリスカップル成立!?そこからの描写がラブコメとしての本懐だろうに、いきなり10年後に飛んでしまったのはガッカリだ。強引すぎて余韻に浸ってる暇もないよ。こっちでは友達も多かった沙菜が転校先でイジメられるようになった原因は語られなかったけど、やっぱりエロゲやってるのがバレたんですかね?10年後、トラウマを克服した菜々香はヴァイオリンの奏者になっていた。沙菜は菜々香に結婚指輪を贈ってプロポーズ成功したらしい。キャラメル先生は教え子に抜かれて売れ残り?いなくなった朱里の代わりに奮闘して公園を守ったあさみは、まだ27ぐらいだろうに随分老け込んだな。麻緒衣ちゃんは30近くになっても良い意味で金朋のまま。雛子は遊園地エピソードの時のショタと付き合ってるの?修輔と朱里はガチで近親カップルになってしまったようだ。セリフがなかったのは、生々しすぎてシャレになってないから?2人の間に子供が生まれていて、3人がミサンガをして手を繋いでるぐらい衝撃的にやってくれても良かったのに。動物虐待婆さんが出てきた辺りから方向性が変わって、最後は伏線回収が精一杯で、どこがハートフルラブストーリーだったのか問い詰めたい気分にもなりましたが、展開の読めなさが突き抜けていて、毎回次が気になる作品でした。「はぴねす!」の時は空気アニメの代表だったけど、「School Days」「Myself;Yourself」と怪作連発したし、伊藤誠Pの次回作は要注目ですね。

2007-12-25

リトルバスターズ!エクスタシー吹いた。いくらなんでも、そのネーミングはおかしいだろ(笑)!笹瀬川佐々美と二木佳奈多が攻略対象ヒロインに昇格すると言うのはちょっと惹かれる。謙吾に惚れてるさせ子を理樹が奪うんですね。かなたはキャラの背景的に最鬱ルートになりそうな予感。ヒロインが増える=世界の秘密に関わってる人物が増えてしまうので、ラストの展開も結構変わりそうだ。

[]スタチャ「D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜」公式サイトオープン! スタチャ「D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜」公式サイトオープン!を含むブックマーク

2008年4月より放送開始予定。「俗・さよなら絶望先生」の後番だろうね。最終回はまだ見てませんが、1期は小恋を振って美夏のロボ問題を解決して終了?今度こそ朝倉姉妹がメインになるんだろうけど、リセットせずに普通に続きなら、義之はどのツラさげて他のヒロインとラブコメ再開するつもりなんだよ(笑)。

[]集英社「To LOVEる」公式サイトオープン! 集英社「To LOVEる」公式サイトオープン!を含むブックマーク

スタッフ、キャスト、JFスペシャルレポート、コミックス情報、ドラマCD情報、グッズ情報などを公開。

[]TVA「ケメコデラックス!」キャスト。 TVA「ケメコデラックス!」キャスト。を含むブックマーク

> エムエム:戸松遥
> ケメコ斎藤千和
> 小林三平太:喜多村英梨
> 牧村イズミ:高橋美佳子
> 黒崎リョーコ:白石涼子
> 早川美咲:釘宮理恵

電撃コミックガオ!2008年2月号より。ケメコ中の人ことエムエムは出番が少ないから、喋ってるのはほとんどケメコになるんだろうけど。一応、エムエムは凄く綺麗な声で歌も上手いって設定だっけ?

2007-12-24

[]「レンタルマギカ」第12話 「レンタルマギカ」第12話を含むブックマーク

時系列をシャッフルしてる影響で、今回初登場のダフネさんといつきが既に面識があったりしてたけど、リアルと時期を合わせた1話完結のクリスマスエピソードで、説明不足で混乱する話ではないので、特に問題なく楽しめた。アニメ版は、妖精眼を使わなくて、いつきの恋愛絡みの話だと面白いなあ。いつきの所有権を巡って対峙する無敵のアディと最強の穂波!「龍虎の拳」ネタ自重(笑)。あの格好でクリスマスイヴの街を歩くアディは目立ちすぎて、尾行には向いてないと思います。アディと穂波で両手に花状態にも関わらず、幽霊の女の子に声をかけてイヴを過ごすいつきには、ますます真性の人外ロリ好き疑惑が……。幽霊の子供たちへのプレゼントとして4人で『聖なる夜に』を合唱。アディは魔神で演出、穂波はケルト魔術で花火、黒羽はまだアニメ版では語られてない新能力・顕現現象(アポート)を使ってピアノ演奏を再現。そういえば、いつきはプレゼントを予約してたんじゃなかったっけ?幽霊にあげるプレゼントだったという事でオチにしてしまってたけど、義妹の存在は抹消ですか。原作ではみかんより人気投票上位キャラなのに(笑)。アディがダフネと儀式の準備の話をしてたので、アスモダイ喚起のアレはやってくれそうな予感。アストラルの皆さん合唱バージョンに変わった特別エンディングは良かったな。次回は、今回の報酬でいつきとアディがデート…ではなく、イギリスでの穂波とアディの出会い話か。

[]「プリズム・アーク」第12話 「プリズム・アーク」第12話を含むブックマーク

まさにソードマスターハヤウェイ!!!ハヤウェイたちの戦いはこれからだエンド!!!ここまで凄いダイジェストっぷりを見せられるとは思わなかったぜ。あと1話あれば、何とか全部の謎を明らかにして終わらせることも出来ただろうに勿体ない。プリーシアがキザーロフ学園長の娘で行方不明の姫の影武者だったと言うことと暗黒騎士の正体がマイステル国王だったこと以外、ジュダスがハヤウェイを手に入れて何がしたかったのか、ジュダスと手を組んでるリッテの真意が何か、フェルがなぜ天使に怯えていたのか、シスター・ヘルはなぜ子供たちを連れて逃げ出したのか、カプセルの中で全裸拘束されてるプリンセア王妃を使って爺さん三賢者が何を企んでいたのか、神の子と呼ばれていたハヤウェイがアーラ・グラディウスを覚醒させて起動させた人工衛星兵器は何だったのか、そして何より、本物のお姫様は誰だったのか、伏線を張るだけ張っておきながら、ほとんど明かすことなく投げっぱなしで何も解決してないよ!!!最終回は、ジュダスの騎士になると言う誘いにちょっとだけ揺れたハヤウェイが、本当に護りたい人が誰なのか気付いて、プリーシアへ騎士の誓いを立てるのを見せたかっただけだね。ハヤウェイの性格が原作通りなら格好良く決まってたシーンのはずなんだけど、アニメ版のハヤウェイは性格が最後まで受け付けなかったからなあ…。ストーリー構成の酷さはさておき、バリイズム全開で、エロ格好良く動きまくるパンツアニメと言う認識でなら楽しめた作品でした。賛否両論あるベルカ式作画回が堪能できたのは、個人的には嬉しかったな。真相や続きが気になる人は二期に期待…ではなく、ゲームを買ってね♪と言う販促アニメとしては成功なのかなあ?

[]「キミキス pure rouge」第12話 「キミキス pure rouge」第12話を含むブックマーク

転校が二ヶ月後に迫った星乃さんは勇気を出すことを決めて、まだ恋人同士になったわけでもないのに、手を繋いだり、相合い傘で腕を組んだり、積極的に。星乃さんの涙の理由もわからないまま、前より少し接近した今の関係を甘受している光一。二見さんとのセカンドキスを思い出して鼻の下伸ばしまくりでデレデレしつつ、怪我をした明日夏との雨宿りがラッキーだなんてと失礼な発言してるにも関わらず、なぜか明日夏とも恋愛フラグを立ててしまう一輝。明日夏は前回のサバサバ感から心変わり早いなー。まだ恋人になってないのに恋人同士にしか見えない光一と星乃さん、もうキスも済ましてるのに、好きになる気持ちを理解してない二見さんと振り回されてる一輝。違う種類の初々しさが良い感じ。光一と星乃さんが腕を組んでる姿を見てサックスとの約束をすっぽかす摩央姉。察しの良さそうなサックスは、光一のことを娘を送り出す父親の気持ちとか言い訳してる摩央姉の本当の気持ちを、摩央姉本人より理解してる気がする。そろそろ、サックスが摩央姉の目を覚ますような鋭い突っ込みをしそうだな。光一から奪ってやる系ではなくて、光一とのことを後悔しないようにハッキリさせた方が良いと促して、それでも俺は待ってるからぐらいの事を言って、もっと株を上げそうだ。柊とお嬢のショートコントカップル(?)は、これ以上何か進展があるのかどうかすら予想できない組み合わせだ。柊は付き合ってる人が別の学校にいるみたいな発言をしてた覚えがあるが…。次回は凄く特徴的な作画になってるなあ。二見さんとか別人すぎだろ(笑)。

[]「マクロスF」第1話特別編集版先行放送 「マクロスF」第1話特別編集版先行放送を含むブックマーク

主人公がスカイボーイズしてて吹いた。それはさておき、1話でここまで引き込ませられるとは。素直に続きが待ち遠しくなりました。バルキリーを中心にしたスピード感溢れるメカ戦、恋と宇宙の運命を天秤にかける壮大なストーリー、そして歌が宇宙を救うと言う『マクロス』らしさを持ちながらも、女の子に見間違えることを嫌う美青年主人公、世界的アイドルとそれに憧れる少女とのダブルヒロイン制三角関係など最近のニーズにとてもニッチな感じで、ビジュアル的にも女の子はちゃんと可愛く描かれてるし、CGでの─欲を言えば手描きの方が良かったけど─戦闘シーンはもっさり感がほとんどなく完成度が高くて格好良かったし、小難しいことはしてないストーリーも緊張感を生み出す落差が上手かったし、満足度はかなり高いね。シェリルのライブがバサラネタだったのは笑った。そして、エンディングの『愛・おぼえていますか』(中島愛ver)で感動してしまった。あれは反則だろー。ヤック デカルチャー。はたして、今回も主人公は宇宙を救ったけどヒロインとは結ばれず別の道を歩いていく悲恋になってしまうんだろうか?あと、心配なのは、今のサテライトに、このクオリティを維持できる体力があるのかどうかだな…。

来春は、これとギアス二期があって、他にも「図書館戦争」「アリソンとリリア」「ひだまりスケッチ×365」「ソウルイーター「紅」To LOVEる」「仮面のメイドガイ」「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」等々期待作・話題作目白押しで豊作の予感。

2007-12-21

明日朝からスキーに行ってくるため、日曜夜まで更新休止予定。

[]榊一郎「まじしゃんず・あかでみい」アニメ化決定!公式サイトオープン! 榊一郎「まじしゃんず・あかでみい」アニメ化決定!公式サイトオープン!を含むブックマーク

エンターブレイン「ファミ通文庫」2007.12号 ver.1.0更新。

速報!「まじしゃんず・あかでみい」2008年アニメ化決定!

ファミ通文庫10周年プロジェクト第2弾発表!

メディアファクトリー製作。今回は、珍しく原作者は関わらない模様。キャストはPS2ゲーム版と同じだろうか?

狼と香辛料」「我が家のお稲荷さま。」「かのこん」「狂乱家族日記」に続き、2008年ケモノ娘ヒロインラノベアニメ化攻勢第5弾!!勢いは止まらんな。「狂乱家族日記」がアニメ化発表された時、もう「まじしゃんず・あかでみい」と「あそびにいくヨ!」ぐらいしか残ってないと書いたんだけど、本当にここまで連続するとは思わなかった。

[]ミュージックアニメクリップ「シャイナ・ダルク 〜黒き月の王と蒼碧の月の姫君〜」続報。 ミュージックアニメクリップ「シャイナ・ダルク 〜黒き月の王と蒼碧の月の姫君〜」続報。を含むブックマーク

> 監修:新房昭之
> アニメーションディレクター:紺野直幸、友岡新平ほか
> 絵コンテ・演出・作画:紺野直幸、友岡新平ほか
> 音楽プロデュース:ランティス
> 音響監督鶴岡陽太
> プロデュース:ジェンコ
> アニメーション制作:シャフト
> ガレット・フェイ・ソワージュ:戸松遥
> クリスティナ・レイ・ホールデン:名塚佳織
> エクソダ・セロ・クラウ:小野大輔
> ヴィンセント・ルーン・バトラー:安元洋貴
> ノエル・D・ビュッシュ:川澄綾子
> マープル・マシューマルサス花澤香菜

ついにアニメ化!表紙は『シャイナ・ダルク』!「月刊コミック電撃大王」2008年2月号発売!

多単行本第3巻&電撃大王付録DVDに収録。電撃15年祭のステージでは、新房昭之氏は総監督もやると告知してました。あと、イベントで見逃してたチーフディレクターは紺野直幸氏でした。うろ覚えだったので、森田宏幸?ってとりあえず書いてたけど、幸しかあってねえ…。まずは4本立てのミュージックアニメクリップのみで、それ以降の展開は未定らしい。

[]TVA「ヴァンパイア騎士」続報。 TVA「ヴァンパイア騎士」続報。を含むブックマーク

> 監督:佐山聖子
> シリーズ構成:岡田磨里
> キャラクターデザイン西田亜沙子
> アニメーション制作:スタジオディーン
> 製作:NAS
> 黒主優姫:堀江由衣
> 錐生零:宮野真守
> 玖蘭枢:岸尾だいすけ

[]「もやしもん」第11話 「もやしもん」第11話を含むブックマーク

ゴスロリ衣装に扮した女装親友のキスにビックリして菌が見えなくなった沢木は、他人とのコミュニケーションが苦手で、思わず頭で考えていた事とは正反対のキツイ態度を取ってしまう自分に悩んでいた、ツンデレの鏡みたいな長谷川さんの熱い抱擁で再びビックリさせられて能力復活大団円!まさにショック療法じゃないか。しかもそんなショックならいくらでもやって欲しいぐらいの役得だし。媚薬効果で武藤さんと一夜を過ごした次は、長谷川さんに唇をディープに奪われる及川さん。沢木を部屋に上げたり、先輩に背負ってもらったりしてるのに、男とはそれっぽい雰囲気に全くならないなんて、どこまでも百合総受けキャラだなあ。唯一の取り柄が無くなった相手への接し方に厳しい意見をしてたのを思うに、沢木は能力を及川さんに知られてなくて良かったね。能力を知った後で、もし及川さんと沢木が付き合ったとしたら、及川さんの潔癖性が加速しそうですが。色々な経験を積ませてあげる前に、まずその能力を見つめ直す機会を与えてから成長させようとしていた教授。経験を積みたいと言うのは一緒だけど、沢木と違って一人で先へ進んでいた蛍。発酵蔵の完成を以て、菌共存農大ライフはひとまず完結。凄いドラマがあったりする物語ではなかったけど、居心地の良さを感じる作品でした。菌劇場で二期がありそうなことを匂わせてたけど、原作のエピソードを随分飛ばしたみたいだし、やれないことはないのかな?

[]「CLANNAD」第12話 「CLANNAD」第12話を含むブックマーク

絶妙なタイミングでスカートの中を鉄壁ガードする星…じゃなくてヒトデが気になる魔法少女の変身シーンもどきを引っ提げて、風子、参上!…って、復活早いよっ!!また生霊状態で彷徨ってるとは思えないので、ほんの数日〜数週間の間に、目が覚めてリハビリして退院までしちゃったんですかね?もう少し余韻を引っ張っておいて欲しかったんだけど、賑やかし要員として今後もちょくちょく出番があるんだろうか?ヴァイオリンリサイタルを成功(?)させたことみは、朋也達に限らず、クラスメイト達との距離も少し縮んだ。ことみに“あててんのよ”を伝授した杏は良い仕事してますね。グループ交際だとか集団デートだとか何とか言いながら、人数あわせに必要なはずの春原は体良く排除し、ちゃっかり自分が朋也とのデートをしたかったらしい杏は可愛い性格してますね。ここでプリクラ占いを済ませておけば、杏&椋シナリオももう少し同時進行させられたと思うんだけどな。嬉し恥ずかしイベントで和んでいた空気が、渚が慌てた様子でバス事故を伝えた所で一変。椋は無事で怪我人はいなかったんだけど、両親を事故で失っていたことみの心の傷が開いてしまう。ことみが地面にうずくまって錯乱してるシーンは凄かったなあ。「AIR」「Kanon」「CLANNAD」と、京アニは女の子が泣き崩れる表現に長けすぎ。特殊なフェチに開眼してしまいそうだ(笑)。引き籠もってしまったことみの見舞いに行き、ことみの家にデジャヴを覚えた朋也が昔の記憶を思い出す。実はことみは朋也の幼なじみだったんだ!なんだってー!と言う、いわゆる定番の忘れていた幼なじみキャラなんだけど、これで属性的には、渚よりもことみの方がメインヒロインっぽく。悪者呼ばわりされてた不審な紳士殿が語っていた、ことみの両親が発見した『かくされた世界』の概念については、『幻想世界』が思い浮かんだならそれで正解だと思う。

[]「ご愁傷さま二ノ宮くん」第12話 「ご愁傷さま二ノ宮くん」第12話を含むブックマーク

まあ予定調和だけどそれなりに納得の私たちの(恋の)戦いはこれからよ!エンド。でも、原作設定を今さら持ち出してきたいろりのセリフは蛇足だろう。二ノ宮くんは麗華とはキスしてるのに、真由とは幼い頃の回想シーン以外でのキスは結局おあずけで、そう言う意味では麗華の勝利!で終わるのかと思いきや、最後の最後で振り向き事故キスでイーブンになってしまいました。南の島の時は、原作ではキスしてたけど、アニメ版だと直接描写がなかったからノーカウントだしね。禁断症状を発症した真由に精気を吸われて死線を彷徨ったことを聞かされ、全ての記憶を取り戻した二ノ宮くん。その事にショックを受けて忌々しい記憶を全て押し付けて閉じ込めるために生み出された麗華の裏人格。弱い自分を受け入れる覚悟を決めた麗華が元に戻って、サキュバス能力を制御してる状態で二ノ宮くんにキスしたから精気を吸収してたらしく、保坂から二ノ宮くんを庇って力尽きた真由と麗華がキスして間接的に精気注入で復活。麗華には負けない宣言してたけど、真由がキシャー化しなかったのは良かったとするべきか?真由のはじけるおっぱい、麗華の喘ぎエロボイス、そして、何と言ってもチアダンスエンディングが見所でした。

2007-12-20

[]鏡貴也「伝説の勇者の伝説」アニメ企画進行中! 鏡貴也「伝説の勇者の伝説」アニメ企画進行中!を含むブックマーク

ドラゴンマガジン2008年3月(創刊20周年記念)号にて発表予定。まだかまだかと言われ続けてたけど今度こそ?これが本当なら、龍皇作品のアニメ化は、「スクラップド・プリンセス」「まぶらほ」に続いて3作目か。

あと、「バンブーブレード」に続く、ヤングガンガン発のアニメ化は、てっきり「咲-Saki-」なのかと思ってたんだけど、鳥の名前の方が先らしい。グッズ展開とか色々企画進行中で正式発表は3月予定?

[]Key「リトルバスターズ!」18禁版発売決定! Key「リトルバスターズ!」18禁版発売決定!を含むブックマーク

先月号の電撃G'sマガジンの予告で、みんな大好きなあの作品に驚きの新展開が!?としてた仰天ビッグニューススクープとは、このことだったのか!!「CLANNAD」の時は、全年齢から「智代アフター」で18禁化したけど、今度はそのまんま18禁商法で来たか。あまり曲芸商法を真似て欲しくはないんだけどね…。クドのレイプ疑惑と葉留佳の近親相姦一族の虐待描写の有無が一番気になるところ。クド陵辱は、Tactics時代なら問題なかっただろうけど、今入れたら叩かれまくるだろうからなあ。

追記. 全年齢→18禁18禁商法(18禁→全年齢は除外)、18禁→全年齢→全年齢版を再度18禁逆移植したり、いろいろな種類のパッケージを再版したりするのを曲芸商法と呼んでるだけで、18禁商法をやると、曲芸商法に似てくるからあまりやって欲しくないと言う意味で書いたのですが、勘違いされたツッコミが数件ありましたので、一応補足。

[]「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第12話 「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第12話を含むブックマーク

トアの出番がなくて、カズキが発狂するといつもより面白くなるらしい。…純粋な面白さとは別物だと思うが。4体のオリジナルドラゴンのうち3体が揃って出番があったのに、トアは放置とは。まあ、描写がないだけで、地球が大変なことになってる間に、変態王子に傷モノにされてるのかもしれないけどさ。ネオオリジナル・オストルムが地球に襲来、リンドブルムユニットが立ち向かうも足止め程度にしかならず、ISDA本部に乗り込まれて、教授と対峙する。既に死んでる1体目は役目を終えたからと言って教授が廃棄。教授は2体目のオリジナルドラゴン・アトルムで、マザーの意志に背いた人類共存派?おっぱい博士とレゾナンス済み。3体目のアルブム・トアはマザーの命令に忠実な穏健派で、ジンとレゾナンス済み。4体目のオストルムは過激派で、イツキの弟とレゾナンス済み。こういう認識で良いのだろうか?アキラがトアのことを、自分から捕まりに来たと思うと逃げ出してわけがわからないと言っていたが、それ視聴者大多数の意見の代弁だから(笑)。と言うか、この作品はアキラとジークリンデ以外、ほとんどのキャラがわけがわからないんだけど。司令の言葉を勝手に都合良く解釈して行動を起こすカズキは最高だな。しかも、精神的に狂ってるだけで、中身は弱いままなのがまた笑えるんだよなあ。ドラゴン隔離島タルタロスは、民間人の居住区から近すぎだろ。しかも、外部からは普通に入れるみたいだし、さすがISDAの施設はセキュリティがザルですな。おっぱい博士にのこのこついて行って監禁されてるギオとウィドーって一体…。ジンを乗せてアクチュアライズすれば、突破できないはずのバリアも粉砕してしまうギオはやっぱり特別製。オストルムは教授とリンドブルムユニットに任せて、ジンとギオはトアを助けに火星へとまっしぐら。地球の危機なんてどうでもよさげですね(笑)。

2007-12-19

[]「ナイトウィザード The ANIMATION」第12話 「ナイトウィザード The ANIMATION」第12話を含むブックマーク

シャイマールの完全体が羽付きコロネで思ってたよりも小さくて、不完全体やファンネルエリスより弱そうで絶望した!それ以上に、シャイマールの中で囚われてるエリスが全裸触手責めじゃなくて絶望した!!シャイマール覚醒のための最後の鍵はエリスを絶望させることだったらしいが、視聴者まで絶望させるなんて、キリヒト=ゲイザー許すまじ(笑)。幼い頃の、柊とくれはのクリスマスエピソード。まるで、くれはがメインヒロインのようだ。まあ、いわゆるギャルゲーの幼馴染みと違って、くれはが柊を名前では呼んでなかったので、その分だけ距離感があったけど。くれはが良い子のままで安心したよ。他のウィザードに倒されるぐらいなら自分でケジメを付けるつもりだったようで。柊が剣を交えないのも最初から想定してたっぽい節がある。柊の態度はあかりんの時と矛盾してるけど、前回は問答無用だったから仕方ない。一方、宮殿に侵入したベル様とアンゼロットは緊張感漂うお茶会中。黒幕がゲイザーだと確信しているベル様の言い分も、アンゼロットは信じず。しかし、状況証拠を見せられてさすがに動揺。気付くの遅すぎるよ!ゲイザーの目的が、腐敗した世界を一度リセットして作り直すと言う、第10話の感想で書いた通りのベタベタで笑った。シャイマールは破壊神と言うけれど、宝玉の能力を全て持つのなら、“破壊”と同時に“再生”も司ってると思うので、それなら、くれはを生き返らせることも、エリスをシャイマールの転生体から解き放つことも可能なのでは?最終回のサブタイトル『ハッピー・バースデイ』が、シャイマールに破壊された後に創られた新世界の誕生を指してるならバッドエンド、エリスがシャイマールから解放されて普通の人間として生まれ変わった日=エリスの誕生日を指してるのならハッピーエンドかな?

[]「Myself;Yourself」第12話 「Myself;Yourself」第12話を含むブックマーク

麻緒衣の仮病は、風邪じゃなくて、もっとヤバイ病気としか思えません。そろそろ原作ゲームのネタバレが出回りはじめていて、麻緒衣は奇病に侵されてると聞いた。それって、病名:金朋地獄とか、そんなの?双子の駆け落ちは、残された3人にも深い傷を残していた。仮にラブホ疑惑がなくても、姉弟2人っきりで家出したら、許されない関係じゃないかと疑いたくもなる。真実よりも面白い方を選ぶのが人の噂というもの。麻緒衣はお姉ちゃんだからと気丈に振る舞い、佐菜は、同じく落ち込んでいた先生を励ますことで、心の持ち方に落としどころを作り、無意味に引っ張らないのは上手かった。でも、朱里がいなくなったことに対するあさみ、修輔がいなくなったことに対する雛子、それぞれのフォローが欲しかったんだけど、出番すらないとは…。麻緒衣が気を利かせて、沙菜と菜々香が2人で山へデート。釣りは散々な結果でも、菜々香の手作り厚焼き玉子クッキー弁当がありますよ。修輔との秘密の場所を菜々香に教えてあげることで、菜々香の精神をケアしてしまう佐菜。捻ってなければどう見てもリストカット跡隠しの腕時計を、引っ越し先の彼女に貰った大事な物だと勘違いしていた菜々香の嫉妬は可愛すぎるな。問答無用でビンタしていた彼女はもういない。会話の流れで菜々香が大好きな沙菜と告白してたのに、沙菜は反応無しかよっ!…と思ったけど、沙菜は既にずっと一緒にいるってプロポーズ済みだったっけ。両想いになれて、これからイチャイチャしますよ〜って所で、夕焼けの光景を見て火事の記憶が蘇って取り乱す菜々香!!火事の真相と沙菜の腕時計の秘密は最終回に持ち越しかあ。いきなりヴァイオリンの先生が新キャラとして出てきたんだけど、それは手法として反則じゃないか?ミスリードとか言う以前の問題だろ!正解率1%の某村の人たちもビックリだ。本当に、ハートフルラブストーリーらしいハッピーエンドになるんだろうか?

2007-12-18

MF文庫J」新刊折り込みチラシにて、予想通り「ゼロの使い魔」第3期が正式発表されたようですね。ティファニアの登場は、リセットしてやり直しを要求したい。

[]TVA「涼宮ハルヒの憂鬱」二期、中止。もとい「涼宮ハルヒの憂鬱」新アニメーション化、決定! TVA「涼宮ハルヒの憂鬱」二期、中止。もとい「涼宮ハルヒの憂鬱」新アニメーション化、決定!を含むブックマーク

県立北高等学校 文芸部ホームページ

プログラム起動条件・鍵をそろえよ。最終期限・二日後
 ↓
プログラム起動パスワード:K・N・S・A・K (SOS団メンバーのイニシャルを1文字ずつ)
 ↓
長門のメッセージ終了後、エンターキー以外入力だとdeleted
 ↓
最後にエンターキーで告知ページへ

> 団長:涼宮ハルヒ
> 監督:武本康弘
> 原作:谷川流
> 原作イラスト:いとうのいぢ
> シリーズ構成涼宮ハルヒと軽快な仲間たち
> 制作:京都アニメーション
> 製作:SOS団
> (C)2007,2008,2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

原作の「涼宮ハルヒの消失」通りに、18日朝4時過ぎからSOS団公式サイトが消失するイベント発生。新アニメーション化と言う言い回しは良くわからんが。憂鬱の第2期ではなく、「涼宮ハルヒの消失」のアニメ化だからか?コピーライト表記が3年越しになってるのはツッコミ所?もしかして、2008年秋期から2009年冬期までの2クール予定?

[]アニメ『ひぐらしのなく頃に』第3期制作決定! アニメ『ひぐらしのなく頃に』第3期制作決定!を含むブックマーク

アニメ『ひぐらしのなく頃に』第3期制作決定!!

第3期って。これ以上何をやるんだ?まだアニメ化されてない番外編や他のメディアで展開してる外伝のアニメ化か、完全に別物のスピンオフ作品とかだろうか?

2007-12-17

多忙につき、年末まで不定期更新になるかもしれません。

さくらのレンタルサーバ メンテナンスのお知らせ。

本館は、午前中メンテナンスで接続できません。 → 復旧した模様。

[]「レンタルマギカ」第11話 「レンタルマギカ」第11話を含むブックマーク

黒羽当番回。時系列的には、黒羽をアストラルの見習社員として受け入れた直後の話。まだ、幽霊の特殊能力である、ポルターガイスト現象を使いこなせてなかった黒羽が、いつきの足手まといになりたくない、自分にも役に立つことが出来ると言う想いで能力に目覚めるんだけど、いつきの体をすり抜けてたり、お茶を運べなかったりしてる姿から察するに、今までのエピソードで実体があるように見えてたのは、ポルターガイスト現象を駆使して、あたかも“あるように見せかけていた”と言う解釈で良さそうだ。社長命令でポルターガイスト発動させるときに、なぜか全裸になる演出で思わずニヤけてしまった。ただでさえ既に死んでるという大きな壁がある上に、出番や活躍する場面数でもアディや穂波には勝てないんだから、エロス補正でアピールしていくのは間違いじゃないな(笑)。良いぞ、もっとやれ。ストーリーは、ラノベ原作アニメ特有の、説明ゼリフの多さが出てしまっていたものの、原作に忠実で、いつもの端折り感も薄かったので十分合格点。妖精眼の演出も、ちゃんと呪力の先読みっぽくなっていたので良い。穂波は、婚約指輪の比喩で給料三ヶ月分だとか大胆な発言してた。もっとも、鈍感ないつきは意味を理解してないと思うし、穂波もそれをわかっててからかってるんだろうけど。でも、いつきが、それってプロポーズの催促?みたいなセリフを返してた場合、穂波がどんな反応をするのかは見たかったな。そして最後はおいしいところを持っていくディアナさんでしたとさ。次回は放送時期をリアルに合わせたクリスマスエピソード。ヒロイン達がいつきをストーキングする話か。

[]「プリズム・アーク」第11話 「プリズム・アーク」第11話を含むブックマーク

Aパートが演劇の主役争奪戦で、Bパートは演劇本番。ラス前にやる内容なのか激しく疑問なんだけど、ストーリー性を無視したお遊び回だと割り切ってしまえば楽しめた。とにかくパンツを見せることを優先したアングル連発。ヒロインのパンツを見せられるだけ見せてしまえと言う意気込みは伝わりました(笑)。神楽のおっぱいとか、DVDでは全解禁になってることでしょう。たぶん。女性陣は、おバカシナリオながらも、それなりに駆け引きが成立していたので面白かったけど、男性陣は、ただ力任せで追いかけっこしてるだけ、ハヤウェイはフィーリアと話してたらタナボタで鎧ゲットとか、ヘタレと言うか酷すぎ。あれで頑張ったと言われてもなあ。薄っぺらいにもほどがあるぞ。フィーリアが空気を読んでプリーシアに勝ちを譲ったけど、あのままフィーリアがプリンセスやってた方が良かったのでは?まあ、伏線投げっぱなし確定っぽいので、トゥルールートの存在を匂わせる必要なんてないのかもしれませんが。デコチューで肩透かし…ではなく、やり直しでやっとキスしたプリーシアとハヤウェイ。でも、2人の心が近付いた感じがしません。ハヤウェイにプリーシアが秘密(おそらく姫の影武者としての立場)を明かし、同時進行でリッテ先生が黒幕ジュダスと繋がってる事を仄めかし、ここから本当の物語が始まると言うターニングポイントを迎えたところで、次回最終回ですよ。綺麗に終わるとはとても思えない…。

[]「キミキス pure rouge」第11話 「キミキス pure rouge」第11話を含むブックマーク

映研部員と関係ない人たちまでぞろぞろと連れ添って、お嬢様の豪邸訪問。映画の取材自体はどうでもよくで、豪華な食事を食べて、広い屋敷でかくれんぼしに行っただけな感じでしたが。でも、でかい敷地でかくれんぼとか鬼ごっこはロマンだな。一度ぐらいは、バラエティ番組でやってるような壮大な缶蹴りをやってみたいとは思うよ。それを二見さんが言い出したのは確かに以外。勉強嫌いの摩央姉あたりの役割だと思うんだけど、今回の摩央姉はずっと挙動不審だったからなあ。光一とサックスの間で揺れ動きすぎ。自分の気持ちが良くわからないとか、どちらかというと女の子のセリフじゃなくて、まるで優柔不断ギャルゲ主人公のソレだよな。でも、光一の顔はまともに見られなくて、逆にサックスの顔は見たくなったと言う対比を考えると、やっぱりサックスが当て馬のような印象。今回は、柊と犬とのキスでノルマ達成かと思いきや、意表を突いて、まさかの一輝と二見さんのセカンドキスには驚いた。言いたい事は、閉鎖空間における緊張状態でキスする実験なんだろうけど、かくれんぼにおけるキスの実験とか、明らかに取り繕った感のある言い訳してみたり、妹たちに見つかったとき、見られそうになって後向いて恥ずかしい素振りしてたり、二見さん急激にデレすぎだろう(笑)。アスカターンは二見さんとの親密度が少し上がってて良かった。一輝との仲にも興味あるようだけど、恋愛感情は全くなさそう。何となく予感はしたけど、光一と星乃さんが一歩前進した駅の改札で、今度は星乃さんの涙を流させてしまうのは、事情を知らない光一にとってはキツイね。次回は星乃さんが大胆になるとか言ってるので、転校までの限られた時間で出来る限り積極的になる決意をするのかな?

[]「みなみけ」第11話 「みなみけ」第11話を含むブックマーク

チアキが山田さんとの逢瀬を思い出し別れに涙しつつ、もう一つの「南」家、トウマの兄達にスポットが当たる話。でも、その実体は、ハルカの天然ボケと根っからの番長気質とものぐさお色気要員っぷりを再確認する話。ハルカは大人気だなあ。でも、近寄ってくる男にはロクなのがいないのは気のせいじゃないと思う。すっかりブラの描写は自重しなくなったな。ハルカの胸に顔を埋めて、ブラと胸の谷間に欲情したナツキは、みなみけの平和を乱しかねない存在だぜ。ハルカファンを敵に回すなら、夜道には気をつけよう(笑)。名前すら出てこないただの長男扱いのみなみけ長男は、今泣いて良い。カナ、藤岡、リコ、アキラの勘違い完全一方通行四角関係は面白い。どうせなら、もっと取り返しが付かなくなるぐらい人間関係が縺れて欲しいかも。

2007-12-15

[]長谷見沙貴×矢吹健太朗To LOVEるTVアニメ化決定!TBSにて放送予定! 長谷見沙貴×矢吹健太朗「To LOVEる」TVアニメ化決定!TBSにて放送予定!を含むブックマーク

公式サイト(予定地):http://www.tbs.co.jp/anime/to-love-ru/

原作コミックス既刊最新増刷版の帯にて正式発表。

追記. アニメーション制作はXEBECで、来春より放送開始予定。

[]TVA「鉄のラインバレル」続報。 TVA「鉄のラインバレル」続報。を含むブックマーク

> クリエイティブ・プロデューサー:谷口悟朗
> 監督:日高政光
> キャラクターデザイン総作画監督平井久司
> 特技監督:板野一郎
> シリーズ構成・脚本:吉村清子
> 特殊設定・脚本:森田繁(スタジオぬえ)
> アニメーション制作:GONZO
> 早瀬浩一:柿原徹也
> 城崎絵美:能登麻美子
> 加藤久嵩:福山潤

チャンピオンRED 2008年3月号には、TVアニメ版と同じキャストによるドラマCD鉄のラインバレルちぇんじ123」と、平井久司描き下ろしのTVアニメ版クリアファイルが付録に。チャンピオンRED 2008年2月号より。

[]コミケ限定!『狂乱家族日記』ドラマCD登場!! コミケ限定!『狂乱家族日記』ドラマCD登場!!を含むブックマーク

> 乱崎凶華:藤村歩
> 乱崎凰火:近藤孝行
> 乱崎銀夏:藤田圭宣
> 乱崎帝架:安元洋貴
> 乱崎雹霞:広橋涼
> 乱崎千花:戸松遥
> 乱崎優歌:花澤香菜
> 乱崎月香:佐藤利奈

TVアニメ版も同じキャストだそうで。

2007-12-14

忘年会で遅くなったので、今日の本館は更新休止。

[]スタチャ「薬師寺涼子の怪奇事件簿」公式サイトオープン! スタチャ「薬師寺涼子の怪奇事件簿」公式サイトオープン!を含むブックマーク

ドラよけお涼が「スレイヤーズ」のパロディなだけに、涼子役が林原めぐみだったら面白いんだけど、ドラマCD版では川上とも子だったのか。

[]「もやしもん」第10話 「もやしもん」第10話を含むブックマーク

過去の自分と決別して大学デビューするの!とゴスロリ美少女化した友人にキスされたら沢木は菌を見る能力を失っちゃいました。蛍の性別が本気で不詳になったんだが、以前先輩たちと一緒に風呂入ってるんだよな…。長谷川さんが童貞を捨てたら菌が見えなくなるかもみたいなことを言っていたが、童貞どころか、ファーストキスを奪われたら能力が消えてしまうなんて。なにこの30過ぎて童貞だったら魔法使いになれる都市伝説を逆手に取ったような設定は。沢木は蛍の変貌を目の辺りにして、淡々としてるようで内心動揺しまくりだったんだ。でも、菌が見えなくなったことで沢木がもっと悩む描写があるのかと思ったら、沢木の異変に先輩たちの方が先に気付いて、本気で沢木の居場所を守ろうとする2人が格好良すぎた。春祭の時もそうだったが、バカはバカでも一本芯の通ったバカなんだよな、こいつら。力仕事要員とはいえ、女友達ではなく、ナチュラルに買い物に付き合わせたり、部屋にあげたりしてる及川さんと沢木のカップリングは、潔癖性と菌が見える凸凹コンビで案外上手くいきそうなんだけどなあ。及川さんがオヤジ好きとは、また斜め上を行きやがる。未成年でオヤジ好きとか、援交女子高生の爛れた性生活を想起させる設定だぜ。と言うか、初登場時、教授にホイホイ付いてきたのは、長谷川遥14歳の時みたいに教授にナンパされて、オヤジ好きだから思わず誘いに乗ってしまったため??ちょっと変わった農大キャンパスライフストーリーも次回最終回。長谷川さんに菌の見えないただのチビガキはいらないと突き放されて、ようやく真剣に悩むことになるのかな?

[]「CLANNAD」第11話 「CLANNAD」第11話を含むブックマーク

名誉図書委員ひきこもり天才美少女が、“殺戮音波射出砲ヴァイオリン”と言う名の新兵器の効果を試したくて落ち着きがないので、魔法少女リリカル杏さんが公開処刑場を設けて、朋也たちが死刑囚を集める話。…あれ?違ったっけ?まあ、ことみの欲求を満たしてあげるためだけに、あれやこれやとお節介する朋也とその仲間たちで、中身はまんまジャイアンリサイタルだったわけですが。さり気なく演奏側に混ざってたカスタネット渚とトライアングル椋の姿が微笑ましい。たった数日で上達してるはずもなく、結果は死屍累々。次々と真っ白に燃え尽きていって笑った。智代シナリオの前振りをここで絡めたか。生徒会長の件については、風子編でも少し触れてたな。智代が生徒会長になりたい理由は、ドラマCDのCMでネタバレしてるんだけどさ。ことみ編は、ヒトデを配っていた風子の時と違って、ことみ本人への手助けなので関わりやすいと言うのもあるだろうし、今まで近寄り難いと思われてた天才少女にお近付きになれるチャンスと言う下心もあるだろうし、もちろん杏が言っていた母性本能を刺激されると言うキャラクター性もあるので、周囲の距離が縮まるのが早いよね。ことみとの図書室デートで朋也が見た悪夢がシュールすぎ。夢の導入部分が幻想世界の描写と似てたから、色々と深読みできたりもするけど。いきなり漫才の練習をさせてたり、ことみの弄り方に手慣れてる杏はさすがとしか。朋也と杏が2人っきりになった所で、杏シナリオにも若干の進展あり。椋が朋也に抱いてる恋心を視聴者には最初から分かり易く示してきた事で、杏の朋也への質問内容は双子の妹である椋のためなのだろうと思わせながら、実際は杏自身の本心を代弁してしまってるのだと感じさせる心情表現が上手かった。

[]「ご愁傷さま二ノ宮くん」第11話 「ご愁傷さま二ノ宮くん」第11話を含むブックマーク

結局、麗華が悪役になってしまう展開になるのね。真由は、最後まで禁断症状で暴走もキシャー化もしなかったか。兄姉をテロリスト扱いし、二ノ宮くんを拘束した犯人は、裏人格が発露した麗華による北条コンツェルンの仕業でした。まあ、それ以外考えられない話だったけど。とりあえず、涼子と美樹彦は、テロリスト扱いされてむしろノリノリで喜んでるよね。ずっと麗華のターン!だったのに、人格が裏麗華だと、淫乱女王様っぷりを発揮してるベッドシーン以外では単なる悪役だから全然嬉しくないんだよなあ。気が付いたら上半身裸でベッドに拘束されてる二ノ宮くん吹いた。麗華の騎乗位エロすぎ。腰の動きがヤバイ、と言うか、二ノ宮くんの喘ぎ声の所で挿入っちゃったようにしか見えないって!!乳首舐めとズボンのチャック下ろしは発禁ギリギリですよ(笑)。逆レイプ寸前の二ノ宮くんを助け(?)に来たのは、律儀に借りを返すと言う男ツンデレたすくといろりのコンビ。味方にすると頼もしいけど、ライダー風コスのセンスだけは許容しがたいものが…。過去の思い出を守るためにアパート丸ごと買い取ってた麗華。二ノ宮くんは、麗華に関する記憶と、3人で暮らしてたことはほとんど思い出したようですが、真由に何をされたのかだけはまだ思い出してない?精気が足りずフラフラになりながら目的地に向かう真由、約束の場所を思い出して急ぐ二ノ宮くん、このタイミングを逃さんとする麗華の3人が遊園地へ。記憶を全て取り戻して、真由を助けて、麗華を戻して、元の日常に帰るのか、それとも、2人のどちらかを選ぶのか、次回最終回。

2007-12-13

[]サミー「快盗天使ツインエンジェル」公式サイトプレオープン。 サミー「快盗天使ツインエンジェル」公式サイトプレオープン。を含むブックマーク

サミーの公式サイト(ドメイン所有社もサミー)だけど、これがこのまま、スロットとTVアニメ版の公式サイト両方を兼ねるのかな?

[]「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第11話 「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第11話を含むブックマーク

タナトス攻撃部隊のための前線基地が宇宙にあって、そこに配備されてるのがヴリトラユニット、地球にいるリンドブルムユニットは、防衛ライン用のバックアップ部隊だったようなんだけど、隊長以外の新キャラがぞろぞろ出てきて、ようやく組織の体制が把握できたと思ったら、すぐ全滅してた。今まで何の説明もなかったのに、いきなり退場させられると言う噛ませっぷりが酷すぎ(笑)。新おっぱい隊長の弟は、あのネオオリジナルと強制レゾナンスさせられて取り込まれた?トアがジンを助けたときもそうだったし、オリジナルドラゴンは、死にかけの人間を助けてレゾナンスする習性でもあるんでしょうか。助手に騙されて海上に放置されたおっぱい博士は、偶然ギオたちを閉じ込めた島の近くを漂流してたので助かったけど、ギオとウィドーの足元に這い上がってきたのはもちろんギャグですよね?と言うか、謎バリアはどうした?外部からの侵入には効果無し??ナナミと褐色おっぱいは、お互い変態王子狙いで牽制しあってるらしい。変態王子の入浴シーンはなんで侍女ハーレムをはべらせてないんだよ!そこおかしいだろ!!まあ、トアに全てを見せて欲しいと演説してる変態っぷりはさすがでしたが。言葉が足りてないよ。それだと、裸になって股を開けと命令してるようにしか聞こえないよ。…似たようなものかもしれないけど。何を言ってるのか良くわからず狼狽えてるトアの反応は笑った。トアの生体反応をマザーが一定期間認識できないと、目的を達成できなかったと見なされて新しいドラゴンが投入されるようだ。そして今度は、トアのような悠長なやり方ではなくて、強硬手段に出る存在なのは間違いなさそう。ジンとアキラとマキナは、逃亡の身なのに隠れるつもりなんてないと言わんばかりにくつろぎすぎだな。またしても、主人公を置き去りにして物語が進展してるし。アキラは、この作品世界ではいくら貧乳だからと言っても大胆すぎる。ジンにだけ包み隠さず見せるなんて不公平だ。視聴者には見えなくて血の涙流してるんだからな!!ところで、カズキの今までのどこをどう判断すれば見どころがあると思えたのか教えて下さい司令。シャトル事故で死んだ娘そっくりの幼女は、司令がレゾナンスしたドラゴン?赤眼だし、地球産ドラゴンは自分の理想の姿が反映されるらしいからね。

2007-12-12

[]TVA「君が主で執事が俺で」放映スケジュール追加。 TVA「君が主で執事が俺で」放映スケジュール追加。を含むブックマーク

> アニマックス:2008年2月24日(日)24:30〜

CS局が増えたと言うことは、地上波は関東オンリー確定なのか?

[]「ナイトウィザード The ANIMATION」第11話 「ナイトウィザード The ANIMATION」第11話を含むブックマーク

SD怖い娘シリーズはお持ち帰りしたくなる可愛さだなあ…などと逃避してる場合ではなく、エリスが、シャイマールの器とするために何者かに作られた存在で、柊たちと出会う前の過去の記憶は全て捏造だと発覚し、シャイマールの覚醒を唯一押し止めているエリスの精神が追い詰められていく息を呑む展開。孤児院の子供たちに茶化されて、初めてエリスが柊を男として意識したよ!と言うか、くれはが柊の彼女だと思い込んでいて遠慮していただけの様子。せっかくエリスが女の子らしい反応を見せてくれたのに、もう後がない切羽詰まった状況だというのが悲しすぎる。自分の意志を貫き通す柊が最高に頼もしく見えるぞ。あかりんと対峙した時の緊張感が凄い。あかりんは感情が読みにくいから余計に手に汗握るね。幻想舞踏使用、接近戦でも強かったあかりん。迷いを捨てて正面からぶつかる柊。結果は皮肉にも、柊に心に迷いがあると指摘したあかりんの方が、逆にケータイストラップに気を取られて敗北。それを甘いと切って捨てるアンゼロットの株は引き続きストップ安なんですが。黒幕っぽいゲイザー=おじさまに踊らされて、自分の判断ミスは棚に上げて、世界のためだと友情を壊す命令を出して、大魔王ベル様には付け入る隙を与える。何かもう、擁護のしようがないような…。次回は、くれはまで柊たちの敵になってしまうのか。どうやら、くれは死亡→エリス絶望→シャイマール覚醒の流れらしいけど。アンゼロットとベルは一時休戦&同盟締結?

[]「Myself;Yourself」第11話 「Myself;Yourself」第11話を含むブックマーク

恋するあさみはせつなくて朱里を想うとすぐゾクゾクしちゃうの。

原作ゲームのキャラ設定通りに真っ黒だった星野さんが本領発揮!!Aパートのほとんどが、星野さんのガチ百合ヤンデレ告白劇場に!!!さすが、雛見沢村の人とか折り紙の人とか、このタイプのキャラは手慣れてるはずの中原麻衣にすら嫌いだと言わしめただけのことはあるぜ。原作ゲームで星野さんが修輔の攻略対象になってるのは、姉のことが好きすぎて恨むようになってしまった女の子の気持ちを、同じ遺伝子を持つ性別違いの方に心変わりさせるのが物語の核だからなの?オープニングの時計は、長針と短針が双子の絆で、交わることのない秒針が星野さんを表してたんだね。今まで佐菜をストーキングしてるように見えたのは、朱里に近付くための口実だったと言うわけか。星野さんが一番最初に佐菜に真相を語りだしたのは、佐菜を利用していた事への後ろめたさを感じていたからかなあ?それとも、単純に佐菜を信頼してた?そんな下心があった星野さんと佐菜の関係を勝手に誤解して嫉妬して一喜一憂してた菜々香は、とんだピエロだったと言うか、まるで立場なし。佐菜への告白の後、見舞いに来た双子に普段通りの態度を取る星野さんの切り替えの早さを見せて、今までもこうやって演技してきたのだと突き付けてから、朱里に再告白する流れはひたすら重かった。しかも、星野さんは入院していて何も知らないまま、退院したら双子はこの町から去った後だと言う現実がのし掛かるのかと思うと、救われないにも程がある。そして、結局家庭問題には解決策が見出せず、友人たちには留学させられると言って真実を告げずに、朱里と修輔は近親相姦逃避行へ!!修輔の言動を不審に思って、それだけで2人が何をするつもりなのか気付いた佐菜がすげえ。星野さんの告白にも真摯に応えて受け入れてたし、主人公能力が完全覚醒したようだ(笑)。電車を自転車で追いかける佐菜の姿に、昔の自分を重ねて涙を流す修輔のシーンは凄く感動的になってた。幼い頃の修輔のセリフの内容は、てっきり菜々香との関係に影を落とす伏線かと思ってたのに、こんなにも純粋な友情物語だったなんて。これであっさり2人が戻ってきたら拍子抜けだから、本当にこのまま退場?父親や後妻、公園の問題投げっぱなしになってしまうんだけど…。次回はいよいよ、菜々香が過去の記憶を取り戻し、佐菜が自分の事を菜々香に明かす展開?

2007-12-11

[]「チャンピオンRED」2008年2月号内容紹介&2008年3月号予告! 「チャンピオンRED」2008年2月号内容紹介&2008年3月号予告!を含むブックマーク

表紙ほか重大発表に関する情報は12月19日解禁まで待て。つーか、スタッフが色々な意味で衝撃の○○すぎてビックリした。昨日のバンブレ…。

☆2月号(12月19日(水)発売)特別定価580円(税込)

●表紙「鉄のラインバレル」他

 ラインバレルガールズの弛んだ赤いビキニが眩しい!

●スペシャル付録!SNK公認 オール描き下ろし「どきどき魔女神判!」2008年版特製イラストカレンダー

 表紙はゲーム版絵師:藤ノ宮深森描き下ろし!

 八神健松山せいじ糸杉柾宏和六里ハル高橋てつや仏さんじょ/むっく/爆天童

 ほか、総勢13名の超人気作家が夢の競演! '08年は魔女に囲まれて過ごそう♪

 (C)SNK PLAYMORE

TVアニメ進行中!美少女バイオレンス大作 巻頭カラーで本格始動!! 謎の少女・スノウが怪物をなぎ倒す!

 「BLASSREITER-genetic-」 脚本:キムラノボル(舞-HiME) 漫画:廣瀬周(エル・カザド) 原作:GONZO×ニトロプラス

●新連載センターカラー31ページ!! 週刊少年チャンピオンの元気アキバガールがREDに!!さくらが、鯨が、ねねが、REDでさらに暴れまくり!?

 「ペンギン娘MAX」 高橋てつや

●単行本第8巻、発売記念 センターカラー!重大発表も!!!

 「鉄のラインバレル」 清水栄一×下口智裕

☆次号3月号(1月19日(土)発売) 特別定価580円(税込)

●スペシャル付録 第1弾!「鉄のラインバレルちぇんじ123」WドラマCD

 豪華キャストによるREDだけの録り下ろし!

 [鉄のラインバレル]

 出演:柿原徹也(「天元突破グレンラガン」シモン 役)
    能登麻美子(「キミキス pure rouge祇条深月 役)
    他

 [ちぇんじ123]

 出演:福圓美里(「AIKa-R16」真海ユリ 役)
    浅川悠(「Fate/stay nightライダー 役)
    堀越知恵(「月面兎兵器ミーナ」葉月ミーナ 役)
    今野宏美(「らき★すた」小神あきら 役)
    間島淳司(「ご愁傷さま二ノ宮くん」二ノ宮峻護 役)
    平川大輔(「School Days」伊藤誠 役)
    他

●スペシャル付録 第2弾!「鉄のラインバレル」クリアファイル

●単行本第1巻発売記念 巻頭カラー!! 保健室のイブ先生がオトナの魅力でアクジに迫る!!

 「どきどき魔女神審判!」 八神健

 (C)SNK PLAYMORE

●JUDA壊滅!? 桐山の驚異の可変マキナ・プリテンダーに浩一のラインバレルと森次のヴァーダントが全面衝突!!

 「鉄のラインバレル」 清水栄一×下口智裕

●絶好調!! センターカラー!「聖痕のクェイサー」 原作:吉野弘幸 漫画:佐藤健悦

●新展開!! センターカラー!「ベクター・ケースファイル」 原作:藤見泰高 漫画:カミムラ晋作

☆1月18日(金)発売のコミックス

●「どきどき魔女神判!」第1巻/580円

 漫画:八神健

●「AIKa R-16 ~school mission~」第8巻/580円

 原作:スタジオ・ファンタジア 漫画:藤島真ノ介

●「悟空道」第5巻/945円

 山口貴由

☆2月20日(水)発売のコミックス

●「聖痕のクェイサー」第4巻/580円

 原作:吉野弘幸 漫画:佐藤健悦

●「シグルイ」第10巻/580円

 原作:南條範夫 漫画:山口貴由

●「ベクター・ケースファイル」第3巻/580円

 原作:藤見泰高 漫画:カミムラ晋作

●「アキハバラ無法街」/580円

 漫画:杉村麦太

●「おかわりナポリタン」/580円

 漫画:井上行広

●「悟空道」第6巻(完)/945円

 漫画:山口貴由

2007-12-10

[]メディアワークス「電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE」としてプチリニューアル! メディアワークス「電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE」としてプチリニューアル!を含むブックマーク

新刊情報、電缶オンライン、電撃徒然草、電撃絵師問答などを更新。

[]2008冬新番チェック 2008冬新番チェックを含むブックマーク

恒例の新番チェック。放送局・放送日時は変更の可能性あり。現時点で全24本(実写系、OVA先行放送、特番除く)。去年の冬は全28本だったので4本減ですが、2007年秋期ほどの激減とはならず。続編が多い現状を見ると、原作のコンテンツ不足は相変わらず?

あと、従来のキー局や地上波UHF系の放送局が減って、AT-Xと、新BSデジタル局・BS11が目立つようになってます。

●マンガ原作4本

 【ロザリオとバンパイア、破天荒遊戯、のらみみ、墓場鬼太郎

●ゲーム(18禁・一般含む)原作5本

 【AYAKASHI、H2O、君が主で執事が俺で、PERSONA -trinity soul-、true tears

ラノベ原作1本

 【狼と香辛料

●その他原作付き4本

 【ポルフィの長い旅、全力ウサギ、もえがく★5、onちゃん】

アニメオリジナル3本

 【シゴフミヤッターマン、Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-】

※「シゴフミ」は、湯澤友楼(アニメ版スタッフ4人合作)原作のアニメオリジナル作品で、電撃文庫から刊行されてるラノベメディアミックスの先行ノベライズ。つまり、アニメの放送より先に、別作者による外伝が小説になった感じ。

●続編・シリーズ物7本

 【ウエルベールの物語 第二幕、俗・さよなら絶望先生MAJOR 4th season、みなみけ〜おかわり〜、
 ARIA The ORIGINATIONGUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-、Yes!プリキュア5 GoGo!】

●特番・OVA先行放送6本

 【祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP!!、遙かなる時空の中で3 紅の月、.hack//G.U.TRILOGY 完成記念特番、
 こはるびより PartII、ストレイト・ジャケット 第2話、聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編】

AYAKASHIAT-X:12/12(水)11:00〜 「AYAKASHI」AT-X:12/12(水)11:00〜を含むブックマーク

> チバテレビ:01/06 24:30〜
> テレビ神奈川:01/06 25:30〜
> 東京MXテレビ:01/08 25:30〜
> サンテレビ:01/09 26:10〜
> テレビ愛知:01/10 25:58〜
> テレ玉:01/11 25:30〜

http://www.ayakashi.info/

原作:CROSSNET/アプリコット、監督:高田淳、シリーズ構成:鴻野貴光、脚本:鴻野貴光・金子ツトム、音楽:細井聡司アニメーション制作:東京キッズ。CROSSNET製作の伝奇バトルADVをTVアニメ化。第1話と第2話はAT-Xで先行放送済み。その感想と少し被ってしまうけど、一部を除いてキャスト変更、キャラクターデザインは全体的に等身が上がって別人かと思うぐらい修正、レイプなどの凌辱描写はカット。ストーリーとBGMは今のところほぼ原作通り。オープニングのカットから察するに、エイムTRUEルートをベースにして展開すると思われる。原作は1ルート全7話のTVアニメ方式の構成なので、原作1話=TVアニメ2話+αぐらいのペースで消化すれば丁度良いぐらい。戦闘シーンが、「Fate/stay night」などと同様、複数CGの組み合わせと特殊効果だけで派手に見せてるノベルタイプ原作よりも、動きのあるTVアニメ版の方がもっさりとしていて迫力に欠けてしまってるのが難点。

「祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP!!」TBS:12/23(日)26:50〜 「祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP!!」TBS:12/23(日)26:50〜を含むブックマーク

> MBS:12/28 25:15〜

http://www.macrossf.com/
http://www.macross.co.jp/

マクロス25周年記念1時間スペシャル。番組内にて「マクロスF」の第1話特別編集版を放送。本放送開始は2008年春から。

遙かなる時空の中で3 紅の月」キッズステーション:12/28(金)23:00〜 「遙かなる時空の中で3 紅の月」キッズステーション:12/28(金)23:00〜を含むブックマーク

> リピート:12/28:27:00〜、12/31 28:30〜

http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/tv/haruka/kurenai/

原作:コーエー。TVスペシャル。

ウエルベールの物語 第二幕」東京MXテレビ:01/01(火)26:30〜 「ウエルベールの物語 第二幕」東京MXテレビ:01/01(火)26:30〜を含むブックマーク

> AT-X:01/31 09:00〜

http://www.avexmovie.jp/lineup/wellber/

監督:浜名孝行、シリーズ構成:前川淳、キャラクターデザイン:飯塚晴子・高橋成之、アニメーション制作:Production I.Gトランスアーツ中世ヨーロッパを彷彿とさせる異世界の国家・ウエルベールを舞台に、覇権争いに巻き込まれた王女と、その手助けをする女盗賊との、新感覚ロードムービーの続編。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜」TVQ九州放送:01/02(水)27:13〜 「H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜」TVQ九州放送:01/02(水)27:13〜を含むブックマーク

> テレ玉:01/03 25:30〜
> 奈良テレビ:1月未定
> チバテレビ:01/03 26:30〜
> テレビ北海道:1月未定
> 東京MXテレビ:1月未定
> KBS京都:01/04 26:00〜
> テレビ神奈川:01/05 27:30〜
> 群馬テレビ:1月未定
> 福井テレビ:1月未定
> 信越放送:1月未定
> BS朝日:1月未定
> 熊本放送:1月未定

http://anime.webnt.jp/h2o/

原作:枕、監督:橘秀樹シリーズ構成花田十輝キャラクターデザイン奥田淳アニメーション制作:ZEXCS。『アニメスピリッツ』枠にて放送。延期記録更新中の「サクラノ詩」と世界観を同じにする、枕原作の陰湿残酷思春期グラフィティをTVアニメ化。とある事情で視力を失った主人公が田舎の学校に転校してきて、そこで出会ったヒロインとの触れ合いによって、ヒロインを救い、視力を取り戻す物語。はやみ、ひなた、音羽と言う3人のヒロインがいるけど、実態は、はやみの、はやみによる、はやみのための、はやみゲー。原作はエロゲーですが、主な舞台が小学生時代のため、エッチシーンは年月が経過した後のアフターにしかない。そのアフターでのイチャラブっぷりも見所なんだけど、アニメ版でそこまでやれるのかな?主人公の眼の真相なんて、魔法少女マジカルひなたでしか語られてないが…。村八分、貧困差別、陰湿なイジメ、身障者への暴行など、場合によっては放送禁止用語にすら触れる危険なテーマを孕んでいるため、「School Days」や「ひぐらしのなく頃に」以上にヤバイ気がしてるんだけど、アニメ版はオリジナル要素が多いようなので、はたしてどこまでやれるのか?

ロザリオとバンパイア東京MXテレビ:01/03(木)23:30〜 「ロザリオとバンパイア」東京MXテレビ:01/03(木)23:30〜を含むブックマーク

> チバテレビ:01/03 26:00〜
> テレビ神奈川:01/03 26:15〜
> テレ玉:01/05 25:30〜
> テレビ大阪:01/05 26:40〜
> テレビ愛知:01/10 25:28〜
> 青森放送:01/10 25:34〜

http://www.rosa-vam.com/

原作:池田晃久、監督:稲垣隆行、シリーズ構成・脚本:山口宏、メインキャラクターデザイン藤田まり子アニメーション制作:GONZO月刊少年ジャンプ週刊少年ジャンプジャンプスクエアにて連載中のバトルファンタジーラブコメをTVアニメ化。高校受験に失敗して、両親が見つけていた怪しい高校に入学してみれば、そこは妖怪たちの学校で、人間だとばれたらいられなくなる場所だった。何もかもが平凡だけど、なぜか妖怪に好かれる体質の主人公が、美少女バンパイア・赤夜萌香に出会い、妖怪だらけの学校での生活に奮闘するストーリー。

君が主で執事が俺で東京MXテレビ:01/04(金)18:30〜 「君が主で執事が俺で」東京MXテレビ:01/04(金)18:30〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/05 26:00〜
> チバテレビ:01/07 25:40〜
> テレ玉:01/08 26:00〜

http://kimiaru.jp/

原作:みなとそふとキャラクター原案白猫参謀、監督:工藤進、シリーズ構成:タカヒロ、脚本:ジュン・タカヒロ、キャラクターデザイン:松本文男、CG制作:パステルアニメーション制作:A.C.G.T。「姉、ちゃんとしようよっ!」「つよきす」のタカヒロが立ち上げた新ブランド第1弾をTVアニメ化。原作のウリであるツンデレを無視して大幅改悪されたのが記憶に新しい「つよきす Cool×Sweet」の出来に失望したためか、今回はタカヒロ自らシリーズ構成と脚本数話を担当している。正式なデータはないものの、ショップのランキングなどの情報から推定で、2007年上半期のPCゲーム売り上げランキングではダントツの1位だったと思われる。ただ、前評判に反して内容に関しては辛口の評価が多かったので、アニメ版では、原作者自らによるテコ入れでどこまで改善できるかが鍵か?アニメ版は、メインヒロインである久遠寺森羅のストーリーを軸として、それに肉付けする感じでオリジナルエピソードをどんどん入れていく構成。ヒロインクラスはお約束通り1話はピックアップ回があるとのこと。

.hack//G.U.TRILOGY 完成記念特番」BS11:01/04(金)23:00〜 「.hack//G.U.TRILOGY 完成記念特番」BS11:01/04(金)23:00〜を含むブックマーク

http://www.b-ch.com/contents/feat_hack/

.hack//G.U.TRILOGY」の劇場公開&OVA発売を記念して、『Project .hack』の全容に迫る特番。

「破天荒遊戯」KBS京都:01/04(金)26:30〜 「破天荒遊戯」KBS京都:01/04(金)26:30〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/05 25:30〜
> チバテレビ:01/07 26:10〜
> サンテレビ:01/07 26:10〜
> メ〜テレ:01/11 27:15〜
> テレ玉:1月未定

http://hatenkouyugi.com/

原作:遠藤海成、監督:高本宣弘、シリーズ構成・脚本:今川泰宏キャラクターデザイン中野典克、音楽制作:フロンティアワークスアニメーション制作:スタジオディーン。月刊Gファンタジー→コミックZERO-SUMで連載中の魔法使い冒険ファンタジーをTVアニメ化。暗い過去を背負っていたり、血筋に秘密があったりする美少女魔法使いが、イケメンキャラに囲まれて、時にはドタバタ、時にはハラハラ冒険を繰り広げる物語。乙女ゲーとか、少女マンガ風の作品にありがちなのかもしれないけど、旅のお供の美青年に不意打ちで唇を奪われたり、セクハラされたり、すぐ敵に捕まって貞操の危機に瀕したり、血まみれフルボッコされたり、重い展開が続くときもあるので、そんなシチュエーションが好きな貴方にお勧め(笑)。

「全力ウサギ」テレビ神奈川:01/05(土)08:30〜 「全力ウサギ」テレビ神奈川:01/05(土)08:30〜を含むブックマーク

> テレ玉:2008/01 07:00〜
> サンテレビ:2008/01 07:00〜
> チバテレビ:2008/01 08:00〜

http://www.zenryoku-usagi.com/

原作:イケダケイ、アニメーション制作:トムス・エンタテインメント。『ちびアニ劇場』枠にて放送。工事現場で働くうさぎキャラクターと言うマスコットコンテンツをTVアニメ化。

MAJOR 4th season」NHK教育:01/05(土)18:00〜 「MAJOR 4th season」NHK教育:01/05(土)18:00〜を含むブックマーク

http://www3.nhk.or.jp/anime/major/

監督:福島利規、シリーズ構成:土屋理敬、野球監修:長谷川滋利、キャラクターデザイン大貫健一アニメーション制作:シナジーSP、共同制作:NHKエンタープライズ。

「PERSONA -trinity soul-」東京MXテレビ:01/05(土)22:30〜 「PERSONA -trinity soul-」東京MXテレビ:01/05(土)22:30〜を含むブックマーク

> BS11:01/05 23:00〜
> MBS:01/05 26:25〜
> アニマックス:01/07 22:30〜
> チバテレビ:01/07 26:40〜
> CBC:01/09 26:15〜
> テレ玉:01/12 26:00〜
> テレビ神奈川:1月未定

http://www.persona-ts.net/

監督:松本淳、メイン・キャラクター原案:副島成記、シリーズ構成・脚本:むとうやすゆき、脚本:大西信介・ヤスカワ正吾・松田沙也、キャラクターデザイン:石井百合子、ペルソナデザイン:玄馬宣彦、音楽:岩崎琢、アニメーション制作:A-1 Pictures。「ペルソナ3」から10年後の世界を舞台に、神郷3兄弟を中心に繰り広げられる、TVオリジナルストーリー。神郷3兄弟を中心に、ペルソナ能力に目覚めてしまった仲間たちの“他者との関わり合い”をテーマにした物語が紡がれる。「ペルソナ3」に登場したキャラクターがアニメ版にも登場するかは不明。

俗・さよなら絶望先生」テレビ神奈川:01/05(土)24:30〜 「俗・さよなら絶望先生」テレビ神奈川:01/05(土)24:30〜を含むブックマーク

> 絶望少女撰集:BS11にて01/04 24:30〜
> チバテレビ:01/06 23:30〜
> サンテレビ:01/07 24:00〜
> KBS京都:01/09 25:30〜
> BS11:01/11 24:30〜
> キッズステーション:01/23 24:00〜
> テレ玉:1月未定
> テレビ愛知:1月未定
> 東京MXテレビ:1月未定

http://www.starchild.co.jp/special/zetsubou2/

原作:久米田康治、監督:新房昭之シリーズ構成小黒祐一郎キャラクターデザイン:守岡英行、アニメーション制作:シャフト。全13話。久米田康治原作の、時事ネタネガティブ毒吐き作品の続編。アニメ様こと小黒祐一郎シリーズ構成を担当するのが驚き。

true tears」テレビ神奈川:01/05(土)25:00〜 「true tears」テレビ神奈川:01/05(土)25:00〜を含むブックマーク

> true tears 特番(仮):BS11にて01/04 23:30〜
> 関西テレビ:01/08 26:45〜
> チバテレビ:01/09 25:30〜
> テレ玉:01/09 26:00〜
> 東海テレビ:01/10 27:27〜
> BS11:01/11 23:30〜
> キッズステーション:01/11 24:00〜

http://www.truetears.jp/

原案:true tears、監督:西村純二キャラクター原案上田夢人シリーズ構成:岡田磨里、キャラクターデザイン・総作監:関口加奈味、アニメーション制作:P.A.WORKS。全13話。ブロッコリー×サーカスの共同開発ブランド・La'crymaからリリースされた同名ゲームを原案とし、コンセプトのみを継承した、TVオリジナルストーリーで、涙を無くした少女の物語が描かれる。ゲーム版とはストーリーは疎か、登場人物すら全て別ものに変えられている。

シゴフミ」チバテレビ:01/05(土)25:35〜 「シゴフミ」チバテレビ:01/05(土)25:35〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/05 26:30〜
> 東京MXテレビ:01/08 26:00〜
> サンテレビ:01/08 26:10〜
> KBS京都:01/08 25:30〜
> 三重テレビ:01/10 27:05〜
> BS11:01/11 23:00〜
> 岐阜放送:01/13 25:35〜

http://www.shigofumi.com/

原作:湯澤友楼、キャラクター原案:黒星紅白、キャラクターデザイン:川上哲也、監督:佐藤竜雄、副監督:桜美勝志、シリーズ構成大河内一楼アニメーション制作:J.C.STAFF。「機動戦艦ナデシコ」「宇宙のステルヴィア」の佐藤竜雄監督最新作。死者から届く手紙“シゴフミ”配達人であるフミカと、それに関わり、“シゴフミ”を受け取った側の人間ドラマ。電撃文庫から刊行されているノベル版は原作ではなく、先行メディアミックスと言う位置付けで、アニメ版は完全に別のストーリーになるらしい。

ポルフィの長い旅」BSフジ:01/06(日)19:30〜 「ポルフィの長い旅」BSフジ:01/06(日)19:30〜を含むブックマーク

> BIGLOBEストリーム:01/07〜

http://www.nippon-animation.co.jp/porfy/

原作:ポール・ジャック・ボンゾン 『シミトラの孤児』、監督:望月智充、脚本:国井桂、キャラクターデザイン:赤堀重雄、アニメーション制作:日本アニメーション。全52話。『世界名作劇場』第25作目。ギリシャの村・シミトラで家族と仲良く暮らしていた兄妹が、大地震によって両親を失い、たった一人の生き別れの妹・ミーナを捜す旅に出るポルフィの物語。「レ・ミゼラブル 少女コゼット」に比べたら、キャラクターデザインがかつての世界名作劇場シリーズに近くなった。

みなみけ〜おかわり〜」テレビ東京系:01/06(日)25:30〜 「みなみけ〜おかわり〜」テレビ東京系:01/06(日)25:30〜を含むブックマーク

> AT-X:01/24 11:30〜

http://www.starchild.co.jp/special/minami-ke/

原作:桜場コハル、監督:細田直人シリーズ構成:鈴木雅詞、キャラクターデザイン田中誠輝、アニメーション制作:アスリード。1つの作品を2つの制作会社が別のコンセプトで作り連続で放送すると言う企画で、現在放送中の「みなみけ」に続き、2クール目は、「SHUFFLE!」スタッフが手掛けるアスリード版「みなみけ〜おかわり〜」が放送される。「みなみけ」と比べると、アニメオリジナル要素が多くなるらしい。原作ではあまり描かれていない自宅や学校など、キャラの立つ場所を見ることで、箱庭世界を堪能して欲しいとのこと。

ARIA The ORIGINATION」テレビ東京:01/07(月)26:00〜 「ARIA The ORIGINATION」テレビ東京:01/07(月)26:00〜を含むブックマーク

> テレビ愛知:01/07 26:35〜
> テレビ大阪:01/09 26:25〜
> AT-X:01/10 10:30〜

http://www.ariacompany.net/

原作:天野こずえ、監督・シリーズ構成佐藤順一、助監督:竹下健一、キャラクターデザイン古賀誠、脚本:吉田玲子アニメーション制作:ハルフィルムメーカー。水の星アクアのネオ・ヴェネツィアを舞台に、一人前のウンディーネを目指す少女・水無灯里を中心とした、出会いをと風景を描く、癒し系ハートフルストーリーの3rdシーズン。OVAを挟んで4度目のアニメ化。今回のテーマは、“始まり”らしい。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」東京MXテレビ:01/07(月)27:00〜 「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」東京MXテレビ:01/07(月)27:00〜を含むブックマーク

> テレビ大阪:01/09 26:55〜
> 中京テレビ:01/16 27:14〜

http://www.gunslingergirl.com/

原作・総監修・シリーズ構成・脚本:相田裕総監督:石踊宏、監督:真野玲、シリーズ構成協力:浦畑達彦、脚本:相田裕・浦畑達彦、アニメーション制作:アートランド電撃大王連載中の、“義体”と呼ばれる強力な身体能力を持つ肉体に改造し、薬物による洗脳を施した上で、政府の非合法活動に従事させられている少女たちの儚く切ない物語の続編。スタッフを一新して、原作の『ピノッキオ編』を中心に描く。

狼と香辛料」チバテレビ:01/08(火)25:30〜 「狼と香辛料」チバテレビ:01/08(火)25:30〜を含むブックマーク

> テレ玉:01/08 25:30〜
> テレビ愛知:01/08 27:28〜
> テレビ神奈川:01/09 25:15〜
> KBS京都:01/10 25:30〜
> サンテレビ:01/10 26:10〜
> 東京MXテレビ:01/11 25:30〜
> AT-X:01/24 11:00〜

http://www.spicy-wolf.com/

原作:支倉凍砂、原作イラスト:文倉十、監督:高橋丈夫、脚本:荒川稔久キャラクターデザイン:黒田和也、アニメーション制作:IMAGIN。全12話。第12回電撃小説大賞<銀賞>受賞。「このライトノベルがすごい!2007」作品部門第1位。電撃文庫にて刊行中、剣や魔法ではなく、ファンタジー世界での経済と商売に重点が置かれた異色ライトノベルTVアニメ化。「狼と香辛料」→「我が家のお稲荷さま。」→「かのこん」→「狂乱家族日記」…と続く、2008年ケモノ娘ヒロインラノベTVアニメ化ブーム(?)の先陣を切って登場。アニメオリジナルキャラクターのクロエは第1話から登場する。

「のらみみ」CBC:01/09(水)25:45〜 「のらみみ」CBC:01/09(水)25:45〜を含むブックマーク

> TBS:01/11 26:40〜(2話以降:26:25〜)

http://noramimi-anime.jp/

原作:原一雄、監督:湖山禎崇シリーズ構成:中村誠、キャラクターデザイン増田敏彦、美術:加藤賢司、アニメーション制作:トムス・エンタテインメント。月刊IKKI連載中、子供のいる家庭に居候する『キャラ』という存在が当たり前になってる世界を舞台に描く物語。

墓場鬼太郎」フジテレビ:01/10(木)24:45〜 「墓場鬼太郎」フジテレビ:01/10(木)24:45〜を含むブックマーク

http://www.toei-anim.co.jp/tv/hakaba/

原作:水木しげるシリーズディレクター:地岡公俊、シリーズ構成成田良美キャラクターデザイン・総作監:山室直儀、色彩設計:辻田邦夫、アニメーション制作:東映アニメーション。『ノイタミナ』枠にて放送。水木しげる原作の有名妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の前身となる貸本版の『墓場鬼太郎』を原作とし、内容やキャラクターデザインも当時のものを踏襲してTVアニメ化。

こはるびより PartII」AT-X:01/13(日)25:00〜 「こはるびより PartII」AT-X:01/13(日)25:00〜を含むブックマーク

> リピート:01/19 19:00〜

http://www.koharubiyori.net/

OVA第2巻特別先行放送。

「もえがく★5」BSフジ:01/14(月)17:00〜 「もえがく★5」BSフジ:01/14(月)17:00〜を含むブックマーク

http://tv.moegaku.jp/

監督:高本宣弘、脚本:渡辺陽、キャラクターデザイン:渡辺浩二、アニメーション制作:AICスピリッツ。エンタテインメント『萌える』学習ソフト「もえがく」原作、1話15分・アニメーションパート+実写パート2部構成で、楽しく5カ国語を学ぶことができる、新しいタイプの語学番組。色々な意味で伝説を残したアニメ版「もえたん」に比べたら、学習要素を残した作品になりそう。

ヤッターマン」日本テレビ系:01/14(月)19:00〜 「ヤッターマン」日本テレビ系:01/14(月)19:00〜を含むブックマーク

http://yatterman.tv/

総監督笹川ひろし、監督:鴫野彰、シリーズ構成高橋ナツコキャラクターデザイン:上北双子、メカニックデザイン:大河原邦男美術監督中村光毅、脚本:高橋ナツコ武上純希・平見瞠・加藤陽一・渡邊大輔・本田雅也、アニメーション制作:タツノコプロ。全70話。「タイムボカンシリーズ」伝説のアニメヤッターマン」が、誕生30年目の完全新作で復活。

「onちゃん」北海道テレビ:01/18(金)19:54〜 「onちゃん」北海道テレビ:01/18(金)19:54〜を含むブックマーク

http://www.htb.co.jp/onanime/

監督:加藤タカ、脚本:木滝りま・樋口達人、アニメーション制作:エッグ。北海道テレビ放送のマスコットキャラクター、パレード星からやって来たパレード星人・onちゃんをTVアニメ化。

「ストレイト・ジャケット 第2話」AT-X:01/27(日)25:00〜 「ストレイト・ジャケット 第2話」AT-X:01/27(日)25:00〜を含むブックマーク

> リピート:02/02 19:00〜

http://www.straitjacket.jp/

OVA第2巻特別先行放送。

「Yes!プリキュア5 GoGo!」テレビ朝日系:2008/02(日)08:30〜 「Yes!プリキュア5 GoGo!」テレビ朝日系:2008/02(日)08:30〜を含むブックマーク

http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure5_gogo/

シリーズディレクター:小村敏明、シリーズ構成成田良美キャラクターデザイン:川村敏江、色彩設計:澤田豊二、アニメーション制作:東映アニメーション。シリーズ5年目。

「Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-」AT-X:2008/02未定 「Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-」AT-X:2008/02未定を含むブックマーク

http://www.rin-asougi.com/

企画・原作:XEBECGENCO、監督:うえだしげる、脚本:大野木寛キャラクター原案中央東口キャラクターデザイン石原満アニメーション制作:XEBEC。各話1時間×全6話構成。ムネモシュネとは、ギリシア神話に登場する女神のひとりのこと。東京・新宿をメインの舞台に、ハードなアクションとサスペンス、狂気とエロスが乱舞する、異色のSFアクション。西新宿でコンサルティング業務を行う燐にはある秘密が…。新宿で起こる連続殺人や要人殺害、生物兵器テロ。謎を抱えた彼女が、それらにどう関わっていくのか?元ニトロプラス中央東口キャラクターが初のTVアニメ化。

聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編」アニマックスPPVプレミア:03/07(金)未定 「聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編」アニマックスPPVプレミア:03/07(金)未定を含むブックマーク

#01:03/07〜03/20
#02:05/02〜05/15
#03:08/01〜08/14

http://www.toei-anim.co.jp/sp/seiya/

原作:車田正美アニメーション制作:東映アニメーション。「聖闘士星矢 冥王ハーデス 十二宮編」の続編。


[]「レンタルマギカ」第10話 「レンタルマギカ」第10話を含むブックマーク

アディが名実ともにメインヒロインの座を勝ち取る話。…間違いではないはず。穂波は前回のアニメオリジナル赤い糸(原作では赤い糸を巻いてるのはみかんだったはず)が精一杯だと言うのに、アディは既に、膝枕、頬ずり、添い寝、押し倒され、そして経営権の2割を取得してアストラルの大株主にまでなってしまいました。単なるライバル結社の首領からアストラルの関係者に。逆に、これから穂波の巻き返しがあるんじゃないかと思わせる流れなんだけど、原作通りなら、この後も、お茶会、デート、キス、体液交換…等々と、差は開く一方なんだよなあ(笑)。それどころか、穂波は選択肢を間違えて堕ちる所まで堕ちる竜編が待ち構えてるわけだしね。本編は、相変わらず肝心な部分の描写がおざなりになってしまってると思う。今回は、いつきの妖精眼には呪力を視るだけでなく操れる、世界中の魔法使いを探しても片手で数えられる程しか存在しない特殊な力が備わってると言う事実が発覚するシーンが重要なのに、ユーダイクスが言葉でさらりと触れただけで、映像からは、何を以ていつきが呪力を操ったと判断したのか読み取りにくい。ラピスを救い出すのも芸無しグーパンチ、なぜか裸で倒れてるユーダイクスと、描写不足なのはもちろん、シリアスな場面なのに笑ってしまいそうになる演出をもう少し改善して欲しいよ。次回はキョンシー話かな?

[]「プリズム・アーク」第10話 「プリズム・アーク」第10話を含むブックマーク

演劇対決なんてやってる余裕があるのか?いやない。反語。せっかく、前回シスター・ヘルと黒騎士が出てきて、ジュダスの存在が仄めかされてクライマックス突入の前振りをしてたのに、学園祭の準備が始まって、シナリオのグダグダ感がとんでもないことに。第1話まで繋がるのかさえ怪しくなってきた。それどころか、プリーシアルートのキモである、ハヤウェイの騎士の誓いすらスルーされそうだぜ。と言うか、このハヤウェイに騎士の誓いをやって欲しくないけど…。このペースだと、俺たちの戦いはこれからだ!エンドで、伏線投げっぱなし確定っぽいし。告白までしたのに、プリーシアとキスなんかするわけないだろ!とか言ってるハヤウェイのウザさにイライライライラ。指摘するのは何度目かも忘れたけど、何でこんなキャラにしちゃったんだろうな。エロゲ原作をアニメ化すると、高確率で主人公(一応、アニメ版はプリーシアが主人公という建前だけど)の性格が改悪されるのは、アニメスタッフの悪いクセだよなあ。本筋のストーリーはともかく、プリーシア3バカ親衛隊の風呂シーンと、眠れる森の白雪シンデレ姫のシーンは瞬間的に頑張ってた。湯気と斜光で一生懸命隠してたけど、バカドリルはぷるんぷるんと揺らしすぎて、湯気の向こう側に見えてはいけない魅惑の部分が透視できてしまったような気が。

[]「キミキス pure rouge」第10話 「キミキス pure rouge」第10話を含むブックマーク

サックスのポジションがもの凄い勢いで当て馬っぽく…。表情も軟らかくなってきて、男同士のやり取りだと普通に好青年してるから、ようやく好感度が上がってきたというのに。摩央姉の見た夢が、光一と同じ行動を取るサックス、ではなく、サックスを吹く光一、だったのは、本命が光一で、勉強嫌いの自分の姿を重ねて共感したサックスを光一に結びつけようとした願望の現れなんだろうか?サックスからは一方的にキスされた側だったのに対して、おでことは言え、光一には自分からキスしたわけだし。地味子には早くも転校フラグが。お嬢の豪邸でロケハンメールを見て表情を曇らせてたので、転校する日までの猶予はほとんど無し?まだ恋人にもなってなければ、キスもしてないのに、1クール終了で退場させられてしまいそうな勢いだな。原作の設定を踏襲するなら、転校を回避する術はなく、仮に恋人同士になれたとしても遠距離エンドになってしまうと思うんだけど、アニメ版は、演劇メンバー全員が一致団結して、星乃さんの転校を引き留める起死回生の策でも出てくるんだろうか?主人公同士、同じ境遇にさせられる為に、雨の中練習に付き合わされて、二見さんの出番もなく、ただ風邪をひいただけの一輝哀れ。柊のイメージ映像のお嬢は別人すぎるだろ(笑)。しかし、拒んでたヒロイン役を引き受ける事にした理由は何だろうな?柊が説得に成功したとは思えないんだが。婚約者の方から婚約解消を持ちかけられたのだとしたら、フリーになって、本格的にヒロイン参戦の可能性も?

追記. ヒロインと姫様は別?それだと話が膨らまないなあ…。さらにカオスな脚本になりそうだから、光一は頭を抱えてたのか。

[]「みなみけ」第10話 「みなみけ」第10話を含むブックマーク

時間が足りないので一回休み。

2007-12-07

[]TVA「仮面のメイドガイ」2008年4月放映予定! TVA「仮面のメイドガイ」2008年4月放映予定!を含むブックマーク

> 監督:迫井政行
> シリーズ構成:ふでやすかずゆき
> キャラクターデザイン総作画監督:あおい小梅
> デザインワークス&総作画監督:大塚美登理
> 美術監督:岡本有香(アトリエブーカ)
> 撮影監督:松井伸哉
> 色彩設計:上村修司
> 編集:木村佳史子
> 音響監督:高桑一
> 音楽:大久保薫
> 音響制作:神南スタジオ
> アニメーション制作:マッドハウス
> アニメーション制作協力:イマジン
> (C)R R R/富士見書房

怪物王女」スタッフで、実質イマジン制作か。原作は、ゴチャゴチャして情報量が多すぎて読みにくい感じだけど、アニメ版はある意味すっきりスリムになりそうですね(笑)。

[]RED ENTERTAINMENT×GOODSMILE COMPANY「シュラキ」コミカライズ特報! RED ENTERTAINMENT×GOODSMILE COMPANY「シュラキ」コミカライズ特報!を含むブックマーク

2008年春、ドラゴンエイジにて大型プロジェクト始動。ヒロインは、ドラマCDと同じフィギュア第1弾の美城暁。漫画は高槻ナギー氏。

あと、ドラゴンエイジ次号から、そりむらようじ「CHERRY×CHERRY」が新連載。

それと、「ツバメしんどろ〜む」が、乳首解禁&ツバメ姉さんと本番Hと言う最終回でヤリ逃げを果たしました(笑)。

[]ねこねこソフト最終作「ScarlettPS2化決定!角川書店Scarlett〜日常の境界線〜」2008年発売予定! ねこねこソフト最終作「Scarlett」PS2化決定!角川書店「Scarlett〜日常の境界線〜」2008年発売予定!を含むブックマーク

新ヒロイン(着物姿の少女)と新シナリオを追加。

[]ニトロプラス「スマガ」来夏発売予定。 ニトロプラス「スマガ」来夏発売予定。を含むブックマーク

原画:津路参汰、シナリオ:下倉バイオ。魔法少女モノではなく学園ラブコメ!?天文部員が繰り広げる、部の存亡を賭けて秘められた不思議な力で立ち向かう学園バトルコメディ。

[]ニトロプラス「CHAOS;HEAD」2008年春発売予定。 ニトロプラス「CHAOS;HEAD」2008年春発売予定。を含むブックマーク

企画原案:5pb.、キャラクターデザイン:ささきむつみ、プロダクトデザイン:CHOCO、原画:松尾ゆきひろ、シナリオ:林直孝。「ギガロマニアックス(仮)」改め「CHAOS;HEAD」。手口や実行犯不明の連続猟奇事件「ニュージェネレーションの狂気」が巻き起こる渋谷の街。略して「ニュージェネ」と呼ばれる一連の事件を、引き篭もりの主人公・西條拓巳はブラウン管の向こう側の出来事だと思っていた。そんな彼と、この不可解な事件がどのように結びついていくのか。事件の裏に隠された「非現実」とは………?妄想と現実のサイコサスペンス。

[]ハセガワケイスケ「シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。」電撃文庫MAGAZINEプロローグ2より連載開始! ハセガワケイスケ「シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。」電撃文庫MAGAZINEプロローグ2より連載開始!を含むブックマーク

著:ハセガワケイスケ、イラスト:山本ケイジ、ヴィジュアルコンセプト:七草。凶暴にして苺大福好き女子高生・咲ヶ本モモと仕え魔ダニエルによる、ちょっぴり過激でちょっぴりヘンな学園ストーリーが登場。

電撃文庫MAGAZINEプロローグ2は、2008年2月9日発売。

[]川上稔が贈る待望の最新作「境界線上のホライゾン(仮)」GENESISシリーズ始動! 川上稔が贈る待望の最新作「境界線上のホライゾン(仮)」GENESISシリーズ始動!を含むブックマーク

終わりのクロニクル”終了から二年──。イラストはさとやす(TENKY)。内容は、“いつもの”だそうで。ちょっとまだ時間はかかりますが、いろいろ仕込んでるとのこと。

[]TVA「ネオ アンジェリーク Abyss」2008年春、TVアニメ化決定! TVA「ネオ アンジェリーク Abyss」2008年春、TVアニメ化決定!を含むブックマーク

> 原作:コーエー
> コミック原作:梶山ミカ
> 監修:ルビー・パーティー
> 監督:片貝慎
> シリーズ構成:山田由香
> キャラクターデザイン由羅カイリ
> アニメーションキャラクターデザイン藤岡真
> アニメーション制作:ゆめ太カンパニー
> アンジェリーク遠藤綾
> レイン:高橋広樹
> ニクス:大川透
> ジェイド小野坂昌也
> ヒュウガ:小野大輔
> ルネ:山口勝平
> ベルナール:平川大輔
> マティアス:楠大典
> エレンフリート:入野自由
> ジェット:中村悠一
> ロシュ:木村良平
> (C)ネオアンジェリーク製作委員会

[]TVA「もえがく★5」キャスト。 TVA「もえがく★5」キャスト。を含むブックマーク

> 月島もえ:芳村れいな
> めがみさま:平野綾
> ルルー:鉄砲ゆりの

[]TVA「全力ウサギ」スタッフ&キャスト。 TVA「全力ウサギ」スタッフ&キャスト。を含むブックマーク

> 原作:イケダケイ
> アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
> ミナライ:青山桐子
> オヤカタ:高木渉
> ソウチョウ:酒井敬幸
> ネエサン:三石琴乃
> オジョウ:荒木香恵
> エイギョウ:宮田幸季
> ナレーション:宇垣秀成
> ミクロさん:???
> テレビ神奈川:01/05(土)08:30〜

[]TVA「ひだまりスケッチ×365」TBSにて2008年春放送開始予定。 TVA「ひだまりスケッチ×365」TBSにて2008年春放送開始予定。を含むブックマーク

[]TVA「みなみけ〜おかわり〜」2008年1月6日より毎週日曜深夜1:30〜テレビ東京系にて放送開始。 TVA「みなみけ〜おかわり〜」2008年1月6日より毎週日曜深夜1:30〜テレビ東京系にて放送開始。を含むブックマーク

[]TVA「狼と香辛料」続報。 TVA「狼と香辛料」続報。を含むブックマーク

> チバテレビ:01/08(火)25:30〜
> テレビ神奈川:01/09(水)25:15〜
> KBS京都:01/10(木)25:30〜
> サンテレビ:01/10(木)26:10〜

[]TVA「H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜」続報。 TVA「H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜」続報。を含むブックマーク

> テレ玉:01/03(木)25:30〜
> チバテレビ:01/03(木)26:30〜
> KBS京都:01/04(金)26:00〜
> テレビ神奈川:01/05(土)27:30〜

[]「俗・さよなら絶望先生」続報。 「俗・さよなら絶望先生」続報。を含むブックマーク

> チバテレビ:01/06(日)23:30〜
> サンテレビ:01/07(月)24:00〜
> KBS京都:01/09(水)25:30〜

[]「true tears」続報。 「true tears」続報。を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/05(土)25:00〜
> チバテレビ:01/09(水)25:30〜

[]「PERSONA -trinity soul-」続報。 「PERSONA -trinity soul-」続報。を含むブックマーク

> チバテレビ:01/07(月)26:40〜

[]TVA「AYAKASHI」続報。 TVA「AYAKASHI」続報。を含むブックマーク

> テレ玉:01/04(金)25:30〜

[]「もやしもん」第9話 「もやしもん」第9話を含むブックマーク

(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚ Д゚)…!?

な、何かとんでもないモノを見てしまった気がするんだけど、見間違いだよね…?まさか、あの可愛いゴスロリが蛍だなんてことは……。あれを甘え癖だという長谷川の解釈も凄いけど、あの状態の自分の行動や姿は記憶に残ってるの?残ってるとしたら、確かに死にたい気分にもなるかもね。そんな長谷川さんの家庭の事情。あの高級レストランがバイトを募集してるのも、それに受かってしまう先輩ズもシチュエーションが現実離れしてるが、細かいことは気にしない。長谷川遥14歳を粘菌でたぶらかす教授自重。確かにすっぴんの方が可愛いのは認めるが、それを直球で投げる武藤さんは、前回から百合方面にアクセル全開で飛ばしまくってるなあ。彼氏に逃げられてUFO研に現実逃避してるなんて嘘で、そっちに目覚めてしまったとしか思えん。シュールストレミングと逃げる及川さんの絵がおかしかった(笑)。長谷川さんに菌が寄りつかなかったのは、水虫の一件以来、お肌のケアを欠かしてないからか。

[]「CLANNAD」第10話 「CLANNAD」第10話を含むブックマーク

今は忘れてしまっていても、風子編で得たものは朋也と渚の関係に着実に変化をもたらしつつ、人見知り天才少女、一ノ瀬ことみ編に突入。渚アフターを除けば、一番好きなルートなので期待大。サブタイトル画面の『光の玉』が増えました。風子と公子の分かな?そして、久々の幻想世界シーンでも、タイミング良く『光の玉』の事に触れる。無機質感と温かみを兼ね備えた奇妙な世界。普通の世界との温度差を作画演出の違いで明確にしてるのが上手い。ロボットは朋也の分身だと仮定すると、『光の玉』の捉え方と記憶の話から、本編と幻想世界との時系列に気付けるんじゃないだろうか。演劇部員集めを再開した朋也のターゲットはことみ。演劇部に引き込むつもりが、なぜかことみに社交性を身につけさせる話にすり替わって、友達100人プロジェクトが発足。ことみ、渚、椋の3人の会話はカオスすぎる(笑)。あれで本当にコミュニケーションが成立してるのか謎だ。感覚だけで会話してるよね。もし風子が加わっていたらと想像すると大変なことになるな。ことみの朋也くん挨拶&背中押しの繰り返しシーンがお気に入り。あの仕草は何度でもさせたくなるというか、危険思考が沸々と…。あと、杏に抱きつかれてることみのエロ可愛さは異常。なにあれ、お持ち帰りしt(以下自粛)。最後は、伝説のジャイアンリサイタル並の破壊力を持つと言う、ことみのバイオリン演奏きたー。渚ルートで重要な役割を持ってるのに立ち絵すらなかった不遇なサブキャラ・仁科りえも初登場。今回の杏のお節介を見てると、アニメ版でも杏ルートを何らかの形で回収するつもりがあるように思えるな。

[]「ご愁傷さま二ノ宮くん」第10話 「ご愁傷さま二ノ宮くん」第10話を含むブックマーク

たすく一筋で、たすくの気を惹くために二ノ宮くんを誘惑していたいろりと、いろりが好きだけど素直になれず、腹いせに昔のことを今さら掘り返して二ノ宮くんに復讐するために真由を狙っていた男ツンデレたすくとの、くだらない茶番に巻き込まれた3人はご愁傷様。いろりとたすくが、サキュバスの同類とか言う伏線はどうしたって?そんなの関係ねぇと言わんばかりのスルーっぷり。まあ、仲良く3人で遊んでた子供の頃を思い出して、それなりに楽しんでたようなので結果オーライ。隠れてストーキングしてた麗華に真由が気付いてたのにはビックリだが(笑)。しかし、真由が後悔しないために勇気を振り絞って二ノ宮くんを誘ったのは、小さい頃の二ノ宮くんにキスして、それで二ノ宮くんを死にかけさせたのが自分だと言うことを思い出してしまい、責任を感じたというか、自分がしてしまったことの重さから逃げ出すために、二ノ宮くんに別れを告げるためだったと。兄姉はテロリスト扱い、ぬるま湯に痺れを切らした別人格麗華が覚醒して、二ノ宮くんモノにするために拘束?姿を消した真由は真由で、禁断症状の前兆が見えてたから切羽詰まってそうだし、それなりにクライマックスの様相を呈してきたかな?

2007-12-06

[]Chara@「お嬢様の為に鐘は鳴る」疾瀬凛 いじわるぅ、おねがい、ほしいのっ抱き枕カバー予約開始! Chara@「お嬢様の為に鐘は鳴る」疾瀬凛 いじわるぅ、おねがい、ほしいのっ抱き枕カバー予約開始!を含むブックマーク

> サイズ:50×160cm
> 生地:2WAYトリコット(縦横方向に伸縮)
> 価格:12,000円(税別)
> 発売予定日:2008年1月下旬

(C)2007 ATU WORKs


フルメタル・パニック」に続いて、ドラゴンマガジン20周年企画として、来年4月から「スレイヤーズ」もテレビ東京深夜枠で再放送されるらしい。20周年記念号となる2008年3月号では、何か大きなプロジェクトが発表されそうですが。スレイヤーズ新作か、フルメタ4期か、伝説の勇者の伝説か…?

[]TVA「狼と香辛料放送局決定! TVA「狼と香辛料」放送局決定!を含むブックマーク

チバテレビ、テレビ神奈川、東京MXテレビ、テレ玉、テレビ愛知、サンテレビ、KBS京都にて放送。

[]TVA「乃木坂春香の秘密」プレサイト:http://nogizaka-haruka.com/ TVA「乃木坂春香の秘密」プレサイト:http://nogizaka-haruka.com/を含むブックマーク

ドラマCDのサンプルも無料配信予定。

[]最新作『マクロスF』情報満載のマクロス25周年記念特番が12月23日(TBS)&12月28日(MBS)放送決定! 最新作『マクロスF』情報満載のマクロス25周年記念特番が12月23日(TBS)&12月28日(MBS)放送決定!を含むブックマーク

2008年春放送開始予定。今月号のニュータイプによると、「コードギアス 反逆のルルーシュ 新シリーズ」も、2008年春放送開始で確定のようで。

[]「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第10話 「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-」第10話を含むブックマーク

拘束と脱走がループするGONZO美学。しかも周期と範囲が狭い。ジンが車を奪う脱出経路なんて、数話前にも見た気がするぞ。拘束、逃亡、おっぱい。この作品の主成分は3つで構成されてますね。カズキは使えない、ジンは問題外。カズキに対する印象は、やっぱりそんなものなんだね。適正の再検査とやらでカズキが落ちてたら大爆笑。ジンはそもそもISDAじゃないから、仲間がいなくなっちゃうのが嫌だという会話の流れ的には問題外で正しいんだけど、ジンと2人っきりなら、全く違う事を口走りそうなジークリンデを妄想して悶えた。ジークリンデと、裏切らないと約束した数分後にジンと逃亡するアキラには痺れるね。これは、約束を破ったのではなく、最初からジークリンデもジン側に引き入れると言う意味で答えたんじゃないかな?トアの目的は、地球産ドラゴンの卵を全て持ち帰ること。ノザキ教授の妨害を受けて、またあっさり捕まるトア。トアと面識があるらしく、ドラゴンに共通の赤眼持ち&謎のパワーを使ったし、ドラゴンの卵は渡せないけど、オリジナルドラゴンを調べられて秘密を暴かれるのも困ると研究を中止させる。これらの行動原理からして、ノザキ教授がもう1体のオリジナルドラゴンである可能性がかなり高くなったな。ジンがようやくレゾナンスについて正しい説明を受けて、アキラ&マキナと組んでくれたのは良い流れ。アキラの死亡フラグが順調に蓄積されてるのが嫌な感じだけど。ライナは、明らかにジン達を逃がすためにわざと捕まったよね?ジンには手を出させないと言うトアとの約束を守ろうとしてる?もう、ジークリンデ&アマデウス以外、リンドブルムユニット崩壊してるじゃん。仲間は裏切るわ、研究チームのトップはドラゴンっぽいわ、協力国には反逆されるわ、スパイには潜伏されるわ、上官は私怨で動いてるわ、部下は無気力だわ…等々で、ISDAの組織としての破綻っぷりが凄すぎます。次回は、女をはべらす理想的な変態王子様が、トアにどんな恥辱行為を強いるのか楽しみだなあ(笑)。褐色おっぱいとの通信前に、あの侍女は変態王子の股間に顔を埋めてナニをしてたんですか?

2007-12-05

メーカーなどから頂いたオフィシャルなリリース記事のカテゴリーは、[プレスリリース]で統一することにしました。

[]Chara@「Sugar+Spice!」からスポーツタオル・バスタオルがでるよ!! Chara@「Sugar+Spice!」からスポーツタオル・バスタオルがでるよ!!を含むブックマーク

☆スポーツタオル3種

●「Sugar+Spice!」ジジ ●「Sugar+Spice!」ミャンマー ●「Sugar+Spice!」オトメ

> サイズ:42×87cm
> 生地:マイクロファイバー素材
> 価格:各3,500円(税別)
> 発売予定日:各2008年1月下旬

☆バスタオル1種

●「Sugar+Spice!」ミャンマー

> サイズ:70×130cm
> 生地:マイクロファイバー素材
> 価格:8,000円(税別)
> 発売予定日:2008年1月下旬

(C)Chuable soft All Rights reserved.

ハモとピョンの立場は…。


[]ぎゃるっ娘ファクトリー「コミックマーケット73」グッズ決定! ぎゃるっ娘ファクトリー「コミックマーケット73」グッズ決定!を含むブックマーク

美少女ゲームコンピレーショントレーディングカード「RoSe」TYPE-C、TYPE-ORBIT、メーカーグッズセットなどを販売。


[]【号外】チャンピオンREDいちご VOL.6速報! 【号外】チャンピオンREDいちご VOL.6速報!を含むブックマーク

☆次号 チャンピオンREDいちご VOL.6(2月5日(火)発売)

●スペシャル付録!録りおろしドラマCDキミキス-スウィートリップス-」

 作中で特に好評だった「二見瑛理子」編と「祇条深月」編を収録!
 もちろんキャストはゲームオリジナル、二見瑛理子役の田中理恵さんと、祇条深月役の能登麻美子さんが熱演!
 「いちご」だけの超限定アイテム、ここでしか手に入らない永久保存版!!
 (C)2006 ENTERBRAIN,INC.

●スペシャル付録 第2弾!「もえたん」でおなじみのイラストレーター、POP先生プレゼンツ 描き下ろし特大ポスター

●大人気に応え再び登場!!「ペンギン娘 sister」高橋てつや

●大好評!たっぷり2本立て!!「キミキス-スウィートリップス-」漫画:糸杉柾宏 原作:エンターブレイン

●他、豪華執筆陣ラインナップ!!

 堂高しげるみづきたけひと仏さんじょカイシンシおりもとみまな佐藤健悦松山せいじ、等々…………


[]i-mode公式アプリ「体感魔法少女 マジっすか!?」好評配信中!リリース記念♪サイン色紙プレゼント実施中!! i-mode公式アプリ「体感魔法少女 マジっすか!?」好評配信中!リリース記念♪サイン色紙プレゼント実施中!!を含むブックマーク

彩葉(いろは) 琴莉(ことり 神楽(かぐら)

■アプリ名:体感魔法少女 マジっすか!?
キャラクターデザイン:柚月りんこ
■声の出演
 彩葉(いろは):小清水亜美
 琴莉(ことり):広橋涼
 神楽(かぐら):ひと美
 カオリ:庄司宇芽香
 もみじ/セピア:伊藤かな恵
 ミルザ:島田知美
 ナレーション:若本規夫
■リリース日時:2007年11月29日(木)
■利用料金:従量課金制 フルボイス版 630円
                 ボイス無し版 315円 
■サイト名:萌きゅあっとi
■サイトURLhttp://i.kawa-ii.net/mob/
■アクセス:iメニュー → メニューリスト → ゲーム → キャラクター → 萌きゅあっとi

i-mode公式アプリ「体感魔法少女 マジっすか!?」を購入して、
 アンケートに答えて頂いた方の中から抽選で声優『若本規夫』さんのサイン色紙をプレゼント中。

・応募期間:11/29〜12/28
・応募方法:imodeの携帯電話から下記アクセス方法に従い、サイト「萌きゅあっとi」にアクセスし、「体感魔法少女 マジっすか!?」を購入。
       △修慮紊防充┐気譴觜愼者アンケートに答えて、手順に従って応募しよう。


[]大久保篤ソウルイーターTVアニメ化決定! 大久保篤「ソウルイーター」TVアニメ化決定!を含むブックマーク

テレビ東京系夕方枠にて来春より放送開始予定。1年シリーズ。また、木曜深夜にリピート枠も設けるそうで。月刊少年ガンガン今月号の重大発表は、やはりアニメ化でしたか。

[]「電撃コミックガオ!」が2008年3月で休刊。ef三章、とらドラ!、その他複数タイトルは電撃大王に移籍。 「電撃コミックガオ!」が2008年3月で休刊。ef三章、とらドラ!、その他複数タイトルは電撃大王に移籍。を含むブックマーク

…らしいです。休刊に関しては前々から噂されてましたが。今月号で創刊15周年なのになあ。

[]「ナイトウィザード The ANIMATION」第10話 「ナイトウィザード The ANIMATION」第10話を含むブックマーク

エリスの正体は大魔王シャイマールの転生体。まだ覚醒が不完全なので、アンゼロットはエリスを隔離して打開策を模索中。アンゼロットにとってもベル様にとっても、知らなかった衝撃の事実。アンゼロットは、ゲイザーの言われるままに、不完全のうちにエリス抹殺令を下す。ベル様は、大魔王と呼ばれる存在は自分以外不要だと言ってるけど、どう動くかが今後の鍵になりそうだな。アンゼロットが何と言おうと、仲間と敵対する事になろうと、エリスを救う道を選ぶ柊が格好良いぜ。柊先輩はそんな人じゃないとキリヒトを叩いたり、あそこまで感情を露わにしても、柊とエリスに恋愛フラグは立ちそうにないんですが。今回は、それよりも柊の身を心配してるくれはが急激に可愛らしくなってたのが気になった。結局、アンゼロットはくれはとあかりんに何のお願いをしたんだろう?エリス抹殺令だったら、他のウィザードたちへの命令と同じなので、改めてお願いする必要はないだろうし。あかりんは彼氏のことを引き合いに出されて従わざるを得ないとしても、くれはは何をさせられてるのか。何の考えもなく、盲目的にゲイザーに従ってるだけだったら失望する。キリヒト=おじさま説の可能性は消えた?やはり、ゲイザー=おじさまか?キリヒトは、黒幕かと思ったら実は良い人で、だけど最後にまた敵に回るポジションっぽいけど。キリヒトの考えてる世界を救う方法と言うのは、シャイマールの完全覚醒を条件としてるのなら、世界を一度無に還させて、無から世界を作り直すという事なのかなあ?

[]「Myself;Yourself」第10話 「Myself;Yourself」第10話を含むブックマーク

王道…ハートフル…ラブストーリー…?あの後妻は、前妻の子供たちと仲良くしたいけど不器用で上手くいかない実は良い人だろうな→本当に金目当てでセックスしてるだけの浮気しまくり正真正銘ビッチだったんだぜ?ピーちゃんもポーちゃんも実は生きてて、生贄儀式を匂わす婆さんの行動はミスリードだよな→普通に生贄に捧げてて、それでも願いが叶わないから、ナイフでヒロインを襲ってきたんだぜ?修輔が大切にしたい人は朱里と見せかけて、原作ゲームの設定からして菜々香なんだろうな→後妻から見たら気持ち悪いと思うぐらい仲が良い双子で、ガチ近親駆け落ちフラグが立ったんだぜ?な、何なんだ、この展開は!?今までの伏線の答えが、裏を読む必要のないそのまんまだったので、ある意味“王道”かもしれないけど、これは何かが違うような(笑)。こうなってくると、放火犯も、普通に叔父さんなのかもしれん。双子のラブホテル疑惑の怪文書を投稿したのは誰なんだろう?双子を嫌っていて、且つ、双子が母親の墓参りに出かけていてアリバイを証明する友人がいなかったことを知ってる人だと考えると後妻しかいないと思うんだけど、それだと父親のスキャンダルに繋がって間接的に自分の首も絞めてしまうしなあ。揉み消し案としてロンドンへの留学を進言したのも後妻だとしたら辻褄は合うか。学校側の対応は、嫌な大人の悪い例を見させられてるだけで腹立たしい。前回、朱里と修輔の関係を気にしてたあさみにも黒幕疑惑が残るものの、今回体張って婆さんの狂気から朱里を救ったのを見ると、さすがにそこまで計算高くはないだろう。あさみの本心は次回判明するのかな?婆さんは警察に現行犯逮捕されてこれで退場なら、亡くなった孫娘と菜々香が似てるとか言う伏線が消化不良なんですが。佐菜のトラウマ発動条件はあくまで刃物か。刃物+血だと効果倍増。血だけなら大丈夫のようだ。肝心な時に動けず、あさみを守れなかった責任は重いぞ。次回は双子のために色々走り回ってくれそうだけど。残り3話で全ての問題に決着が付くのかどうか不安。

2007-12-04

[]最近でたバンドもののゲームのアニメ化の企画が進行中。 最近でたバンドもののゲームのアニメ化の企画が進行中。を含むブックマーク

…これだけでは、作品を特定するための情報が不足してるけど、何でしょうか。

追記. ほんの数分の間に「キラ☆キラ」ではないか?というフォローを13件も頂いてしまいました(汗)。言われてみれば確かに、それしかなさそうだ。

さらに追記. milktub日記で、bamboo氏が「キラ☆キラ」に関しては否定。反応早くて驚いた。「キラ☆キラ」以外思い浮かばないから、これはガセですかね?

さらにさらに追記. 「KoiGIG〜DEVIL×ANGEL〜」ではないかという指摘が。最近発売されたバンドもののゲームで、WEBラジオなどメディア展開もしてる…うむむ、確かに条件に合致するな。

もう一つ追記. 「ぶらばん!」説も。でも、発売から1年以上経ってるので、“最近”と言うには微妙かも。

あと、以前この雑記に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などの情報を頂いた方から、「涼宮ハルヒ第二期」は角川が暴走してて周囲は醒め気味、調整に折り合いが付かず、早くても来年後半以降に順延中、それまで京アニは「CLANNADアフター」で時間稼ぎするらしいと言う、前回の「CLANNAD」4クール説の補足になるタレコミを頂きました。それと、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」については、当初発表されてた、【序・破・急+新作】の4部作だったのが、【破・急】が統合されてほぼ新作に作り直され、来年末〜再来年春頃公開の予定。最終章は公開時期すら不明と言う状況だとか(ようするに、【序・破・急+新作】→【序・破+急・新作】に比重が変わっただけで、上映本数は変わらない)。アニメ誌で既に【破】には新キャラが出るとか発表されてたので、間違いなさそうですが。

もう一つ、電撃15年祭でアニメ化正式発表された「シャイナ・ダルク」は、電撃帝王連載時代第1話から休刊までアンケート1位達成、電撃大王に移籍してからも、メディアミックス済み作品やよつばとに次ぐ2位グループをキープしてるそうで。それなら、アニメ化も順当か。

2007-12-03

[]「AYAKASHI」第1話・第2話 「AYAKASHI」第1話・第2話を含むブックマーク

原作はプレイ済み。CROSSNET製作の伝奇バトルADVをTVアニメ化。CROSSNETさんとはちょっと縁がありまして、ご厚意で原作の紹介ページを公開させて頂いてたりもしますが。一部(と言うか“彼”)を除きキャスト変更、キャラクターデザインが全体的に長身美形(特に前川のおっちゃんは別人)に修正、真田による千夏(メガネっ娘生徒会長)レイプがカットされたこと以外は、ほぼ原作を忠実に再現。BGMはほとんど原作のものを使用してたので驚いた。5pb.が絡んでるから、てっきり自社制作音源に差し替えられるものとばかり。オープニングにデイダラボッチや不完全体などが登場してるし、普通に考えてエイムTRUEルートをベースにするんだろうけど、原作が1ルート全7話のTVアニメ方式の構成なので、原作1話=TVアニメ2話+αぐらいのペースで消化すれば、大体1クールに収まりそうだ。あとは、陽愛、織江、パムの伏線にも軽く触れて、限界〃言いながらなかなか死なないキャラのタフっぷりや、2体のアヤカシを同時に使役する代償やら、もう時間がない発言などの思わせぶりだけど実は大して意味なしだったセリフ、エイムTRUEの俺たちの戦いはこれからだ!的消化不良エピローグを改変してくれれば尚良い。日常描写やキャラの表情付けは結構細かくて見どころも多かったんだけど、テンポが悪かったり、肝心の戦闘シーンがもっさりしてるのは残念。なかなかTVアニメクオリティで期待以上のスピーディな戦闘シーンってヤツには出会えないものだね。せめて、Jellyfish制作の原作OPムービーと張り合う程度には頑張って欲しい。それにしても、視聴年齢制限がかかってるだけあって、「エルフェンリート」や「東京魔人學園剣風帖 龍龍」並に肉片が飛び散り、血飛沫が舞ってたなあ。エロ描写は皆無なのに、グロ描写は頑張りすぎ。地上波版は画面が黒で塗り潰されるシーンが目立ちそうな予感。次回はパム戦で、バトルもそこそこ動きがありそうなので期待。でも、来週も先行放送、12月12日から本放送だから、続きの第3話は12月26日までおあずけですか?

[]「レンタルマギカ」第9話 「レンタルマギカ」第9話を含むブックマーク

魔法使いvs錬金術師!』編に戻り、先代社長の残した遺産の相続権を巡って、魔術協会の監視の下、ユーダイクスvsアストラルの魔術決闘開始。公式サイトによると、時系列は、2話→5話→6話→4話→1話→3話→8話→7話→9話の順となり、前回の温泉は、ラピスたちと出会う前のエピソードだったようですね。どこに入れても問題なさそうなお遊び回だったので分かり難いな。パリに飛んでたアディは、アストラルに関するとある事の懸念からユーダイクスの工房に潜入し、重要な証拠を掴むも、ユーダイクス&ラピスの攻撃を受けて死亡(?)。尺の都合でスルーされるんじゃないかと不安だったアディ死亡展開がちゃんと入ってたので、アディ派としては思わず歓喜。いやまあ、ヒロインの死亡を喜ぶと言うのも不謹慎極まりないというか変な話なんですけど、原作を知ってると期待せずにはいられないんだよなあ、これが(笑)。アディの仇討ちという名目もあり、さすがのいつきも決断が早い。今回は、妖精眼の能力を使うことで、穂波が自分の意志とは裏腹に指示された通りに勝手に魔法を行使してる感じが良く出てたかも。明らかにそれまでの態度や会話の流れを無視して、いきなり従順に魔法を発動させてたからねえ。凄い違和感あったし。アストラル社屋への攻撃は猫屋敷さんが頑張って何とか凌いだけど、みかんと黒羽が背景キャラになってて泣ける。穂波は一人でユーダイクスと対峙し追い詰めるものの、実はユーダイクスの正体が機械人形(オートマタ)だったために形勢逆転、囚われのお姫様に。次回で決着付いちゃうのかな。

[]「プリズム・アーク」第9話 「プリズム・アーク」第9話を含むブックマーク

変な爺さんズの怪しげな研究施設から子供達を連れて逃亡中に、生き長らえるために先に餓死した子供を食べてしまい、神と決別したテレサ改めシスター・ヘルの壮絶な過去エピソードと、悩みから解放されてミラージュラッシュを放ったプリーシアとのド派手魔法バトル回。抽象的すぎて、あれだとテレサが子供を殺して食べてしまったようにも見えるな。残酷さを表現するために、あえてそうしたのかもしれない。2度目の斉藤良成作画監督回で、バリイズム全開のポージングがズバズバッと決まるので面白かった(笑)。まあ、作監3人体制で、演出や絵コンテは別の人だったので、いつものベルカ式作画ほど尖った出来にはなってなかったけど。シスター・ヘルへの変身シーンは無駄に格好良すぎだろ。さすが原作人気投票1位キャラ。優遇度が違う。あと、現在行方不明のお姫様の祖母であり、同じく行方不明のプリンセア王妃の母にあたるエコーが都合の良い解説役となって、一気に色々な伏線を消化してくれました。どんなに若く見積もっても、エコーの年齢は5zy…ゲフンゲフン。軽い気持ちで敵国王の寝首を掻けるポジションまで接近できるほどの、作中内最強キャラ設定は健在。それを言うと、ブリジットもかなり凄いという事になるんだけど。アーラ・グラディウスと共に宇宙から降りてきた神の子・ハヤウェイの事や、黒幕ジュダスの事にも気付いてる時点で、プリンセアやマイステルの事も当然知ってるんだろうなあ。あと、シスター・ヘルが犯人ではない事も既に裏付けが取れてるとして語ってくれてるので、余計にテレサとの因縁に燃える華鈴教官の勘違い道化っぷりが哀れに見えてくる。黒騎士の仮面の洗脳石はあっさりハヤウェイが破壊しちゃったなー。一瞬見えた素顔でプリーシアが国王陛下?とか呟いてたので、正体はバレバレですが。

[]「キミキス pure rouge」第9話 「キミキス pure rouge」第9話を含むブックマーク

映画の概要は出来たけど、何かが足りない。そう、サービスが足りないんだ!と言う身も蓋もない結論に至り、なぜか学校行事の水泳大会で水着出演OKな女の子を捜すことに。そして、水着回は作画が微妙のジンクス発動。おもしろイベント目白押しの水泳大会ならともかく、1日中淡々と競泳をこなしてるだけでは面白味に欠けるぞ。スク水は、バラエティに富んだ水着の中で一人だけ着てるヒロインがいてこそ映えるもの。全員が競泳水着では華やかさというものが…。しかし、プールサイドでケータイカメラ片手に彷徨いてる2人は犯罪者以外の何者でもないな(笑)。競技が始まる前までにとかそう言う以前の問題だと思う。光一は、地味子の水着姿に狼狽える前に、反射的にシャッターを切っておくべきだ。そこでもっと恥ずかしがらせないと。前回、カップル(?)同士で鉢合わせした気まずさを引き摺ってるのは摩央姉だけで、光一は意外とあっさり。ただ、摩央姉が知らない男と歩いてると言う今までに見たことのない姿に一瞬驚いた程度か。逆に摩央姉は、今までサックスに尻尾振ってた時とは考えられないぐらい急激に光一を意識しはじめる。サックスに水着姿を見てもらおうかな〜とか、答えを保留してまだ付き合ってるわけでもないのに、彼氏持ちだという見栄を張りたいのか、ヤキモチを焼かせたいのか、色々な理由はあるんだろうけど、光一の反応を伺おうとして空回りしてる姿が痛々しくなってきた。サックスの方は、嫉妬するわけでもなく、光一には会釈したり、失敗は繰り返さないのか態度も軟化して、少しずつマシになってきたというのに。アスカターンは、シナリオの都合とは言え、勝っちゃうのはアリなのか!?二見さんは、思ったことを素直に口にしてしまう裏表のないキャラ。そこに気付けば微笑ましくもなる。保健室で水着で2人っきり&雰囲気に流されて初キスか!?って所で乱入する一輝はもう少し空気読もうぜ。今後のストーリーが盛り上がる方を考えると、キス勘違いシーンを目撃してしまうのは摩央姉だった方が良かったのでは?

[]「みなみけ」第9話 「みなみけ」第9話を含むブックマーク

パンツのゴムひも部分のチラ見せや、透けブラ程度ならテレ東チェックを抜けられます。ここテストに出るから覚えておくように。一人で休日をダラダラと過ごすハルカ姉さんは、どこの性欲暇を持て余した昼下がりの団地妻ですか。あんまり無防備だと、配達の兄ちゃんにちょっとぐらい良いじゃないですか奥さん〜と毒牙に(略)。口元にクリーム付けっぱなしとか、どこまで狙ってるのか天然なのか。カナとチアキのバカ攻防戦は、久々に他の生徒たちが介入しないこともあってか、ゆるゆるで、三姉妹の仲の良さ(?)に和んだ話でしたよ。ところで、先生と二ノ宮くんの続きは…?まさか打ち切りなんて事は。残り話数を考えると嫌な予感。

2007-12-02

[]アクアプラス/LeafTears to TiaraTVアニメ化決定! アクアプラス/Leaf「Tears to Tiara」TVアニメ化決定!を含むブックマーク

> アニメーションプロデューサー:岩佐がく
> 監督:小林智樹
> キャラクターデザイン:中田正彦
> アニメーション制作:OLM TEAM IWASA(実動:WHITE FOX

TVアニメ版「うたわれるもの」のスタッフが再集結。キャストはPS3版準拠。

それと、PS3ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-」のOPアニメーション制作を、STUDIO4℃が担当。

[]アクアプラス/LeafうたわれるものOVA化決定! アクアプラス/Leaf「うたわれるもの」OVA化決定!を含むブックマーク

アニメーション制作は、PS2版のOPスタッフが担当。OVAではTVアニメ版で出来なかったエピソードを補完する。全3巻。第1巻はウルトリィ&フミリィルの母親騒動。第2巻以降の内容は未定。

以上、今日開催されたアクアプラスフェスタ2007より。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME