MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2008-05-30

[]「チャンピオンREDいちご」VOL.8内容紹介&VOL.9予告! 「チャンピオンREDいちご」VOL.8内容紹介&VOL.9予告!を含むブックマーク

チャンピオンREDいちご VOL.8(6月5日(木)発売) 特別定価750円(税込)

●プリティ表紙!

 おなじみ・駒都えーじ先生描き下ろしのスク水少女にドキッ♪

●スペシャル付録!新たな萌えグッズ登場!!

 いちご特製「スク水ホルダー」
 あなたのiPodや携帯が萌えアイテムに!?
 とってもキュートなスクール水着型の布製ホルダーが付いてくる♪

●スペシャル付録 第2弾!いちごならではのギリギリポーズ♪

 大人気ゲームソフト魔界天使ジブリール」オフィシャルイラスト&「キミキス」描き下ろし特大ポスター!

●初登場 巻頭カラー!! 月刊少年チャンピオン連載「プリプリ」が大人気の 千明太郎 登場!!

 「戦国学園 信美ちゃん」

●RED本誌から出張!! TVアニメ化決定で人気もさらに上昇中♪

 「鉄のラインバレル番外編 天才美少女科学者レイチェルちゃん」 清水栄一×下口智裕

●2大美少女ゲームの独占コミカライズ、絶好調!!

 「Pia キャロットへようこそ!!G.P.」 脚本:みささぎらん 漫画:宇佐美渉 原作:FC-G/G.P.製作委員会
 &
 「魔界天使ジブリール」 漫画:蒼一郎 原作:フロントウイング

●見逃すな!恋と青春のクライマックス♪

 「キミキス-スウィートリップス-」 漫画:糸杉柾宏 原作:エンターブレイン

アニメも話題沸騰センターカラー!

 「ペンギン娘高橋てつや

●人気作家 初登場!!

 「百合星人ナオコさん」のKashmir
 「ロリコン・フェニックス」の松林悟

●大人気の作品がセンターカラーに!

 「おとまりハニー」 みづきたけひと
 「メイドいんジャパン」 おりもとみまな
 「SWWT SISTER」 しぐにゃん

●ほか、注目作家大集合! 豪華ラインナップ!!

 佐藤健悦×吉野弘幸×樋口達人×駒都えーじ・tenkla・FLIPFLOPs・
 カイシンシ青本もあ瀬菜モナコ松山せいじ三浦靖冬
 堂高しげる野上武志・むっく・井上行広大橋薫しまだわかば

☆次号 チャンピオンREDいちご VOL.9

●スペシャル付録!

 1人でも複数でも、ドキドキしながら遊ぼう♪「いちご特製せくしぃトランプ」

 5人の人気絵師 駒都えーじ・糸杉柾宏みづきたけひとしぐにゃんまりお金田 が「せくしぃ」イラストで競演!超豪華描き下ろしトランプ53枚!!

●スペシャル付録 第2弾!ゴージャスでしかもグラマラス!

 さめだ小判松本規之 描き下ろし特大ポスター!

●「キミキス」の糸杉柾宏、待望の新作スタート!! 巻頭カラー超ボリューム86pの、いちご向けラブストーリー♪

 「あきそら」

●巨弾48pセンターカラー!!「聖闘士星矢エピソードG」の岡田芽武が放つ驚愕の大作スタート!

 「ひとつき」 岡田芽武&てんまらん丸(STUDIO RESPONSE)

●大人気! 2大美少女ゲームの独占コミカライズ!!

 「Pia キャロットへようこそ!!G.P.」 脚本:みささぎらん 漫画:宇佐美渉 原作:FC-G/G.P.製作委員会
 &
 「魔界天使ジブリール」 漫画:蒼一郎 原作:フロントウイング

●RED本誌から出張!! TVアニメ化決定で新たな読者層も獲得!

 「鉄のラインバレル番外編 天才美少女科学者レイチェルちゃん」 清水栄一×下口智裕

●初登場♪[ふくらみかけ]少女の達人・巻田佳春がいちごに参戦!

 「そんなコンナで。(仮)」

●ほか、注目作家大集合!

 みづきたけひと佐藤健悦×吉野弘幸×樋口達人×駒都えーじ・おりもとみまな
 しぐにゃん・tenkla・FLIPFLOPs・松山せいじ・他、豪華執筆陣!!


[]TVA「乃木坂春香の秘密」放送日一部発表! TVA「乃木坂春香の秘密」放送日一部発表!を含むブックマーク

AT-X「乃木坂春香の秘密」2008年7月スタート!

> tvk:07/03(木)26:15〜
> チバテレビ:07/03(木)26:00〜
> テレ玉:07/05(土)25:30〜
> 読売テレビ:深夜帯にて7月より放送予定
> 中京テレビ:深夜帯にて7月より放送予定
> AT-X:7月より放送予定

[]「紅」第9話 「紅」第9話を含むブックマーク

紫の正体への不信感と、九鳳院と言う相手の大きさを前にして、泣き言を吐く真九郎に対して、紅香の口から明かされる真相。それは、同族としか子供を作らず、女性は奥ノ院に軟禁されて世間から存在を隠され、表から妻を迎え入れると言う、九鳳院の風習だった。原作では、同族でしか子供が生まれない生殖能力に欠陥のある一族だったけど、アニメ版では、古くから続けてる因習みたいなニュアンスになってたな。竜士が強姦魔ではなく、妙に紳士で吹いた。いやまあ、『兄の子を産む女だ』と言うセリフなど、生理的嫌悪感を抱かせる部分があるのは変わらないけど、九鳳院の決まり事に忠実なので、早くても紫が13歳になるまで孕ませるつもりは無さそう。と言っても、真九郎がヘタレて立ち直るまでウジウジしてるぐらいの猶予はあると言う程度の気休めにしかならんが。わざわざ真九郎が来るまで待っていた前回の刺客の行動、見つかったことでラブホに逃げ出したのに、お別れの挨拶だとか理由を付けて五月雨荘に戻る2人と、それをあくまでも勘だけで許容する紅香、他にも、九鳳院の得体の知れない大きさに怯んで、それに立ち向かう実力はないと認識してるなら、なんで早く挨拶済ませて逃げず、悠長に焼き肉してるんだろうか?とか、五月雨荘の不戦協定設定がなくなったせいで、色々と話運びに無理が生じてる気がするなあ。環や闇絵もアニメ版では特に強くないのね。弥生さんも噛ませ犬扱いで泣いた。鉄腕の存在は抹消、リン・チェンシンもなぜか剣士じゃなくなってるし…。真九郎は紫にキスされて、守ることを改めて誓ったのに、法月の力をあそこで使うほどの勇気はなかったようだ。でも、あそこで使わずどこで使うんだ?って感じではある。次回は、紫がいない日常に慣れてしまう、真九郎のヘタレ現実逃避話?

2008-05-28

テレビ東京・東不可止Pの携帯コラムによると、7月新番は全4本(新シリーズ扱い含む)で全て深夜枠だそうで。発表されてる「スレイヤーズREVOLUTION」「夏目友人帳」以外の残り2本は、2クール目からタイトル変更で新シリーズ扱いらしい「ネオアンジェリーク Abyss」と、まだ局が発表されてない「ワールド・デストラクション」かな?

[]「RD 潜脳調査室」第8話 「RD 潜脳調査室」第8話を含むブックマーク

ユキノのトラウマモノの顔芸と、最強の豊満ムチムチバディが画面狭しと踊り狂う、学校のお化け(≠ユキノ)退治話。就寝中に使ってない電脳容量をシェアして、万人受けするフレンドアバターを作るためのモニターと言うSETI@HOMEみたいなバイトをしていた学生たちが、そのアバターデータの削除漏れしたキャッシュを見てしまったことで、幽霊と勘違いさせられてたと言うのが事の真相。ようするに、お化けなんかより、他人に勝手に頭の中を弄くられる方がよっぽど怖いですよと言う教訓みたいな?ミナモは電脳化してないから、幽霊もどきを見る事は出来ないはずなのに、なぜか幽霊を見てしまって、あれはホンモノだったの!?的なお約束オチにはならなかったか。クラスで電脳化してないのはミナモだけなんだね。使用者の表情まで伝える、あのモニターヘルメットは面白い。遂に出番無しで、女子中学生の間で都市伝説化してるハルさんに笑った。どう見ても主人公はミナモです。プールシーンで、女の子たちそれぞれの身体の描き分けがすげえ。大量の弁当や定番となってる特大パフェなどで肥えキャラを強調して、水着姿の時に三段腹をしっかり表現してる芸の細かさに吹いたわ!そう言えば、久々のパンチラ担当もユキノでしたよ。ボーイッシュなサヤカが実は恐がりで、プールで溺れそうになった時、震えてる様子を伝える場面は、見せ方が妙に思わせぶりだったので、てっきりお漏らししちゃうのかと思ったのに(笑)。インラインスケートの扱いやアイアンシュバルツ戦を見るに、ミナモは運動神経抜群だと思ってたので、ビート板無しで泳げなかったのは意外だ。

2008-05-27

[]「マクロスF」第8話 「マクロスF」第8話を含むブックマーク

吉野弘幸大好きノーパンアクション回。でも、せっかくノーパンで走り回ってるのに、アルトに見られて赤面する事もなく、最後まで鉄壁だったのだけは納得いかないぜ。ランカが転入してチヤホヤされるのも束の間、シェリルがやってきて、何もかもかっさらってしまうドタバタギャグ回。アルトシェリルの関係に限って言えば完全に息抜きエピソードだったんだけど、ランカへの仕打ちは結構酷い。ただ駆け出し新人アイドルの苦難と言い切れるものではなく、レオンが裏工作して邪魔してることが発覚。ランカを人目に出したくない理由があるのか?ミスター・ビルラー共々、バジュラが何なのか知っていて、来ることを待ち望んでるように見えたが…。ランカとブレラの接触があったけど、あれ以上の会話は無かったんだろうか?何事もなかったように、翌日のシェリル転入シーンに繋がってたけど。シェリルは今回で一気にキャラが壊れたような(笑)。アルトにばかり絡んでくるわ、みんなの前で奴隷宣言だわ、主人公補正とはいえ、アルトが羨ましすぎる。ミハエルにはガキと言われてたけど、ホントに気付いてない超鈍感なのか、それとも、“そう言う”目で見ないように、意図的に自分の理性に言い聞かせてるのか。あと、今回アバンで「マクロスゼロ」の映像が使われてたけど、サラ・ノーム、マオ・ノームと、シェリル・ノームのファミリーネームが同じなのは、単なるお遊びではなくて、本当に何らかの血縁関係があると言うことだろうか?

[]「BLASSREITER」第8話 「BLASSREITER」第8話を含むブックマーク

ナノマシン。それは、様々なSF設定を一言で済ませる魔法の言葉。類義語にプラズマがあります。マレクはデモニアック化してしまい、生き残りゲームと称してイジメグループに制裁。ノド貫通はグロかったが、顔面アキカンは吹いた。勘の良いアマンダはともかく、防犯カメラに変身するシーンが映っていたので、あっさり面も割れてしまう。一方、XAT隊長さんはベアトリスに選ばれて、手コキ早漏昇天デモニアックの正体を知る。デモニアックとは、体外に出るとすぐ証拠を残さず消滅してしまうナノマシンの力で強制的に進化を促進された未来の人間の姿で、その中の究極の存在、ブラスレイターへの進化を目指してるのが、ザーギン一派の目的のようだ。隊長をベアトリスと会うように仕向けたり、ブルーに狙われる自分の保身に走ろうとする隊長をさり気なく誘導したり、実質現場指揮を取ってるメイフォンは、もしかしてベアトリスたちの仲間?デモニアックの動きを把握してるのも、XATに内通者がいるからのような気がするし。隊長は、ゲルトと同じく幻覚を見てるけど、マレクは見てないっぽいのは気になる。エレアがジョセフに言ってたように、マレクは既に“堕ちちゃった”から?ゲルトを信じたヘルマンと同じように、マレクの件でアマンダも謹慎処分?当然、アマンダは特別に肉体懲罰房入りで次回からR-18指定ですね、わかります。冗談はともかく、デモニアック化した人間を庇ってしまった2人だけが助かって、XATは壊滅しそうなのが何とも皮肉と言うか、報いと言うか。

2008-05-26

[]TVA「ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜」キッズステーション:7月17日(木)24:30〜 TVA「ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜」キッズステーション:7月17日(木)24:30〜を含むブックマーク

リピート:明朝4:30〜、日27:00〜、全13話。

[]TVA「薬師寺涼子の怪奇事件簿キッズステーション:7月23日(水)24:00〜 TVA「薬師寺涼子の怪奇事件簿」キッズステーション:7月23日(水)24:00〜を含むブックマーク

リピート:明朝4:00〜、日26:00〜、全13話。

以上、キッズステーション「キッズくらぶ」2008年7月レギュラー番組リスト(PDF)より。他には、「紅」7月22日(火)24:00から、「絶対可憐チルドレン」が7月4日(金)17:00から放送開始予定。「絶対可憐チルドレン」は全26話と表記(全話数未定の作品の場合は"‐"表記)されてるけど、2クールなのか?

[]河内和泉ブログ「機工魔術士」最終回について。 河内和泉ブログ「機工魔術士」最終回について。を含むブックマーク

一日10時間くらいの睡眠

今月号は、約150ページと言う渾身の最終回。アニメ化の話もあったけど、漫画自体の着地点がわからないから断ったとか。完結した今なら是非やって欲しいところ。「まほらば」が終了した後は、「瀬戸の花嫁」とのダブル看板作品だったわけだし。番外編読みたいから、アンケート出しますか。読みたいのは、本編両手に花ENDのイチャイチャ後日談、ユウカナリア・フルカネルリ・骨の過去編、もし悪魔メル人格が消えてなかったら?のif編かなあ。

2008-05-23

多忙につき、縮小更新中。

[]TVA「夏目友人帳」公式サイトリニューアル。 TVA「夏目友人帳」公式サイトリニューアル。を含むブックマーク

系列局放送スケジュール、スペシャルイベント情報、オープニングテーマ情報などを公開。

[]「紅」第8話 「紅」第8話を含むブックマーク

醜悪祭商法が流行りませんように。

紫、初めての七五三のお祝いの巻。五月雨荘で過ごす平穏な日常が壊れる境目のエピソードで、九鳳院家との対比が今までより明確に描写されていた感じ。だから、このタイミングでエンディング曲も変更したのかな?着物を着て化粧をした紫は確かに見違えたと言うか、7歳児とは思えないほど浮世離れしてるね。九鳳院にいた時も着物だったけど、表情が違うからまるで別人に見える。紅香が許可したのは、紫を真九郎に任せてるのは、九鳳院から匿うことより、紫に外の世界と恋愛を知って欲しいことの方が重要だからだろう。狛犬とシーサーとシークァーサーとシーザーサラダを混同する教養不足っぷりは紫には見せちゃいけません(笑)。そんな環が着付け出来たことに驚いた夕乃さんには、何を想像して赤面して興奮したのか、ぶっちゃけ芸者遊びについて手取り足取り詳しく教えて欲しいです。定番のおみくじで凶を引いてしまう紫。真九郎の言い訳は、広い視点で捉えれば間違ってないけど、今はちょっと良くないの“ちょっと”が、実際は“ちょっと”所じゃないからなあ。遂に五月雨荘の事が九鳳院にバレてしまう。あの刺客たちが五月雨荘に乗り込んで紫を拉致せず、わざわざ真九郎が来るまで待っていたのは不自然だ。原作では、五月雨荘の敷地内では戦闘してはいけないと言う裏世界の不戦協定がある設定なので、敷地内にいる限りは安全なんだけど、アニメ版では、もうここはダメだとか真九郎が言ってるし、その設定が有効なのかどうかも不明瞭。原作の設定を中途半端にぼかしてるせいで、余計なツッコミ所が生じてしまってるような気がする。蒼樹ではなく九鳳院を取ったことを後悔している蓮丈は、祖父も健在だと言うことが発覚したので、ますます弱体化してるな。ラスボスは蓮丈ではなく、今回顔出しした孕む可能性のない初潮前の紫とセックスしまくるのが目的の真性ロリペド実兄・竜士になるんだろうか?アニメ版の竜士も変態臭は漂ってるけど、さすがにロリペド設定は薄れてる?次回はリン・チェンシン登場で、弥生さんと対決か?真九郎の本気モードにはまだ早いし。

2008-05-21

かのこん」第7話以降に倫理規定を超えた表現があって、GyaOBIGLOBEでの配信中止。他のサイトも有料配信になったり。やはりニプレス、手コキ、一瞬乳首解禁のコンボは限界突破してたか(笑)。公式サイトのあらすじを読むと8話は原作通り九尾湯ネタが出てくるようだし、スタッフも遂に本気を出しますかね?

[]「RD 潜脳調査室」第7話 「RD 潜脳調査室」第7話を含むブックマーク

『行けっ ダップー!』の設定細かすぎだろ(笑)。

人と犬とが理解し合い愛し合う正しい姿を追い求めたオシイイシオさんが、犬と精神が入れ替わってしまったり、犬のことを想いやりるあまり、思わずメタルの利点を使って犬と同化しちゃったりする話。ミナモが壊れました(笑)。ノリノリだな。元々動物用の義体に用意されてる語彙が少ないから、電脳化していてもコミュニケーションが取り難いとか、メタルでも犬はコミュニティーを形成していて、精神状態であれば動物と同化できるとか、電脳世界ならではの設定を使ってるんだけど、結局生かし切れず中途半端に終わってしまった感じ。入れ替わりネタをやるなら、もっとお約束をやってくれた方が良かったのになあ。具体的に言ってしまえば、犬の姿を悪用してミナモやホロンに悪戯する、いわゆる淫獣化をですね。1・2話以来、久々にハルとミナモが現実とメタルの両方から同時に事件を解決するエピソードだったのに、モヤモヤが残ってスッキリしないよ。ミナモが坂道でインラインスケートを使って、ハルの車椅子を押して爆走するシーンは、ハル自身がダップーに追い付く機会だとして促したとは言え、ブレーキに失敗して事故るんじゃないかと。老人の身体は労りましょう。次回は、………えーと、トイレの花子さん?

[]▼WebClap/Formレス ▼WebClap/Formレスを含むブックマーク

> とある魔術と黒執事が10月からアニメ化で確定のようです。
> 黒執事はもう放送枠も確定済みのようで
> マクロスFの後番みたいです。

とある魔術の禁書目録」は、通常27日発売の電撃コミックスをわざわざ来月10日に発売日変更してるぐらいだし、6月10日に、原作最新刊帯、ガンガンコミックス2巻帯、とある科学の超電磁砲2巻帯、電撃文庫MAGAZINEの4誌同時(もしかしたら、ニュータイプアニメージュアニメディアも加えた7誌同時かも)で大々的にアニメ化告知解禁するつもりでしょうな。ウワサ通りポニーキャニオンならTBSアニメフェスタ2008、シャナと同じでジェネオンならRONDO ROBE2008で映像が流れるだろうか?「黒執事」の方は、アニメ化のウワサはあったけど、「マクロスF」枠ならMBS製作?

> いつも読ませていただいております。
> 地方人なのですが、そろそろ7月開始アニメの衛星展開がどれくらいあるのか、気になってきました。
> 現時点では、まだUHF系とだけなっているモノが多いようで、とても心配です。
> 通常、放送開始どれくらい前に、発表があるモノなんでしょうか。
> 今季は紅と、ノイタミナがやってないんですよね・・・。

■衛星局ネットあり

一騎当千 Great Guardians」AT-X
「Mission-E」AT-X
無限の住人AT-X
鉄腕バーディー DECODE」アニマックス、BS11
「ウルトラヴァイオレット:Code044」アニマックス、BS11
ゼロの使い魔 〜三美姫の輪舞〜」キッズステーション
「ロボディーズ-RoboDz-風雲篇」トゥーン・ディズニー
ひだまりスケッチ×365」BS-i

■衛星局ネット未定

スレイヤーズREVOLUTION」テレビ東京系6局ネット
夏目友人帳」テレビ東京系
「ストライクウィッチーズ」チバテレビ他→『アニメスピリッツ』枠ならBS日テレ?
薬師寺涼子の怪奇事件簿」チバテレビ他→「D.C.IISS」の後番ならキッズステーション
セキレイ」チバテレビ、東京MXテレビ他
恋姫†無双」チバテレビ他
西洋骨董洋菓子店アンティーク〜」フジテレビ他『ノイタミナ』枠
魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜」テレビ朝日
乃木坂春香の秘密」読売テレビ、テレビ神奈川、チバテレビ、テレ玉他

■その他

テレパシー少女 蘭」NHK教育なのでほぼ全国カバー
「チョコレート・アンダーグラウンド」ネット配信なので地方関係無し

■局未定

「ワールド・デストラクション」

現状はこんな感じ。

> そういえば、アルトの髪色(青)とシェリルの髪色(黄〜オレンジ)を混ぜるとランカの髪色(緑)になりますね。☆(ゝω・)vキャピ

うわあ。な、なるほど。未来人説が当たりなら、物語の結末が読めてしまった気がするんですが。ブレラとランカは兄妹で、アルトシェリルの子孫(ランカがゼントランのクォーターだから、少なくとも2世代以上後の子孫で、ランカの祖父母の誰かがゼントランならOK?)とか?

2008-05-20

[]「マクロスF」第7話 「マクロスF」第7話を含むブックマーク

ほぼ全編を戦闘シーンとライブシーンの融合で送る、マクロスピードで突っ走った、痺れるようなエピソード。これが『ファースト・アタック』だと言うんだから、本当のクライマックスはどうなってしまうのやら。まあ、途中で尽き果てないよう祈るだけですが。もってけ〜♪とミサイル全弾発射シーンのシンクロ率は相変わらず異常。今回シェリルとランカのデュエットでお披露目された新曲の挿入歌も、戦闘シーンに於けるシチュエーションとの親和性が高くて素晴らしい。全機プラネットダンス、ケーニッヒ・モンスターの一斉掃射、そして、マクロス25強攻型へのシークエンス、そしてアクエリオン演出でぶっ放されるマクロスキャノン。出し惜しみの欠片も感じさせない大盤振る舞いなのだから、これで盛り上がらなければ嘘だ。シェリルの性格からして、ステージで泣き出したのは演出上の嘘泣きかと(笑)。アルトが言ってた“色々見せてる”全裸お着替え(ホログラムなので本人の裸じゃないっぽいけど)とか、ステージ裏でのツンデレ着替えとか、こんな密度の濃い話の中でもサービスを忘れないシェリルさん。ランカに語りかけたのはツッコミ不要のニュータイプ感応だとしても、アルトや新キャラ・ブレラに歌が届いたのは、やっぱりイヤリングのおかげ?サウンドブースターや、超空間共振水晶体のような超技術の結晶か?あのイヤリングが重要アイテムなのは間違いなさそうなので、それを親の形見として持ってるシェリルにも何かあるのか?ボドル・ザーミスター・ビルラーが付けてた指輪とも関係がありそうだし。でも、これでシェリルの出生にも秘密があったら、ランカの存在意義が喰われてしまうな。歌で覚醒したブレラは、ランカが唯一覚えていた歌をハーモニカで吹き、搭乗機体が、S.M.Sが所有する最新型『VF-25』より進化してる、現存しないはずのナンバリング『VF-27』になってる時点で、未来人?と言う予想に行き着いてしまうワケですが。もしかするとランカも、バジュラに攻撃された船団の生き残りではなく、バジュラと一緒に未来からやってきたとか?記憶を失ってるのだから、オズマが救えなかったらしいランカの家族や、オズマが引き取る前の身元調査もどこまで信じられる情報なのか怪しいしなあ。次回は、シェリル来訪、ランカ転入で大騒ぎの学園編?

[]「BLASSREITER」第7話 「BLASSREITER」第7話を含むブックマーク

コミック版のレインさんは飛ばしすぎだと思います(笑)。でも、今回登場した、白馬の王子様・ザーギンにはさすがにどん引きしたので、あれに比べたら、よっぽどレインさんの方がラスボスに相応しく思えてきた。あと、昨日発売したコミックス1巻には、アニメ用のスノウのキャラクター設定が掲載されてる。変身形態がかなりイメージ違うんで、あれならアニメ版に登場しても違和感なさそう。

横道に逸れてしまいましたが、本編は、ゲルト死亡に続き、まさかのヨハン自殺の鬱コンボで、遂にマレクのデモニアック化が確定。何かから偶然感染してしまうのかと思ったら、ベアトリスが薬を渡すのか。マレクが計画に含まれてるコマだった事を知っていて、ジョセフはマレクのことを気にしていたのか?でも、エレアはマレクのことをどうでも良さそうにしていて、街を出ることを促してたんだよね。アマンダは決して悪くはないんだけど、マレクが自分の気持ちはわからないと突き付けた通り、虐められてる人間の性格を理解できてないので、良い方に、良い方に、と、励ましてるつもりの発言が全て裏目に出てしまったな。学校のイメージを悪くしないために金で口止めする校長とか、妙に生々しくて陰惨な話になってきた。ジョセフはマリア像彫りすぎ。もしかして、あれがジョセフが精神を保って“堕ちる”のを防いでる方法?それにしても、これと言った伏線もなく、唐突にデモニアック化フラグが立ってるXAT隊長には思わず吹き出してしまったよ。感染源は、渡された風邪薬かな?まあ、ベアトリスの仕込みなんだろうさ。アマンダとヘルマンだけ残して、XAT全滅しそうな気配ですが。次回は、イジメグループにマレクが裁きを下しそうだ。

2008-05-19

竹箒日記チャンピオンREDをベタ褒めしてますが。今月号では、アレの皺まで描き込んであるスノウの特大ポスターとか、満員電車の舌技プレイでらメェ!とか、毛の生えてないプニマンにビンビンになった恥垢まみれの包茎チンポこすりつけて24時間フル稼働のキンタマでせっせと作り出した指でつまめるくらい濃ゆい生ザーメンどぴゅどぴゅしたいよーなどとのたまう小学生とか、顔に股間を押しつけおしっこを我慢するお姉ちゃんとか、かと思えばブロンド美少女の脳天を容赦なく撃ち抜いて殺してたり、と飛ばしまくり。色々な意味で今一番勢いがある月刊コミック誌だと思うよ。さすが秋田書店赤い核実験場。成人指定マークが付かないのが不思議だ(笑)。これは本当に少年誌なんだろか?

[]新生「電撃大王」8・9・10月号連続BIGプロジェクト! 新生「電撃大王」8・9・10月号連続BIGプロジェクト!を含むブックマーク

次号8月号より、6月27日発売に発売日変更。電撃コミックガオ!と同じ毎月27日発売に。まあ、元々電撃大王は電撃コミックガオ!の増刊だったから、ある意味元サヤ?新生号の表紙は「よつばと!

車輪の国、向日葵の少女」コミック版でもたった2ワードでとっつぁんに射殺されてしまったえりちゃんに合掌。

◎ポイント【1】ブ厚く!

超巨弾新連載投下によりページ数大増量!約900ページに!

●原作:アクアプラス、作画:阿倍野ちゃこWHITE ALBUMコミカライズ決定!

あの伝説のタイトルをコミカライズ。8月号よりプレ連載開始。

●原作:トミーテック、作画:MATSUDA98「鉄道むすめ」8月号より連載開始。

●原作:桜坂洋、作画:鶯神楽「さいたまチェーンソー少女」コミカライズ決定!

早川書房と電撃のコラボ!SFマガジン読者賞受賞短編がコミカライズ。8月号より連載開始。

●原作:倉田英之、作画:鳴子ハナハル、奇才×天才が奏でる美少女狂詩曲!衝撃新作、9月号より連載開始。

そのほか、約10作品もの新連載が続々スタート!

◎ポイント【2】お安く!

8・9・10月号3号連続豪華3大付録つき!

●8月号3大付録

1.オール描き下ろし!別冊付録「電撃4コマ大王」

2.「プロジェクトレヴォリューション」大王特製プロモカード「ケメコ

3.「灼眼のシャナ」下敷き

●9月号3大付録

1.「灼眼のシャナ」マスコットフィギュア付携帯ストラップ

2.「プロジェクトレヴォリューション」大王特製プロモカード

3.「ケメコデラックス」特大ポスター

●10月号3大付録

1.「とある魔術の禁書目録」小冊子「禁書目録」目録

2.「プロジェクトレヴォリューション」大王特製プロモカード

3.「とらドラ!」下敷き

ページ数が大幅に増えて付録が豪華になって、定価はプライスダウンの580円に!

◎ポイント【3】面白く!

森山大輔魔法少女といばら姫」8月号に登場!

五十嵐雄策×深山靖宙乃木坂春香の秘密アニメ化決定スペシャル版、8月号に登場!

・HOTにドキドキカラーコミック「ショートサマーバケーション」8・9・10月号3号連続企画!

第1回目のゲストはよし☆ヲ。

毎号、ゲスト読切や新たな仕掛けを続々投入。

さらに、誌上通販グッズも強化!8月号では、「よつばと!」綾瀬風香Tシャツ版/AMWロゴ編、「苺ましまろ」下敷き&バインダーを誌上通販。9月号では、ねんどろいど灼眼のシャナII」黒髪Ver.を誌上通販。

[]林家志弦はやて×ブレード電撃大王での連載休止&ウルトラジャンプに掲載誌移籍決定! 林家志弦「はやて×ブレード」電撃大王での連載休止&ウルトラジャンプに掲載誌移籍決定!を含むブックマーク

はやて×ブレード」の連載が、電撃大王2008年7月号で急遽休止。続きは、ウルトラジャンプ2008年9月号(8月19日発売)より再開予定。

[]「ドラゴンマガジン」2008年7月号情報! 「ドラゴンマガジン」2008年7月号情報!を含むブックマーク

鏡貴也×とよた瑣織「伝説の勇者の伝説コミカライズ決定!

作画担当は長蔵ヒロコ。ドラゴンエイジ2008年7月号に予告を掲載。7月9日発売の2008年8月号より本格連載開始。7月19日発売のドラゴンマガジン2008年9月号には、出張コミックを掲載予定。

・TVA「スレイヤーズREVOLUTION」続報!

放送局と放送開始日時は既報通り。それと、ゲストキャラ「卵を産め」の名セリフで有名なヌンサっぽいイキモノ「クッピー」役として、女優の加藤夏希が声優に挑戦。林原めぐみ×神坂一×あらいずみるいBig3対談も掲載。かれこれ数年前から水面下でアニメ化の話はあったとか、最初は今年の2月からアフレコだったはずが延期になってスケジュールがずれ込んでるとか、ナーガをちょい役でも良いから出したいとか色々。次号では、TVアニメに続いて、さらに重大発表あり!?

葵せきな×狗神煌「生徒会の一存」○○○化決定!?

生徒会の一存」がDM史上最速で次号表紙デビュー。杉崎鍵の妄想ラブハンターシャーペンが次号付録。特別出張企画○○○化の詳細も次号で発表(かもね!)

鋼殻のレギオスアニメ化の続報は無し。「ドラゴンマガジン」2008年9月号でギリギリまでネタだし予定。と言うか、今月号の短編でニーナが大変なことになってて吹いた。ピンクのワンピース、ウィッグで長髪、ぬいぐるみを抱いて、レイフォンと一緒にお風呂入るとか言い出すニーナ(笑)。「生徒会の一存」杉崎鍵の妄想ラブハンターシャーペン、「スレイヤーズTVアニメ放送記念紙相撲IN夏場所、「まぶらほ」描き下ろし2-B出席簿付きポスター、「伝説の勇者の伝説」暑中お見舞いポストカードセットの豪華4大付録で、次号は7月19日発売。

[]ALcot「ENGAGE LINKS -エンゲージ リンクス-」秋発売予定。 ALcot「ENGAGE LINKS -エンゲージ リンクス-」秋発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:宮蔵、空下元、時乃。原画:仁村有志、蒼魚真青。愛と剣劇のファンタジックADV。剣と魔法のファンタジー世界を舞台に、主人公とヒロインたちの青春を爽やかに描く。

[]戯画「さかあがりハリケーン 〜LET'S PILE UP OUR SCHOOL!〜」秋発売予定。 戯画「さかあがりハリケーン 〜LET'S PILE UP OUR SCHOOL!〜」秋発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:木緒なち、陸奥竜介。原画:ねこにゃん。嵐のように賑やかな学園生活を描いたトラブルまみれの青春群像劇

[]アーベルソフトウェアミステリート 〜アザーサイド・オブ・チャーチ〜」夏発売予定。 アーベルソフトウェア「ミステリート 〜アザーサイド・オブ・チャーチ〜」夏発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:非公開。原画:緒方剛志。マルチザッピング推理ADV。前作で登場した百合原玲を軸に、もう一つの事件を追うアナザーサイドストーリー。「探偵紳士」シリーズの過去作品のキャラクターたちがクロスオーバー

[]CODEPINK「皇涼子のBitchな1日」10月31日発売予定。 CODEPINK「皇涼子のBitchな1日」10月31日発売予定。を含むブックマーク

原画:キリヤマ太一。淫乱教師の奔放な1日を描く。エロに特化したストーリーと、エロに特化したシステムと、“ヌける”ことを追求した実用性が最大のウリ。物語は涼子の視点で進行。

[]CODEPINK「SEXFRIEND2」開発決定! CODEPINK「SEXFRIEND2」開発決定!を含むブックマーク

原画:キリヤマ太一。前作とは完全に別モノで、違うキャラでやることを考えている。発売時期は早くて2009年中。エッチシーンでのSLGパートは今回も入れるつもり。

[]ゆ〜かりそふと「ママぷりっ!?」夏発売予定。 ゆ〜かりそふと「ママぷりっ!?」夏発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:iio。原画:今井ハートブレイク。新ブランド・ゆ〜かりそふとは、一挙2作品発表の鮮烈デビュー。第1弾は、ママハハ候補とイチャイチャしちゃうADV。

[]ゆ〜かりそふと「ちゅうちゅうナース」秋発売予定。 ゆ〜かりそふと「ちゅうちゅうナース」秋発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:JUN、他。原画:さっぽろももこ。第2弾は、吸血鬼のナースたちと生死(精子?)をかけた入院エロライフADV。

[]TinkerBell某組「夢恋転生」8月発売予定。 TinkerBell某組「夢恋転生」8月発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:小峰久生。原画:ななせめるち。少女の身体を手に入れた少年の心の葛藤を描いた少し不思議なADV。

[]ふぇんりる「ツンデレヤンデレな幼馴染 小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム(仮)」夏発売予定。 ふぇんりる「ツンデレでヤンデレな幼馴染 小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム(仮)」夏発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:有梨つかさ。原画:江森美沙樹、せせやなう。主人公に関するちょっとした出来事で態度が180度変わる許婚とのラブラブだけどちょっぴり奇妙な青春ライフADV。

[]テリオス「はっぴぃプリンセス 〜Another Faiytale〜」7月25日発売予定。 テリオス「はっぴぃプリンセス 〜Another Faiytale〜」7月25日発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:狩野伊太朗。原画:横田守。「はっぴぃプリンセス」アナザーストリー集。新ヒロイン、ニキータ・マルテミヤノフが登場。全11編に及ぶパラレル物語を収録。要望の多かったプリンセスたちとの複数人プレイなども?!

[]XUSE聖なるかな スペシャルファンディスク」夏発売予定。 XUSE「聖なるかな スペシャルファンディスク」夏発売予定。を含むブックマーク

登場人物たちのその後を描く3章構成の外伝ADV「〜assort〜」と、永遠神剣シリーズに関するクイズゲーム「〜永遠神剣QUIZ〜」の2本立て仕様。

[]highsox「要!エプロン着用」夏発売予定。 highsox「要!エプロン着用」夏発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:文左衛門。原画:結城焔。新ブランド・highsoxのデビュー作は、家事手伝い同好会の活躍を描くコミカルADV。

[]祭企画「淫行おやじと少女」7月発売予定。 祭企画「淫行おやじと少女」7月発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:島崎一彦。原画:止田卓史。主人公の中年オヤジが少女たちに過激なイタズラをするADV。

[]ルクス・もーしょん「お姉さまの♂ 〜萌木深紅の受難!?〜」7月25日発売予定。 ルクス・もーしょん「お姉さまの♂ 〜萌木深紅の受難!?〜」7月25日発売予定。を含むブックマーク

シナリオ:三宅青色。原画:せんどりくん。お嬢様学園を舞台に、突然♂が生えちゃったお姉様のコミカルハーレムえろちっくアニメチックADV。

[]コンプリーツ「まままーじゃん」夏&「じゅーしぃエイジ(仮)」冬発売予定&オーサリングヘブン「みだらなマンション」制作中。 コンプリーツ「まままーじゃん」夏&「じゅーしぃエイジ(仮)」冬発売予定&オーサリングヘブン「みだらなマンション」制作中。を含むブックマーク

あと、TECH GIANとPUSH!!2008年7月号には、「リトルバスターズ!エクスタシー」来ヶ谷唯湖、神北小毬、笹瀬川佐々美3人のエッチシーンイベントCGも掲載されてます。PUSH!!には、小毬と佐々美がブラを取る前の差分CGも掲載されてるけど、唯湖のエッチシーンイベントCGはTECH GIANのみ掲載。

2008-05-17

[]TVA「スレイヤーズREVOLUTION」テレビ東京にて7月2日より毎週水曜深夜1時20分にて放送スタート! TVA「スレイヤーズREVOLUTION」テレビ東京にて7月2日より毎週水曜深夜1時20分にて放送スタート!を含むブックマーク

テレビ東京系他5局は順次放送開始予定。【富士見書房メールマガジン】PCドラゴンプレス[08.05.17]号より。

2008-05-14

本日夜、母方の祖父が他界しました。それに伴う諸々の為、土曜日まで更新休止となります。日曜日から更新再開の予定。

[]TVA「セキレイ」メインキャスト発表。 TVA「セキレイ」メインキャスト発表。を含むブックマーク

> 佐橋皆人:立花慎之介
> 結:早見沙織
> 月海:井上麻里奈
> 草野:花澤香菜
> 松:遠藤綾

ドラマCD版からの継続は主人公のみ。

[]「RD 潜脳調査室」第6話 「RD 潜脳調査室」第6話を含むブックマーク

その後どうなったのかは読者の想像に委ねる形を取ってる、最近話題になっていたラノベと言えば、「とある飛空士への追憶」が記憶に新しいですが。本編は、いつかはやるだろうと思っていた、ハルが50年も眠っていたことで起こりうる、それを待ち続けた人との切ない物語。電脳化社会だからこそ、アナログにスポットを当てると映える。まあ、久島のように全身義体化していれば今回のような悲恋を回避するのも容易な世界観なんだけど、沙織さんは、ハルが眠ったまま年老いていくのに、自分だけ若い姿のままと言うのは感情的に許せないし、例え眠っていても、ハルと一緒に年を重ねていきたかったと言うことだろうね。結婚もせずハルを待ち続けて、自分の跡継ぎも養子だって言うんだから、今どき恥ずかしくなるぐらい一途な女性だったようで。ミナモが電脳化してない生徒用の課題らしい読書感想文を書くために見つけた本は、読むと一番大事な人に手紙を書きたくなると言う仕立ての、当時のベストセラーだった。寄贈者の忘れ物として処理してしまった手紙が、前の所有者が書いた物だったことを知って、好奇心丸出し探偵ごっこを始めるミナモ。前回、おもいっきし人気ブランドのサングラスを持ってたのがバレてるくせに、流行物には手を出さないとか、どの口が言いやがりますか(笑)。しかし、本を受け取ったときのハルの表情で、ハルがその本の元所有者と絡んでることに気付くべきだったなあ。今回は、いつにも増して表情豊かなミナモが可愛かった。生け花の授業中に船漕いでるのとか、ヘソ出しパジャマ姿の仕草が妙に性的なのはさておき、最後のシーンでハルに手紙を渡すときと、泣き崩れるときの表情が素晴らしすぎる。ミナモのお婆ちゃんは、ラブレターを出すような大事な人はミナモにはまだいないと踏んで、まだ早いと言ったんだろうけど、さすがにジジ専は想定外だったか(笑)。でも、ソウタは動揺しすぎだろ。このシスコンめ。次回は電脳犬?飼い主と飼い犬の精神が入れ替わる定番ネタかな?

2008-05-12

[]「チャンピオンRED」7月号内容紹介&8月号予告&「チャンピオンREDいちご」VOL.8内容紹介! 「チャンピオンRED」7月号内容紹介&8月号予告&「チャンピオンREDいちご」VOL.8内容紹介!を含むブックマーク

☆7月号(5月19日(月)発売)特別定価580円(税込)

●表紙「聖闘士星矢エピソードG」他

 熱い小宇宙全開! アニメ化作品も全開!!

●超豪華スペシャル付録!!

 永久保存版! TVアニメW(ダブル)描き下ろしグラビアポスター!!

 「鉄のラインバレル」&「BLASSREITER

 両作品ヒロインの魅惑的なポーズを君の部屋に♪ 「ブラスレイター」はキャラクター原案Niθ氏のイラストです!!

●愛と恫喝の新連載センターカラー!!
 原作:「ちょこッとSister」の雑破 業
 漫画:「低俗霊DAYDREAM」の目黒三吉
 実力派コンビが贈る服従系ラブコメディ!?
 突如拉致られ、目覚めた所は大豪邸!幼馴染みとの運命の再会は、奴隷の日々の始まりだった…!?
 「どみなのド!」

●激闘開始! 迫力の巻頭カラー!! 霊獣・火焔は遂に桐姫と白雪のもとに…!!
 「学園創世猫天!」
 岩原裕二

●話題沸騰! 新連載第2回!! バトリング大会に出場したレッカ。そこに仕掛けられたワナとは!?
 「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」
 原作:矢立肇高橋良輔 漫画:杉村麦太

TVアニメ 絶賛放送中!! 単行本第1巻発売記念センターカラー!!
 ミィとの頭脳戦で追い詰められるスノウ…!!
 「BLASSREITER-genetic-」
 原作:GONZO×ニトロプラス 脚本:キムラノボル 漫画:廣瀬周

アニメ 大好評配信中!!
 ペンギン、初めてのアルバイト!! …もう大変!?
 「ペンギン娘MAX」
 高橋てつや

●驚愕のTVアニメ 今秋放送予定!!
 記憶が戻った城崎。一方、浩一が遭遇した謎の少女は…!?
 「鉄のラインバレル
 清水栄一×下口智裕

☆次号8月号(6月19日(木)発売)特別定価580円(税込)

●豪華スペシャル付録!! またまたREDがやります!!
 「アリスの100℃C チェンジングうちわ」
 フィギュアに続き、今度はうちわがチェンジングゥ〜!
 パタパタあおぐとセーラー服が大変なことに♪

●巨弾前後編83ページ! 2号連続掲載!! 注目のセンターカラー!
 原作:倉田英之 漫画:たもりただぢ
 実力派コンビが贈る西部劇ファンタジー!伝奇アクションの新次元がここに!!
 「シザーマン - scissor-man -」

●表紙でセクシー!
 「聖痕のクェイサー
 原作:吉野弘幸 漫画:佐藤健悦

●大人気! 迫力の巻頭カラー!!
 「ちぇんじ123」
 原作:坂口いく 漫画:岩澤紫麗

●きゅんきゅんセンターカラー!
 「アリスの100℃C」
 中嶋ちずな

●話題沸騰! 新連載第2回!!
 「装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES」
 原作:矢立肇高橋良輔 漫画:杉村麦太

●話題集中! 2大アニメ化作品!!
 「ペンギン娘MAX」高橋てつや
 &
 「BLASSREITER-genetic-」原作:GONZO×ニトロプラス 脚本:キムラノボル 漫画:廣瀬周

●話題のアニメアフレコ現場に突撃!
 「ペンギン娘はぁとアフレコれぽーと♪
 井冬良

●驚愕のTVアニメ 今秋放送予定!!
 「鉄のラインバレル
 清水栄一×下口智裕

チャンピオンREDいちご VOL.8(6月5日(木)発売)特別定価750円(税込)

●スペシャル付録! 新たな萌えグッズ登場!!
 いちご特製「スク水ホルダー」
 あなたのiPodや携帯が萌えアイテムに!?
 とってもキュートなスクール水着型の布製ホルダーが付いてくる♪

●スペシャル付録 第2弾!
 いちごならではのギリギリポーズ♪
 大人気ゲームソフト魔界天使ジブリール」オフィシャルイラスト&「キミキス」描き下ろし特大ポスター!

●初登場 巻頭カラー!!
 月刊少年チャンピオン連載「プリプリ」が大人気の千明太郎 登場!!
 「戦国学園 信美ちゃん」

●RED本誌から出張!! TVアニメ化決定で人気もさらに上昇中♪
 「鉄のラインバレル番外編 天才美少女科学者レイチェルちゃん」
 清水栄一×下口智裕

●2大美少女ゲームの独占コミカライズ、絶好調!!
 「Pia キャロットへようこそ!!G.P.」
 脚本:みささぎらん 漫画:宇佐美渉 原作:FC-G/G.P.製作委員会
 &
 「魔界天使ジブリール」漫画:蒼一郎 原作:フロントウイング

●見逃すな! 恋と青春のクライマックス♪
 「キミキス-スウィートリップス-」
 漫画:糸杉柾宏 原作:エンターブレイン

アニメも話題沸騰!
 「ペンギン娘
 高橋てつや

●人気作家 初登場!!
 「百合星人ナオコさん」のKashmir
 「ロリコン・フェニックス」の松林悟

●ほか、注目作家大集合!

 みづきたけひと佐藤健悦×吉野弘幸×樋口達人×駒都えーじ・おりもとみまな
 カイシンシしぐにゃん・FLIPFLOPs・青本もあ・tenkla・他、豪華執筆陣!!

☆5月20日(火)発売のコミックス

●「聖闘士星矢エピソードG」第0巻/880円

 原作:車田正美 漫画:岡田芽武

●「聖闘士星矢エピソードG」第14巻/580円

 原作:車田正美 漫画:岡田芽武

●「聖闘士星矢エピソードG」第14巻 初回限定特装版/1155円

 原作:車田正美 漫画:岡田芽武

●「BLASSREITER-genetic-」第1巻/580円

 原作:GONZO×ニトロプラス 脚本:キムラノボル 漫画:廣瀬周

●「猫神やおよろず」第1巻/580円

 漫画:FLIPFLOPs

☆6月20日(金)発売のコミックス

●「学園創世 猫天!」第4巻/580円

 漫画:岩原裕二

●「ベクター・ケースファイル」第4巻/580円

 原作:藤見泰高 漫画:カミムラ晋作

●「メイド いん ジャパン」第1巻/580円

 漫画:おりもとみまな

●「おとまりHONEY」第1巻/580円

 漫画:みづきたけひと

☆7月18日(金)発売のコミックス

●「聖痕のクェイサー」第5巻/580円

 原作:吉野弘幸 漫画:佐藤健悦

●「フランケン・ふらん」第2巻/580円

 漫画:木々津克久

●「どきどき魔女神判!」第2巻/580円

 漫画:八神健

●「突攻! メイドサンダー」第3巻/580円

 漫画:やぎさわ景一

●「キミキス -スウィートリップス-」第2巻/580円

 原作:エンターブレイン 漫画:糸杉柾宏


[]「マクロスF」第6話 「マクロスF」第6話を含むブックマーク

『バイバイ・シェリル』と言うサブタイトルに反して、フロンティアを離れ、戦場へと飛び立っていくのはシェリルではなくアルトだった。『ダイアモンド クレバス』を歌うシェリルのライブに合わせてマクロスクォーターが発進、そのまま二番の歌詞でエンディングに雪崩れ込む演出は、まるで最終決戦に赴くクライマックスのような盛り上がりだ。シェリルが拘っていたイヤリングは母親の形見。嫌いだったけど自分の帰る場所はギャラクシーだからと幸運のお守りを貸すシェリルと、空のない移民船は嫌いだけどパイロットだから戦うことを避けたりはしないアルトシェリルがイヤリングをアルトに預けたのは、アルトに生きて帰って欲しいと言う願いと同時に、立場の違いから容易に会えない2人が、再び会う理由を作る為の口実でもあるんだろうね。アルトシェリルの関係に思い悩み、シェリルのさよならライブに出遅れたランカの姿は、恋愛の駆け引きにも出遅れた事への隠喩になってるようにも見える。アルトシェリルとデートしたことをランカに隠した事は、それが嘘だと知ってるランカにとっても、今後ランカと接するアルトにとっても痛いな。悩み抜いた末、ランカをアイドルの道に進むことを認めたオズマの真意は、平和が長く続かないことを知っていた上で、最初で最後のワガママを許した形に近い為、激しく死亡フラグを立てた感が。キャシーがマクロスクォーターに配属されたのは、単に損な役を押し付けられただけではなく、何かしら別の意図があると見た方が良い?ところで、マクロスクォーターはいかにも人型変形しそうなデザインだけど、マクロスクォーターの強攻型がオープニングのラストカットに登場してる機体?それとも、もっと別の戦艦が出てくる?今回でコミック版の内容に追い付いたので、次回からは予備知識ゼロになって展開が完全に読めなくなるから、待ち遠しさが増します。アルトが命の選択を迫られると言うぐらいだから、どちらかを助けるとどちらかが死ぬ、二兎追うものは〜的な状況に追い込まれるんだろうか?

[]「かのこん」第6話 「かのこん」第6話を含むブックマーク

脂身自重吹いた。まあ、その通り過ぎるワケですが。そんなこんなで、前回のシリアスなんて綺麗サッパリ忘れて、いつものエロスモード全開に復帰。唐突にお正月。そして、お正月と言えば姫初め。姫初めと言えば足コキ……って、足コキ!?さすが変態カップル、マニアックプレイのチョイスも素晴らしいですね。足コキ、帯回し、強制エロすごろく、リンゴ飴フェラ、綿アメ口移し、フランクフルトフェラ等々、正月早々罰が当たりそうなぐらいの畳み掛けるようなエロス攻勢。だけど、どこか一歩踏み込み切れてないと言うか、中途半端感が否めなかったなあ。早くもマンネリっぽくなってしまってると言うのもあるけど、耕太とちずるのプレイを、誰かが絶妙なタイミングで邪魔するパターンのせいで、凡庸な寸止めアニメとあまり差別化出来てない感じ。更なる奮闘に期待。次回こそは、『玉ノ湯』編のアレンジエピソード?原作では、あまえんぼさん、おっぱいチュウチュウ、初の射精描写と、耕太が限界突破した栄えあるエピソードなんだけど、アニメ版ではどこまでいけるか?とりあえず、公式サイトのアダルトバージョンスクリーンショットから、あまえんぼさんがあるのは確定っぽいですが。

[]「BLASSREITER」第6話 「BLASSREITER」第6話を含むブックマーク

ゲルトオオオオ!!!!こんなに早く主人公を退場させてどうするんだぜ…?いやまあ、本当の主人公はジョセフなのはわかってるけど、ライバルキャラっぽくバトルしてるオープニングとか、今までの優遇っぷりを見てると、てっきり、しばらくはダブル主人公体制のように進行するのかと思ってたのに。ゲルトは心まで無くしていたわけではなく、周りの物が全てデモニアックに見える現象に襲われて錯乱していたのか。恐怖心を抑えてるのかと問われて、ジョセフは何も答えてなかったけど、ジョセフの心が強いのか、それともジョセフそのものが他のデモニアックと違うから変身を制御してる方法も違うのかは、まだハッキリせず。ヘルマンのデモニアックになるわけがない発言は、むしろデモニアック化フラグとしか思えません。自分が信じていたゲルトの心の弱さを知って失望したマレクは、デモニアック化する前から堕ちる兆候が…。これで、ゲルトの物語から、マレクの物語にシフトするんだな。ところで、ヨハンはいくら勇気がないからって、アマンダ姉ちゃんにエロゲ渡しちゃだめだぞ(笑)。もしアマンダがこっそりプレイしたらどうするんだ。アマンダとマレクは血が繋がってなかったのか。実は義姉ちゃんと同棲してたとか、リアルにエロゲ生活な境遇だったのかよ、マレク。アマンダも、そんなところに自分の≪おっぱい自己主張しすぎ≫白ビキニ写真を飾っておくのは無防備すぎます。健常な男の子だったら性欲を持て余す。それにしても、アマンダは、どんな経緯があってマレクを引き取ることになったんだろう?

2008-05-09

ガンガン来月号で「屍姫」と「とある魔術の禁書目録」に重大発表あり。

とある魔術の禁書目録」は、前々から噂されていたし、電撃文庫のメルマガでも創刊15周年フェアの前に、「とらドラ!」に続くアニメ化発表があると書かれてたので、アニメ化でほぼ確定?

屍姫」の方は、1つの原作を2つのアニメーション制作会社が制作する「双恋」「みなみけ」方式で、1クール目はGAINAX制作、2クール目はfeel.制作。シリーズ構成は2クール通じて會川昇放送局UHF系、ストーリーはほぼアニメオリジナルになるとか?

[]MS PICTURES「少女セクト 〜Innocent Lovers〜」アニメ化決定! MS PICTURES「少女セクト 〜Innocent Lovers〜」アニメ化決定!を含むブックマーク

> 内藤桃子柚木かなめ
> 狛井千鶴:山崎かえで
> 藩田思信:北都南
> 隼砥教子:北条明日香
> 燕条寺真弥:波奈束風景
> 大神小百合:海原エレナ
> 諏訪部麒麟:宮下愛
> 篠宮茜:遠野そよぎ
> 狛井時雨:松田理沙

公式告知出ました。ミルキーレーベルより、7月25日発売予定。桃子役は西園寺世界の中の人ですか。言葉様@遠野そよぎも共演。

[]グッズトレイン「おたくの娘さん」(月刊ドラゴンエイジ連載)がドラマCD化! グッズトレイン「おたくの娘さん」(月刊ドラゴンエイジ連載)がドラマCD化!を含むブックマーク

マンガCM動画、CMボイス、試聴版、初回封入特典、キャスト、内容、ストーリー、収録トラック等を公開中。管理人さんに、“あの”管理人さんの中の人を起用してて笑った。

[]「図書館戦争」第5話 「図書館戦争」第5話を含むブックマーク

郁が女性初のライブラリータスクフォースなら、前回の事件の活躍抜きで、とっくにニュースに取り上げられてる気がするんですが……?表現の規制が本限定と言うのもおかしいので、メディア良化法の施行で、検閲された書物以外全てのメディアが人間社会から消滅してるのか?図書隊員になったことを知らない郁の両親が来訪。バレると連れ戻される可能性があるため、必至に誤魔化そうと奮闘する話。両親は、図書館に就職した事自体は知ってるけど、戦闘員として働いてる事だけ知らないのね。父親は、母親が例の記事が掲載されてる本を取ろうとするところを妨害してる郁に手助けする感じで横槍を入れたときに既に事情を察していて、郁を試してであることは察しが付いたんですが、結局、心配性の母親は真実を知らないまま説得させられたのか。郁は、通常の図書館業務が疎かだと怒られて以来、そっちも努力してたと思ってたんだけど、やっぱり褒められるほど成長はしてないんだ。とりあえず、この作品はドンパチやってるよりも、柴崎にからかわれてる郁のリアクションを見てた方が面白いことはわかった(笑)。

[]「紅」第6話 「紅」第6話を含むブックマーク

劇団・五月雨荘による音痴ミュージカル「紅」開演!!公式日記で大自信作と豪語した回がどれほどのものかと思ったら、脚本・絵コンテ・演出を松尾監督自ら担当し、「RED GARDEN」の時はやりたくてもやれず、オモシロCMだけで消化不良だった事を、本編でやってしまったと言う、まさに松尾監督の集大成とも言える暴走回でした。原作のキャラを破壊しまくっていて、フリーダムすぎる(笑)。特に夕乃さんのヨゴレっぷりには、あれ、目から汗が…。物語の本筋から完全に浮いてる番外編なんだけど、五月雨荘住人との掛け合いを含めた日常描写が面白いので、ずっとこのままでも良い気がするよ。ナチュラルにミュージカルに移行したところも吹いたけど、そのまま全員でアドリブミュージカル始めたところも凄かったなあ。キャラ同士の会話の被せ方や、絶妙なツッコミのタイミングなどはプレスコの本領発揮だな。そこに後から動きを付けてるから、ミュージカル部分のセリフと映像の融和性が神懸かってる。こんなアホな内容に最高の技術を注ぎ込んでるのがたまらん(笑)。結局、紫の思い出作りの手伝いとして紅香さんが粋な計らいをしただけだったらしいけど、仕掛けた本人さえ唖然とするほどノリノリでミュージカルしてるあんたら最高だ。同じ松尾監督のアニメ版「夜桜四重奏」でも、ツンツンデレツン♪な町歌を、ミュージカルでやらかしそう。

2008-05-07

らき☆すたOVAは今夏発売予定だそうで。「CLANNAD 〜AFTER STORY〜」より先でしたか。

スレイヤーズREVOLUTION」は、7月よりテレビ東京系深夜枠にて放送開始予定。ガウリイの光の剣の代わりを探す旅から始まる、原作第2部をベースにしたオリジナルストーリーなのは確定の模様。でも、ルークとミリーナが登場するかどうかは不明。シルフィールとフィルさんの登場は確定。あと、謎のマスコットキャラ・ポコタってなんだよ(笑)。

[]エルフ「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」 エルフ「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」を含むブックマーク

タイトルでかなり損をしてる作品だと思う。最後までプレイして、タイトルに込められたメッセージが香織視点で物語を見た場合の【香織の生きざま】を指し示したものであると気付いた時は溜飲が下がる思いでしたが、自分もプレイ前は、鬼畜系のヤリゲーだろうと言う先入観を持ってましたからね。実際は《キャラデザ的に昨今のいわゆる萌えゲーユーザー層へのアピール力が弱いのが勿体ないと感じるほど》河原崎家とか野々村病院とかエルフ全盛期を彷彿とさせる良質のサスペンスドラマでした。本当にキツイのは、ヒロイン総輪姦主人公死亡の全員バッドエンド1本ぐらいで、他にタイトルから想起するようなシーンは片手で数えられるほどしかありません。そっちに期待してた人だとガッカリするかも。シナリオは基本的に1本道、本当のハッピーエンドは沙耶エンドのみ、乙葉エンドはハッピーと言うよりノーマルエンドに近く、香織エンドは主人公が真相を知らないままなので“ある意味”ハッピーエンド、由紀エンドは物語の舞台から途中退場して国内旅行してるバッドエンド扱いのみ。沙耶を好きになれるかどうかが作品を楽しむ為の核になってしまうんですが、個人的には無問題。沙耶が良い女すぎて惚れる。沙耶の性格は何と言ったら的確なんだろう?うーん、スーパーツンデレ?沙耶が主人公を拒絶してる言葉のほとんどは思ってる事の裏返しであって、何だかんだで主人公の言うことは聞くわ、嫉妬心を逆撫でしそうなこと(ペアの湯飲みの件とか)は先回りして答えるわ、主人公以外の男とは鳥肌が立って吐き気がしてキスすら出来ないわ、主人公以外の男に肌を晒したくないからプールの付き添いでも水着姿をタオルで全身隠してるわ、…等々、沙耶の本心を知った上で、最初からプレイし直すと、沙耶の態度の全てが可愛く見えるから困る(笑)。SEXシーンでこれほど考えさせられるエロゲーも珍しい。最中のセリフにも重要なのが多いし。あと、沙耶との月下での初キスシーンは文句なしに名シーン。ゲームが終わった後に欲しくなる!?沙耶さんフィギュアの煽り文句は正しかった。松太郎は由紀のミニスカ姿に欲情して強要するとか変態な部分はあるけど、基本的には単なる神経質堅物オヤジだったので、沙耶エンドで唯一助からなかったのが少し哀れだ。一番不憫だったヒロインは由紀かな?『媚肉の香織』ルートで、香織に唆されて由紀が望んだささやかな幸せでさえ、結果的には香織の策略にハマった形で松太郎を殺してしまう乙葉ルートでも、服役中の拓也に献身的に尽くして、出所した後に結ばれる役は、由紀ではなく乙葉に奪われてるわけだし。そう考えると、後味が良いとは言い切れない乙葉ルートが持つ意味も重い。『媚肉の香織』ルートで、あれほど用意周到に計画を練っていたのに、沙耶を眼中に入れてない香織の行動は滑稽に映ったなあ。邪悪ヒロイン香織さんは、くっつかない限り、ハーレム作品にありがちな、自分が一番じゃないと許せない高飛車お嬢様キャラだと思った。くっついたら、骨までしゃぶり尽くされた後で毒盛られて殺されるけどな(笑)。少なくとも、まだエルフは死んでなかった、と思わせるだけの力は持ってる作品だったんじゃないかな?

> >キャラデザ的に昨今のいわゆる萌えゲーユーザー層へのアピール力が弱い
> そんなアピールいりません。
> エルフが凋落したのは時代の流れを読めずに棲み分けが出来なかったからで。
> こういうアピールがいるとか勘違いしてると確実に消えるでしょうね。消したいのなら別に構いませんが(笑)

リアル風のキャラデザと手に取りにくいタイトルは昨今の大半のエロゲーユーザー層が求めてる方向性にマッチしてるとは言い難く、せっかく出来が良いのに、話題を共有できるユーザー数が少ないのが残念なので、自分が感想に書いたのは、アピールしろと言ってるわけではなくて、例えば、このヤリゲーっぽいタイトルをもう少しマイルドなものにして、りんしん原画とかだったら、もっと売れたか話題になったんじゃないかと言う仮定の話。一度でもプレイしてしまった後では、ヒロイン達のキャラデザ萌えキャラに変わったのを想像したら確かに嫌ですけど…。

> まさかエルフ作品のレビューを見れる日が来るとは・・・。
> というかこれメインヒロイン主人公の彼女だと思って買う人が絶対出ますよねw

由紀スキーで買ってしまった人には、ご愁傷様としか。元々、自分はファンクラブ歴10年超のエルフ信者だったし、この雑記でも、3年ぐらい前に一時期「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の話題で持ちきりだった時がありました。未だに自分の中では、「YU-NO」がAVGの到達点だと思っていて、初攻略時の達成感を越える作品に出会ってないからなあ。にも関わらず、エルフ作品について最近言及してるのが、「下級生2」と「媚肉の香り」ぐらいなのは、それだけエルフの落ちっぷりを示してるというか。

[]「RD 潜脳調査室」第5話 「RD 潜脳調査室」第5話を含むブックマーク

ホロンが使用しているブランドもののメガネ『スーマラン』を気に入って、ハルの為に探し回ってようやく入手したミナモが、そのサングラスにこだわってる暴走したターミネーターもどきに追いかけ回される話。暴走したアイアンシュバルツは、メタルアバターが実体化したわけではなく、現実と虚構の区別が付かなくなった青年がアンドロイドにアイアンシュバルツのデータを違法コピーして生まれたモノらしい。また「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」とネタが被ってるな。無関係な人々が次々に襲撃されていく凄惨な事件なのに、ミナモとの追いかけっこが妙にコメディ調で描かれていて激しくシュールなエピソードだ。不謹慎なんだけど、アイアンシュバルツが倒した相手の関節を律儀に外してるシーンもギャグみたいに見えたし(笑)。ミナモの直感回避は凄すぎだろ。最強の格闘アバターの攻めを回避するだけでなく、取られたサングラスを奪い返すなんて。まあ、1話から色々と走り回ってるし、運動能力は悪くないんだろうが。アンティーク喫茶店での友達とのやり取りは相変わらず微笑ましくて良い。コロコロ表情が変わるミナモが可愛すぎるんですが。一方、ソウタはホロンに負けたのが悔しくて大人げない行動に出そうになったものの、それをホロンのAIは男性からのお誘いと解釈したので和んでた。男性に快適さを与える体型とか、任務に差し支えない限り男性からの誘いを断らない設定のAIとか、なんだその、男性用セクサロイドとしか思えない狙ったようなスペックは(笑)。ホロンがあっさりやられたのに、ソウタが粘ったのは違和感が。ホロンとの格闘技談義がどこかに生かされてたようにも見えなかったし。メタルの格闘番組実況とリアルがシンクロしてたのは面白かったけど。ミナモはハルのサングラス姿を妄想してニヤけてるわ、ハルと楽しそうな妹を見てソウタは複雑な表情してるわ、本当に超年の差カップル方向へ進んでいくんだろうか?最後にハルが自分の昔の持ち物から出てきたと言って『スーマラン』をミナモにプレゼントしたけど、それを言葉通りに受け取って良いのか、それともミナモに似合うだろうと妄想して、こっそり例のオークションで競り落としたのか?本物じゃなくてレプリカってところが偶然にしては出来すぎだしね。

2008-05-05

[]美水かがみらき☆すたOVA化決定! 美水かがみ「らき☆すた」OVA化決定!を含むブックマーク

ゲーマーズ・アニブロゲーマーズにて配布中の「フロムゲーマーズCOOL」に掲載されているコンプティーク2008年6月号の広告より。詳細は、今月10日発売の同誌にて。先月号のコンプエースで匂わせてた重大発表はOVA化でしたか。京アニは、今秋から「CLANNAD AFTER STORY」、「らき☆すた OVA」がその次で、「涼宮ハルヒの憂鬱アニメーション」は2009年以降?涼宮ハルヒ二期は、コピーライト表記に2009年が入ってるぐらいだから、そこまで最初から想定したスケジュールで進行してるんだろうし。


休日だと逆に感想を書く時間が取れなくて、遅延&縮小更新中...

[]「マクロスF」第5話 「マクロスF」第5話を含むブックマーク

アルトは、イヤリングを探しに来たシェリルフロンティアを案内するエスコートを命じられて、いつの間にかデートに。ミス・マクロスに出場したことがお嬢様学校と兄にバレたランカは、停学になってオズマともケンカして、認めてくれるまで家出してアルトを探し歩く。そして、双方がニアミスしつつ、最後にクロスする構成。その裏側では、同時進行で、軍のお偉いさん達が集まってバジュラに関する会議を開いてたりする。エアロックに閉じ込められた時もちょっと覗かせてたけど、プライベートモードになって、ますます小悪魔的なシェリルさんの魅力全開ですね。2人がロッカーに閉じ込められてる時のモブ娘たちの会話と、シェリルに彼女はいないと答えてたアルトの心理を併せて読むと興味深い。ランカ→アルトシェリルのメイン3人に加えて、ルカ→ナナセ→ミハエル→クラン?ランカ?、オズマ・キャシー・レオンの関係にも注目なのかな?初代マクロスを踏襲するなら、既に自立してるシェリルが恋を知ってアルトと結ばれて、アルトに依存してるランカが恋を捨てて世界を救うために歌を選ぶ結末になりそうだけど。バジュラは知能を持たず、誰かに操られてる可能性が高い生体兵器?ランカの歌声は、その操作系に影響を与えてる?ランカ自身が、そのバジュラを生み出した種族と関わりがあるのかどうかはわからないけど、人類でもゼントラーディでも無い別の種族がバジュラを操ってるのだとしたら、やっぱり、オープニングの最後に出てるあの謎キャラがそれに該当するのかなあ?シェリルとのデートがそのままフロンティアの世界観描写になっていて、特に、人類の文化に影響を受けまくったゼントラーディの生活区画の様子は面白かった。シェリルアルトの頬にキスするシーンを目撃したランカが呟いた“嘘…”は、憧れてたシェリルと、少なくとも好意を寄せてるアルトがそんな仲になってることに対する驚き?それとも、単純に嫉妬?ギャラクシーに戻る前のさよならライブまでにイヤリングを届ける約束をしたところで、今度はそのギャラクシーがバジュラの襲撃を受けてるSOSが届くと言う緊迫した引きで次回へ。シェリルが帰るべき進路を塞いで、その障害をアルトが初陣で蹴散らしに行く、堅実なフラグ立て王道展開ですな。

[]「かのこん」第5話 「かのこん」第5話を含むブックマーク

朔に禁欲の腕輪をはめられてしまい、距離を置くことになってしまう2人。そんな朔のやり方に望が異論を唱えるんだけど、兄を信じろの一言で取り付く島のない朔。2人の仲を逆に進展させようとか、望にとっても悪い話じゃない思惑があったりとか、そんなこともなく、ちずるを自分の女にしようと寝取る気満々な朔と、その裏で糸を引いてる誰かがいましたよと言う話。あれぇ〜?シリアス全面カットで突き進んでくれるのかと思ってたのに、結局微妙なシリアス展開に入ってしまうのか?エロスも、朔にあっさり返り討ちにされて裸に剥かれてるちずるぐらいだし。禁欲生活を強いられた反動で若さが暴発する2人とか、そっちに力を入れて欲しいのに。今回、最後にちょこっと出てきた美乃里にしても、『葛の葉』として暗躍してる嫌キャラ設定はカットして、単なる腹黒妹キャラとして登場してくれた方が需要ありそうなのになあ。次回は『玉ノ湯』編?

[]「BLASSREITER」第5話 「BLASSREITER」第5話を含むブックマーク

復讐鬼となって舞い戻ってきたゲルトが、デモニアック化したジルを、マスコミのカメラが捉える中で、メッタ刺し。それをテレビを通じて見るジョセフは、悲しんでいると言う。理性が残っていて、あくまでジルがターゲットならまだ救いはあったのに、暴走したままマスコミのヘリまで墜としてしまったのは痛いな。これで、なんと取り繕っても後戻りは出来なくなっただろうし。ヘルマンの言葉で止まったゲルトを見て、心まで悪魔になってしまったワケではないのではないかと考えるようになるアマンダ。ジョセフはマレクに隠れ家(?)に運ばれて介抱されていたので、アマンダとの接触はまだ無し。ゲルトの末路を見届けて、生きたままデモニアックした存在がどういうものなのか、もう一度考えを改めてからでないと、ジョセフとアマンダが接触するのは危険かな?ジョセフの出血は止まってたので、マレクに感染はしてない…と思わせて実は!?のパターンだろうか?次回は、ゲルトの物語に決着?ゲルトとヘルマンが一緒だったり、マレクとゲルトが出会っていたり、救われそうな予感を匂わせてるのは多分ブラフだよね?

[]「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」第4話 「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」第4話を含むブックマーク

ミミは、時竺の実で不老不死になった時まだ男を知らなかったので、今の体で男と寝ると毎回処女膜再生で抱かれる度に大変なことになるので、百合プレイにハマってしまったんですよね、わかります。前の女情報屋は燐好きだったようだけど、跡を継いだ方はミミ好きのようで。仮想世界が2.0、現実世界が1.0、ヴァーチャルとリアルの狭間のネット廃人状態が1.5で、震災が起こって荒廃し、1.5が蔓延する世界。そこで、前埜の息子・輝紀がヴァーチャルセックスしていた相手に、現実世界で会わないか?と誘った女の子は、1.0の誰かがアバターとして使用していた瑠音ではなく、オリジナルの瑠音だったので1.0に来ることは絶対に不可能だったはずが、サイボーグ技術と成長型知能の組み合わせで瑠音を復活させようとしていた神山の凶行を逆に利用されて1.0に来てしまうと言う、ヴァーチャルな存在がリアルに反逆する話。つい最近、似たようなテーマのエピソードを「RD 潜脳調査室」で見たような気がする。死亡フラグ立てまくってたとはいえ、たもっちゃんの最期は切ねえ…。燐たちが関わった人たちが徐々に去っていくのは寂しいね。ゲンタは犬にしては長生きすぎるだろと思ってたら、不死身犬だったのか。と言うか、メスだったことに驚き。燐が電話してるおじさまは、天使の羽が生えてたっぽいけど、短命のはずの天使が長生きしてるのもおかしいから、今までに出てきた天使とは別モノ?ミミの死亡描写は初?燐は爆死とプロペラでミンチと、死に方が更にエグく。でも、どんな死に方しても、どうせ復活するだろうと言う先入観が入ってしまうから、緊張感がないんだよなあ。しかも、物語的に燐を死なせる必要性を盛り込むと、どうしても燐が弱すぎに見えてしまうのも欠点だ。次回は輝紀の娘が登場?光輝の時と違って、嫁になりそうなキャラがいないけど。何の繋がりもないキャラが母親になってても面白味に欠けるから、たもっちゃんか神山の血筋の誰かとか?

2008-05-02

電撃文庫メルマガに、創刊15周年フェアが近づく頃、「とらドラ!」に続くアニメ化作品の発表があると書かれてるけど、秋にはお待ちかねとか、思わせぶりなことも書いてあるし、もう前々から噂されてる「とある魔術の禁書目録」がついに?としか思いつかないな。

[]TVA「かんなぎ」キャスト発表! TVA「かんなぎ」キャスト発表!を含むブックマーク

> ナギ戸松遥
> 御厨仁:下野紘
> 青葉つぐみ:沢城みゆき
> ざんげちゃん:花澤香菜
> 響大鉄:星野貴紀
> 秋葉巡:柿原徹也
> 木村貴子:早水リサ
> 大河内紫乃:中原麻衣

コミックREX 2008年6月号より。

[]アクアプラス「ティアーズ・トゥ・ティアラ」プロモーションムービー公開! アクアプラス「ティアーズ・トゥ・ティアラ」プロモーションムービー公開!を含むブックマーク

PS3ゲーム版の方は発売日も決定して、情報が出てくるようになったけど、TVアニメ版の方は続報がないな。WHITE FOX公式サイトによると、シナリオは残り3本になったらしい。WHITE FOXが掲げてる会社方針通りなら、放送開始は年内(今秋?)で、最低2クール以上なのは確定だろうけど。

そんなTVアニメ版「Tears To Tiara」第3話の原画も請けてるらしい某スタジオの仕事履歴に、「かのこん」第15話の表記があるのが気になる。分割2クール方式なんだろうか?

[]OVA「少女セクト」第1巻、7月24日発売! OVA「少女セクト」第1巻、7月24日発売!を含むブックマーク

Amazonで予約受付開始してました。パッケージ画像も公開中。普通に18禁だったようで。7月発売なら、今月下旬には、MS PICTURES公式サイトに紹介ページが出来るかな?

[]「図書館戦争」第4話 「図書館戦争」第4話を含むブックマーク

図書隊も、良化隊も、定められたルールの上で戦争をしてるようなので、どうしてもサバゲーっぽさが抜けないのは仕方ないとしても、どちらにも属してない怪しい組織が出てきたことで、今までのぬるま湯展開を払拭して緊張感が出てくるかと思いきや、そんなことはなく。せっかく郁が機転を利かせて居場所を知らせるメッセージを残したのに、すぐさまお偉いさんの義足に仕込んだ発信機が発動して意味なし!図書隊は、施設内でしか発砲を認められていないので、ならば施設ごと買収してしまえと、監禁されたビルを買収してしまうのだけど、敵組織が間抜けすぎた為に、窓を破って不意を突いただけで鎮圧。発砲する機会すらないまま終了。……なんだこれ??郁にしても、お偉いさんを守るためだとか、暴挙に出る組織が許せないだとか、そう言った正義感が取り立てて強いわけでもなく、終始、堂上に認めて貰いたくて、お偉いさんの心象を良くするために頑張ってる姿ばかりが前面に出てるから、頑張れば頑張るほどイメージダウンしてる気がするよ。結局のところ、戦争関係は、郁のラブコメ部分を進行させるためだけに用意された壮大なギミックでしか無いと言うことか。手塚の告白は断った郁。手塚はアッー! 堂上に言われて郁から学べることを見出すために、だったら近くで見るために付き合おうとした短絡思考の持ち主だったようだ。

[]「紅」第5話 「紅」第5話を含むブックマーク

真九郎と紫の崩月家訪問の巻。夕乃さんが巫女姿で『ムラムラします?』とか真九郎を誘惑したり、師匠のエロ親父っぷりが無くなってたのは残念。前回、崩月の角を使ってしまったことを気にして自分の力不足を痛感し、真九郎は夕乃との稽古に打ち込む。その間、紫は散鶴と遊んで待ってるんだけど、DS破壊、人形破壊、とやりたい放題であった(笑)。モノの価値観がわからない無邪気な子供の怖さだよなあ。原作の紫はもっと年不相応に聡い子供なんだけど、アニメ版の紫は、もう少し等身大の7歳児として描かれてるよね。物覚えの良さや物分かりの良さなど、頭が良いことは変わらないが。それにしても、紫はテレビと環の影響受けすぎだ。感受性が豊かなだけに、どんどん俗世間に毒されていく紫が不憫だ(笑)。殺しの一族に生まれた夕乃が自分のことを汚れてると表現してたけど、紫も“ある意味”穢れていってるよ…。崩月の角にどんな効果があるのかはまだハッキリしてないものの、殺しの家系の崩月、真九郎、そして紅香の繋がりは示唆。崩月で身体を鍛えた真九郎だけど、今は、崩月の角に頼らない、心の強さを求めているらしい。しかし、師匠から譲り受けて、夕乃と散鶴も両腕に持ってる角を『こんなもの』とか言ってやるな。最後は、真九郎の部屋で酒盛りしてるとか、まんま某一刻館っぽい、みんなで湯豆腐パーティー。九鳳院に戻ることを恐れ、九鳳院の事を語るのを頑なに拒んでた紫が、日曜日を楽しいものだと今更ながらに気付いたことに対して、微笑ましさと同時に、憤りも感じてしまう。あと、湯豆腐を楽しんでる裏で、猫のエサを狙ってる弥生さんの姿に涙。これで、原作1巻のイベントは、素敵な真性ロリペドお兄様による紫拉致監禁強姦未遂事件を残してほぼ消化してしまったんですが、どうやら次回からアニメオリジナル展開になる模様。ジャンプスクエアに掲載されていたあらすじによると、次回は五月雨荘の面々がミュージカルをやることに!?マジで和風RED GARDENをやるつもりか。松尾監督はどんだけミュージカル好きなんだ。闇絵にスポットが当たるようで驚き。その後は環の彼氏も登場するようで。本筋に戻るのは9話以降っぽい?

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME