MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2008-08-19

[]TVA「アキカン!」公式サイトオープン! TVA「アキカン!」公式サイトオープン!を含むブックマーク

スーパーダッシュ文庫『アキカン!』TVアニメ化&マンガ化情報公開!!

> 原作:藍上陸
> 原作イラスト:鈴平ひろ

○スタッフ

> 監督:日巻裕二
> シリーズ構成:子安秀明
> キャラクターデザイン総作画監督:田中良
> 音響監督:高寺たけし
> アニメーション制作:ブレインズ・ベース
> (C)藍上陸・鈴平ひろ/集英社・A機関

○メインキャスト

> 大地カケル:福山潤
> メロン成田紗矢香
> 天空寺なじみ:豊崎愛生
> エール:能登麻美子
> ぶど子:悠木碧
> 東風揺花:大久保藍子
> 甘字五郎:岡本信彦
> 男屋秀彦:置鮎龍太郎
> 木崎愛鈴:豊口めぐみ

昨日書いたドラマCDリリースでのキャスト発表に続いて、スタッフも発表。制作会社も「紅」と同じブレインズ・ベースですか。公式サイトTOPページのFLASHで、メロン、エール、ぶど子のアニメキャラクターデザインがランダムで見られます。「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」スタッフ中心かな?今秋よりウルトラジャンプにてコミカライズも決定。原作通りだと、ぶど子は登場してすぐメロンに殺されてしまう悲惨なサブキャラだけど、使い捨てるのは勿体ないから、TVアニメ版では展開を変えて欲しい気も。

[]TVA「喰霊-零-」番組宣伝ビジュアル、放送局公開! TVA「喰霊-零-」番組宣伝ビジュアル、放送局公開!を含むブックマーク

これがお稲荷様の後番なら、アニメスピリッツ枠は、やっぱり「純情ロマンチカ2」で、大幅局縮小?

[]「マクロスF」第19話 「マクロスF」第19話を含むブックマーク

アイモ記念日に、そこかしこで恋愛ドラマが展開。複雑に絡み合った人間関係は徐々に整理されてきたけど、それぞれの着地点は一向に絞れてないんだよなあ。唯一、レオンがクーデターを企てている首謀者とされたことで、オズマとレオンとキャシーの関係は決着が付きそうですが。たくさんの人々に支持されるようになったランカと、失意に打ちのめされてるシェリルだと、アルトシェリルを選びそうだが、結局どちらかに決めることが出来ず、戦場に逃げるアルトを、シェリルとランカが追いかける方がありそう。あと、ランカはブレラとの関係も残ってるし、視聴者側の感情としては、どうしてもシェリルを応援したくなってしまうよ。アルトシェリルが抱き合ってるところに出会して愕然とするランカのシーンで『トライアングラー』特別EDに雪崩れ込む演出は素晴らしかった。ミハエルが二股三股してるのは、一人に入れ込んだときに戦死して残してしまうかもしれないのが怖いからだとカミングアウトしてたけど、二股三股された相手が悲しむことは考えてないのか?女を取り残すのが怖いなら、最初から風俗で我慢しておけと。そして、同じ戦場に身を置いてるクランのことをもっと考えてやろうぜ。ルカは報われなさそう…。実家に戻ったアルトに対して、結局何かするわけでもなく、シェリルも普通に解放されてるが、あの兄弟子は、二度と帰ってくるつもりの無かった実家にアルトを招き入れることが成功しただけで、とりあえず満足したのか?バジュラの恐怖から脱したと喜んだのも束の間、実はフロンティアの内部にバジュラの幼生が入り込んでたことが発覚。今回の『トライアングラー』に続いて、次回のサブタイトルは、『ダイアモンドクレバス』、あらすじからして、主要な登場人物からの戦死者が出そうな予感。

[]「BLASSREITER」第19話 「BLASSREITER」第19話を含むブックマーク

XATの事はXATがケジメを付けるって事で、ヘルマン&アマンダと、絆の力で自我を取り戻したアルの援護射撃で、しぶとかった隊長をついに撃破。生き返るってのは気持ち悪いぜと、自分自身にもケジメ付けて逝くアルが格好良すぎる。結局、アマンダを逃がしたときも、隊長を倒すのも、全部アルが持って行っちゃったなあ。主人公はどう見てもヘルマンだが。暴走してるジョセフさんは、すっかり蚊帳の外でどうにもならんな。アルは、このまま共闘して欲しかった気もするけど、引き際としては妥当か。融合体になることを頑なに嫌がってたヘルマンは、ウォルフだけは倒すと言ってた事を成し遂げてしまって、次回からどうするんだろう?ジョセフだけは許さねえええ!!!とかまだ言い続けるなら、アルと比べてあまりにも格好悪すぎるんだが。一方、自分を犠牲にしてジョセフさんの暴走を止めたスノウ。うーん、メディアミックスとしては最悪な使い方だった。アニメから入った人は、突然出てきた新キャラが過去の記憶を回想しながら、神父の言葉が決め手になってジョセフを止めて散っただけで、あまり感慨もないだろうし、コミックから入った人なら、せっかくゲストキャラとして登場したのに、無惨に使い捨てられてフェードアウトと言う嬉しくも何ともないコラボに終わってしまったし。ようするに、ヒロインの悲劇で主人公を復活させる展開にしたいけど、アマンダを殺すわけにはいかないので、スノウを使ったと言うことだろうか?スノウがどうなったのかははっきりと描写せず、想像の余地を残したままなんだけど、次回はフォロー無しなんだろうなあ。心肺停止状態から復活したアルやヘルマン、身体が千切れても蘇生した隊長などから考えたら、あの程度でスノウが死ぬとは思えないが…。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME