MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2008-10-13

「スーパーダッシュ文庫」10月発売予定新刊関連の書店向け注文書によると、番棚葵×よし☆ヲ「プロジェクトMP」が、ウルトラジャンプにて今秋漫画連載スタート&2009年テレビアニメ化!とのこと。「アキカン!」のことを指した誤植ではなく、マジなのか?

追記. やっぱり誤植だったらしく、訂正FAXが届いたようです。

[]「喰霊-零-」第2話 「喰霊-零-」第2話を含むブックマーク

前回の驚愕の結末からどうなるのか色々と予想をしつつ、モヤモヤしたままようやく迎えた第2話。で、物語がどう転んだのかと言うと、

A. 第四課は全滅、原作のヒロイン・土宮神楽と、行方不明だった神楽の姉代わりとも言える存在・諫山黄泉との確執を描いた、原作より2年前を舞台とする前日譚に。

・神楽に紀ちゃんと呼ばれていて、黄泉の許婚だったらしい飯綱紀之は、臆病者だと言われて既に殺されたように思えるが?
→ 原作だと、そのまま本当に逃亡していて心霊情報屋になって全国放浪。
・神楽はまだ土宮家の当主になってないから白叡を使役せず、空圧式・退魔居合刀『舞蹴拾弐號』で戦っている?
→ でも、神楽がこのピンチを脱する手段は喰霊解放しか残ってないような?『舞蹴拾弐號』は、後に原作主人公・弐村剣輔が使うことに。
・岩端晃司やナブー兄弟も原作に登場する、環境省・超自然災害対策室のメンバー。対策室長と秘書はアニメオリジナル?

と言っても、コミカルな描写に比重を置いてる原作とは違い、アニメ版は完全にシリアス寄りで進めるようですが。心理描写の力の入れ具合や、エンドロールのキャスト順から察するに、神楽よりも黄泉視点で進めるのかなあ?それとも、神楽と黄泉のダブル主人公制?EDが黄泉@水原薫なので、OPは神楽@茅原実里かも。それにしても、まさかあれほど気合い入れたキャラデザやら設定を与えられていた第四課が使い捨てされるとは。公式サイトに限らず事前情報の壮大な釣りっぷりが酷すぎる(笑)。第四課は殺生石の力で、後に悪霊として復活する可能性はあるかもしれないけど、黄泉の圧倒的な強さと、その黄泉と渡り合える神楽の強さを見せるための豪華な引き立て役でしかなかったようだ。今回、前回と同様、神楽が黄泉に殺されたような引きにしたのも、あくまで第四課の末路との比較であって、神楽は殺されてないと思いたい。黄泉は追い込んで本気を出させた神楽に勝って自分の方が優れていることを証明したいんじゃないかな?これで神楽と黄泉の関係を紐解かないまま、アニメオリジナル展開で神楽を殺してしまったら、単に毎回虐殺エンドのサプライズを狙ってるだけの陳腐な作品に成り下がり兼ねないし。しかし、次回のサブタイトルだと、神楽がどうなったのかは明かさず引っ張ったまま、さらに過去…神楽と黄泉の出会いの話をやりそうなんだよなあ。原作の設定に綺麗に繋げるつもりなら、環境省・超自然災害対策室のメンバーの半数以上を失い、最後は黄泉を神楽が殺して終わるはずなんだけど、そう単純な話にはしないだろうね。いつ何が起こってもおかしくない緊張感のハンパなさ、そして、黄泉に追い詰められた時の絶望感を際だたせる演出が素晴らしかった。神楽と黄泉の殺陣シーンは、動き出すまでの2人の間合いの取り方や、神楽が切り返して黄泉に馬乗りになる場面などに見入ってしまった。昨今、戦うヒロインが溢れているとはいえ、女子中高生の剣戟はやはり見栄えが良い。

[]「鉄のラインバレル」第2話 「鉄のラインバレル」第2話を含むブックマーク

†今日の正義、完了!

疾走する正義というか、力を手に入れた厨二主人公が増長しまくって大暴走としか言いようがない(笑)。妹のパンツを盗んだり(裸だった城崎さんに貸した?)、5分で買ってきてやるとかいつもの癖でパシリしたり、自分の墓を作って、殺してくれてありがとうと言ったり、公衆電話でわざわざ矢島に宣言したり、周囲の被害を考えず、敵と味方(予定)の区別も付けず、見境無く攻撃したり、自分が名乗ったことも忘れて八つ当たり、挙げ句の果てに最後は今日の正義、完了とか宣言して高笑いされたら、運命のヒロインも、親友も、ただ呆然とするしかないわな。ここまで来るとイタイのを通り越してしまっているので、逆に生暖かく見守れるなあ。原作と同じように、矢島が殺されて改心するのではなく、いっそこのまま暴走しっぱなしの主人公と言うのも面白い。そして、次回予告で罵られ続けるべき。本編でも罵って欲しいけど。あなた、最低です!!!城崎さんが浩一の家に居候することになって、JUDAの一員じゃなくて、代わりに、九条さんは現役アイドルではなく、最初からJUDAのメンバーでファクターなんだ。城崎さんが正体不明のメインヒロイン、九条さんがJUDAサイドのヒロイン、でもって、理沙子が日常サイドの幼なじみヒロインと言う位置付けになるんだろうか?TBS製作でなければ規制は多少緩いようで、城崎さんの入浴シーンでは、何やら見えてはいけないものがぼんやりと。原作でも1回だけ、城崎さんのシャワーシーンで乳首券発行してましたが。おっぱいビーム謎の光源もDVDで消えそうだ。しかし、ラインバレル召喚に必ずおっぱいタッチが必要だったとは(笑)。でも、これだと城崎さんがラインバレルのもう1人のファクターだと言うことを隠した戦略が使えないね。お披露目されたオープニングからすると、アニメ版の宗美さんは加藤機関側のキャラになってるのか。浩一がJUDAの制服着てるから、ずっと1人で正義の味方してるって展開はさすがにないか。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME