MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2011-12-31

先月下旬から忙しくなったせいで、本館の更新量が減って、アニメの感想も途切れてしまってましたが、激動の2011年最終日ぐらい何か更新せねばというわけで、菅野ひろゆき氏が亡くなったというショッキングなニュースに触発されて、個人的に面白かった歴代ゲームランキングを書いてみる。ただし、アクション、シューティングなどに特化してる若干面白さのベクトルが違うジャンルのものは除外してます。

01.「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 01.「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を含むブックマーク

D

主人公の父母が残した謎を解き、奔走した果てに、父娘の近親愛が世界を救うSFアドベンチャー。菅野ひろゆき剣乃ゆきひろ)と蛭田昌人が手を組んで生み出されたADVゲームの一つの到達点。主人公の選択によってルートが確定するADVゲームの特性を、『時は可逆、歴史は不可逆』という概念を用いて並列世界を視覚化し、それを渡り歩くA.D.M.Sは衝撃的だった。当時、自分がはじめて発売日当日朝一で購入し徹夜でプレイしまくったゲーム。真のエンディングに辿り着いた時の喪失感は凄まじく、未だにこれを越える喪失感を味わうようなゲームには出会えてないと思う。菅野ひろゆき氏が亡くなったことで、制作スケジュールの遅延と予算などが原因で当初の予定から削られた、異世界編もA.D.M.S化した完全版が世に出る可能性が潰えてしまったのが残念でならない…。せめて、フルカラー・フルボイスで最新OSに対応したリメイク版を出して貰いたいものだ。

02.「Ever17 -the out of infinity- 02.「Ever17 -the out of infinity-」を含むブックマーク

D

かつて交わした約束と、いつか還るべき場所へ。海洋テーマパーク《LeMU》に閉じ込められてしまった男女が生還を目指す、閉鎖空間脱出劇。今は無きKIDの代表作であった、『Memories Off』シリーズと人気を二分していた『infinity』シリーズ2作目にして最高傑作。1作目の「Never7」から『infinity』シリーズのキーワードになっているキュレイと、ゲームのプレイヤー自体が組み込まれた、物語を解決へと導く仕掛けによって、奇跡の如く伏線が回収されていくココ編の爽快感は感動もの。ココ編に至る前の個別ルートの中弛みと、通常会話が今一つ面白くなかったのが欠点かな。YU-NOと違って、頻繁にリメイクされていて手が出しやすいのは○。

03.「英雄伝説III・IV・V ガガーブトリロジー」 03.「英雄伝説III・IV・V ガガーブトリロジー」を含むブックマーク

D

物語る意志をコンセプトに、『詩うRPG』として壮大なスケールで綴られる、日本ファルコムが誇る連作RPGシリーズ。売上げや知名度なら、最新の『軌跡』シリーズの方が上なんだけど、『軌跡』シリーズは風呂敷を広げる一方で、未だに完結が見えてこないので、個人的には、やっぱりガガーブトリロジーの方が評価は高くなります。巨大な大地の裂け目『ガガーブ』に分けられた世界を舞台に、『害周波』と呼ばれる世界を滅ぼす黒き波へと立ち向かった小さな英雄達の物語。単なるスターシステムではなく、世界観も、各キャラクターが抱えているドラマも、伏線も引き継がれているため、III・IV・V全てプレイ推奨。時系列順では、IV→V→IIIだけど、ナンバリング通り、III→IV→Vの順で攻略して、最後にもう一度IIIをプレイすると、涙で前が見えなくなるぜ…。

04.「EVE burst error 04.「EVE burst error」を含むブックマーク

YU-NOと同じく、菅野ひろゆき剣乃ゆきひろ)が手掛けた、マルチサイトADVゲーム。私立探偵天城小次郎と国家エージェント法条まりなを交互に操り、連続殺人事件の真相を解き明かしていくEVEシリーズの一作目。といっても、菅野ひろゆき剣乃ゆきひろ)によるこの一作目と、「Ever17」の打越鋼太郎が手掛けた「EVE new generation」以外は地雷なので注意(笑)。ただ、後の直木賞作家にして、「GOSICK」がTVアニメ化された桜庭一樹がゲームの脚本を執筆したという点で、「EVE The Lost One」はコレクション性があるかも。

《関連》「EVE new generation X」【感想】

06.「痕」 06.「痕」を含むブックマーク

D

Leafビジュアルノベルシリーズ第二弾。「雫」や「ToHeart」でも有名な、高橋龍也水無月徹コンビによる伝奇サスペンス。自分を、こっち系の世界に引き摺り込んだ元凶がこれ(笑)。PC98をはじめて購入した後に、友人に勧められるまま手を出した時に人生が分岐した(笑)。そのため、自分は「雫」よりも、こちらを先にプレイしてました。柏木四姉妹と「ToHeart」のキャラを含めて、誰派だどうのと語っていた当時が懐かしい…。

07.「BALDR FORCE EXE」 07.「BALDR FORCE EXE」を含むブックマーク

D

架空のネット世界が日常化している舞台で、ネット上に出現するといわれる電子体幽霊(ワイヤード・ゴースト)に導かれ、愛するものを救うため、自分の存在をかけた戦いを挑むADV+ACTゲーム。複数回プレイの要素がシナリオに反映され、ループ構造を繰り返すことで物語の核心に迫っていく。「BALDR SKY」と甲乙付けがたいんだけど、キャラクターの魅力は、敵味方ともにこちらの方が自分の嗜好に合っていたので、今回はこちらを選ぶ。昨今のエロゲーには珍しいゲーム性とハマリ要素、そして熱いBGMが秀逸。

08.「DESIRE」 08.「DESIRE」を含むブックマーク

菅野ひろゆき剣乃ゆきひろ)が手掛けたマルチサイトアドベンチャー。氏の名前を一躍有名にしたタイトルだと思う。シナリオの面白さが特出してるとは言え、どぎつい寝取られと後味の悪い結末なので、YU-NOやEVEと違って、最近のエロゲユーザーにはニッチすぎてウケないかもしれない。賛否両論あれど、ハッピーエンド至上主義な自分としては、グラフィックとハッピーエンドが追加された『DESIRE 完全版』の方が好き。

09.「車輪の国、向日葵の少女 09.「車輪の国、向日葵の少女」を含むブックマーク

発売前の期待値は低かったけど、プレイしたユーザーの評価と口コミにより、発売後に人気を博した泣きゲー。『A Profile』で開花したるーすぼーいの叙述トリックが、序盤から貼られた巧妙な伏線と相まって、ここ以外ないという絶妙なタイミングで決まった快心のシナリオ。罪を犯すと課せられる特別な義務と特別高等人という設定の勝利と、モリケンの俺TUEEEっぷりが気持ち良いゲーム。ちなみに、ファンディスクの「車輪の国、悠久の少年少女」では、モリケンのキャラが劣化しすぎなので、とっつあんシナリオ以外には期待してはいけない。

《関連》「車輪の国、悠久の少年少女」【感想】

10.「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」 10.「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」を含むブックマーク

「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」【感想】


5位以下は、順位付けが難しくてわりと適当(笑)。意図したわけじゃ無いけど、Key作品やTYPE-MOON作品が入らなかったし、「うたわれるもの」「家族計画」「キラ☆キラ」「CROSS†CHANNEL「黄昏のシンセミア」「スマガ」「俺たちに翼はない」「プリンセスうぃっちぃず」遥かに仰ぎ、麗しの」等々、他にもTOP10入りさせても良い作品が多々あるので、気が向いた時にまた取り上げたい。


初詣を兼ねて毎年恒例の旅行に出かけてくるので、Twitter以外の更新再開は新年3日の予定です。オリンピックイヤーの来年は、3.11のような未曾有の大災害が起こらないことを祈りつつ、それでは良いお年を。

ういろうういろう 2012/01/02 16:41 うーん、どれも名作ですね
ガガーブを入れてくるあたりわかってるなぁと
車輪も好きですね

2011-12-06

[]丈月城カンピオーネ!」TVアニメ化決定!(via 画像) 丈月城「カンピオーネ!」TVアニメ化決定!(via 画像)を含むブックマーク

スーパーダッシュ&ゴーのCMで表紙バレした模様。殿堂入りハーレム&新神話バトルのSD文庫の最後の弾をもう使っちゃった!創刊号と同時にそういうたぐいの発表が無かったから、しばらくは無いだろうと油断してたよ!原作信者としては、カンピオーネ!のキャラ達が動くのを見たいというのも本心ではあるんだけど、SD文庫原作アニメ黒歴史率を思うと、どうしても素直に喜べないんだよなあ。「ベン・トー」レベルならともかく、「紅」や「迷い猫オーバーラン!」の方向に逝ったら死ねる。とりあえず原作レイプではなく原作準拠であると想定するなら、やっぱり『斉天大聖』までがキリが良いか?『槍の戦神』までやってくれると、地元木更津が舞台になるので個人的には嬉しいけど。あと、濃厚キス疑似乱交描写に力を入れるのは当然として、剣の描写がどうなるのか?

タマタマ 2011/12/07 06:16 アニメ化マジですか…。一番好きなラノベなんで嬉しいんですけど不安要素がありすぎて素直に喜べません…。

2011-12-03

[]2012年冬アニメ新番チェック 2012年冬アニメ新番チェックを含むブックマーク

恒例の新番チェック。放送局・放送日時は現時点で判明してるものであり、これで全てというわけではありません。現時点で全28本(タイトル変更新番扱い含む。実写・特撮系、OVA先行放送、地上波初放送、単発、放送未確定等は除く)。一昨年の冬が22本、去年の冬が21本だったので、例年に比べるとかなり増加しました。東日本大震災の影響で、当初は今夏や今秋に放送する予定だった作品がずれ込んだのかもしれませんが…。「偽物語」1強の様相を呈してますが、その座を脅かすようなオリジナル作品の登場に期待。個人的には、WOWOWノンスク全盛期の“おねがいシリーズ”にハマった自分としては、「あの夏で待ってる」が楽しみ。

機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」バンダイチャンネル:12/23(金)12:00〜 「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」バンダイチャンネル:12/23(金)12:00〜を含むブックマーク

> BS11:01/01 19:30〜
> TOKYO MX:01/03 22:29〜

http://www.gundam-seed.net/

16:9HD画質での再撮影&再編集を行い、さらに既存カットの新規作画と音楽の一部リミックスを施したリニューアルバージョンを、Blu-ray BOXの発売に先駆けて、ネット配信とテレビ放送が決定。バンダイチャンネルでは、毎週1回、最新話の無料ライブ配信も行う。

夏目友人帳 肆」テレビ東京:01/02(月)25:30〜 「夏目友人帳 肆」テレビ東京:01/02(月)25:30〜を含むブックマーク

> TVQ九州放送:01/03 26:28〜
> テレビせとうち:01/04 25:50〜
> テレビ北海道:01/04 26:20〜
> テレビ愛知:01/05 26:30〜
> AT-X:01/10 23:30〜
> テレビ大阪:01/10 26:05〜
> TKUテレビ熊本:01/16 26:25〜

http://www.nasinc.co.jp/jp/natsume-anime/
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/natsume4/
http://www.hakusensha.co.jp/natsume/

監督:大森貴弘シリーズ構成村井さだゆきキャラクターデザイン:高田晃、妖怪デザイン:山田起生アニメーション制作:ブレインズ・ベース緑川ゆき原作、LaLa DXにて連載中のコミックを4度目のTVアニメ化…と言うより、今夏に放送された第3期の分割2クール目。

新テニスの王子様」テレビ東京:01/04(水)25:50〜 「新テニスの王子様」テレビ東京:01/04(水)25:50〜を含むブックマーク

> テレビ愛知:01/05 25:30〜
> テレビ大阪:01/06 26:10〜

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/shin-tenipri/
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/tennis/

原作:許斐剛、監督:山本秀世シリーズ構成:広田光毅、キャラクターデザイン:石井明治アニメーション制作:Production I.G M.S.C。週刊少年ジャンプでの連載終了後、誌面をジャンプSQに移して中学テニスの全国大会以降を描く、許斐剛原作の殺人テニス(笑)漫画の続編を、OVAシリーズや劇場版を経て、満を持してTVアニメ化。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」TOKYO MX:01/05(木)23:00〜 「探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」TOKYO MX:01/05(木)23:00〜を含むブックマーク

> 特番『大晦日だよ!探偵オペラ ミルキィホームズ』◇TOKYO MX:12/31 20:00〜
> BS日テレ:01/05 26:00〜
> テレビ神奈川:01/07 25:00〜
> MBS:01/07 26:58〜
> テレビ愛知:01/08 25:05〜
> TVQ九州放送:01/08 26:30〜
> ニコニコ動画:配信予定

http://milky-holmes.com/

制作総指揮・原案:木谷高明、企画・原作:ブシロード/クロノギアクリエイティヴキャラクター原案たにはらなつき、監督:森脇真琴、シリーズ構成ふでやすかずゆきキャラクターデザイン沼田誠也アニメーション制作:J.C.STAFF。去年秋の第1期放送前はほとんど注目されていなかったものの、いざ始まってみれば、かつて木谷社長ブロッコリー時代に一世を風靡した「Project G.A.」ことギャラクシーエンジェルを彷彿とさせるぶっ飛んだギャグで評判を集めてダークホースとなった、ブシロードメディアミックス作品が続編で登場。

リコーダーとランドセル」テレ玉:01/05(木)25:00〜 「リコーダーとランドセル」テレ玉:01/05(木)25:00〜を含むブックマーク

> ニコニコ動画:01/05 深夜
> KBS京都:01/10 25:30〜

http://www.takeshobo.co.jp/sp/tv_rikoran/

原作:東屋めめ、監督:木村寛、脚本:烏丸涼キャラクターデザイン:高橋成世、アニメーション制作:セブンまんがライフオリジナルにて連載中、東屋めめ原作の4コマ漫画TVアニメ化。小学生とは思えないほど背が高い主人公・宮川あつしと、あつしとは逆に高校生とは思えないほど背が低い姉・宮川あつみと言う、設定出オチ系ギャグコメディー。かつてTVアニメ化された事もある、石川優吾原作「よいこ」を、健全な性別逆転バージョンみたいにした感じ?

キルミーベイベー」TBS:01/05(木)25:25〜 「キルミーベイベー」TBS:01/05(木)25:25〜を含むブックマーク

> MBS:01/16 26:50〜
> CBC:01/19 26:00〜
> BS-TBS:02/04 25:00〜

http://killmebaby.tv/
http://www.tbs.co.jp/anime/kmb/

原作:カヅホ、監督:山川吉樹、シリーズ構成:白根秀樹、キャラクターデザイン長谷川眞也アニメーション制作:J.C.STAFF。まんがタイムきららキャラットにて連載中、カヅホ原作のキラーギャグ4コマ漫画TVアニメ化。ごく普通に学校に通う殺し屋・ソーニャとその友人・やすなが繰り広げる、ちょっぴり(?)バイオレンスな日常ギャグコメディー。

アマガミSS+ plus」TBS:01/05(木)25:55〜 「アマガミSS+ plus」TBS:01/05(木)25:55〜を含むブックマーク

> サンテレビ:01/15 24:30〜
> CBC:01/19 26:30〜
> BS-TBS:02/04 25:30〜

http://www.tbs.co.jp/anime/amagami/

原作:エンターブレインアマガミ』、監督:小林智樹、シリーズ構成木村暢キャラクターデザイン合田浩章スーパーバイザー・構成協力:高山箕犀・坂本俊博、美術監督:高橋麻穂、色彩設計:松山愛子、音響監督飯田里樹、音楽:大森俊之、アニメーション制作:AIC。前作で各ヒロインごとにリセット型のオムニバス形式で原作エピソードを消化してしまったので、今回の話は、前回と同様に、各ヒロイン2話ずつのオムニバス形式で「アマガミSS」のその後を、オリジナル要素を強く出した形で描くらしい。放送順は、絢辻詞編→桜井梨穂子編→七咲逢編→棚町薫編→中多紗江編→森島はるか編になる。

ハイスクールD×DAT-X:01/06(金)11:00〜 「ハイスクールD×D」AT-X:01/06(金)11:00〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/11 25:15〜
> チバテレビ:01/11 26:00〜
> テレビ愛知:01/11 26:00〜
> サンテレビ:01/11 26:05〜
> TOKYO MX:01/12 25:30〜
> BS11:01/14 24:30〜

http://www.haremking.tv/
http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201104highschool/

原作:石踏一榮、原作イラスト:みやま零、監督:柳沢テツヤシリーズ構成・脚本:吉岡たかをキャラクターデザインごとうじゅんじ総作画監督ごとうじゅんじ・依田正彦、プロデュース:ジェンコアニメーション制作:ティー・エヌ・ケー富士見ファンタジア文庫にて刊行中、石踏一榮原作のライトノベルTVアニメ化。ひょんなことから彼女ができて浮かれていた主人公は、はじめてできた彼女に殺されてしまう。不条理を呪いながら死んだはずが、目が覚めたら悪魔の下僕になっていた。しかし、持ち前のポジティブさと煩悩パワー、そして左腕に宿した神器を駆使しておっぱいハーレムを目指す!学園ファンタジーラブコメディー。個人的には、同じくみやま零氏が原作イラストを手掛けていて、TVアニメ化が発表された「織田信奈の野望」の方が期待値上なんですけどね。

戦姫絶唱シンフォギア」TOKYO MX:01/06(金)23:00〜 「戦姫絶唱シンフォギア」TOKYO MX:01/06(金)23:00〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/07 23:30〜
> テレビ愛知:01/07 26:20〜
> チバテレビ:01/09 26:00〜
> MBS:01/09 26:20〜
> キッズステーション:01/10 23:00〜

http://www.symphogear.com/

原作:上松範康・金子彰史、監督:伊藤達文、シリーズ構成・脚本:金子彰史キャラクター原案吉井ダンキャラクターデザイン総作監:小池智史、クリーチャーデザイン:okama、フューチャービジュアル・美術監督ロマン・トマアニメーション制作:エンカレッジフィルムズ。全13話。Elements Gardenの上松範康氏と、ゲームクリエイター金子彰史氏と言う、“アニメ素人”の2人が原作を手掛け、元請けは「おんたま!」以来となるエンカレッジフィルムズ制作による意欲作。人を炭素にしてしまう災害“ノイズ”の発生する世界を舞台に、“シンフォギアシステム”を使い、ノイズと戦う防人・ツヴァイウィングの活躍を描く。

エリアの騎士」テレビ朝日:01/07(土)06:00〜 「エリアの騎士」テレビ朝日:01/07(土)06:00〜を含むブックマーク

http://www.tv-asahi.co.jp/knight/

原作:伊賀大晃、漫画:月山可也、監督:小倉宏文、キャラクターデザイン:鶴田仁美、アニメーション制作:シンエイ動画週刊少年マガジンにて連載中、伊賀大晃×月山可也によるサッカー漫画TVアニメ化。不幸な交通事故により亡くなった、サッカーの天才ストライカーだった兄・傑から心臓を移植されることによって、同じ事故に遇いながらも一命を取りとめた主人公・逢沢駆が、亡き兄・傑の「世界を目指す」という夢をかなえるため、プレイヤーとして江ノ島高校サッカー部に入部し、幼馴染の美島奈々や仲間たちと共に、全国大会、そして世界を目指すサッカー選手としての成長を描く。ヒロインの奈々や、恋のライバル・群咲舞衣をはじめ、いち早く作中でなでしこジャパンの活躍を描いており、今年リアルに世界一になったなでしこジャパン人気に便乗することにも。

ゼロの使い魔FAT-X:01/07(土)08:30〜 「ゼロの使い魔F」AT-X:01/07(土)08:30〜を含むブックマーク

> チバテレビ:01/08 24:30〜
> テレビ神奈川:01/08 25:30〜
> TOKYO MX:01/09 25:30〜
> テレビ愛知:01/10 26:00〜
> サンテレビ:01/10 26:05〜
> BS11:01/14 24:00〜

http://www.zero-tsukaima.com/

原作・シリーズ構成ヤマグチノボルキャラクター原案兎塚エイジ、監督:岩崎良明キャラクターデザイン藤井昌宏アニメーション制作:J.C.STAF。全12話。MF文庫Jにて刊行中、ヤマグチノボル原作のライトノベルを、原作の完結に合わせる形で、ファイナルシリーズとなるTVアニメ第4期が決定。スタッフも、第1期を手掛けた岩崎良明氏が監督に戻り、原作者自らシリーズ構成を努めて、小説とは違ったアニメならでは最終章が描かれる。今年は原作者の大病が発覚して心配でしたが、無事完走できることを願います。

「日常(Eテレ版)」NHK Eテレ:01/07(土)17:55〜 「日常(Eテレ版)」NHK Eテレ:01/07(土)17:55〜を含むブックマーク

http://www.shinonome-lab.com/

全26話を全12話に再編集して、NHK Eテレ版として放送。

偽物語」TOKYO MX:01/07(土)24:00〜 「偽物語」TOKYO MX:01/07(土)24:00〜を含むブックマーク

> 群馬テレビ:01/07 24:00〜
> とちぎテレビ:01/07 24:00〜
> テレ玉:01/07 25:35〜
> テレビ愛知:01/07 25:50〜
> MBS:01/07 26:28〜
> テレビ神奈川:01/08 25:00〜
> チバテレビ:01/08 25:00〜
> テレビ北海道:01/10 26:00〜
> TVQ九州放送:01/11 25:43〜
> BS11:01/14 23:30〜
> キッズステーション:01/20 23:30〜

http://www.nisemonogatari-anime.com/
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/kodansha-box/topics/nishio/

原作:西尾維新キャラクター原案VOFAN、監督:新房昭之キャラクターデザイン総作監渡辺明夫アニメーション制作:シャフト。全13話。講談社BOXにて刊行中、西尾維新原作の『化物語』『傷物語』に続く<物語>シリーズ第3作を、「化物語」と同じスタッフ陣によってTVアニメ化。先に発表されていた劇場版「傷物語」が第3弾なので、お披露目は傷より先になるけど、こちらは西尾維新アニメプロジェクト第4弾と言う位置付け。「化物語」でもちょくちょく登場していた、“ファイヤーシスターズ”こと阿良々木暦の妹・阿良々木火憐阿良々木月火の身に降りかかる怪異を描く怪奇ファンタジー。ちなみに原作は、今月22日発売の『恋物語』でセカンドシーズンが完結する予定。

モーレツ宇宙海賊」テレビ神奈川:01/07(土)24:30〜 「モーレツ宇宙海賊」テレビ神奈川:01/07(土)24:30〜を含むブックマーク

> TOKYO MX:01/07 25:00〜
> MBS:01/07 27:28〜
> チバテレビ:01/08 23:30〜
> テレ玉:01/08 25:35〜
> テレビ愛知:01/09 26:00〜
> BS11:01/13 23:30〜
> AT-X:01/14 23:30〜

http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/

原作:笹本祐一ミニスカ宇宙海賊』、原作イラスト:松本規之、監督・シリーズ構成佐藤竜雄キャラクター原案あきまんアニメーション制作:サテライト。全26話。朝日ノベルズにて刊行中、笹本祐一原作のライトノベルTVアニメ化。2009年4月1日のエイプリルフールアニメ化が発表されてから3年弱、ついに放送まで漕ぎ着けました。ただ、制作は順調に進んでいたらしく、既に全26話完成間近で、先行上映イベントで第5話までお披露目してしまうと言う試みも。原題は「ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)」だけど、監督とシリーズ構成を兼任するサトタツのセンスによって、アニメ版は「モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)」に改題されてしまいました…。宇宙ヨット部の部活や、高級レトロ喫茶店でのアルバイトに忙しい女子高生・加藤茉莉香は、突然、故人だと思っていた父親がつい最近まで健在で、宇宙海賊船・弁天丸の船長だったと知らされる。元・父親の船である弁天丸の継承条件として女子高生兼宇宙海賊船船長になってしまった茉莉香と海賊船のクルーたちによる、宇宙海賊痛快スペースオペラ

BRAVE10」TOKYO MX:01/07(土)26:00〜 「BRAVE10」TOKYO MX:01/07(土)26:00〜を含むブックマーク

> テレビ神奈川:01/07 26:00〜
> サンテレビ:01/09 24:35〜
> テレ玉:01/09 25:05〜
> チバテレビ:01/10 26:00〜
> テレビ愛知:01/10 26:30〜
> DMM:01/11 10:00〜
> ショウタイム:01/11 12:00〜
> バンダイチャンネル:01/11 12:00〜
> ムービースクエア:01/11 12:00〜
> ニコニコ動画:01/11 22:30〜
> GyaO!:01/12 24:00〜
> アニマックス:01/12 22:00〜
> BS11:01/13 24:00〜

http://www.brave10.com/

原作:霜月かいり、監督:佐山聖子シリーズ構成池田眞美子キャラクターデザイン総作監:番由紀子、アニメーション制作:スタジオさきまくら、制作:トムス・エンタテインメント。全12話。コミックフラッパーから月刊コミックジーンに移籍して連載中、霜月かいり原作の漫画をTVアニメ化。関ヶ原の戦いが起こる1年前の舞台に、伊賀の忍者霧隠才蔵と、出雲の巫女・伊佐那海が出会い、イケメン真田十勇士の活躍を描く戦国絵巻。

ポヨポヨ観察日記」テレビ東京:01/08(日)07:24〜 「ポヨポヨ観察日記」テレビ東京:01/08(日)07:24〜を含むブックマーク

> キッズステーション:01/14 20:40〜

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/poyo/
http://www.takeshobo.co.jp/sp/tv_poyopoyo/

原作:樹るう、監督:大地丙太郎、作画:大島りえ、アニメーション制作:ダックスプロダクション×スタジオディーン×メビウス・トーン。まんがライフ系にて連載中、樹るう原作の4コマ漫画TVアニメ化。チバラギ県ちくば市という架空の田園都市を舞台に、まんまる体型をした猫らしからぬ姿の猫と、飼い主の佐藤萌と、その農家の家族と周囲の人々を描いたほんわかギャグアニメーション

輪廻のラグランジェ」TOKYO MX:01/08(日)22:00〜 「輪廻のラグランジェ」TOKYO MX:01/08(日)22:00〜を含むブックマーク

> バンダイチャンネル:01/08 22:00〜
> 札幌テレビ:01/09 25:43〜
> 読売テレビ:01/09 25:44〜
> 福岡放送:01/09 26:04〜
> チバテレビ:01/10 25:30〜
> 中京テレビ:01/10 26:44〜
> ニコニコ動画:01/11 24:00〜

http://lag-rin.com/
http://www.nissan.co.jp/ENTERTAINMENT/LAG-RIN/

原作・制作協力:Production I.G総監督佐藤竜雄、監督:鈴木利正キャラクター原案:森沢晴行、キャラクターデザイン:乘田拓茂・小林千鶴、シリーズ構成:管正太郎、アニメーション制作:XEBEC。千葉県・鴨川市を舞台に、鴨川女子高校・ジャージ部のたったひとりの部員・京乃まどかが、ランと名のる不思議な美少女を勧誘して人助けに奔走する青春ストーリー…と思わせておいて、実は宇宙から襲来した敵との戦いに巻き込まれてしまう美少女パイロットのSFロボット物でした。また、メカニックデザインには日産自動車が全面協力していて、面白いコラボを展開するようです。製作発表会で第1話を先行上映済みですが、1話の時点では舞台が鴨川でなくてはならない必然性が感じられなかったので、鴨川まで近い千葉県民としては、2話以降の御当地描写に期待したい。鴨川シーワールドや鯛の浦、仁右衛門島などのメジャーかつ海に関係あるものは当然として、勝浦タンタンの『江ざわ』や、おらが丼と言った“食”の部分や、誕生寺や清澄寺など社寺仏閣の描写にもこだわってくれるとニヤニヤします。

アクエリオンEVOL」テレビ東京:01/08(日)25:35〜(初回は1話と2話合体の1時間スペシャルエピソード) 「アクエリオンEVOL」テレビ東京:01/08(日)25:35〜(初回は1話と2話合体の1時間スペシャルエピソード)を含むブックマーク

> テレビ大阪:01/09 25:10〜
> TVQ九州放送:01/09 26:23〜
> テレビ北海道:01/12 26:30〜
> テレビ愛知:01/13 26:30〜
> テレビせとうち:01/14 26:35〜
> ファミリー劇場:01/15 16:30〜
> ニコニコ動画:01/16 24:00〜

http://aqevol.com/
http://www.aquarion.info/

原作:河森正治サテライト総監督河森正治、監督:山本裕介シリーズ構成岡田麿里キャラクター原案:倉花千夏・石田可奈キャラクターデザイン石田可奈・丸藤広貴、主題歌プロデュース:菅野よう子、アニメーション制作:サテライト×エイトビット。“あなたと合体したい”と言う衝撃的なフレーズと、菅野よう子のオープニング曲、そしてパチ化による露出の多さによって有名になったアクエリオンの続編制作が決定。前作のTVシリーズから一万二千年経った未来を舞台に、まったく新しいキャラクターたちが、新型アクエリオンに乗って異次元からの敵と戦う物語を描く。前作とはまったく別人だけど、前作のキャラの生まれ変わりの可能性はあるとかないとか。それは、禁じられた合体。

あの夏で待ってる」テレビ愛知:01/09(月)25:30〜 「あの夏で待ってる」テレビ愛知:01/09(月)25:30〜を含むブックマーク

> KBS京都:01/09 25:30〜
> AT-X:01/10 10:00〜
> TOKYO MX:01/10 26:00〜
> BS11:01/11 24:30〜
> サンテレビ:01/11 24:35〜
> チバテレビ:01/11 25:30〜
> テレ玉:01/12 25:05〜
> テレビ神奈川:01/12 25:15〜
> 信越放送:01/14 25:45〜

http://www.ichika-ichika.com/

原作:I*Chi*Ka、監督:長井龍雪、脚本:黒田洋介キャラクター原案羽音たらくキャラクターデザイン田中将賀アニメーション制作:J.C.STAFF。全12話。黒田洋介×羽音たらくの、聖地巡礼の先駆けとして人気を博した“おねがいシリーズ”コンビと、長井龍雪×田中将賀の「とらドラ!」「あの花」コンビと言う、注目度の高いクリエイターが集まって贈る、ちょっと不思議な青春恋愛オリジナルアニメーション。大人になる前に何か成し遂げたい!という思い、将来への焦りや希望など高校生の心の動きを描くらしい。主人公の海人が自主制作映画を撮ると言うことを合わせると、おねがいシリーズ版『GREEN 〜秋空のスクリーン〜』と言うのが第一印象としてしっくり来る感じ。日本の文化に慣れておらず、言動がおかしく、『りのん』と言う謎ペットを連れているヒロイン・イチカや、家族構成や生い立ちが謎に包まれている少女・檸檬などの存在は、明かに“おねがいシリーズ”の風見みずほ森野苺の面影を匂わしているので、製作会社が変わっているとは言え、何らかの繋がりにも期待してしまうのが本音。

「Another」北日本放送:01/09(月)25:35〜 「Another」北日本放送:01/09(月)25:35〜を含むブックマーク

> KBS京都:01/10 25:00〜
> テレ玉:01/10 25:05〜
> テレビ神奈川:01/11 25:45〜
> TOKYO MX:01/11 26:00〜
> TVQ九州放送:01/11 26:48〜
> 岐阜放送:01/12 25:45〜
> 三重テレビ:01/12 26:50〜
> サンテレビ:01/12 26:05〜
> チバテレビ:01/13 25:30〜

http://www.another-anime.jp/
http://www.kadokawa.co.jp/another/

原作:綾辻行人キャラクター原案:いとうのいぢ、監督:水島努シリーズ構成・脚本:檜垣亮、キャラクターデザイン:石井百合子、アニメーション制作:P.A.WORKS。全12話。角川文庫にて刊行中、綾辻行人原作の長編推理小説TVアニメ化。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、クラスの奇妙な雰囲気に違和感を覚える。孤高の美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みるが、謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!「BLOOD-C」でやらかした水島努P.A.WORKSの作画力で、ホラーに似つかわしくない、いとうのいぢ原案のキャラクターたちがどのような最期を迎えるのか。そして、作品のキモでもある叙述トリックを、アニメと言う媒体の違いでどのように描くかに注目。

男子高校生の日常」テレビ東京:01/09(月)26:00〜 「男子高校生の日常」テレビ東京:01/09(月)26:00〜を含むブックマーク

> 先行配信◇ニコニコチャンネルバンダイチャンネル:11/03〜
> AT-X:01/10 10:30〜
> ニコニコチャンネルバンダイチャンネル:01/10 24:00〜
> テレビ愛知:01/12 27:00〜
> テレビ大阪:01/13 27:30〜

http://www.danshinichijyo.net/
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/danshinichijyo/
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/special/danshinichijyo/
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/comic/danshinichijyo/

原作:山内泰延、監督:高松信司、副監督:吉村愛、キャラクターデザイン総作監:湯本佳典、アニメーション制作:サンライズガンガンONLINEにて連載中、山内泰延原作の漫画をTVアニメ化。真田北高校(男子校)に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケを中心に、とてつもなくバカだけど、なぜか愛らしい男子高校生たちが繰り広げるハイスクールリアルライフコメディー。高松信司×サンライズの「銀魂」スタッフが、そのまんまのノリでまたも暴走するのか。先行プロモーションと称して、毎週末本編からチョイスしたエピソードをネット配信中。

パパのいうことを聞きなさい!」TOKYO MX:01/10(火)25:30〜 「パパのいうことを聞きなさい!」TOKYO MX:01/10(火)25:30〜を含むブックマーク

> テレビ愛知:01/10 25:30〜
> テレビ神奈川:01/10 25:45〜
> チバテレビ:01/12 25:30〜
> MBS:01/12 26:30〜
> BS11:01/13 23:00〜
> AT-X:01/13 23:30〜
> テレ玉:01/13 25:05〜

http://www.starchild.co.jp/special/papakiki/
http://www.papakiki.com/
http://dash.shueisha.co.jp/_papa/

原作:松智洋、原作イラスト:なかじまゆか、監督:川崎逸朗、助監督:及川啓、シリーズ構成荒川稔久、脚本:荒川稔久成田良美あみやまさはる・大知慶一郎、キャラクターデザイン:豆塚隆、アニメーション制作:feel.。TVアニメ化もされた「迷い猫オーバーラン!」の著者でもある松智洋氏が集英社スーパーダッシュ文庫にて刊行中のライトノベルTVアニメ化。複雑な家庭事情を持つ主人公・瀬川祐太は、義姉夫婦の乗った飛行機が行方不明となってしまったことで、義姉夫婦の残された3人の娘達が全員バラバラにされそうだったことを見かねて、全員自分が引き取ると宣言し、6畳一間のアパートで4人暮らしをスタートさせる。そんな過酷な環境に苦しみつつも、力を合わせて家族となっていく四人を描くアットホームラブコメディー。アニメ化に先駆けて集英社の各誌で原作のコミック化やスピンオフコミックを連載する『コミカライズ七誌計画』を行っていて、スーパーダッシュ&ゴー!の新創刊も後押しすると言う大規模プロジェクトになっている。

テルマエ・ロマエ」フジテレビ:01/12(木)24:45〜 「テルマエ・ロマエ」フジテレビ:01/12(木)24:45〜を含むブックマーク

http://thermae-anime.jp/
http://www.enterbrain.co.jp/comic/TR/

原作:ヤマザキマリアニメーション制作:DLE。『ノイタミナ』枠にて一挙3話放送。4月28日公開予定の実写映画がフジテレビムービー製作なので、『ノイタミナ』枠を使ってプロモーションしてしまおう的な?

妖狐×僕SS」MBS:01/12(木)26:00〜(初回は26:27〜) 「妖狐×僕SS」MBS:01/12(木)26:00〜(初回は26:27〜)を含むブックマーク

> TBS:01/13 26:25〜
> RKB:01/17 26:25〜
> CBC:01/19 27:05〜
> BS-TBS:01/21 24:30〜

http://www.inuboku.tv/
http://www.square-enix.com/jp/magazine/joker/series/inuboku/

原作:藤原ここあ、監督:津田尚克、キャラクターデザイン総作監飯塚晴子シリーズ構成:根元歳三、シナリオ・設定監修:佐藤卓哉アニメーション制作:david produciton。月刊ガンガンJOKERにて連載中、藤原ここあ原作の漫画をTVアニメ化。一世帯につき1人のSS(シークレットサービス)が付く、最高級のセキュリティーを持つマンション“メゾン・ド・章樫”を舞台に、妖怪の先祖返り達が繰り広げる主従マンションラブコメディー。男性キャラのデザインから、女性向けの印象が強いけど、実際は僕っ娘のりりちよ様かわいいかわいいな作品。各キャラに主従関係があるので、「WORKING!!」のような、いわゆるカプ厨向けとも言える。アニメ版が第1章のラストで終わったら壮絶に後味が悪いので、伝説が作れそう。あと、肉便器発言など性的な言動が目立つ某キャラのセリフがどこまでオーケーなのか気になるところ。

ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜」中京テレビ:01/16(月)24:29〜 「ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜」中京テレビ:01/16(月)24:29〜を含むブックマーク

> DMM.com [SKE48の世界征服女子] SKE48 LIVE!! ON DEMAND:01/23 10:00〜

http://studio-m2.com/
http://sj.shueisha.co.jp/library/content/gokujo/
http://www.ctv.co.jp/ssj/
http://www.dmm.com/lod/ske48/ssj/

原作:宮崎摩耶、ほかスタッフ未発表。『SKE48の世界征服女子』内にて放送。ケータイ★まんが王国からスーパージャンプに移籍し、同誌が休刊した現在はグランドジャンプに移籍して連載中、宮崎摩耶原作の漫画をTVアニメ化。お嬢様が集まる極楽院女子高等学校、略称・極女。その女子寮の実態は…赤面必至のおてんば女子が織り成す、エロとおバカの乱痴気騒ぎ。LAから極女に転校してきた美少女・栗橋南は、その可愛さを武器に極女に君臨しようと画策するも、様々なハプニングによって計画は崩れ、おバカで下ネタ三昧の日々を課せられていくことに。以前TVアニメ化もされた、大島永遠原作の「女子高生」や、さんりようこ原作の「B型H系」と同系統で、それよりさらにエロ度と下品さをパワーアップさせてより生々しくした感じ。

ダンボール戦機W」テレビ東京系:01/18(水)19:27〜 「ダンボール戦機W」テレビ東京系:01/18(水)19:27〜を含むブックマーク

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/lbx/
http://www.lbx-world.com/

企画・総監督・ストーリー原案:日野晃博、監督:高橋ナオヒト、キャラクター原案・LBXデザイン:園部淳、シリーズ構成冨岡淳広キャラクターデザイン西村博之アニメーション制作:OLM。タイトルを変えて新シリーズ突入。

こいけん!〜私たちアニメになっちゃった!〜」フィーチャーフォン/スマートフォン:2012初春〜 「こいけん!〜私たちアニメになっちゃった!〜」フィーチャーフォン/スマートフォン:2012初春〜を含むブックマーク

http://koiken-anime.jp/
http://pf.mbga.jp/12000186(フィーチャーフォン版)
http://sp.pf.mbga.jp/12000186(スマートフォン版)

プラットフォームMobage(DeNA)、メーカー:Vector、監督:kamisiro、脚本:赤尾でこアニメーション制作:マーヴィージャック。Mobageで配信中のソーシャル恋愛ゲーム『こいけん!』が、ケータイ向けのアニメとなって配信される。携帯配信というゲームユーザーを意識し、アニメ版も携帯配信から始まる展開を取っていて、アニメ化にあたってはゲームに登場するメインキャラクターを中心とした、赤尾でこ氏による完全オリジナルストーリーになるらしい。

ブラック★ロックシューター」フジテレビ:02/02(木)24:45〜 「ブラック★ロックシューター」フジテレビ:02/02(木)24:45〜を含むブックマーク

http://www.noitamina-brs.jp/
http://www.blackrockshooter.jp/

原作:BRS★project、キャラクター原案:huke、監督:吉岡忍、CG特技監督:今石洋之シリーズ構成・脚本:岡田麿里キャラクターデザイン総作監:芳垣祐介、アニメーション制作:Ordet&SANZIGEN。全8話。『ノイタミナ』枠にて放送。hukeによるイラストと、ニコニコ動画での初音ミクサウンドを皮切りに一大プロジェクトとなった「ブラック★ロックシューター」が、SANZIGENによる新たな『リ・アニメーション』表現を盛り込んだTVアニメーションシリーズとして生まれ変わる。インターネット上での全編無料配信や雑誌の付録として配布するなど、通常のアニメーションとはまったく異なるプロモーション・流通体制が取られたことで話題になったOVA版の設定をベースにしながら、今度のTVシリーズでは、黒衣マト/ブラック★ロックシューターと、彼女の友人となる小鳥遊ヨミ/デッドマスターたちの“友情”と“絆”を、よりセンシティブに、よりダイナミックに描く。

2011-12-02

[]「ギルティクラウン」第8話 「ギルティクラウン」第8話を含むブックマーク

スピンオフゲーム「ギルティクラウン ロストクリスマス」の脚本を担当する鋼屋ジンアニメ脚本デビュー回。自身が原作のデモンベインアニメ化されてるけど、あちらには脚本参加してないし、黒歴史化して散々だったからなあ(笑)。ヴォイドゲノム能力の起源に関係する石を奪うため、施設のセキュリティを突破するのに颯太のヴォイドが必要だから連れてこいという涯。それにより、現代映像研究同好会による合宿という名目のサービス水着回だと思ったら、いつの間にか集と颯太の青春回になっていた…。肝心な部分が止め絵ばかりで物足りないよ!いのりの登場に危機感を覚えた祭ちゃんが攻勢に出るのかと思いきや空砲気味だし。それにしても、涯さんは本当に美人局作戦好きだなあ。集を勧誘するのに使った手を、今度は集自身に颯太に対してやらせるとは悪趣味すぎる。まあ、作戦と割り切って最後まで我慢できない早漏っぷりが、相変わらず意思力の弱い集さん安定でしたが。しかし、あれほど涯といのりの信頼関係を見せつけられて、一度は凹んだにも関わらず、いのりは俺のッ!とかどの面下げて言ってるんだと(笑)。しかも、その場面を綾瀬たちみんなに見られてたとか、恥ずかしくて死ねるレベル(笑)。でもあそこは我慢して、集の時は素っ気なく拒絶されていただけに、颯太の告白に、いのりがどう答えるのか見てみたかった。いのりさんが真のビッチが否かが問われるところだったのになあ。作戦自体は、集の父親の偽装した謎のおっさんに掠め取られて、葬儀社側は、集がヴォイドを抜くのが早いとか関係なく失敗。今まではツッコミどころ満載ながらも計画通り(ドヤァ!だったけど、今回は初めて涯が出し抜かれた。いつも涯の手のひらの上って感じだったので、今回は溜飲が下がる思いですよ。主人公側が失敗してスカッとするような好感度の低さはどうかと思うけど(笑)。あと、亞里沙生徒会長は涯△にメロメロすぎ。わざわざ描写を入れたぐらいだから、今後の伏線なのか?

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME