MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2012-04-26

[]「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第4話 「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第4話を含むブックマーク

愛に生きるために日陰を選んだオペラ歌手と、身体を道具としか思っていない不二子ちゃんとの価値観の違いを浮き彫りにさせる話。事件の過程と結末よりも、事件によって露呈するキャラ付けに重点を置いたんだろうけど、そのせいで、アイヤーン達の自作自演の行動が過剰に演出されて狂気になってるし、肝心な部分がおざなりになって、尻切れトンボで消化不良になってしまった感が否めないな。ロリ不二子ちゃんの記憶を見たのは何かの伏線っぽいが。位置付け的にはとっつぁん回だったんだろうけど、ダーティーなイメージを押し付けすぎて、さすがに別人すぎると思った。とはいえ、とっつぁんの悪役っぷりはなかなか見応えあり。ルパン一族逮捕のためなら、自らの行動が正義で無くてもかまわないという徹底さ。釈放との交換条件で、不二子ちゃんと寝て、しかもアイヤーンの仮面を狙えと焚き付けるやり口には驚愕したわ…。それにしても、とっつぁんと不二子ちゃんがガチでセックスしてたのは、アニメ版しか知らない視聴者的にはショックでかすぎだろ。金曜ロードショーでしかルパンを知らない世代が見たら寝込むレベル(笑)。それと、不二子ちゃんのおっぱいノルマが途切れた?いつもの全裸は芸術的な印象でエロさを感じなかったのに対して、シルエットと♂ピストン動きと喘ぎ声だけの今回の抽象セックスシーンの方が、むしろ卑猥に感じてしまったよ。あと、とっつぁんの相棒イケメン刑事が、疑惑では無くガチだった。豚女は豚女らしくブヒブヒ走れ!!!とっつぁんが、妙に不二子ちゃんのお尻に固執してセクハラしてたのは、オスカー刑事とアッー!な関係の隠喩かと思ってしまったぜ。

2012-04-23

氷菓」は、理屈こねくり回したハルヒっぽかった。『消失』のハルヒSOS団作ってたらこうなるかも、みたいな?ミステリー部分にツッコミを入れられるほど頭脳派を気取れるわけでも無いし、かと言って、えるたん可愛いだけで感想書き続けるのは厳しいな。

[]「黄昏乙女×アムネジア」第3話 「黄昏乙女×アムネジア」第3話を含むブックマーク

無駄に格好良いポーズを決めて颯爽登場した霧江さんの虚勢が曝かれる話。貞一君と夕子さんが平常運転キャッキャウフフしてたら、お前はもう呪われている!どーん!と霧江さんに忠告されて、疑心暗鬼に囚われた貞一君が、夕子さんの姿が醜悪に見えるようになるも、見る側の気持ちによって見え方が変わる夕子さんの本質を見抜き受け入れることで、エロ可愛い『僕の夕子さん』を取り戻したよ!“視える”側の主観で容姿が左右されるなら、いくら霊体の方の裸を見られても恥ずかしくないと言う夕子さんの心理にも説明は付くか。そのことで、結果的に夕子さんが悪霊に見えていたのは、霧江さんが内心夕子さんの幽霊を怖がっていたからだとバレてしまったわけで。クールビューティーの仮面があっさり剥がれてデレる霧江さんチョロいな!一方、前回、夕子さん自身が再封印した夕子さんの遺体を、今回の件をきっかけに改めて調査。貞一君が夕子さんを口説く会話劇は、映像オフにするとエロトークすぎる(笑)。隠し部屋にある謎の祠、骨折している夕子さんの遺体、もう一つの神隠しの伝承。状況証拠だけ見ると真っ黒というか、夕子さんの死因は、旧校舎の前にあった神社に奉られていた神を沈めるための人身御供としか思えないわけですが、原作でもまだ核心には迫ってないので、アニメ版でも濁したまま終わるだろうなあ。

2012-04-19

[]「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第3話 「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第3話を含むブックマーク

TVアニメ1stシリーズに繋がるべく、可憐なガールフレンド・不二子ちゃんを、駆け出しのサムライ殺し屋・五エ門さんがゲットする話。女性関係が複雑だった前回の次元と比べると、国王の暗殺を依頼された五エ門が、不二子ちゃんに籠絡されて失態を犯すも、不二子ちゃん可憐だからまあい良いかと、五エ門さんがチョロエ門と発覚しただけのシンプルな内容。チートすぎる斬鉄剣捌きと、意外とお茶目でロマンチストな顔を併せ持つ五エ門は、ベクトルこそ違えど、次元と並んで格好良い。にも関わらず、いちいち肝心なところでピリッとしないのが憎めないキャラ作りに上手く作用してるんだよなあ。ただ、容赦なく殺しまくってた次元に対して、殺し屋のワリに結局人殺し描写のなかった五エ門は、ちょっと温すぎる気もしたけど。殺し屋廃業して泥棒に転職する気にさせるような伏線も特になかったし。それにしても、半年前から家庭教師に扮して用意周到に根回して狙っていた国宝級の絵画を潔く諦めた不二子ちゃんは、昨今のTVスペシャルで毎回のように痴態を晒してる不二子ちゃんと同一人物とはとても思えん(笑)。今回は、主人公のはずなのに、ほとんど傍観者になっていたせいで、3話目にして早くも不二子ちゃんのセクシーシーン無しかと思いきや、最後の最後で、脈絡無くおっぱいノルマを達成する不二子ちゃん吹いた(笑)。五エ門が、不二子ちゃんの服を斬った時だけ、つまらないもの云々のセリフを言ってなかったけど、つまらなくないですもんね、わかります。あと、全裸ベルトのままバイク乗るのは色々危険だと思います。

2012-04-16

[]「黄昏乙女×アムネジア」第2話 「黄昏乙女×アムネジア」第2話を含むブックマーク

前回より時系列を戻して、貞一君と夕子さんの出会いから仕切り直し。こちらが原作通り、事実上の第1話ですね。迷宮のように入り組んだ妙な作りで、怪談の噂が絶えない旧校舎に足を踏み入れた貞一君が、ひょんなことから自称旧校舎の幽霊・夕子さんと出会い、また、自分の姿を見るだけで無く触ることすら出来て、それどころか、恥ずかしいところまで丸裸にされてしまった夕子さんに取り憑かれる興味を持たれてしまう話。自分の実体では無いから、全裸を見られようが、おっぱいを揉まれようが恥ずかしくないという夕子さん。いや、その理屈はおかしい(笑)。貞一君、ラッキースケベすぎるだろ。夕子さんの存在と発言に疑問を感じた貞一君が、大きな鏡の裏の隠し部屋を暴き、夕子さんの遺骸を発見する…けど、どう考えても警察沙汰な出来事を華麗にスルーして、夕子さんがでっち上げた怪異調査部による学園部活アニメが始まりますよ(笑)。まあ、この辺は舞台設定ありきなので突っ込んだら負けなんだろう。原作では、ようやく旧校舎取り壊し云々の話が出てきて、夕子さんの遺体をどうするかって話になってるけど。後半は、依頼者第1号として、夕子さん本人を前にして、夕子さんに殺される!と駆け込んできたももえちゃんの依頼を解決する話。次回以降出てくるであろう影夕子さんも夕子さん自身であることを含め、この学校で起こる怪談の大半は、夕子さんの悪戯心が発端で起こり、夕子さんの自作自演で解決するマッチポンプ仕様ですが、嫉妬する夕子さんが見られるなら、些細な問題です。疑心を消して上げれば良いという発案も方法も全て夕子さんなのに、解決してももえちゃんのフラグを立ててしまう貞一君の棚ぼたっぷりに憤りを感じますが、嫉妬する夕子さんを見るために必要なことだと割り切って壁殴り自重する。こんな幽霊娘になら取り憑かれても良い!と思わせられれば成功だろう。ただ、ちょっとデフォルメ演出を多用しすぎてるのが気になるところ。

2012-04-12

[]「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第2話 「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第2話を含むブックマーク

見た目通りの性悪女だった不二子ちゃんには、身体を使っていくら誘惑されてもブレなかった渋格好良い次元さんが、自殺癖があって、途中何を言ってるのかわかりません的な護衛対象のメンヘラ女に入れ込みすぎて、体よく利用された挙げ句、見た目じゃわからない女心に振り回されて、女性に対する苦手意識をこじらせて殺し屋用心棒を廃業する、寝取り寝取られ愛憎劇。前回のルパンに続き、今度は不二子ちゃんと次元の出会いエピソードではあるんあだけど、今回の不二子ちゃんは、盗み自体が茶番であって、傍観者に徹していることもあるため、完全に次元が主役だった。チッチョリーナさんがもう少し魅力的なら、ハードボイルドな次元の苦悩も、もっと共感できたんだろうけど、同じ『性悪』というカテゴリにあっても、全然似ていないのだと次元に言わしめるために、不二子ちゃんとの対比ありきで作られたキャラだろうからある程度は仕方ないか。ただ、あの間男への寝取られ設定の効果は疑問だったが(笑)。マフィアのボスの女を次元が寝取った(と思わせる)展開への代償なんだろうけど、次元が煽り耐性強すぎてまるで意味なかったぞ。あと、次元のスペックはチートすぎ(笑)。マフィアのゴロツキに囲まれても無傷ってどんだけだよ。墓前で次元と不二子ちゃんが別れるラストシーン、過去の自分に殺されるくだりと、パートナー云々の話は、2人の未来に対する当て付けというか、皮肉が効いてて良かったな。次回は五エ門登場?ところで、エンディングのロリ不二子ちゃんのエピソードのアニメ化予定は無いんですか?

2012-04-09

[]「黄昏乙女×アムネジア」第1話 「黄昏乙女×アムネジア」第1話を含むブックマーク

妖狐×僕SS」に続き、ガンガンJOKER連載中のめいびい原作コミックをTVアニメ化。原作既読…と言うか、原作ファンなのでどうしてもバイアスがかかる見込み。1話は、ひょんな事から旧校舎の幽霊として噂されてる夕子さんに出会ってしまった主人公の貞一君の話…ではなく、原作の幕間的な小ネタと、夕子さん自身が知らない秘密に関する布石を打つエピソードを寄せ集めて、夕子さんが見えない怪異調査部・部員のももえちゃん視点のAパートと、その答え合わせとなるBパートの夕子さん視点とをザッピング手法で見せるというものでした。原作既読者を除き、夕子さんの容姿や性格を知らない状態でないと、今回のようなギミックは効果が激減してしまうので、キャラクター紹介も兼ねて、やるなら初回しかないよね。それでいて、夕子さんの存在を知覚できないレギュラーキャラを中心に据えようとすると、必然的にこの構成になったんだろうなあ。まあ、今後の展開に差し障りがあるのは、夕子さんの遺体の場所をさらっと言ってしまったことと、影夕子さんの存在を早速見せてしまったことぐらいかな?すでに霧江が同行してたのは、むしろご褒美です。と言うか、基本的に、とても中学生には見えない妖艶な夕子さんの嫉妬萌えにニヤニヤできれば万事オッケーな内容だしな!ところで、荷物用エレベーターの中での貞一君と夕子さんの密着情事が黒い影が多すぎてよく見えなかったんですが、BD/DVDで何か変わるんですか?次回のサブタイトルが『“邂逅”乙女』なので、時系列が戻って、ちゃんと貞一君と夕子さんの出会いからやってくれそう。

2012-04-05

[]「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第1話 「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」第1話を含むブックマーク

去年のテレビスペシャルから一新された新布陣の声優を引き続き迎えて、四半世紀ぶりに復活したルパン三世TVアニメシリーズは、峰不二子視点で描かれる、若かりし頃のルパン一味の出会いのエピソードとなっていて、山本沙代×岡田麿里の異色コンビが挑む。事前情報の露出の低さと、昨今のテレビスペシャルの不発っぷりが相まって、前評判は決して良いものとは思えなかったし、不二子のエロティックを押し出しても、どうせ中途半端で生ぬるいんだろうなあと思いきや、少なくとも1話に限って言えば、良い意味で予想を裏切る出来だった。キャッチコピーに違わず、アダルトで、ハードボイルドで、それでいてコメディ要素も忘れていないサービス精神旺盛っぷりには感動。作画やキャラの性格がかなり原作寄りになったのかな?テクスチャの多用は賛否両論ありそうだけど、GONZOじゃなくてトムスがこれをやってくるとは驚きだ。内容としては、カルト教団の教祖が出す謎の力を盗みに入った不二子がルパンと出会い、盗み勝負になった結果、謎の力の秘密を暴いた挙げ句、教団を壊滅しちゃいました…ってだけなんだけど、不二子が行き当たりばったりのアホキャラではなく、自らの女の武器を駆使して、かつ頭もキレる女として描かれているため、今後、ルパンがご執心になる女性という説得力を持たせることに成功してる。あとは、なんと言っても不二子にしろ、敵側にしろ、出し惜しみをしないエロ攻勢が凄い。おっぱい、乳首は当たり前、押し倒されて乳揺れとか、スパンキングとか、フェラチオを想起させるカットとか、当たり前のようにやってくれるぜ。不二子は、おっぱいと乳首を丸出しにしてるシーンの方が多いぐらいだったんじゃないか?(笑)。これは、「ルパン」と言うブランドが確立されていて、麻薬やカルト宗教などを取り扱って、『子供は見るな、これは大人のためのアニメだ』と言う印象付けを徹底しているからこそ許されたのかもなあ。とにかく、大人向けを意識させる要素の徹底ぶりは、かつてOL向けを打ち出した初期の『ノイタミナ』以上だと思う。「聖闘士星矢Ω」vs「LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜」と言う、四半世紀ぶりTVアニメシリーズ復活対決は、個人的にはルパンの圧勝だね。今後描かれるであろう、次元や五ヱ門の登場が楽しみだ。作画とエロスとシュールコメディの勢いが1話だけで失速は勘弁だぞ。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME