MOON PHASE 雑記

ネタバレあります。むしろ、ネタバレ以外が少ないです。
フォームメール等の投稿内容に関しても、ネタバレの規制はしませんので、書くのも見るのも自己責任で。
アニメ・ゲーム・ラノベ・コミックなどの感想、フライング情報やサブカル系情報、
ネットを巡回して見つけたネタ、噂、2chからの情報などを取り上げる事を目的とした雑記です。
噂やネタバレ、憶測なども含めて話題にしますので、情報の信憑性は一切保証しません。


は じ め に    MOON PHASE 本館    アニメ予定表    雑記 別館



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 12 |

 | 

2012-08-27

[]「織田信奈の野望」第8話 「織田信奈の野望」第8話を含むブックマーク

良晴の、黒くて、硬そうで、白くてネバネバした何かがぶっかけられたものを咥えて、涙を流しながら恍惚な表情で悶える信奈を見てしまい、愕然とする明智光秀こと十兵衛ちゃんの本能寺ゲージが溜まってしまう!表現は卑猥だけど、内容は至って健全な、堺のたこ焼き対決と、京都平定の話。義元ちゃんを将軍に担ごうとしたら、近衛前久から大金上納を要求されたので、商業都市・堺の今井宗久に頼み込んで資金調達するぜと乗り込んだら、なぜか津田宗及側に付いた十兵衛ちゃんと、今井宗久側の良晴とのたこ焼き対決に…。いつの間にか信奈のオーラに当てられて信奈信者になっていたらしい十兵衛ちゃんが、良晴の活躍に嫉妬して空回りしはじめました。まあ、普通に考えれば、謀反フラグの蓄積にしか見えない流れだよなあ。まさか、これが闇落ちどころか、良晴ラブルート分岐点だとは誰も思うまい。十兵衛ちゃんの空気読めなさも、繰り返しギャグ扱いされるようになっていくし(笑)。相良先輩⇒サル先輩⇒サル人間と、良晴の呼び名が格下げになっていく感情の移り変わりに吹いた(笑)。いきなり信奈に無茶振りされても、西洋文化の事に気付いて、揺れるおっぱいフロイスちゃんの元を訪ねたり、五右衛門の失敗から機転を利かせて揚げたこ焼きを作ったり、意外と普通に良晴が頭使って活躍したな。ひどい八百長で、後味の悪い結末にはなってしまったけど。視聴者からしたら痛いだけの良晴のゲーム脳ゼリフは、信奈達からしたら、すっかり自分たちが知らない知謀発動フラグと認識されてるようで。しかし、一国の姫大名が料理対決の司会をノリノリでやってるのはどうなんだ?(笑)。フロイスちゃんを訪ねた時、梵天丸がいなかったのが残念。邪気眼流命名エピソードすっ飛ばしたのはいただけない…。一方、謎の仮面()と久秀が助力し、鎧象でやりたい放題の三好軍は、半兵衛ちゃんの活躍で、あっさり撤退を強いられていた。ぶっちゃけ、鎧象隊がいたら、武田騎馬隊が霞むよね(笑)。それと、松永久秀がペルシャ由来の幻術と傀儡使いだという説明がないから、この時代に象が持ち込まれてる経緯が意味不明すぎるよな。杉谷善住坊が出てきて、次回は清水寺の攻防。アニメ版だと良晴が十兵衛ちゃんを警戒している描写が全然無いので、十兵衛ちゃんを立ち直らせる場面の説得力が出せるかどうか。次回は、一気に3巻のクライマックスのアレまで駆け抜けてしまうんだろうか?

2012-08-25

[]「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第8話 「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第8話を含むブックマーク

開幕おっぱい!光渡し発動!ワンランク上ですら敗北とは…。まあ、元々原作はベロチューメインで肌色成分は少ないので、光線が仕事しなければならない描写があったこと自体意外と驚きでしたが。それにしても、愛人、2号、現地妻、メイドさんに囲まれてイタリアでバカンス…だと?護堂さんもげろ!しかも、それが嫌で逃げ出すとか、わがままにも程があるぜ。エリカさんの罠にはまったとも気付かず、祐理を連れてゾラさんのところに逃亡した護堂さんでしたが、この時の飛行機上で祐理に自分がカンピオーネになった経緯を語る過去回想編が原作3巻の話。それを、アニメ版では1話でやってしまったわけで…。なので、そこをすっ飛ばして原作4巻の話に突入しました。ここでようやくアテナが再登場。神具ゴルゴイオンに呼応していた神具ヘライオンの対処が事件の発端で、そこでドニが余計なことをやらかし、竜の神獣に引き寄せられてペルセウスが降臨。今回の敵がペルセウスなので、出自からしても、アテナが出てくるのは必然なんだよね。でも、アテナは護堂さんに対してペルセウス以上に自分のライバル的な感情を抱いてるらしく、ライバルの成長を促すべく、ペルセウスの相手を譲ってくれました(笑)。エリカと祐理から離れた護堂さんは、ドニを監視していたリリアナさんと再会。さすがに、リリアナさんの性格からして、いきなりベロチューとはいかなかったなあ。後光が差してるペルセウスに射貫かれて、また死にかける護堂さんだけど、次回予告から察するに、次回で4巻完結?てことは、リリアナさんもマッハ落ち確定じゃ無いですか!このまま順当にいくと、10話で最後のヒロイン・恵那が登場して、原作5巻を10〜12話で消化して終わり?

2012-08-20

[]「織田信奈の野望」第7話 「織田信奈の野望」第7話を含むブックマーク

信奈上洛回かと思ったら、やんごとなき巫女(ひみこ)ちゃんと行く、世紀末京都散歩回だった。将軍・足利義輝と妹の足利義昭が大陸に亡命してしまったので、光秀ちゃんの機転により、義元ちゃんを将軍に担ぎ上げ、しつこい浅井長政には、女装させた信澄をあてがって同盟し、ようやく信奈は上洛に成功。良晴への恩賞は、ねねが義妹になりました。正妻ではなく義妹だけど、家族には違いないので、ある意味史実通りだ(笑)。そして、いつの間にか相良先輩と呼びつつ、調子に乗ってる光秀ちゃんが、ライバルポジションとして徐々に頭角を現してきたな!今回は、ほぼまるまるアニメオリジナル展開。原作では、次回予告にあった、信奈と京都デートやら、たこ焼き対決やら、梵天丸とフロイスちゃんとの出会いやらが先に描かれていて、信奈からの命令で京都御所を訪れた良晴が姫巫女ちゃんと出会い、神通力によって良晴の未来人としての資質を見出す…って流れだったんだけど、アニメ版は、姫巫女ちゃんの出番を多くして、良晴との交流と、京都の置かれている現状、そしてこれから関わってくる新キャラたちの顔見せを兼ねたシリアス寄りの重要なエピソードに仕立てられてました。オープニングでラスボスポジションな、松永久秀と朝倉義景も登場。松永久秀のペルシャ幻術は、半兵衛ちゃんの式神使いと並んで、このファンタジー世界の中にあっても異質だよなあ。ちなみに、たこ焼き対決と、梵天丸とフロイスちゃんとのあれこれは、今後の戦況を左右する重要な伏線だったりするので、さすがにそれを全部カットして今回のオリジナルにされていたら首を捻るところでしたが、次回ちゃんと補完してくれそうだし、構成が良く練られていて、見せ方としては原作より上手く出来てるかも。ただ、謎の仮面のおっさんがここで出てくるってことは、5巻無し確定で、アニメオリジナルの結末になりそうだなあ。そのせいで5巻以降に続ける部分が破綻して、二期の可能性が消える脚本にするのは止めて欲しい…。

2012-08-18

[]「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第7話 「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第7話を含むブックマーク

東京タワーはちゅっちゅのための犠牲になったのだ…。そんなわけで、原作2巻完結の、ヴォバンさんとの鬼ごっこ決着回。そして、晴れて祐理がエリカに続くキス要員に昇格。勝つための手段だというなら、戦闘中のキスぐらい何てことないぜ!まあ、初々しさが勝っていて、ファーストキスでベロチューとまでは行きませんでしたが…。原作では、アポロン霊視した時点で護堂さんとの粘膜接触を済ませていて、黄金の剣の発動を見たエリカが、祐理とキスしたわね!となる流れだった気がするんだけど、アニメでは尺の都合上、祐理が決意に至るまでの描写が足りてなかったから仕方ない…。それにしても、さすがに最古参のカンピオーネだけあって、オシリスアポロン以外にも、まだまだ神を殺して簒奪した権能を隠し持ってそうなので、倒したと思いきや、まだだ!の繰り返しさせられると心が折れそうだ(笑)。しかも、原作だともう少し追い詰めてた感があったのに、アニメだと爆風の中から普通に復活してるせいで、余計に効いてない感じがするな。虐げられた群衆の声と生命力を力に変えて雷を操る山羊の権能は、どう見ても元気玉すぎる(笑)。今回は、エリカさんの外道脅迫交渉によって、父の命令より黒歴史小説の暴露を免れる方を優先して護堂側に寝返ったリリアナさんでしたが、次回からは、いよいよリリアナさんメイン回かな?おそらくアテナ再登場もあるはず。しかし、予告では、海だ!水着だ!温泉だ!温泉だ!!大事なことなので(ry 原作4巻冒頭にそんなサービスエピソードあったっけ?本来は4巻の前振りだった3巻を、既に1話で消化してるから、変わりに、アニメオリジナルのサービスでテコ入れ

2012-08-13

[]「織田信奈の野望」第6話 「織田信奈の野望」第6話を含むブックマーク

原作2巻のクライマックス、秀吉が天下人へと出世するきっかけとなる功績と伝えられる、墨俣一夜城築城と美濃併合の話。さすがに、2巻を2話で消化したせいで、心理描写の端折られ具合が残念すぎる。シリアス重視の場面にギャグが混ざりすぎてる印象もあるし。半兵衛ちゃんは信奈にビビリすぎ(笑)。良晴に仕えると告白した時の皆の反応が微笑ましい。稲葉山城を落とすには墨俣を押さえるしかないのはわかっていても、陣を構える前に攻め落とされてしまう。脳筋勝家さんは、ドヤ顔で出てったわりに、マッハで撤退を余儀なくされてましたが(笑)。勝家なんてなかった。相変わらずゲーム脳全開で、墨俣城こそ自分の本領発揮と息巻く良晴でしたが、信奈は良晴に危険なことをさせたくないので出陣させてくれない。図星突かれてアタフタする信奈かわいいで誤魔化されそうなシーンですが、皮肉にも、前回、半兵衛ちゃんが言っていた、大事なら隠しておけば良いと問われたら信奈はどうするかの答えになってるんだよね。良晴の答えと正反対になるのは主従関係としてはそれほどおかしくないんだけど。良晴の未来知識を活用したツーバイフォー工法による墨俣ハリボテ城築城にしろ、生きることへの渇望、懐の広さ、閃きを示すことで、義龍に嵌められた美濃三人衆の2人を寝返らせたことにしろ、はじめてまともに良晴の未来知識が生かされて、信奈が仕事した気がするぜ。信奈は美濃を岐阜、稲葉山城を岐阜城と改名し、義龍は放逐。織田信勝の時に、家族を殺してしまうのを第六天魔王フラグと位置付けしてしまっている以上、義理の父とした斎藤道三の息子である義龍と信奈は義理の兄弟になるんだから、殺せないわな…。“義父”の街、“義父”の城。信奈の心意気に涙し、良晴はマムシエンドへ(笑)。特殊EDで良い最終回だった。義龍放逐の伏線は、原作5巻までやってくれないと消化できないけど、もしかして4巻までじゃないの…?次回から、姫巫女、金髪おっぱいフロイスちゃん、邪気眼竜の人、松永久秀等々と新キャラ盛りだくさんな原作3巻の上洛編に突入。

2012-08-11

[]「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第6話 「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第6話を含むブックマーク

祐理が拉致られたので助けに言って、なるべく穏便に済ませようとしていたら、エリカが巧妙に煽ったあげく、悪趣味で理不尽な最古参のカンピオーネ・ヴォバンさんに、祐理を返す代償として、鬼ごっこの遊戯を吹っかけられてピンチになる話。祐理はすっかり護堂さん信者になってしまって、護堂さんは他のカンピオーネと違う!と擁護してくれてたのに(笑)。カンピオーネの本質は闘争にあるので、4年前に祐理やリリアナと言った資質を持った幼い姫巫女を集めて行った『招来の儀』で、まつろわぬ神を降臨させたら、それはドニに横からかっさわられ、今度はアテナを獲物にしようとリリアナに監視させていたら、今度は護堂さんにかっさらわれ、鬱憤がたまったヴォバンさんは、かつて『招来の儀』の時に犠牲にならず助かった祐理とリリアナの資質を思い出して、もう一度『招来の儀』を行おうとしている、と言うのが1話からリリアナとヴォバンが暗躍していた伏線の真相でしたと。こう書いてしまうと、ヴォバンさんは自分のことを頻りに寛大だといってるのが余計に器の小ささを強調してるよな(笑)。神を奉るには処女性が重要だから、幼い姫巫女ばかり集めて儀式したんだろうけど、30人も犠牲にしたとか、ロリコンジジイ許すまじ。今回は、ようやくエリカさんの万能っぷりと、なんだかんだで護堂さんとの信頼が厚いところを見せつけてくれた感じ。今までは、神様やカンピオーネばかり相手にしていたせいで、魔術結社の大騎士の実力があまり発揮できてなかったからなあ。そして、祐理に対して、正妻主張も忘れないぜ。アテナ戦は基本力押しだったので、今回は限られた権能で如何にして勝つか駆け引きに重みがあるので、バトルの見所が多めかな?あと注目は、未だ融通が利かないリリアナさんを、護堂さんが籠絡できるかどうか(笑)。まあ、護堂さんにデレデレになった後でも融通が利かないのは変わらないキャラだけど(笑)。

2012-08-06

[]「織田信奈の野望」第5話 「織田信奈の野望」第5話を含むブックマーク

斎藤義龍がロリコンを発症して半兵衛ちゃん側室宣言したら城が落ちました(笑)。天才軍師にしてチート陰陽師、その実体はいぢめられっ子で病弱属性持ちロリッ娘と言う原作屈指の人気キャラ、竹中半兵衛登場回!美濃攻略のキーマンである竹中半兵衛を調略すべく向かう、良晴と犬千代と明智光秀の3人。前回の桶狭間戦で存在が消えていたはずの光秀が、ナチュラルに織田家に士官してて吹いた(笑)。しかも、今回の作戦にも同行してるし。まあ、信奈と良晴の関係に深く関わる重要人物だけに、早めにアピールしたいんだろうけどさ。それで、3話の時点で結婚話を破談にされて出番がどうなるのか気になっていた浅井長政ですが、まだ婚姻を諦めてなかったらしく、普通に半兵衛攻略対決に参戦してきた。急にお茶目キャラ化して、表情とかリアクションが、これもう隠す気無いだろ的な様相を呈してますが…。それにしても、半兵衛ちゃんの凄さを義龍に正攻法でアピールしたり、信奈を輝かせたいと言う想いを打ち明けたり、良晴のロリこましスキルは異常。確かに、木下藤吉郎と約束したハーレム坂を上り出してるけど、猿ハーレム軍団の平均年齢が低すぎる(笑)。今回、凄い駆け足で竹中半兵衛を落としたなあと思ったら、次回はもう墨俣一夜城らしい。長政を原作より早く登場させたりしてたから予想はしてたけど、原作2巻を2話で終わらせてしまうようだ。3巻以降が、物語が激動する信奈の真骨頂なので、ペース配分としては妥当かな?

2012-08-04

[]「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第5話 「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」第5話を含むブックマーク

妹のひかりから王様を籠絡してきなさいと唆される祐理と、計算づくで2号までは認めるとエリカに焚き付けられた護堂さんが、さすがにキャッキャウフフと言うほどでは無いにしろ、お互い意識しちゃって距離が近づいたと思ったら、祐理がリリアナさんに拉致されて、カンピオーネの爺さんに所有物宣言されちゃう急展開。急に野球回をするアニメは(ry 根が真面目だからこそ、カンピオーネの能力で故障した肩が直っても、不誠実だから球児には戻らないとか、機械音痴の祐理さんに根気良く付き合うところとか、護堂さんの天然ジゴロっぷりが発揮されていて、これなら潔癖な祐理さんはマッハで落ちても仕方ないよね(笑)。まあ、ただでさえ魔術結社に関与する女性にとっては、カンピオーネは崇拝と畏怖の対象なので、今回最後に登場した、いかにも悪役なヴォバンとか、護堂さんをライバル♂視していてホモホモしいドニみたいなのばかりの中で、護堂さんみたいなカンピオーネがいることを知ってしまうと、そのギャップに陥落してしまうと言うのも一理ある。愛人は2人目までは認めるけど、それ以上はダメだと嫉妬可愛いエリカさんでしたが、それ2人じゃ済まないフラグだから(笑)。OPで4人まで増えるのバレてるし。今回、冒頭で登場してた万里谷ひかりも、原作6〜7巻までやればヒロインになれるけど、アニメは5巻までだろうからなあ…。次回は、サブタイトル通り、ようやくリリアナさんにスポットが当たりそう。護堂さんによる、祐理とリリアナ同時攻略がはじまります。

 | 

最近のコメント

「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列表 エロゲ&ギャルゲ原作TV・劇場アニメリスト 18禁逆移植リスト エロゲー女装キャラコンテスト エロゲプレイ・感想リスト


HOME