Hatena::ブログ(Diary)

mooz deceives you

(about 'mooz) ; => "See http://mooz.github.com/index-ja.html"

 | 

December 14 (Mon), 2009

新しくなった Twitter クラアイントプラグインは操作性が格段に向上

新生 Yet Another Twitter Client KeySnail

Twitter クライアント化プラグイン 1.4.0 をリリースしました。

インストールは以下のプラグイン名を右クリックし、「このプラグインをインストール」を選択することで行えます。

Yet Another Twitter Client KeySnail KeySnail を Twitter クライアントに

操作性が格段にアップ

今回のバージョンアップでは KeySnail 1.2.3 の新機能である「プロンプト毎のキーマップ」を利用し、自由なキーバインドを設定することが可能となりました。

ということで KeySnail 本体の方も以下のページより DL し、アップデートして頂く必要があります。

no title

さて、操作性が格段に上がったと書きました。はっきり言って、段違いです。 Twitter クライアントプラグインをご利用の方は今すぐアップデートされることをお勧めします。 (お使いでない方もこの機会にぜひお試し下さい)

例えば、今までは Twitter クライアントの各アクションを実行するには次のような手順を踏む必要がありました。

  • C-n, C-p でスクロール
  • C-i を押してアクション一覧画面へ移動
  • また C-n, C-p を入力してアクションを選択

正直面倒でした。糞みたいに面倒でした。

でも、これからは次のようになります。

  • jk でスクロール
  • 返信したかったら r を押す
  • URL を開きたかったら o を押す
  • 自分への @ 一覧が見たかったら @ を押す

簡単ですね。もちろん、キーバインドは変更が可能です。

設定

次のような設定を .keysnail.js の PRESERVE エリアへ張り付けておきます。

plugins.options["twitter_client.keymap"] = {
    "C-z"   : "prompt-toggle-edit-mode",
    "SPC"   : "prompt-next-page",
    "b"     : "prompt-previous-page",
    "j"     : "prompt-next-completion",
    "k"     : "prompt-previous-completion",
    "g"     : "prompt-beginning-of-candidates",
    "G"     : "prompt-end-of-candidates",
    "q"     : "prompt-cancel",
    // local
    "t"     : "tweet",
    "r"     : "reply",
    "R"     : "retweet",
    "D"     : "delete-tweet",
    "f"     : "add-to-favorite",
    "v"     : "display-entire-message",
    "V"     : "view-in-twitter",
    "c"     : "copy-tweet",
    "s"     : "show-target-status",
    "@"     : "show-mentions",
    "/"     : "search-word",
    "o"     : "open-url"
};

左にキーを、右にはアクションを指定します。この設定では、次のようなキーバインドとなります。

C-z編集モードの切り替え
SPC一画面スクロールダウン
b一画面スクロールアップ
j次のアイテムへ
k前のアイテムへ
g先頭へ
G末尾へ
q終了
tつぶやく
r返信
RRT (QT)
Dつぶやきを削除
fお気に入りに追加 / 削除
v全文表示
VTwitter のサイトで見る
cつぶやきをクリップボードへコピー
s選択中ユーザの最近のつぶやきを一覧表示
@自分への @ を一覧表示
/検索
oメッセージに URL があった場合に開く

検索したい時は?

「アルファベットにアクションを割り当てたらアルファベットが入力できないのでは?」とお思いの方もおられることでしょう。実際 Twitter クラアイントで anything.el ライクな絞り込みを行う機会はあまりないのですが (http と打ち込んでページに関するつぶやきを抽出することはしょっちゅうあります) 、そんなときの為の回避策はもちろん用意されています。

上記の設定では C-z に prompt-toggle-edit-mode を割り当てていました。これはそのまま「編集モードの切り替え」を行ってくれるコマンドです。 C-z を試しに入力してみてください。 jk を押すとスクロールが行われるのでなく、 jk という文字自体が入力されることを確認できるかと思います。

キー入力からでなく GUI からも編集モードの切り替えを行うことが可能です。プロンプトの閉じるボタン左に注目してみてください。

f:id:mooz:20091214224300p:image

このように「地球のアイコン」があるかと思います。試しにこの上でクリックしてみると、次のようにしてアイコンが「鉛筆」へと変化します。

f:id:mooz:20091214224259p:image

これで、編集モードへと切り替えることが可能となりました。

便利な使い方

まず http と打ち込みます。キーバインドは被らないように設定されているので、編集モードへの切り替えは必要ありません。

すると次のようにして「リンクを含むつぶやき」のみが一覧されますので、あとは

  • o を押してその URL を開き
  • j を押して次のつぶやきへ

といった具合にリンクをどんどん閲覧していくことが可能です。

ポップアップが鬱陶しい

plugins.options["twitter_client.use_popup_notification"] = false;

まとめ

とりあえずお試しを。

 | 
Connection: close