悠々と急ぐ日々 RSSフィード

2012-08-27

鈴鹿ロード

8/25 

・オープン2(5周)

 久しぶりに鈴鹿で国際ロード以外のレース。ペースも心配だけど落車も心配で少し緊張してスタート。シケインまでの登りでは普通に走っていてもポジションを上げられるので安心して集団中盤に位置取りをしました。以前は集団前方でアタックしたりもしたけれど今回はゴールスプリントに脚を溜めるつもりだったので、スプリントポイントもスルーしました。

 計画では最終周回でのそのそと集団前方にあがって行き下り前では10番手位まで上がっているつもりが、ノンビリしすぎて(ホーム前の)第1コーナーでまだ中盤に居てしまいました。今年設置されたコース幅を狭めるためのパイロンで意外とポジションをあげられず残り500mくらいからやっと上げていき300mからスプリント。既に前ではスプリントが始まっていてグイグイと差を詰めるも詰め切れず3秒弱の差で20位。積極性を欠くとこうなるという悪い見本でした。最後は重いギアを踏んだのでゴール後は脚が攣りそうでした。

実は家族には「入賞するで」と言っていたので残念でしたが、ここ数年国際ロードDNFしか見せていなかったので「普通のレースならちゃんと走れるんよ」という所を見せられて意外と株が上がった模様です。

その後直ぐに息子たちの出るユース気亮命浸1董嫁さんのサイクルマラソンの撮影、ウィーラースクールの撮影・・・・午前中だけでかなり炎天下を歩きまわってまじで疲れました。

8/26

・国際ロード(10周)

 この日は息子のユースの撮影とウィーラースクールの見物の後、徐々にレースの準備を始めましたがレース1時間前になると緊張してきました。しゃべって緊張をほぐしていると嫁さんにそれを指摘されてしまい恥ずかしかったです。。。

 スタートから2周は問題なく走っていましたが、3周目のホームストレートでポジションを下げてしまいシケインからその後のストレートで例年と同じ様なぶっちぎれでした。実際には5周目でかなりペースが上がったようですがその前にちぎれたわけで、進歩がなかったと言わざるをえません。今年は例年とは逆にコース左寄りにポジションを取ってみましたが、シケインへの登りが若干きついので平地ャーとしてはやっぱ右寄りが良いのかなと思った次第です。

 今年の鈴鹿は4年ぶりに2日間満喫して楽しかったです。まだ来年の事は考えられませんが、また国際ロードに挑戦できると良いなぁと思っています。

お疲れっした!次のレースは万場クリテです。

2012-07-03

西日本実業団ロードレース

広島空港に隣接する森林公園でのレース。BR-3の時以来久しぶりのコースなのできつかった印象は鮮明ながらコースはいまいち覚えていませんでした。試走して前泊するので朝7:00に浜松を出発し順調に走って14:30現地到着。道中は雨が降っていましたが現地はなんとか曇りでしたのでさっさと準備して試走しました。

1周約12kmでアップダウンばかりのきついコース。思ったより長いコースの後半に最大の難所、三段坂が出現。でも記憶よりも斜度は緩いのだけどレースではこれがきつくなるんだよな〜と思いながら...道幅は記憶ほどには狭くなく下りも大丈夫そう。2周まわって感じは掴めたので試走を終えて風呂〜めし(お好み焼き!)〜トーク〜寝る。エースは3本でやめる!って言ってたけど4本飲んでましたよ。

さてさてレース当日。

5:00に起きるとやはり雨。6;00に会場に入ったら少し雨足が弱くなったので準備をしてアップ開始。斜度のある坂に三本を設置してまわし始めるとタイヤもローラーも濡れているのでまるで接地感がなくて怖かったので10分で終了…。心拍の上りが悪く、前の日のお好み焼きを食べ過ぎたかもとちょっと後悔しました。スタート15分前に並びに行ったらほぼ最後尾。雨は止んでいるけれど霧が濃くて視界は30m程?中切れがあっても気が付かないくらいだと判断し早めに前方へ行くことにして、スタートしました。

80人位の集団の真ん中くらいで下りに入っていきますが、集団の速度は雨でぬれた路面を恐れてか遅い。ポジションを下げずに後半の登りセクションに入っていきますが、どうも脚が重い。3段坂の一発目で早くもちぎれました。BR-3の時は3周回だったのでなんとか完走できましたがE2は4周なので最低1周は集団に居ないときつい。まずいなあと思いながら5人ほどのパックで周回しますが、どうも下りが遅くぺダリングをせずに下っていく選手がいる。これじゃあ先頭との差があっという間に開いちゃうよ〜〜と泣けてきました。前に出た時はガンガン下りますがこの2周目を終えた時点で6分差。これは温情処置でもないと完走はむり。残りを全力で漕ぎますが如何せん登りでペースが上がらず、3周目終了時点で脚きりでDNF確定。

車に戻ると既に着替えてさっぱりしたレイジが出迎えてくれました。なんだ、前に居ると思ってたのに。エース島沢はE1の第2集団?で完走。途中厳しい表情も見せていましたが喰らいついていました。あれだけ強いエースがこの表情か、とE1のレベルの高さを実感しました。

リザルト:DNF

調子は少し上がってきていると思っていましたが全く通用しませんでした。悔しいけど、どんな練習をしたら集団に残れるのかまだイメージが湧きません。再来週の石川は脚きりタイムが短いレースなので集団に残らないと完走が厳しいと思います。国際ロードやその後のレースの事も考えて出来ることを積み重ねるしかないんだろうなと思います。

2012-06-25

内灘ロードレース/チャンピオンクラス

内灘ロードレースに参加してきました。実は初めてです。4〜5年前に1度内灘には行きました。1日目のトラック(1000mTT)と2日目のTTTに参加して、最後にチャンピオンロードレースがあったのですがスタート前に雨がふりだしてきてしまい、当時新車にしたばかりで落車が怖かったので「TTTも走ったしいいか」とDNSにしてしまいました。今思えばなんてチキンな奴。

幸い今年は晴れだった(もちろん雨でもはしりますが)ので初めての内灘でのロードレースです。昨年からコースが変わったらしく「細いシケインがいくつもあって集団が細く長くなるので前よりもきつくなった」とスタート前に聞いて心拍上昇気味でした。

ローラーも持って来ていましたが、チーム員とロードでのアップに出かけました。みな10分くらいで一気に心拍MAX領域に上げて行きますがこちらはスロースターターなので後方からじわじわ行きます。40分かけて心拍170まであげ…あれ?185?ほぼMAXなんですけど。

11:40.さてレース本番。後方スタートでしたがストレートが長いのと向かい風なのでペースは速くなく程なく前方1/3まで上がって行きました。本来はもう少し前が理想なんですがなんせ試走もしておらずコースが全く分からないのでちょっとお勉強タイムのつもりでした。しかしコーナー&シケイン毎にかかるインターバルが予想以上にきつい。120人がほぼ2列で伸びて行くのと、追い風で先頭のスピードが高いのとで後ろは半端じゃないきつさ。2周目のその辺りで心が折れかかっていたところ後方からきた高井くんが「ここでちぎれたら後ろいないですよ」後ろを見るともうかなり空いています。必死で脚を回して集団にくらいついてなんとかセーフ。

f:id:moribi44:20120625141247j:imageこれはたぶん1周目。

こりゃまずい。3周目持つか分からん。

コースも覚えたし前へあがろう。そう決めてホームストレートで前方へ移動していきます。なんとか前から10〜20人位のところにもぐりこみます。私の一番好きな位置を確保。するとやはりこのほうが圧倒的に楽です。ぺダリングの踏みどころも出てきて(遅い)体幹+ケツで踏めている良い感覚が気持ちいい。積極的に前を引けるわけではないのが情けないですが、この位置なら楽に感じるほどです。しかし心拍は175をキープしているので感覚ほどの余裕はなさそうです。冷静に周りを見回してみるとバルバのジャージが目立ちます。また競輪選手もその体格から直ぐに分かります(特に小嶋敬二選手)。そのまま4周までこなしラスト1周を迎えました。

最終コーナーに向けて向かい風なので先頭のペースがガクッと落ちました。前方には2名ほど飛び出している選手が見えたので「追い付けばまわして逃げが作れるかも」と思った瞬間に飛び出してしまいました。しかし予想以上に風が強い。飛び出した後なかなかペースが上がりません。

f:id:moribi44:20120625141248j:image

コーナーを曲がって5周目に突入。

f:id:moribi44:20120625141249j:image

しかし100%で踏んでいてかなりきつい、というかもう無理。チーン。やっちまいました。もう少し冷静に強度をコントロールしないと。このあたりは経験+実力不足でしょうか。

その後は集団のペースについて行くのがやっとで、最後のシケインインターバルでちぎれ去りました。タラ・レバを言えば色々ありますが、自分の良いところ(少し)、駄目なところ(たくさん)を含めて練習では出来ない良い経験が出来ました。

優勝は元MTBチャンピオン野口忍選手。エースのアシストも、自分のスプリントも実現できずダメダメでした。猛烈に悔しい。このフラストレーションは練習にぶつけます。

2012-04-09

R362〜大井川

O田君とミニストップで待ち合わせて大井川へ向けてスタート。淡々と引いてくれるO田君とついて行くだけの私。今はぺダリング定着させたくて周回に行くのをやめたので、申し訳ないが無理はしない。今日の練習の目的を「花見」にしていたので?ペースが非常に安定していて走り易かった。春野からずっと山の北側を走るので結構肌寒いが陽射しが明るいので辛くは無い。車も少ないので、風の音とタイヤやチェーンの音が聞こえるだけなのが気持ちいい。

R362から川根へ抜ける峠は苦手意識たっぷりの場所。ぺダリングを気をつけながら登ると今更ながらこんなにきついのかと嫌になってきます。でもこれをものにしないと、の一心で回しているとフッと楽になって来た。これはモノにしたか!と思ったら最後に斜度が緩むところだった…。

村長コーナーも無事に抜けてほどなく川根に到着。

川根では桜祭りをやっていて車も人もいっぱい。

いつものミニストップもトイレがレース前のように渋滞。

f:id:moribi44:20120408113923j:image O田君の頭の中を透視してみると…「少しは前引いてくれよ…。」

後半は少し彼に負担をかけ過ぎてしまったと反省したが後の祭り…。

こちらもへろへろ。

丁度H田先生の家の近くで、帰宅した先生にばったり。どんだけタイミングいいんですか!

もう足も無かったのでO田君に無理やり支店に用事を作って貰って、車で浜松に戻りました。ちゃんちゃん。

2012-03-27

C59が泣いている

日曜は総勢9人で春野練でした。久々にチーム員と走るので口で牽制っと。

なるべくもがかず、じっくりと後ろ半分の筋肉に負荷がかかるように走っているとだんだんと使っている感覚が分かってきました。でもペースが予想以上に上がったり、登りになったりすると前腿で踏みこむ癖がでてしまいました。

峰小屋の登り口で礫が腿にヒットして激痛が走ります。顔だったらと思うとぞっとしました。長く自転車乗っていますがこんな経験は初めてでした。そうでなくてもですが、登りは最後尾でえっちらおっちら。

峰小屋からの下りは何となく後ろについて走っていたらいつの間にか3人になってしまいました。でも前を引けるほど脚が残ってなかったので先頭は遠慮してツキイチで走り、ローソンの手前でスプリントが始まったところで足を止めました。C59が泣いているような気がしましたが気にしません。

その後もあまり引かずに走って凶風のなか帰宅しました。これから、これから。


月曜は休んで、火曜はローラー30min。

2012-03-22

早朝練習開始

今週から早朝練習を始めました。4:30スタートで約90分、(まだ)適当に走っております。

5:10の自衛隊周辺はこんな感じ。この日は風速8m/s。

f:id:moribi44:20120321051439j:image

別の日の5:30、大平台周辺。シルエットはエッフェル塔っぽい?

f:id:moribi44:20120322052905j:image

これが直ぐに、5:00でも明るくなるんです。なんとか週に2回くらいは続けたいと思っています。

最近、自分の意識が消化しきれていなかった自転車スキルについて、

色々な断片が繋がりつつある気がします。

だから一旦遅くなってもこのやり方を信じてみたい、そんな気がしています。

そうしている時が楽しいから。

2012-03-16

平日練習

今週は火・木・金と出勤前に固定ローラーで練習。それぞれ30〜40分。

テラスに出たときの空気に棘が無いので春を実感する。

意識しているのは、とにかく丁寧に脚を上げるそして下ろすこと。そしてリラックス。スピードは後から付いてくると信じてとにかくそれだけ。暫く続けてもう少し暖かくなったら実走もやりたいなぁ。

2012-03-12

自転車のゼッケンプレート

今期からJBCFでレース時のゼッケンプレートの固定方式が必須になりました。

規定

写真解説

でもこの方法だと、レース後にいちいち外すのも面倒だし付けっぱなしになってしまいます。

プレートが付いてないと危ないし、なにより不格好だし。

というわけで「BBBのナンバーフィックス」という商品と、ミソノイで取り寄せて貰った「MR.CONTROL NAME-P」を購入して比較してみました。

後者はフタバ商店さんで取り寄せです。(自分で買うと送料かかるから取り寄せが吉)

BBBナンバーフィックス

f:id:moribi44:20120312103631j:image f:id:moribi44:20120312103632j:image


MR.CONTROL NAME-P

f:id:moribi44:20120312103633j:image f:id:moribi44:20120312103634j:image

上がMR.CONTROL NAME-Pのネジ、下はBBB

f:id:moribi44:20120312103635j:image

BBBの特徴は、肉抜きされている本体(両方ともアルミ)と、プレートに穴をあけられるように加工されたネジ。

MR.〜の特徴は、ネジに付けられたスぺーサーでがっちりプレートを固定できる事です。

私は軽量化マニアではないので重量は測っていませんが大して違いは無いでしょう。両方ともシートポストへゴムバンドで固定する方式で実際プロツアーでも実績があるようです。プレートの固定力からするとMR.〜に軍配が上がると思います。

ご参考まで

2012-03-05

土日まったり。

最近facebookばかりでこちらはほったらかしでした。良く見たら前の投稿はもう三週間前でした。

土曜は誰かいるかな?と思って支店に行ったら20人位居たので神社までまったりご一緒しました。もうひとつ上のレベル(速さ、じゃなくて上手い自転車乗りとして)に行くために、自分のぺダリングを見直そうと思っています。

 神社からは豊Dさんとか松Sさんとか髭の山Dさんとか名前を知らない数人とか(ごめん)と走りました。折角皆で走るのでなるべく皆で走れるようにペース配分していたつもりが、途中から自分も結構しんどくなりました、ははは。。。テーマは「踏まない、回す」「使うべき筋肉を丁寧に意識する」です。ケイデンスは抑えめで80〜90。R1はそれだけでは着いていけずちょっと踏んでしまいました。まずはここからなので当分は皆からはちぎれますが気にしないでください。


 日曜は朝ごはんが「前日の鍋のあまり+うどん」だったのでどうしても食べたくて朝練はさぼり。。。家で固定ローラー60分。ミノウラのLive Training というiPhone App に自分で作った掛川周回練習コースダウンロードして遊んでました。

これ、ローラーのお供になかなか良いです。コースをダウンロードすると走っている地形に応じて登りになると「負荷を3にしろ」とか指定してきます。表示もGoogle map の表示と同様です。勿論多少のずれやなんかはありますが、なかなかいいな〜と思いトレーニングをしていて、さて下りになった!

…ところが、下りはあまり楽しくありません。当たり前ですがローラーですからいくら実走感の高いV-270でも勝手には下ってくれません。ずっと軽いながらも負荷がかかっています。長い下り基調でも全然楽しくないですが練習にはなります。むしろ登りの方が楽しいです。

って感じに遊べます。デフォルトで乗鞍とかヤビツ峠のデータが入っていますし、60分でも結構飽きずに出来ます。


今月来月も自治会=今年自治会長(泣)、仕事、PTA、子供のイベント…などで土日が結構潰れます。せいぜい孤独にコソ練しときます。

2012-02-13

フルオレンジ

土曜練

木曜に筋トレをやった後遺症筋肉痛が残っている状態だったので春野はパスして支店に行ってみました。半周メンバーといつもの神社まで行ってみると人は沢山いたけれど、みなさん浜名湖1周(+どこかでモーニングコロッケ?)という事だったのでオレンジくらいを走ることにしました。豊Dさんが同行してくれたので二人で淡々と奥山から三ケ日〜湖西オレンジ。

登りは重いギアをじわじわ回して下りはくるくる。殆どをインナーギアでこなしましたが、R1だけは豊Dさんがアウターでゴリゴリ踏むのに耐えられずアウターに入れたけれど脚が回らずちぎれました。

いまはとにかく新しいフレームになじむようにぺダリングから見直しています。身体の使い方が定着する前にもがき始めると、スキルが崩れ去ってしまう様な気がして今はまだゴリゴリ踏むのは封印しています。そういうわけでまたアウターは封印予定です。そうは言ってもR1ではインナートップを回しているのでそろそろ限界かなとも思っています。