THE WHO 来日記念 ダイアリー

2014-12-28 第1レグ終了 総括

第1レグ終了 総括

第1レグも最後の2公演が延期になってしまいましたが、一応終了しました。来年の4月15日から北米ツアーが始まり、その前に3月22日、23日に延期されたロンドン公演があります。それまで4ヶ月間は休暇になります。(と思います)ツアーが始まってこれまで全くブログを更新しませんでしたが、ただサボっていたのが一番の理由ですが、その他の理由をこじつけると、ひとつはザ・フー The Who's Japanese Fansのフェイスブックが最新ニュースを常に届けてくれるので、改めてここで書く必要がなかったこと。もう一つはYoutubeです。会場の様子を翌日は動画で確認できます。今回のツアーも何百とアップロードされています。当然プロショットでないため、画質、音質もまちまちで、楽しめるには楽しめるのですが、直前のライブと比べて、演奏の良し悪しの判断が全くできません。前回のQuadrophinia Tourの時もそうだったのですが、発売されたDVDを見て、初めてそのQualityの高さに驚きました。

ザ・フー The Who's Japanese Fansからもお借りして、一応ライブごとに動画を拾い出してみると。

Nov 11 An Evening Of Who Music In Aid Of Teenage Cancer Trust

D

D

出演者も多様でコンサートの全貌を早く見てみたいです。チャリティ目的のDVDが発売されるかもしれません。ピート・タウンゼントはなぜか姿を見せませんでした。フーのハウスバンドが出演との触れ込みでしたが、ハウスバンドとロジャーのソロバンドのギタリストのFrank Simesが全編でギターを弾いたと思われます。

Nov 23 ABU DHABI, UAE

D

25分の映像で私の見た中では第1レグで最も、安心して見ていられる映像です。ツアー初日でこのコンディションとしては、最高ではないでしょうか。

Nov 30 SSE Hyrdo in Glasgow, UK

D

D

ここではまさかの選曲、A Quick One While He's Awayが披露される。前回演奏されたのがいつだったか分かりません。おそらく40年は経過しているのではないでしょうか?いつも聞いているのがロックンロール・サーカスの演奏ですので、さすがに年月の経過をこのときは痛感しました。この日から問題のピートのスウェットパンツの着用が始まりました。これはさすがにロックスターとしてはどうでしょうか?楽なのは分かりますが?

Dec 2 First Direct Arena in Leeds, UK

D

まだツアー3日目ですが気のせいかもしれませんが、ロジャーの喉の調子が良くないような気もします。

Dec 5 Capital FM Arena in Nottingham, UK

D

Pictures of Lily、この曲も何十年ぶりでしょうか。イングランドでのライブということもあり、アットホームな雰囲気です。

Dec 7 NIA in Birmingham, UK

D

D

A Quick OneもGlasgowより、まとまっているようです。このライブは動画投稿が多くて、ライブの全貌を知るには良さそうです。またザ・フー The Who's Japanese Fanでも紹介されている、クリス・チャールズワースが見た公演でもある。ロジャーのギターが聞こえないとか、最後は次のライブのために流していたとか、ザックはキースと同格であるがピノのベースの音が小さい、ピートは今やジェフ・ベックみたいなど、面白かった。面白すぎて、自分のライブ観がさらに混乱してしまいました。クリス・チャールズワースのようにオリジナルメンバーの洗礼を受けている人たちは、現在のフーについては完全には溶け込めていないことも、現実として感じました。

Dec 9 Metro Radio Arena in Newcastle, UK

D

D

ロジャー声が出ているような、いないような。映像の質が悪いものが多く、判定不能。

ピート、エミネンスフロントでギターの調子が悪く、頭にきたようでフロアーに叩きつける。リバプールでは転んだり、年齢のせいか、少し忍耐力がなくなってきていて、演奏を崩しすぎて、バンドの一体感がまだ、取り戻せないていような印象を受ける映像も見受けます。

Dec 11 Echo Arena in Liverpool, UK

D

ピートが転んだ映像。あと半年で70歳なので仕方がありませんが、ファンとしてはあまり見たくない映像です。

D

これは同じ日のWon't Get Fooled Againです。そして

D

これは同じ会場の2013年6月30日のWon't Get Fooled AgainなどのQuadropheniaのアンコール部分だと思われる映像です。酔っ払ったファンが頻繁に写って楽しめる映像です。たまたま見つけました。ピートもまともな格好で、それだけでなく映像としてこちらの方が断然、格好いいです。この映像を見る限り、今回のツアーはまだ前回の域に達していないと判断せざるを得ません。

Dec 13 Phones 4U Arena in Manchester, UK

D

D

今回のツアーのセットリストはレアなものも含まれており、ライブごとの違いもあり、これまでのほぼ固定ではないため複数回ライブにいく楽しみがあります。My Generationは確か前回リバプールで初めて演奏しました。新曲のBe Luckyは結局1回も演奏しませんでした。Slip Kidのピートはコードひとつひとつを確認しながらの演奏で、元気がない感じです。スウェットパンツはさすがに止めたようです。

Dec 15 Motorpoint Arena in Cardiff, UK

D

D

ロジャー、前半はなんとか声はでているものの、セットリストも大幅に短縮して後半はほとんど歌っていません。このままドクターストップが入り、ロンドン公演がキャンセルとなってしまいました。2009年に声帯の手術を受けているだけに、回復の度合いが心配されるところです。

個人的には第1レグはバンドとしてのケミストリーを確立できる前に終わってしまったような印象でした。4月からはジョーン・ジェットもオープナーとして加わり、北米公演、さらにパリ、アムステルダムなど一部ヨーロッパ公演があり、6月26日はハイドパークでも久しぶりに公演を行います。不安要因は確かにありますが、最後の大規模なワールドツアーを成功を是非、成功させ、1日も早い来日を期待しましょう!

2014-12-27 The Who - The US Army Band

The US Army Bandによるザ・フーだけの演奏会。2013年11月の映像です。その頃、記事だけは見つけたので、動画を探したが、見つけることはできませんでしたが、偶然、今朝目にしました。トミーメドレー他、ストリングス、ブラスセクション+バンドの演奏。右側のキーボードの方がアレンジをしているようです。ロックショーではないので、最初は硬さが目に付きますが、それに慣れてくると予想以上の出来に感動しました。アレンジがコピーに留まっておらず、素晴らしいですね。ボーカル陣も複数いて、それぞれ歌ったり、コーラス、ハーモニーと曲によって、いろんなバージョンで聞かせてくれます。さすがにアシッド・クイーンはレパートリーに入りませんでした。パンチのきいた歌唱をする小柄の女性など、合いそうに見えましたが。ドラムも迫力十分で、ベースも頑張って必死に弾いています。チームワークも良さそうです。ギタリストなんてピートのフレーズを弾かないパートもあり、アマチュアとは思えないほどの腕をしています。何回見てもプロを連れてきたとしか思えません。大編成バンドなのに、フーのライブを体験したのと同様のドライブ感を感じます、アレンジャーがフーを十分に理解していることの証拠です。トミーメドレーだけでなく、他の曲も素晴らしく、外れはありません。Join Togetherなどアレンジは曲の新しい魅力を引き出しているかのようです。惜しいのは会場がかなり小さな会場で、平均年齢も高く、会場の盛り上がりはさほど良くありません。前列に陣取っているフーのTシャツを着た家族が目立ちます。

映像は10本に分かれていますが、フルコンサートを見ることができます。好きな曲を見てもいいし、最初のOvertureを見ると自動で最後まで視聴できます。

D

D

D

D

D

D

D

D

D

D

2014-12-02 The who Glasgow 2014

BRITISH/IRISH TOUR初日、GlasgowでのWGFA。

ステージ、スクリーン、ステージの脇のスタッフもよく見える角度からの映像。

音質、画像も悪くありません。

D

2014-11-24 the who tour 開始

一応、25分の動画アドレスだけ貼り付けておきます。

トミーメドレー短縮版を本編最後に、Quadropheniaメドレーをアンコールに持ってきたようです。

I Can't See For Miles, Magic Bus は最近では珍しいですね。

D

2014-11-02 The Who Hits 50 An Evening of Who Music

The Who Hits 50 An Evening of Who Music

11月11日ロンドンで開催される。TCTへのベネフィットコンサート、出演者は

Pearl Jam’s Eddie Vedder, Liam Gallagher, Ricky Wilson from the Kaiser Chiefs, Manic Street Preachers’ James Dean Bradfield, Geddy Lee from Rush, The Strypes, Brody Dalle, Tom Odell, Amy Macdonald, Andy Burrows and Rizzle Kicks 等

珍しいのはラッシュのGeddy Lee。2012年の5月に年カナダで初めてピートに会ったときは「あなたがフーの曲を作っていなければ私は今こうしていなかった」発言して交流したことが、きっかけになっているのでしょうが、どのような曲を演奏するのか楽しみです。ラッシュでカバーしている、summer time blues, seeker 以外を期待したいものです。

このコンサートにフーが出演するかどうかは分かっていません。おそらく出演するものと予想します。

コンサートのひとつの特徴は、フーのライブの進行にゲストが次々と登場する形式ではありません。(2000年11月ロイヤルアルバートホール)、また他のバンドが次々と登場して、フーの曲を演奏する形式でもありません。(VH1’s Rock Honors 2008年7月12日LA)フーのハウスバンドが常にステージいて、ゲストがフーのフェイバリットを披露していく、これまでにない形式です。フレディ・マーキュリーの追悼コンサートに似ていますが、今回はボーカルとリードギタリストが不在になるはずです。癌を克服したWilko Johnsonも出演します。癌を公表して活動を続けたことで、そのニュースを見た医師が誤診に気づいてくれて、手術に成功したそうですが、人生にどこに幸福の女神が隠れているかは分からないものです。

ハウスバンドはSimon Townshend, Zak Starkey, Pino Palladino, Billy Nicholls, Frank Simes, Loren Gold and John Coreyと発表されています。faecbookファンページでは、このメンバーが新しいツアーのサポートメンバーであると発表されたと書いてあります。ソースが見つかりませんでしたが、ツアー開始9日前ですの、変更は無いと思います。 Frank Simesがキーボードとミュージカルディレクター、Loren Gold and John Coreyがキーボード、Billy Nichollsはコーラスでしょうか?キーボード3人体制です。

ベネフィットコンサートに戻りますがピートとロジャーがどう絡んでくるのかが楽しみです。ゲストもそれぞれの楽器が違うので、構成が難しいところです。Eddie Vedderはボーカル、Geddy Leeはベース、Liam Gallagher、Wilko Johnsonはギターになるし、Eddie VedderでピートがWilko Johnsonでロジャーが出てきそうな気がしますが、クレジットもされていないのであまり頻繁に出入りしない方がベターでしょう。最後に二人+ハウスバンドの演奏があるかどうか、ゲストもそれに加わるのかどうか、楽しみです。

ツアーのwarm up showは、まだ発表されていませんが、このコンサートではリハーサルになりませんので、このままアブダビのショーに臨んで大丈夫なのか、一ファンが心配する必要はないことですが、少し不安はあります。

オフィシャルHPにピンボールのゲームができたり、ジュークボックスができたりしているが、最新ニュースがオフィシャルがHPだけでなくFBやtwitterもあるため、分かりにくいです。以前はこういう時、who's generationのお世話になっていましたが、あるにはあるが、乗っ取りにあって、更新もされていないはずです。サーバーもアメリカにあるようです。悪質サイトへの誘導だけをを目的とし、乗っ取ったものですので、アクセスしないようにして、自然消滅を待つのが一番良い方法です。

ピンボールは軽いお遊び程度の仕上がりですが、ジュークボックスについてはfaecbookファンページによると、全スタジオアルバム+リーズの244曲、計11時間4分というプレイリストをSpotifyで無料公開しているそうです。しかもピート・タウンゼントの解説付きで、かなり力を入れています。残念ながらストリーミング配信サービスのspotifyは、まだ日本でサービスを始めていないため、聞くことができません。wikipediaによるとザ・ビートルズAC/DCレッド・ツェッペリンキング・クリムゾンなどがまだスポティファイのストリーミング・サービスへの音源提供を拒んでいるそうです。メタリカはスポティファイに楽曲を提供してからアルバムの売上が35パーセント落ちたそうです。そういう新しいビジネスにフーが進出したことになります。CDが売れない時代(スリップノットが1.8万枚弱の売り上げでオリコンの週チャートで1位になるほど)なので、あまり収入にはならなくても、このようなビジネスでも契約せざるを得ないのかもしれません。確かピート・タウンゼントは2012年にthe Spirit Music Groupに自身の楽曲の権利をすべて売ったはずです。その会社の同意を得て、提供していることになると思います。契約の金額は明らかになっていませんが、$100million(今の相場で 112億円)は下らないとメディアでは言われています。もう働く必要など全く、ありません!!余生をヨットなどの趣味に費やして暮らしてた方が良さそうです。元々がリッチな上にさらに112億ですから、まだまだ元気でパワフルですが、相続問題は他人事ながら気になるところです。スポティファイについては日本からでもできるとの情報もあり、プロキシ設定を変えて試してみたところ、ソフトのダウンロードはしませんでしたが、確かにブロックされませんでした。

Richest Musician List右上のsort byでnetworthを選択してください。

ではピート71位、ロジャー94位です。ピートについては2011年時点の資産のようです。現在は、さらにランクが上昇しているはずです。それでも上には上がたくさんいて、エルトン・ジョンは思ったより稼いでます。故人(キース・ムーン含む)や相続人あたるミュージシャンもいるので、どういう基準か良く分かりませんが。

別のニュース、Quadropheniaのオーケストラバージョンは2015年にも発売され、7月5日にロイヤル・アルバートホールで初演される予定だそうです。10月23日ピートも参加し、コーラスのレコーディングが行われています。オーケストレーションを担当したレイチェルの姿も見えます。コーラスの団員もデジカメ撮影に必死になっている姿が微笑ましいですね。

f:id:morijundrix:20141102122647j:image


Nov 11 An Evening Of Who Music In Aid Of Teenage Cancer Trust

Nov 23 ABU DHABI, UAE

Nov 30 SSE Hyrdo in Glasgow, UK

Dec 2 First Direct Arena in Leeds, UK

Dec 5 Capital FM Arena in Nottingham, UK

Dec 7 NIA in Birmingham, UK TICKETS

Dec 9 Metro Radio Arena in Newcastle, UK

Dec 11 Echo Arena in Liverpool, UK

Dec 13 Phones 4U Arena in Manchester, UK

Dec 15 Motorpoint Arena in Cardiff, UK

Dec 17 The O2 in London, UK

Dec 18 The O2 in London, UK 追加公演

Wed, April 15 Tampa, FL at Amalie Arena

Fri,April 17  Miami, FL at American Airlines Arena

Sun, April 19 Jacksonville, FL in Jacksonville Veterans Memorial Arena

Tue, April 21 Raleigh, NC in PNC Arena

Thu, April 23 Duluth, GA at The Arena at Gwinnett Center

Mon, April 27 Austin, TX in Frank Erwin Center

Wed, April 29 Houston, TX in Toyota Center

Sat, May 2 Dallas, TX in American Airlines Center

Tue, May 5 Kansas City, MO in Sprint Center

Thu, May 7 St. Louis, MOScottrade Center

Sat, May 9 Louisville, KY KFC Yum! Arena

Mon, May 11 Nashville, TN in Bridgestone Arena

Wed, May 13 Chicago, IL in Allstate Arena

Fri, May 15 Columbus, OH in Nationwide Arena

Sun, May 17 Philadelphia, PA in Wells Fargo Center

Wed, May 20 Uniondale, NY in Nassau Coliseum

Fri, May 22 Atlantic City, NJ in Boardwalk Hall

Sun, May 24 Uncasville, CT in Mohegan Sun Arena

Tue, May 26 Brooklyn, NY in Barclays Center

Sat, May 30 Forest Hills, NY in Forest Hills Stadium

Nov 28 Odyssey Arena in Belfast, Northern Ireland 2015/6/21へ変更

Nov 26 The O2 in Dublin, Ireland 2015/6/23へ変更

Mon, September 14 San Diego, CA in Valley View Casino Center

Wed, September 16 Anaheim, CA in Honda Center

Sat, September 19 Las Vegas, NV in Colosseum at Caesars Palace

Mon, September 21 Los Angeles, CA in STAPLES Center

Wed, September 23 Oakland, CA in Oracle Arena

Fri, September 25 Portland, ORModa Center

Sun, September 27 Seattle, WA in KeyArena

Tue, September 29 Vancouver, BC in Pepsi Live at Rogers Arena

Thu, October 1 Calgary, AB in Scotiabank Saddledome

Sat, October 3 Edmonton, AB in Rexall Place

Tue, October 6 Saskatoon, SK in SaskTel Centre

Thu, October 8 Winnipeg, MBMTS Centre

Sat, October 10 Minneapolis, MN in Target Center

Tue, October 13 Milwaukee, WI in BMO Harris Bradley Center

Thu, October 15 Chicago, IL in United Center

Sat, October 17 Detroit, MI in Joe Louis Arena

Mon, October 19 Toronto, ON in Air Canada Centre

Wed, October 21 Toronto, ON in Air Canada Centre

Fri, October 23 Pittsburgh, PA in CONSOL Energy Center

Sun, October 25 Newark, NJ in Prudential Center

Tue, October 27 New York, NY in Madison Square Garden

Thu, October 29 Boston, MA in TD Garden

Sun, November 1 Washington, DC in Verizon Center

Wed, November 4 Philadelphia, PA in Wells Fargo Center

Connection: close