日常ツバメガエシ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-18 レポートは地味に書いていく

[]都市対抗本戦・新日鐵住金鹿島vsJR北海道in東京ドーム(記載日:7/22) 00:46 都市対抗本戦・新日鐵住金鹿島vsJR北海道in東京ドーム(記載日:7/22)を含むブックマーク 都市対抗本戦・新日鐵住金鹿島vsJR北海道in東京ドーム(記載日:7/22)のブックマークコメント

この書き手がこの試合の組み合わせで見に来る、のは珍しいかと思う。席とっておかなきゃ、というのもあるとはいえ(え)新日鐵住金鹿島・藤本選手が頑張っている、と聞いたので、見ようかな、と。

新日鐵住金鹿島の先発は玉置投手。元プロだね。2回表。室蘭シャークスから補強の小屋畑選手が二塁内野安打で出塁。…これなあ。遊撃手がさばくかと思ったら、何故かスルーしてね…。富士重工業から補強の日置選手…。で、大東捕手が適時二塁打。JR北海道が先制。ただ、その後は玉置投手は踏ん張り、この1点でなんとか後半へ。

JR北海道の先発は戸田投手。今年の4月に日本生命が全然打てなかったことを思い出しつつ。で、新日鐵住金鹿島もようやく捕らえたのは7回裏。藤本選手がこの日2本目のヒットで出塁すると、犠打で進塁。ここで林選手が同点適時二塁打!おおお…。

が、直後の8回表。新日鐵住金鹿島の投手は、6回途中から、富士重工業から補強の小野投手が登板していた。小屋畑選手がこの日4本目のヒットで出塁。…クラブチームから補強した選手がここまで打つのは、ちょっと凄い気がする。で、犠打で進塁後、代打土屋選手。ここで左翼フェンス直撃の勝ち越し適時三塁打…!なんていい仕事。でも、応援団はずっと、替えられた柴草選手の名前を呼んでいた(遠い目)打った後もずっと気づかないという…。うーん…。JR北海道、業務で大変で、全然応援の練習できてなかったみたいなんだけど、流石に自チームの選手の名前は、ちゃんと気づいて呼んでほしいのだけどね…。

小野投手は最後まで登板したのだけれど、JR北海道も戸田投手が最後まですいすいと。そのままJR北海道が勝利。

ところで。試合中に犬神家が発動した様子(毎日新聞より、Yahoo!経由)。件のシーンは覚えているが、書き手はこの写真の逆側から見ていたので、逆から見たらこうなっているとは気づいておらず。まさかこんな記事、7/22に出るとは思いもしなかったよ…。