日本刺繍 と きものつながり

2018-12-07

交差ー24

私は いつも 着物や帯 羽織 といった 和装品 を作っている。


きもので言うなら

キモノの中でこそ映える デザイン 構図がある

一枚の絵ではなく 着物を広げて 衣桁にかけたときのあでやかさ

そして身につけた時に引き立つ女性の美しさ

それを着た人の 立ち居振る舞いによって 

その時の着物の動きはデザインと構図に連動する

それはその都度形を変え表情を変え 見る人に語りかける。


この平面作品はそれらとは違った意図の表現技法なのです。

f:id:morinui:20181115133211j:image


まいどまいどのご訪問、ありがとうございます。

ブログのランキングに参加していますので、帰りがけに応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←一日一回のクリックが励みになります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/morinui/20181207/1544178293