Sokraton日記 RSSフィード Twitter

2018-09-20 『私は月に行くことにした』

『私は月に行くことにした』<2018年9月20日(木)>

 前沢友作氏は、ロケットの全席を買い取り、月周回旅行をするという。『余録』(180920)はこれに思う。その昔、シラノ・ド・ベルジュラックの物語は「朝露を集めていくつものガラス瓶に入れ、体の回りにくくりつけた。太陽が露を引きつける力で空へ上がろうとしたのだが、失敗してしまう。・・・結局、成功したのは火薬を仕込んだ矢の束を何段も重ねて、1段が燃え尽きたら次段に点火する仕掛けだった。・・・スペースX社にまだ有人飛行の実績はなく、技術開発、安全性確保など越えるべきハードルは多い。・・・もともと世の耳目を引くプランを打ち上げて資金を呼び込む話題先行型の民間宇宙計画である。盛り上げた話が意外な上昇力を示すのか、露と消えるのか。シラノもびっくりの21世紀月旅行の朝露方式である。

 (JN) 月世界旅行がいよいよやってくるのか。1969年に見た映画では、2001年に行けるかと思っていた。現実でも、アポロ計画では、「人類にとっては偉大な飛躍」を遂げたので、21世紀早々にはと期待していたが、なかなか進まなかった。それがいよいよ一般人が旅行できる。否、資本と勇気の有る者がその可能性を持ったということであろうか。私は、資本も勇気もないが、行けるなら行ってみた。あと20年ぐらいで、よれよれの爺さんでも行けるようになるだろうか。無理なら最後は、棺桶に入って飛ばしてもらおうか。周りには朝霧を入れてもらおうか。しかし、私は何で月に行きたいのであろうか。具体的説明は難しい。バカな男のロマンであろうか。これは彩芽さんには理解できないであろう。更に、心は銀河の彼方へ。

f:id:morningstar:20180920185517j:image

2018-09-19 『保護主義によって大恐慌が傷口を広げ、世の中が・・・』

保護主義によって大恐慌が傷口を広げ、世の中が殺伐としていた時代である。遠い昔の物語だろうか』<2018年9月19日(水)>

 今の中米の貿易戦争に、戦間期大恐慌を迎える前のブロック経済を想う『春秋』(180919)。「1930年6月、この悪名高きスムート・ホーリー法は成立した。各国が相次いで報復に打って出て、排他的ブロック経済が横行するようになったのは教科書にある通りだ。それは第2次世界大戦の一因になった。・・・時は流れて88年。・・・このままだと報復の連鎖両国の企業も消費者もひどい迷惑をこうむることになる。いや、世界中の悲劇である。・・・保護主義によって大恐慌が傷口を広げ、世の中が殺伐としていた時代である。遠い昔の物語だろうか」。

 (JN) 自由の国、米国がなぜに国家の力を行使して自国だけでなく、他国の国民の生活を操作しようとするのか。自由の国が自由を放棄させているのではないか。これは資本主義の世の中である以上仕方のないことなのか。私たちの関係はモノを媒介にしてしか関係を持てないのか。この小さな惑星の中で、互いの首を絞めているという愚かな行為をやめようと、20世紀中旬に世界のリーダーたち思い、新たな世界体制が整備してきた。しかし、今、この世界が崩れようとしているのであろうか。世界の経済をリードしている国々で、互いの自由を抑えあう様になることは、あの悪夢へまた陥っていくのであろうか。嘗て、その悪夢の戦場であった国々は、手を取り合って、米国に警鐘を鳴らさねばならない。

f:id:morningstar:20180919083750j:image

2018-09-18 『ベルリン・マラソンで世界記録が出たが』

ベルリン・マラソンで世界記録が出たが』<2018年9月18日(火)>

 「ベルリン・マラソン世界新記録となる二時間一分三十九秒」。『筆洗』(180918)はこの記録は今後どうなるのかと、カナダ研究者の研究を紹介する。「代謝能力や有酸素運動の持続能力、記録更新のペースを考えれば、二〇二八年に二時間を切り、四〇年には一時間五十七分十八秒まで短縮できるのではないかと分析している。・・・だれかが「できる」と証明すればそれを励みに続く者が現れる。二時間一分台は可能だったとキプチョゲ選手が全人類に旗を振る」。

 (JN) 「なんでこんな長い距離をこんなスピードで走れるのか」。54年前の甲州街道のあるところに居た私はそう思った。目の前をアベベがあっという間に通り過ぎた。その後も、甲州街道マラソン大会に使われていたので、見物に行き、そのスピードを確認した。アベベでなくとも、子どもの私が一生懸命走っても、マラソン選手の方が早い。あの当時の記録では、今は勝てないマラソン。ドンドン早くなっている。2020年東京オリンピックではどんな記録が出るのであろうか。否、例の猛暑の中では、記録は無理であろうか。勝ち負けの闘であろうか。夜に走るしかないか。それとも、暑さよりも、豪雨や強風等との闘いになりはしないか。そうなるとこれを避けるためには、東京に地下を走ってもらおうか。

f:id:morningstar:20180918182836j:image

2018-09-17 『一茶も毒キノコの美しさに化かされたことがあったのか』

『一茶も毒キノコの美しさに化かされたことがあったのか』<2018年9月17日(月)>

 「毒の成分が分かっているのもほんの一部にすぎない。キノコの世界は奥が深い」と『産経抄』(180917)は注意する。「今月9日、日光男体山で採ったキノコを食べた栃木県内の男女4人が、吐き気や嘔吐の症状を訴えた。「ヒラタケと思っていた」と話していることから、ツキヨタケによる食中毒の可能性が高い。・・・9月上旬まで猛暑が続いた平成22年は、キノコによる食中毒が多発した。・・・秋の行楽シーズンを迎えて、要注意である。小林一茶は50歳を過ぎてから、故郷の信州に落ち着いた。秋にはキノコ狩りに夢中になった。〈化かされな茸も紅を付けて出た〉。一茶も毒キノコの美しさに化かされたことがあったのか」。

 (JN) 毎日、キノコを食べているが、さっぱりキノコの種類がわからない。なぜ、毒キノコと言うものが存在するのか。それも直ぐに痛かったり気持ち悪くなったりせず、時間をかけて死に陥れるのか。子孫繁栄のためであろうか。動物たちを殺し、どこかのキノコの栄養にするために、我が身を犠牲にする行為なのか。私たちは生態系の中に取り込まれて生き物に過ぎない。怪しかったら食べなければいいのだが、つい毒キノコを食べてしまうのは、探求心と欲望であろうか。秋雨の時期に入り、キノコはニョキニョキと出てくる。キノコは美しかろうがそうでなかろうとも、気をつけねばならないが、商品として茶の間に来るものはほぼ心配ないので、秋の味覚を大いに楽しもう。

f:id:morningstar:20180917110516j:image

2018-09-16 『少年院にいるブラジルの少年たちは「ここで初めて・・・』

少年院にいるブラジルの少年たちは「ここで初めてニホンゴ習った」と』<2018年9月16日(日)>

 「10年以上前に訪ねた関東の少年院ブラジルの少年たちであふれていた」。『春秋』(180916)は、海外からの労働力受け入れに疑問を投げかける。「助っ人と頼まれた日系人も、その多くがリーマン・ショックで職場を追われ、本国へ去る。そして平成が終わる来年4月、再び人手不足を理由に、新たな外国人労働者の受け入れが始まろうとしている。・・・検討会は日本語教育に限らず、医療福祉など生活を支えるためのインフラづくりを進める方針だという。しかし国内総生産に占める教育機関への公的支出の割合を見ても、日本は経済協力開発機構加盟国で最下位にある。・・・外国人にまで目が届くのか不安が募る」。

 (JN) 誰しも排他的なものであるが、それでは社会で生きていけないので、共存していく道を互いに悩み見つけていく。それが市民であろうか。日本に住む私たちも同様である。そう、平常時は互いを認め、共存していられるが、非常時が大変である。経済不況によることだけでなく、自然災害においてもである。嵐や地震で、他国から来ている人々がどうであったのだろうか。少数者についての情報は入ってこないので、知らないことが多くあろう。美しい話は聞きたいが、ひどい話は聞きたくない。ある関東の少年院にいたブラジルの少年たちは、どんな理由で収監されたのであろうか。ブラジルの子供たちに、この小さな国を住みやすい所にするためには、何をすべきであったろうか。これから島国の精神は、如何にして行くべきなのであろうか。

f:id:morningstar:20180916190231j:image

2018-09-15 『100年に1度とされた「リーマン・ショック」から・・・』

『100年に1度とされた「リーマン・ショック」から10年を経た』<2018年9月15日(土)>

 「100円でポテトチップスは買えますが……ポテトチップスで100円は買えません」。『春秋』(180915)は、このCMは「全ての商品と交換できるお金の特殊な性質を言い当てていたように思う」と。「金融経済の血流だという。人間の体と同じく、日々の活動に潜む変調とか悪習の積み重ねが、よどみや滞留の原因になるというなら、一種生活習慣病に例えられようか。システムそのものより、マネジメントする我々の心がけが課題なのであろう。『金とともにある時、私は不老不死だ』。映画『マルサの女2』で脱税容疑の男が叫んでいた。ショック前、ウォール街の腕っこきも、こんな万能感に浸っていたか。だが、歴史が証した。危機を防ぐ処方箋はどこにも売っていないということである」。

 (JN) 恐慌そして不況に陥る原理はわかっているが、愚かなる人類は繰り返しこの落とし穴に滑り込んでいく。このお金と言う価値尺度は伸縮自在であり、その動きは時とところが変われば変わるので、100円でポテトチップが買えなくなったり、沢山買えたり、得体のしれない魔法のチップや紙切れである。硬貨は価値を失っても武器になりそうだが、紙切れは鼻もかめない価値のない紙であるが、膨大な商品の大様として君臨している。これもそれも、我が欲望のなすところである。金融資本を動かして金を儲けようという者あれば、また政治権力を維持するがために矢を打ち込むのだという者もあり、バズーカの威力を自慢するものもある。恐慌や不況の処方箋は人の欲望と価値の在り方を変える処方箋を作り出さねばならない。

f:id:morningstar:20180915164238j:image

2018-09-14 『ウラジオストクという名称はロシア語で「東方を支配する街」・・・

ウラジオストクという名称はロシア語で「東方を支配する街」「東方を征服せよ」』<2018年9月14日(金)>

 プーチン大統領が毎年、ウラジオストクにて、経済フォーラムを主催してる。この地は、中国では「干しナマコの高台」であったが、ロシア名でウラジオストクロシア語の意味は「東方を支配する街」とか「東方を征服せよ」。これは「意味深ではある」と『春秋』(180914)は述べる。そして今回、プーチン大統領は「前提条件なしで平和条約を年内に……。今年のフォーラムで大統領安倍首相に突然こう呼びかけた。日ロ交渉の経緯をないがしろにするようなくせ球である。北方領土をめぐる大統領の発言はかねてナマコのようにつかみどころがなかったが、いよいよわかりにくい。残念ながら日本にとっておいしい展開にはみえない」。

 (JN) シンゾウさんは、国内では圧倒的多数であり、ボロが出たって大丈夫である。家族の失敗も大丈夫である。友人関係も良好で、お友達を大切にする人として世間から見られている。しかし、世界へ出れば、経済力の地位は低くなり、軍事力はなく、強い友人作りをしようとしても、なかなか信頼を得られず、好きなことを言われる。先日は、友達のウラジミールがウラジオストクにて、親しみを以て言ってくれた。「前提条件なしで年内中に平和条約を締結しよう」と。これまでの日本政府の考えからすれば、受け入れられないだろう。でも、まずは平和条約と国民の交流を優先すべきであろう。ウラジミールは何を考えていようが、私たちは「恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するので」あるのではないか。さて、何が優先されるか。「ナマコ」か、「東方制服」か、「平和」か。

f:id:morningstar:20180914094115j:image