Hatena::ブログ(Diary)

moroの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-03 はてなブログはじめました このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

もうすっかり普段書くテキストMarkdown ばかりになってしまったので、この機にはてなブログに移行します。

こちらに、入社エントリを書きました。

http://moro.hatenablog.com/entries/2015/08/03

「この機に」といいながら実は3年前にドメインスクワッティングだけしていたのをさっき思い出したのですが。締まらない。。。

とはいえ、今後ともよろしくお願いします!!

2015-07-31

株式会社永和システムマネジメントを退職します

本日2015年7月31日をもって、9 年間勤めました株式会社永和システムマネジメント退職します。

在職中は多くの方々に助けられ、Rails を中心としたたくさんの仕事をしながら育てていただきました。個別のご挨拶ができなくて大変申し訳ありませんが、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

今後ですが、すぐ他社で働くことが決まっておりまして、8 月 3 日から出社予定です。

以下、思い出話なので「このひと誰?」という人はスルーしてください。

永和ではほぼずっと RubyRails仕事をしてきており、次の職場でもやはり Ruby / Rails に関わる仕事をする予定です。

この私のキャリアのきっかけとなったのは、もう 10 年も前になる(!!) 2005 年にはじまった Rails 勉強会@東京でした。当時は Rails が"来そう" という噂はありつつも情報が全くなく、みんなで AWDwR初版を読んでいたのが懐かしいです。

f:id:moro:20150728134032j:image:w360

その縁でお会いした @kakutani さんを頼りに永和に入社したのが 2006 年。そこからほぼずっと、Ruby仕事をしたきたことになります。この9年というか10年の間に、仕事Ruby を使うというのがすっかり「ふつう」のことになり、2008 年に生まれた娘は完全に Ruby 仕事で養育されていることに驚きます(共働きなので半分ぶんですが)。

f:id:moro:20150728100447j:image:w360

入社時のオフィスは芝浦の端っこで、まさに陸の孤島でした。

f:id:moro:20150728100848j:image:w200

ランチ環境過酷で、唯一、徒歩5分程度で食べられたゆで太郎はすでに消失していました。

永和へ入社したあともRails 勉強会にはお世話になり続け、恵比寿ドリコムさん(当時)のオフィスをお借りして、DB 設計やら TDD やらREST やら、いろんなことをあの勉強会で学びまして。「雑談部屋」を懐かしく思い出します。実務経験を積みつつ、尊敬する技術者の皆さんとたくさん知り合えました。

f:id:moro:20150728120651j:image:w360

9 年前に「Ruby仕事してみたいです!!」とワナビー全開で入社し、今回「Rails の実務経験が豊富ですよ」という体で次のキャリアを考えられるようになったその差分は、すべて永和に所属していたあいだに、永和のメンバーと卒業生の人々、社外のコミュニティの皆さんとお客様と一緒に、いろんな経験をさせていただきながら得たものでした。

f:id:moro:20150522183521j:image:w360

ほうぼうで講演したり、設計について tweet するときのほとんどは、永和での経験が元ネタになっています。「メタプログラミングしすぎるな」云々は某 2008 年ころにオレオレORMを作ってしまった経験からだったり、「`Time.now`使わない」は 2011 年から延々と保守している某プロジェクトでの毎年の年度マタギでのテスト落ちとの格闘の結果だったりと。そうやって永和で得た知見を社外で話し、またコミュニティの皆さんからもいろんな知見をいただいて、そうやってやってきた 9 年間でした。

f:id:moro:20150731145953j:image:w360

そんな中、自分立ち位置や目先をちょっと変えて力を試してみたいと思い、今回退職することにいたしました。次の職場でもやはり、RubyRails 関係の仕事をしていく予定ですので、ここを読んでらっしゃる方々には、行く先々でお会いすると思います。その時はどうぞよろしくお願いします。

また、私自身は退職するものの、永和のメンバーまだまだ面白い人がたくさんいますし面白い試みもいろいろありそうです。これからの永和さんがどうなるか、立場は代わりますが、楽しみにしていきたいと思います。

みなさま今後ともどうぞよろしくお願いします。

f:id:moro:20150728121309j:image:w360

(いやー、2年半ぶりの記事がこれというのもなかなかよくないですね。いい機会なので、今後はWeb日記力を上げていきたいです...)

2013-02-05

SQLアンチパターン -- 苦い経験を思い出させる良書

献本いただきました。ありがとうございます。

本書は、データベース設計や、そのDBアプリケーションから利用する際によく見られるアンチパターンを、簡潔かついきいきとまとめた書籍です。もちろん、単なる「べからず集」ではありません。そのアンチパターンの背景である現実の問題の説明と、アンチパターンを回避した解法もしっかり紹介されています。さらに、それでもアンチパターン採用する場合のメリットデメリットもしっかり提示されています。

特に気に入ったところとして、2013年書籍(原著2010年)にふさわしく、ORMの存在をしっかり意識した内容になっている点が印象的でした。たとえば、全テーブルにサロゲートキーを貼る(IDリクワイアド: とりあえずID)のアンチパターンも、避けるべきではあるが、ORMの規約であればしたがってよいと紹介するなど、

全体として現場寄り、実践的なノウハウの紹介になっています。

いっぱんに、データベーススキーマデータアクセス部分は、アプリケーションの中でも『長生き』する箇所です。それだけに、ある程度以上の経験があるプログラマであれば、紹介されているアンチパターンに悩んだ経験があるはずです。ベテランにはそういった経験のまとめとして、若い人たちは予防の知識として、ぜひおすすめしたい一冊です。

なお、パターン名が英語そのままカタカナ表記であるのは、目次を見ただけではビックリするポイントですね。ただ、チーム内で相談するときなどに目立つ名前が付いているのはむしろありがたいですし、何よりなんかカッコよくておもしろかったです!

SQLアンチパターン

SQLアンチパターン

2012-10-13

オブラブ収穫祭で発表してきました

オブラブイベントオブラブ収穫祭」で新人教育のトピックを話す機会があったので、ここ一年ほど一緒に仕事している(もうそんなになるんだなぁ) id:akiinyoの事例を中心に「仕事をするにあたって若手に伝えたいこと」を話してきました。

これまでいろんな方々と一緒にお仕事をさせていただきながら、仕事をきちんと終わらせる大事さというのを日々かんじているので、それを話す機会があってよかったです。コレは別に真面目くさってやれということではなく、スライド中にもあるように自分の特長を発揮していく時の基盤として、若い人達の役に立てばいいなあと思っております。

今日は、私がソリッドに実感できることを話すために「受託開発」スコープで話したんですけれど、自社サービスに取り組んでいるみなさんも"お客様"をプロダクトオーナーや企画の人やその他ビジネスを見ている人に読み替えて、なにか役立つものを持ち帰っていただけたら何より嬉しく思います。

参加者の皆さんや他の講演者の皆さん、スタッフをやってくれた永和の同僚たちにとてもとても感謝いたします。

2012-09-24

attr_hash_accessorというのを作った

Plain Old Ruby Objectなんだけど、まあActiveModelぽく振舞わせたくて、そうするとよくあるHashでnewしたくなり、eachしてsend("#{key}=", v)するという、Railsを使っている人ならよくあるケースにもう何度も遭遇しまくったのでgemにまとめました。

https://github.com/moro/attr_hash_accessor

プロジェクトでのアリモノを、別の某プロジェクトの人に渡すために作ったのでまだ自分が満足する程度の機能しかありませんが、よろしければお試しください。