ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

受験ランキング

東京を中心とした高校受験情報を掲載。真に価値のある高校を選びましょう。
Twitter開始主に高校受験情報を得られる「受験情報・受験ランキング」のツイッターを開始しました。

2010-12-02

2014年おすすめ高音質PCスピーカー パソコンの音質向上!

※この記事は2014年1月2日に内容を最新版に更新しています。今回は2014年版に記事を大幅にリニューアルし、売れ筋のスピーカーを再調査しました。

■■最小限の費用でパソコンの音質向上を実現する方法

どんどん進化しているパソコン。最近はパソコンで地デジを見たり、映画や音楽鑑賞をすることも当たり前となってきました。YouTubeなどの動画投稿サイトでは、高音質&高画質の動画が見放題です。パソコン内に大量の音楽を保存して、パソコンをオーディオ代わりに使用している人も多いでしょう。

しかしながら、メーカー製のパソコンには致命的な欠点があります。サウンド面を重視していないため、お世辞にも高音質とは言えないのです。パソコンの音声再生機能は「音が聴こえれば良い」程度のもの。パソコンと接続した液晶ディスプレイからの音も、薄型にした影響で音質面を削っているため、出る音は貧弱。パソコンを購入した際に付属してきたスピーカーも、「ないよりはマシ」程度の音質向上にしかなりません。

かといってパソコンの音質を向上させようとすると、あらゆる問題点に直面します。まず、パソコン音質向上には際限がないという点。「超」最高レベルの音質を実現しようとすれば、パソコン本体とスピーカーを結ぶケーブル一本で、10万円もする超高級ケーブルを買わなければなりません。スピーカーも数千円のものから数十万円するものまであります。音質を追求しようとお金を掛ければ、一万円札が何枚あっても足りません!

さらに、パソコンの音質向上を実現する方法は沢山あるし、スピーカーの種類だけでも数百種類あって、いったいどれを選べば良いのか、初心者には分かりにくいという点も問題です。

そこで、パソコン初心者でも、予算に合わせて、最高のコストパフォーマンスで音質向上を実現するプランをいくつか紹介いたします。


■■初心者はスピーカーとサウンドカードを購入するべし!

パソコンの音質を向上する方法はいろいろあります。

1.スピーカーを変える (最優先!)

2.サウンドカードを入れる (最優先!)

3.ケーブルを取り換える

4.サブウーファーを置く

5.アンプを接続する

6.インシュレーターを置き換える

などなど…

意味の分からない言葉があっても大丈夫です。パソコン初心者、オーディオ初心者の方は、まず1番と2番を実現しましょう。3番や4番は、中級者向けの音質向上方法です。


■■2014年現在のおすすめ高音質PCスピーカー

まず音質向上を目指すオーディオ初心者がまず最初に着手すべきはスピーカーです。パソコン向けの高音質スピーカーに取り換えましょう。上記の1番〜6番の中で、最も音質向上を実感できるのがスピーカーの取り換えです。

PCスピーカーの価格は、安いものだと数千円、高いものだと数十万円にもなります。3000円のPCスピーカーと3万円のPCスピーカーで聞き比べると、素人でも音質の差を実感できます。しかし、3万円のスピーカーと30万円のスピーカーの音質差を素人が実感できるかといえば、「なんとなく30万円のスピーカーの方が良い」ぐらいなものです。PCで音楽をよく聞くという高音質追求派の人は、価格が1万円〜3万円ぐらいのスピーカーが最もコストパフォーマンスが良いでしょう。


■3000円以下のおすすめPCスピーカー 2014年版

○3000円以下でNo.1のPCスピーカー 「SANWA SUPPLY MM-SPU2WH USBスピーカー」

↑3000円以下で一番評判が良いノートパソコン向けのPCスピーカーならコレ!USBに簡単接続。低価格なのにバーチャル5.1chサウンドも可能。

○1000円台の格安PCスピーカーでNo.1の音質 「LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW」

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
ロジクール (2011-06-24)
売り上げランキング: 8

↑「PCスピーカーに3000円も払えるか!」という頑固な低価格派の方へ。最後の砦としておすすめしたいのが、ロジクールの「ステレオスピーカー Z120BW」。価格はなんと1000円台!コンセント不要でUSB接続のシンプルさ。白と黒のスタイリッシュなデザインは安っぽさを感じず。この価格にしては音の分離や高音部がしっかりと表現されていて上出来。2014年現在の3000円以下のPCスピーカー部門でAmazon売り上げNo.1。

○低価格の高音質デスクトップスピーカーならNo.1 「Creative Inspire 2.1chスピーカー T3130 IN-T3130」

Creative Inspire 2.1chスピーカー T3130 IN-T3130
クリエイティブ・メディア (2009-10-08)
売り上げランキング: 1137

↑低価格派で重低音重視のPCスピーカーならコレ!2014年現在、安いのに重低音スピーカーの「サブウーファー」がついてくる抜群のコストパフォーマンス。デザインもカッコイイ。家電批評雑誌でも最高評価の製品。


■予算5000円以下のおすすめPCスピーカー 2014年版

○予算5000円ならNo.1 「ONKYO WAVIO ル・シータ アンプ内蔵スピーカー GX-R3X」

↑5000円クラスのスピーカーは、どうしても中途半端になりがちです。安さ重視なら3000円以下のスピーカーで良いし、性能や音質重視なら、もう少しお金を出して1万円クラスのスピーカーをおすすめします。5000円クラスであえてNo.1を決めるならオンキヨーの「GX-R3X」。この価格帯の中では音質は一番良いです。ただ低音は不足気味。音楽鑑賞が中心の場合は、1万円クラスのスピーカーの方が良いでしょう。


○予算5000円ならNo.2 「サンワサプライ 木製2.1chマルチメディアスピーカー MM-SPWD3BK」

サンワサプライ 木製2.1chマルチメディアスピーカー MM-SPWD3BK
サンワサプライ
売り上げランキング: 4342
↑ サブウーハーが付いていることもあって、5000円クラスのスピーカーの中では最も低音が聞こえます。


○予算5000円のワイヤレスならNo.1「Creative ワイヤススピーカーシステム Bluetooth SP-T12W」

Creative T12 Wireless デスクトップ ステレオワイヤレス スピーカーシステム Bluetooth SP-T12W
クリエイティブ・メディア (2010-09-16)
売り上げランキング: 197

↑5000円台になると、コードレスのPCスピーカーも購入できます。このスピーカーはBluetoothでワイヤレスの環境が可能です。安価なワイヤレススピーカーの中では最も評判が良く音質が安定しています。


■予算1万円のおすすめPCスピーカー 2014年版

○予算1万円ならNo.1 「ONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー GX-70HD2」

↑予算1万円の高音質スピーカーならダントツでコレ!ONKYOのベストセラースピーカーであり、本ページでも最も人気のあった「GX-70HD」の後継機として2013年9月に新発売した最新モデルです。前機種にはなかった新型のアンプを搭載することによって、高音の質や重低音の再生がパワーアップ。音質重視のPCスピーカーの中では最もコストパフォーマンスの良い製品!2014年のベストバイです。


○予算1万円でゲーム向けスピーカーならNo.1 「LOGICOOL スピーカーシステム Z623」

LOGICOOL スピーカーシステム Z623
ロジクール (2010-10-08)
売り上げランキング: 1162

↑PCゲームの音楽の音質を向上するならコレ!大迫力サウンドの2.1chスピーカー、どこに置いても360°の高音質サウンドを実現!価格重視なら、一つ前の世代である「Z523BK」を選んでも十分満足できます。


○予算1万円のUSB接続PCスピーカーならNo.1 「Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7」

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)
東和電子 (2010-04-01)
売り上げランキング: 1284

↑現在発売されているUSB接続型のPCスピーカーの中では最高峰の音質!これを超えるUSB接続PCスピーカーはなし!

■予算2万円のおすすめPCスピーカー 2014年版

○予算2万円ならNO.1 「ONKYO GX-100HDと GX-D90

ONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー 15W+15W ブラック GX-D90(B)
オンキヨー (2002-07-15)
売り上げランキング: 5

ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム 15W+15W GX-100HD(B)
オンキヨー (2007-11-28)
売り上げランキング: 9761

↑どちらも高音質でこの価格帯の中だと評価トップです。「GX-100HD」の方が上位機種なので音質は上です。あとは予算との相談です。

■予算4万円のおすすめPCスピーカー 2013年版

○予算4万円ならNo.1 「ONKYO パワードスピーカーシステム GX-500HD」

ONKYO パワードスピーカーシステム 40W+40W GX-500HD(B) ブラック
オンキヨー (2009-04-10)
売り上げランキング: 4074

2014年現在で、評価の最も高いおすすめのPCスピーカーを紹介しました。「オンキヨー」という会社のスピーカーが多いですが、この会社はオーディオ界では非常に有名な日本の会社で、極めて品質の高いスピーカーを国内組み立てで出荷していることでファンの多い企業です。

私は予算4万円でおすすめした「GX-500HD」を使っていますが、感動するほど音質が良いです。パソコンの起動音から違います。コストパフォーマンス的には、3000円以下の激安高音質スピーカーか、1万円〜2万円の高級PCスピーカーが一番良いと思います。予算に合わせてPCスピーカーを選んでみてください。ただし、これよりも価格の高いPCスピーカーは、音質向上の実感が価格の割にないので、初心者にはおすすめしません。


■■2014年現在のおすすめサウンドカード

まず音質向上を目指すオーディオ初心者が、PCスピーカーの取り換えの次に行うべきことは、サウンドカードをパソコンに入れることです。サウンドカードをパソコンに取り入れると、PCスピーカーの取り換えほどではありませんが、音質向上に大きな効果があります。特に、パソコンにありがちなノイズの除去に大きく貢献します。

サウンドカードも様々な業者からいろいろ販売されていますが、評判が最も良いのはやはり「オンキヨー」のサウンドカード。ここでは最もおすすめな2種類のサウンドカードを紹介します。

○予算1万円ならNo.1 「ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI」

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI
オンキヨー (2005-03-25)
売り上げランキング: 1,278



○予算3万円ならNo.1 「ONKYO WAVIO PCIeデジタルオーディオボード SE-300PCIE R2」

ONKYO WAVIO PCIeデジタルオーディオボード SE-300PCIE R2
オンキヨー (2013-07-03)
売り上げランキング: 3,907


私は予算3万円でおすすめする「SE-300PCIE R2」を使用していますが、上記で紹介したPCスピーカーと組み合わせると、パソコンから出た音とは思えない音質。もちろんノイズは一切なし。今まで聴こえてこなかった音が聞こえてきて、「この曲にはこんな音が入っていたのか!」と感動します。PCスピーカーもサウンドカードも「オンキヨー」で統一すると、相性が抜群です。サウンドカードを入れるのは難しいと思うかもしれませんが、初心者でも容易に取り付け可能です。取り付け方は、サウンドカードの取扱説明書などをご覧ください。


■■2014年まとめ おすすめのパソコン音質向上の組み合わせはコレだ!

PCスピーカーとサウンドカードのおすすめ製品を見てきました。この2つを取り換えるだけで、パソコンの音質は劇的に向上します。オーディオ初心者はこれだけで十分です。ウェブ上には「数万円のオーディオケーブルに変えたら音質が劇的に向上した!」なんて書いてあったりもしますが、実際には、よほどの音楽家などのプロではない限り、ケーブルの変更による音質向上は体感できません。この二つだけで良いのです。

予算に合わせて今回紹介した中から選んで組み合わせると良いでしょう。最後に、オーディオの専門家なども推奨するおすすめのプランを2通り紹介します。

○予算3万円でパソコンの音質向上プラン 最高のコストパフォーマンス!

2万円PCスピーカー「GX-100HD」+1万円サウンドカード「SE-90PCI」

ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム 15W+15W GX-100HD(B)
オンキヨー (2007-11-28)
売り上げランキング: 9761


ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI
オンキヨー (2005-03-25)
売り上げランキング: 1,278



○予算7万円でパソコンの音質向上プラン 最高レベルの音質を追求!

4万円PCスピーカー「GX-500HD」+3万円サウンドカード「SE-300PCIE R2」

ONKYO パワードスピーカーシステム 40W+40W GX-500HD(B) ブラック
オンキヨー (2009-04-10)
売り上げランキング: 4074

ONKYO WAVIO PCIeデジタルオーディオボード SE-300PCIE R2
オンキヨー (2013-07-03)
売り上げランキング: 3,907



※参考文献 『家電批評 2010年10月号』『家電批評 2013年12月号』

リンク元