ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

受験ランキング

東京を中心とした高校受験情報を掲載。真に価値のある高校を選びましょう。
Twitter開始主に高校受験情報を得られる「受験情報・受験ランキング」のツイッターを開始しました。

2011-02-13

プロが選ぶおすすめコーヒーメーカーを徹底比較 2014年版

【重要】※この記事は2014年1月3日に最新情報に更新されています。安心してお読みください。

忙しい朝食の時にも簡単にコーヒーを抽出することができるコーヒーメーカー。多くのメーカーから販売されていますが、価格、おいしさ、操作性、洗いやすさなどは機種によってさまざま。「どのコーヒーメーカーが一番おすすめですか?」という相談も多く、選ぶのに困っている人も多いようです。

日経新聞に、最新のコーヒーメーカーランキングが掲載されていました。コーヒーや家電製品の専門家が選ぶおすすめのコーヒーメーカーは以下のようなものでした。購入の際の参考にしてみてください。


■1位. THERMOS 真空断熱ポット コーヒーメーカー 630ml ECF-700

↑2014年1月の再調査で初めて1位となったのは、サーモスの「 真空断熱ポット コーヒーメーカー 630ml ECF-700」です。1位の理由は大きな欠点がないこと。

あの「魔法瓶」のメーカーが作っただけあって、ポットの保温性は文句なし。他社製品に多い衛生面の課題も合格。本製品は中栓を簡単に分解して丸洗いできるので、お手入れが非常に楽で衛生的です。

デザインもスタイリッシュでスマート。場所を取りません。また日本企業らしくアフターサービスの評判がとても良く、些細な故障等でも手厚く対応してくれるようです。

■2位. アロマサーモ ステンレス

↑2位にはメリタジャパンの「アロマサーモ ステンレス」がランクイン。最大の特徴は抜群の保温力。ステンレスの真空2層式ポットなので、コーヒーが煮詰まることもありません。「冬でも3時間は入れたてと同じ」と絶賛する声もありました。肝心の味も素晴らしく、まるでプロが入れたような、ドリップコーヒーに近い味を実現しています。自動的に電源が切れる機能もあるため、安全面もバッチリです。

前機種よりもポットの口が広くなり、内部が洗いやすくなりました。とはいえ、デザイン重視からかもう少し口が広いと使いやすいようには思います。価格は大変魅力的で、コーヒーメーカーの中では手ごろな価格となっています。

■3位.ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ ホワイト PM9631


↑3位にはネスレのコーヒーメーカーがランクイン。どこに置いても場所をとらないコンパクトな本体。別売りの専用カプセルを使ってコーヒーをいれます。15気圧での圧力で一気に抽出することによって、繊細なクレマ(泡)を生むことができるのが特徴です。ドリップ式ではないので、蒸らす時間がいらず忙しい朝にピッタリです。掃除も非常に簡単。「飲みたいときにすぐに飲める」「繊細なクレマの舌触りが良い」といった評判が多いようです。


■4位.ZOJIRUSHI コーヒーメーカー珈琲通 EC-AJ60-XJ


↑4位には象印の「珈琲通 EC-AJ60-XJ」が入りました。最大の特徴は抜群のコストパフォーマンス。3000円以下の価格の安さです。安価なコーヒーメーカーは無名の外国製で質の悪いものが多いですが、さすがは安心の像印ブランド。

初心者の入門機としておすすめです。余計な機能は一切なし。シンプルな設計。一人暮らし用にも最適です。


■コーヒーメーカー選びまとめ

1位製品のサーモス「ECF-700」か、2位の「アロマサーモ ステンレス」を軸に選ぶといいでしょう。保温性を最重点に置くなら2位製品をおすすめ。ネスレのコーヒーメーカーも根強いファンがいます。3位製品は「クレマ」と呼ばれる泡が秀逸です。これにこだわるなら、3位製品の選択を。価格重視派なら4位の「珈琲通 EC-AJ60-XJ」は最強の製品。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/morubasumomo/20110213/1297569735
リンク元