Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2017-02-20

mosshaven2017-02-20

[] まだ 外の景色は 冬 17:48




昨日は 久しぶりの 晴れ間、寒くもないし、庭で すごせそう、と思っていたのに、、 朝、昼 兼の食事が終わると散歩に行こう、、、と彼、

こんなガーデン日和なのに?


いい天気が続くから(予報あてにならない)明日は庭を手伝うから、、でもあなたが出てくると ダイナミックにされそうで焦っちゃうから 一人でのんびりしたい(大いに助かっている部分もあるのに)

f:id:mosshaven:20170221153340j:image

雪や雨だと お散歩パスが多い我が家、

よそ様も同じ、この日の散歩道、まるで お犬様の銀座通りでした。

f:id:mosshaven:20170221150812j:image

散歩に出ると 最近は ちょっと疲れて あとが続きません。それに 買い物や夕飯の支度もあるし、

そして 昨日の今日、やっぱり 雨となりました。


上の息子が 最近 不動産を扱うことになって(ガールフレンドが 家のレイアウトやクリーニング、彼女のお嬢さんが コンピューターで広告、のグループ結成)初めての オープンハウスを見に行ってきました。


なかなか素敵なお家でした。  たまたま私の知り合いが見に来ていて ご自分の家が大きすぎるから 探しているところ(でもこの家もかなり大きい)結局 ご自分の家を売るから 任せたいと電話が入ったそうで いい物件を任せられるのは ラッキー、 契約まで行けばもっとラッキー、あら せっかくのいいニュースなのに 写真がない、、、

ということで ガーデニングはできなかったけれど

Mosshavenも そろそろ 冬眠から冷めて Seeding のスタートです。小さなペレットに トマトバジルペッパー、今年のおニューは しそ、ブロンズフェネル、新種のマリーゴールド、それに枝豆も、、、他にもたくさん、、、でも あかるい窓際が限られているし、徐々に少しずつ、、

f:id:mosshaven:20170221151925j:image

窓際が狭いので いつも 細長いチョコの空き箱など使っていたのだけれど 今年は 卵のコンテイナーに紙を敷いて工夫してみました。

でも こんな 細かくて めんどくさい作業(Mosshavenは 楽しんでいますが),他の人はとてもやってはいられない(に違いない)と思っていたら、


冬の間は マーケットは 寒いのでお休みしていますが あの92歳の男性、私の 焼きそばや混ぜご飯、お好みらしくて、(買うからもってこい、、、といわれても 2食分を1ダースの卵とお取替えですが) 奥様も亡くなられたそうだし、さぞおひとりでは大変、と思って 毎週のようにお届け(彼はマーケット皆勤)  一人分の食事つくりは 面倒でしょ、と聞いたら そんなことはないけれど今は忙しい。


1万ぐらいの Seedingをしているから、、、と聞いて絶句!  一人で? 繰り返しますが、92歳で?あれは去年の話だから 多分 今93才、 芽が出たら 友人の窓辺にも置いてもらっているんだそうですが それでもその忙しさは、、、わたしだったら 楽しみが苦しみになりそう、

f:id:mosshaven:20170221174214j:image

去年は160本のトマトを植えた女性がいる、と聞いて驚いていたのに、、、、

90代で 1万、Mossheven おおいに鼓舞された(から私も とはいきませんが)、というか Admire です。

店舗向けのおおきなガーデンショップなどならあるでしょうが おひとりでするのなら 食事つくりの時間もおしいぐらい おいそがしいことでしょう。 

f:id:mosshaven:20170221164649j:image

自分が 歳をとってきた今、こういう話を聞くと ちょっと感動ものです。若い時のようには動けないと聞きましたが それなりに工夫をされていらっしゃるんでしょう。それに なにより 気概がちがいますね。 お体に気を付けて つづけていただきたいです。

2017-02-06

mosshaven2017-02-06

[] 立春 17:39


春は名のみの、、、寒い日が続いています。

普段は 一冬に せいぜい2,3日の雪、でもこの冬は

積もっては止み、の連続、今も 粉雪がふんわり舞っています。

f:id:mosshaven:20170206182056j:image

で、 買い物以外は あまり外に出ず 家で 冬眠、怠け放題、シェッドの鉢植えたちにも お休みしてもらって、、、

UCCコーヒーのバッグ入りをお店で見つけて、、メイドインチャイナ、とありますが、なつかしい日本のコーヒー

f:id:mosshaven:20170206181823j:image

これにピーナッツ,がよくあって(最高の組み合わせ、と昔から思っていました)、、とまりません。

今一番お気に入りの 番組 逃げるは恥だが、、などみていれば 雪降りも楽し、、、でもじっとしていると すぐに寒くなるし、(働け、ということですね)

f:id:mosshaven:20170207092605j:image

こんな時には、と 頑張って (昔)あみかけのソックスを仕上げました。(これは3足目、もう2度とできないかも? かかとのあたりがちょっと複雑、)


さて、昨日土曜日は 毎年出かけているSeedy Saturday,

20センチ弱の積雪、だから 無理、と思っていたら


用意はできてるか? と ドンが いつもの朝食会の後のコーヒーミーテイングから(彼は外出大好き)帰ってきました。

用意、と言われても コートやマフラーで防寒態勢に着替えるだけ、でも ちょっと遠出の時は 必ず飲み物と スナック(クッキーかフルーツ)を持参。  途中 山の中で 事故、とかは 十中八九ありえない、でも 水があると安心、Mosshavenは 寒がりなので おいしいほうじ茶などあったら うれしいんです。

f:id:mosshaven:20170207074825j:image

両側の 森林の大杉や かえでが みごとに雪化粧、

日本画東山魁夷の世界、ただ無心に 見ていたいような風景です。


会場に着いたら、いつもと様子が違う、

玄関前に 植木市のように並んでいた さまざまな  鉢の木や植物は全くなし!

f:id:mosshaven:20170207081026j:image

勿論 人もポツリポツリ、入口から中が見える、

え、今日 本当に オープン?


この雪で 参加者のほうも 随分これなかったのでしょう。  そしてお客、とみれば、、、、数えるほど、


このイベントは 本当によくできていて、真冬なのに 毎年人いきれでむんむんするほど、準備にかなり時間をかけて 多くのボランテヤが協力していた筈、

PAに越してから 10年ぐらい毎年 楽しみに来ていたので この日は 自分自身より 主催者や参加者にお気の毒でした。



こんなに がらすきでも (ぶあいそな)Mosshaven、植物のことになると ついあれこれ(知らない)人とお話してしまいます。

f:id:mosshaven:20170207093300j:image

野菜やハーブ野草の種、多肉などは よくみると わが家に あるものがほとんど、、、いつの間に買ったんでしょうって、自分しかありえない、、、我が家にあるのも大切に育てなくては、少々反省気味、

f:id:mosshaven:20170207092127j:image

ぐみの木、というより高木、英語ではSilverberry,ちょっとしらべてみたら 実はさほどおいしくはなくて苦みがあるらしい、し 虫がはいっているばあいがあるので 水によく付けてから、、、などとあり、、、あまり魅力的な植物、ともいえないようでしたが、、今年実がなるとのこと、それに日本、とあるとつい目が行ってしまいました。。 これは15ドル、 ちょっと ほしかった日本の柿は 75ドルもするし、ゆずもあったようですが売切れ、こちらも、、高そう、それに 今から植えても 沢山取れる頃には とても体を(頭も)うごかせないのでは?

f:id:mosshaven:20170207091939j:image

ダリヤの球根も買っていたし、、植物、となると見境なく買ってしまうMosshaven, それに 自分がとっておいた種もかなりあるし、まだどこかで買うものもありそう、どれだけ、種まきや植え付け、水やりができるんでしょうか。

これからは 減らすようにしなければ、、と思ってはいるんだけれど、、、 

f:id:mosshaven:20170207094810j:image

でも、楽しかった。 ドライブしてもらって ありがとう。

外へ出たら もう夕方、雪が降りだしてきたし、途中の山越えも気になるので、まっすぐ帰りました。。  雪や霧は山にかかるころから突然の大変異となることがあるんですよ。 前が見えなくなりそうなほどの降雪、粉雪で かわいい、などと 喜んでばかりもいられません。 山を上がりはじめたとたん 視界が利かないほど天候が変わり、 怖くなるような経験が何度かあります。 それに 私達 若くはない、、、、夜のドライブ、種まき、草取り、力仕事、まずは 運転免許返上、などという可能性も、、、

2017-01-29

mosshaven2017-01-29

[] 旧正月 19:04



たまたま 本日 旧正月


この週末は 暖かく、(珍しく)太陽も一日中、という 天気予報だったので 久しぶりに マーケット出展

(多少の緊張と楽しみ半半)



オーダー(来るときは必ず作ってくれと言われて)のやきそば、そして こちらも久し振りの巻きずし、でも 人のおとずれの少ない冬でもあるし、 沢山売れ残らないように、いつもより少なめに、

f:id:mosshaven:20170129181318j:image

ベーキングは バタータルト、と アーモンドクッキー、オレンジの皮を擦って加え、オーガニックチョコがあったので

上から コ―テイング、なかなかいい感じ、、、


ところが、、、(いつもと同じ、今回も外れた天気予報)おひさまどころか、どんより湿ったくもり空、からだの芯から冷え込む半日、それでも みんなとおしゃべりしたり、人の出が少ない割には 結構売れて(今日は マーケット出品者の購買が半分以上、、、大昔の交換市場です)


さて 旧正月というのは 毎年 日にちが違って今年は 28日、中国では これが正式のお正月、(もっともこちらアルバーニでは 全くそんなことを思い出させてくれるような気配もありませんが)


今週は 又日帰りで ヴァンクーバーに行ってきました。

まず フェリーで 彼の友人とばったり、  最近は ダウンタウンのパーキングが高いし、スカイトレインやバスの便がよくなり、公害減少のためにも多くの人が 公共乗り物を利用、この季節、キャンプやドライブを楽しむ夏場と違って 車も少ないようです。 


この友人は 週2で トロント、そして チリ―へは毎月仕事で行っているそうですが バス代やら ナナイモでのパーキングが 高すぎる、とこぼし始めたら 通りがかりの人が フェリー代 いつの間にこんなにあげたんだ、いったいこのフェリーはいくら取ったら気がすむんだ、とかなりの憤慨を(見ず知らずの私達に)爆発させたかのよう、


毎月チリーヘ行ける方が 3ドルぐらいで不満をこぼすなんて、、貧乏な私たちなどよっぽどのお人よし、ということになるんでしょうかね。


ということで いつもは フェリーでリラックスしながら朝食、の ドン、今回は お付き合いで コーヒーだけ、それに1時間半ずっと おしゃべりで ちょっとお疲れ、

フェリーからまっすぐ 眼医者のあるモールへ、

f:id:mosshaven:20170129171415j:image

 

中国のお正月風景がいっぱい、、、そして その後は いつものモールへ行き、Mosshavenが 買い物をしている間にのんびりランチ、の筈が、、、

f:id:mosshaven:20170129172223j:image

なんと 又 スカイトレインの入り口で ばったり昔の旧友に、、、ご挨拶だけにするつもりだったのに、、、

お茶でものもう、と 私達の行く先に一緒についてこられましたよ。

f:id:mosshaven:20170129173649j:image

やっと 一休みしようと思っていた矢先のドン、でも

誘われて断ったことがない。 彼氏とは さほど話もなかっのに ドンって長所なのか短所なのか、どんな時でも待ってました、もううれしくてたまらない、というような態度になってしまうんです。


人と一緒での食事は 何を食べたかわからなくなってしまうほどおしゃべりに没頭するドン、Mosshavenのほうは 

ふつう道理に食事を楽しみ、買い物も楽しみ、(ってほぼ食料品)1時間半ぐらいのちに帰ったら まだ、、二人で、、


もう ダウンタウンで フェリー行きのバスにのらなければ、と お別れして、

f:id:mosshaven:20170129175415j:image

スカイトレインは 快適、景色や 周りの乗客など (田舎のネズミは都会が珍しい)ふだんのアルバーニとちがうので 結構たのしいのです。

f:id:mosshaven:20170129173939j:image

ダウンタウンで降りたら 始発のバスにのるべく ちょっと歩きました。 

f:id:mosshaven:20170129175741j:image

この辺を歩くのは 何ねんぶり?、ダウンタウンでも 古い町並みです。 Mosshaven は ふだんの川土手とはちがうエクササイズを楽しんでいたけれど、、、

f:id:mosshaven:20170129174721j:image

なんとなく 疲れているようすのドン、何も言わなくても普段ともに生活していると 自分のことのように感じ取れてしまいます。 気になって おばあさんがお爺さんの腕を取って歩いていたら、わかいこと、と(日本なら)皮肉られそう、だけれど 実のところは ちょっと支えているつもり、ときどき 薬のせいか 気分が悪そうにしているし、こんなことって 逆でしょ、心配かけないで、と言いたいところですが、、


f:id:mosshaven:20170129175117j:image

でも 始発のバスに腰かけたら 一安心、フェリーまではちょっと距離があるので 運転しないですむのでほっとします。

私もできないわけではないけれど、めったに通らないヴァンクーバー、それも暗くなりかけたハイウエー、

第一 彼がこんなところで 私にドライブはさせそうにないから 結局私がハラハラ、

f:id:mosshaven:20170129180652j:image

少し前までは、こんなところもゆうゆう(?)ドライブしていたんですねー、Mosshaven.

2017-01-24

mosshaven2017-01-24

[ 日々のこと] ドッグシッテイング



コーナ君 静かで おとなしい、、、けれど

何しろあの大きさ、一週間も??(古い我が家がますます

ぼろぼろになるんでは?)

f:id:mosshaven:20170124173009j:image

でも、犬好きのドン、断るわけがない、、

息子のファミリーが ヴェトナムで ホリデイ、なので

喜んで(ドンが)お預かり です。


最初は4,5日だけ、だったのが 結局8日間、


f:id:mosshaven:20170124154301j:image

最初は 大きな体をしているのに、遠慮がち(?)なのか

シャーイなのか 隅っこにじっとしていて、私たちが用事で通りかかると さっと立ち上がって、又こそこそと 更に隅っこのほうへ、、、外へ出たいとき、入りたいときも 誰かさんのようにけたたましく 命令しているかのような 大声も出さず、ドアーの前にじっとたっていたり 遠慮がちにドアーをひっかく、、、

f:id:mosshaven:20170124181934j:image

ナナちゃんの意思伝達は 高音のガオーガオー、

でも それぞれの目的によって 違う吠え方、ドアーを開けると 待っていたかのように突進、そこら中に ほこりと毛をまき散らす。私たちが外出から変えると もうそれは (私の)耳が張り裂けそうな大声、で 体中をくるくると何回転もの早業(怒っているのか喜んでいるのか、、、とにかく感情豊かです)で、こんな大型犬だから どんなに毛だらけになるか、、、と思ったら、、、そうでもない、もっとも こんな大きい体で 回転したら そこらじゅうにぶつかるし、、


リヴィングでテレビを見るときの 私達の 椅子と椅子の間に ナナちゃん用の クッションが置いてあります。

寝るときは 隅っこのクッション、でも 私達がリラックスしているときはここで安心してお昼寝、、とくに お茶タイムだったりするともう絶対にここを離れません。


Mosshavenは 毛やほこりが気になってお茶も飲みにくい、から 目の前で ブルブルッとやられたりすると、、、(どうも わざとやっているのでは? お茶の時間なら私ここにいるんだから、おすそ分けは?、、といった具合の

デモンストレーション)


f:id:mosshaven:20170124171633j:image

さて、 だんだん よそのお家に慣れてきたコーナ君、

やがて どっしりと(小さな)ナナのクッションに

長い体を丸めて、

よいしょ、

すやすや、

いっぽう、休もうと入ってきたナナちゃん、あら、そうなの?  あたしどうしようかしら?  

f:id:mosshaven:20170124182138j:image

そういえば 変わったドッグフードが入ってたから食べてみようかしら?

もぐもぐもぐ、、、、といった風に どちらも怒らず焦らず、なんだか すべては自然まかせ、とでもいうふうにスムーズ、コーナ君が トイレに立つと、すんなり ナナが元の古巣にちょこん、帰ってきたコーナ君、えーと、あいていないのか、じゃ、今度はこっちにすわってみようかな、人間界では 絶対に起きえない 平和なシェアー風景、

f:id:mosshaven:20170124174229j:image

お散歩、は とても 大型犬を連れては無理、だってコーナ君は いつもリーシ無し(でも街中ではそうはいかない、しっかりリーシをにぎっていなくては)私たちの言うことを(室内では)よく聞くけれど、外に出たら どんなリアクションがあるかわからないし、丁度雪解けで すべりそう、私達老人組では とても コントロールできそうにない、、でもでも さすがに 4、5日もたてば 庭だけではかわいそう、

f:id:mosshaven:20170124171947j:image

と一大決心で 散歩、いつもは 12歳のナナ、もう老犬、にも拘わらず ぐいぐい好きな方向に歩いたり飛んだりするので ふだんは ドンが抑えているんだけれど、、大丈夫かしら 私だけで、、、

f:id:mosshaven:20170124172303j:image

自分はビーグルにひっぱられながら でも ドンもコーナ君に引きずられたり ころんでしまうのでは、と心配しどうし、ハラハラのMosshaven.

f:id:mosshaven:20170124172448j:image

どうやら 無事に終えてほっとしました。

この狭い室内(コーナ君には)から 大型犬が消えると

急に 広々、いつのまにか わが家の一員になっていたみたい、、なんて言っていないで 大掃除、しなくっちゃ、  

2017-01-16

mosshaven2017-01-16

[] お隣の村まで 17:00



ぞくぞく寒気がしたり ちょっと疲れ気味、になると

急に 腰が痛くなって、、思えば あの寒さもちょっとこたえたかも、、

f:id:mosshaven:20170117161447j:image

いつも(Mosshavenと一緒の時は) 川土手の散歩、と決めている彼、 今日は 隣村(正確には隣の隣)の ビーチに散歩に行こう、、、


え?こんな寒い日に?  しばらくぶりだからちょっと自信がない、、、零下(こちらは −1度)の海辺を歩くなんて、、想像しても、、、と ちょっとぐずって出足が遅い、

f:id:mosshaven:20170117071718j:image

車から降りたとたん、何も遮るものがない海辺、−3度、思わず凍り付きそう、なのに 駐車場には 結構車が、

このビーチは 人気の散歩道らしい、それに 珍しくはれているし、

f:id:mosshaven:20170117071936j:image

すぐに後悔、ぐずぐずせずに早く出発すべき、でした。

此方の冬は 日中の時間が短くて 3時を過ぎると こんな薄暗さ、

f:id:mosshaven:20170117072333j:image

それでも かなりの人たちにであいます。生まれたて(に見えます)の赤ちゃんを抱いていたり、おとしより(わたしたちのような)カップル、Mosshaven こんな散歩道は好きだけれど、、、寒い!  


(カナデイアンの)みなさんは 悠遊としているように見えます。 友人とお茶をしていたら、あそこは とてもポピュラーな ビーチ、とききました。  たしかに ユニークなスポット、私も5,6年前に来たのを覚えているけれど、、、あの時も夕方で寒かった!!



最近は 夜の運転は 避けている私達(車線の見えないMosshavenと 見えにくいうえに 時々ふらつくドン)

でも ちょっと温まっていこう、

f:id:mosshaven:20170117071327j:image

てんぷらうどん、です。  ここは 私達の好きなナナイモ和食店と同経営者、すべてに満足、なのに 何時もすいているのは、、、こちらの人には物足りない量、ということのようです。


お皿の真ん中に ふんわり そっと 置いてあったら

それだけで スペシャル、どんな味?と 思うのが日本、

お皿にいっぱい ボリュームたっぷり乗っていれば 豊かさが 心まで満たしてくれるごちそう、と思えるのでしょうか こちらでは?


そういえば(突然 いつも 話が飛ぶ ブログ、、、) ハリスが 浦賀に到着した時に 日本側では

最高のおもてなし、えりすぐった 一つ一つの器には 様々な珍味がお上品に 並び、それも ひらひらのお刺身とか 百合の根の白茹で、奈良漬、エビ牛蒡の卵とじ、など野菜が主、唯一のお肉は 家鴨油入り冬瓜葱(これも多分ちょっぴり)など、、お肉好きのハリスにとっては あれがごちそうか? といった食べた気のしないようなご接待だったということで、今なら笑い話、でも 当時は お互いが探り合いやら 気の使いよう、からいえば あまり成功な外交とはいえず、お互いにとっても残念、


食文化というぐらい、食べ物に関しての違いが 国を左右するかもしれないようなことが 昔は あっても 21世紀の新年、まさか、、、でも トランプ氏、いかにも 豪華でたっぷりお肉料理がお好きなようにおみうけします。いえいえ 政治には 関係 ないですよね。