Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2019-01-10

[] 強行程 05:36


といっていいでしょうか、



前日は 夕飯後に 友人にクッキー3ダース、レモンローフを焼いて 翌朝用の たまごサンドも作って、、、などと ぎりぎりではじめたものだから、シャワーを済ませたら 3時まじかの就寝、

f:id:mosshaven:20190112034016j:image

5時前に起きて 5時45分 真っ暗闇の中をスタート、

みぞれ交じり、なので 慎重に 願います、ドライーバーさん、

マックで買ったコーヒー片手に 山道のハイウエーなのに スピードを出して、はらはら、でも あちらは 普通に走っているつもり(らしい) 


f:id:mosshaven:20190111163509j:image

早朝だから ターミナルラウンジもガラガラ、


f:id:mosshaven:20190112051853j:image

いつもは 車中での朝食が楽しいひととき、でも この日は あまりおなかがすいていなかったので フェリーにのってから カフェテリヤへ(こちらは彼の楽しみ) 彼はワッフル(生クリームがどっさり、その上バターもシロップもたっぷりぬって)家で 彼のダイエットに気を付けてあげているのに、、え!と驚いた量でしたが、気がついたら 食に関心の高いMosshaven、ちゃんとお味見していて、やっぱり私の卵サンドのほうがおいしいわ(変な自信)

f:id:mosshaven:20190111161748j:image

眼医者のあるビルに着いたら 小一時間あるので 周りを散策、この近くの (今では高級)住宅地に さらに大きな高層ビル計画がたっているようで 大きな展示会がありました。

f:id:mosshaven:20190111170404j:image

この辺一帯を 緑化して 周りに コミュニテイーセンター、ジム、趣味のアトリエ、大きなキッチン(レストランでしょうか)などが あちらこちらに散在、建物は 高層ビルをはじめ 自然の材料、特に 木を大量に扱って、 オリンピック建築デザイナー、隈さんが 随分 主流となって 計画が立てられている模様、


ほんとうに 理想的な 自然とマッチした生活スタイル、でも

この付近 中國の人が多いので 又こちらも 富裕層の中国系のひとたちでかたまってしまうかもしれません

f:id:mosshaven:20190111171947j:image

カナダは昔から 様々な国の人たちの協力と妥協を得ながら偏見をこえて ともに生活をする努力を重ねてきた国、の筈、もちろん いまも 沢山の問題を抱えていますが、、

世界でも早くから 人権や 平等を 理想としてつくられた国、だったのに、、

ヴァンクーバーでは 今高級マンションの 大部分が 空き部屋(高くて借り手が少ない)、そして そのすぐ外には ホームレスが沢山、という アンバランスな街となっています。



素敵な観光地、ヴィクトリアも例外ではなく、 昨今は かなりのホームレスの人々、そして公園には 多くのテントがみられるとのこと、、いつのまに、、、変化が速いと感じるのは 年を取った証拠、コンピューターが どんどん 人間の仕事の世界に入り込み、雇用を減らし、逆にコンピューターによる 莫大な利益は 少数者のもとに、、この勢い 留まることを知りません。 更に 世の中が混迷へと進む前に 真の意味でスマートにそして弱者を守ってくれる政治家の出現が待たれます。



眼医者を済ませ 一休み、最近は いつも飲み物が ないと 落ちつかない、そういえば 最近は カップ片手に移動が多いし、若い時から 茶飲みばあさん、といわれましたっけ。  ということは おばあさんは お茶が好き、というより 必要なのでは? で、また 珈琲を一服、そして 何処へ行っても どこにトイレがあるか確認しておかないと、、、歳をとるにつれ 何をするにも時間がかかる、家にいるときは 2,3回しかゆかないくせに 外へ出ると なぜか気になるものなんですよ。


ビルから 1分の スカイトレインで 待ち合わせ場所に、

Mosshavenは ビル内の 韓国食料品へ(最近は 日本のものが 少ない、韓国と日本の 政情不安などの理由もあるのでしょうか。 それとも 高い日本食品が敬遠されているのかしら)

インスタントラーメン、おそば、わさび、それに 冷凍品は もってゆけない、けれど、だめでもともと 納豆も 買いました。(納豆やおとうふに不自由するようになると はじめて 自分が好んでいたことにきがつきます。)野菜は 軽くてかさばらない きのこ類のみ。



そして おなじビルの端っこに行って 上の階で電話中のドンに荷物を預けて又 あるいて下の階のダイソーへ、、、(歩いて、歩いて、、こんなエクササイズ毎日できたら いいのに、、)


大急ぎで マーケット用品、 2本指ソックス、レンジカバー、セスキクリーニング、等等、こんな何でもないもの、カナダにはないし、見ているときりがない、ので 又大急ぎで買い物を済ませ、 ドンのテーブルに戻って、、


やっと 知り合いのカップルと 落ち合うことができて、、

f:id:mosshaven:20190111162328j:image

もう、おしゃべり、おしゃべり、2時間以上、とまりません。



彼女は 90代、お若いわー、 肌がきれい、寒がらない、しっかりしてらっしゃる、手も足も不自由がなさそう、ただ最近、メモリーがすくなくなってきた、とのことで ドンの 持参した(彼らにお勧めしようと)スクラブルわたしたち 4人、共通して この単語のメモリーゲーム、良い訓練になりそう、、、、


あまり話に熱中しすぎて 時間があっという間、夕飯には早いし、フェリーターミナル行きのバスの時間、なので、、これで又 しばしのおわかれ、と思ったら、、


私達よりシニアのお2人が 帰り道 おなじ方向だから フェリーまで送る、と言ってききません。 暗くなってきたし、お疲れだし、と言っても、聞く耳持たず、、、


私達 ほんとうは バスの乗り降りに慣れたり、外の空気にふれたり、する方が 多少はボケ防止にもなるし、グッドエクササイズと思っていたのですが、、、ご厚意に甘えて、、車で、、、フェリーターミナルまで、、、


ところが 丁度ラッシュアワーで、 予定のフェリー時間をミス、私達をタ−ミナルで下して お帰り頂いたら良かったのに、じゃ次の時間までどこかで、、、と 近くのレストラン行き、となってしまいました。


おふたりともどんなにお疲れかと思いましたが、、こんな時 二人の男性同士、これで失礼、というわけにはいかないのですね。

こちらが お払いするつもりだから ご一緒したのに、、、

こちらのなわばり、と 払わせてくれません。

f:id:mosshaven:20190111154239j:image

 先ごろ こちらでウェデイングに出席された、という

ブランドニューで とてもクラッシクな レストラン、

f:id:mosshaven:20190111164629j:image

やっぱり 落ち着きます。が じき出発、軽くいただいて

又フェリーまで 戻っていただいて、、、若い私達のほうが 逆にお世話になってしまいました。


8時45分発、10時過ぎに ナナイモ到着、雨と風、


というわけで 今回も又 12時前の 夜中のご帰還、長い一日だったけれど、まだまだ大丈夫、頑張れました。


 

2019-01-04

mosshaven2019-01-04

[] には お正月なんて存在しません 19:45


Happy New Year! で終わり、

f:id:mosshaven:20190104185103j:image

ついこの間まで 3段の階段も きつそうだったのに

大みそかの真夜中の花火が始まると もうこわくて、こわくて、

いっそくとびに 二階の奥に行ってうずくまっているナナ


クリスマスの後 アルバーニからヴィクトリアに帰る ふたりの孫娘、


彼等は 同い年、とても仲がいいんですよ。 ひとりは Queen 大学を卒業後 あちらこちらと国外を回って、秋から又 学ぶ予定、一人は 看護師を目指していたのが

いつの間にか ヴィクトリアの大きなホスピタルで doctorの会議などのアレンジをする重要なポストについています。

f:id:mosshaven:20190104180541j:image

帰る前に飲みに行こう、と グランパを誘ってくれました。 可愛い子供達ですね。

勿論 ドンは大喜び、 レモネードで お付き合いのばあちゃん(と呼ばれてます、、英語だから バーじゃなくて ばちゃん)


f:id:mosshaven:20190104182321j:image

最近 大きな木材会社に就職、羽振りのいいパパ(ドンの長男)をスポンサーにするところもさすがしっかりしている。


なんと 3時間余り、

そして 帰りは すっかりできている息子を 家に送る途中、もう一件行こうか(なんて考えるのは 勿論ドン)

f:id:mosshaven:20190104183020j:image

ここは 1925年にできたホテル,いろいろ編纂を経てかなり(ぼろ)古いビルになっていたのを リノベ―トして (うわさでは)性同一性障碍者、或は同性愛者の集う場所になっていると聞いたときは ちょっと驚きでした、


最近は どこでも見かける、、でも ここでは 聞いたことがないし、それらしき人も見かけない、でも 以前 ドンのマックでのコーヒーミーテイングで 彼が 私見を述べたとき 私の息子はゲイ、だと 告げた方があったそうだけれど、でも 住みにくかったのか 息子さんは引っ越されたとのこと、 偏見や古い考えの人が多いこの土地では きっと 親子ともども オープンで 日々を過ごすことができなかったのでは、と思いました。



そんな土地だから え?と思ったのですが、 このビルの新しい所有者は ゲイの方で、しかも ことしの 市の役員6人のうちのひとりに選ばれた方、彼女は 最近ヴァンクーバーからこちらへ移られたそうです。  

f:id:mosshaven:20190104191626j:image

年末のせいか 静か、くつろいで話ができる、、、

f:id:mosshaven:20190104183249j:image

この壁に使われた木材は 息子の会社から供給されました。


2件の パブ関連のブログ、ついでに もうひとつ、🎄後に娘たちを 見送る際に フェリーターミナルに早く着きすぎたから、と またまた パブ

f:id:mosshaven:20190104191919j:image

又飲むの?  私は飲めないんだから モールにでも、と思いはしたものの (飲めなくても)やっぱり家族とのおしゃべりは 楽しい、、 それに彼等の友人、 アーテイスト、教授、小説家政治家など 幅広い話が出て (脳みその無い)頭が刺激される。

刺激されても 反応が段々鈍くなるばかり、の シニヤ夫婦

f:id:mosshaven:20190104193601j:image


今年もよろしくお願い致します。




   


  

2019-01-02

mosshaven2019-01-02

[] 準備 18:50



なんて何もしていなかったのに、、、

ブログはさぼってばかりだし、、、と書き出したら、


もう おおみそか、紅白、見るつもりはなかったのに 録音してあったから、ちょっとだけ、と飛ばしながら聞きたいところだけを見ていたのに、、、やはり長時間、


今はもう元旦、それも 夕方近く、 いったい何をしていたのでしょう。


紅白、昔は 家族みんなで見ていた番組なのに、今は 世代ごとに違う音楽で 共有ができない。  伝統的な和楽でも 演歌でもないのに、一寸耳にしたら、あら これは日本のミュージック、とすぐわかりそうなJPOP,でも シニヤに 楽しめる音楽ではなさそう、


この空白の(Mosshavenにとっては)何十年で 色々な音楽が 出ては消え、、、なじみのない曲のほうが多い、けれど どんなのが人気? いいのがあるかしら?と興味は あります。


クリスマス前に 大掃除を済ませて 🎄飾り付け、今年は 長男の息子家族は モントリオールで クリスマス


そして 次男家族は 湖のほうに集まるから わが家には来ない、、、から 今年は ツリーと 好きなアイテムを少しだけでいいんじゃない、といっても 何でもあるものを飾りたがるドン、まるで 小学生、いえ 幼稚園児並み、とにかく にぎやかに 沢山あるほうが 温かみがあって好き、ミニマリストとは程遠い、


3人だけで ちょっとリラックスのイブ、そして 翌日は 娘のパートナー マシュー君到着、

f:id:mosshaven:20190102172524j:image

次男の家では 御嫁さん、二人の孫娘、と手が足りているから、こちらからはデザートだけ用意、

f:id:mosshaven:20190102174757j:image

スウィーツは ほぼ口にしない娘、でも ベーキングは 気分がリラックスするらしい、卵の白身を9個も使って トッピングは オレンジの皮すりおろし、ザラメ、シナモンなど クリスマス香りがいっぱい、


f:id:mosshaven:20190102174111j:image

オードブル

f:id:mosshaven:20190102171112j:image

トラデイショナル ターキー、お野菜もスタッフィングも クランベリーソースも とても ていねいに おいしくできていました。 ジゼラスのチーズケーキ2個とベリーソースも持参したのだけれど (お愛想程度に)一人が手を付けただけ、いつも量が多すぎる(のに心配性のMosshaven)

孫たちも 皆成人、18歳から 29歳までの8人、それに 36歳の叔母(我が娘)そろって 結婚も 婚約も家族も無し、、、今の若い世代は 私達の若い頃とは 考え方も 生き方もちがうんでしょうか。 人さまざまな生き方があって そして干渉されない世の中であれば それはそれで 素晴らしい時代になったともいえそうですね。

などと あれこれ考えたり 思い出の扉を開いて 回想や 後悔、、会えない友や故人ををなつかしんだり、、、したくなるのが このクリスマスの頃、とはおもいませんか?  いえ、ただ単に としをとったせい❓ですか、、、 


さて、おいしいデイナー、材料はこちらのものばかりなのに なぜか日本人に合う好みの味付けに感じられます。

f:id:mosshaven:20190102171250j:image

ドリンクは 各自(いわれなくても)持ち寄りで いっぱい、

マシュウ君は てづくり ビール、飲めないMosshavenも もちろん ワインビールも多少の味見はします(おいしいものは 何でも試したい)

f:id:mosshaven:20190102171451j:image

この日は わんちゃん 3匹が お仲間に加わって、

広いリビングを楽しそうに歩き回ったり、ねころんだり、、、

f:id:mosshaven:20190102171609j:image

人一倍 いえ 犬一倍 人が大好き、賑やかなのが大好き、な わが家のナナちゃん、かわいそう、、、、なのだけれど、最近は 心臓肥大と 関節炎、などで 歩行困難な時が多い、あたたかくなるまでおあずけ(というか 外出は無理)


こんなところへ連れてきたら うれしくて 興奮して 心臓麻痺でも起こしそう、、

ドンも 心臓はいたわらなければならないし、高血圧の薬が強すぎて(としか思えないけれど やめるわけにはいかないし)貧血気味の状態が出たり、Mosshavenも 関節炎(犬とオーナー 似通った状態)、、、

f:id:mosshaven:20190102172716j:image

娘に 三角ショール、

f:id:mosshaven:20190102172006j:image

Mathew君に帽子、など いちどに編んだから 関節炎を悪化?

無理がきかないことをすぐに忘れています。

歳とともに いい話題が少なくなってくる、から

f:id:mosshaven:20190102173013j:image

こんな ちいさなファミリー、ですが

f:id:mosshaven:20190102173343j:image

さあ、クリスマス 撮影でも、、、

何故 バスルーム?などというご質問には ノー コメント、

世間体を気にせず 人に迷惑をかけなければ、、

気の向くままに、自然体で、、、2019年をのりきることにします   


2018-12-10

[] クリスマスパーテイー 18:16



前々市長さんの ジョンに誘われたんだけれど、、、


彼の友人たちには (私達の)知り合いはいないし(この前のバースデイパーテイーで 判明すみ)それに 彼等は 2世代若い、、、あまりお呼びではないんじゃない?


でも ドンとジョンは 毎日のように 珈琲朝食会で会っていることだし、と 少々億劫気味の自分に活を入れて でかけてきました。 

f:id:mosshaven:20181210172756j:image

一度しか来たことがなかったし、暗いし、、ドンもちょっと迷ってしまって(地理にうといMosshaven でも 日本では地図があれば どこにでも行けたし、すぐに見つかったし、、ということは 外国のせい?年のせい? まあ、 あるくのと車では 感覚も違う。 PAは 彼の故郷、それに こちらに来てからは車も一台で一緒に乗れば つい彼に任せきりにしていて安心していたのだけれど、、、めったに、というか一度も迷ったこと等なかった気がするのに、、、、)



などと あれこれ考えていたわけではなくって、、

車がいっぱい駐車してあるのに ドアーのベルをおしても誰も出てきません。


もう 出来上がっているんでしょう、30分ぐらいたっていますから、

勝手に 開けて,コートをかけて、、


上に上がったら、、、すごい混雑、


f:id:mosshaven:20181210171414j:image

写真は たまたま すいているところばかり、

しかも 少々の中高年のゲストが写っていますが、

たぶん 50人近く、


7,80%は 私達よりは二回りほど若い人々、いつもは 出かけるほとんどのところが シニア、なので (やっぱりお呼びでない) はなやかな雰囲気 ですが みんないい方たちばかりで 会話もそれなりに進みました。

f:id:mosshaven:20181210171658j:image

で、音楽好きの ジョンが ギター片手に楽しい司会で ピアノ伴奏とともに クリスマスソングを次々に歌うことになって グループに分かれて 順番がきて

わたしたちは 3人組、一生懸命大きな声を出したつもりなのに 両側の男性(一人はもちろんドン)の大声に消されたのか、あとできこえなかったって、それはないでしょ、、、彼の耳が遠いんです。



昔は(また出ました)12月は 娘の関連したコンサートだけでも 4,5回、それに’教会関係もあって 音楽にどっぷりだったから 久しぶりで 楽しかった!!


f:id:mosshaven:20181210172603j:image

そしてジョンのかざらない 茶目っ気のある 人柄が ますます好もしく思えて 行って良かった感が 100%。、


f:id:mosshaven:20181210173007j:image

食べものも 皆さん 色々なスナックやスイーツをおもちで 興味津々、しっかりお味見をしてきました。 ほたてがいのべーこんまき タコス、ミートボール、蟹のデイップ、その他 いろいろ、人の作ったフッドは なんとはなく温かみが感じられますよね。

というわけで、 写真がどうにか 娘を待たずに 取り入れることができたけれど、、、今度は 写真の撮り方が、、、スイッチオンにするたびに 違うサイトが出てきて、、、もう少しいい写真が撮れても良さそうなのだけれど。。。

2018-12-03

mosshaven2018-12-03

[]   プラント 06:57


昔 母に 花きちがい、と 言われたことがある、、

ということは だいぶ前から好きだったに違いないけれど、、

f:id:mosshaven:20181203172006j:image

でも20代の若い頃は いろんなことをしていて忙しかったせいか

時折 母が買ってきた 鉢植えを見て どうしてそんなもの買うの?と思ったことも覚えている。  でも母の場合は 咲いている間は ていねいに面倒を見ていても 咲き終わったらもう捨てていたようだった(と はっきりは覚えていないほど 朝から夜遅くまで 出歩いていたことが多い)


一代おいて 母の母、此方の家は人出が多くて 子守さんとかお手伝いさんがいたのに 祖母は いつも自ら畑に出ていたので 学校から帰った母は さみしかったらしく そんなこと人にためばいいのに、と思ったそう、実は Mosshavenも、いったん庭に出ると ついあれもこれも、と夢中になって,後ろに立っている 未だ小さかった娘が(かまってもらえず)つまらなそうな顔をしていたのを思い出す(家にいるときはかまいすぎ、なのに) 


そういえば 私が子供の頃 夏休みに田舎へ行くと 祖母が イチゴ畑へ連れて行ってくれたり、山の畑に一緒に行って 近くの水際で冷やしたスイカを割ってくれた思い出もある。お料理も上手だったらしい。


そして 知人から 種やめずらしい草花をもらうと とてもよろこんでいたとか、、、 一代おいて似たんですね、草花や料理好き、


それに 父方の母の方は ひとりで住んでいたけれど、

縁側越しの 裏庭に なすなど植えていたり、ゼニアの花が咲いていたのまで覚えている(5,6歳の頃なのに 草花をみていたんですね)でもこちらの 祖母には 4,5歳ぐらいの時から 塚原卜伝とか宮本武蔵等の(古ーい)本を読んでもらって(墨で書かれた挿絵を見ながら 喜んで聞いていました) 字を小さい時から学べて 読書好きにしてくれました。


三つ子の魂何とやら、、、

マーケット内で いつも植物の本を見ている Annとは やっぱりはなしがあうのでついおしゃべり、せんじつは ワックスプラントともいわれる ホヤのはなし、有機農業を大学で学んだらしい彼女、普段 ファームの冷凍お肉とか 野菜 専門のテーブル、でも ときたま ちょっと珍しいプラントなどもご持参、


で、ホヤ、私の持ってる ホヤカルノーサとちがうのがあったらほしい、とお願いしてたら、、(ホヤには実にさまざまな種類があって まるっきり見た目が違うのもあるんですね)


持ってくるのを忘れたから 家に来る?

で、彼女の車のあとをついて行ったら、、


f:id:mosshaven:20181203171137j:image

林を突き抜けて、、


広すぎる、と聞いてはいたけれど、、、


端から端まで歩くのも大変、(歩きませんね、トラクターでしょ)

f:id:mosshaven:20181203171324j:image

あちらは 納屋、兼 グリーンハウス

牛や 鳥のお世話もあるんでした。  ご主人が今年 リタイヤ―するまでは 彼女がほとんど?  都会そだちのMosshavenには想像もつきません。


f:id:mosshaven:20181204053854j:image

立派な モンキーテール、以前のお宅 ヴァンクーバーから運んだそう、


で、伸びすぎた まだら入りホヤをカットするところだったので、数本、それに ゴムの木のカットも いただいて、、


こんなことで よろこんでいるMosshaven なのです。

f:id:mosshaven:20181203173204j:image

でも ちょっと 根つき 難しそう、、、


えーーと、お知らせ(読んでいる方がいらっしゃったらのはなし、ですが)

最近 携帯が変わって 一度目はどうやら 写真をコンピューターに移せたのに、、、、どうにも、古人間には 操作できない、

で、この写真が 最後、あとは 娘の到着をまつよりしかたがないかしら?

f:id:mosshaven:20181203181311j:image

こちらは Paint Brush とよばれる Haemanthus albiflos(albiは ラテン語の白、と 彼女に教わりましたよ

となれば flos は 花ですね、)日本語では 眉はけおもと、うーん、なるほど、日本語のネーミングのほうに軍配を上げたい。彼岸花一種で アフリカ原産、祖母がみたら なんというかしら。 


ちょうど 美しく咲いたので マーケットに持参(二株あるし)

皆さん寄ってきて 見たことない、とか何とか、でももちろん売れませんでしたが、、、喜びを分かち合うのも マーケット、