Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2017-10-16

mosshaven2017-10-16

[] 夏の花はシェッドで休眠 15:09



f:id:mosshaven:20171016144351j:image

まだまだ咲き続ける 花々、

f:id:mosshaven:20171016145108j:image

豪華な花を咲かせているダリヤを引き抜きたくない、でも

一端 秋の雨が降ると ぬかるんでくるし、寒くなったらもっと おっくう、

f:id:mosshaven:20171016144618j:image

土を落として 根元から切って 新聞紙に広げたり、空き箱に入れたりして 名前や色を書いておけば あとは春までほっておいても大丈夫。

f:id:mosshaven:20171016140707j:image

でも ベゴニアは もう少し繊細、此方でベゴニア、といえば球根、豪華な花をさかせます。 こちらは 花を付けたまま土から抜き取り、霜の当たらないところで寝かせて置き,茎ごとポロリと取れたら 球根は紙袋や箱に入れ、室内やシェッドの戸棚などで春まで休ませましょう。



ゼラニュームは 丈を短く気って鉢植えのまま シェッドにお引越し、冬の間も ときどき 水やりを忘れずに、

f:id:mosshaven:20171016134634j:image

フューシャは カナダで初めて見た 友人宅での豪華な鉢植え、いったいこれは何というお花?と驚いたのを覚えています。 40年位前は まだ 日本に出ていなかったのですね。こちらも 夏の終わりから咲き出したので 私は花や枝を切らずに しばらくシェッドで 楽しんでいたのだけれど、今年は 全部ドンに切られてしまいました。あれもこれも もったいない、と切らずにいると 寒くなって一斉に作業、ということになるので 思いッきりが必要なのです。 こちらも たまに水やりをします。


このほかにも 寒さに弱い ブーゲンビリアユーカリプタス、カンナ、マートル、シルクツリー、檸檬、ベイツリー、その他にも 名前のすぐ出てこない鉢がいくつも、、それに多肉とカクタスがいっぱい、、、いつのまにこんなに、と自分でも呆れています。

f:id:mosshaven:20171016141149j:image

ベゴニア、といえば 秋海棠、素敵な名前、どんなお花?と思っていたら わが家に来ていました。 ガーデンクラブのセールで Hardy Begonia とあって珍しいので買っては見たものの、葉っぱばかり、次の年に大きい鉢に植え替えたら ポツリと小さな花が、、、これが今年は どんどん大きい葉が増えて、秋になって いくつか小さな花がついて、これが秋海棠だったんですね。 嬉しい出会い、


f:id:mosshaven:20171016141631j:image

ドンが これは(カナダでは)室内向け、というので

しばらく楽しんでいたけれど、やっぱり 外気に触れたほうがいいかしら、と もう少し外におくことにしました。 これは 中国から来た花、小さくて目立たない花、でも山林で 沢山 風にそよいでいたりするのを想像すると、、、癒されそう、

f:id:mosshaven:20171016144132j:image

実は 今日の午後、次男夫妻が 日本で買ったチーズケーキがあるから、と持ってきてくれたのですが ちょうどそのまえに シスが お立ち寄り、そして彼女が帰ったら今度は 長男が、そして 湖畔の家で スタートした彼らの夏の花の作業について おなじようなお話となったのですが、実は このブログ、昨夜原稿を書いていて今朝、まとめようとしたら 消えていて、、というわけで 花シリーズの一日となりました。