Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2013-09-01

mosshaven2013-09-01

[] と マーケット 03:02


フェステイバルは 金土日、の3日間、


金曜日の夜は 花火、

短いし、まあ どうということはないのだけれど、

我が家から 歩いて5分のところで 打ち上げ、

今年は 玄関先の イスに腰掛けて まじかで 見物、

ぱちぱち、どーん、という音を聞きながら、


花火、といえば 人それぞれに いろいろな思い出が あるもの、

小さいときは 新潟の田舎の川土手に むしろをしいて、 

長野の旅館の窓から、築地の 勝鬨橋の欄干から、

そして ヴァンクーバーでは 混雑のビーチ、あるいは

友人のボートで 海から眺めたり、

いずれも 人、人、人、だったのに、


今年は 二人で 静かな 田舎家、なだらかな山を背景に 木々やふるい板塀、

車も人も通らない、なんて

誰ですか?  いかにも 私達にふさわしい、なんて 

これはこれでよし、としましょう、、これも思いで、となるんですもの、

f:id:mosshaven:20130902023253j:image

この日は ベーキングデイ、

で、 又 又 アップル ターンオーバー ケーキ、

今週は 更に デカダン と一言付け加えて、


f:id:mosshaven:20130902023323j:image

違うレシピを使ったら、 あまーい!ドン好みの味、

スポンジの底まで じわーっと ソースがしみこんで、


f:id:mosshaven:20130902023448j:image

あまいものばかり、だから

趣向を変えて、Latske、

ジューイッシュ パンケーキ、とも呼ばれている。

f:id:mosshaven:20130902024043j:image

ポテト、人参、玉ねぎを摩り下ろして パセリ、粉、パン粉、卵を

くわえて焼く、


f:id:mosshaven:20130902024213j:image

お好み焼きと 野菜のかきあげをミックスしたようなもの、

古今東西、人は似たような 食生活(もある)


f:id:mosshaven:20130902023521j:image

もう一種類は 人参の替わりに ズッキーニ(水分が多いので かなりの量の

摩り下ろし)

f:id:mosshaven:20130902023607j:image

油も大量に使うし 必ずしもヘルシーとはいえない、けれど

美味しいスナックの出来上がり、


他には アップルと 生クリーム、ラム酒につけたレーズンでやいた

アップルケーキが シンプルな割には 甘みを抑えたので

デカダン よりは 気軽に つまめるお茶の友、

(つまみすぎ?写真は?)

f:id:mosshaven:20130902024802j:image

そして ベーキングの間には

山荘に出かけて 花を切ったり、水遣り、と 

金曜日は シニヤ Mosshaven

も一寸いそがしい。 

f:id:mosshaven:20130902024824j:image

 

トラシトラシ 2013/09/02 19:39 お誕生日おめでとうございます。
あまりの東京の暑さのせいでしょうか、
気が付いたら、8月のブログ見ていませんでした。
たぶんカナダの夏が素敵過ぎて、見るのが悔しかったのでしょう。
やっぱり、贅沢でゆったりと時間が過ぎている。
それでいて、内容がタップリで、家族と友達の企画と笑顔が一杯。
60歳の世界最高のお誕生日でしょうね。
思い出より、今が忙しく楽しい、僕はそんな人生が最近は好きです。
ここで、ちょっと僕のいい話。
この間僕の周りの子どもたちと百人一首をやりました。
僕が読み手。4年生が1人、やった事のある女の子。あとの5人はほとんど始めての2年生くらいの子。
でも、みんな夢中になってやりました。
僕も何十年ぶりなのに、上の句から下の句ほとんど覚えてました。
母が読んでくれたのを記憶してました。思い出と今が繋がり楽しいひと時でした。
これから毎週子どもたちとやる事になりました。
僕もMosshavenさんに負けないように、子どもたちと今を楽しみます。
年齢は訂正しないで、ハッキリすると神秘的な日記がもったいないです。
カナダの日本語が書ける妖精でどうかいつまでも。

mosshavenmosshaven 2013/09/03 17:24 トラシさん 大分暑かったようですが 無事乗り越えられましたでしょうか。 東京とカナダ お互いにいいところばかりが見えてしまいますね。だらだらと過ごしている 日差しの暑い時とか暗い雨ばかりの陰鬱な日などは ブログの種になりませんから、(これでも)いいところだけを見つけて かいています。  百人一首、一寸前までは もうする機会がないと思うと とても残念な気がしていましたが 今は もう 頭も手もすばやく動きそうにありません。 4年生でも 解釈は無理(ですよね)、2年生も楽しむ、というのは きっと おぼえが早いのでしょうね、今時はみな ゲームばかりで新鮮なのでしょうか。 日本人ならではの文化に親しむ機会を子供の時に与えられるのはすばらしいことですね。