Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-02-27

mosshaven2018-02-27

[] 04:22


このところ ちょっと静かな 彼の プロジェクト、


でも 先日 国外の大きな化学用品の会社から サンプルの要請がありました。 カナダ レッドシーダーから抽出された ヒノキチオールと 材料の おが屑、

f:id:mosshaven:20180228152607j:image

はりきって 箱詰めをしていた彼、

でも こういう生もの(?)を 国外に送るのは なかなかむずかしいことが判明、で、以前 プロジェクト関連で 知り合った大学の研究室(国の内外で 原材料などの送付知識は深いし、経験もある)から送っていただくことに、考えつくところは、さすが、、私だったら、、、一人で悩んでしまうところ、


f:id:mosshaven:20180228155934j:image

ヒノキチオールの成分を含む樹木は 青森ヒバと ほぼこのBC州海岸沿いのレッドシーダーのみ、BC州は ことし このレッドシーダーに関して特別に力を入れて 取り組む方針、ポートアルバーニ市の協力やバックアップも得ているのに 肝心の投資がまだ未定、農薬のかわりに

自然から作られた殺虫剤などをはじめとする殺菌効果、抗菌作用があり 防腐剤の役割として化粧品にも使用され、 肺結核の治療や育毛効果もあり、最近の日本では 多くの分野が興味を示し要請も増えているようです。 



こんなに優れた抽出成分があるにもかかわらず、 

レッドシーダーの原産地であるにもかかわらず、

そして カナダ地元では 徐々に情報がひろがりつつも、


この未知の事業スタートに賭けてみようという企業との出会いがない、ということなのです。  困難な理由の一つ、この国の(レッドシーダーを含む)森林の多くを所有する原住民の文化は 白人と異なり、又過去の虐げられた事実から 一般的なビジネスの常識では進まないことが多いのです。  

f:id:mosshaven:20180228160336j:image

彼等の文化、一昔前の日本(といってもMosshavenの言う一昔は 昭和の初期、それも片田舎?)⁾に似ているところがなきにしも、、、たとえば 隣近所に親戚が住んでいて しょっちゅう行き来したり、孫とおばあちゃんが一緒に出掛けたり(よくスーパーで見かけます)


白人の家庭では 独立心を学ばせ、アジアでは 家族への思いやりや責任感を重んじたり、そして 白人の間では 取り決めは はっきりと 方向を定め 一つ一つクリヤーしてゆくのに対して、原住民は (書面でも話し合いでも)答えを出さないことが多い(日本人の間では思いやりというかお互いを傷つけたくない、はっきりと言える勇気がない、などの理由が考えられるけれど、、彼等の場合はどうなのでしょうか?)勿論 教育を受けた知識人活動家も最近は かなり増えています。 



f:id:mosshaven:20180228161047j:image

アメリカで 黒人への差別感がみられるのと 同様、まだまだ この地では原住民への偏見がみられることがあるし、ポートアルバーニでは 多くの原住民が住んでいるのに(たとえば) 彼等の自殺、傷害事件などはいっさい報道されません。  


ポートアルバーニは いくつかのバンド(原住民の民族区分け)があり それぞれのオフィスがあって 代々受け継がれてきたチーフと 選挙で選ばれたチーフの2者の存在があり、彼等は その土地の内外から尊敬と注目を得て パワーもあり、彼等と近づきたい白人も多いのです。

f:id:mosshaven:20180228161904j:image

ドンは 数人の知り合いのチーフがいるのですが、、、、その一人、82歳にはとてもみえない彼氏、頭の先からつま先までぴしっと決めた清潔感、毎週ダンスに出かけ 女性にも大人気、大きな家を 自分ひとりで維持 、今もフィッシングやスモークはかなりの腕前、おまけにバンドでも一目置かれている人物、なのに、、、初めてのパーテイーなどに顔を出すといやな顔をされる、話をしてくれない、ここに座るな、と言われたことがある、と聞いたときは 驚きましたね。この時代に? 


なんとなく 東洋人だから あまり相手にしたくない、程度の(偏見?)を感じたことは(昔)あるけれど、でもよく考えれば 日本で 外国人と英語で話さなければいけない、と思うと 敬遠してしまう、片言しか通じないから 深い付き合いはできない、と思ってしまうこと、と似たようなものかもしれないのです。、、と そんな軽い物であるわけがない。  まず 偏見は 視的世界でのできごと、それから情報、教育方針、、、でも、2,3歳の子供には偏見がない、ということは?

f:id:mosshaven:20180228162116j:image

あら、ヒノキチオールの話からずいぶん話題がそれました。

2017-12-01

mosshaven2017-12-01

[]  表敬訪問 07:37



一寸怠けると あっというまに 過去が遠ざかる、、、

でも 記録しておくと 便利なこともあるし(と 日遅れ分の自己弁明)


UBCにでかける朝は 3時間ほどの睡眠、ヴァンクーバーについてからは 慣れないラッシュ時のバス往復、緊張続きの

長いミーテイング、とあって フェリーに乗ったら 眠らなければ、と思っても こんな時は眠れない、、、


いつも昼寝をしないと持たないはずの ドン、家までの長いドライブがあるので 早く眠らせなくては(まるで幼児の母)と思っていたのに ミーテイングのおさらいをし始めたら 二人とも 更に目がさえてしまって、、


帰宅後は 翌日から 日本のゲスト カップルが お泊りなので、 片付け、掃除やら スナックなどの用意、、



そして 翌朝、冷たい雨の中、まず みなさんお泊りの ホテルで 若い前市長さん、再会と 歓迎の コーヒータイムです。


f:id:mosshaven:20171203062226j:image

その後に 今期 市長さんへの 表敬訪問、この市長さんとも すでに 2度目の再会となりました。

少し耳に入ってはいましたが ポートアルバーニの先にある 海岸地帯に 今 膨大な港湾設備の計画が噂に上っています。  東アメリカからのコンテナ船が パナマ運河では もう狭くなってきている 現実、アジア方面への

港湾として 唯一的確な土地、広く なだらかな土地と水深の深さにおいて 太平洋側では ここしかない、とされる土地(Bamfield と Port Alberni の中間点)に今注目が集まっています。


f:id:mosshaven:20171203062739j:image

現市長は この 計画に並々ならぬ野心を抱き(もちろんどの市長であっても 何兆円というこのプロジェクトに動かされない人はいないでしょうが)さまざまな 政治的努力をかけて 成功へ導くべく 動かれているところで この訪問の話題は その宣伝がほとんど、  そしてこの膨大なプロジェクトの中で ドンのプロジェクトも傘下、というか 利用したい、ということでしょうか。


ドンが時間をかけて 製作した CLT(多少伐採しても問題の無い 中、小木材などを利用して つくられ環境問題に貢献する 新しい木材原料を建築物に使用)に関する 書類を 新たに乗り込んできた製材会社にそっくり 流してその代わり ドンのプロジェクトは 市で応援する、というような お話し。


実は この 港湾の話は 7,8年前に ドンが 友人と話し始めていたのですが、(彼はいつもタイミングが早すぎる)残念ながら(というか 漠然過ぎて、 肝心の膨大な投資関係で 日の目を浴びるどころか誰も相手にしてはもらえませんでした。)その代わりというわけではないけれど、今回は シーダーオイルに加えて このCLTも プロジェクトの一環として加える積りで進めていました。


そして この話には 更に いろいろと政治的な いわくあり、うわさあり、そのうわささえ、故意に作られたのでは?と思わせるような内容も さまざま、プロジェクト同士の複雑な 関連や流れが生じて 疑心案ぎ。


つねに マネーを伴うところには まず疑ってかかるようなことばかり、、


とりあえず 写真をとらせてもらって、 ゲストの方々には 将来の参考のために 工場見学、(冷たい雨の中)


でも 何度も見学済みの私たちは (ちょうど)ドンのドクターアポイントもあるので失礼して とちゅう 食料買い物などして

自宅待機、



そして 午後からは わが家で 夜まで 又 ミーテイング、


スナックは(忘れました)

f:id:mosshaven:20171203072450j:image

夕飯は (7人分 そんなに さっと できるほど器用ではないから 前もって 作って冷凍しておいたラザーニア、 スモークサーモン サラダと ガーリックブレッドです。


けっこう 大量に作ったつもりでしたが みごとに売りきれ、


f:id:mosshaven:20171203065136j:image

こんなに書いてこれ 一日分?  ふだんの 怠け者Mosshaven にしたら まるで10倍ぐらいの 活動記録!

(実はこの辺で けっこう グロッキー、あとちょっとがんばれ!)

2017-11-27

mosshaven2017-11-27

[]  ヴァンクーバー、UBC 15:40



今日は 4時半集合、ふ―、どうにか起きられました。

3時間弱の睡眠、でも 時差で全く眠れなかった方もいたらしい。

いつもの のんびり おにぎりとスイーツなどは なしだから(そんな余裕も時間もない)、朝は 皆さん夫々召し上がったらしく、フェリーでは 私達だけ、簡単朝食、

f:id:mosshaven:20171128153254j:image

車2台でフェリーまで到着、その後は 私達だけ、バス、

もうひとりのパートナーは スポーツカーを何台もお持ちなのに 乗用車にはbabyチェアーが固定されているので私達の車をつかって5人乗っていただいて、、


息子に通訳を頼んだので一緒に話ができるよう、そしてパートナーも 機会が少ないのでゲストとともに、というドンの考え、


でも フェリーのあとのバスは乗り換えもあって 行き先の大学まで時間がかかる、と娘が 途中まで迎えに来てくれました。

f:id:mosshaven:20171128065334j:image


大学構内の 森林関連製品技術革新、、(訳せませんね)Forestr Products Innovation,という 半官半民企業、ここだけで150人ほどの社員、他の州にももちろんありますし日本にも支社があるようです。


f:id:mosshaven:20171128065036j:image

訪問前に コーヒーで一服

f:id:mosshaven:20171128065953j:image

森林、工学、化学、などそれぞれの専門のトップの方々が

リサーチ、研究、且つビジネスへの提携をつなげたりしています。こちらで このプロジェクトを取り上げてくれ、政府からの補助金でリサーチをして かつ 政府補助金への申請をするための 書類つくりをしてくれることになりました。


BC州沿岸のみに存在する レッドシーダー、この樹木の精油には 価値の高いヒノキチオールが多く含まれ、その抽出技術は 今のところ この日本のパートナーの技術のみ

となっています。

この抽出、開発をカナダで実現させて どのように世界中へ進出させるか 具体的なマーケットの案、計画をたて、何億円(最終的には 10億を超える予定)という資本へ導きだす、Mosshavenなどにとっては逃げ出したくなるような リスク(ドンにとっては 森林から得る クリーンで価値ある有益な 新しいビジネス、この未知の可能性を引き出す絶好なタイミングと確信しています)


f:id:mosshaven:20171128070430j:image

(この建物の中庭、ちょっと変わったガーデン)

10時から 4時半まで 会議室で出されたランチのサンドイッチをほうばり乍ら続行、そして エンジニヤ同士での 話し合いがさらに必要とのことで ポートアルバーニまで来てくださることになりました。


f:id:mosshaven:20171128143418j:image

終了後の 撮影、


私達は バスを引きついでゆくと間に合わず とちゅうまで 新しいパートナーが 送ってくれましたが、


やっぱり 間に合わず 別のフェリー、


どうせ間にあわないのだから ゆっくり座れるバスを待ったらよかったのに、(頑固なドン)、小一時間混んだバスで立ちっぱなし、根を詰めた会議のあとで くたくたの様子、立っているのもやっと(自分では認めたがらないけれど、、、)それにしても 新しいパートナーも含め、4人すべてが 70代前後、良くもそろったものです。


このうえは せめて 命尽きる前に プロジェクトがビジネスとしてスタートできれば 有難い、ということでしょうか。 まあ、そのちょっと手前でないと 準備にも相当時間がかかるし、資金調達もまだ決まっていないし、、、まだまだ山のようにすることがあるので まずは此のシニヤプロジェクト健康第一です。 

 

2017-11-26

mosshaven2017-11-26

[] わが家でスタート 16:44




もう 4年目ちかくつづいている プロジェクト、

間に(ハラハラ いらいら、どきどきするような)色々なことがあり、内容もメンバーも変わりながら、続いていますが わが家だけは これ一本に集中、頭も時間も労力もこちらだけに使えるように(というと聞こえはいいけれど わが家の生活は?、、、まったく 眼中にないドン)


ヴァンクーバー泊の ご夫妻が その翌日到着された方と共に ポートアルバーニに向かい、我が家でミーテイング、

f:id:mosshaven:20171126154733j:image

8時半のフェリーだから、、、 お昼過ぎ頃到着、じゃランチは? スナックとお夕飯? シナモンバンに卵サンドミックスにクッキー、

f:id:mosshaven:20171126155615j:image

夕飯はピザチャーハン(変な組み合わせだけれど、前もって用意、さっと仕上げられるようなもの、日本人にもカナダ人にも食べられるもの、と一応 あれこれ考えた結果)スモークサーモン サラダに かぼちゃとべーコングリル、でも

f:id:mosshaven:20171126155924j:image

なかなかみえない、、、

フェリーの遅れ、、、じゃ 1時過ぎ、、、、の筈が 2時を過ぎても、、、



ふとメールを見たら ランチを済ませて 3時半ごろに着く予定とあるのに、、、男性陣 この間 ホテルでずっと出迎えのために 待っていた、から


意思の疎通で 3時間近くの無駄、ランチの用意も無駄、

お互いが遠慮してことばがたりず、というわけで 夜遅くまでのミーテイング、

f:id:mosshaven:20171126160124j:image

やっと一息、乾杯そこそこで食事

f:id:mosshaven:20171126160404j:image

そして 明日は 4時半(もちろん朝です)なので

9時には解散、日本の方は ホテルへ、私は そのあとも 食事の片づけをしながら翌々日の(食事)準備、、

ここのところ、就寝は 2時、3時、、、もうすでに疲れが出始めているのと 明日からの心配などもあって、、、 ストレスもかなり、、、




雨降り続きで お散歩もままならず、お父さんは プロジェクト何とかで コンピューターばっかり、お母さんは なんか忙しそうだし、、わたしつまんない、とふてくされ気味のナナちゃん、でしたが、

f:id:mosshaven:20171126163603j:image

見てください このうしろすがたにもあらわれている張り切りよう!  もう うれしくってうれしくって、、

誰かしらない人達だけど いっぱい!! 

うれしいな!! ご挨拶精一杯声を張り上げなくっちゃ!!

 

2017-11-19

mosshaven2017-11-19

[]   06:00



ヴァンクーバーへお出迎え


急に忙しくなってしまいました。

日本から ご夫妻でお見えになるので 空港までお出迎え、

となると 朝早いフェリー、ということは 家を7時前に出発です。で、今日こそは早く寝ようと思っていたのに、、、又 夜中の2時過ぎ、

f:id:mosshaven:20171121165452j:image

朝もやにけぶる ハイウエーを出発、

f:id:mosshaven:20171121170343j:image

ヴァンクーバーの港についても まだこんな感じ、


午後1時過ぎの到着、途中急いで 日本食料品店で買い物、

いつもは便利な 韓国系のお店が多かったので久し振りななせいか、、、何という豊かさ、朝から 人でにぎわって おすしやお総菜コーナーは 各国の人があれこれ手にとって選んでいたり、大変な盛況ぶり、


なんだか 圧倒されちゃいました。 (こんな田舎者はお呼びでない?)とにかく 急いでいたので とりあえず普段必要なものだけを買って出ましたが こんなにまで 至れり尽くせりの材料があると 私が 一つ一つしてきたことがばかみたい、というか インスタントにできてしまうあれこれ、信用していいの? 日本では誰もがこんなに贅沢をしているの? 年金から家賃をひくと 食事も満足にできない、とか シングルママの苦しい生活とかは?  

f:id:mosshaven:20171121170653j:image

カナダは地味、と思っていたんですが でも 8月に来て以来 あら、あれは?これは? と 新しい変化がいっぱい、何しろ何十年前は 何年ぶりに帰ってもほとんどどこも変わっていないヴァンクーバーだったんですけれど、、なんていっている Mosshaven,もうあなたの時代ではない、そうなんですね。


f:id:mosshaven:20171121170953j:image

記憶のかなたにありつつある この特徴ある並木道、ずいぶん又成長してます

f:id:mosshaven:20171121171209j:image

とにかく久しぶりの 空港お出迎え、なので 迷ったりしないよう(❓)到着 1時間以上前についてしまいました。

f:id:mosshaven:20171121171410j:image

空港内は 前とほぼ同じ、(でほっとした田舎のシニヤカップル)昔は(又か)空港内で 迷うことなんてなかったのに、今は フェリーでも 空港でも ドンについてゆくだけ、たまには一人で出かけたら?


スナックやコーヒーや、お散歩やらで時間つぶし、、



無事 ご到着 東京からではないので まる一昼夜かかっているのに、、お元気そう、

f:id:mosshaven:20171121171724j:image

ホテルに向かう途中、Steveston という 1800年後半にはもう日本の漁業関係の人でにぎわっていた港町、

f:id:mosshaven:20171121171926j:image

空港にも近く 今は ちょっとした観光地、夏はかなりにぎわっています。


コーヒーを飲みながら しばらく ミーテイング、お互いの情報交換と来週のミーテイングに関することなど、、 ETC.

あっと言う間に時間が過ぎて、


ホテルに移動、

空港を抜けて 宵闇迫るダウンタウンへ、

f:id:mosshaven:20171121172154j:image

こちらで  又いっぱいやりながら 今週末のミーテイングに備えたことなど話し合って、、もうフェリーに向かう時間、

かくて 一日目は 一年ぶりの旧交をあたためながら 無事に順調に 過ぎて、、、ほっとした二人、

わが家に戻ったのは 夜中過ぎ、、でも 来週のことなど考えると、、ちょっと緊張、

今回は 今までのうちで一番 きついスケジュール、

年も取っているのに、、


どうにかうまくいきます様に、(今回うまくいっても まだ 先があるんです。。。

 

本日は お二方に加えてもうおひとりが まもなく見えます。  此方のパートナーを加えて 夜までわが家でミーテイング、 明日は又 いちばんのフェリーで みんなでヴァンクーバー行き、なので、、、

f:id:mosshaven:20171121173103j:image

(またまた)大掃除に スナックやらお食事の用意、ミーテイングも聞いておかねばならないし、、ストレスぎみのMosshaven,今日は このへんで写真なしの更新にしちゃいます。