Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-06-26

mosshaven2018-06-26

[]  日々のこと 17:34


暑くも寒くもなくって雨も降らない日なら(などと虫のいいことをいっています)Mosshaven 庭に出られるので 満足の日々、でも 若い人なら こんな一日さえも 退屈で耐えられないかもしれませんね。昔は一日家にいるなんてなかったのに 今は食料品の買い物も できれば彼に頼みたい…


まあ そんな毎日でも たまには でかけることになって、

f:id:mosshaven:20180626162246j:image

友人の息子さん夫婦が お子さんを連れてPAで休暇、彼女には 初めてのお孫さん、

スプロートレイクの 水際の 家を一週間借りているというので ベイビーにお目にかかりに行きましたよ。  なんと 6寝室の大きな邸宅でした。

f:id:mosshaven:20180626164143j:image

彼女 急に グランマに変身、Mosshavenにとっては 何時も若くて学生みたいに思えるときもあるぐらいだったんですけれど、、ついこの間生まれたばかり、と思っていたのに、もういまにも歩きそう、じっさい 彼等が帰ってすぐにもう歩きだしたという9か月ベイビー、

f:id:mosshaven:20180626172424j:image

よく覚えています。  我が娘、初めて歩いたのは誕生日まじか、はじめて歩けたのがうれしくて キャッキャと騒いでいたけれど、言葉は割合早くて 丁度9か月ごろ(ひっこしたので よく覚えています)まだ歩けなくてバギーに乗っているくせに よその赤ちゃんを見るとベイビーと叫んだり、ちょうど10か月がクリスマス、ターキーを切っているのをみて 痛い痛い、よその人がバンドエイドをしていると自分のおでこをさして痛い痛い、本当に笑わせてくれて、とてもかわいかったけれど、、、それが何ともう36歳、 難しい話題ばかりで、親がはいっていけません、、、昔と変わらないのは 自分がなんでも決めること、(え、誰かさんにやっぱり似ている、、、)

f:id:mosshaven:20180626165112j:image

ということで、よそのベイビーではあっても、本当にかわいくて見ていると誰もが 思わず微笑みたくなる存在ですね。 育てるのは大変、でも あの小さい存在が どんなに周りの人を幸福にしてくれるのか、大きな愛をもたらす、などと無責任なことを言っていますが やはり一人の人間を無事に育て上げるのは 何より大きな責任、特に 現在の目まぐるしく変わっていく状況を考えると これからの子供たちの将来はどうなってゆくのか、全く予想もつきませんね。

そして 日曜の午後は 日本人同士でお茶、お嫁さんもいっしょに、と カフェについたら お相手が見えません。 4人の筈が 一人は 他の用事で来れないかもしれないとわかっていましたが もうおひとり、どうしたことか 連絡もつかない、いまだに お返事もない、、、こんなことは初めて、、、きらわれている(?)わけではない、と思うけれど、、、楽しみにしている、との返事もいただいていたのに、、、



ドンは こんなことも時々あるようだけれど、Mosshavenは (ここではお付き合いも少ないし)こんなことは初めて、、、いろいろありますよね、人に会いたくなくなったとき、って 誰にもあるんじゃないかしら、と思って 少し 時間をおいてみることにします。 でも おかげで(?)久し振りにお嫁さんとふたりだけでゆっくりおはなしができました。 


そして その間に こちらは ドンに連れられて、、、というか 半強制的

しりあいの パーテイー(?)というか サポートグループの集まり(でした)


彼を支える会だ、と言ってる本人(ドン)も あまりよくわかって無い様な集まりらしい。

此の次の 市長選に立候補していて ドンに支援マネージャーになってほしいらしいのです。  まじめで 多くののボランテイヤをこなしていて えばらない、自画自賛も見られない、ずる賢くない(政治家に多い!)よい点が沢山ある方だけれどいまひとつ カリスマ、というか 人をリードしてゆく何かが足りない、という点で ドンはひきうけたくないようです。 


この数か月 彼氏、ドンの朝のコーヒー、朝食、すべてに 出席しているのですが ドンはいろいろ 宣伝してあげてはいるようですが、、望みがかなうといいですね。  でも 市長のおしごとはやっぱり 色々な面での業績を上げなければならないし、この町もさまざまな問題を抱えていますから、簡単ではありませんね。

f:id:mosshaven:20180626172720j:image

会場は 近くのカフェ、10人前後、だけでしたから ちょっと 責任を感じてしまいます、ってわたしは関係ないんですが、、  善光寺参りにつれてこられただけ、 内緒ですが 選挙権もないんですから)


ま、でも 彼の写真入りの ブックマーク、マーケットのテーブルにでも置いてみます。、、多少は 票になるでしょうか。

2018-01-24

mosshaven2018-01-24

[] 津波警報 05:57




なんと 最高記録、ではなくて 最低記録、2週間余り、、、なまけていたMosshavenには ぴったりの 話題、

でも 当日(もう昨日になりましたが) 東京では 20センチも積雪、たいがい2,3にちおいて こちらにも 似たような天候異変がああることが多い、ので 大雪? それとも 大冷え?

等と思いながら いつものように 遅い就寝、そして本を読んだりしていたので 消灯は 2時半ごろ、



突然 いつもの愛想のいいドンとは違った声で起こされる、

外は真っ暗、というのに ウオーン ウオーン、と 大きな音、早く外に出るぞ!、丁度深い眠りに入っていたMosshaven 一瞬わけが分からない、、、(後で友人に驚かれました.あの大音響が聞こえなかった?)津波警報らしいと分かって、大急ぎで着替え、髪を整えて、コート、バッグ、携帯、彼がナナとリーシ、私は その間、毛布,水筒、トイレットペイパー、クッキージャー(もうちょっと大切なものがあったでしょうに、、娘に笑われました。でも 何も持たない私達、2,3日何もない生活になったら、、とりあえず必要なものは これしか思いつかないし、彼なんて ナナと携帯以外 何一つ持ってきていない)

5分ぐらいで 家を飛び出し、車に乗り込んで、表通りに出たら 人っ子一人見えない真っ暗闇の筈なのに あちらこちらに電気がともり、両車線に車が行き交う、、、


彼は 一寸上手にある大きなモールへ行くつもりだったので いったん道を下がって (海につながる)川に向かっていくように見え (説明してくれなかったので)又 もの好きに水面に近づくつもりかと 一瞬ハラハラ(何を言っても聞かない彼ですから)


あかるい町の中心近くでは(と言っても普段は真っ暗)道も徐々に車で埋まりそう、

f:id:mosshaven:20180125054047j:image

ガスステーションでは 長い列、思いつく友人も 耳の悪い彼でさえ とびおきるほどだからだいじょうぶそう、そして 到着した ウォールマートの広いparkingには 今までにないほど多くの車が駐車、

f:id:mosshaven:20180125053813j:image

でも 静か です。  誰も走り回ったり大声を出す人も無く、、もし 都会だったら クルマで脱出は むずかしいと思うし、車中で聞いていたラジオメッセ―ジでは わが家のほんの手前ぐらいのところまで水がきそう、4時40分ごろ、と言い続けていたメッセージ、4時10分には 安全状態ときいて 5分もたたずに 発車する彼、


もうちょっと様子を見たら、とおもうMosshaven,

待っていたら 道が混む、と思う彼、

私達、お互いに半歩譲ったらちょうどよかったかも、


とにかく 津波が来なくて ラッキーでした、が

家を出たときは あんなに大きな警報が鳴って 考える暇もなく飛び出て (信じられないながらも)津波が来るらしい、来る危険性が高いと信じて緊張していたのに、、、

どうやら わが家は 安全ギリギリらしい、

そして 警報がキャンセルされると とたんに 日常に戻ってしまう私達、人生や人の命,あっという間に翻弄されたり 長年培ってきたものを一瞬に失ったり、命も奪われたりする可能性は いつ起きるかわからないのに、、


f:id:mosshaven:20180125054241j:image

逆に言えば そんなことへ真剣に一分一秒 向き合って考え続けていないから こうやって生き続けているのかもしれませんね。  とにかくluckyだったポートアルバーニ市民でした。

 

2018-01-08

mosshaven2018-01-08

[]  新年はとうの昔 03:35


クリスマスが終わると 新年用の飾りに変えて、年末に年越しパーテイーをしたこともあった、なんて信じられない。


今年は 忙しい娘が 年末に来れなかったし、ドンは 風邪気味、ひとりで 何か新年らしきこと、をする気になれないし、だいいち、ヴァンクーバーに出かけていないので 和食の材料も無し、、

f:id:mosshaven:20180108183051j:image

(軽い)風邪気味の時は かえって外に出たほうがしゃきっとするらしいドン、新年のPolar Bear swim、ちょっと出かけてみるか、ということで、、、

f:id:mosshaven:20180108183245j:image

去年より 心持暖かそう、と見る側(自分のこと)はのんきなもの、

f:id:mosshaven:20180108184747j:image

人好きの ナナ、さすがに えー、こんなに 人がいる!

わんこ友達も選び放題、 興奮気味、というより もう どうしていいかわからない、、


ポートアルバーニは 狭い土地です。

あちらこちらで オー、ハッピー ニュー イヤー! とお声がかかる、


f:id:mosshaven:20180108175214j:image

真ん中が去年、そして隣は その前の市長さん、

f:id:mosshaven:20180108183413j:image

こちらの お孫さんづれの方の 元妻が 左のもと市長さんの 今の奥様、、、だから 両方とも 僕たちのグランパ、小さな町だからこんなこともあり、なんです。

f:id:mosshaven:20180108183703j:image

こちらは 市の 経済担当マネージ㋳―、

このお洋服のまま ドブ―ン、


f:id:mosshaven:20180108185652j:image

皆さん楽しんでいますね。

市での催し、っていうと サーモンフェステイバルぐらいしか思いつきませんが あちらは 46回目、とあって 大分落ち着いた雰囲気、一方この 水泳大会(?)は 新たに指定された海辺、なので まだ2回目、なんだかばらばら、お好きなように、とでもいったような雰囲気、

f:id:mosshaven:20180108183904j:image

若い人が多くて 皆思い思いの衣装なども身に着けて、



でも今年は ジャンプの前に みんなでオーカナダを合唱、(勢いをつけるため、 勇気をふるうためにも グッドアイデア、)

f:id:mosshaven:20180108184119j:image

走って、


f:id:mosshaven:20180108184410j:image

走って、


こちらは カメラ片手に楽しみながらの 弱虫組です。


f:id:mosshaven:20180108185429j:image

筋肉の引き締まった かっこいいお2人、

実体験してみれば それほど寒いものじゃない、と 会話もかっこいい!


長い坂を歩いて帰り、夕方は(だいぶ前に 娘が買ってきてくれたお餅、真空パックは便利。青カビ映えたおもちなんて 今頃の人は見たことがないでしょ。  もう ブログタイトルは センチメンタル 回顧録とでも変えたら?)このお餅を あたためて 高級おだし(こちらも いただきもの)鶏肉と青梗菜をいれて 簡単 お雑煮をつくって、、これが Mosshavenの今年のお正月、、、なんて 寂しい、と日本人なら思うところですが、、周りに日本人がいないし、日本の食料品店も、おいしい日本レストランもない、(要するに雰囲気 ゼロ、)



そういえば 娘が(クリスマス前後から 頻繁登場)買ってきてくれた どら焼きと最中、和のスイーツのほうが やっぱり 口に合う、優しくて気持ちが温まるような、、、、が、 煎茶がなかった、、、ので 御抹茶(えー、これも 以前 娘が、、、)ボス娘ながら ハイ 感謝せざるを得ません。 この次こそは上げ膳据え膳で、といつも思ってはいるのですが、、、、

 

2017-11-12

mosshaven2017-11-12

[] クラフトセール 19:13


この時期、静か(で 退屈気味)なポートアルバーニが

突然 にぎわう 週末、


クラフトセールが先週はじまりました。

3日間、大きな ジムで この時は 88台のテーブル、


でも こんなに 出品があるのに(いつもにぎわっているのに) なぜか人出も少ないし、と思ったら 全く宣伝がされていなかったようで、出品者たちもご不満気味だったようです。Mosshaven も この歳になると

あまり 欲しいものがない(特に実用品以外は 趣味に合わないものは もう 増やしたくない)、それに 孫たちも皆大きくなって 彼らが喜びそうなものもない、そして ドンが プロジェクトに皆費やしたおかげで買い物予算もないし、、、そのうえ、この日は 人出があまりにも少なくて テーブルに近寄って 買わずに帰るのは気の毒になるし、、ということで さっと一回りで終わり、

f:id:mosshaven:20171112183758j:image

そして今週は 娘に頼まれて カウチンスタイルのミトンや帽子をさがしに 別の クラフトセールに おでかけ、

今日は 湖に住まいを移してはじめての 秋、なので 御嫁さんも誘って出かけました。


未だ知人があまりないし、日本の方がテーブルを出していらっしゃるので 紹介も兼ねて、です。


f:id:mosshaven:20171112184013j:image

ここでは めったに見つからない カウチンの小物を編んでいる方が見つかったので 娘の買い物ができて一安心、

今日は クリスマス気分になってきた人もふえたのか、

かなりの人出、そして、、、何人の知人に会ったことか、

いえ、ちらっと見かけた人をいれたら 何十人、名前が出てこないけれど お互いに スマイルをかわした顔もいれたら、、、本当に数え切れないほど、、

f:id:mosshaven:20171112184830j:image

もう一つのセールにもせっかくだから、とのぞいて、

ここでも 、、、こんなに人に会うなんて、、、

ふだん特に親しくしている人もいないのに

私もいつのまにかこの町の住人、になっていたということです。 すっかり(お喋り疲れで)帰宅して お茶とスナックで おなかが満たされたら、睡魔に襲われて

30分あまりぐっすり、そうです、いつのまにか

こんなに疲れやすくなった歳になっていた、ということにも気が付かされた、というわけです。

f:id:mosshaven:20171112185648j:image

そしてこんな日は もう簡単 サパー、ピザ生地を作っておいたのがあるから、

トマトペーストにケチャップ、オリーブオイル、オレガノを混ぜて生地に塗り

(あるもので) ひき肉をガーリックで炒めて、上から 玉ねぎ、トマト、ペッパーの薄切り、チーズはモッツアレラをスライスして、

f:id:mosshaven:20171112190119j:image

今朝マーケットで買った マイクログリーンを添えて、

同じくマーケットにあったポロ葱とポテトのリークスープもつくりました(が写真は?)

   

2017-10-27

mosshaven2017-10-27

[] 紅葉の季節 17:11



久しぶりのいいお天気、

で、おきにいりスポット Sproat Lake Parkにおでかけ、


これからは 雨 又 雨、と思うと いいお天気の日は

やり残した庭仕事をしたい(やり残しというか 要するに何でもすること、したいことばかりの割には 仕事が進んでいない)


背丈ほどもある百合を引き抜いて 鉢植えに 植えかえたり(百合は 花後は花を短く切り、 葉が枯れるまで茎で光合成をするので 長い茎を切れないのです) 


ガーリックを 植えたり、、(土をたがやさなければならないし)まだ30個ぐらいしか植えていない、一週間 最低一個は使うとすると50個は植えたいところ、、、


でも、、庭ばかりでは 同じ姿勢で運動不足になりがち、お散歩にはなるべくお供しなくては、、


毎年来るところだから、、あまり期待はしていなかったのだけれど

f:id:mosshaven:20171027132110j:image

途中のドライブさえもが ちょっと感動、何処もかしこも黄葉、

f:id:mosshaven:20171027132820j:image

きれいだわー、雨が降った2日ほど 出かけなかったらこんなにも 色変わり、

f:id:mosshaven:20171027133358j:image

到着して パークの中へ 一歩踏み出したら まるで別世界、

f:id:mosshaven:20171027135013j:image

青空と 暖かな陽気、そして シーンとさえた無音の世界が 一段と この光景をいやまして ピュア―な世界へ

f:id:mosshaven:20171027135421j:image

言葉がない、というのはこういうことかしら、


f:id:mosshaven:20171027165321j:image

写真ばかり取っているので 用事があって早めに帰らなければならないドン、今日ばかりは待ってくれません。


f:id:mosshaven:20171027141206j:image

もういいだろう、もうちょっと早く歩いたら、、

e]

f:id:mosshaven:20171027142935j:image

あなたも この黄葉のレースのカーテンの間を縫って歩きたくなりませんか?  黄葉の楓は 成長が早くて 今年など 特に ちらほらの紅葉などぐんとまかして勢いをつけて 広がりを見せている。 

f:id:mosshaven:20171027165937j:image

やっぱり成長の遅い木々のほうが 私の好み、そして花もびっしり咲いているのはあまり風情がない、と思っていたけれど でもこのさわやかなレモンイエローは 澄んだ青空のもと、軽やかに上へ上へと延び広がって まさに気持ちを高揚させてくれるような あかるさが感じられる。

f:id:mosshaven:20171027143627j:image

毎年みているのに 今年は特別の感動、(来年も同じことを言っているかも Mosshaven)

f:id:mosshaven:20171027144846j:image

等と どうしたらこの 美しさを 写真にとれるか、

あーでもない、こうでもない、と そのことばかり考えているものだから、(遠くから)名前を呼ばれたことに気が付かない。

f:id:mosshaven:20171027145042j:image

なんと 次男の家族が、目の前に、こんなところで こんな時間に出会うなんて、、(このパークで出会ったのは 他に一組と 一人のカメラマンだけ)


f:id:mosshaven:20171027145530j:image

ナナちゃんは 狂ったように ほえまくり、

こんなところで 彼らに会ったから びっくりしてほえたんでしょう、うれしいんですよ ゲスト好きの犬ですから、そして 後から来た 私に みんなも来たよーって つたえたかったんでしょうか。 だって 私に向かって吠えていたんですから、

f:id:mosshaven:20171027145916j:image

 

と、最後は 犬の話題で締めくくり、となりました。