Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-04-14

mosshaven2018-04-14

[] ホリデー 14:55


おとといは ヴァンクーバーへ行ってきたので またまた

ブログが遅れて、、、


最後の日は お兄さんの湖の家で (イースター)デイナー、

娘が デザート、私達は ドリンク(もちろんビール)を持参だけ、ということになり、おかげで 前から約束していた友人とのお茶に出かけて、 おまけに帰宅後 昼寝までできました。  


普段は 昼間寝ることなんて めったにないのに 出かける前にちょっと休みたい、なんて 情けない、、でも ドンもしょっちゅう お昼寝してるし、、、実際 気分がすっきり、

f:id:mosshaven:20180414132135j:image

娘の作った ビースティングケーキ、(ドイツの伝統的なケーキ、Bienenstich) 蜂刺しケーキ❓じゃなくって蜂の一刺し?イーストを使ったスポンジのトッピングは キャラメルヌガー、アーモンド、ハニーなどのたっぷりの甘さ、スポンジの間には カスタードクリーム、という どっしり、甘々、と十分にスイーツ好きを堪能させてくれる代物、もちろんドンのお好みにもぴったり、


それに マシュー君は スイーツ苦手だからめったに作らない娘、にしては 本当によくできていました。

f:id:mosshaven:20180414143003j:image

お兄さんのところでは 孫娘が一人来ていましたが ほとんどのクッキング お嫁さんではないかと思いました(などと言ったら孫娘が気を悪くするかしら?)


とってもきれいで 種類も多くて びっくり、彼女のセンスの良さが現れています。

f:id:mosshaven:20180414133519j:image

オードブルの クラッカーは枝豆とチーズのトッピング、

f:id:mosshaven:20180414133945j:image

マッシュルームのグリルドチーズ、

f:id:mosshaven:20180414133658j:image

そして きれいな きゅうりのお寿司(とドンは呼んでいました)フェッタチーズやアンチョビがはいっています。

でも 私は たべそこなってしまいました。  だーれ 私の分まで食べてしまったのは?

f:id:mosshaven:20180414134201j:image

デイナーは 息子のサーモングリルに カリフラワーチーズグリル、芽キャベツ炒め、

f:id:mosshaven:20180414134349j:image

それに サラダは トマトアスパラ、キュウリ、レタスなどが 綺麗に並べられていたのに(写真を撮るのが遅すぎました、、残念)

f:id:mosshaven:20180414141443j:image

眺めるだけで おなかまで満足しそうなうえに どれも皆美味しくて 本当に 大満足、ごちそうさま、私だったら徹夜しても できそうにない 細かい丁寧なお仕事、  おつかれだったことでしょう。

 

f:id:mosshaven:20180414141914j:image

食事後は いつもの政治談議が始まって 帰りは遅くなるし、翌日は早い出立、最後の夜にカードあそびでしめくくりができなかったことだけが 残念、  

2017-12-21

mosshaven2017-12-21

[]  贈り物 07:59


毎年 お送りいただく 草月カレンダー、

f:id:mosshaven:20171222063948j:image

今年も ごていねいに 10部お送りいただきました。

送り主の(こちらでの)友人に(すでに)4部、お渡しして

ほかにも数人、

日本では喜ばれる 美しいカレンダー、でも こちらでは

今一つ 反応が、、 すでに差し上げた人から返ってきたことも(意味が分からない、、、沢山あるから、と言われてもそれなら最初から受け取らなければいいのに、、もったいないからやっぱり返すわ、という風に受けとるべき?)


勿論 大喜びの人もいます。  彼女なら(美に)関心が深くて 喜んでもらえそうな方を選んではいるのですが、、


長く住んでいるカナダでも いまだにわからないこと、心情的にうけいれられないこと、など 数々、、、(単に古い考えが理由、と言われるかも、、、)


f:id:mosshaven:20171222063426j:image

こちらは 日本のみごとな富有柿、先日見えた日本のパートナー、落し物が無事戻ってきたお礼、でいただきましたが、、、こちらも もったいない、、、それに 一週間たっても 柔らかさが変わらない、って 不思議ですね。  カレンダーも柿もなんてきれいなんでしょう。


f:id:mosshaven:20171222063237j:image

そして もう一つの感激ギフトは 新米、こしひかり、

昔からの友人、高い送料を払って わざわざ (理由もないのに)送ってくれる友、お互いに年を取って もう会うこともないかもしれない、のに この感謝の気持ちは言葉になりません。 


f:id:mosshaven:20171222073328j:image

古い(でも 良質)電気釜を 箱から出して炊きました。  


生きのいいお刺身とか 京都柴漬けとか、、があれば

この貴重な新米、相手に不足なしと喜ぶ(?)ところでしょうが、、、


この季節 マーケットに新鮮野菜は全くなし、こちらは雨が多いので 採りたてどころか 冬野菜 ほぼゼロ、USや 中国製よりは BC州、そしてメキシコ製品等から 買うことが多いのです。


いつもは 玄米とほぼ半々、でずっと通してきたので、

なんだか不思議なものを見るような、白! 綺麗な御飯、

f:id:mosshaven:20171222061600j:image

結局 冷凍鮭、それも ドンの好む レモンと生クリームの味付け、純和風でなくても やっぱり 魚とごはんの 相性は抜群、

おいしくて まだ食べたい、、、胡麻としそふりかけなどかけて、、、もう翌日は お昼までおなかが空かない状態、、、


ほんとうに Sさん ありがとう、、、


実は これだけではないのです。 彼女の ド外れた親切度、このお米 到着まで 3週間ぐらい、どこかで紛失したのかしら、と もうしわけない気分でいたMoshavenに 又 送りました、のメール、


彼女 一事が万事、有難い、を超えて あまりのご親切にこちらは 時々心配になってしまうのです。  たまのおたよりから推するところ すべてのことで 寛大で親切すぎる彼女、もっとご自分のことを考えたら(いいのに)

といいながら、 

彼女の寛大さに 圧倒されながらも、

あい変わらず もらってばかり、、、


ドンが 普通に収入を考えてくれる人だったら、、

家計を考えてくれたら、、、私も、、、他人のために、いえせめて ちゃんとしたお返しをしたい、、、など

人のせいにするMosshaven. でも マーケットに行くたびに利益どころか 損益状態、、、なんですから 人のことは言えたがらではありません。

 

2017-10-27

mosshaven2017-10-27

[] 紅葉の季節 17:11



久しぶりのいいお天気、

で、おきにいりスポット Sproat Lake Parkにおでかけ、


これからは 雨 又 雨、と思うと いいお天気の日は

やり残した庭仕事をしたい(やり残しというか 要するに何でもすること、したいことばかりの割には 仕事が進んでいない)


背丈ほどもある百合を引き抜いて 鉢植えに 植えかえたり(百合は 花後は花を短く切り、 葉が枯れるまで茎で光合成をするので 長い茎を切れないのです) 


ガーリックを 植えたり、、(土をたがやさなければならないし)まだ30個ぐらいしか植えていない、一週間 最低一個は使うとすると50個は植えたいところ、、、


でも、、庭ばかりでは 同じ姿勢で運動不足になりがち、お散歩にはなるべくお供しなくては、、


毎年来るところだから、、あまり期待はしていなかったのだけれど

f:id:mosshaven:20171027132110j:image

途中のドライブさえもが ちょっと感動、何処もかしこも黄葉、

f:id:mosshaven:20171027132820j:image

れいだわー、雨が降った2日ほど 出かけなかったらこんなにも 色変わり、

f:id:mosshaven:20171027133358j:image

到着して パークの中へ 一歩踏み出したら まるで別世界、

f:id:mosshaven:20171027135013j:image

青空と 暖かな陽気、そして シーンとさえた無音の世界が 一段と この光景をいやまして ピュア―な世界へ

f:id:mosshaven:20171027135421j:image

言葉がない、というのはこういうことかしら、


f:id:mosshaven:20171027165321j:image

写真ばかり取っているので 用事があって早めに帰らなければならないドン、今日ばかりは待ってくれません。


f:id:mosshaven:20171027141206j:image

もういいだろう、もうちょっと早く歩いたら、、

e]

f:id:mosshaven:20171027142935j:image

あなたも この黄葉のレースのカーテンの間を縫って歩きたくなりませんか?  黄葉の楓は 成長が早くて 今年など 特に ちらほらの紅葉などぐんとまかして勢いをつけて 広がりを見せている。 

f:id:mosshaven:20171027165937j:image

やっぱり成長の遅い木々のほうが 私の好み、そして花もびっしり咲いているのはあまり風情がない、と思っていたけれど でもこのさわやかなレモンイエローは 澄んだ青空のもと、軽やかに上へ上へと延び広がって まさに気持ちを高揚させてくれるような あかるさが感じられる。

f:id:mosshaven:20171027143627j:image

毎年みているのに 今年は特別の感動、(来年も同じことを言っているかも Mosshaven)

f:id:mosshaven:20171027144846j:image

等と どうしたらこの 美しさを 写真にとれるか、

あーでもない、こうでもない、と そのことばかり考えているものだから、(遠くから)名前を呼ばれたことに気が付かない。

f:id:mosshaven:20171027145042j:image

なんと 次男の家族が、目の前に、こんなところで こんな時間に出会うなんて、、(このパークで出会ったのは 他に一組と 一人のカメラマンだけ)


f:id:mosshaven:20171027145530j:image

ナナちゃんは 狂ったように ほえまくり、

こんなところで 彼らに会ったから びっくりしてほえたんでしょう、うれしいんですよ ゲスト好きの犬ですから、そして 後から来た 私に みんなも来たよーって つたえたかったんでしょうか。 だって 私に向かって吠えていたんですから、

f:id:mosshaven:20171027145916j:image

 

と、最後は 犬の話題で締めくくり、となりました。

2017-07-22

mosshaven2017-07-22

[] 明日はおやすみ 17:27



することにしたその日にマーケットの話題?



日、月、火 と立て続けに 予定があって、

日曜日は 昼から 出かけて、 夜の部には 何か食べ物を持参、 持ってきたいなら どうぞ(などと 言われると日本人は 困ってしまいますね)、、 何を作ったら?、、.  だって 沢山ほかに 食べ物があるらしいし、どんなメニューで 或いは他の方も なにか持ってくるのかもわからないし、、、マーケットの用意(こちらも何を作ろうか?と決まらず)、そして 月曜日は 早朝からヴァンクーバー、火曜日は ヴィクトリアから 友人が見える(でも お昼にpubに行くことになってはいますが、、、)


気分的にも せわしない、、というか 無理、又 腰を痛めるよりは、マーケットはお休み、にしたら ほっとしました。

f:id:mosshaven:20170723111855j:image

だから これは先週の話題、久し振りに マーケット用に作ったのは

マドレーヌ、型から出すときにそっときれいに出さなくては、と気が抜けない。でも やっぱり ふわふわで(カナダスイーツは しっかり固めてあったりどっしり重いのが多いから)日本人には おいしいお茶の友、なんです。


f:id:mosshaven:20170723112013j:image

スイートポテトのカップケーキ、 時間があったので ていねいにつくれました。  こちらも 軽くて 甘さも抑えた日本のレシピ、

f:id:mosshaven:20170723112316j:image

可愛い5人兄弟がいたので写真を撮らせてもらって、

お礼に クッキーを ひとつずつとって、と パイケースのふたを取ったら ちいさな子供たち、我先にと このスイートポテトのカップケーキに手をだされたので しょうがありませんね。 3っつほど あげました。それにしても 他人事ながら 5人、大変でしょうね。

 

f:id:mosshaven:20170723112644j:image

この日は プラント等が売れて スイーツはさほど、、、でもおかげで 家でのテイータイムはご機嫌、


さて、先週作った ラヴェンダー スティック、こちらも

テーブルを飾るアイテムの一つに加え、多少の材料を持参して、マーケットで作っていたら、、、、


例の 大先輩 ボブ が 何を作っているんだ?

他のマーケットで売ってみるから 沢山買えば安くするか?  そうきましたか、なかなかのビジネスマン、と(ぼんやり)感心していたら 即10ドル出して これで 4本(1本3ドルにしていました)

沢山?って4本❓ですか?(もっとも全部で 12,3本しかなかった)他のマーケットでは 旅行者が来るし、小さいものが売れるし、長持ちする、、、それぐらいは Mosshavenも考えますが 他のマーケットにでるには 更に ベーキングや プラントの用意、日曜日は 9時から3時まで、遊び好きで料理をしないドンがいるから 週2、なんて 私には とても無理、だから はい、売ります、ボブさん ぜひ高値で売ってください。


あと どれぐらいつくれるか?と聞かれたので もうラベンダーがないから今年は終わり、  隣村にいくんだけれど倒産した ラベンダーファームが あるから 安ければ 買ってこようか? と聞かれたので わざわざ買って作ったら 利益なんて出ないし 時間がかかるだけ、と一応答えましたが 彼氏 とても積極的、



そして 更に ガーリックのブレード できるか?と言われました。 水曜のマーケットに持ってゆきたいとのことで 試しに作ってみることにしました。



f:id:mosshaven:20170723102759j:image

けっこう 大変、 泥だらけで重い、You tube

をみながら、なので 家の中で 四苦八苦、一度作ったらあとは 外でできそう、


f:id:mosshaven:20170723101001j:image

濡れタオルで 茎を湿らせておいて、、


f:id:mosshaven:20170723101611j:image

ぱらぱらと ラベンダーやオレガノを飾りに はさんで 出来上がり、

完成したら ちょっといい気分、でも正直、ラベンダーを扱っているときの あの 芳香に包まれている うっとり気分とは違って ニンニクのにおい、ですから、、、なにやら やるぞ、みたいな攻撃ムード(❓)実際茎が固いので力を込めて まげたり、しばったり、、、


で、水曜日マーケットに持って行ったら、

彼氏 じぶんで 編んだガーリックもいくつか並べてありました。 3っつひとたば、で 簡単、とはいえ 、、、感心することばかり、


ラベンダーは? なかったの?と聞いたら

ああ、倒産だからね、 ちょっとただで拝借しようと思ったけれど(え?)

ただで拝借、といえば


先日 ある人物(先日 3人ばかり彼のお知り合いとともにみえたけれど そのときが 私には初めてのお目見えです)が近くに来ているから 寄るよ、とお電話、

マーケット前日だったから だめ、私 いそがしいの、といっても ドンが そんなことで断るわけがない、

じゃ、お茶、とマドレーヌ、 

f:id:mosshaven:20170723104949j:image

このおふたり、今 お住まいを建築中、 彼女は 植物の発酵(?)関係の博士課程修了、  ペルー出身、イタリアとスペインとペルーの3種類のミックスだ、と彼氏の彼女自慢がいっぱい。、お2人ともに植物好きで 馬が合った、そうですが

彼氏のほうは、、よくわからない人物、このPAに かなり広い土地をもっていて しょっちゅう ペルーを行き来していて、彼女とともに住む家を建てるところ、なんだそうですが 銀行の 融資がうまくいかないとか、(信用問題ですねきっと、だって ロシアのマフィアとつながりがあるとかないとか、、)

二人で 今 ナーサリーへ行ってきたところ、と聞いたので あそこは いいお値段ね、といったら、高いどころか話しにならない、、

でも 花の芽を いろいろ 拝借してきたからね。(それはないでしょ、売っているものなんだから、、)

わが家でも 彼女がペルーにない、と喜んで見ていた (こちらではどこにでもあるような)植物を 分けてあげたら、彼氏、オー、これもあるじゃないか、こっちのは、君が探していただろー、って ぽきぽき、私があげるのはいいけれど、勝手に持っていくのは、一寸失礼じゃない?

f:id:mosshaven:20170723110638j:image

貴方もいろいろ持っていそうだから 交換?なんでしょ、(こういう方には こちらも遠慮なく)といったら、勿論 沢山上げるから ワゴン車でおいでよ、、って(?) 先日は 彼氏のお客様をお茶に呼んだからか しゃくなげを うえかえてあげる、とか特別の土があるから持ってきてあげる、とか おっしゃっておいででしたが すっかりお忘れのようです。  人懐っこいので こちらもつい 話に気安く乗ってしまいました。   

 

2017-07-16

mosshaven2017-07-16

[]  丁度いいタイミング 07:53



となった ヴァンクーバー行き、

ドンのプロジェクトで UBC(ヴァンクーバーの大学)でミーテイングがあるので

その日に 娘が一緒に帰り、それじゃ私も、、、

f:id:mosshaven:20170717043900j:image

と3人で久しぶりに ヴァンクーバーまで一緒、

実は そのころ ちょっと腰が痛くて ナナイモまでのドライブ(たった1時間ちょっとの)でずっと座り続け、大丈夫かしら?


そしてフェリーでも座り続け、娘と一緒にフェリーにのるなんて、14,5年ぶり、 ヴァンクーバーに到着後

彼らは二人ともそのまま 大学まで、私は ダウンタウンでおりて、ゆっくり歩きはじめたのですが、いつも家にいたり、二人で行動しているのに慣れてしまうと こんな都心に放り出されるとちょっとおちつかない、、

f:id:mosshaven:20170717070052j:image

と思ったのもつかの間、 10分も歩くと 調子が戻ってきて、、、ついには この日 ひとりで 2時間以上 歩き回りました。

f:id:mosshaven:20170717044407j:image

なにしろ ドンのアポイントに合わせたので 朝いちばんのフェリー、ダウンタウンだってどこも開いていません。

で、 あまり行ったことの無い ダウンタウンの海沿いの新しいスポット、へ降りてみたら 素晴らしい散歩道、

f:id:mosshaven:20170717045536j:image

私のしらない ヴァンクーバーがそこに突然 開けてきたようにみえました。  水上飛行機のターミナル、

ここから 5分、いえ2,3分で ダウンタウンのビルへとつづいています。

f:id:mosshaven:20170717062011j:image

グランビルアイランド沿いの 入江の散歩道、とは異なった趣、向かい側には スタンレーパークがひろがり、ハーバーぞいには

f:id:mosshaven:20170717062417j:image

新緑が透けて見える歩道とサイクリングレーン、そして 

f:id:mosshaven:20170717062802j:image

あかるい色どりの新建築、

f:id:mosshaven:20170717063033j:image

道路沿いのグリーンは オーナメンタルグラス、野生と都会、アンバランスな組み合わせが新鮮に見えます。

f:id:mosshaven:20170717063557j:image

そのうえ このさわやかなお天気、軽やかな緑から漏れる太陽の光、気が付いていたら ずいぶん歩いていました.あまりに気持ちがよかったので どこまでも歩けそう、、


腰の痛みは コンピュータ―の同じ姿勢、ガーデニングでかがみやすい姿勢、などが 影響していたのかもしれません。    やっぱり 歩くことは大切(といいながら 又家に戻ると同じパターン)

f:id:mosshaven:20170717072446j:image

この全く新しいヴァンクーバー風景に 加えて いつも一番ツーリストなどでにぎわっていたロブソン ストリートは かなりのお店がクローズしたり、テナント求むの張り紙、こんな事 カナダに来て初めて、ヴァンクーバーのロブソンは 東京の銀座のイメージ、だったのに、、、実は こちらも より高級なイメージのストリートに変身する計画なようです。


ハーバー沿いの散歩道と言い、このロブソン、グランビル、と 次々に イメージをアップ、するのはいいけれど

更に 限定された人々だけの土地になりそう、今やヴァンクーバーは 世界でも有数の 高級地、立ち並ぶコンドミニアムの家賃が高くて 空き室が多いのに 住む家の無いホームレスは ふえている、という 皮肉な現実です。


それに 山火事で 今も 延々と続く 大火災から逃れる人々の車、生活のすべてを 突然 失ってしまう多くの人々、焼失する山林や 建物、、BC州には いままでにない甚大な被害、厳しい将来が控えています。  


この歩いているだけで気分が高揚しそうな街並み、こんな環境を誰もが平等に自由に そして安全に味わえる世の中だったら、、と思うだけでは 昨日見たテレビの 殿利息でござる、のようなことは起きえないのですね。


(個人的な)現実に戻って、、、ミーテイングを終えたドンと待ち合わせて 買い物、夏は フェリーが混みそうなので 最終を避けるためには 急がないと、、



食料品を買って、マーケット用の小物を買って、もう時間、いつもの 遅めのランチをする暇もないので 同じモールにある サボテンのとんかつをテイクアウト、


どうやら フェリー、長い 待ち列ですが 間に合いました。 じゃ、食べるか? そうね、お茶はいつも車に用意してあるし、


f:id:mosshaven:20170717043047j:image

通りのあっち側、木陰でピクニックにしよう、

え? あんなに暑そうなところを歩くの? といっても

道を渡るだけですが、 若い時に灼熱のビーチが楽しく見えたころとは大違い、、日傘(?)もありませんよ。


で、ようやく木陰のベンチで座って、

こんなのも ひさしぶりで楽しい、 ずらっと並んで

暑い日差しを受けた車のながら こちらをうらやましく見ている人もいるかも、、、な―んて思っていたら、、


とつぜん 立ち上がったドン、むかいの 藪のほうに向かって 歩きだし、、、、吐いてしまったのです。


ほんとうに急で びっくり、

心臓の手術後 先生に 急激に寒いところや 暑いところへ出るのは避けるように言われていたのに、、ミーテイングの後もちょっと日差しの下で話し合ったり、そしてこの道を渡るのも 避ければよかった、、、、


等と思っていたら、 あくる日、夕方頃にどうにも疲れて私にしては珍しく)早く寝たい、と片づけ始めていたら、、、

とつぜんの トイレ行き、吐き気、などという前触れもなく、、、こんな勢い、いったい何が胃の中で起こっているのか、と思うぐらいのすさまじさ、 結局は食中毒?今だに犯人ならぬ犯食の正体不明です。


翌日は 二人ともほぼ絶食状態、、、

と書いている今は すっかり そんなことを忘れてしまった数日後、ですが、、


最後は ちょっときれいなはなしで終えましょう。

f:id:mosshaven:20170717041547j:image

ラベンダーは つぼみのうちに刈り取るのが最高、なんですが ちょっとタイミングをはずしてしまったので

f:id:mosshaven:20170717042128j:image

こんなものつくってみました。

ラベンダーステイック、昔ヨーロッパでは 夫人が 胸元や帽子に挿したり、或は枕元、バスルームにおいてもいいですね。虫よけにもなるので タンスに入れても、いろいろ重宝します。 youtubeで ラベンダーステイックの作り方を参考にしました。