Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-04-10

mosshaven2018-04-10

[]  イースターホリデー 06:07



は とうの昔に終わっているけれど、、、

(自分の)記録のために、、、となまけものは 反省しながらも 言い訳はかかさず、、


土曜日は マーケットは休んで イースターリリーを見に行きました。  ちょうど 娘の来ているこの週末に咲いていそう、、、


f:id:mosshaven:20180411060238j:image

年に本当に10日も咲いていませんから毎年欠かさずに見たいのに、、この2年ほどは 出かけられなかった。

f:id:mosshaven:20180411050039j:image

さほど関心がなさそうだった彼女も初めて見る可憐なこの山野草、を見つけて喜んでいました。 日本語ではカタクリイースターリリーというのは丁度イースターごろに咲くので このへんの人はそう呼んでいますが 実際は Erythronium, 舌を噛みそうな名前、Fawn lily とも呼ばれています。  



f:id:mosshaven:20180411060032j:image

こちらのリリー、まだ開花していないけれど 違う種類、

この2株以外はどこにも見られない。  どんな色?花?

植物好きには 興味尽きない発見、、

f:id:mosshaven:20180411050655j:image

日本(や韓国ロシアなどでも)みられるのは薄いピンク、こちらでは 白、 以前黄色い Fawn Lily を買って

鉢に入れたのだけれど、、山野草は やっぱり 自然の奥深い森や 大樹の陰、川沿いなどに 可憐な姿を見せているのがやはり 美しく映えるし、、環境もあっているのでしょう。  我が家の鉢では 居心地があまりよくないかもしれませんね。


ドンが運転すると あそこも見てないだろう、次は、、と

サービス精神旺盛すぎて、、

f:id:mosshaven:20180411051051j:image

でも 途中に寄った Mclean mill,

f:id:mosshaven:20180411051552j:image

丁度開園前日、とあって 一昔前の ふるいたたずまいの 製材所や 関連した建物などを眺めながら 静かな散策



そのあと 更に 奥の方までドライブ、 もう このへんは クマさんのお住まいでは❓と思えるように森閑とした林、、、でも

f:id:mosshaven:20180411051800j:image

成果がありましたよ、 水芭蕉が 一面に、、


日本では 白(がヤッパリ想像しただけでも みとれてしまいそう)、でも 黄色は幸せを呼ぶ、ってほんとう?と言いたいぐらいい こちらでは すべてが黄色、

f:id:mosshaven:20180411053657j:image

芭蕉、という名前もなんとなく 風情が、、と思うのは 多分 松尾芭蕉からのイメージ、単に バナナの葉っぱに似ている芭蕉科という理由のようです。


でも 彼等が夕飯を作ってくれるのに 買い物もあるだろうし、そろそろ帰らないと つかれるのでは?と 思ったのは余計な老婆心

若い人は 帰宅後もう5時を過ぎているのに 買い物にでかけ、鼻歌交じりに さっとタコスの出来上がり、、

f:id:mosshaven:20180411053836j:image

これはそのうちの一皿、紫キャベツとフェッタチーズ、で、ちょっと気になったのでこの前の記事を見たら、全く同じ内容、お鍋、ラミータコス、そしてもちろんビール


娘からは 鍋、わたしたちからはタコスのリクエストがずっと続きっぱなしだし、、、いつになったらあきる?とおもうほど 4人の趣味があっていてよかった!ラミービールも 興味ない人もいますしね、

トラシトラシ 2018/04/19 10:12 カタクリはイースターリリーなんですね。なかなか見る機会ありません。静かな自然の中の写真、可憐です。ご主人の大手術心配してたら、僕も手術と入退院でいつのまにかご無沙汰。また、カナダの自然がいっぱいの美味しい、楽しい日記を楽しませて貰います。

トラシトラシ 2018/04/19 10:13 カタクリはイースターリリーなんですね。なかなか見る機会ありません。静かな自然の中の写真、可憐です。ご主人の大手術心配してたら、僕も手術と入退院でいつのまにかご無沙汰。また、カナダの自然がいっぱいの美味しい、楽しい日記を楽しませて貰います。

mosshavenmosshaven 2018/04/19 18:06 トラシさん 手術の経過は いいのでしょうか。  歳をとると体には気を付けていても なかなか思うようにならないものですが 医学の発達のおかげで助かる部分もおおくなりましたね。 手術後は 特に慎重にお過ごしください。  カタクリは 林や森、それに咲く時期も短いので 遭遇(?)はむずかしそうですね。 山野草は 小さいので 群れで咲いていないと 関心の無い人には 目にもとまらないことでしょう。 でも そんなちいさな 可憐な花だからこそ 見つかった時は 大輪のバラなどとは違った喜びがあります。

2017-10-02

mosshaven2017-10-02

[]  もうちょっと続き 06:54


があります。

動物好きの キャラちゃん 久しぶりにカナダに帰って

(特に 山に囲まれたPAだから)クマが見たい、

といっても 必ずみられるところ、なんて 動物園ではないし、、、でも 鮭の取れる Stampfallの川沿いの向こう側に時々出没するから、ベア ハンテイングを兼ねて


ハイキングに行きました。  彼女いとこたちの来ている

湖でとまりたいから、と 隣家のシスの家に一泊、

f:id:mosshaven:20171003032132j:image

で、 シスとともに おにぎりとクッキーをもって、

Let's go,  ひさしぶりの ピクニック、ハイキングとまではいかないけれど、自然のお散歩は 久しぶりの Mosshaven。


何しろ ドンは プロジェクトで あまり 留守にできない、Mosshavenは なんとなくお庭、そして 最近は 付近の鉄道沿いのお散歩しか チョイスがないナナ、でしたから

久し振りの森林浴、こんなに身近にあるのに、、なぜこなかったの?、 ゴーゴーと 耳に迫る川の轟音、こんなに大きな音なのに すこしも やかましいと感じられないどころか とても耳に心地よい、のは 自然の驚異のひとつでしょうか。 鳥のさえずりしかり、、、でも ナナの高音吠え声は、、、自然界より人間界に近づいているのでは?

f:id:mosshaven:20171003032745j:image

まだまだ 鮭がいっぱい泳いでいます.でも今年はなぜか新鮮鮭にありつけない我が家、フルーツも 皆そだちが悪いらしくて あまり マーケットでも見かけません。


最後の休暇を楽しんでいるキャンピングカーも まだちらほらと、

f:id:mosshaven:20171003032946j:image


最近は こんなところでも よく 旅行者に であいます。


この川辺は ダイナミック、この日も ワイルドな自然派のドイツ人カップルに遭遇、 ポツリポツリの 人出、しかも 町から遠く離れたこんなところへも世界各地からの観光者がみえるようになりました。


f:id:mosshaven:20171003051938j:image

この間は 町の住民でさえも あまりみえない わたしたちのマーケットに 若い日本の方たちが見えました。

スマートフォンで こんな田舎でも いろんな人との出会いがある、と実感させられる 日々です。

それにしても なんだかセンスのない レイアウト、近くで見ると 悪くはない、と思っていたけれど(いいわけ)

でも 先週末は なんと7鉢もプラントが売れました、、が、夜中2時過ぎまで していたベーキングが、、全然売れない、、、キャロットケーキはふわっとして  中に入れたオーガニックレーズンやクルミと混然一体となって、それはおいしくできたのに(自画自賛)、、でも 閉める直前に来たカストマー、買ってそのまま食べて、もう一つ買って、又食べて、いえ、めしあがっていましたよ。

さくら?  いいえ、とんでもない、しらない方です。

2017-05-15

mosshaven2017-05-15

[] 蕨の季節 07:36



一寸暖かい日があったかと思うと 

又今日は 寒い寒い、、、


15度もあるけれど風が強いのです。

一年に一度 ひっそりと でも 山あいの野原にいちめんにそよぐイースターリリーもそんなわけで 見逃してしまったし、、

f:id:mosshaven:20170517035654j:image

でも 蕨取りは できました。  この両方とも ひとりでゆくのはおっくう、というか 山へひとりではゆきたくないし、喜びも共有したい。まあ、ドンは私が喜んでいるのを見て満足しているのかもしれませんが、、、ワラビなんて絶対食べませんから、、、


でも 彼は私の3倍ぐらい摘んでくれました。   Mosshavenはうるさいことばかりいってますからね、、太くて柔らかいところ、細いのは むやみに摘まない、自然に折れるところで 摘むこと、とかとか、、彼は一切無視、です。


(元)山荘にはたくさん生えているけれど、ワラビって 掘って植え替えれば 繁殖もたやすいらしい、、でも 根も長く張っていてめんどくさそう、、それに ここなら山ほどとれるし、、、

f:id:mosshaven:20170517040926j:image

御嫁さんは さほど関心がなさそう、Mosshaven 日本にいたころは 山菜ごはんとか おそば、大好き、だったのに、彼が食べないので なかなかテーブルにのりません。

沢山取れるので 冷凍しても めんどうくさくて 結局一年手つかず、

f:id:mosshaven:20170517041323j:image

ぼそぼそする 先端は すこしだけ飾り用(そんなのいつ作るの?)にとっておいて ほとんど切り取って 重曹を一杯振って上から熱湯をたっぷり、一昼夜そのまま、あくる日によーく洗って、、できあがり、

ですが、今回は 塩漬けにしてみました。 残りを少し 乾燥 し始めたのだけれど、雨が降ってきたのに うっかりそのまま、、

f:id:mosshaven:20170517071200j:image

塩をたっぷり振って重しを一昼夜、塩水が出てきたら 重しを取って ガラスや陶器などに入れておけば、(水出しさえすれば)いつでも気軽に使えるので、、ちょっとうれしい。


で、さっそく 作りましたよ、マーケット用の巻き寿司に

さっと炒めて濃い目のだし汁をからませる。 他にはアボカド、ほうれん草、卵、人参のきんぴらをいれました。


そしてその翌週は もち米と半々で 山菜ごはん、他に椎茸、ひじき(山菜ならぬ海菜)、人参、えだまめなどいれてみました。  自分の為だけなら (食べたくても)めんどう、、マーケットに出かける利点の一つ?でしょうか。  などと のんきなことを言っているから ビジネスにはならない、と反省はしているのですが、、


さて、先日来たばかりなのに、又娘が来ることになりました。  丁度具合のいいことに この日ナナイモでランチの約束、

f:id:mosshaven:20170517035137j:image

あまり旅行のお好きでない彼氏ですが ヨーロッパ ミリタリーツアーから帰ってきました。 

f:id:mosshaven:20170517041515j:image

彼のパパやアンクルが活躍された土地で 第一次戦争の記念式典などにも参加して フランスでは特別にカナダ人への感謝がいまだに見えたと感激されたようです。 何十万人もの若い兵士たち一人一人の全ての名前がきざまれて供養されている 立派な共同墓地もあるそうです。 


戦地慰霊ツアーとでもいうんでしょうか、昔 叔父(母の兄)が ミンダナオとかニューギニア、ガダルカナル等へのツアーに何度も出かけていましたが もっとよく話を聞いてあげていたら、と 今頃になって 後悔しています。叔父は戦時中、フィリッピンに行きましたが、そこからあまり遠くないところで2人の若い弟(私には見知らぬ叔父となります)が苦しみながら戦い亡くなっていたところなのです。

f:id:mosshaven:20170517041840j:image

当時は名誉の戦士、などとたたえられ、母たるものは誇りにすべしなどとされたのですが 大家族で 人の出はいりも多かった家で 泣くのを見られたくなかったのでしょうか、祖母は一日布団部屋の蚊帳の中に閉じこもっていた、と聞いたのを思い出します。 かわいい(まだおさないほどの)我が子が 飢えに苦しみながら、あるいは 敵陣の真っただ中へパラシュートでおりてゆく、、祖父は温厚な性格でしたが その土地で色々な役をしていたので 見舞客の応対がたえず そのつらさは祖母にも劣らなかったに違いないし、私もこの歳になると そんな事を想像しただけでも胸苦しくなりそう、 とくに若い或は無名の兵士、前線で戦わされた そんなひとりひとりの追悼が 日本では 軽んじられていたように思います。

  

カナダでは日系の戦士たちが 敵国人と疑われて苦しむ親の名誉を挽回するために 戦地でも一線で 自ら 積極的に 命をかけてでも 勇敢でりっぱな働きをしましたが その功績が認められたのも だいぶ後になってから、 彼らのその多くの働きの陰で 亡くなっていった戦士たちも数え切れません。     

f:id:mosshaven:20170517035405j:image

などと、 写真を見せてもらいながら、、食べながら、おしゃべりしながら 2時間がすぎて、、


フェリーターミナルに到着したら いつもの混雑したロングウィークエンドと違って、ポツリポツリの出迎えが見える程度。


日ごろストレスが溜まっている(らしい)娘も こんな

環境に置かれれば 多少はのんびりできるかな、

f:id:mosshaven:20170517042322j:image

じつは ヴァンクーバーで アフリカン バイオレットの展覧会があり、もし時間があったら行って 一鉢買ってきて、と頼んだら その後 自分で預かるのが心配、孫たちが良く(元)山荘に来てるようだから たのんだら、といっても 頼むのは 嫌い(親に似て要領が悪い)受け持っていたクラスもちょうど終了、で、 きてくれることになったのですが、


ほんとうに 帰り道のハイウエーも 静かなものです。


f:id:mosshaven:20170517044219j:image

一休みしたところは ドイツ系のベーカリー、

こちらのパンが とてもおいしい、

f:id:mosshaven:20170517044029j:image

わたしたちが 進めた 甘さひかえめのアップルパイより

ドンには 断然 興味津々だった ビーステイングケーキ(蜂が刺しに来るるケーキ?)ドイツの有名なスイート、Mosshvenも作ってみましたが こんな丸い型のは初めて、かわいらしいし、中に生クリームがどっさり、アーモンドのキャラメルコ―テイングがトッピング、


ちょっと味見をしてみたら 甘々、だけれど とてもフレッシュ、それはおいしくできていて 幸せそうなドン、それにしても この大きさ、、、


夕方帰宅したら、なんだか あまりおなかが空いていない、、、、ので

f:id:mosshaven:20170517034457j:image

昨日 うっかり(この単語 ちょっと登場しすぎ)開けてしまった(コーンクリームスープを作るつもりが、、)ひよこ豆をつかいたい、、

で、 たっぷりめのサラダを作ったら、もう全員 これで満足してしまいました。 経済的、簡単、ダイエットにもなったし、一挙 3得、

2017-01-16

mosshaven2017-01-16

[] お隣の村まで 17:00



ぞくぞく寒気がしたり ちょっと疲れ気味、になると

急に 腰が痛くなって、、思えば あの寒さもちょっとこたえたかも、、

f:id:mosshaven:20170117161447j:image

いつも(Mosshavenと一緒の時は) 川土手の散歩、と決めている彼、 今日は 隣村(正確には隣の隣)の ビーチに散歩に行こう、、、


え?こんな寒い日に?  しばらくぶりだからちょっと自信がない、、、零下(こちらは −1度)の海辺を歩くなんて、、想像しても、、、と ちょっとぐずって出足が遅い、

f:id:mosshaven:20170117071718j:image

車から降りたとたん、何も遮るものがない海辺、−3度、思わず凍り付きそう、なのに 駐車場には 結構車が、

このビーチは 人気の散歩道らしい、それに 珍しくはれているし、

f:id:mosshaven:20170117071936j:image

すぐに後悔、ぐずぐずせずに早く出発すべき、でした。

此方の冬は 日中の時間が短くて 3時を過ぎると こんな薄暗さ、

f:id:mosshaven:20170117072333j:image

それでも かなりの人たちにであいます。生まれたて(に見えます)の赤ちゃんを抱いていたり、おとしより(わたしたちのような)カップル、Mosshaven こんな散歩道は好きだけれど、、、寒い!  


(カナデイアンの)みなさんは 悠遊としているように見えます。 友人とお茶をしていたら、あそこは とてもポピュラーな ビーチ、とききました。  たしかに ユニークなスポット、私も5,6年前に来たのを覚えているけれど、、、あの時も夕方で寒かった!!



最近は 夜の運転は 避けている私達(車線の見えないMosshavenと 見えにくいうえに 時々ふらつくドン)

でも ちょっと温まっていこう、

f:id:mosshaven:20170117071327j:image

てんぷらうどん、です。  ここは 私達の好きなナナイモの和食店と同経営者、すべてに満足、なのに 何時もすいているのは、、、こちらの人には物足りない量、ということのようです。


お皿の真ん中に ふんわり そっと 置いてあったら

それだけで スペシャル、どんな味?と 思うのが日本、

お皿にいっぱい ボリュームたっぷり乗っていれば 豊かさが 心まで満たしてくれるごちそう、と思えるのでしょうか こちらでは?


そういえば(突然 いつも 話が飛ぶ ブログ、、、) ハリスが 浦賀に到着した時に 日本側では

最高のおもてなし、えりすぐった 一つ一つの器には 様々な珍味がお上品に 並び、それも ひらひらのお刺身とか 百合の根の白茹で、奈良漬、エビ牛蒡の卵とじ、など野菜が主、唯一のお肉は 家鴨油入り冬瓜葱(これも多分ちょっぴり)など、、お肉好きのハリスにとっては あれがごちそうか? といった食べた気のしないようなご接待だったということで、今なら笑い話、でも 当時は お互いが探り合いやら 気の使いよう、からいえば あまり成功な外交とはいえず、お互いにとっても残念、


食文化というぐらい、食べ物に関しての違いが 国を左右するかもしれないようなことが 昔は あっても 21世紀の新年、まさか、、、でも トランプ氏、いかにも 豪華でたっぷりお肉料理がお好きなようにおみうけします。いえいえ 政治には 関係 ないですよね。 

2016-01-28

mosshaven2016-01-28

[] TED 15:35


これがプロジェクトになるかどうか、、

等という段階ではありません、が

f:id:mosshaven:20160129161233j:image

ヴァンクーバーの クールスポット、ガスタウンに

行ってきました。

f:id:mosshaven:20160129141645j:image

今回は ポートアルバーニの経済促進マネージャーと

一緒に 早朝7時出発、ナナイモ近くでやっと日の出、


途中で 建築関係の友人をピックアップ、

f:id:mosshaven:20160129142009j:image

たまたま 話の合ったストレンジャー、 フェリーでずっと おしゃべり、

f:id:mosshaven:20160129155018j:image

ランチは ドンの友人の招待で

ヴァンクーバーの伝統的な、ターミナル シティ―クラブ、

f:id:mosshaven:20160129160207j:image

1892年創立のこのクラブ、

格調高い クラシックな雰囲気、が漂っています。

f:id:mosshaven:20160129160438j:image

何十年か前に一度ご招待いただいたことがあります。


f:id:mosshaven:20160129162806j:image

ナナイモから 飛行機で(ダウンタウンまで5分)到着した 経済関係のアドバイザーがランチに合流、

f:id:mosshaven:20160130074519j:image

さすがに食事中は 写真が撮れないから

こちら(トイレというよりはクラッシクな言い方にしましょう)洗面所です。


f:id:mosshaven:20160129160959j:image

ここから さらに車で ガスタウンの 主目的、

建築オフィスへ、



一級建築士の Mr.Micael Green は カナダでは唯一、木材を主にした建築家としてしられており、テレビでのTED出演もされていて、30分だけの会見予定、でも結果的には2時間もさいていただきました。CLT(Cross Laminated Timber - 板や角材を縦に並べたものと横に並べたものを交互に張り合わせた厚型パネル) という新しい手法、集成材よりさらに組み合わせがしっかりしていて植林や小さな木を使うので 自然破壊を防ぎ、地震や火事にも耐える力が強い すばらしい建築材で ヨーロッパ、オーストラリアなどでは早くからスタート、今彼は主にアメリカでの建築をしていますが カナダではUBCではじめて 18階建ての学生寮の建築が許可され、2年後に建築が完成すれば 世界で有数の木造ビルの完成となります。 彼は 今 パリで35階建ての建築を 検討中とのこと。日本ではすでに色々な建築がされているようです。

f:id:mosshaven:20160129163101j:image


写真を ブログに出すのは ちょっと気が引けますが、、、でも

Mosshavenブログの写真は鮮明でないから、という理由で載せちゃいます。

f:id:mosshaven:20160129163535j:image

まったく関係ない私達、特にMosshaven,どこから考えても関係ないのに 日本に説明したりするときのために、とドンに無理やり連れていかれて、(ずうずうしくおともできたおかげで)今や 世界でも 有数の 木材建築のリーダーでもある彼氏に会えただけでも ラッキーでした。


ドンが CLTに以前から興味があったので プロジェクトの投資関係者と話しているうちに 彼とコーネル大学時代の友人、とわかり 彼を介して会見が可能となり、ラッキー、ラッキー、という結末です。

f:id:mosshaven:20160129163910j:image

そして その紹介者も遅れて ビクトリアから飛行機で

到着、

f:id:mosshaven:20160129164256j:image

こんなに 時の人で 何十人も建築家をかかえている 大きなオフィスなのに

昔のイメージしかない 古人間のMosshavenにとっては 驚くほど シンプルなオフィス、そして なんと ドアーを開けたら

ワンちゃんのお出迎え、

f:id:mosshaven:20160129164643j:image

そして ご本人、本当に気取らない方です、知的で そのうえ なんというクールさ、なんとも素敵な男性でした。

このきどりのない ラフなスタイルには 彼の建築に対する姿勢が現れているように見えました。 風通しのいい 住まい、自由闊達に生き生きと 生活できる場、今世界に必要なのは 

ほんのひとにぎりの 持てる人のための高級住まいより、一人でも多くの人のための心地よい住まい、そして 木に囲まれた生活は その重要な部分、というような勝手な解釈をしてしまいました。


ちょっと 身構えたり威圧感を覚えてしまう (昔風の)大会社の重役応接間、こういうものは 一昔前のスタイルなのかもしれません。  たとえば 最近の 住まい(方)の特徴、でしょうか、 テーブルクロースを敷いたり(手間のかかる)銀の食器などは 若い人々にとっては遺物、とまではいかなくても無用の長物、(なにせ コンピューターで忙しすぎる)といったところ、アンテイークショップなどでも銀のセットなどは 敬遠されているし、室内も ほとんど装飾品を置かずすっきりしているインテリヤが ほとんどのようです。

外観で シンボルステイタスを表すようなスタイルは昔風、ということなんでしょうね。  対照的なのが ターミナル シティ― クラブ、でも これはこれで100年を超える重い伝統が引き継がれてきた価値が感じられ、印象的でした。 



ダウンタウンでミーテイング、となると つい 何を着て行ったら、と思ってしまうシニヤ世代、でも ジーンズでも 彼らは 何とも思わない.自由を重んじる 世界、日本では 身に着けているもので評価されがち(もう過去ですか?)ですから気を使いますよね。



話が自分のことばかり、

よりすこしでも 彼の趣旨をおわかりいただくために

こちらをご覧ください。

(左側のlanguageの部分をクリックして日本語でお聞きください)

https://www.ted.com/talks/michael_green_why_we_should_build_wooden_skyscrapers



f:id:mosshaven:20160129165532j:image

ミーテイングのあとは (もちろんドンのいつもの提案で)

コーヒーを飲みながら 復習、みなさんぎりぎりまでの

話し合い、でした。夜のミーテイング、その足でイギリスへ行く人、トロントへ行く人等、、考えてみると こんなおとしより、で 余裕もない わたしたち、なんで こんなグループのなかにいたんでしょうか、、、