Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-04-14

mosshaven2018-04-14

[] ホリデー 14:55


おとといは ヴァンクーバーへ行ってきたので またまた

ブログが遅れて、、、


最後の日は お兄さんの湖の家で (イースター)デイナー、

娘が デザート、私達は ドリンク(もちろんビール)を持参だけ、ということになり、おかげで 前から約束していた友人とのお茶に出かけて、 おまけに帰宅後 昼寝までできました。  


普段は 昼間寝ることなんて めったにないのに 出かける前にちょっと休みたい、なんて 情けない、、でも ドンもしょっちゅう お昼寝してるし、、、実際 気分がすっきり、

f:id:mosshaven:20180414132135j:image

娘の作った ビースティングケーキ、(ドイツの伝統的なケーキ、Bienenstich) 蜂刺しケーキ❓じゃなくって蜂の一刺し?イーストを使ったスポンジのトッピングは キャラメルヌガー、アーモンド、ハニーなどのたっぷりの甘さ、スポンジの間には カスタードクリーム、という どっしり、甘々、と十分にスイーツ好きを堪能させてくれる代物、もちろんドンのお好みにもぴったり、


それに マシュー君は スイーツ苦手だからめったに作らない娘、にしては 本当によくできていました。

f:id:mosshaven:20180414143003j:image

お兄さんのところでは 孫娘が一人来ていましたが ほとんどのクッキング お嫁さんではないかと思いました(などと言ったら孫娘が気を悪くするかしら?)


とってもきれいで 種類も多くて びっくり、彼女のセンスの良さが現れています。

f:id:mosshaven:20180414133519j:image

オードブルの クラッカーは枝豆とチーズのトッピング、

f:id:mosshaven:20180414133945j:image

マッシュルームのグリルドチーズ、

f:id:mosshaven:20180414133658j:image

そして きれいな きゅうりのお寿司(とドンは呼んでいました)フェッタチーズやアンチョビがはいっています。

でも 私は たべそこなってしまいました。  だーれ 私の分まで食べてしまったのは?

f:id:mosshaven:20180414134201j:image

デイナーは 息子のサーモングリルに カリフラワーチーズグリル、芽キャベツ炒め、

f:id:mosshaven:20180414134349j:image

それに サラダは トマトアスパラ、キュウリ、レタスなどが 綺麗に並べられていたのに(写真を撮るのが遅すぎました、、残念)

f:id:mosshaven:20180414141443j:image

眺めるだけで おなかまで満足しそうなうえに どれも皆美味しくて 本当に 大満足、ごちそうさま、私だったら徹夜しても できそうにない 細かい丁寧なお仕事、  おつかれだったことでしょう。

 

f:id:mosshaven:20180414141914j:image

食事後は いつもの政治談議が始まって 帰りは遅くなるし、翌日は早い出立、最後の夜にカードあそびでしめくくりができなかったことだけが 残念、  

2018-04-10

mosshaven2018-04-10

[]  イースターホリデー 06:07



は とうの昔に終わっているけれど、、、

(自分の)記録のために、、、となまけものは 反省しながらも 言い訳はかかさず、、


土曜日は マーケットは休んで イースターリリーを見に行きました。  ちょうど 娘の来ているこの週末に咲いていそう、、、


f:id:mosshaven:20180411060238j:image

年に本当に10日も咲いていませんから毎年欠かさずに見たいのに、、この2年ほどは 出かけられなかった。

f:id:mosshaven:20180411050039j:image

さほど関心がなさそうだった彼女も初めて見る可憐なこの山野草、を見つけて喜んでいました。 日本語ではカタクリイースターリリーというのは丁度イースターごろに咲くので このへんの人はそう呼んでいますが 実際は Erythronium, 舌を噛みそうな名前、Fawn lily とも呼ばれています。  



f:id:mosshaven:20180411060032j:image

こちらのリリー、まだ開花していないけれど 違う種類、

この2株以外はどこにも見られない。  どんな色?花?

植物好きには 興味尽きない発見、、

f:id:mosshaven:20180411050655j:image

日本(や韓国ロシアなどでも)みられるのは薄いピンク、こちらでは 白、 以前黄色い Fawn Lily を買って

鉢に入れたのだけれど、、山野草は やっぱり 自然の奥深い森や 大樹の陰、川沿いなどに 可憐な姿を見せているのがやはり 美しく映えるし、、環境もあっているのでしょう。  我が家の鉢では 居心地があまりよくないかもしれませんね。


ドンが運転すると あそこも見てないだろう、次は、、と

サービス精神旺盛すぎて、、

f:id:mosshaven:20180411051051j:image

でも 途中に寄った Mclean mill,

f:id:mosshaven:20180411051552j:image

丁度開園前日、とあって 一昔前の ふるいたたずまいの 製材所や 関連した建物などを眺めながら 静かな散策



そのあと 更に 奥の方までドライブ、 もう このへんは クマさんのお住まいでは❓と思えるように森閑とした林、、、でも

f:id:mosshaven:20180411051800j:image

成果がありましたよ、 水芭蕉が 一面に、、


日本では 白(がヤッパリ想像しただけでも みとれてしまいそう)、でも 黄色は幸せを呼ぶ、ってほんとう?と言いたいぐらいい こちらでは すべてが黄色、

f:id:mosshaven:20180411053657j:image

芭蕉、という名前もなんとなく 風情が、、と思うのは 多分 松尾芭蕉からのイメージ、単に バナナの葉っぱに似ている芭蕉科という理由のようです。


でも 彼等が夕飯を作ってくれるのに 買い物もあるだろうし、そろそろ帰らないと つかれるのでは?と 思ったのは余計な老婆心

若い人は 帰宅後もう5時を過ぎているのに 買い物にでかけ、鼻歌交じりに さっとタコスの出来上がり、、

f:id:mosshaven:20180411053836j:image

これはそのうちの一皿、紫キャベツとフェッタチーズ、で、ちょっと気になったのでこの前の記事を見たら、全く同じ内容、お鍋、ラミータコス、そしてもちろんビール


娘からは 鍋、わたしたちからはタコスのリクエストがずっと続きっぱなしだし、、、いつになったらあきる?とおもうほど 4人の趣味があっていてよかった!ラミービールも 興味ない人もいますしね、

トラシトラシ 2018/04/19 10:12 カタクリはイースターリリーなんですね。なかなか見る機会ありません。静かな自然の中の写真、可憐です。ご主人の大手術心配してたら、僕も手術と入退院でいつのまにかご無沙汰。また、カナダの自然がいっぱいの美味しい、楽しい日記を楽しませて貰います。

トラシトラシ 2018/04/19 10:13 カタクリはイースターリリーなんですね。なかなか見る機会ありません。静かな自然の中の写真、可憐です。ご主人の大手術心配してたら、僕も手術と入退院でいつのまにかご無沙汰。また、カナダの自然がいっぱいの美味しい、楽しい日記を楽しませて貰います。

mosshavenmosshaven 2018/04/19 18:06 トラシさん 手術の経過は いいのでしょうか。  歳をとると体には気を付けていても なかなか思うようにならないものですが 医学の発達のおかげで助かる部分もおおくなりましたね。 手術後は 特に慎重にお過ごしください。  カタクリは 林や森、それに咲く時期も短いので 遭遇(?)はむずかしそうですね。 山野草は 小さいので 群れで咲いていないと 関心の無い人には 目にもとまらないことでしょう。 でも そんなちいさな 可憐な花だからこそ 見つかった時は 大輪のバラなどとは違った喜びがあります。

2018-04-07

mosshaven2018-04-07

[]  イースターホリデー 15:54



ナナイモまで行くときは 何かスナックを用意していくのだけれど、、、彼等もおにぎりや卵サンド 飽きているかもしれないし、 とちょっと(理由づけて) なまけて、、 今日はスナックないのよ、というと えー、がっかり、って 彼等のゼスチュア―とわかっていても、ちょっと反省、やっぱり つくってくればよかった。おなかがすいているかしら?



いつものようにパブにもよらないし、、金欠?(自分のことはさておいて 親は 自分以上に子供のことが気になるものです)


と思っていたら 今日は 違うBreweryを見つけたから ちょっと寄ってみる(昔のドンと同じ,父子で似ている、それに 何でも自分で決めるところもそっくり

f:id:mosshaven:20180407152906j:image

ナナイモの隣町、こんな静かで裏通り、 小さなオフィスが幾つかあるだけ、

f:id:mosshaven:20180407153415j:image

商売になるのかしら、といった感じの小さな一角、

なのに、、、 中はいっぱい、まどぎわに座っていると出入りが多いのがよく見える。  

f:id:mosshaven:20180407153251j:image

若いカップルばかり、子供連れで買いに来る人も何人か、、、

パブとは イメージが違う雰囲気、飲んだくれの人がいないし、それに 女の人も増えている。


じゃ、 家に着いたら アルバーニの Breweryで こっちのおごりだ、とかなんとか、、、のめないのは 家族、親戚中で Mosshaven ぐらい、途中にあったナーサリーのほうに関心があるんだけれど、、3対1では、勝ち目無し。

で、 帰宅後 一端 私だけおろしてもらって、今度は お兄さんも合流するそうだから ゆっくり 夕食の用意ができる


こんな時 私だけ仲間外れ、とは全然思わないんですよ。飲めないし、英語での政治討論ばかり、、家で自分のペースで のんびりしているほうが気楽、

f:id:mosshaven:20180407153731j:image

夕飯はいつもと同じ リクエストのおなべ、お野菜は山もり、キングオイスターマッシュルームも おきにいりアイテム、ちょっと多いかな、と思いながら ひじき卵焼き、6っつも使いましたが全部なくなりました。  それに じゃがいもとピーマンのきんぴら、みりんで甘辛くしたので ドンもおきにいり、

満腹した後は カード、もう いつものコース、なのに

あきることなく みんな楽しんでおります。

2018-04-05

mosshaven2018-04-05

[]  イースター スペシャル 10:01


例年のごとく イースターのロングホリデーに娘たちがやってきました。


出迎えに(珍しく)早めに出たのは ナナイモで週末2日間のマーケットが開かれる、ときいていたので 見に行きたかったから、


で、その辺りはいつになく車や人が多くて、、、ちょっと 期待して モールに入ったら 

f:id:mosshaven:20180405084547j:image

よくある ワゴンセールの様なもの、沢山のテーブル(ワゴン)があったんですが、、

f:id:mosshaven:20180405085203j:image

今一つ興味を惹かれるものは、、、

f:id:mosshaven:20180405083708j:image

でも この古くて静かなモールがにぎわっているのは楽しそう、いい催しです。 何しろ お買い物はメールがふえて、そして機能的な物以外は興味が薄れがちな若者が多いから

あまり日の目を見ない マーケットの場をにぎわせてくれます。 でも やっぱり マーケットは 外のほうが楽しい。

f:id:mosshaven:20180405085539j:image

先週は アルバーニのマーケットも ちょっとにぎわいましたよ。  バザーと銘打って その日だけのベンダーを募ったら 新参加が 18件も、


でも、室内(もっとも外だと寒がりMosshavenは 参加できない)クラフターがほとんど、


クラフトも同じようなものばかり、(クラフターから見れば野菜やプラントなんて、おもしろくない、、) 

f:id:mosshaven:20180405095203j:image

それでも 人出が(いつもより)多いと 多少は活気づいて 売り上げ(と言える?)も多少は上回って、、

f:id:mosshaven:20180405093952j:image

ポテトフォッカチアはすぐに売り切れ、ベリータルトや プラントも多少、、

f:id:mosshaven:20180405094410j:image

そして もう一つの オープンマーケットが この日は 他の場所で午後まで開かれていたので 自分のマーケットを終えたその足で寄ってみました。

f:id:mosshaven:20180405094214j:image

これ、です! こんなマーケットが Mosshavenをわくわく(?)させてくれます  

f:id:mosshaven:20180405094633j:image

彼女たち 寒そうだけれど なんだか楽しそう、


ほんとうは 私も出品したい。

でも ちょっと高めの参加費を払うと 品数が少ないから利益どころか かなりのマイナス 間違いなし、それに この季節 外では、寒くて 体が持ちそうにない。


でも 来年まで 計画を立てて (カイロも用意して?)(年によっては暖かいかも、、)参加できるのでは?って

この歳で なんて夢を見ているんでしょうか? 

と いいつつも最近は 歳だから、と 気にしすぎる自分を上向きにチャレンジしたい、と思ってはいるんですけれどね、

2017-09-27

mosshaven2017-09-27

[] 集合場所 10:51


をちょっと変えて、


パパの誕生日、娘が 忙しくて PAまでいけないから ナナイモでランチ(って ずいぶん遅れてますよ Mosshaven)


たまたま偶然 1年ぶりに日本からホリデーできている次男の息子もピックアップして 一緒のフェリーでやってくることに、


当然次男夫妻もランチに合流、長男は 此方も7,8か月ぶりに カナダへ帰った娘をピックアップして もうちょっと先のパブで待ち合わせることになっているから、


懐かしの面々に会えるということで、それだけでもうれしい私達でしたが、

f:id:mosshaven:20170928084211j:image

フェリーに出迎えに行ったら、もう一人、お久しぶりの

甥っ子君も一緒に現れました。彼が アメリカのミズーリで 1年の契約を終え、ヴァンクーバーに最近戻っているのは知っていましたが、

f:id:mosshaven:20170928084424j:image

娘がみんな アレンジしてくれたようです。いそがしいのにありがとね、こんな風に家族を集める機会をつくるのはやっぱりパパに似てる.でも 私も(大)昔は 友人を呼んだり、接待をしたり、色々な人をよびましたっけ、おば達も良くお茶に呼んだし、要するに こんなことが楽しかったんですね。  

f:id:mosshaven:20170928085011j:image

懐かしの面々がそろったところで レストランに到着、まずは ビールで乾杯(ワインのお嫁さんと下戸Mosshavenを除けば、、我が家は ビール一家)

f:id:mosshaven:20170928085244j:image

一年ぶりに カナダの土を踏む晃二君、いつも にこやかで口数少ない彼に この日は 集中攻撃、噂のガールフレンドは?  (両親をさておいて)グランパ ドンが矢継ぎ早の質問、わかった、スキー仲間だ? ちがう、名前は。。。だろう?(あてずっぽう)違う?、じゃなんていうんだ? と ついに お相手は 日本人、とわかり、 名前までつきとめてしまいましたよ。

f:id:mosshaven:20170928085941j:image

でも 友達もたくさんできて 仕事も順調、何よりのグッドニュースでした。

f:id:mosshaven:20170928092054j:image

でも 甥っ子君は 今ちょっと足踏み状態、高収入のアメリカでの契約を終え、子供のことなど考えて 住みやすいヴァンクーバーに戻ってきましたが お家賃は高いし、子供は3人、かなりの収入源となる仕事が必要なようです。

f:id:mosshaven:20170928093523j:image

人生は なかなか思うようにいかない時があるものですね。

私どもの長男も 今は いい収入でやりがいのある仕事に恵まれていますが その以前の7,8か月は かなりのストレス、私達もちょっと心配していましたが 肝心の私達がいちばん長いストレス続き、と言っても過言ではありません。


もうこのプロジェクトを始めて 10年以上、だんだん枠が広がり、現実面でも 確実に 目的に近づいてはいるのですが いっぽう、大きな横やりが次々と現れるし、何しろ 全くほかの収入を考慮することもなく、逆に 注ぎ込む一方、でしたから 結果は(今のところ、としておきましょう)身動きならぬ状態、

f:id:mosshaven:20170928100654j:image

ですが ドンは(ひるむことなく)チャレンジ(もう選択の余地もないし)というか 留まることを知らず、且つ日々を それなりに楽しんでいるとしか 思えません。

f:id:mosshaven:20170928093823j:image

この日は そんななかでも 特に楽しくて、飲みながら食べながら、笑って過ごした一日、

次男家族と別れて 今度は 長男たちの待つ パブへ、 

f:id:mosshaven:20170928094249j:image

 彼女はコーナーお兄さんのオーストラリヤ公演にお供し、ワーキングビザで しばらく働き 資金がたまってから、バリ島をまわり、ネパールの孤児の施設で ボランテイヤ、カナダに帰国すると すぐに看護師とホテルでの仕事が待っている、というから大したものです。

f:id:mosshaven:20170928094630j:image

久し振りの おばさんと姪っ子対談、楽しそう、

f:id:mosshaven:20170928104151j:image

でも 決して若くはないおばさん、気がついたら 私が母親になった年齢となってしまいました。 ストレスでアレルギーになるほど頑張って  収入も多いわけではないし、でも 多少は 世の中に貢献できて、誰にでも選べる道でもない、のだから 良くやっている、と感心しつつ 母親としては まず人並みの幸せ(って何だ?と彼によく言われますが)を、と思うのがふつう(って何だ?とまた繰り返されそう)まあ健康で自分の選んだ道を歩み続けられるだけでもラッキーかもしれませんね。



f:id:mosshaven:20170928095034j:image

ママ、一緒に写真とろう!

会って話を聞くのは楽しいけれど、写真、取られるのは苦手、

f:id:mosshaven:20170928095819j:image

まあ、それでも 本人以上に良くとってもらえたし、

このブログは あまりクリヤーに出ないところが 長所、とばかりに 載せていますが ほんとうは 顔の部分をぼかすことさえもできない、時代に取り残されたMosshaven なんですよ。